今日のとりで

取手市近隣の最新ニュースを取得しています。(情報提供「茨城新聞クロスアイ」)

龍ケ崎市 消防車と小型ポンプ、ネットで138万円売却の画像

龍ケ崎市 消防車と小型ポンプ、ネットで138万円売却

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 02 Apr 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15857379811343

龍ケ崎市がインターネット公売「Yahoo!官公庁オークション」に出品した消防車、小型動力ポンプ各3台について市は、ポンプ1台を除いて計138万3千円で売却できたと明らかにした。県内外の企業・個人が落札したという。
消防車はいずれも消防団が使っていた。登録から20年超が経過していた。車両の更新に伴い、昨年3月末までに現役を退いた。走行距離は4461〜8749キロメートルだった。
市は従来、消防車を発展途上国に寄贈していたが、財源確保を狙いに初めての出品を決めた。最低落札価格は各15万円と定め、想定の倍以上の37万2千円〜42万3千円で落札された。
ポンプ3台は最低落札価格を5万5千円に設定し、消防車と分けて出品。うち2台がそれぞれ10万円、10万5千円で買い手がついた。
市では2026年まで、年に2、3台の消防車両を更新していく予定。インターネット公売の活用は今後も継続する方針だ。


茨城に活力を×住みよい県に 県で辞令交付 新採職員勇ましくの画像

茨城に活力を×住みよい県に 県で辞令交付 新採職員勇ましく

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 02 Apr 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15857411514072

茨城県の新規採用職員の辞令交付式が1日、水戸市笠原町の県庁で開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、新採職員など出席者全員がマスクを着用したほか、新採職員の氏名点呼と幹部職員紹介を取りやめて時間短縮を図るなどの対策に取り組んだ。例年と違った雰囲気となったが、新採職員たちは勇ましい目つきで式典に臨み、決意を新たに新社会人のスタートを切った。
新採職員は、会場となった講堂入り口で列を作り、両手をアルコール消毒して入場。例年より50センチ広い1・5メートルの間隔を開けて整列した。本年度は226人(男性113人、女性113人)が採用され、20年間で女性の数が最多となった。
新採職員を代表し、子ども未来課配属の石川紗衣さん(23)=水戸市出身=が大井川和彦知事から辞令を受け取った。総務課配属の山崎拓実さん(23)=龍ケ崎市出身=が「全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を執行することを固く誓う」と宣誓した。
大井川知事は、新型コロナの感染拡大を踏まえ「大変特殊な環境で皆さんはスタートする。しかし残念だと思うのではなく、得難いチャンスと考えていただきたい。自分の役割を常に全体の中で把握し、自分の意見をしっかり持ってほしい」と訓示した。
辞令交付後、石川さんは「茨城県の魅力を県内外に発信したいと県職員を志した。日本全体が大変な状況で、みんなが精神的に疲れてしまった。いち早く茨城県に活力を取り戻せるよう一生懸命頑張りたい」、山崎さんは「新型コロナや災害の対策などを通し、強い県にして県民が住みよく、長く住んでもらえる県にしたい」とそれぞれ語った。(三次豪)

【写真説明】
知事から辞令交付を受ける石川紗衣さん。出席者全員がマスク姿だった=1日午前、県庁、菊地克仁撮影


《新型コロナ・影響》感染経路の調査優先 3保健所、一部異動凍結 つくば、潮来、竜ケ崎の画像

《新型コロナ・影響》感染経路の調査優先 3保健所、一部異動凍結 つくば、潮来、竜ケ崎

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 02 Apr 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15857515154527

新型コロナウイルス感染者が多い地域の保健所について茨城県は1日、予定していた職員の人事異動を一部凍結し、当面の間延期した。対象はつくば、竜ケ崎、潮来の各保健所。これにより感染症に対応する職員を3保健所で計7人増やし、感染経路や濃厚接触者の調査などを優先する。
保健所別の内訳はつくば3人、竜ケ崎1人、潮来3人。異動の留保や、本庁などへ異動となった職員を保健所に駐在させる形で確保した。3保健所に新たに配属となる職員の人事は予定通り発令した。
3保健所を巡っては、つくば保健所ではつくば市の介護老人保健施設で入所者ら5人(3月31日時点)の陽性が判明。竜ケ崎保健所ではJAとりで総合医療センター(取手市)の入院患者6人(同31日時点)が感染し、いずれもクラスター(感染者の集団)が発生した可能性が高い。
潮来保健所では、集団感染が起きた千葉県東庄町の障害者福祉施設に関し、神栖市と行方市、潮来市に住む職員ら計11人(同31日時点)の感染が判明。同保健所で濃厚接触者の把握などを進めている。
保健所は住民からの相談対応のほか、管内で感染者が発生した場合に患者の入院調整や行動歴の聞き取り、濃厚接触者の調査などを担う。3保健所とも患者数の増加に伴い人手不足感が高まっていた。
県は「感染状況は日々変わり先が読めない。延期期間などは臨機応変に対応する」としている。
また、県は中核市以降に伴い1日開所した水戸市保健所に、同日付で獣医師と薬剤師、保健師の職員3人を派遣した。(戸島大樹)


厳戒、異例の門出 茨城県内入社式中止、動画で訓示の画像

厳戒、異例の門出 茨城県内入社式中止、動画で訓示

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 02 Apr 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15857379811327

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、新年度が始まった1日、新社会人が茨城県内企業の仲間入りをした。各社とも感染防止のため、入社式などを中止して訓示をビデオメッセージで行ったり、席の間隔を広めに取って入社式を開催したりするなど異例の対応を見せ、新年度の風景は例年と大きく様変わりした。
入行式を中止した常陽銀行(水戸市)では、新入行員123人が各配属先で、笹島律夫頭取の訓示のビデオメッセージを視聴した。冒頭、笹島頭取は「皆さんの健康や安全面などを最優先に検討した結果、(入行式を)中止とさせていただいた」と理解を求めた。
本店営業部では新入行員4人が視聴後、保原幸弘部長から辞令を受けた。水戸市出身の蓮沼優さん(22)は「式がなくなって残念だが、気を引き締めて頑張りたい」と力を込めた。
日立製作所も都内で予定していた入社式を中止し、東原敏昭社長のビデオメッセージを約650人の新入社員向けに配信した。
ほかにも入社式などを中止した企業は多く、県信用組合(水戸市)は、渡辺武理事長の祝辞を記した色紙を各配属先で新入職員52人に配布した。
一方、入社式や辞令交付を行った企業は感染防止策を徹底した。
つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道はTX守谷駅で新入社員39人が参加して入社式を実施。出席者全員がマスクを着用、役員らも含め会場の席の間隔を広めに取り、部屋の窓を開け放すなど厳戒態勢を取った。
同社によると、客と接する機会の多い鉄道マンとして感染症に関する責任と自覚、危機管理の徹底を促すため、開催に踏み切ったという。辞令交付を運輸、技術両部の代表者1人ずつに限るなど式も簡素化した。
柚木(ゆのき)浩一社長は「新型コロナウイルスの影響で客足は激減しているが、いずれ戻ってくる。健康管理、行動に責任を持ってほしい」と訓示。新入社員宣誓を行った潮来市出身の運輸部、箕輪駿さん(22)は式後、「自分の身を守ることがお客さまの安全につながる」と自覚を新たにした。
京成百貨店を運営する水戸京成百貨店(水戸市)は入社式を行わず、新入社員30人を6人ずつ5グループに分けて辞令交付を行った。12人が入社したワンダーコーポレーション(つくば市)も入社式を例年の半分程度となる30分ほどに短縮し、式後の役員との昼食会も取りやめた。
感染拡大は新人研修にも影響を及ぼした。
筑波銀行(土浦市)は新入行員58人に対し、事前に研修資料を配り、3日まで自宅待機とした。例年1カ月ほどかけて行う宿泊での研修も5日間に短縮し、初日の6日に生田雅彦頭取の訓示や辞令配布を行う。
総合商社の関彰商事も新入社員95人の配属を13日に延期し、それまでは自宅待機としてウェブサービスを活用した「eラーニング」などに取り組ませる。(小野寺晋平、長洲光司、根本樹郎)

【写真説明】
笹島律夫頭取のビデオメッセージを視聴する常陽銀行の新入行員=水戸市南町


新型コロナ 茨城で初の死者2人、入院の70代男女 看護師ら新たに18人感染 計42人に増えるの画像

新型コロナ 茨城で初の死者2人、入院の70代男女 看護師ら新たに18人感染 計42人に増える

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Thu, 02 Apr 2020 01:27:33 +0900

記事コード:15857492974928

茨城県は1日、新型コロナウイルスに感染して県内の感染症指定医療機関に入院していた70代女性と70代男性の2人が同日、死亡したと発表した。県内で感染者が死亡したのは初めて。遺族の意向で病状などは明らかにしていない。併せて、県内で新型コロナウイルスの感染が新たに18人確認されたことも判明。このうち神栖市の障害福祉サービス事業所の利用者ら7人の感染が新たに分かり、クラスター(感染者の集団)が発生した可能性が高いつくば市の介護老人保健施設とJAとりで総合医療センター(取手市)でも複数の感染者が出た。
県内の感染確認は1日現在で計42人となった。
県によると、亡くなった2人はいずれも同医療センターに入院中だった。70代男性については昨年12月から別の病気で入院中だった。県は詳しい病状のほか、居住地や死因なども遺族の強い意向により公表を見送った。
県によると、千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で発生した集団感染で、陽性となった人の濃厚接触者(家族)2人に対してPCR検査を実施したところ、1人の陽性が確認された。感染したのは神栖市の40代女性で、1日までに38度台の発熱やせきなどの症状があった。
また、同施設の集団感染で陽性となった人が通所していた神栖市の障害福祉サービス事業所「ハミングハウス」の濃厚接触者11人に対し、同検査を実施したところ、施設利用者4人、職員3人の計7人の感染が判明。全員、神栖市居住。年齢は20〜50代の男女で、発熱や頭痛の症状があった人のほか、無症状の人もいた。
新たに陽性が確認されたうち5人は、介護老人保健施設「アレーテル・つくば」(つくば市)の施設入所者で、この施設の感染者は計10人となった。内訳は、つくば市の90代男性▽同市の90代女性▽桜川市の80代女性▽つくば市の80代女性▽同市の90代男性。うち3人が発熱やせきの症状があり、2人は症状なし。施設入所者や職員ら25人は陰性だった。
3人はJAとりで総合医療センター(取手市)の看護師と入院患者で、同センターの感染者は陽性患者の家族も含めて計10人となった。3人のうち、牛久市の40代看護師女性は3月31日に陽性が判明。別の40代看護師女性、つくばみらい市の70代男性の2人の症状などは調査中。
残り2人のうち1人は、31日に感染が判明した古河保健所管内に実家がある東京都の20代男性の家族の80代無職男性で軽症。家族3人は陰性だった。
もう1人は、筑西市の30代のリハビリ専門職の医療従事者の男性で軽症。渡航歴はない。

【写真説明】
新型コロナウイルス感染者2人の死亡を受け、記者会見する木庭愛県保健福祉部長(中央)ら=県庁


龍ケ崎市、成人式は「20歳対象」 22年引き下げ巡りの画像

龍ケ崎市、成人式は「20歳対象」 22年引き下げ巡り

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 01 Apr 2020 10:26:15 +0900

記事コード:15856536939776

改正民法の施行(2022年4月)に伴う成人年齢の18歳への引き下げを巡り、龍ケ崎市は従来通り20歳を対象に成人式を開く方針を示した。23年1月予定の成人式から対応する。中山一生市長は3月25日の会見で、「進学や就職が一段落する20歳を『人生の節目』とするのが自然」と説明した。新しい式典の名称は今後決める。
対象年齢据え置きについては、18歳が進学や就職を決める時期に重なるため、式典への参加が負担になるとの判断が働いた。会場は全6市立中学校に分散していたが、23年以降は市文化会館1カ所に集約させる見通し。生徒数の減少に加え、22年には愛宕、城南両中学校が統合されるため、出身校がなくなるケースが現れる事情を考慮した。
市は昨年9月、市立中学校の3年生約700人を対象にアンケートを実施。20歳での開催を希望する意見が過半数を占めたという。
成人式の時期や在り方に関しては法令上に規定がなく、各市区町村の判断に委ねられる。中山市長は「式典対象者や保護者にとっては、節目のイベントで準備にも時間を要することから、早期に方針を公表した」と話した。(鈴木剛史)


土浦協同病院、常勤産科医2人採用 常陸大宮済生会、小児科医3人の画像

土浦協同病院、常勤産科医2人採用 常陸大宮済生会、小児科医3人

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 01 Apr 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15856536939788

茨城県は31日、土浦協同病院(土浦市おおつ野)に4月から、常勤の産科医2人の採用が決まったと発表した。県は同病院を最優先で医師確保に取り組む医療機関と位置付け、対策を進めてきた。併せて、常陸大宮済生会病院(常陸大宮市田子内町)についても4月以降、小児科の常勤医3人の採用が決まった。
土浦協同は総合周産期母子医療センターで、県南・鹿行ブロックの周産期医療の中核施設。近年は、近隣の産科医療機関の減少により分娩(ぶんべん)取扱件数が増えていた。
東京医科歯科大とJA県厚生連、県の3者が同日、寄付講座に関する協定を締結した。寄付総額は3億5000万円でJA県厚生連が2億2500万円、県が1億2500万円負担。同大は4月から医師2人を派遣する。
これにより、県が最優先で医師確保に取り組む5病院のうち、土浦協同を含む3病院で目標医師数を確保したことになる。残る2病院で必要な医師は、神栖済生会病院(神栖市)の整形外科医と、JAとりで総合医療センター(取手市)の小児科医。
常陸大宮済生会病院については、自治医科大からの医師派遣が3月末で打ち切られることを受けた対応。新たに東京女子医科大と常陸大宮市、県で寄付研究部門に関する協定を結び、同大は小児科医を4月から1人派遣、7月から3人態勢にする。寄付額は同市が8000万円、県が4000万円負担する。(戸島大樹)


取手市歩こう会長 日野さん「楽しく、継続大事」の画像

取手市歩こう会長 日野さん「楽しく、継続大事」

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 18:00:00 +0900

記事コード:15855676779227

「体の衰えは足から来る。運動は、やらないよりはやった方がいい」。ウオーキングのイベントを開く市民グループ「取手市歩こう会」の会長の日野勝博(ひのかつひろ)さん(75)。会員91人の先頭に立ち、ボランティアで健康づくり活動に汗を流す。「健康づくりは自分の意志でやらないといけない。その『きっかけ』をつくっていきたい」
宮城県仙台市出身。1974年に取手市へ移り、62歳まで会社勤めをしていた。ウオーキングを始めたのは59歳の時。「退職後に何をやろうか」と考えていた時期に、「歩こう会」の行事を知って参加し、会員になった。
「やりがいを見つけた。男は定年後の『地域デビュー』が、なかなかできないものなんだけど、ウオーキングのおかげで人脈が広がった」
月2回開催のウオーキングイベントは、土曜日に距離10キロを目安に開いている。市の広報を通じて開催を告知してもらい、会員以外にも一般から20〜30人の参加がある。イベントでは、健康に関する情報を参加者にアドバイスしている。「ウオーキングは継続することが大事。続けるには、楽しくやること。歩く時間は関係ない。その人に合った時間で、楽しくやることだ」
「歩こう会」は98年2月設立。長年の活動を評価され、3月11日には県の本年度県民健康づくり表彰式の健康づくり推進事業功労者として、知事賞団体部門で表彰された。
会長を任されて6年目。会員は県外にも広がっている。今後の目標は「市民と一緒に健康づくりの取り組みに磨きをかけたい。市民の0.1%(約100人)がウオーキングに参加すれば地域貢献は成功だと思っている。イベント参加者を増やしたいね」。
長男、長女は独立し、小文間に妻と2人暮らし。(高阿田総司)

【写真説明】
取手市歩こう会長 日野勝博(ひのかつひろ)さん(75)


つくばみらい市 コミバスに新車両 1日から増便の画像

つくばみらい市 コミバスに新車両 1日から増便

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15855676779218

◆年中無休、時間帯も拡大◆
つくばみらい市は4月1日から、市内を走るコミュニティバス「みらい号」を再編する。車両を2台から5台に増やし、利便性を向上。再編に伴い、新車両4台を導入した。
4月からのコミュニティバス再編では、路線数は従来のまま7路線と変わらないが、運行便数を27便から46便に拡大。新たに、谷井田地区にあるショッピングセンターや守谷市の総合守谷第一病院に乗り入れる。
また、これまで日曜日と年末年始は運休していたが、今後は年中無休で運行。時間帯も通勤時間帯に合わせ、午前5時55分〜午後7時20分に拡大する。未就学児の運賃も改正し、条件にかかわらず全て無料となる。その他の運賃(中学生以上の大人200円、小学生の小人100円)に変更はない。
新車両は出入り口の段差をなくしたノンステップバス。乗車定員は26人。2人分の座席をはね上げることで、車いす1台(ベビーカー2台)分のスペースを確保できる。運賃支払いに交通系ICカードが使え、乗りたいバスがどの場所を走っているのか確認できる「バスロケーションシステム」も導入した。
ボディーの色は市の花「菜の花」から取り、黄色と緑色を採用。側面と後ろには市のイメージキャラクター「みらいりんぞう」をプリントしている。デザインは筑波大の蓮見孝名誉教授が監修した。
つくばみらい市の小田川浩市長は今回の再編について、「市民の利便性を考え、運行ダイヤを充実させた。皆さんに親しまれるコミュニティバスとして運行していきたい」と話している。(今橋憲正)

【写真説明】
つくばみらい市が導入したコミュニティバスの新車両=同市役所伊奈庁舎


つくばみらい市人事(4月1日)の画像

つくばみらい市人事(4月1日)

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 09:39:05 +0900

記事コード:15855676779216

◇部長級
市長公室長(総務部長)森伸次
▽総務部長(上下水道課長)菊地龍夫
▽市民経済部長(生涯学習課長)直井和美
▽保健福祉部長(生活環境課長)須加尾博司
▽都市建設部長(建設課長)石島昭夫
▽教育部長(保健福祉部長)飯泉勝宏
▽会計管理者兼会計課長(総務部参事兼総務課長)海老原貞夫
▽保健福祉部参事兼介護福祉課長(同部参事兼防災課長)木川眞
◇課長級
秘書広報課長(秘書広報課副参事兼課長補佐)飯泉隆
▽総務課長(産業経済課長)染谷武
▽財政課長(財政課長補佐)石塚英明
▽税務課長(社会福祉課長)関俊明
▽防災課長(防災課副参事兼課長補佐)中島毅
▽産業経済課長(市民窓口課長)八木勝則
▽生活環境課長(都市計画課長)梅本和成
▽市民窓口課長(会計課長補佐)飯泉真由美
▽社会福祉課長(介護福祉課長)草間節
▽都市計画課長(都市計画課副参事兼課長補佐)荒井一志
▽建設課長(上下水道課長補佐)杉田卓生
▽上下水道課長(秘書広報課長)谷口雅之
▽農業委員会事務局長(社会福祉課長補佐)成嶋均
▽教育指導課長(教育指導課副参事・県から派遣)中島嘉之
▽生涯学習課長(生涯学習課スポーツ推進室長)関正臣
▽地域推進課副参事兼課長補佐(地域推進課長補佐)中村靖
▽税務課副参事兼課長補佐(税務課長補佐)天神信光
▽教育指導課副参事・県から派遣(守谷中教頭)大藤正晴
◇退職(31日)
市長公室長石神栄、市民経済部長中島強、都市建設部長奈幡優、教育部長吉田弘之、会計管理者兼会計課長張谷昌彦、総務部参事兼税務課長豊嶋千恵子、農業委員会事務局長岩本将史


茨城県歯科医師会 「噛む」レシピ12作品優秀賞の画像

茨城県歯科医師会 「噛む」レシピ12作品優秀賞

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 09:43:30 +0900

記事コード:15855676779215

茨城県歯科医師会(森永和男会長)主催の「第9回噛(か)むかむレシピコンテスト」の審査が行われ、12人のレシピが優秀作「噛むかむレシピ賞」として選ばれた。
同コンテストは歯と口腔(こうくう)の健康づくりの一環として、食事をよくかむことの大切さを伝える食育推進事業として実施。テーマ食材や県内農業産出額1〜3位の食材を使用していることを条件としたレシピを県内の児童や生徒、一般から募り、見た目、おいしさ、かむ回数などを審査の基準としている。
今回はテーマ食材「納豆」を使用した613作品が集まった。受賞レシピの詳細は同会ホームページで公開している。
受賞者は以下の通り。(敬称略)
▽小学生以下の部
青木梨菜子(龍ケ崎市立八原小)
鬼沢和奏(水戸市立吉沢小)
清水葵(大洗町立南小)
宍塚茉柚(牛久市立牛久小)
▽中高生の部
益子夕凛(水戸市立第一中)
小川蘭(県立取手二高)
瀬谷花奈(県立水戸三高)
辻野環(つくば市立手代木中)
佐藤杏香(大洗町立南中)
関根悠芽(城里町立常北中)
▽一般の部
岡田弘美(石岡市)
中橋智衣(常磐大人間科学部健康栄養学科)

【写真説明】
一般の部受賞者・岡田弘美さんの「納豆とれんこんのサラダのオープンサンド」


茨城、新任校長2人に聞くの画像

茨城、新任校長2人に聞く

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 22:30:27 +0900

記事コード:15855676779214

今春の教職員人事異動で、小中学校や高校、特別支援学校など茨城県立公立学校で179人が校長に登用される。新たに校長に就任する2人に抱負を聞いた。
■坂東市立東中・小林聖子さん 地域とつながり大切に
「皆が笑顔でいられるのが大事。子どもも教員も輝いて、生き生きとしていられる学校にしていきたい」
同じ音楽教師で本年度退職する、姉の滝本恵美子教諭の姿に魅せられて教員を目指した。33年間、県西地域の小中学校に赴任。特に「皆の心が一つになる」合唱の指導を通じ、児童や生徒の成長を促してきた。
これまで反発する児童や生徒との関わりもあった。ただ卒業後に声を掛けてきたり転任先に訪ねてくるのは、そういう子たち。「一生懸命に向き合えば、素直に成長してくれる」。経験を若い教員に伝え、自信や誇りを持たせたい考えだ。
「多くの出会いに恵まれた」と周囲にも感謝。中でも2度、一緒の職場だった白石光浩校長(三和北中、本年度退職)の行動力とコミュニケーション力は「指針にしたい」と話す。
赴任先は坂東市立東中学校。同市中学校では初の女性校長という。「地域とのつながりを大切に、生徒一人一人を大事にする学校を目指す」と意気込んだ。古河市在住。55歳。(溝口正則)
■取手市立戸頭小・木村勤さん 教師を育てる視点持つ
「学校の中に広く『チーム』というイメージを持って取り組みたい。教師各自の持ち味を合わせ、外部とも連携を取り、児童生徒が『できた』『分かった』と実感できる学校づくりをしたい」と抱負を語る。
教員歴は32年。小学校勤務が長かった。教師を志したのは大学3年の時。教育実習で魅力を感じた。若い頃から児童生徒に真正面から向き合い、生活の背景なども考え、広い視野を持って接してきた。
取手市は新年度、複数の教師の目で児童生徒を見て、悩みや困り事などに対応することなどを狙いに、中学校の「全員担任制」と小学校の「チーム指導」、小中学校の「教育相談部会」などを導入し、学校改革を進める。「教師が負担に思ったら長続きしない。大切なことだと理解し、導入して良かったと思ってもらいたい」と気を配る。
「担任を育てれば児童も育つ。人材育成も大事な仕事。今後は教師を育てる視点を持ってやっていきたい」。取手市在住。55歳。(高阿田総司)

【写真説明】
坂東市立東中・小林聖子さん


志村けんさん死去に磯山さやかさん「信じられない」 全員集合、取手で収録30回の画像

志村けんさん死去に磯山さやかさん「信じられない」 全員集合、取手で収録30回

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 10:02:41 +0900

記事コード:15855676779210

国民的な人気の「ザ・ドリフターズ」で活躍し、笑いの一時代を築いたタレントの志村けんさんが29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で死去した。30日、突然の訃報に志村さんとゆかりのある茨城県の関係者から悼む声が上がった。
テレビ番組で共演した鉾田市出身の磯山さやかさん(36)は「信じられません。持ち前のパワーで回復して、いつもの元気な姿でまたお会いできると当然のように思っていました。気持ちの整理がついていない状況です。本当に感謝してもしきれないほど、いろいろなことやご縁を与えていただき、その恩返しをこれからもしていきたかったです。早すぎます。悲しいです」とコメントを出した。
■取手市民 「ヒゲダンス」思い出
志村さんは、ザ・ドリフターズの人気テレビ番組「8時だヨ!全員集合」の収録で度々取手市を訪れていた。志村さんが亡くなり、当時、収録会場で志村さんを見た市民は「『ヒゲダンス』が印象に残っている」と残念がった。
全員集合は16年間(1969〜85年)続いた人気番組。市によると、収録は当時、同市東の取手市民会館で約30回開かれたという。
会場まで見に行ったという同市本郷の50代男性は「小学生の頃、2回ほど見た。夕方から友達と並んで、ドキドキしながら椅子に座り、ドリフターズのメンバーが現れた時はうれしさのあまり、みんなで叫んでしまった。志村さんと加藤茶さんの『ヒゲダンス』がとても印象に残っている」と思い出を語った。(高阿田総司)


新型コロナ感染者、県南7割超 茨城県内初確認から2週間の画像

新型コロナ感染者、県南7割超 茨城県内初確認から2週間

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 31 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15855676779208

◆経路不明の患者も◆
新型コロナウイルスの感染者が茨城県内で初めて確認されてから31日で2週間を迎える。これまでの感染者は県外在住3人を含め10市町で20人(30日時点)。このうち重症1人を含め全員入院か入院予定で、県南地域の居住者が7割超の15人と目立つ。当初は海外や都内での感染が疑われるケースが目立ったが、感染経路が分からない患者も出始めている。
■入院患者
27日に入院患者の感染が判明したJAとりで総合医療センター(取手市)では、最初に発覚したつくばみらい市の70代男性とその家族1人に加え、この男性と同部屋だった入院患者の男性2人と、同じ病棟の入院患者の男女3人の計7人の陽性が確認されている。
県によると、70代男性と濃厚接触した可能性があるのは60人程度。このうち医師や看護師ら32人と、男性の家族1人、男性と同部屋か同じ病棟の入院患者21人の計54人については30日までの検査で陰性が確認されている。
一方で同センターは27日から外来診療や救急外来の受け入れを2週間停止。周辺の医療機関に協力要請するなど地域医療にも影響が出ている。
■特定難航
県内患者の中には感染経路が分かっていない陽性者もいる。
県内20人のうち海外渡航歴があるのは4人で、東京など県外での感染が疑われるのは2人。濃厚接触者として陽性となった人は11人いる。
一方で、感染経路が現時点で分かっていないのは少なくとも3人。県内5例目のつくば市の80代男性▽JAとりで総合医療センター入院中だった70代男性▽つくば市の介護老人保健施設職員-で、県が調査を急いでいる。
5例目の80代男性にダンスを教えたダンス講師についても、イタリア滞在歴はあるが、帰国から発症までに1カ月以上あるため県が感染経路を調査中だ。レッスンを受けた生徒34人もリストアップし、すでに感染した1人のほか33人を健康観察している。
■隣県の施設
29日には、集団感染が起きた千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」の感染者のうち職員6人が、神栖市と潮来市、行方市在住と判明。30日には、陽性が確認された職員1人と施設利用者2人、利用者の家族2人の計5人がいずれも神栖市在住だったことが分かった。
神栖市は29日、市内の児童クラブ2施設と保育園2園の休止を決めた。
潮来市は30日から市役所以外の公共施設の休館・休止を決定、公共施設で開催予定の市民講座も延期とした。行方市は市内の社会教育施設の休止期間を今月末から4月末へ延長。通常開館していた公民館と図書館の利用も一部制限した。
4月から中核市に移行する水戸市は1日の保健所開所に合わせ「帰国者・接触者相談センター」を設置し、感染疑いのある人から相談を受け付ける。PCR検査や感染者が発生した場合の濃厚接触者の調査などは県と連携して取り組む。(戸島大樹、松浦かえで)
【県内の新型コロナ感染者】
(30日午後10時現在)
患者 居住地 職業 主な行動歴 感染 判明日
1 30代男性 ひたちなか市 会社員 イタリア出張 17日
2 20代男性 つくば市 大学生 スペイン、フランスなど旅行 18日
3 50代男性 阿見町 会社員 タイ旅行 18日
4 40代女性 土浦市 派遣社員 都内「永寿総合病院」など勤務 22日
5 80代男性 つくば市 無職 つくば市内病院に入院中に判明 23日
6 70代女性 つくば市 無職 5例目の妻 24日
7 40代女性 静岡県 医師 5例目の娘、付き添い 24日
8 70代女性 桜川市 家政婦 5例目の付き添い 24日
9 40代男性 つくば市 社交ダンス講師 1月末に伊滞在、5、6例目にレッスン 24日
10 40代男性 牛久市 ゴルフ場従業員 都内で飲食、遊技施設など 24日
11 50代女性 つくば市 研究所職員 9例目からレッスン 27日
12 70代男性 つくばみらい市 無職 JAとりで総合医療センター入院患者 27日
13 70代男性 龍ケ崎市 無職 12例目と同部屋の入院患者 27日
14 40代女性 つくばみらい市 無職 12例目と同居の娘 28日
15 80代男性 県外 無職 12例目と同部屋の入院患者 28日
16 40代女性 つくば市 施設職員 つくば市の老健施設勤務 28日
17 90代女性 つくば市 無職 16例目の施設入所者 30日
18 80代女性 取手市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日
19 70代男性 守谷市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日
20 70代女性 県外 無職 12例目と同一病棟に入院 30日


《新型コロナ》濃厚接触20人「陰性」 JAとりで医療センターの画像

《新型コロナ》濃厚接触20人「陰性」 JAとりで医療センター

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Mon, 30 Mar 2020 09:57:04 +0900

記事コード:15854857711696

入院患者の新型コロナウイルス感染が判明したJAとりで総合医療センター(茨城県取手市)に関し、県は29日、感染患者の濃厚接触者のうち看護師ら20人について、同日実施したPCR検査結果は全員陰性だったと発表した。併せて、県内16例目として28日に感染が判明したつくば市の40代女性については同市の介護老人保健施設「アレーテル・つくば」の職員と明らかにした。
県によると、同医療センターで陰性が確認された人の内訳は、27日に感染が判明したつくばみらい市の70代男性が入院していた病棟で働く看護師・看護助手19人と、同じ病棟の入院患者1人。
70代男性と濃厚接触した可能性がある人は残り20人程度いるとみられ、県は引き続き検査を急いでいる。同センターを巡っては、70代男性のほかに男性と同部屋だった入院患者の男性2人の感染が確認されている。
老健施設職員のつくば市の40代女性は軽症で、感染症指定医療機関に入院中。最近の海外渡航歴はなかった。県で感染経路や濃厚接触者を調べている。同施設には約90人が入所しており、施設側は新規受け入れを中止して消毒を実施。ショートステイと通所リハビリテーションも28日までに中止し、訪問介護サービスも中止予定という。
女性は、出勤した24日に37度台の発熱やせきなどの症状が出たほか、25〜26日にかけて勤めた夜勤明けに38度台の発熱や関節筋肉痛があったため、27日に帰国者・接触者外来を受診していた。(戸島大樹)


新型コロナで移動自粛要請 仕事、帰省「やむなく」 高速バスや駅は閑散 茨城の画像

新型コロナで移動自粛要請 仕事、帰省「やむなく」 高速バスや駅は閑散 茨城

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sun, 29 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15853906293583

新型コロナウイルスの感染拡大で、茨城県が東京都など都市部への移動自粛を求めた週末の28日、都内とつながる県内の高速バス乗り場や駅では、閑散とした様子が見られた。わずかに乗り込む人は「帰省で仕方なく」「仕事でやむなく」と事情を語り、硬い表情で駅を後にした。
同日午前、水戸駅にある水戸-東京間の高速バス「みと号」の乗り場では、普段の週末はバスを待つ行列が見られるが、この日は、乗り込むのは1台に数人だった。
4月から京都市内の大学院に入学するため、県内から千葉県館山市に帰省するという男性(22)は「帰省で仕方ない。感染に気を付けて行動したい」と、リュックに消毒液を入れ「コロナには本当迷惑している。早く終息してほしい」とため息交じりだった。
みと号は、新型コロナの影響で、平日52便、土日休日58便を23日から平日、土日休日ともに41便に減便した。3月末で期限切れとなる回数券は9月末まで期限を延ばし、3月末までは手数料なしで払い戻しするなどの対応をしている。
都内への利便性が高いつくばエクスプレス(TX)守谷駅では、電車を利用する人が多く見られた。仕事で神奈川県へ行くという守谷市の40代男性は「年度末なのでやむを得ない。マスク着用や手洗い、うがいはしっかりやりたい」と話した。
通常は、東京を行き来する人が多いつくば駅では、午前9時半ごろでも改札を出入りする人はまばら。午前10時ごろ、都心の観光客がよく利用する筑波山行きシャトルバスは乗客なしで出発した。
東京に向かう電車に乗るというつくば市の会社員、男性(49)は「職場に行く。しょうがない」と複雑な面持ち。一方、秋葉原へ買い物に行くという同市内の30代男性は「若いので感染しても重症化しないと思う。外出自粛の要請も効果は期待できないのでは」と話した。(小島慧介、秋葉凌)

【写真説明】
県が東京都など都市部への移動自粛を求め、普段とは違い人もまばらとなったつくば駅の高速バス乗り場=28日午前9時40分、つくば市吾妻、菊地克仁撮影


新型コロナ、取手で院内感染か 肺炎の種類、見極め困難の画像

新型コロナ、取手で院内感染か 肺炎の種類、見極め困難

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 29 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15854024300175

◆検査体制の課題指摘◆
新型コロナウイルスの院内感染が疑われる事案が27日夜にJAとりで総合医療センターで確認された。28日、同センターと茨城県が共同記者会見を開き、同室で確認された陽性患者2人の症状や対応を説明した。先に感染が確認された患者は当初、一般的な肺炎球菌による肺炎の可能性が高いとの診断で一般病棟に入院。しかし、抗生剤治療で改善せず、5日後のPCR検査で新型コロナウイルス感染が確認された。会見で病院側は、初期症状での肺炎の種類の見極めの困難さ、検査体制の課題を強調した。
「非常に診断が難しい。発熱と呼吸器症状がある患者が多く来る中、いかにコロナかコロナじゃないか判定する検査体制、診察体制が確立されないと、今回のようにスルーしてしまうことが起こり得る。全国の基幹病院でこうしたケースが大きな課題」。同センターの新谷周三病院長は説明に声を強めた。
同センターによると、県内12例目のつくばみらい市の70歳男性は、22日に38度台の発熱で受診し、肺炎球菌による肺炎の可能性が高いとの所見で入院した。CT検査でも若干の炎症程度でほとんど所見はなく、「呼吸器の専門医が診てもウイルス性肺炎を疑うような所見はなかった」(新谷病院長)。
同時に、肺炎球菌感染の証拠になる尿中の抗原検査でも陽性が出たため、比較的軽い肺炎球菌による肺炎の疑いと診断され、抗生剤による治療がなされた。しかし、症状が改善せず再度のCT検査で、ウイルス性肺炎の特徴のすりガラス様の陰影が出たため、急きょ患者を隔離。新谷病院長は「肺炎球菌による肺炎の背後に、コロナの肺炎も合併していたという症例」と話した。
新谷病院長とともに会見に臨んだ冨満弘之副院長も、肺炎の種類の見極めの難しさと、新型コロナウイルスを調べるPCR検査の体制の課題を指摘。冨満副院長は「肺炎球菌による肺炎の患者はものすごく多く、その患者全員を検査するというのは現実的に不可能だと思う。CTで積極的に疑うような肺炎像であれば無理にでもお願いして検査しただろうが、今回はそれがなかったので通り抜けてしまった」と説明した。
県内のPCR検査の現状について、県は「県内で毎日多くの検査要望が出ており、1日40〜50件検査している。やみくもでなく優先順位を付けて、症状がある方、接触度の高い方から順次やっていくことが方法として適切」と説明。同センターの今回の対応については「何か私どものほうで『こうすべきだった』ということはない」と話した。(三次豪)

【写真説明】
県との共同記者会見で新型コロナウイルスの院内感染の可能性などについて説明するJAとりで総合医療センターの新谷周三院長(中央)=県庁の県政記者クラブ


《新型コロナ》JAとりで医療センター、院内感染の可能性 茨城県内新たに3人陽性の画像

《新型コロナ》JAとりで医療センター、院内感染の可能性 茨城県内新たに3人陽性

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sat, 28 Mar 2020 23:20:22 +0900

記事コード:15853974839803

茨城県とJAとりで総合医療センターは28日、県庁で共同記者会見を開き、27日に同センターの同室の入院患者2人が新型コロナウイルスに感染が確認されたことなどを踏まえ、「院内感染の可能性が高い」と発表した。28日夜、つくばみらい市の陽性患者の娘の40代無職女性と、同室の別の入院患者で県外の80代無職男性も陽性と判明し、同センター関係の感染は4人に拡大。外来診療と検査業務、救急外来の診察を2週間停止する方針も明らかにした。同日夜、つくば市の40代女性の感染も判明し、県内の感染確認は計16人となった。
同センターは、同病棟の医師ら28人を自宅待機させ、入院患者も加えた計約60人のPCR検査を優先順位を付けて実施する方針で、同日はこのうち19人の検査を行い、陽性患者を担当した医師と看護師、同病棟患者、残り1人の同室患者の17人は陰性だった。
県と同センターによると、感染確認された同室の患者3人のうち、つくばみらい市の70代男性は37度台の発熱で22日に同センターを受診。肺炎球菌による肺炎の可能性が高いとの診断で一般病棟に入院したが、症状が改善されず、27日のPCR検査で陽性が判明した。同室の龍ケ崎市の70代男性は、昨年12月に別の疾患で入院し、今月22日に37度台の発熱、26日に37〜38度台の発熱と痰(たん)など症状が出た。27日に胸部CT検査で肺炎の所見があり、PCR検査で陽性と判明。ともに中等症で酸素吸入を要する状態。80代男性は2月中旬から別の疾患で入院し、28日に陽性判明。軽症で37〜38度台の発熱とせきがある。つくばみらい市の陽性患者と同居する娘は、症状はなく、今後入院の予定。それぞれ感染経路は調査中。
感染症医療機関の同センターは、これまでもクルーズ船の患者や海外から帰国した患者など陽性患者5人を受け入れ。現在も、今回の3人以外に2人が感染症指定病床に入院中だが、陽性患者や担当する医師、看護師などは一般病棟に入っておらず「今まで入院していた方(陽性患者)からの感染はゼロに近い」(同センター)。病院全体には現在約300人弱の入院患者がおり、症状が軽い患者や他病棟の患者を、退院させて自宅での健康観察をしてもらうよう保健所と検討している。別な基礎疾患で当該病棟に入院中の患者はそのまま治療を継続する。
地域の中核病院の同センターは外来患者が1日約1250人、年間約33万7500人が来院。救急患者は約3万人に上る。同センターの突然の診療、救急の停止により、地域の医療体制への影響が懸念される。
つくば市の40代女性は27日、37度台の発熱と喉の違和感があり帰国者・接触者相談センターに相談。28日に帰国者・接触者外来を受診、県衛生研究所のPCR検査で感染が判明した。海外渡航歴など確認中。(三次豪)

【写真説明】
新型コロナウイルスの院内感染の可能性が高いとして、外来業務を停止したJAとりで総合医療センター=28日午後1時ごろ、取手市本郷、菊地克仁撮影


新型コロナ JAとりで総合医療センターで院内感染疑い、外来業務停止の画像

新型コロナ JAとりで総合医療センターで院内感染疑い、外来業務停止

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 30 Mar 2020 10:04:54 +0900

記事コード:15853645502727

JAとりで総合医療センター(茨城県取手市)は28日、同センターに入院する70代の男性患者2人の新型コロナウイルス感染確認を受け、院内感染の可能性が高いとして、27日夜から通常の外来、検査業務と救急外来業務を停止したと発表した。病棟スタッフにも発熱が認められるという。
県などによると、感染患者2人は、つくばみらい市在住、無職の70代男性と龍ケ崎市在住の無職の70代男性。2人は同部屋に入院していた。いずれも27日にPCR検査の結果、陽性が判明した。また、同日から看護師2人に発熱症状があったため、センターは院内感染の可能性が高いと判断し、業務の停止に踏み切った。
県は濃厚接触者や感染経路を詳しく調べている。
つくばみらい市の男性は19〜20日に37度台の発熱があり、22日に同センターを受診。肺炎の所見で入院し、27日のPCR検査で陽性が判明した。酸素吸入が必要な状態で引き続き入院している。龍ケ崎市の男性は別の疾患で昨年12月から入院。22日に37度台の発熱後、26日以降は熱は38度台になり、喀痰(かくたん)や呼吸苦の症状が出た。酸素吸入が必要な状態という。
同センターは感染症指定医療機関。
県内ではこれまでに計13人の感染が確認されている。


龍ケ崎市人事 道の駅と牛久沼 全体活用を推進の画像

龍ケ崎市人事 道の駅と牛久沼 全体活用を推進

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 28 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15853069118788

龍ケ崎市は27日までに、4月1日付の人事を内示した。組織改編は、道の駅・牛久沼プロジェクト課を牛久沼プロジェクト課とし、延期となっている道の駅整備を含め牛久沼全体の活用に取り組む。交通防犯課は生活安全課に改め、空家対策室を課内に設置、担当していた交通政策については都市計画課に移す。企業立地推進課はつくばの里工業団地の拡張造成工事の完了で、教育委員会国体推進課は茨城国体の終了に伴いそれぞれ廃止する。
◇部長級 総務部長(総務部長兼人事課長兼課長補佐=給与・福利グループリーダー)菊地紀生▽福祉部長兼福祉事務所長(都市整備部副部長兼参事兼都市計画課長)清宮恒之▽健康づくり推進部長(総務部副部長兼参事兼財政課長)岡田明子▽産業経済部長(健康づくり推進部長)松田浩行▽議会事務局長(市長公室副部長兼参事兼企画課長)森田洋一
◇課長級 総務部副部長兼参事兼財政課長(下水道課長)大貫勝彦▽市長公室副部長兼参事兼企画課長(市民生活部参事兼交通防犯課長)木村博貴▽福祉部副部長兼参事兼生活支援課長(福祉部参事兼社会福祉課長)下沼恵▽健康づくり推進部副部長兼参事兼健康増進課長兼保健センター所長(健康増進課長兼保健センター所長)岡沢幸代▽市民生活部副部長兼参事兼市民窓口課長(市民窓口課長)石塚幸代▽都市整備部副部長兼参事兼都市計画課長(法制総務課長)落合勝弘▽教育委員会副部長兼参事兼文化・生涯学習課長=青少年センター所長併任(シティセールス課長)松本大▽参事兼危機管理課長(介護福祉課長)中嶋正幸▽市長公室参事兼秘書課長(参事兼危機管理課長)猪野瀬武▽市長公室参事兼牛久沼プロジェクト課長(秘書課長)大久保雅人▽福祉部参事兼介護福祉課長(福祉部課長=市社会福祉協議会派遣)佐々木英一▽健康づくり推進部参事兼健幸長寿課長(教育委員会国体推進課長)坪井龍夫▽産業経済部参事兼農業政策課長(農業政策課長)菅沼秀之▽都市整備部参事(企業立地推進課長兼課長補佐=企業立地促進グループリーダー)鈴木聡▽教育委員会参事兼学校給食センター所長(教育委員会副部長兼参事兼学校給食センター所長)神永健▽法制総務課長(教育委員会文化・生涯学習課長=青少年センター所長併任)梁取忍▽人事課長(情報管理課長)酒巻秀典▽情報管理課長(財政課副参事兼課長補佐=総括整理兼財政グループリーダー)富塚祐二▽シティセールス課長(交通防犯課副参事兼課長補佐=総括整理兼交通政策グループリーダー)服部淳▽福祉課長(社会福祉課副参事兼課長補佐=総括整理兼障がい者支援グループリーダー)藤ケ崎聡▽こども家庭課長兼駅前こどもステーション所長(教育委員会教育総務課副参事兼課長補佐=総括整理兼学務グループリーダー)蔭山大三▽税務課長(法制総務課副参事兼課長補佐=総括整理兼総務・選挙グループリーダー)大堀敏雄▽生活安全課長(シティセールス課副参事兼課長補佐=総括整理兼広報広聴グループリーダー)重田正光▽下水道課長(生活支援課長)湯原秀一▽都市施設課長(危機管理課副参事兼課長補佐=総括整理兼危機管理政策グループリーダー)橘原剛
◇退職(31日)福祉部長兼福祉事務所長足立裕、産業経済部長宮川崇、議会事務局長黒田智恵子、福祉部副部長兼参事兼こども家庭課長兼駅前こどもステーション所長服部一郎、健康づくり推進部副部長兼参事兼健幸長寿課長大野雅之、市民生活部副部長兼参事兼税務課長渡辺正一、市長公室参事兼道の駅・牛久沼プロジェクト課長由利毅、都市整備部参事兼都市施設課長広瀬清司


《新型コロナ》茨城県内新たに3人感染 計13人 2人は同部屋に入院の画像

《新型コロナ》茨城県内新たに3人感染 計13人 2人は同部屋に入院

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Fri, 27 Mar 2020 23:42:25 +0900

記事コード:15853177186639

茨城県は27日、県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち2人は感染症指定医療機関のJAとりで総合医療センター(取手市)の入院患者で、つくばみらい市の70代無職男性と、同室の県内在住の70代無職男性。県は院内感染の可能性も含め調査している。もう1人は24日に感染が判明したつくば市の社交ダンス講師の濃厚接触者で、同市の産業技術総合研究所つくばセンター職員の50代女性。県内での感染確認は27日夜時点で計13人となった。
県によると、つくばみらい市の70代男性は19〜20日に37度台の発熱があり、22日に同センターを受診。肺炎の所見で入院し、27日のPCR検査で陽性が判明した。酸素吸入が必要な状態で引き続き入院している。男性は70代妻と40代娘と3人暮らし。最近の海外渡航歴はなく、県で感染経路を調べている。
同室の70代男性は濃厚接触者として検査を受け、27日午後に陽性が判明。2人の部屋は感染症指定病床ではなかった。県と同センターは28日午前、詳細について共同会見を開く。
つくば市の50代女性は今月7日と14日に、ダンス講師の40代男性から教室でソロレッスンを受講。18日以降、36〜37度台の発熱や倦怠(けんたい)感などの症状が続いた。講師と接点があったため、つくば保健所が26日に帰国者・接触者外来を案内し、27日の検査で陽性と分かった。
産総研は同日、女性が業務していた部屋を封鎖し、女性と接触があった職員の自宅待機を指示、経過観察を行っている。
女性は軽症で、入院調整中。1人暮らしで最近の海外渡航歴はない。18日午後以降は、24日に定期的な受診のため近くの医療機関を訪れた以外、自宅療養していた。
県によると、講師の発症日(14日)から2週間以内に教室でレッスンを受けた生徒は34人で、50代女性もそのうちの1人。27日夕時点でほか33人に症状はないという。(戸島大樹、三次豪)
【27日判明した県内の感染者の概要】
患者( )内は居住地 行動歴など
・11例目 50代団体職員女性(つくば市) 9例目の40代ダンス講師のソロレッスンを7、14日受講。18日発熱、職場午後早退。19日から自宅療養中 軽症
・12例目 70代無職男性(つくばみらい市) 19、20日発熱。21日近くの医療機関受診。22日から肺炎の所見でJAとりで総合医療センター(取手市)入院 中等症
・13例目 70代無職男性(確認中) 12例目の入院先の同室者。27日午後のPCR検査で判明 確認中


茨城・新型コロナ 新たに2人の感染確認 ダンス教室生徒もの画像

茨城・新型コロナ 新たに2人の感染確認 ダンス教室生徒も

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 27 Mar 2020 17:30:57 +0900

記事コード:15852973857449

茨城県は27日、新型コロナウイルスに感染したつくば市の40代社交ダンス講師の男性の濃厚接触者となる同市在住で団体職員の50代女性が、PCR検査の結果、陽性だったと発表した。また、つくばみらい市に住む無職の70代男性も同様に陽性と判明した。50代女性は軽症、70代男性はJAとりで総合医療センターに入院中で、中等症という。県内で新型コロナウイルスに感染が確認された人は計12人となった。
県によると、50代女性は今月7、14日にダンス教室でソロレッスンを受け、18日に37度台の発熱や全身倦怠感の症状が出た。職場に出勤したが午後に早退、以降は自宅療養していた。19〜23日も36〜37度台の発熱と倦怠感、咳(せき)があり、24日に定期的に受診している近くの医者を訪ねた。
また、70代男性は19〜20日にかけ37度台の発熱があり、21日に近所の医者の診察を受け感冒薬を処方された。22日に38度台の発熱があり、とりで総合医療センターを受診し、肺炎の所見のため、同日入院した。酸素吸入を要する状態という。
いずれも27日にPCR検査の結果、陽性が判明した。
県はダンス講師の男性の濃厚接触者の調査について、国立感染症研究所に職員の派遣を要請する一方、70代男性の濃厚接触者の調査を実施する。


取手市人事(4月1日)の画像

取手市人事(4月1日)

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 27 Mar 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15852242602367

◇部長級
総務部長(総務部次長兼市民協働課長事務取扱)鈴木文江 ▽政策推進部長(総務部次長兼人事課長事務取扱)井橋貞夫 ▽財政部長(健康推進部次長兼健康づくり推進課長事務取扱)牧野妙子 ▽福祉部長(健康増進部長)稲葉芳弘 ▽健康増進部長(政策推進部次長兼魅力とりで発信課長事務取扱)大野安史 ▽まちづくり振興部長(財政部次長兼管財課長事務取扱)野口昇 ▽建設部長(建設部次長兼排水対策課長事務取扱)前野拓
◇次長級
総務部次長兼安全安心対策課長事務取扱(総務部次長兼総務課長事務取扱)斉藤理昭 ▽まちづくり振興部次長兼環境対策課長事務取扱(教育委員会次長兼教育総務課長事務取扱)石塚幸夫 ▽教育委員会次長兼教育総務課長事務取扱(教育委員会次長兼図書館課長事務取扱)大手勉志 ▽会計管理者次長兼会計課長事務取扱(まちづくり振興部次長兼環境対策課長事務取扱)稲見忠
◇課長級
総務課長(秘書課長)秋山和也 ▽人事課長(市民課長)軽部幸雄 ▽市民協働課長(広報広聴課市民相談室副参事)佐藤睦子 ▽市民課長(市民課長補佐)稲村忠弘 ▽取手支所課長(取手駅窓口課長)山崎雅夫 ▽秘書課長(公民館課長)丸山博 ▽魅力とりで発信課長(農政課長補佐)立野啓司 ▽文化芸術課長(子育て支援課副参事)飯山貴与子 ▽管財課長(国保年金課長)鈴木正美 ▽健康づくり推進課長(高齢福祉課副参事)樋口康代 ▽国保年金課長(安全安心対策課長)木村太一 ▽排水対策課長(取手地方広域下水道組合派遣副参事)榎根本嗣郎 ▽スポーツ生涯学習課スポーツ振興事務取扱担当課長(産業振興課副参事)豊島寿 ▽公民館課長(公民館課長補佐)大野篤彦 ▽図書館課長(ふじしろ図書館副参事)飯塚稔 ▽監査委員事務局課長(藤代総合窓口課長補佐)染谷久 ▽取手駅前窓口副参事(藤代スポーツセンター副参事)藤原敏幸 ▽都市計画課都市政策推進室副参事(都市計画課都市政策推進室課長補佐)中村大地 ▽指導課教育総合支援センター(指導課副参事)篠田清孝 ▽ふじしろ図書館副参事(スポーツ生涯学習課国体推進室課長補佐)蛯原雅己
◇消防本部
取手署長(警防課長)石島良夫 ▽戸頭署長(椚木署長兼宮和田出張所長)酒井靖 ▽警防課長(警防課副参事)岡田直紀 ▽椚木署長兼宮和田出張所長(取手署副署長)斉藤正己 ▽吉田署長(取手署副署長)福田義久 ▽取手署副署長(椚木署当直司令)小笠原隆夫
◇退職(31日)
総務部長斉藤俊治、政策推進部長南典男、財政部長根本正幸、福祉部長高橋昇、まちづくり振興部長川田清、建設部長増田義男、会計管理者部長倉持正、取手支所課長有坂裕行、文化芸術課長岡本弘子、会計課長角田修一、監査委員事務局課長行田弘一、取手署課長山崎進、戸頭署課長山浦政広、吉田署課長足立光雄


《新型コロナ》「持ち込み」感染警戒 水戸や取手など「都内移動控えて」の画像

《新型コロナ》「持ち込み」感染警戒 水戸や取手など「都内移動控えて」

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 27 Mar 2020 09:50:57 +0900

記事コード:15852242602364

新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることに、茨城県内自治体も警戒を強めている。県は、都による外出自粛要請に先立つ25日、県民に対して感染拡大地域への移動について「慎重な判断」を呼び掛けるなど、県外からの「持ち込み」に神経をとがらせる。外出自粛要請が首都圏に拡大した26日には、水戸市や取手市なども不要不急の東京方面への外出を控えるよう発信し始めた。
県内の感染者は26日時点で計10人。県によると、このうち4人は欧州やタイなど海外渡航歴があり、ほか2人については都内で感染した疑いがあると分析。残る4人は家庭内感染の疑いとしている。
都内での感染疑いの2人のうち、22日に感染が判明した土浦市の40代女性は、院内感染の疑いがある都内の「永寿総合病院」に勤務。24日に判明した牛久市の40代男性も、発症前に都内の飲食店や遊技施設を訪れていたという。
こうした状況を踏まえ、大井川知事は25日の定例会見で「現在まずターゲットとして考えなければいけないのは、海外や東京をはじめとする感染拡大が進む地域からのウイルスの持ち込みだ」と強調。その上で東京など感染が広がる地域への移動について「慎重な判断をお願いする」と県民に呼び掛けていた。
国勢調査(2015年)によると、本県から都内への通勤・通学者は約6万7千人。東京への流入人口は神奈川、埼玉、千葉の3県に次いで4番目に多く、特に県南地域は東京通勤圏に当たる。このため、県は在宅勤務やフレックスタイムの積極的な活用も呼び掛けている。
県や都の動きに県内市町村も反応した。
水戸市は26日、都内など感染拡大地域への今週末の移動を自粛するよう呼び掛けを開始。ホームページや会員制交流サイト(SNS)などで「急を要しない場合は控えて」と訴え、通勤や通学などで都内への移動が必要な場合には「混雑を避けるなど感染症対策に十分な留意を」と呼び掛けている。
取手市の藤井信吾市長も同日メッセージを公表。つくば市など県南地域で複数の感染者が出ていることから「いつ市内で発生してもおかしくない状況」と危機感を示し、感染が広がる地域への移動については慎重に判断し「不要不急な外出を極力控えてほしい」と市民に協力を求めた。(戸島大樹、前島智仁)


都の外出自粛要請 「週末は家」「不安」 通勤、通学の茨城県民戸惑いの画像

都の外出自粛要請 「週末は家」「不安」 通勤、通学の茨城県民戸惑い

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 27 Mar 2020 11:02:21 +0900

記事コード:15852242527579

◆勤務先から指示も◆
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都が今週末の不要不急の外出を避けるよう要請してから一夜明けた26日、都内に通う茨城県民から不安や不満の声が漏れた。本県では前日の25日、大井川和彦知事が県民に対し、都内など感染拡大地域への移動について「慎重な判断」を要請。26日には埼玉と神奈川両県が今週末の外出自粛を、千葉と栃木、群馬3県も都内への訪問自粛を求めた。首都圏の爆発的な感染拡大に対する危機意識が高まり、県民も戸惑いを隠せない。
同日夕、取手市中央町のJR取手駅。本県の南の玄関口に降り立つ仕事帰りの人たちが家路を急ぐ。
都内の銀行に勤めている鴫原静夫さん(67)は「きょう職場から東京(職場)に来ないでと言われた。感染して周囲に迷惑を掛けたくないので、週末は自宅の庭の草取りをする」と話す。
同じく都内に職場がある団体職員の30代女性は「4月上旬まで在宅で仕事をするテレワークで働くことが決まった。こういう状況なので、週末は自宅待機するように職場から言われた。できれば家にこもりたくはなかった」と不満そうに話した。
都内の製造会社の事務職、山本絵梨さん(34)は「週末は都内で買い物をしようと思っていたが、(要請を受けて)やめることにする」と話す。「会社からは何も言われていない。時差出勤もないし、27日も来週も出勤する。この時期に都心部へ行くのは正直、怖い。今週から来週にかけてはテレワークにしてもらいたい」と不安そうに語った。
都内の大学に通う同市内の鈴木薫さん(26)は「今週末の外出自粛要請を聞いて、早めに都内での用事を済ませて帰ってきた」という。「(大規模イベント自粛により)大好きなプロ野球観戦もできないし、仲間とも遊べない。土日は家にこもるしかない」と頭を振り、「大学の授業がいつ始まるのか分からないので、今後しばらくは東京へ行かない」。(高阿田総司)


守谷市人事(4月1日)の画像

守谷市人事(4月1日)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 25 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15850508027203

◇部長級
生活経済部長(都市整備部次長兼建設課長)飯塚俊雄▽総務部長(生活経済部長)岩田賢
◇次長級
都市整備部次長兼都市計画課長(財政課長)石塚成美▽保健福祉部次長兼福祉事務所次長兼健幸長寿課長(保健福祉部次長兼福祉事務所次長兼介護福祉課長兼地域包括支援センター長)稲葉みどり
◇課長級
社会福祉課こども療育教室長=副参事級(社会福祉課こども療育教室長=課長補佐級)奥岡賀子▽児童福祉課副参事(児童福祉課主査)上野美津子▽介護福祉課長(納税課長補佐)寺田栄▽建設課長(建設課長補佐)中山耕一▽中央図書館長=課長級(中央図書館長=課長補佐級)石川みどり▽企画課長(税務課長)浅野克夫▽財政課長(都市計画課長)高橋幸司▽税務課長(企画課長)前川岳人
◇退職(3月31日)
総務部長坂浩、児童福祉課北園保育所長塚本仁子、保健センター技正高田明美


取手市 50周年記念ポロシャツ、4月から販売 の画像

取手市 50周年記念ポロシャツ、4月から販売 

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 24 Mar 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15849667482587

10月1日に市制施行50周年を迎える取手市は23日、記念ロゴの刺しゅう入りポロシャツの販売を4月から始めると発表した。市は「ポロシャツを着て、一緒に記念の年を盛り上げてほしい」と購入申し込みに期待している。
ポロシャツは左胸に大きな50周年の記念ロゴマークが入る。左袖には「ほどよく絶妙とりで」の文字、後ろには市の健康づくりキャラクター「とりかめくん」のイラストがそれぞれ刺しゅうされている。
色はホワイト▽ライトブルー▽ターコイズ▽ブラック-の4色。サイズはSS〜5Lで1枚3000〜3300円。販売は予約制で、申し込みは4月1日から市役所敷地内「ふくろうの郷」(電)0297(72)6046で受け付ける。納品は申し込みから2〜3週間後になる予定。問い合わせは市魅力とりで発信課(電)0297(74)2141

【写真説明】
取手市が4月1日から予約販売を始める市制施行50周年記念ポロシャツ=同市寺田


新型コロナ 茨城県立高で部活動再開 県容認受け3週間ぶりの画像

新型コロナ 茨城県立高で部活動再開 県容認受け3週間ぶり

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 24 Mar 2020 11:41:29 +0900

記事コード:15849724333540

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2日から臨時休校となっていた茨城県立高校の一部で23日、県の容認方針を受け3週間ぶりに部活動が再開した。
県教委によると、再開は各校の判断に任せているという。県内の公立中学校も多くが24日に修了式を控えており、春休み期間に入る25日以降に部活動を再開する学校が多いとみられる。
県は19日、手洗いやうがい、屋内の換気など感染防止策の徹底を前提に、県立高が春休みに入る23日から、各小中高校などで休止していた部活動や課外学習などの再開を容認する方針を示していた。(関口沙弥加)

【写真説明】
練習を再開した県立藤代紫水高男子ハンドボール部の生徒たち=取手市紫水


《正副議長の横顔》(取手市)の画像

《正副議長の横顔》(取手市)

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 23 Mar 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15848747395388

■斎藤久代議長 全議員で課題対処
「少子高齢化に加え、(まちの)にぎわいが失われている。議会も市の抱える課題を一緒に考えていきたい。議員24人、考え方はそれぞれだが、『ワンチーム』として一つにまとまり、議会の力を発揮したい。市の課題に対処していきたい」と抱負を話す。
1月26日の市議選の投票率は、補選を除き過去最低の43・86%だった。「議員に関心を持ってもらえるよう、有権者にアピールもしなければいけない。議員の力を切磋琢磨(せっさたくま)して鍛えていけば、伝わるのではないかと思っている」
当選5回。これまで女性の視点で、健康な生活を市民に提供するような施策に取り組んできた。趣味は読書、映画鑑賞。息抜きは市内の飲食店巡り。「お店の人とおしゃべりしたりして、リラックスしている」。夫と長男と3人暮らし。新町。63歳。
■結城繁副議長 市民幸福度大事に
当選5回。これまで中心市街地の活性化や議会改革に取り組んできた。「初当選して以来、議員の仕事は、まちを良くすることだとずっと思っている。議会の同期である議長と一緒に、議会力の強化などに取り組みたい」と意欲を話す。
「議案に賛成するだけでなく、言うべきことは言う。今後も地に足をつけた議会として、改革を進めたい」。取手市議会は、早稲田大マニフェスト研究所が全国の地方議会の「改革度」について調べた2018年度の調査で、上位の13位に入った。「議会改革度が高くても、市民の幸福度が上がらなければ、ただのランキング。市民の幸福度を大事にしたい」
好きな言葉は、作家・吉川英治が記した「我以外皆我師」。趣味はサイクリングとドライブ。妻、父と3人暮らし。新町。62歳。

【写真説明】
斎藤久代議長


《正副議長の横顔》(守谷市)の画像

《正副議長の横顔》(守谷市)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 21 Mar 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15847049527456

■高橋典久議長 信頼される議会に
43歳の若さで議長に就任した。「市民に信頼される議会づくりを目指す。議会から情報発信し、市民からの意見も幅広く聞く体制をつくりたい」と抱負を話す。「若さや行動力、エネルギーを議会に注いでいきたい。これまでの議会の良い点は受け継ぎ、変えていくべき点は変えたい」
2008年に31歳で初当選。「人が困っているときに、助けられるような仕事がしたい」と政治の世界の扉をたたいた。現在4期目。これまで福祉分野に重点的に取り組み、副議長や議会運営委員長などを歴任した。
守谷市出身。元茨城南青年会議所理事長。親しみやすい人柄で、仲間を大切にするタイプ。座右の銘は、初志貫徹。「初当選の時の気持ちを忘れずに続けていきたい」。趣味はゴルフ。父、弟と3人暮らし。本町。
■高梨恭子 副議長 円滑な運営心掛け
「議員20人の意見を集約して一つにまとめることを一番に考えたい。円滑な議会運営を心掛けて、議長を支えたい」と抱負を話す。
2008年の市議補選に立候補し、46歳で初当選。「弱い立場の人たちに手を差し伸べたい」との気持ちで、議員を志した。現在4期目。これまで保健福祉常任委員長、総務教育常任委員長などを務めた。「これからも市民の声を聞き、市政に反映させていきたい。議会改革にも傾注してきたい」
埼玉県加須市出身。何事も真面目に取り組む性格。座右の銘は、一期一会。「巡り合いや人の縁を大切にしたい」。趣味は料理と早朝のウオーキング。「町内の催しでの餅つきや豚汁作りが大好き。いつも欠かさず参加し、先頭に立って作っている」と笑う。
夫と長女夫婦、孫と5人暮らし。58歳。みずき野。

【写真説明】
高橋典久議長


JA茨城みなみ取手支店完成の画像

JA茨城みなみ取手支店完成

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 21 Mar 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15847049527454

JA茨城みなみ(斉藤繁代表理事組合長)が建設を進めていた取手支店(取手市桑原)が完成した。同支店は鉄骨造り2階建てで敷地面積は約3448平方メートル、延べ床面積949平方メートル。1階に金融共済部門の窓口と相談コーナーのほか、「グリーンショップとりで」を設けた。式典で斉藤組合長や藤井信吾取手市長らが完成を祝いテープカット。斉藤組合長は「新しく完成した支店を中心に農業生産の拡大、地域との交流を図り、組合員、地域の皆さまとともに地域農業振興に取り組んでいきたい」などとあいさつした。同JAは支店の再編を進めており、5月には同支店と寺原支店が統合。さらに伊奈支店と板橋支店を統合する予定という。

【写真説明】
JA茨城みなみ取手支店の完成を祝い、テープカットを行う関係者ら=取手市桑原


利根町人事(4月1日)の画像

利根町人事(4月1日)

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 21 Mar 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15847049527445

◇課長級
▽税務課長(議会事務局長)大越克典
▽福祉課長兼地域包括支援センター長(福祉課長補佐)蜂谷忠義
▽環境対策課長(生涯学習課長補佐)中村寛之
▽会計課長(会計課長補佐)田口輝夫
▽議会事務局長(税務課長)赤尾津政男
▽指導室長(県から派遣)池田恭
◇退職(31日)
福祉課長大塚達治、環境対策課長大津善男、会計課長佐藤宏、生涯学習課用務員石井良史、指導室長直井由貴=派遣終了


《新型コロナ・感染拡大防止》確定申告期限4月16日まで延長の画像

《新型コロナ・感染拡大防止》確定申告期限4月16日まで延長

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 20 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15846229181131

新型コロナウイルスの感染拡大防止で、所得税や贈与税などの確定申告の期限が4月16日まで延長されている。水戸、日立、土浦、古河、筑西、龍ケ崎、常陸太田、潮来の計8市にある税務署などで受け付けている。


《新型コロナ・休業や中止》主な休館・利用中止の画像

《新型コロナ・休業や中止》主な休館・利用中止

関連地域 :河内町

最終更新日:Fri, 20 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15846224619364

【常陸大宮市】
◇31日まで休業 やまがたすこやかランド三太の湯▽ごぜんやま温泉保養センター四季彩館▽美和ささの湯
【那珂市】
◇4月12日まで利用中止 総合保健福祉センター▽高齢者福祉センター▽中央公民館▽那珂総合公園▽市立図書館
【笠間市】
◇当面の間利用中止 いこいの家はなさか▽ゆかいふれあいセンター
【行方市】
◇30日まで休館 霞ケ浦ふれあいランド(親水公園は入園可能)
【潮来市】
◇31日まで休館 ヘルスランドさくら
◇25日まで休館 市民プール
【つくば市】
◇31日まで利用中止 総合体育館柔剣道場3カ所▽豊里柔剣道場
【土浦市】
◇31日まで休館 霞ケ浦文化体育会館(会議室を除く)▽新治トレーニングセンター▽市立武道館(弓道場を除く)▽勤労青少年ホーム体育室▽勤労者総合福祉センター多目的ホール
【牛久市】
◇31日まで休館 小川芋銭記念館
◇当面の間休館 総合福祉センター
【筑西市】
◇31日まで休館、利用中止 地域交流センター▽しもだて美術館▽板谷波山記念館▽中央公民館▽生涯学習センター▽筑西遊湯館▽県西総合公園屋内施設
【下妻市】
◇当面の間利用中止 小貝川ふれあい公園パークゴルフ場、バーベキュー場、レンタサイクル
【結城市】
◇当面の間休館 結城市子育て支援センター▽つくば子育て支援センター
【大洗町】
◇31日まで休館 ゆっくら健康館
【河内町】
◇4月3日まで利用中止 農村環境改善センター▽中央公民館
【八千代町】
◇31日まで休館 総合体育館▽歴史民俗資料館▽勤労者体育センター
【境町】
◇31日まで休館 屋内型公共施設
【東海村】
◇31日まで休館 コミュニティセンター▽総合福祉センター▽村立図書館▽産業・情報プラザ▽中央公民館▽東海文化センター▽総合体育館▽東海ステーションギャラリー▽村民活動センター▽リサイクルプラザとうかい
【美浦村】
◇31日まで休館、利用中止 中央公民館(図書室を除く)▽文化財センター▽老人福祉センター


インフル注意報解除、茨城県全域の画像

インフル注意報解除、茨城県全域

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 19 Mar 2020 23:16:32 +0900

記事コード:15846272873868

県は19日、県内全域に発令していたインフルエンザ注意報を解除した。15日までの1週間でインフルエンザ流行指数(定点医療機関1カ所当たりの平均患者数)が基準値の1人を下回った。注意報は昨年12月19日に発令されていた。


JA水郷つくばの画像

JA水郷つくば

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Thu, 19 Mar 2020 17:00:00 +0900

記事コード:15845295009736

◆生産者の販売後押し 直売所併設、海外展開も◆
全国一のレンコン生産量を誇る水郷つくば農業協同組合(JA水郷つくば)。土浦、龍ケ崎、牛久、かすみがうら、阿見、利根、美浦の4市2町1村と広域にまたがり事業を展開する。4月に移転する本店に直売所を併設し、地域に地元農産物や安全安心の発信をさらに強めていく。池田正組合長は「直売所を販売の軸にして生産する人も増えてきている。少量生産でも、おいしいものを作る人が活躍する場を整えたい」と力を込める。
2019年2月にJA土浦(土浦市)、JA竜ケ崎(龍ケ崎市)、JA茨城かすみ(美浦村)の3JAが合併し誕生。組合員数2万7893人(20年1月現在)で、県内JAで2番目の組合員数となり、「多様性をどれだけ共有できるかが大切になる。技術や品種の勉強会など組合員同士の交流も目指したい」と池田組合長。
利根川、小貝川、桜川の3本の河川流域ではコメ生産が盛ん。「牛久河童(かっぱ)大根」として出荷されるダイコンやトマトなどの野菜とグラジオラスや小菊など6品目が県銘柄産地に指定されている。池田組合長は「田畑が豊かで、まだまだ生産が盛んにできる地域」と話す。
霞ケ浦沿岸で盛んなレンコンは特産品の一つ。メーカーと協力し、チップスやレンコン粉末を使ったバウムクーヘンなど加工品も多く開発。加工品の販路拡大のため海外市場の開拓に力を入れる。タイの見本市に出品したほか、シンガポールには粉末を練り込んだ「れんこんめん」を輸出した。
今後は直売所の強化にも注力したい考え。生産者が価格を設定でき、少量生産の組合員が出品できる場だからだ。「特産品は全国の大手量販店や市場でトップセールスを行うが、それと同じくらい地域での販売を大事にしたい」と池田組合長。
合併を機に土浦市小岩田西に本店を移転する。職員のほか、組合員と地域の人が参加できるヨガ教室など健康増進の取り組みも進める予定で、地域に開かれた施設として「新しい直売所の在り方を模索したい」(池田組合長)。さらに営農部門の女性職員の登用を増やしていく。合併後、すぐ一つになった女性部は女性組合員が地域の交流を深めており、池田組合長は「消費者の手元に届く食材を扱う上で、細やかで気配りにたけた女性の視点は大きな力」と期待する。(大貫璃未)
《こんな人材が欲しい》池田正組合長 現場と自然が好きな人
地域と組合員に貢献する仕事ですから人と人とのコミュニケーションを大事にする人です。グローバルな視点も大事ですが、“アクト・ローカリー”の姿勢が大切。現場に出向いて人とじかに接するのが好きな人です。食材は人間にとって生きていくために欠かせないもの。農業は命をつなぐ作業であり、JAは農家の応援団という誇りを持って行動するように職員に伝えています。農家のお手伝いができる職員に育てていきます。JAは自然と共存する持続可能な農業の推進に取り組んでいます。自然を愛せる人に来てほしいです。
■企業データ■
〈設立〉2019年2月
〈出資金〉40億6377万円
〈本店〉土浦市田中1丁目
〈事業総収益〉106億9435万円(2020年1月期)
〈従業員〉604人(今年1月現在)
〈拠点〉13支店、5営農経済センター、11直売所、3グリーンショップ

【写真説明】
移転に向け工事が進むJA水郷つくば本店=土浦市小岩田西


茨城県内公示地価 工業地3年連続上昇 台風被災地の下落拡大の画像

茨城県内公示地価 工業地3年連続上昇 台風被災地の下落拡大

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 19 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15845350339462

国土交通省は18日、今年1月1日時点の公示地価を発表した。茨城県内は住宅地と商業地が前年より下落し、下げ幅は住宅地が前年と同率、商業地が8年連続で縮小した。工業地は3年連続で上昇した。地価の上昇地点は前年より12地点増の計83地点、横ばいは5地点増の計159地点。昨年10月の台風19号で被災した大子町やひたちなか市などで下落幅が拡大するなど、地域により明暗が分かれた格好となった。
同省の発表によると、県内の用地別地価の平均は、住宅地がマイナス0.5%で前年と同じ、商業地がマイナス0.4%(前年はマイナス0.5%)、工業地はプラス0.9%(前年はプラス0.7%)だった。住宅地と商業地の下落は28年連続。全用途合計はマイナス0.4%で、前年より0.1ポイント上がった。
県内の調査箇所数は計687地点で前年と同じ。4地点が変更となった。
価格が上昇したのは、住宅地56地点(前年48地点)、商業地17地点(同14地点)、工業地10地点(同9地点)。市町村別では守谷市が11地点で最多となり、土浦市10地点、ひたちなか市9地点、古河市8地点、阿見町、鹿嶋市、牛久市、つくば市が各6地点で続いた。
横ばいは住宅地124地点(同121地点)、商業地32地点(同30地点)、工業地3地点(同3地点)。市町村別では水戸市が29地点で最も多く、次いで土浦市26地点、古河市20地点、ひたちなか市16地点だった。
県内で最も地価が高かったのは、住宅地が4年連続でつくば市竹園1丁目だった。商業地も同市竹園1丁目が2年連続トップとなり、つくばエクスプレス(TX)沿線が上位を占めた。工業地は圏央道沿いの五霞町元栗橋が4年連続1位。
地価上昇率の上位は、住宅地、商業地ともにTX沿線のつくば市やつくばみらい市、守谷市、神栖市、鹿嶋市などが入った。地価下落地点は住宅地、商業地ともに大子町がワーストだった。神栖市は2005年の合併で新市誕生後、初めて住宅地が上昇に転じた。
県水・土地計画課は、住環境や交通利便性に優れた地域で土地需要が高まり、長期間の地価下落で底値感が出ていると分析。一方で人口減少と高齢化が進む地域では土地需要が弱含みで推移し、県内で二極化が進んでいる。
地価公示の県代表幹事、外山茂樹不動産鑑定士は「15年の関東・東北豪雨と同様に、昨年10月の台風19号で被災した地域では下落幅が拡大した。特にハザードマップの浸水想定区域は敬遠される傾向にある」としている。(黒崎哲夫)
■ひたちなか・枝川 浸水の影響直撃
昨年10月の台風19号で浸水したひたちなか市枝川は住宅地の地価下落率が県内ワースト2位で、前年比3.7%も落ち込んだ。
那珂川沿いの同地区はJR水戸駅から北へ約2.5キロで水戸市に接している。台風19号の大雨で支流の早戸川が氾濫し家屋の浸水が起きた。市によると昨年12月24日現在で、同地区の被害は床上浸水124棟、床下浸水225棟の計349棟に上り、市内で最も被害が大きかった。
同地区は市街化調整区域で建物の建築に制限が掛かる。市内の不動産会社「ベニヤ商事」の横須賀忠行社長は「市街化調整区域は基本的に地価の変動幅は少ないのに下落率3.7%は大きい。台風19号の影響だろう」と分析した。
市は浸水対策として早戸川の堤防かさ上げや河川監視カメラ設置、ポンプ場の常設・かさ上げなどを国や県に要望している。
同地区の近藤清二自治会長(73)は「地価下落はやむを得ない。今のままだと、また今年も二の舞いになるのではないかと心配している。早戸川の氾濫を想定し、行政は早く対応してほしい」と話す。(斉藤明成)


《新型コロナ・感染拡大防止》龍ケ崎市 医師・歯科医師会に備蓄マスクを寄贈の画像

《新型コロナ・感染拡大防止》龍ケ崎市 医師・歯科医師会に備蓄マスクを寄贈

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 19 Mar 2020 07:18:25 +0900

記事コード:15845312608827

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、龍ケ崎市は市医師会(池田八郎会長)と市歯科医師会(飯岡茂会長)に、市が備蓄するマスクを1万枚ずつ寄贈した。
17日に市役所で開かれた贈呈式で中山一生市長は「感染防止の面で、医療の最前線にいる方たちの役に立てれば」とあいさつ。代表して目録を受け取った池田会長は「会の中でもマスク不足の意見が出ていた。感謝申し上げたい」と話した。両会は今後、市内の各医療機関にマスクを配布していく予定だ。
市はこのほか、幼児らの感染を防ぐため、市内の保育施設や幼稚園にも職員用と子ども用のマスク計約4万枚を配る。

【写真説明】
中山一生市長(左)から目録を受け取る池田八郎会長(中央)=龍ケ崎市役所


花嶋氏に辞職勧告 利根町議会が決議 政治倫理巡りの画像

花嶋氏に辞職勧告 利根町議会が決議 政治倫理巡り

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 19 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15845299354071

利根町議会は定例会最終日の18日、花嶋美清雄氏(無所属)に対する議員辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。辞職勧告に強制力はなく、花嶋氏は議員を続ける考えを示した。
同案は、町が発注する道路の除草工事で、花嶋氏の2親等以内の親族(弟)が経営する会社が、同工事を受注した別会社の作業に協力し、作業にかかった金銭の支払いを受けていたとして出された。
町政治倫理条例では、議員の2親等以内の親族が役員をしている企業は、町が実施する工事などの請負契約、下請負工事、業務委託契約などを辞退しなければならないと定めている。その中で、1回の契約で20万円未満の仕事は認められている。
昨年12月の全員協議会で花嶋氏に真偽をただしたが、調査結果の報告が本人からなかったという。提案理由では「条例に抵触すると判断した」などとした。
花嶋氏は「書類を見せてもらい確認する。金額も分かっていない」などとし、「20万円を超えた額であれば謝罪する」と話した。


コスモス薬品が茨城県内初進出 5店舗計画、競争激化の画像

コスモス薬品が茨城県内初進出 5店舗計画、競争激化

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Wed, 18 Mar 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15844362907894

九州を地盤とするドラッグストア大手のコスモス薬品(福岡市、横山英昭社長)が茨城県内に初進出する。ドラッグストア業界はコンビニエンスストアに迫る7兆円市場に拡大し、食品スーパーなど他業態との価格競争も激化する一方。県内のドラッグストア数も増加が続き、業界3位の本県進出で販売競争がさらに激しくなりそうだ。
コスモス薬品は4月以降に龍ケ崎市藤ケ丘1丁目の「コスモス龍ケ崎店」(仮称)、5月以降に取手市ゆめみ野4丁目の「コスモスゆめみ野店」(同)、水戸市堀町に「ドラッグコスモス堀町店」(同)、6月以降につくば市さくらの森の「コスモスさくらの森店」(同)など5店舗をオープンさせる計画だ。
同社は冷凍食品や日配品などの食品が過半数を占め、豊富な品ぞろえが強み。ポイント制度を設けず売値の安さで勝負する。「小商圏型メガドラッグストア」と銘打ち、九州から中部まで、一定の地域内に集中的に出店するドミナント戦略を進め、1044店舗(17日現在)を展開している。
2019年4月に関東に初進出し、現在都内に4店舗を出店。20年5月期に出店する本県、千葉、埼玉の計5店舗を皮切りに、得意の郊外ロードサイド型店舗の出店に乗り出す。
県内のドラッグストア数は、イオン傘下のウエルシアホールディングスが展開する「ウエルシア」の146店舗がトップ。「カワチ薬品」(栃木県小山市)が57店舗、ツルハホールディングスの「ツルハドラッグ」が46店舗(調剤専門の薬局くすりの福太郎を含む)と続く。
近年、県内への出店攻勢を強めるクスリのアオキ(石川県白山市)は17年10月に県内初出店し、34店舗まで増やした。同社のメインは郊外型店舗で、北関東への出店は得意分野とみる。出店は継続させる構えで、5店舗にとどまる調剤を設けた店舗も増やしたい考えだ。担当者は「ポイントでためた500円の割引券3枚で2000円を割り引くなど、今後もポイント制度を充実させていきたい」と話す。
北関東を地盤とするカワチ薬品は広大な駐車場を備えたメガ・ドラッグストアに調剤薬局を併設。小商圏型ストアにも対応しつつ、最近は店舗敷地内のテナント収入など不動産賃貸事業の強化を進めている。昨年には土浦市内の店舗に医療クリニックがオープンした。
18年にはJR水戸駅前の商業施設水戸オーパに初となる駅前商業施設内店舗「CAWACHI水戸オーパ店」を出店している。美容関連商品や医薬品の取り扱いが約8割を占め、駅を利用する学生や会社員の利用を見込む新業態だ。
ドラッグストア業界はマツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市)とココカラファイン(横浜市)が21年10月をめどに経営統合する。売上高は1兆円規模となり、ツルハホールディングスなどを抜いて業界トップになる。今後も大手同士の再編は続くのか。県内のドラッグストアの顔触れが変わっていくのか注目される。(大貫璃未)

【写真説明】
県内に初進出するコスモス薬品の店舗=佐賀県内


《新型コロナ・生活情報》茨城県庁相談窓口24時間にの画像

《新型コロナ・生活情報》茨城県庁相談窓口24時間に

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 18 Mar 2020 04:47:58 +0900

記事コード:15844535612421

新型コロナウイルス感染者が県内で初めて確認されたことを受け、県は17日から、これまで平日の日中に開設していた県庁内の電話相談窓口を24時間態勢に移行させた。併せて「帰国者・接触者相談センター」の機能も担い、土日・祝日を含め24時間対応する。
相談窓口は県民からの疑問や不安に応えるため、1月31日に県庁の疾病対策課と県内9保健所の計10カ所に設置された。同センターは感染疑いのある人に専門の医療機関を紹介する役割がある。
保健所も引き続き各種相談を受け付けるが、窓口開設時間は平日午前9時から午後5時まで。県庁の相談窓口は(電)029(301)3200


《新型コロナ・影響》運転免許期限 3カ月間延長 茨城県警、13〜31日の人対象の画像

《新型コロナ・影響》運転免許期限 3カ月間延長 茨城県警、13〜31日の人対象

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 18 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15844362907876

県警は新型コロナウイルスの感染予防を理由に、運転免許証更新の通常手続きができなかった人に対し、有効期限を3カ月間延長する特例措置を始めた。運転免許証の有効期限が今月13日から31日までの人が対象。
措置を受けるためには、更新期限の前に運転免許センターもしくは近くの警察署への申請が必要となる。免許証を持参し、所定の書類に氏名や生年月日を記入し提出する。受理されると、免許証の裏面に運転可能期間が記載される。
また、同様の理由で有効期限内に更新手続きができず、運転免許を失効してしまった人についても、失効から最長3年以内で、新型コロナウイルス拡大の終息から1カ月以内に手続きを行えば、学科試験・技能試験が免除され、運転免許の再取得が可能となる。
警察庁が10日、全国の警察本部に出した通達に基づく対応。県内では、昨年10月の台風19号の被災者について、運転免許有効期限を今月末まで延長している。


龍ケ崎でお米の新しい価値を追求 横田祥さん、農業に親しみ持っての画像

龍ケ崎でお米の新しい価値を追求 横田祥さん、農業に親しみ持って

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 17 Mar 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15843542472694

「お米の新しい価値を生み出す」と横田祥(よこたさち)さん(45)。自身に課した大きな使命だ。龍ケ崎市で稲作を営む夫との結婚を機に、農業と出合った。米粉スイーツの加工・普及に取り組んだり、田んぼの体験会を開いたりと、草の根的な活動を繰り広げている。「お米がどんな環境で、どう育ってきたのか。農業の奥深さとともに知ってほしい」と願う。
土浦市出身。転勤族の家庭に育った。約20年前、後に「横田農場」の社長に就くことになる夫の修一さん(44)と結婚し、東京から龍ケ崎市へと移った。
もちろん、農業は未知の領域だった。だが、水を張った田んぼの中心に立ってみると「ザリガニやオタマジャクシが息づき、世界がとても広く感じた」。ライフワークともいえる「田んぼの学校」の原点だ。農業を体験してもらいながら自然観察も兼ねる内容で、2003年に始まった。100人規模の定員がすぐに埋まるほどの盛況ぶりという。
近年は、お米を使ったお菓子「ポップチョココ」の教室が人気を集める。米粉を固め、チョコレートや装飾用の材料をまとわせれば完成だ。「小麦アレルギーを持っていても食べられるし、日本人の体質にも合っていると思う。スイーツ化もお米の新しい価値でしょう」と強調する。コロンビアやインドネシアに出向いて巻きずし教室を開催したこともあり、日本の米文化の発信に一役買っている。
精力的な行動の裏には、将来への危機感が同居する。「米どころの龍ケ崎でさえ、田んぼや農業に親しむ子どもがいなくなっている」。現状打開に向け、志を同じくする農家の仲間と絵本制作の企画も温めている。「次世代を見据え、農業に親しみを持ってもらいたい」。2男4女の母は理想に燃える。(鈴木剛史)

【写真説明】
龍ケ崎でお米の新しい価値を追求する横田祥(よこたさち)さん


《記者コラム:双眼鏡》駅名改称、後世の検証にの画像

《記者コラム:双眼鏡》駅名改称、後世の検証に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 15 Mar 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15841805828509

福島県いわき市のJRいわき駅にはこんな逸話がある。1994年、平駅から名前が変わった頃だ。改称を推進した時の市長は、後に参院議員へと転身する岩城光英氏。「自分の名前を駅に付けようとしている」との私物化批判が起きたらしい。元市幹部が教えてくれた。
新産業都市として、66年に14市町村が合併して誕生した。市域は当時国内最大だったのにもかかわらず、いわきとついた駅が一つもなかった。合併前の地域には、それぞれ独自の産業と拠点性が備わっていた。新市民にはもともと、一体感が欠けていた悲しい側面がある。
翌年に福島国体を控えた好機に合わせ駅名を改称し、市名を広め統一感も醸成する-。こうした思惑が背景にあった。30年近くを経た現在、駅前では再開発事業が動きだし、タワーマンションや商業ビルの計画が進む。前出の幹部は「改称で『いわきの中心』というイメージが形成され、開発が集中するようになった」とみる。
将来への投資か、高い勉強代か。いわき駅を参考にしたJR佐貫駅の改称だ。3月14日に龍ケ崎市駅となった。1900年の開業以来、初めての名称変更である。市内唯一のJR駅に「龍ケ崎」が冠せられた。人口減社会を見据え、知名度を高め移住定住を促したい考えがある。中山一生市長が公約に掲げた政策だ。
関連費用は計4億円前後を見込み、市が負担する。先例に鑑みれば、効果は後世の検証を待つほかない。私物化ならぬ市物化批判を免れるか、腕の振るいどころと捉えたい。(取手龍ケ崎支局・鈴木剛史)


早春の花「カタクリ」開花 利根・大平野生植物園 鑑賞会もの画像

早春の花「カタクリ」開花 利根・大平野生植物園 鑑賞会も

関連地域 :利根町

最終更新日:Mon, 16 Mar 2020 02:02:52 +0900

記事コード:15841805828505

利根町大平の大平(だいへい)野生植物園で早春の花「カタクリ」が花を咲かせ、薄紫色のかれんな姿が来場者の目を楽しませている。
同園によると、カタクリの開花時期は約1週間で、13日時点で二、三分咲き。見頃は18日前後といい、満開時には園内に自生する約600株のカタクリを間近で楽しむことができる。
妻と2人で訪れた千葉県我孫子市、自営業、深山武さん(73)は「ひっそりと下を向いて咲いている、かれんな花が美しい。春を告げる花の女王だと思う」と感想を話した。
同園では22日まで、カタクリの「鑑賞会」を開く。倉本末次園長は「できるだけ多くの人に間近で見てもらいたい」と話す。問い合わせは倉本園長(電)080(3174)8458。(高阿田総司)

【写真説明】
利根町の大平野生植物園で花を咲かせているカタクリ=同町大平


JR佐貫駅 龍ケ崎市駅に改称の画像

JR佐貫駅 龍ケ崎市駅に改称

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 15 Mar 2020 12:01:03 +0900

記事コード:15841946849904

JR各社のダイヤ改正に合わせJR常磐線佐貫駅が14日、「龍ケ崎市駅」に改称された。名前の変更は、1900年に開業して以来、初めて。接続する関東鉄道竜ケ崎線佐貫駅はそのまま。市内には、JR常磐線龍ケ崎市駅と関東鉄道竜ケ崎線竜ケ崎駅が併存する。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、同日に予定していた記念イベントは中止となった。
JR佐貫駅は、旧馴柴村佐貫で開業した日本鉄道土浦線(現常磐線の一部)の佐貫駅が起源。54年に旧龍ケ崎町が同村含む6村を編入して市制を施行した際、市と駅の名称にズレが生じた。50年代から、市議会や地元団体が改称の必要性を繰り返し唱えていた。
今回の改称は、市の玄関口に当たる唯一のJR駅に龍ケ崎市を冠することで、知名度を高め移住定住を促すのが狙いだ。中山一生市長の中核的な政策に位置付けられる。当初は、2017年春に予定されていた消費税引き上げと同時の改称を目指したが、増税延期で先送りとなっていた。
改称費用は全体で約4億円を見込み、市が負担。改称を巡っては15年、効果に懐疑的な市民グループが賛否を問う住民投票を訴え直接請求する動きもあった。
JR東日本水戸支社管内の駅では旧国鉄時代を含め、1957年に東海村の石神駅が東海駅に、94年に福島県いわき市の平駅がいわき駅に、2004年に日立市の川尻駅が十王駅に、それぞれ改称された。
新駅名誕生について中山市長は「市民、企業、団体にとって自分たちの駅として、愛着を持っていただけるよう取り組んでいく。認知度向上や交流人口の増加、人口の流出防止、地域活性化といった施策をこれまで以上に展開したい」とコメントした。(鈴木剛史)


《正副議長の横顔》(河内町)の画像

《正副議長の横顔》(河内町)

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 14 Mar 2020 17:58:38 +0900

記事コード:15840956117341

■服部隆議長 開かれた議会推進
「開かれた議会にしたい。報告会の場を設けるのはどうだろうか」。飾り気のない口調に熱意がにじむ。当選3回で初めて議長になった。改選前には副議長を4年間務めた。
2月の町議選は、1992年の旧河内村議選以来、28年ぶりの無投票だった。「自分たちの考えを説明する機会が限られ残念」。こうした問題意識を背景に、議会への興味を高めるべく、議長が率先して動く必要があると捉える。
金江津長竿土地改良区の理事長でもある。町の農業に向けるまなざしには、不安と期待が入り交じる。「水利施設が老朽化している。一方で優良農地はたくさんある。振興を図り、後継者も育てたい」。新議長の志は高い。
趣味はゴルフと旅行。長男夫婦と孫との4人暮らし。金江津。67歳。
■高橋稔副議長 地域貢献へ“働く”
「議長を支える重要な職。それぞれの議員が執行部と是々非々の立場で意見を述べられるよう心掛けたい」。当選2回。副議長に選出されての抱負だ。
「まだまだ勉強する身」と謙遜する。だが、積極的に提言していく存在でありたいと思う。特に、水と環境を巡る政策に関心を寄せる。「町で下水道の普及率は低い。河川を含む環境を守るには、合併浄化槽の推進などが必要」とみる。
郵便局やゆうちょ銀行で勤務していた。地域貢献するため、早期退職して町議を目指した。「現役時代は地元の活動に参加してこなかった」と感じていたからだ。その分を取り戻すため「働く副議長」の理想像を描く。
趣味はゴルフと読書。2人の子どもたちは独立し、妻と暮らす。金江津。63歳。

【写真説明】
服部隆議長


JR佐貫駅にお別れ 龍ケ崎市駅にの画像

JR佐貫駅にお別れ 龍ケ崎市駅に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 14 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15841008256773

JR各社のダイヤ改正に合わせ、JR常磐線佐貫駅が14日、「龍ケ崎市駅」へ改称される。13日には看板類の表記が改められ、120年にわたって沿線住民に親しまれたJR佐貫駅に代わり、一足早く新駅名がお目見えした。
改称は市の知名度を高めるのが狙い。市は関連費用として計4億円前後を支出する見通しだ。
佐貫駅は1900年、旧馴柴村佐貫で日本鉄道土浦線の駅として開業した。名称の変更は今回初めて。接続する関東鉄道竜ケ崎線の佐貫、竜ケ崎両駅に変更はない。JR東日本水戸支社管内の駅で、改称は2004年に日立市の川尻駅が十王駅となって以来。
13日午後、市が管理する看板の表記を変える作業が駅東口であった。混同を避けるため「龍ケ崎市駅」と「佐貫駅」を併記した。
母親と買い物帰りに立ち寄ったという市立小2年の石塚心絆さん(8)は「駅名が新しくなるのが楽しみ」と心待ちにしていた。
14日に予定していた記念イベントは、新型コロナウイルスの影響で中止が決まっている。(鈴木剛史)

【写真説明】
「龍ケ崎市駅」の表記がお目見えしたJR常磐線佐貫駅東口=13日午後、同市佐貫町、吉田雅宏撮影


《新型コロナ・休業や中止》主な中止、延期催事の画像

《新型コロナ・休業や中止》主な中止、延期催事

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 13 Mar 2020 09:50:09 +0900

記事コード:15840068796478

【日立市】
▽日立さくらまつり(4月4、5日、平和通り)
▽日立さくらロードレース(4月5日、同市内特設コース)
【常陸太田市】
▽第138回朝市(15日、市役所駐車場)
【ひたちなか市】
▽虎塚古墳石室壁画春季一般公開(26〜29日、4月2〜5日、虎塚古墳史跡公園)
【水戸市】
▽企画展「森英恵 世界にはばたく蝶(ちょう)」(31日まで休止=会期は5月6日まで、水戸芸術館)
▽第19回水戸納豆早食い世界大会(21日、偕楽園)
▽明利酒類の第24回蔵開き(28日、元吉田町)
▽第47回日本の書展茨城展(4月11〜16日、ザ・ヒロサワシティ会館)
【笠間市】
▽自然散策ジオハイキング(15日、佐白山周辺)
▽井筒屋ほのぼの寄席(20日、かさま歴史交流館井筒屋)
▽あたご山桜まつり(28日〜5月10日、愛宕山)
【鹿行地域】
▽第2回茨城100kウルトラマラソンin鹿行(15日、鹿行5市)
【鹿嶋市】
▽村上もとか原画展(〜21日、鹿島神宮参集殿)
▽祭頭囃(ばやし)・春季祭(14日=延期、鹿島神宮など)
▽第123回鹿嶋再発見まち歩き(22日、高松地区周辺)
▽第29回かしま桜まつり(3月下旬〜4月中旬、鹿島城山公園)
【神栖市】
▽第31回かみす桜まつり(20日〜4月5日、神之池緑地公園)=一部中止、夜桜ライトアップなど実施
▽大相撲春巡業神栖場所(4月16日=延期、かみす防災アリーナ)
▽大黒摩季コンサート「MAKI OHGURO LIVE TOUR 2020」(5月29日=延期、文化センター)
【つくば市】
▽第12回日本地学オリンピック本選(15〜17日、つくばカピオ)
【石岡市】
▽大相撲春巡業石岡場所(4月17日、石岡運動公園体育館)
【土浦市】
▽プレイアトレ土浦グランドオープン記念BEB5宿泊サイクリングツアー(20、21日、つくば霞ケ浦りんりんロードなど)
【つくばみらい市】
▽福岡堰(ぜき)さくらまつり(27〜31日、福岡堰)
【稲敷市】
▽稲敷チューリップまつり(4月12日、和田公園)
【桜川市】
▽マダラ鬼神祭(4月12日、雨引山楽法寺)
【筑西市】
▽第6回茨城クラフトフェア(21、22日、下館運動公園)
▽大相撲春巡業筑西場所=延期(4月19日、下館総合体育館)
【結城市】
▽結城さくら祭り(4月4日、城跡歴史公園)
【下妻市】
▽第49回下妻砂沼桜まつり(4月5日、砂沼広域公園)
▽第14回多賀谷時代まつり(4月12日、多賀谷城跡公園)
【古河市】
▽第44回古河桃まつり(20日〜4月5日、古河公方公園)
▽第7回古河さくらまつり(4月1〜7日、ネーブルパーク)
▽大和田磐戸神楽(4月5日、鷲神社)
【常総市】
▽第20回常総千姫まつり(4月11、12日、市民の広場ほか)
【坂東市】
▽第31回坂東市ふる里さしま古城まつり(4月5日、逆井城跡公園)
【阿見町】
▽あみさくらまつり(4月5日、ふれあいの道広場)
【八千代町】
▽さくらまつり(4月4、5日、八千代グリーンビレッジ)
【美浦村】
▽第24回木原城山まつり(4月5日、木原城址(じょうし)城山公園)


《新型コロナ・休業や中止》主な休館・利用中止の画像

《新型コロナ・休業や中止》主な休館・利用中止

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Fri, 13 Mar 2020 09:50:26 +0900

記事コード:15840068796477

【北茨城市】
◇31日まで休館
市立図書館
市民体育館
マウントあかね
漁業歴史資料館よう・そろー
中郷温泉通りゃんせ
ガラス工房「シリカ」
【高萩市】
◇31日まで休館
萩っ子つどいの広場
【日立市】
◇31日まで休館
屋内型子どもの遊び場「Hiタッチらんど・ハレニコ!」
さくらアリーナ
子どもセンター
鵜来来の湯十王
郷土博物館
市内4図書館
【常陸太田市】
◇31日まで利用休止
西山研修所
市民交流センター
【常陸大宮市】
◇31日まで利用中止
西部総合公園
美和総合福祉センター
緒川老人福祉センター
【那珂市】
◇31日まで利用中止
総合保健福祉センター
高齢者福祉センター
那珂総合公園
市立図書館
【ひたちなか市】
◇31日まで休館・利用中止
老人福祉センター
那珂湊児童館
子育て支援センター2カ所
【水戸市】
◇31日まで休館・利用中止
平和記念館
水戸芸術館
水戸城跡二の丸展示館
博物館
ダイダラボウ展示室
内原郷土史義勇軍資料館
市内6図書館
市民センター
子ども発達支援センター
わんぱーく・みと(未就学児の一時預かりのみ実施)
はみんぐぱーく・みと(同)
老人福祉センター
少年自然の家
【笠間市】
◇4月5日まで利用中止
児童館
子育て支援センター
◇当面の間利用中止
笠間芸術の森公園内「あそびの杜」
【鉾田市】
◇当面の間休館
ほっとパーク鉾田
とっぷ・さんて大洋
【行方市】
◇16日まで休館
霞ケ浦ふれあいランド(水の科学館、虹の塔)
【鹿嶋市】
◇31日まで休館・利用中止
中央図書館
勤労文化会館
卜伝の郷運動公園
老人福祉センター
大野潮騒はまなす公園内展望塔施設(プラネタリウムなど)
ミニ博物館ココシカ
【潮来市】
◇16日まで休館
ヘルスランドさくら
◇24日まで休館
市民プール
【神栖市】
◇当面の間休業
地域子育て支援センター
【つくば市】
◇24日まで休館
つくばエキスポセンター
◇当面の間休館
国土地理院地図と測量の科学館
◇18日まで利用中止
総合体育館柔剣道場3カ所
豊里柔剣道場
【石岡市】
◇31日まで休館
市民会館
中央図書館
ふるさと歴史館
石岡運動公園
八郷総合運動公園
海洋センター
やさと温泉ゆりの郷
朝日里山学校
国民宿舎つくばね
児童館
児童センター
子育て支援センター
【かすみがうら市】
◇当面の間休館
図書館
富士見塚古墳公園展示館
歴史博物館
千代田B&G海洋センター
【土浦市】
◇31日まで休館
市立図書館
【つくばみらい市】
◇4月5日まで休館
間宮林蔵記念館
結城三百石記念館
【龍ケ崎市】
◇当面の間休止
さんさん館子育て支援センター
【取手市】
◇当面の間休館
取手図書館
ふじしろ図書館
老人福祉センター2施設
地域子育てセンター4カ所
◇31日まで休館
県南総合防災センター
【桜川市】
◇31日まで利用中止
総合運動公園
真壁体育館
大和ふれあいセンターシトラス
真壁伝承館
岩瀬福祉センター
真壁福祉センター
真壁保健センター
岩瀬高齢者センター
上野沼やすらぎの里キャンプ場
【筑西市】
◇31日まで休館
中央図書館
明野図書館
下館総合体育館
下館トレーニングセンター
関城体育館
明野トレーニングセンター
協和多目的研修センター
協和の杜体育館
下館武道館
明野武道館
【結城市】
◇14日まで休館
結城市子育て支援センター
つくば子育て支援センター
【下妻市】
◇31日まで休館
Waiwaiドームしもつま「わいわいハウス」
ふるさと博物館
総合体育館
小貝川ふれあい公園ネイチャーセンター
福祉センター砂沼荘
◇4月1日まで休館
市立図書館
◇当面の間休館
ほっとランド・きぬ
【古河市】
◇31日まで休館
古河老人福祉センター
総和老人福祉センター
駅前子育て広場わんぱくステーション
ネーブル子育て広場ヤンチャ森
セミナーハウス誠心館
子育て支援センター10施設
【常総市】
◇31日まで休館
水海道児童センター
三坂児童館
水海道子育て支援センター
地域交流センター
風土博物館坂野家住宅
長塚節生家
市立図書館
水海道総合体育館
石下総合体育館
【坂東市】
◇31日まで休館
岩井福祉センター
猿島福祉センター
【大子町】
◇31日まで使用中止
中央公民館
柔剣道場
【茨城町】
◇当面の間休止
子育て支援センター「まんまるーむ」
◇24日まで利用中止
中央公民館大ホール、運動公園屋内プール
【阿見町】
◇31日まで休館
町立図書館
老人福祉センター
予科練平和記念館
【八千代町】
◇当面の間休園
クリーンパーク・きぬ
【境町】
◇当面の間休止
猿島コミュニティセンター
◇16日まで休館
中央公民館
文化村公民館
【五霞町】
◇31日まで休館
西児童館
南児童館

【写真説明】
臨時休館の案内が張り出されたつくばエキスポセンター=つくば市吾妻、吉田雅宏撮影


龍ケ崎市監査委 駅名改称巡る監査請求却下の画像

龍ケ崎市監査委 駅名改称巡る監査請求却下

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 12 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15839201255154

JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称を巡り、市がJR側に3億8900万円(上限額)を支払うのは不当かつ不法として、元市議で自営業の藤木妙子さん(66)が支出の差し止めを求めた住民監査請求で、市監査委員は11日、請求の要件を満たしていないとして請求を却下した。
市監査委員は、不当かつ不法であるとする理由が明示されておらず、何を監査すべきとしているか特定していないため「要件を満たしていない」と判断した。
藤木さんは市民グループ「市民合意の駅名改称を願う会」の代表。取材に「住民訴訟までは考えていない。次期市長選に向け、改称の検証を公約に掲げる候補者の擁立に努力したい」と話した。


五輪聖火リレー 鈴木桂治さんは常総 茨城県内40人、走行市町村公表の画像

五輪聖火リレー 鈴木桂治さんは常総 茨城県内40人、走行市町村公表

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 11 Mar 2020 10:04:27 +0900

記事コード:15838344096823

東京五輪聖火リレーについて茨城県は10日、県が選考しランナー40人の走行市町村を公表した。女優の白石美帆さん(41)は常陸太田市で、アテネ五輪柔道金メダルの鈴木桂治さん(39)は出身地の常総市でトーチを手にする。
主に出身地やゆかりのある土地、その近隣などを割り当てた。
サッカー競技が開かれる鹿嶋市では、かしま大使で歌手の研ナオコさん(66)が走る。プロ野球・元東北楽天監督の大久保博元さん(53)は大洗町、プロゴルファーの畑岡奈紗さん(21)は笠間市、俳優の渡辺徹さん(58)は古河市と、それぞれ地元を任された。
本県聖火リレーは7月5、6両日に計16市町で実施。各日とも、出発地点の鹿島神宮と古河駅西口では「出発式」を、到着地点の千波公園ふれあい広場と研究学園駅前公園では「セレブレーション」などの催しが開かれる。
スポンサー枠の走者を含め、具体的な走行順は開催2週間前に公表する予定。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、入場制限や応援自粛などの措置が講じられる可能性もあり、大会組織委員会は1週間前までに実施方法を公表する。(戸島大樹)
■聖火ランナーの走行市町村
7月5日
【鹿嶋市】潮田修平、研ナオコ、小山泰明、宮崎明恵
【ひたちなか市・大洗町】大久保博元、小松本光希、吉田千秋
【大子町】平岡拓晃、藤田光希
【日立市】上妻宏光、関内礼子、本田喜代美、六角彩子
【常陸太田市】井上峰子、櫻井由子、白石美帆
【笠間市】畑岡奈紗
【水戸市】飯島秀雄、嘉山馨菜、高野航太朗
7月6日
【古河市】野底愛、芳賀春子、渡辺徹
【坂東市・常総市】高橋明子、前山諭、山野哲也
【常総市】鈴木桂治、羽田美智子
【牛久市】久保田真陸、小林孝至
【龍ケ崎市】青木サヨ子、シャーアトゥルアマン
【行方市】大木卓也、岡里明美、踊正太郎
【土浦市】今泉壽、福見友子
【つくば市】加藤澤男、伏木晃司、毛利衛
※市町村の並びは区間順、氏名は五十音順、敬称略


《大震災9年》茨城県内避難なお3264人 原発事故影響続くの画像

《大震災9年》茨城県内避難なお3264人 原発事故影響続く

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 11 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15838491746241

関連死を含め死者、行方不明者が2万2千人を超す犠牲をもたらした東日本大震災の発生から11日で9年。地震や津波による被害を受けた茨城県は、津波対策の防潮堤整備やインフラの復旧は着実に進んでいる。ただ、東京電力福島第1原発事故の影響は続いており、福島県を中心に受け入れている県内の避難者はいまだ3264人(2月1日現在)に上る。
県によると、本県の避難者数の内訳は、福島県からが最も多い3200人で、宮城県28人、岩手県14人、県内が22人。公営住宅や民間の賃貸住宅、親戚・知人宅などで暮らしている。
津波対策強化事業として、海岸や港湾、漁港の後背地など県内33カ所で進められている防潮堤整備は、3月末の本年度内に約8割の26カ所で完成予定となっている。復興期間の最終年度となる2020年度末を目標に、整備が進む。災害時の救援活動や物資輸送に欠かせない緊急輸送道路の機能強化、老朽化が進む橋の架け替えや耐震補強も行われている。
県産の農林水産物は、放射性物質検出は大幅に低減しているものの、昨年12月3日現在で、特用林産物や内水面の魚介類、野生鳥獣の肉類など計8品目の一部出荷制限が続いている。
【県内の東日本大震災被災状況】
(2020年2月1日現在)
■人的被害
死者 24人
行方不明者 1人
負傷者 714人
震災関連死 42人
■住宅被害
全壊 2634棟
半壊 2万4995棟
一部損壊 19万1490棟
床上浸水 75棟
床下浸水 624棟


つくばみらい市、新規就農者の研修支援 農業団体と協定の画像

つくばみらい市、新規就農者の研修支援 農業団体と協定

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 10 Mar 2020 09:50:30 +0900

記事コード:15837496625946

つくばみらい市は地域農業の活性化を目指し、市内の農業経営者団体「マスターズ」と農業振興に関する連携協定を結んだ。新規就農予定者の研修受け入れや子どもたちへの食育講座など、農業に関する事業で同団体の協力を仰ぐ。市は地元農産物のPRにもつながると期待している。
マスターズは昨年、就農して10年以上のキャリアを持つ経営者10人で発足。野菜や花の生産農家で、トマトジュースやニンジンジュースなど加工品を手掛ける人もいる。
今後は、新規就農予定者の研修や就農後の技術指導、食育講座の講師などで市に協力。農業に関心のある人に収穫体験や農家体験してもらう取り組みなども考えている。
市役所伊奈庁舎で行われた調印式で、小田川浩市長は「今回の連携では、市内の新旧住民が交流する狙いもある。新住民の方々に市内のおいしい農産物を知ってもらい、つくばみらい市に誇りを感じてもらえれば」と期待。
マスターズの東郷直樹会長(40)は「農産物のブランド開発なども展開していきたい」と今後の活動に意欲を示した。(今橋憲正)

【写真説明】
協定を結んだ小田川浩市長(左から2人目)とマスターズのメンバー=つくばみらい市役所


柿元冴月(剣道) 守谷高→法大の画像

柿元冴月(剣道) 守谷高→法大

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 10 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15837570986448

◆世界目指し再び挑戦 心の成長、強さの基礎に◆
福岡県から守谷高の門をたたき、昨年の全国高校総体の女子個人や茨城国体の少年女子で栄冠をつかんだ。小中高それぞれで日本一の称号をつかんだ柿元冴月(18)は活躍の場を法大へ移す。「世界を経験して、その頂点に立ちたい」と新たな目標に向け、朗らかに語った。
「悔しさ8割、うれしさ2割の3年間だった」と振り返った。3年間にわたり強豪・守谷高の大将として剣を振るった。全国高校総体の女子団体では1、2年生の時に2度、決勝まで進出するも、敗戦。「日本一までもう一歩だったことが、自分を成長させてくれた」。悔しさが高校日本一の剣士に押し上げた。
個人よりも団体での優勝が心に残っているという。昨年は高校剣道で重要な大会の一つである魁星旗争奪大会決勝で中村学園女(福岡)に競り勝ち、団体の日本一を手にした。「みんなでつかみ取った」とチームの勝利が喜びだった。
昨年の全国高校総体の団体では予選リーグ敗退の不覚を取った。雪辱を期した茨城国体では唯一の3年生としてチームを引っ張り、頂点に立った。「最後は神様がご褒美をくれた」と笑顔を見せた。
精神面の成長が強さの糧になった。入学当初は勝利にこだわるあまり、感情のまま試合を運ぶことも多かったという。塚本浩一監督(57)の指導の下、徐々に改善。「高校は体格やスピードで差がなくなってくる。(勝利には)心の面が大半だと学んだ」と冷静さと駆け引きを身に付けた。
強豪私立校と比べると設備面で劣る部分もある。だが「それ以上の恵まれた環境があった」。生活の不安はなく、競技に集中できる環境があった。「塚本先生や奥さんが心のよりどころになった。2人がいて今の自分がいるし、守谷が強くあり続けられる理由」と充実の3年間に感謝した。
大学では寮ではなく、1人暮らしで競技に取り組む。新しい環境に「自分を変えないといけない」と責任と覚悟を口にした。「守谷に来たのは挑戦だった。その時と同じ気持ち。日本を代表する選手になりたい」と目標に向け着実に歩を進める。
(志賀敦文)

【写真説明】
新天地での活躍を誓う柿元=守谷高


《連載:インドネシアの道しるべ》(上) 流通経済大、ラグビー普及の画像

《連載:インドネシアの道しるべ》(上) 流通経済大、ラグビー普及

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 09 Mar 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15836599199188

◆言葉の壁乗り越え指導 隊員派遣、動きで伝える◆
東南アジアの中でも目覚ましい成長を見せているインドネシア。さらなる発展に向け、現地でさまざまな技術指導に力を注ぐ日本の大学や企業の姿を追った。
「ゴーゴー!」-。インドネシアの首都・ジャカルタから西へ約90キロ、バンテン州セランのスタジアムに歓声が響く。同所では、流通経済大(龍ケ崎市)の学生とOBによるラグビー普及のイベントが開かれていた。雨が降る中、13〜22歳の約100人の地元住民が参加した。学生らは5グループに分かれ、ラグビーボールのリレーゲームや、1対2の簡易的なゲームを熱心に指導。参加者は楽しみながらラグビーの面白さに触れた。
同国でのラグビーの知名度はまだ低い。国際統括団体ワールドラグビーが発表する世界ランキングでは105カ国中100位(3月6日現在)。競技人口も約千人と少なく、ラグビーというスポーツ自体聞いたことがないという人も多いのが現状だ。
そんな“ラグビー新興国”で、同大は2017年から国際協力機構(JICA)と協定を結び、競技の振興に乗り出した。1年間滞在する長期と1カ月間ほど滞在する短期の2種類のボランティア隊員を派遣。各地の大学での技術指導や小学校での普及活動などを進めている。
短期ボランティアの一人として派遣された同大3年の政木祐二さん(21)は「言語が違うため、言いたいことを的確に言えないもどかしさがある」と現地での指導の難しさを口にする。今回のイベントで実施したゲームの内容も、現地の選手や指導者と話し合いで決めており、現地の活動には常に言葉の壁が付きまとう。
そのような中で政木さんは“行動で伝えること”を意識しているという。イベント前の話し合いでも、いち早く会議室を抜け出し、担当するゲームを実践して見せることで現地の指導者らとのコミュニケーションを図った。イベントでは、ラグビーボールのリレーゲームを担当。後ろにいる相手に対し、上下や左右交互にボールを渡していくゲームだ。指でボールを渡す位置を指示するといった工夫をして、言葉の通じない相手にルールを説明していた。
指導を終えた政木さんは「元気と情熱を持ち、全力で指導すれば相手に伝わるということを学んだ」とやり切った表情。バンテン州ラグビー協会のアルトン・アナンサンペトリ事務局長(33)も日本の選手と地元住民が交流する姿を見て「日本のサポートで競技人口を増やしていきたい」と期待を寄せた。

【写真説明】
地元住民とラグビーボールを使ったゲームを行う流通経済大生(左)=バンテン州セラン


通学定期値下げ、TXに要望提出 沿線3市推進協の画像

通学定期値下げ、TXに要望提出 沿線3市推進協

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Mon, 09 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15836676307694

つくばエクスプレス(TX)沿線のつくば、つくばみらい、守谷の3市でつくる「県つくばエクスプレス三市推進協議会」は8日までに、首都圏新都市鉄道(東京)に対し、通学定期の運賃の引き下げや利便性向上を求める要望書を提出した。
五十嵐立青つくば市長、小田川浩つくばみらい市長、松丸修久守谷市長が同社の柚木浩一社長を訪れ、要望書を提出した。
要望書は3市長の連名で通学定期の値下げのほか、TXの東京駅延伸▽研究学園、みらい平両駅への快速列車停車▽混雑緩和に向けた8両編成化-を求めた。
柚木社長は「混雑緩和に向けた8両編成化への期間を短縮できるよう、あらゆる方策を模索している」とコメントした。


古代の暮らしに思い 奈良・平安の出土品紹介 取手の画像

古代の暮らしに思い 奈良・平安の出土品紹介 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 09 Mar 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15836678079490

取手市内から発掘された奈良、平安時代の出土品を紹介する企画展「古墳から律令の時代へ-取手市の奈良・平安時代の遺跡-」が、同市吉田の市埋蔵文化財センターで開かれている。8〜9世紀ごろに現在の取手市に住んでいた人の暮らしが生活用品などから想像できる内容で、当時使われた土器など数多くの歴史資料を展示している。4月26日まで。
同センターによると、当時の取手には古代の役所といった大きな施設はなかった。半地下の土間が特徴の竪穴住居などに住み、農業に従事してつつましく暮らしていたことが多くの遺物から分かっているという。
甚五郎崎遺跡(取手市ゆめみ野)では、墨で字が書き込まれた「墨書土器」が出土している。同展では「袋」「山本」「三」「庄」「得」といった文字が確認できる土器を展示している。
下高井向原(むかいはら)遺跡(同)で出土した12世紀の青銅の鏡「瑞花双鳳(そうほう)五花鏡」と小刀も同展の目玉となっている。同センターの担当者は「当時の取手市に多くの人が住んでいたことを感じてほしい」と話している。
入場無料。午前9時〜午後5時まで。月曜休館。問い合わせは同センター(電)0297(73)2010

【写真説明】
青銅の鏡や小刀など貴重な出土品が展示されている企画展=取手市吉田の市埋蔵文化財センター


福島・いわき駅を参考 「効果実感」できるかの画像

福島・いわき駅を参考 「効果実感」できるか

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15835767235635

◆情報発信、周辺整備が課題◆
▽大きかった収穫
仙台市に次ぐ人口規模を誇る東北有数の都市・福島県いわき市。大規模な再開発事業が動き、準大手ゼネコンによる商業ビルやタワーマンションの計画が進む。
舞台はJR東日本水戸支社管内のいわき駅だ。1994年に「平駅」から改称した。翌年に福島国体を控えていた。14市町村の合併で市が誕生した66年から約30年後のことだ。
元いわき市幹部で地域史研究家の小宅幸一さん(68)=市内在住=は「改称で『いわき市の中心』というイメージがつくられた効果が、今になって表れてきているのかもしれない。国体もあったし、対外発信の面で収穫は確かに大きかった」とみる。
JR水戸支社の駅では、57年に石神駅が東海駅に、2004年に川尻駅が十王駅に名前が変わった。改称はごく限られた取り組みだ。龍ケ崎市が範を取ったのは県外のいわき駅だった。
▽70%超の賛意
いわき市内には14のJR駅が立地する。いずれも長年、「いわき」を冠しておらず、地元団体などがアンケートや意識調査に動いた経緯がある。
岩城光英市長(当時、後に参院議員)は1993年、各界代表でつくる検討委員会を設置し改称について諮問した。小宅さんによると、検討委が実施した市民アンケート(対象2659人、回収率43・5%)で、賛意が70%超を占めた。従来と比べ空前の結果だった。検討委は改称を妥当と判断、基幹駅の平駅に照準を定め「いわき駅」に変える旨を答申した。
当時は、旧地方財政再建促進特別措置法(失効)の規定で国や公社への公金支出が原則禁止。JRは2001年まで旧国鉄と同様の扱いを受けた。1億4千万円の改称費用負担は、いわき商工会議所会頭をトップとするJR線活性化推進協議会に委ねられた。推進協は、銀行からの借り入れでしのぎ返済は寄付で賄おうとしたが、集まったのは数千万円程度だったという。
小宅さんは「賛成は過半数だが、草の根的な盛り上がりは弱かった」と指摘。「実は国体でも、競技会場の最寄りだった五つ手前の駅ではなく、いわき駅に選手らが来てしまう混乱があった。加えて、今も市民感情として『(改称や開発が)どうして平だけに』という意識は残る」と話す。
▽機運醸成欠く
翻って龍ケ崎市。中山一生市長はこれまで「情報発信の強化や環境の整備と合わせ、効果を実感できるよう取り組む」と強調してきた。改称と並行した施策が必要との認識だ。ただ、実際の歩みはどうだったか。先例の課題は乗り越えられるか。
当初17年4月を予定した改称は延期され、20年春に先送り。茨城国体の好機を逸した。3月14日改称と発表されたのも昨年12月だった。市が打ち出せた施策は、ポスターや広報誌での周知ほかロゴマークの制作にほぼ限られ、機運醸成は欠けた。
JR側への負担も6千万円増え、上限3億8900万円に変わった。詳しい内訳は非公表で妥当性は議論の的だ。関連費用を含めると、計4億円前後の支出になる。推進派の市民グループが寄付した約1260万円を充て、貯金に当たる基金も取り崩す見通し。
駅周辺の整備も将来的な課題だ。16年策定の基本構想から目に見える進歩はない。対外発信についても、JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ」と話題が重なる。改称と同時に予定していた記念イベントも新型コロナウイルスの影響で中止となった。関東鉄道竜ケ崎線の佐貫駅と竜ケ崎駅は改称しないため、混同を懸念する交通事業者の声も届く。
市の名を広める。移住定住を促す。選ばれるまちにする-。龍ケ崎市駅は課題と期待を乗せ、14日に出発を迎える。(この連載は取手龍ケ崎支局・鈴木剛史が担当しました)
■JR龍ケ崎市駅を巡る中山一生市長の見解骨子
合意形成が不足しているとの指摘について
「公約に掲げた政策としてご理解いただきたい。特に3回目の市長選で大きな争点となった。周知と合意形成ができたと判断した」
計4億円前後になる支出の妥当性について
「知名度を高め、選ばれるまちにするための投資と考えている。費用負担に関しては軽減の余地がある」
改称で得られる効果について
「インパクトは大きい。路線図やアナウンスでいや応なく、わが龍ケ崎市の名前が知れ渡るはずだ」
関東鉄道竜ケ崎線竜ケ崎駅との混同について
「一定の混乱は避けられないと思う。ただ、時間とともに慣れていくものと考えている」
課題になっている駅前環境の整備について
「関係機関や事業者と協議しており、2021年度にもロータリーの整備に着手できればと思う。地権者の理解を得ながら進めたい」

【写真説明】
3月14日に「龍ケ崎市駅」となるJR常磐線佐貫駅。駅前環境の整備も将来的な課題だ=同市佐貫町


《新型コロナ》茨城県内の子ども食堂、対応さまざま 感染防止、休止相次ぐ 開設拡充、宅配弁当もの画像

《新型コロナ》茨城県内の子ども食堂、対応さまざま 感染防止、休止相次ぐ 開設拡充、宅配弁当も

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15835767235624

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、子どもに無料や安価で食事を振る舞う「子ども食堂」の休止が茨城県内でも相次いでいる。感染防止のための対応で、行政からの自粛要請で休止を決めた例もある。一方で子どもに居場所を提供しようと食堂の開設日を増やしたり、支援が必要な子に弁当を届けたりする団体もあり、対応はさまざまだ。
6日から公立小中学校の臨時休業が始まった大洗町。同町磯浜町の大洗カジキミュージアムに併設された「寺子屋食堂」では7日正午すぎ、小中学生約10人が食卓を囲んでいた。
もともと毎週土曜に夕食を提供していたが、休校措置を受けて施設を毎日開放、昼食も無料提供することにした。この日はいなりずしや唐揚げ、卵スープなどを振る舞った。
運営する「NPO大洗海の童」の篠崎健一さんは「一斉休校で給食もなくなった。食事や居場所に困っている保護者や子どもは多いので少しでも貢献できれば」と話す。春休みが終わるまで続けるため、食材の提供など広く協力を呼び掛けている。
子ども食堂は県内26市町村に65カ所ある。だが「子ども食堂サポートセンターいばらき」によると2月以降、県内でも休止する動きが増加。運営団体からは「栄養ある食事が取れているか心配」との声が寄せられている。
鹿嶋市社会福祉協議会は2月末、市内で子ども食堂を運営する団体に活動休止を依頼。3月中の開催は市内6カ所のうち1カ所にとどまり、「公民館が休館で活動できない」との声も上がる。土浦市でも市内6カ所のうち市社協の直営分を含む4カ所が3月中の休止を決めた。
同センターを運営する茨城NPOセンター・コモンズの大野覚事務局長は「引きこもりなど支援が必要な子どもと地域のつながりが切れてしまう恐れもある」と影響を懸念する。
制約がある中で支援を続ける団体もある。
「NGO未来の子どもネットワーク」(龍ケ崎市)は感染リスクを避けるため子ども食堂を休止し、3日から手作り弁当の宅配に切り替えた。特に支援が必要な生活困窮世帯向けに計50食を用意。週2回、次の宅配日までの食事となる缶詰や乾麺などと一緒に提供している。
笠井広子代表は「自宅を回るので生活支援が充実する利点はある」とした上で「休校期間中に生活リズムの乱れやゲーム依存度が高まる心配があるので大人が介入する必要性を感じている」と話す。一方で、ひたちなか市表町のカフェ「cafe tamariba」を運営するひたちなかまちづくり会社は、テークアウトに限った「お持ち帰り子ども食堂」を9日から実施し、カレーを1杯100円で販売する。同社は「子どもたちに笑顔になってもらい、街を少しでも明るくできれば」としている。(戸島大樹、松浦かえで)

【写真説明】
小学生に昼食を提供する大洗町の「寺子屋食堂」=7日、大洗町磯浜町


吉田有希(自転車) つくば工科高→日本競輪選手養成所の画像

吉田有希(自転車) つくば工科高→日本競輪選手養成所

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15835918606762

◆兄たちの背中追って 国体Vの経験財産に◆
昨秋の茨城国体の自転車少年男子1000メートルタイムトライアルで優勝した吉田有希(18)=つくば工科高=は、競輪選手の兄たちの背中を追い、卒業後は日本競輪選手養成所に進む。合格した71人中、本県所属は3人でその一人だ。
5人きょうだいの4番目で、父と兄2人が競輪選手という自転車一家で育った。中学は野球部に所属していたが、中学3年の終わりに六つ上の兄・拓矢が活躍する姿を見て憧れを抱き、自転車競技への道を歩み出した。
高校の競技生活を振り返ると、「3年時に3位に終わった全国高校総体から優勝した茨城国体まで凝縮されている」という。総体では不本意な結果だった。「2位や3位で喜ぶ選手ではいけない」と自分を奮い立たせ、地元開催の国体に向け練習に励んだ。
国体直前の全国都道府県対抗大会で優勝し、「手応えを感じた」という中で迎えた本番。家族や親戚、地元の人たちの前で悲願の優勝を成し遂げ、高校最後の大会を締めくくった。国体前には、同高にそれまでなかった自転車競技部の創設を学校に働き掛け、実現させた。「国体の経験はこの先の人生で大きな財産となっていくと思う」と特別な思いを語った。
持ち味は「スピードの維持。長い距離をもがけるところ」。5月から親元を離れ、全寮生活が始まる。学校で成績優秀者が獲得するゴールデンキャップを取り、競輪選手としてビッグレースで活躍する兄が目標。「憧れの存在にいかに近づき、超えられるか」。持ち前の負けず嫌いで、トップを目指し闘志を燃やす。

【写真説明】
競輪選手の兄の背中を追う吉田有希=取手市内


諸岡と常陽銀 2法人に20万円寄付の画像

諸岡と常陽銀 2法人に20万円寄付

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 19:00:00 +0900

記事コード:15834886813590

建設農業用機械器具製造の諸岡(龍ケ崎市庄兵衛新田町)と常陽銀行(水戸市)は、寄贈サービス付き私募債「社会貢献応援債」の発行手数料の一部を活用し、日本農業法人協会(東京)とドローン開発のTEAD(群馬県高崎市)に事業運営費として20万円ずつ寄贈した。
諸岡の本社で贈呈式が開かれ、諸岡の諸岡正美CEOがTEADの相吉雄二社長や日本農業法人協会の互泰行理事に目録を贈った。

【写真説明】
贈呈式に出席した諸岡正美CEO(右から2人目)ら=龍ケ崎市庄兵衛新田町


8日は国際女性デー 男女平等へ記者座談会の画像

8日は国際女性デー 男女平等へ記者座談会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 15:00:00 +0900

記事コード:15834886813586

◆自分らしく輝ける社会に 心地よい距離感見つけて◆
3月8日は、女性の地位向上を考える「国際女性デー」。日本はジェンダーギャップ指数が過去最低の121位。そこで、さまざまな角度から、茨城県内の現状と課題を探ろうと茨城新聞社は「未来へ 国際女性デー2020」(社会面・4日付から3回)と題し取材してまとめた。関わった記者3人が、日頃感じる男女格差や男女平等社会へ向けた理想像を話し合った。

-日々の暮らしの中で、どんなときに男女格差を感じるか。
A 「女性だから」とフィルターをかけられたとき。就活時に他社の面接で、「うちは男性が多いから…」と言われた。男女で特長が違うと理解しているが、それを乗り越えようと努力している人もいる。性別でなく、個人に目を向けてほしい。
B 「女性初」という記事を見たり、自ら書いたときに感じる。何かの団体のトップに女性が初めて就任した際に、よく見掛ける。この基準が「男性目線」ではなかろうか。男女不平等を示しているようだ。私の経験として、ある団体の支部長に「女性初」で就いた本人に取材を申し込むと、「そういう書き方をされたくない」と断られたこともある。
C ジェンダーギャップは職場では感じる。局内で女性管理職がいないことや男性優位の雰囲気から。一方、家庭では夫と家事を分担。当直や休日出勤時、夫が夕食も作ってくれる。また、働く母親が増えている中、PTA活動は母親がほとんどで、父親の参加がもっと増えていいと感じる。
-今回の取材で印象に残っていることは。
A 水戸市の社会福祉法人の理事長は「女性には同調圧力がある」と語っていた。自分を含め、日本人は周囲の人と同じことに安心しがち。女性の働き方や子育てにおいて、決まった形はないと改めて気付いた。
B 育児休業を取得した龍ケ崎市の男性職員が「お金では買えない時間を過ごせた」と話していた。この男性職員は、子どもと過ごす時間の大切さを実感したという。単純に男性の育児参加だけにとどまらない魅力があるようだ。
C 茨城大教授の「無意識のバイアス(偏り)がある」という言葉が印象深い。自分の中にも「女性だから」「母親だから」と隠れた思い込みがあるのではないか、とも考えさせられた。
-ジェンダーギャップの格差を少しでもなくすために、それぞれが描く理想の社会像は。
A お互いさまと言える社会。性別にかかわらず誰もが社会で活躍するには、家族や会社、地域で支え合っていくことが必要だと思う。自分も「お互いさま」と手を差し伸べていきたい。
B ハラスメントを見逃さず許さないという風潮が高まっている。セクハラにおいて男性側が女性への言動に敏感になって、腫れ物扱しているように感じる。価値観のずれを埋め合わせ、お互いに心地よい距離感を見つけられる社会になってほしい。
C 職場や家庭で、男女を変に意識することなく、生きられる社会。「働く女性」「専業主婦」「専業主夫」など、多様な選択肢があって、自分らしく輝ける空気感がある世の中。(斉藤明成、磯前有花、鈴木聡美)

茨城新聞は「ジェンダー平等」に関するご意見を応募します。住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、ファクスか電子メールで編集局くらし文化グループ「生活」係へ。ファクス029(301)0362。電子メールkurashi@ibaraki-np.co.jp
【2019年 ジェンダー・ギャップ指数】121位/153カ国
順位 国名       GGI値
(1)  アイスランド   0.877
(2)  ノルウェー    0.842
(3)  フィンランド   0.832
(4)  スウェーデン   0.820
(5)  ニカラグア    0.804
(6)  ニュージーランド 0.799
(7)  アイルランド   0.798
(8)  スペイン     0.795
…     …      …
(121)  日本  0.652
(出典:内閣府男女共同参画局HP)
※GGI値は経済、教育、保健、政治の4分野のデータから算出。0が完全不平等、1が完全平等を表す

【写真説明】
研究発表会で「事業所育児取得率を向上させるために」と題し発表した茨城大学の学生たち=2月16日、水戸市文京町の茨城大


市民の合意形成 住民投票を求め動くの画像

市民の合意形成 住民投票を求め動く

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 15:00:00 +0900

記事コード:15834886957090

◆条例案否決も関心高める◆
▽機運なし?
龍ケ崎市馴馬町の市立中央図書館の一室。ある冊子が眠る。
「JR常磐線『佐貫駅』駅名に関する市民意識調査」。発行元は市だ。前市長時代の2008年に公表した。前年に市議11人が連名で提出した改称の要望書を受けて実施した。関わった市議は「青年会議所や事業者から改称を求める声があった。議論の歴史を踏まえた」という。
駅名変更を巡り、賛成は33・4%、反対が64・9%(標本数3千人、回収率47・1%)だった。茨城新聞の取材に応じた元市幹部は「結果を見れば、改称の機運はなかった。要望書が出されたからやったまでの話。JRと本格的な協議もしていなかった」と内情を明かす。市民に直接の賛否を問う機会は、この調査に限られた。合意形成の欠落はそう遠くない未来、直接請求が起きる要因となる。
▽報道に驚き
15年5月14日、茨城新聞に目を通した龍ケ崎市の三瓶和昭さん(83)は面食らった。JR佐貫駅の改称を巡り、市とJR東日本水戸支社間で協議が大詰めを迎えているとの内容だった。市の発表はまだない。
自宅は佐貫駅の近く。改称が昔から取り沙汰されていたのは知っている。少しも進展しなかったのも分かっている。想定された費用は3億数千万円(当時)。時期は、消費増税に伴うJRのシステム改修に合わせた17年春を希望とある。
「ほかに使い道があるはず。住民投票して、賛成多数となれば自信を持って実現すればいい。反対多数となっても、やり直せる余地がある」。考えを同じくする仲間と一緒に、合意形成に向け住民投票に動くことを決意した。PTA団体や県立竜ケ崎一高同窓会の幹部職を務めた経験を買われ、市民グループ「JR佐貫駅の改称問題を考える会」の代表に就いた。
自身は反市長派ではない。中山一生市長の父で元防衛庁長官の故・利生氏の後援会長を務めたこともある。
市側は6月、改称事業の担保となる債務負担行為を設定する予算案を市議会に提出し、可決をもって合意形成と解釈した。
▽主張平行線
考える会は7月13日、署名集めに必要な請求代表者証明書の交付を受け活動を本格化させた。署名集めをしてくれる受任者も最大で150人ほどになった。9月24日に確定した署名は8212筆。最低限必要な数を約7000筆上回った。
市はこの間、正式な意思表示に位置付ける「施行協議書」をJR側に提出し、新駅名を「龍ケ崎市駅」と定める協定を9月に結ぶ。日程も17年4月1日に定まる。「市民置き去りで進んでいく」ように思えた。
迎えた15年10月13日の臨時市議会で住民投票条例案が審議される。中山市長は冒頭で「意義を見いだせない」との考えを示した。無投票ながら公約に掲げ再選した以上、住民投票は職責放棄になるとの立場からだ。三瓶さんも議場で市民の合意形成の欠落を指摘し「市政の問題は市および市民全体で共有することが不可欠」と強調。双方の主張はまったく交わらなかった。
条例案は賛成7、反対14で否決された。趣旨に賛同する市議が提出した修正動議も賛成少数で否決となった。住民投票の夢はここについえた。市長のリコールも浮上したが、そこまで望まなかった。
「ごく一部の議員を除いて、賛成は得られなかったが、ここまで市民の関心を高めた活動はほかになかったはず」と充実感を抱く。
しかし-。「駅名改称で知名度は向上するにしても、本当に人口が増えたり、地域が活性化したりするのか」。三瓶さんの疑念は今も晴れない。
この後、改称は増税延期で20年春に先送り。中山市長は17年12月に対立候補を退け3選し、一定の負託を得られたとの判断に傾く。
【JR佐貫駅(龍ケ崎市)の改称を巡る経緯】
2015年5月14日
・茨城新聞がJR佐貫駅改称事業の第一報を掲載
7月13日
・住民投票を求める「JR佐貫駅の改称問題を考える会」が、直接請求の署名集めに必要な請求代表者証明書の交付を受ける。活動が本格化
8月19日
・市が正式な意思表明に当たる「施行協議書」をJR水戸支社に提出
9月9日
・新駅名を「龍ケ崎市駅」と定め、17年春に改称する内容の協定を市とJR水戸支社間で締結
9月24日
・署名が8212人に確定
10月13日
・臨時市議会で住民投票条例案が否決、修正動議も否決
16年6月21日
・改称を延期すると市が表明
17年12月
・駅名改称を再度公約に掲げた中山一生市長が対立候補を抑え3選

【写真説明】
当時の資料に目を通しながら、直接請求の活動を振り返る「JR佐貫駅の改称問題を考える会」代表の三瓶和昭さん=龍ケ崎市内


取手市の市民グループ 追悼メッセージを動画サイトで公開の画像

取手市の市民グループ 追悼メッセージを動画サイトで公開

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 15:00:00 +0900

記事コード:15834886905133

取手市の市民グループ「ゆめまっぷの会」は、7日に同市内で開く予定だった東日本大震災の犠牲者の冥福と被災地の復興を願うイベント「ゆめあかり3・11」を、動画投稿サイト「ユーチューブ」での追悼メッセージ公開にする。
新型コロナウイルス感染拡大を受けての措置で、震災発生時刻に合わせ、7日午後2時46分から、市内や福島県南相馬市の小中学生などから集まったメッセージを公開する。
当初は、市役所藤代庁舎敷地内「水と緑と祭りの広場」で、メッセージ入りの紙袋キャンドルに火をともす予定だった。今年はメッセージ入りの紙袋約1万枚が寄せられた。


《新型コロナ・感染拡大防止》龍ケ崎市が学習支援 800人申請、教職員見守りの画像

《新型コロナ・感染拡大防止》龍ケ崎市が学習支援 800人申請、教職員見守り

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 13:53:18 +0900

記事コード:15834886813582

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6日から臨時休校となっている龍ケ崎市の全11市立小学校で、独自の学習支援事業が始まった。学童保育と別立てで、子どもの自宅待機が困難な家庭を支える狙いがある。児童は教職員らに見守られながら、自主学習に取り組んだ。
馴馬台小では40人の出席があった。自主学習に加え、読書や運動の時間も設定した。教室内では席同士の間隔を広げ、頻繁に換気して予防を図った。木内敦子校長は「留守番できない子どもの安全を守るのも学校の役割。いつもと違う雰囲気でも、児童はめりはりをつけて勉強しているようだ」と話した。教職員らが輪番で担当するという。
事業は臨時休校に合わせ23日まで続く。対象は原則として小学1〜3年生で、保護者の仕事などで自宅にいることが難しい児童。すでに学童保育を利用している1〜6年生も柔軟に受け入れる。平日午前8時半〜午後2時半。市教育委員会によると5日までに、小学生全体の2割程度に当たる約800人分の申請があった。(鈴木剛史)

【写真説明】
龍ケ崎市の市立小学校で始まった学習支援事業。教員らが学習を見守る=市立馴馬台小


水戸信金、年度末の休日相談窓口設置の画像

水戸信金、年度末の休日相談窓口設置

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15834892413514

水戸信用金庫(水戸市)は年度末に向けた資金需要などに対応するため、休日相談窓口を7、8、14、15、21、22日の6日間、赤塚(水戸市)、研究学園(つくば市)、龍ケ岡(龍ケ崎市)の3支店に開設する。中小企業の資金繰りや住宅ローン利用客の相談に応じる。午前9時〜午後5時(赤塚支店は午後3時まで)。


TX春休み1日乗り放題きっぷ 20日から販売の画像

TX春休み1日乗り放題きっぷ 20日から販売

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sat, 07 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15834886813576

首都圏新都市鉄道(東京)は20日から、つくばエクスプレス(TX)が1日乗り放題となる「TX!1日乗り放題きっぷ」の販売を始める。春休み期間中に合わせ、4月5日まで取り扱う。発売当日に限り有効で、秋葉原-つくば駅間で乗り降りが自由にできる。料金は大人2420円、子ども(6歳以上12歳未満)690円。各駅の案内カウンターなどで販売する。問い合わせはTXコールセンター(電)(0570)000298。


新型コロナ受け、取手市議会 感染症対策強化、国に意見書提出の画像

新型コロナ受け、取手市議会 感染症対策強化、国に意見書提出

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 13:57:05 +0900

記事コード:15834886813570

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、取手市議会は6日、開会中の定例会で、感染症対策の強化と大規模予算措置を国へ求める意見書案を全会一致で可決した。同日付で首相や各大臣などへ提出した。
意見書は、検査・医療体制の強化充実や地方自治体、医療機関の各種対策費用の十分な財政措置などを要請している。具体的には、簡易検査キットの早期開発、仕事を休んだ人への収入の保障、地方経済への影響を踏まえた対策の実施-などを含む7点を要請している。


《新型コロナ・感染拡大防止》茨城県、マスク不足を支援 高齢者・障害者事業所へ 「備蓄4日以下」対象の画像

《新型コロナ・感染拡大防止》茨城県、マスク不足を支援 高齢者・障害者事業所へ 「備蓄4日以下」対象

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sun, 08 Mar 2020 13:58:00 +0900

記事コード:15834886813567

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が深刻化する中、茨城県は6日、在庫が逼迫(ひっぱく)している県内249の高齢者・障害者事業所に対し、県の備蓄分から計2万5800枚を提供することを決めた。「備蓄が4日以下」を支援対象と決め、5日分となるよう必要数を供給する。
提供するのは県が災害時用に備蓄していた一般用マスクで現在約5万3000枚ある。配分方法を決めるため、県は2月下旬から県内全ての高齢者・障害者事業所を対象に在庫状況を調査していた。
その結果、備蓄が4日以内だった高齢者事業所は99カ所、障害者事業所は150カ所あった。提供数の内訳は高齢者分が1万1100枚、障害者分が1万4700枚となり、9日から順次提供する。
施設ごとの備蓄状況は、訪問介護事業所やデイサービスなど小規模な事業所ほど深刻な傾向にあった。既に在庫が尽きていたり、手作りマスクを使ったりしている例もあった。
まだ県の調査に回答していない事業所もあるため、県はマスクの不足が確認できた事業所には今後も在庫の範囲で提供し、感染症対策につなげる。(戸島大樹)


中山氏「選ばれるまちに」 市名一致、認知向上への画像

中山氏「選ばれるまちに」 市名一致、認知向上へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 06 Mar 2020 17:00:00 +0900

記事コード:15834117014146

◆協議は迅速、市も楽観◆
▽議論半世紀
「まだオフレコだが…。佐貫駅を龍ケ崎駅に変えられないかと考えている」。2013年11月、2度目の龍ケ崎市長選を翌月に控えた中山一生氏=当時1期=はインタビューで語った。
JR駅に龍ケ崎を冠する-。歴史をたどれば、決してとっぴな主張ではない。
現在のJR常磐線佐貫駅は1900年、旧馴柴村佐貫で開業した。54年に旧龍ケ崎町が村を編入し市制を敷くと、市西端に位置することになり、名前にズレが生じた。56年には市議会から「西龍ケ崎駅」に改めようとする動きが出たらしい。
改称を求めるうねりは続く。市議会に84年に提出された請願がその代表例だ。市議16人が紹介した。署名は2万1055人で、市政施行30周年を記念する狙いがあった。一方で85年、駅名を守るよう訴える請願も出された。1万1789人が名を連ねた。途中で改選を迎えたため、審議は87年春に打ち切られた。
▽調査の裏で交渉
中山氏が目指すのは、玄関口に当たるJR佐貫駅の名を市名と一致させ、市の認知度を高める点に尽きる。「子どもの頃からの疑問ですよ。常磐線で我孫子、取手、藤代と来てなぜ佐貫なのか。市内に立地するイメージはあるのか」
市の名を広める。移住定住を促す。選ばれるまちにする。改称は、人口減社会を見据えた基盤的な事業という認識だ。
ただ、無投票での再選となり、構想を公にする機会はごく限られた。2014年1月の臨時市議会での所信表明では、改称について機運を見極めながら「調査検討を行ってまいりたい」と述べるにとどめた。
この時点で、改称するか否かは鮮明でない。ただ、着実に足場を固めていた。
茨城新聞が入手した内部文書によると、同年6月20日、JR東日本水戸支社の担当者が市役所を訪問。市幹部はJR佐貫駅を「『龍ケ崎』を冠した駅名に改称していただきたい」旨を依頼した。JR側は文書で要請を受けた上で、費用を見積もると回答した。市がお金を負担するのが前提で、実質的な交渉が始まった格好だ。同7月16日には時期として17年春が浮上した。当時予定されていた消費増税に伴うJRのシステム改修に合わせれば、費用を削減できるとの算段だった。
佐貫駅では、関東鉄道竜ケ崎線が接続し、市中心部の終点・竜ケ崎駅まで結ぶ。こちらには改称を求めない方向で進む。
▽内容、秘密に
JR側は覚書を取り交わすまで秘密保持を求めたため、市民への周知は遅れた。市の意思表示も曖昧さを伴う。
市は15年5月19日にJR水戸支社と覚書を締結し、市民への説明に着手する。市政策情報誌に改称事業の効果や負担を掲載したり、同5、6両月に意見交換会を開いたりした。
ただ、いずれも性格が明瞭でない。後に中山氏は市議会で覚書について「改称に向けて、正式な協議を開始するための事務手続き。事業の実施などを決定するものではありません」と言及。意見交換会も「さまざまなご意見を拝聴」する機会と捉えた。
改称を巡る協議は迅速だった。市も楽観的に構えていた節がある。覚書に先立つ15年3月3日の協議で中山氏は「住民の理解もおおむね得られており、住民投票という事態も想定していない」と踏んでいた。6月の議会で、改称費用を設定する債務負担行為を含んだ予算案が可決されれば、それで合意形成とみていた。観測とは裏腹にこの年、「想定外」の出来事が起こる。

JR佐貫駅は3月14日、龍ケ崎市駅に改称する。市の全体的な負担は計4億円前後になる。関係者への取材や内部文書に基づき、改称の経緯と展望を考える。

■JR佐貫駅(龍ケ崎市)の改称を巡る経緯
1956年 市議会から「西龍ケ崎駅」への改称が提案される。記録は残っていない
1984年 「龍ケ崎駅」への改称を求める請願が提出
1985年 改称に反対する請願が提出
1987年 両請願が審議未了で決着
2013年11月 中山一生市長がインタビューで改称に意欲を示す。翌月、無投票で再選
2014年6月 市幹部とJR水戸支社担当者が20日に会談する。実質的な交渉スタート
2015年5月 市とJR水戸支社が覚書締結
2015年6月 市議会が改称に関する債務負担行為を設定する補正予算案を可決。市は一定の合意形成ができたと判断

【写真説明】
2015年3月3日に開かれた龍ケ崎市とJR東日本水戸支社との協議記録。中山一生市長は「住民投票も想定していない」と考えていた


動く実物大ガンダム 取手で実験進むの画像

動く実物大ガンダム 取手で実験進む

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 06 Mar 2020 17:34:28 +0900

記事コード:15834147945110

人気アニメ「機動戦士ガンダム」の動く実物大模型(約18メートル)の稼働実験が取手市寺田の前田建設工業ICI総合センターで進んでいる。
一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」が実物大ガンダムを動かすプロジェクトを展開。初代ガンダム(RX-78)をモデルとした動くガンダムを制作し、10月1日から横浜市の山下ふ頭で公開する。
報道公開ではフレームを組み上げた状態で動かすテストを実施。ゆったりと時間をかけて右腕や左足を上下させた。(長洲光司)

【写真説明】
公開した「機動戦士ガンダム」の実物大模型=取手市寺田(©創通・サンライズ)


《市町村議会》守谷市の画像

《市町村議会》守谷市

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 06 Mar 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15834117014133

【守谷市】定例会は10日に開会し、総額281億5100万円の2020年度一般会計当初予算案など議案29件を審議する。会期は23日までの14日間。一般質問は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった。本会議の採決や決算予算特別委員会などは通常通り実施する。


龍ケ崎市長・中山一生さん、男性育休は平等の指標の画像

龍ケ崎市長・中山一生さん、男性育休は平等の指標

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 19:00:00 +0900

記事コード:15833214179251

龍ケ崎市は四つの“日本一”を掲げている。その一つが子育て環境だ。少子化が進む中、各自治体が子育て環境の整備は重点施策として掲げているが、同市では職員自ら率先して取り組む課題がある。
男性職員の育児休業だ。対象職員の取得率は2018年度まで4年連続で100%。17年度に8人、18年度に4人全員が取った。19年度も対象職員に取得を促し記録更新を目指す。
10年前、市役所内で初めて男性で育休を取ったのはトップの中山一生市長(57)だった。首長として全国2例目。第2子の長男出産時に計19日間取得し、公務からほぼ離れた。
「妻を孤立させないよう、家族と時間を共有することが目的だった」と振り返る。ただ当時、男性職員で育休取得者がゼロだったことには驚いた。
「イクメン」に対する社会の理解は低く、行政のトップが不在になることに「市長たるもの」というそもそも論の批判が出た。人員が少ない中小企業は「うちには関係ない」と素っ気ない。一方で同じ中小企業でも「うちはできないけど、良いことだから頑張って」というエールもあった。
期間中は家族と小旅行に出掛けたり、第1子の長女の世話や家事をしたりした。「日頃から育児に関わるきっかけづくりになった」と実感する。
だが、後が続かなかった。それ以降は男性職員の取得は毎年1人程度。「育休が当たり前という風土ができていなかった」。そこで庁内の機運を高めようと、育児中の男性職員を対象に経験者である自身との座談会や、経験者が助言役となるメンター制度を導入した。職員に子どもと過ごす大切さを説いた。
地道な取り組みで、15年度に初めて男性職員の取得率が100%に達した。
今では、庁内の雰囲気の変化を感じている。「独身から子育てを終えた職員まで育児への関心が高まり、子育て夫婦に協力していこうとする思いが醸成されていった」。各職場で繁忙期を避けて取得するなどして工夫。誰もが取得しやすい環境を心掛けている。ただ市の平均取得日数は2週間程度。もっと期間を長く取得できるようにするのが課題だ。
男性職員の育休が市政に与える影響に期待している。当事者になることで取得中の収入減といった制度上の不安に気付き、施策に反映できる。市役所が培ったノウハウを民間に還元したいと考えている。描くのは「コミュニティーで子育てをバックアップしていく雰囲気づくり」だ。
「男性の育休は男女が同じ立場で社会に関わっていく風土をつくり、男女平等のバロメーターにもなる」(斉藤明成)
★育児休業
原則子どもが1歳になるまで男女どちらも取得できる。最大で賃金の67%を雇用保険から支給される。厚生労働省によると、2018年度の育児休業取得率は女性82.2%、男性6.16%。地方公務員では女性99.4%、男性5.6%と差が広まる。政府は男性の育休取得率の目標を20年までに13%としている。

【写真説明】
男性が育児休業を取得する意義を語る中山一生・龍ケ崎市長=市役所


「学びやとのお別れ」新型肺炎受け前倒し 閉校のつくばみらい・三島小の画像

「学びやとのお別れ」新型肺炎受け前倒し 閉校のつくばみらい・三島小

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15833214179245

3月末で閉校になるつくばみらい市下島の市立三島小学校で4日、全児童50人が参加して「お別れの会」が開かれた。新型コロナウイルスの感染防止のため5日から一斉休校に入るため、在校生にとっては、この日が通い慣れた学校で受ける最後の授業となった。全児童が校歌を歌い、学びやとの別れを惜しんだ。
農村地域にある三島小は創立130年の伝統校。一時は最大360人の児童がいたが、近年は減少。近隣校との統合が決まり、3日に閉校式を予定していた。
だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、閉校式は延期となり、終業式や6年生を送る会も中止に。卒業式は開くものの、在校生を出席させず行われる。
こうした状況を受け、同校は「最後に全児童で学校にお別れを言える場を設けよう」と今回の会を企画。当初は24日の予定だったが、臨時休校が急きょ決まり、4日に変更された。
会では、児童に向かって教職員12人が1人ずつあいさつ。「新しい学校に行っても楽しい思い出をつくって」とエールを送った。
卒業生7人には下級生から「卒業おめでとうございます」と温かい言葉が贈られ、中には涙ぐむ6年生も。最後は、学校への感謝の気持ちを込め、全員で校歌を合唱し「ありがとうございました」と礼を述べた。
市教委によると、延期となった閉校式の開催日は未定という。
三島小の宮崎淳司校長は「3日の閉校式では、地域の人たちも呼んで、児童との合唱を楽しんでもらう計画だった。恩返しをする場として考えていただけに戸惑っている」と語った。
市内では本年度、三島小のほか、市立東小も閉校となり、跡地にそれぞれ市立幼稚園が移転する計画になっている。(今橋憲正)

【写真説明】
学校の閉校を受けて開かれた「お別れの会」で校歌を歌う三島小の児童たち=4日午後、つくばみらい市下島


《新型肺炎・影響》市町村議会、異例の対応の画像

《新型肺炎・影響》市町村議会、異例の対応

関連地域 :利根町,つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 22:25:37 +0900

記事コード:15833214228895

◆一般質問中止/傍聴取りやめ◆
新型コロナウイルス感染拡大の影響が県内市町村議会にも及んでいる。一般質問中止や住民の傍聴取りやめなど異例の対応に踏み込む議会もあり、行政の負担軽減や感染防止に努めている。
4日現在、茨城新聞の調べで、常総、守谷、つくばみらいの3市議会が今定例会の一般質問中止を決めている。また、傍聴取りやめは、日立、北茨城、利根の3議会が実施。テレビモニターの中継などにしている。そのほか、多くの議会で傍聴自粛やマスク着用の徹底などを呼び掛けている。
守谷市議会は4日、10日開会する定例会の一般質問の中止を決定した。一般質問は23〜25日の3日間の予定だったが、ウイルス対策に追われる市の業務負担を軽くすることなどが理由。
つくばみらい市議会も5日開会する定例会について、23、25日に予定していた一般質問の中止を決めた。市の業務負担軽減と、市内小中学校が臨時休校となったことを受け、市職員に休暇取得を奨励するのが狙い。開会中の常総市議会は、3〜6日に予定していた一般質問を既に中止としている。
また、日立市議会は4日開会した定例会の一般傍聴を取りやめた。24日までの会期中、全ての本会議、各委員会が対象。同市議会事務局は「こういった形で傍聴を遠慮してもらうのは市議会として初めて」とし「市民の健康を守り、市内から感染者を出さないために踏み切った」と説明した。
開会中の利根町議会は傍聴を取りやめ、北茨城市議会は全委員会の傍聴を休止した。利根町議会では傍聴席を閉鎖。4日から始まった一般質問は議場が「傍聴人ゼロ」の状態で開かれ、住民は役場1階に設置されたテレビモニターで一般質問を聞いていた。(高阿田総司、今橋憲正、川崎勉、小原瑛平)

【写真説明】
議会傍聴席が閉鎖となり、役場1階のテレビモニターで一般質問を聞く住民=利根町布川


筑西で歯科衛生2校の合同卒業式 新たな一歩踏み出すの画像

筑西で歯科衛生2校の合同卒業式 新たな一歩踏み出す

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 09:52:55 +0900

記事コード:15833214179235

つくば歯科衛生専門学校(筑西市茂田)と取手歯科衛生専門学校(取手市台宿)を運営する学校法人広沢学園(広沢清理事長)は4日、筑西市茂田で合同卒業式を開き、松尾弘美校長が両校の代表にそれぞれ卒業証書を手渡した。
卒業生64人が出席する中、松尾校長は「これから歯科医療に貢献できる立派な歯科衛生士として歩んでいってください」と期待を込めた。在校生代表のつくば校2年、小松崎史穂さん(20)は「本校で巡り合った仲間たちとの絆を生涯の宝とし、信念を持って未来を切り開いてください」と送辞を述べた。
卒業生を代表し答辞を読んだ取手校の卒業生、湯原来未(くるみ)さん(21)は「学園で受けたさまざまなことを胸に、新たな一歩を踏み出していきたい」と意欲を示した。
卒業生は26日の歯科衛生士資格試験の合格発表後、県内の歯科医院などで勤務する。(冨岡良一)

【写真説明】
広沢学園の合同卒業式で、松尾弘美校長から卒業証書を受け取る卒業生=筑西市茂田


《市町村議会》つくばみらい市の画像

《市町村議会》つくばみらい市

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 10:34:35 +0900

記事コード:15833214179233

【つくばみらい市】定例会は5日に開会し、2020年度一般会計当初予算案など34議案を審議する。会期は25日までの21日間。一般質問は新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった。


《新型肺炎・休業や中止》龍ケ崎市、20日まで施設利用を中止の画像

《新型肺炎・休業や中止》龍ケ崎市、20日まで施設利用を中止

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 05 Mar 2020 10:30:14 +0900

記事コード:15833214228887

新型コロナウイルスの感染拡大で、龍ケ崎市は市総合体育館「たつのこアリーナ」のトレーニング室と、全市立小中学校の体育館・武道場をそれぞれ利用中止とした。期間はともに20日まで。状況によって、対象施設の拡大や中止期間の延長を判断する。


《新型肺炎・感染拡大防止》龍ケ崎市、教員ら学習支援 学童外の時間帯にの画像

《新型肺炎・感染拡大防止》龍ケ崎市、教員ら学習支援 学童外の時間帯に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 04 Mar 2020 10:23:50 +0900

記事コード:15832370691010

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小学校の一斉休校で、龍ケ崎市教委は6日から独自の学習支援事業に乗り出す。午後から始まる学童保育とは別に、全11市立小学校で午前8時半〜午後2時半までの間、教職員らが児童らの自主学習を支え、生活指導に当たる。実施期間は、臨時休校期間の23日までの平日。
市文化・生涯学習課によると、対象は原則として小学1〜3年生で、保護者が仕事などで自宅待機が難しい児童。すでに学童保育を利用している1〜6年生も受け入れる。保護者が小学校まで送迎し、昼食や水筒、学習用具の持参を求める。利用は無料。
市の学童保育は臨時休校期間中、午後2時半〜6時半までの開設。市教委は、仕事などを抱える保護者がそれ以外の時間帯に子どもの面倒を見られなくなる可能性もあると判断。急ぎ事業の実施を決めたという。
保護者らには2日付で通知した。利用を希望する場合は、子どもが通う小学校を通して4日までに申請書を出してもらう。ただ締め切りまで日にちがないため、市教委は弾力的に受け入れる方針。
同課の担当者は「どれぐらいの利用があるか現段階では見通せていないが、融通を利かせて対応していきたい。感染予防にも配慮する」と説明した。問い合わせは同課(電)0297(64)1111。 (鈴木剛史)


守谷市20年度予算案 子育て・教育に重点の画像

守谷市20年度予算案 子育て・教育に重点

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 04 Mar 2020 10:27:34 +0900

記事コード:15832366117119

◆一般会計最大281億5100万円◆
守谷市は3日、2020年度一般会計当初予算案を発表した。一般会計は前年度比20.1%増の281億5100万円で過去最大。学校関係施設の増築、改築などが集中したのが主な要因。増額は4年連続。民間保育所の整備、小中学校の増築や学校給食センター改築など子育て・教育分野に重点配分する。
歳入は、市税が同1.5%増の119億2820万円。市債は同51.9%増の28億500万円。
歳出は、保育所整備事業費に8億3167万円を充て、複数の保育施設を希望しても入所できない児童(入所不承諾児童)を受け入れるため、新たな民間保育施設などの整備費の約4分の1を補助する。21年度までの開所を目指し、すでに市内に保育施設6カ所の開所と幼稚園1カ所の増築が予定されている。
老朽化が進む学校給食センター(大柏)の建て替えには14億1134万円を計上する。これら整備費などで普通建設事業費が同56.7%増となった。幼児教育・保育無償化などにより扶助費が上がるなどし、義務的経費は同10.4%増。
新規事業では、4月から市内全9小学校で導入する小学校高学年での「教科担任制」の1年間の任期付き職員15人の給与などに8810万円、生徒増加に伴う市立守谷中の増築設計に3378万円を計上する。(高阿田総司)


《市町村議会》河内町の画像

《市町村議会》河内町

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 04 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15832370690997

【河内町】定例会は6日に開会し、2020年度当初予算案を含む議案18件、教育委員会委員の人事案1件を審議する。会期は13日までの8日間。一般質問は13日のみで4人が登壇する予定。


茨城県内私立大3大学が卒業式中止 実施でも規模縮小・簡略化 新型コロナ影響の画像

茨城県内私立大3大学が卒業式中止 実施でも規模縮小・簡略化 新型コロナ影響

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15831526785712

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、茨城県内の私立大の卒業式にも及んでいる。流通経大(龍ケ崎市)とつくば国際大(土浦市)、日本ウェルネススポーツ大(利根町)の3大学は2日までに中止を決めた。ほかの私立大も中止を含めて検討中か、実施しても出席人数を制限したり簡略化して時間を短縮したりして感染防止に努める。
流通経大は2日、龍ケ崎キャンパスで20日に予定する卒業式・学位記授与式を中止すると発表した。総務課によると、学生や家族ら2千人以上の出席が見込まれていたため、規模を縮小して開くはずだった。国の感染症対策本部が打ち出した基本方針に加え、卒業生の4月からの新生活に影響が出ないよう考慮。卒業証書・学位記は今月末までに郵送する。
つくば国際大は19日の学位記授与式を中止にした。卒業生は同日、教室で学位記を受け取る。学生と教職員のみで行うという。日本ウェルネススポーツ大は13日の卒業式を中止した。卒業証書は同日、学生に取りに来てもらう。
卒業式を実施予定の私立大でも規模縮小や時間短縮が相次ぐ。筑波学院大(つくば市)は12日、時間を短縮して実施。出席するのは生徒と教職員のみで、保護者や来賓は招かない。同大は「出席者にはマスクを着用してもらい、(会場の)換気を行う」としている。
18日に予定する茨城女子短期大学(那珂市)も規模を縮小する。2日現在、卒業生と保護者、教員のみで行う方針だが、「今後の状況次第で中止もあり得る」(同大)としている。20日に開催予定の常磐大(水戸市)は実施の可否も含め「現在検討中で今週中に方向性を打ち出す」。茨城キリスト教大(日立市)の卒業式(学位授与式)は18日に予定しているが、中止と延期、規模縮小を含めて検討中だ。


高砂熱学工業 つくばみらいに研究拠点 展示やレストランもの画像

高砂熱学工業 つくばみらいに研究拠点 展示やレストランも

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15831526843641

◆本社機能の一部も集約◆
空調設備大手の高砂熱学工業(東京)はつくばみらい市富士見ケ丘に「高砂熱学イノベーションセンター」を完成させた。本社機能の一部と研究施設を集約した新たな研究開発拠点として、多目的エリアや執務エリアの「オフィス棟」、実証・実験室や研究室の「ラボ棟」を整備。地域住民向けに自社技術を紹介する展示スペースやカフェレストランも設けた。4月に本格運用を始める。
今回は神奈川県厚木市の技術研究所を移転するとともに、本社機能のうち企画・開発部門を併設する。当初は移転者ら80人、将来的には120人が勤務する。建物や設備、土地などを含めた総事業費は約100億円で、県の「本社機能移転強化促進補助金」の計画認定を受けている。
同センターは鉄骨2階建てで、延べ床面積は約1万1800平方メートル。実質的なエネルギー消費をゼロにする「ゼロエネルギービル(ZEB)」の実現に向け、地下水の熱を利用した空調システムや木質バイオマス発電機、太陽光発電などを導入した。
オフィス棟1階のカフェレストランは、地域住民に開放する。70〜80席を設け、県産食材を使ったメニューをそろえる。
オフィス棟とラボ棟をつなぐ形で、展示スペースやプレゼンルーム、シアタールームも設置した。展示スペースは、ZEB達成に向けた空調設備をガラス越しに見学できるなど六つのコーナーを用意した。特殊な2種類のソファは、空気を通して間接的に熱を伝えたり、温冷水で座面の温度を変えたりする仕組みが体感できる。シアタールームでは、初代社長の柳町政之助氏をモデルにしたアンドロイドが空調の歴史を説明する。
今後はつくば市内の研究機関との連携強化を図るとともに、小中学生の体験学習の受け入れを図る。4月20日にはオープニングセレモニーを開催する予定だ。(小野寺晋平)

【写真説明】
完成した「高砂熱学イノベーションセンター」=つくばみらい市富士見ケ丘


取手市が環境対策室新設へ 大型台風や集中豪雨備えの画像

取手市が環境対策室新設へ 大型台風や集中豪雨備え

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 10:41:37 +0900

記事コード:15831526843634

取手市は4月1日付で組織改革を実施する。気候変動による猛暑、大型台風、局地的大雨、集中豪雨などの発生に備える「環境対策室」を新設する。
環境対策室は、大規模自然災害などから市民生活を守るため、気候変動やさまざまな環境問題などの課題解決に向けた取り組みを進める。
そのほか、「気候非常事態宣言」の準備を進める。現在の環境政策係を3人から4人に増員して体制を強化する。
そのほか、市民課「パスポート係」を「市民係」に統合、教育総務課「企画調整係」の名称を「総務法規係」に変更、スポーツ生涯学習課の「国体推進室」を廃止する。(高阿田総司)


取手のNPOに10万円を寄付 水戸証券、子ども支援の画像

取手のNPOに10万円を寄付 水戸証券、子ども支援

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15831526785702

水戸証券(小林克徳社長)は、取手市で引きこもりや不登校で悩む子どもたちの支援を行っているNPO法人こ・こ・ろ(志賀恵子理事長)に10万円を寄付した。寄付は同社が制定した「未来サポート制度」の一環。地域振興や社会貢献を行っている慈善団体に対し、寄付や支援を行う。同社の大槻剛執行役員から志賀理事長に目録が手渡された。
こ・こ・ろは、2年前から子ども食堂を運営している。志賀理事長は「子ども食堂は子どもたちと保護者だけでなく、ボランティアの高校生や近隣住民など地域のさまざまな世代が交流できる場になっている。今後も続けていくためにも、こうした支援はありがたい」と感謝を述べた。寄付金は、エプロンや調理器具の購入に充てるという。
同社はSDGs(持続可能な開発目標)への対応として、子どもの健全育成の支援や復興支援、障害者自立支援などに取り組んでいる。

【写真説明】
子ども食堂を運営するNPO法人こ・こ・ろ=取手市井野台


つくばみらい市議会 新議長に伊藤氏 副議長は直井氏の画像

つくばみらい市議会 新議長に伊藤氏 副議長は直井氏

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15831526785700

つくばみらい市議会は2日、改選後初の臨時会を開き、議長に伊藤正実氏(52)、副議長に直井高宏氏(63)=いずれも無所属=を選出した。
伊藤氏は当選2回で、総務委員長などを歴任。直井氏は当選3回で、利根川水系県南水防事務組合議長などを務めた。


守谷市議会 新議長に高橋氏 副議長は高梨氏の画像

守谷市議会 新議長に高橋氏 副議長は高梨氏

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 03 Mar 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15831526843630

守谷市議会は2日、改選後初の臨時会を開き、新議長に高橋典久氏(43)、副議長に高梨恭子氏(58)=いずれも無所属=を選出した。任期は2年。
高橋氏は当選4回で、副議長や議会運営委員長などを歴任。高梨氏は当選4回で、保健福祉常任委員長、総務教育常任委員長などを務めた。


「ベム」「ハッチ」コラボポスターで魅力発信 龍ケ崎市の画像

「ベム」「ハッチ」コラボポスターで魅力発信 龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 02 Mar 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15830727411725

◆市内や近隣の駅に掲示◆
オイラたちにも、やさしい龍ケ崎-。龍ケ崎市は名作アニメ「妖怪人間ベム」と「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボした魅力発信に乗り出す。版画家・絵本作家のはりたつおさんが描いた作品をポスターにして、市内や近隣のJR常磐線主要駅に掲示する。市の知名度向上を狙うとともに、市民の地元愛も育みたい考えだ。
妖怪人間ベムは「早く人間になりたい」のせりふで知られる。3人の人造生物が、人間になれる日を夢見て悪と対峙(たいじ)する筋書き。昆虫物語みなしごハッチは、孤児のミツバチが困難に立ち向かいながら母親を捜し旅する内容だ。いずれも繰り返しリメークされ、幅広い世代に知名度がある点に着目した。
作品は全6種類。両アニメの登場キャラクターたちが市内を巡り、人々の優しさに触れていくという物語性がある。
イラストレーターでもあるはりたつおさんは以前、市内に1カ月ほど滞在した経験を持ち、当時の印象を作品に反映させたという。着色した薄い紙をデータ化し、パソコン上で貼り合わせる独自の手法で作り上げた。奇祭「撞舞(つくまい)」や牛久沼といった市の地域資源が題材になっている。各作品には市マスコット「まいりゅう」も隠れている。
作品のポスターは6日から23日までの間、JR常磐線5駅(北千住、新松戸、柏、我孫子、取手)に2作品ずつ掲出する。14日から31日はJR龍ケ崎市駅(14日にJR佐貫駅から改称予定)の構内で、全作品を展示・紹介する。
中山一生市長は「龍ケ崎の魅力が伝わり、多くの方に訪れていただくきっかけになれば」と期待を込めた。(鈴木剛史)

【写真説明】
龍ケ崎市が「妖怪人間ベム」と「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボした作品。はりたつおさんが描き、市がポスターにする=同市役所


取手で新船就航式 「小堀の渡し」体験乗船の画像

取手で新船就航式 「小堀の渡し」体験乗船

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 02 Mar 2020 12:00:00 +0900

記事コード:15830727411721

利根川下流域唯一の渡し船「小堀(おおほり)の渡し」の新船就航式が1日、取手市のふれあい桟橋周辺で開かれた。新船の入れ替えは約30年ぶり。関係者らが新船の完成を祝い、旧船とともに体験乗船した。式典後は一般向けの無料運航も行われた。
新船の船体に描かれたデザインは東京芸大美術学部長の日比野克彦氏が担当した。市の鳥カワセミが水面に映った時の輝きをイメージ。見晴らしの良い「フライングデッキ」が特長で、自転車を12台積載でき、後部座席には日差しよけの屋根も付いている。
式典には関係者ら約30人が参加。藤井信吾市長は「素晴らしいデザインで、車いすで乗船する人の利便性もアップしている。自転車観光にも対応している。末永く多くの市民、近隣の人たちに愛される船になると思う」とあいさつした。午後から一般向けの無料運航が実施され、旧船はこの日限りで「引退」となった。新船は2日から運航を始め、8日まで無料で乗ることができる。
小堀の渡しは1914年に同地区の住民が始めた渡し船。67年に取手町(当時)が運航するようになった。2001年から有料化(同地区住民や未就学児などは無料)され、現在は片道200円で、往復約50分の観光船として県内外から訪れる人を迎え入れている。(高阿田総司)

【写真説明】
小堀の渡しの新船就航式で体験乗船する関係者ら=利根川


龍ケ崎市 4施設に命名権導入へ 応募は16日必着の画像

龍ケ崎市 4施設に命名権導入へ 応募は16日必着

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 02 Mar 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15830727411720

龍ケ崎市は四つの公共施設で命名権(ネーミングライツ)を初めて導入する。企業やブランドの名前を冠した愛称を付ける。収入は施設の運営費に充てる方針だ。順当に行けば5月1日から始まる見通し。
市財政課によると、対象となる施設は、市総合体育館「たつのこアリーナ」(年間利用者数約25万8千人)▽市陸上競技場「たつのこフィールド」(約5万2千人)▽市野球場「たつのこスタジアム」(約1万3千人)▽市文化会館(約12万2千人)-の4カ所。最低価格(年額・税込み)は、市文化会館が150万円、それ以外を200万円に設定した。契約期間は3年以上10年以下で、施設看板の変更についても別途負担が生じる。
愛称に「龍ケ崎」を含めるのが条件。応募を受け、市幹部でつくる審査会が選考し、4月上旬までに決定する予定だ。正式名称はそのまま残る。
応募は3月16日必着。関連書類は市ホームページでダウンロードできる。中山一生市長は「企業名や商品名の宣伝効果を大いに期待できる。市が得た収入も安定運営に生かせる」と話した。 (鈴木剛史)


災害時に充電器提供 守谷市、ニチコムと協定の画像

災害時に充電器提供 守谷市、ニチコムと協定

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 02 Mar 2020 10:26:20 +0900

記事コード:15830753104576

守谷市と携帯ショップ運営のニチコム(同市本町・野口武史社長)は2月21日、災害時や情報化対策などで包括連携協力を締結した。災害発生時での充電器の無償提供や、青少年や高齢者向けの携帯端末利用講座開催などで協力する。同社が包括協定を結ぶのは初。
市役所での締結式では、松丸修久市長と野口社長が協定書に署名。同社のノウハウを生かし、災害時にはモバイルバッテリーやアダプターを無償提供し、青少年への情報モラル教育や高齢者向けスマートフォン利用教室開催での講師派遣などで、安全・安心に暮らせるまちづくりなどを目指す。
期間は同日から1年間で、それ以降は自動的に1年更新する。松丸市長は「今後のまちづくりは、情報を中心にいろいろなことが変わっていく。指導、支援をお願いしたい」とあいさつ。野口社長は「災害時の取り組みはもちろん、青少年のモラル教育、高齢者の情報通信技術(ICT)活用のサポートなどで、力添えしたい」と話した。(高阿田総司)

【写真説明】
包括連携協定を結んだニチコムの野口武史社長(右)と守谷市の松丸修久市長=同市大柏


故佐藤さんと大垣さん夫婦展 取手在住現代美術作家 都内で13日からの画像

故佐藤さんと大垣さん夫婦展 取手在住現代美術作家 都内で13日から

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 01 Mar 2020 11:07:44 +0900

記事コード:15829781538655

取手市に在住し、昨年3月に45歳で永眠した現代美術作家、佐藤雅晴さんと、妻で同じく現代美術作家の大垣美穂子さん(47)=同市在住=の2人の作品による展覧会「尾行-不在の存在/存在の不在」が13日から4月11日まで、東京都新宿区の「KEN NAKAHASHI」で開かれる。日曜・月曜は休廊。
大垣さんと佐藤さんは、同時期にドイツの国立デュッセルドルフ・クンストアカデミーで学び、帰国後も活動を共にした。今回、佐藤さんの一周忌に当たる時期に合わせ、展覧会を開く。
同展で大垣さんは、乳母車をモチーフにした作品を再構成して発表する。また佐藤さんの作品については、代表作の一つである「Calling(ドイツ編、日本編)」(2009-2014/2018)と、約3年の制作期間を経て、日本デビューとなった展覧会で初めて発表された作品「TRAUM」(2004-2007)を組み合わせ、展示空間を構成する。

【写真説明】
佐藤雅晴「Calling(ドイツ編、日本編)」2009-2014/2018 アニメーション、ビデオ 14分(ループ)©Estate of Masaharu Sato/Courtesy of KEN NAKAHASHI


取手ひなまつり閉幕 フォトコン選考会 小川さん(千葉)ら11人入賞の画像

取手ひなまつり閉幕 フォトコン選考会 小川さん(千葉)ら11人入賞

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 01 Mar 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15829781582996

2月20日から取手市内の商店街などで繰り広げられた「第16回取手ひなまつり」(実行委員会主催)は2月28日、最後の催し「フォトコンテスト」の選考会で閉幕した。
コンテストには30人から計76点が集まった。同市取手の市商工会館に、まつりの様子を生き生きと写し込んだ作品が並べられ、審査委員8人が金賞の千葉県柏市布施新町、小川達二さんら表彰者11人を選んだ。同まつりは3月3日まで開催の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、期間を4日間短縮した。予定されていた3月1日の表彰式は中止となり、入賞者への賞状と副賞は郵送する。コンテスト入賞者は次の通り。(敬称略)
▽金賞 小川達二(千葉県柏市)▽銀賞 林昭(小美玉市)▽市長賞 石川良彦(千葉県流山市)▽実行委員長賞 中野正則(取手市)▽優秀賞 藤吉弥栄(つくば市)、林博之(龍ケ崎市)、佐藤美那子、福原勝宏(以上千葉県柏市)、釼持順子(取手市)▽毎日新聞水戸支局長賞 鈴木紳也(取手市)▽茨城新聞社長賞 浪川進(神栖市)

【写真説明】
取手ひなまつりのフォトコンテストの選考風景=取手市取手


つくばみらい市、小学校再編 統合校は「伊奈」「伊奈東」の画像

つくばみらい市、小学校再編 統合校は「伊奈」「伊奈東」

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sun, 01 Mar 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15829781582994

つくばみらい市が進める市内の小学校再編で、この春4校を閉校して2校に統合する新設校の校名が決まった。谷井田(谷井田)と三島(下島)の統合校の名称は「伊奈小学校」、板橋(板橋)と東(足高)の統合校は「伊奈東小学校」となる。新校はそれぞれ、谷井田、板橋の現校舎を利用する。
市教委は少子化の進行を受け、小中学校の適正配置を進めている。目標とする適正規模は小学校が1学年2学級以上、中学校は同3学級以上。今回の再編はその第1弾で、複式学級が生じている三島と東の課題解消を柱としている。
市教委によると、新設校の児童数は、伊奈小が288人、伊奈東小は353人を見込む。統合により、伊奈小の1年生を除き、目標である1学年2学級が達成される。遠距離通学になる児童への対応としては、スクールバスを運行することにしている。


《市町村議会》龍ケ崎市の画像

《市町村議会》龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 01 Mar 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15829781538651

【茨城県龍ケ崎市】定例会は3日開会し、2020年度一般会計当初予算案を含む議案25件、人権擁護委員の推薦に関する諮問1件、専決処分11件、請願1件を審議する。会期は同19日までの17日間。一般質問は同5、6、9日で計18人が登壇する予定。


《新型肺炎・広がる中止や延期》取手 チャレンジデーの画像

《新型肺炎・広がる中止や延期》取手 チャレンジデー

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15828957656000

新型肺炎の感染拡大を受け取手市は、毎年5月に開かれる住民のスポーツ参加率を自治体間で競うスポーツイベント「チャレンジデー」への今年の参加を見送る。参加見送りについて実行委員会(健康づくり推進課内)は、市内各地区代表に文書を送付、市ホームページでも周知している。
チャレンジデーは、人口規模が同程度の自治体間で制限時間内にスポーツをした住民の割合を競うカナダ発祥のイベントで、5月の最終水曜に世界中で一斉に実施される。日本では1993年から笹川スポーツ財団が開催し、今年は5月27日に開かれることが決まっている。市は一昨年に初参加し、昨年の市民参加率は49・2%(5万2930人)だった。


《市町村議会》利根町の画像

《市町村議会》利根町

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 13:06:06 +0900

記事コード:15828957692306

【茨城県利根町】定例会は3月2日開会し、総額60億3609万円の2020年度一般会計当初予算案など議案21件、請願1件を審議する。会期は同18日までの17日間。一般質問は同4〜6の3日間。


新型肺炎 茨城県立、2日から休校 部活動、課外も休止の画像

新型肺炎 茨城県立、2日から休校 部活動、課外も休止

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 12:49:16 +0900

記事コード:15828957692318

新型コロナウイルスの感染拡大防止で、政府が全国の小中高校などの臨時休校を要請したのを受け、大井川和彦茨城県知事は28日、要請通り高校などの県立学校を週明けの3月2日から原則休校にすると発表した。小中学校など市町村立学校についても同様の対応を取るよう同日、要請した。ただ、放課後児童クラブ(学童保育)の態勢整備を図るため、小学校に関しては5日までを準備期間とし、6日以降を臨時休校とする。私立学校にも同様の対応を要請した。
県の基本方針によると、臨時休校の期間は修了式までで、春休み終了まで約1カ月間の長期休校となる。教職員は学校での勤務を続ける。学童保育の態勢が整わない場合は学校で対応する、としている。特別支援学校は、福祉サービスなど児童生徒の受け入れ先が確保できない場合を考慮し、学校への登校や寮にそのまま住むことを認める。
県立高校は、3月4、5の両日に予定している学力検査(入試)を予定通り実施する。同13日の合格発表は学校で行わず、インターネットでの発表のみに限定する。追検査(3月10、11日)、二次募集(同19日)も予定通り実施する。修了式、卒業式は必要最小限の態勢で臨む。
部活動、課外授業などの課外活動は臨時休校期間終了まで実施しない、としている。スポーツ、文化などの大会は中止するよう主催者側に要請する。子どもに対しては在宅を促し、不要不急の外出を控えるよう勧める。
臨時休校により未履修が生じる可能性があり、県教委は「学習課題や宿題の提出で対応する。次年度の補習も考えられる」としている。
県は同日午後、知事を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、基本方針を決定した。
大井川知事は会見で「共働き世帯などで懸念される影響を限りなくゼロにしたい。経済が回る状況を維持できるよう子どもを(学校で)受け入れていく」と話した。安倍晋三首相が打ち出した一斉休校要請に関しては「本県は感染者が出ていない状況で、驚きを禁じ得なかった」とした上で「国のリーダーの下で徹底した対策を取るのであれば、茨城としても同じ対応を取る。しっかり協力したい」と述べた。(黒崎哲夫)
■学校臨時休校、県の対応
・県立学校(中学、高校、中教校、特別支援学校)は3月2日から春休みまで原則休校
・卒業式、修了式は最小限の態勢で実施
・特別支援学校の児童生徒は登校させるなど特別に配慮
・部活動や課外授業は実施しない
・市町村立学校(小中学校)は県立に準じた対応を要請
・小学校は学童保育の態勢整備のため5日までを準備期間とし、6日以降に臨時休校。準備が整い次第速やかに休校開始

【写真説明】
臨時休校の要請から一夜明けた朝、通学する高校生=28日午前7時57分、水戸市宮町、吉田雅宏撮影


取手市、卒業式の規模縮小 新型コロナ感染拡大防止の画像

取手市、卒業式の規模縮小 新型コロナ感染拡大防止

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 12:27:52 +0900

記事コード:15828957692314

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、取手市は、市立の小中学校の卒業式と同保育所、同こども発達センターの卒園式の規模を縮小して実施することを決めた。いずれも参加者は卒業生(卒園児)、保護者(2人まで)、教職員のみで、来賓は臨席しない。
小中学校の卒業式は約2時間を約30〜40分にし、保育所の卒園式は約4時間45分を約1時間半に、こども発達センターは約50分を約30分に短縮する。日程はいずれも変わらない。


取手市のご当地ナンバー 市の花や鳥デザインの画像

取手市のご当地ナンバー 市の花や鳥デザイン

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15828957692303

10月1日に市制施行50周年を迎える取手市が9月から交付を予定している原付バイク(50cc以下)などの「ご当地ナンバープレート」のデザインが決定した。市の花「フジ」「ツツジ」と市の鳥「フクロウ」「カワセミ」のイラストを使い、豊かな自然を表現している。9月1日から交付される。
香川県東かがわ市のグラフィックデザイナー・新田憲明さん(69)の作品が採用された。昨年11月から今年1月までデザインを募集し、計177作品が集まった。
バランスの良さ、視認性の良さなどが評価され、新田さんの作品が最優秀作品に決まった。
原付バイクのほか、90cc以下、125cc以下、3輪でピザ宅配などに使われているミニカー、トラクターやコンバインなどの小型特殊自動車のプレートに使われる。市では2千枚の配布を予定している。(高阿田総司)

【写真説明】
取手市のご当地ナンバープレートのデザイン(同市提供)


取手市職員、時差出勤へ 新型コロナ感染拡大防止の画像

取手市職員、時差出勤へ 新型コロナ感染拡大防止

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 12:29:36 +0900

記事コード:15828957692313

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、取手市は、電車やバスで通勤する職員の時差出勤を実施する。感染の恐れの高い通勤ラッシュ時を避けるのが主な理由。
対象は、公共交通機関を使って通勤している61人(消防職員を除く)。午前6時半出勤〜同10時半出勤まで八つの勤務時間を設定した。
実施期間は3月2日から同13日まで。状況に応じて期間延長する。


龍ケ崎市駅、改称記念催し中止 3月14日 新型肺炎の拡大防止の画像

龍ケ崎市駅、改称記念催し中止 3月14日 新型肺炎の拡大防止

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 29 Feb 2020 12:35:05 +0900

記事コード:15828957656002

JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称を記念するイベントが中止に決まった。改称と同じ3月14日に予定していた。龍ケ崎市の中山一生市長が28日、会見で明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた。2千人程度の入場を想定していたという。
記念イベントは、市とJR東日本水戸支社に加え、佐貫駅で接続の竜ケ崎線を運行する関東鉄道の3者で調整していた。セレモニーやスタンプラリーといった関連事業を企画していた。両社がそれぞれ発売する予定だった記念切符については、代替措置が取れるかどうかを含め検討していく。
2月25日付で国の新型コロナウイルス感染症対策本部が打ち出した基本方針にのっとり、不特定多数の参加が見込まれるため、予防の観点で中止を決定した。
駅名改称は、JR佐貫駅が対象で、関東鉄道側は変わらない。市が知名度向上を狙いに、JR側と協議を続けていた経緯がある。費用は市が負担する。
この日の会見で中山市長は「感染の拡大予防を優先した。残念な思いはあるが、愛される駅になるよう今後も取り組んでいきたい」と話した。(鈴木剛史)

【写真説明】
JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称に関する記念イベントの中止を発表する中山一生市長=龍ケ崎市役所


「とりで」花火大会 五輪避け6月20日の画像

「とりで」花火大会 五輪避け6月20日

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 28 Feb 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15827985379882

取手市は、8月恒例の花火大会「とりで利根川大花火」の開催日程を6月20日に前倒しすることを決めた。東京五輪の開催時期を避けるのが理由。
同イベントは毎年8月第2土曜日に開催しているが、今年は五輪開催時期と重なることなどから、日程を変更した。観覧席の販売日も早まり、さじき席(1万1千円)は5月7日に販売開始される予定。
花火大会は午後7時15分から同8時半まで利根川河川敷の取手緑地運動公園で開かれる。荒天の場合は6月22日に延期する。
今年は市制施行50周年を記念し、打ち上げ総数をこれまでの約7千発から約8千発に増やす。昨年は約10万人が訪れた。問い合わせは市観光協会(市産業振興課内)(電)0297(74)2141


つくばみらい市議会 夫婦別姓制度 意見書を可決の画像

つくばみらい市議会 夫婦別姓制度 意見書を可決

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 28 Feb 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15827985379874

つくばみらい市議会は26日、臨時会を開き、国に選択的夫婦別姓制度の導入を求める請願を採択、請願に基づく意見書を賛成多数で可決した。首相、衆参両院議長、法務大臣に同日付で意見書を提出する。
請願は、制度を求める牛久市の市民が提出していた。意見書は「男女平等や個人の選択が尊重されるべき現代において、適切な法的選択肢を用意することが国会、政府の責務」と法制化を求めている。
同趣旨の意見書はこれまで、つくば、取手、龍ケ崎など各市議会で可決されている。


「五輪後に解散も」 早大教授谷藤氏、最新の政情解説の画像

「五輪後に解散も」 早大教授谷藤氏、最新の政情解説

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 28 Feb 2020 10:34:42 +0900

記事コード:15828105234128

◆つくばで茨城県南西政懇◆
県南西政経懇話会の2月例会が27日、つくば市小野崎のホテルグランド東雲で開かれ、早稲田大政治経済学術院教授の谷藤悦史氏が「2020年 日本の政治を読む」と題して講演。安倍政権について、求心力が衰退していることから「新型コロナウイルスの問題が終息し、東京五輪が終わった早い段階で解散に踏み込むのではないか」と予想した。
経済政策について、GDP600兆円の目標を達成できていないことなどから「安倍政権下で経済はほとんど拡大しなかったのが現状」と指摘。力を入れてきた外交政策についても、北方領土交渉や日韓関係の悪化など、進展していない課題が多いとして、「政治成果のない政権がだらだら続いている」と評した。
また、桜を見る会や統合型リゾート施設(IR)を巡る汚職事件が国民の不信感につながり「世論の風向きが大きく変わりつつある」と説明した。
ポスト安倍については、「岸田文雄政調会長の流れが進んでいる」と述べた。自民党内でも岸田氏の人物イメージの構築や政策の浸透が必要になってくるため、今後は「政治が内向きになる」と展望した。

【写真説明】
「2020年 日本の政治を読む」と題して講演した谷藤悦史氏=つくば市小野崎


つくばみらい市20年度予算案 防災無線デジタル化 一般会計203億6961万円の画像

つくばみらい市20年度予算案 防災無線デジタル化 一般会計203億6961万円

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 28 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15828054433932

つくばみらい市は27日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比7.8%増の203億6961万円。主な増額理由は、防災行政無線のデジタル化や東楢戸台線整備事業など。コミュニティーバスの再編や「病院バス」の実証運行など交通対策にも力を入れた。
防災行政無線のデジタル化は、現在の設備をアナログから切り替えるもので、事業費は7億913万円。市民に無償貸与している戸別受信機を含め一新する。
つくば市の国道354号とつくばみらい市を結ぶ東楢戸台線整備事業では3億850万円を盛り込んだ。つくば市までの未整備区間960メートルを整備する内容で、20年度は盛り土工事に取り組む。
コミュニティーバスの再編には1億752万円、病院バスの実証運行には1127万円をそれぞれ計上した。コミュニティーバスの再編は4月1日実施。運行台数を2台から5台に増やし、日曜日や年末年始も運行する。病院バスは筑波学園病院(つくば市)とつくばみらい市を結び、平日の朝夕に無料運行。早ければ4月下旬にスタートする。
一般会計の歳入は、市税が同2.4%減の82億1960万円を見込んだ。(今橋憲正)


新型コロナ影響 霞ケ浦清掃を中止 取手ひなまつり、28日閉幕の画像

新型コロナ影響 霞ケ浦清掃を中止 取手ひなまつり、28日閉幕

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 27 Feb 2020 11:17:40 +0900

記事コード:15827137039261

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、予防のため茨城県南各地でイベントが続々中止となっている。
土浦市は、27日の同市上高津のイオンモール土浦と、同市真鍋新町の土浦ピアタウンで開く介護予防教室「ぶらり★つちまる健康ひろば」を中止する。高齢者約30人を集め、介護予防体操などを毎月開いており、当面の間開催しない。
また、3月1日に予定している霞ケ浦沿岸の清掃イベントを中止する。清掃イベントは霞ケ浦流域21市町村で構成する霞ケ浦問題協議会(会長・安藤真理子土浦市長)の目玉事業として年2回開かれている。今年は一般市民ら約960人が参加し、同市大岩田の霞ケ浦総合公園周辺で湖岸や湖内のごみ拾いをする予定だった。
このほかにも、同7日に同市沢辺の新治総合福祉センターで予定していた「春まつり」を中止にする。まつりでは、音楽やダンス、ビンゴゲームを披露するステージイベントや、多彩な模擬店が出店し、数百人が集まる予定だった。
かすみがうら市は3月14日に同市深谷のあじさい館で予定していた、認定農業者連絡協議会主催の農業に関する講演会(定員100人)を中止する。
取手ひなまつり実行委員会は26日、取手市内で3月3日まで開催する「取手ひなまつり」の期間を2月28日までに短縮すると発表した。同日開催されるフォトコンテスト選考会は実施するが、3月1日の同表彰式は中止する。入賞者への賞状と副賞は郵送する。


《市町村議会》取手市の画像

《市町村議会》取手市

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 27 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15827176026861

【取手市】定例会は3月2日に開会し、総額369億6千万円の2020年度一般会計当初予算案のほか、市立宮和田小学校の大規模改造工事や中学校特別教室の空調設備事業などを含む本年度一般会計補正予算案など議案19件、同意案3件を審議する。会期は同18日までの17日間。一般質問は同2〜5日の4日間。


見晴らし良いデッキ 取手市、「小堀の渡し」新船を公開の画像

見晴らし良いデッキ 取手市、「小堀の渡し」新船を公開

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 27 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15827110154695

利根川下流域唯一の渡し船「小堀(おおほり)の渡し」の新船の内覧会が25日、取手市の利根川河川敷で開かれ、約30年ぶりに新しくなる船の外観や内部が公開された。
見晴らしの良い船室上部の「フライングデッキ」が特長。出力は50馬力から110馬力にパワーアップ。自転車を12台積載でき、後部座席の上には日差しよけの屋根、船室内の階段には乗り降りが楽になるよう、手すりが付いている。
船体色のデザインは東京芸大美術学部長の日比野克彦氏が担当。黄色や青色が使われカラフルで、市の鳥カワセミが水面(みなも)に映った時の輝きをイメージしている。愛称を「KAWASEMI(カワセミ)」とした。
1989年から約30年にわたって活躍している現在の船の後継で、3月1日の就航式でデビューし、翌日から通常運航する。現在の船が老朽化したことから、市は本年度予算に渡船購入費など約5330万円を計上し、新船の造船を進めていた。(高阿田総司)

【写真説明】
報道陣に公開された小堀の渡しの新船=利根川


新型肺炎拡大受けキリン取手工場見学休止 3月1日からの画像

新型肺炎拡大受けキリン取手工場見学休止 3月1日から

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 27 Feb 2020 10:55:30 +0900

記事コード:15827137361457

新型肺炎の感染拡大を受け、キリンビールは取手工場(取手市桑原)を含む9工場の工場見学を3月1日から当面の間休止する。再開時期は未定。日程が決まり次第、同社ホームページで告知する。


「取手市民のうた」完成 コーラスに市民、ダウンロード可 市制50周年の画像

「取手市民のうた」完成 コーラスに市民、ダウンロード可 市制50周年

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 26 Feb 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15826381491233

◆歌手・谷本さんが公募フレーズ基に制作、歌唱指導も◆
10月1日に市制施行50周年を迎える取手市が新たに制作していた「取手市民のうた」が完成した。歌手の谷本貴義さんが作詞・作曲・編曲と歌を担当し、サブタイトルは「新しい明日(あした)」。3月1日からは市ホームページで無料の視聴、ダウンロードができる。市は「全市民が口ずさむことができる環境にしたい」と話している。
同市には、1972年に作られた「取手市民のうた」があるが、詞の内容が合併前の旧取手市のものという。今回、市制施行50周年を機に、歌を通じて市への誇りと愛着心を持ってもらうことなどを狙いに新たに制作した。
谷本さんは広島県出身で、2001年に歌手デビュー。以後、アニメ「ドラゴンボール改」「金色のガッシュベル!」の主題歌を歌うなどアニメ、ゲーム、CMソングを多数手掛ける。
市は昨年夏ごろから曲の制作を始め、歌詞の基となる20字以内の「歌詞に入れたい言葉」=フレーズを一般公募していた。集まったフレーズを基に谷本さんが作詞し、曲をつけた。また、レコーディングには一般からコーラス参加者を募集し、谷本さんの歌唱指導を受けるなどした。
新たな「取手市民のうた」は、明るく軽快なアップテンポのメロディーとなっている。今後は、市のイベント会場などで披露される。
CD発売の予定はないが、市から一般へのCD無料貸し出しが4月1日から開始される。配布用CD千枚はフレーズやコーラスの応募者、幼稚園や保育所、小中学校や公共施設へ配られる。一般参加者が簡単な振り付けで歌に合わせて踊るプロモーションビデオ(PV)も作られており、3月中に市ホームページで公開される。問い合わせは市文化芸術課(電)0297(74)2141。(高阿田総司)

【写真説明】
「取手市民のうた〜新しい明日〜」のレコーディングでコーラス参加者と一緒に歌う歌手の谷本貴義さん(右端)=同市藤代(同市提供)


27年ぶり大規模改修 取手競輪場の画像

27年ぶり大規模改修 取手競輪場

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 26 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15826398005164

開設70周年を迎えた取手市白山の取手競輪場が、四半世紀ぶりに大規模改修されている。選手たちが走るバンク(競輪競争路)には、大型重機が並び、斜めになりながら急斜面の舗装工事を行っている。
同競輪場は1950年2月に第1回競輪を開催。これまで複数の改修工事が行われてきた。走路に亀裂が目立つなど老朽化もあり、前回93年以来、27年ぶりの大規模改修となった。工期は昨年12月末から5月20日までの145日間。バンク舗装のほか、ゴール近くにある観客席の金網を透明フェンスに替えるなど、施設の充実を図る。
25日は、改修のメインとなるバンク(1周400メートル)の舗装工事が行われた。アスファルトを平らに敷き詰める重機を先頭に、後続のローラー車が走路を踏み固めた。最大30度の傾斜があるため、重機は転倒しないよう別の大型重機のアームで支えられていた。
6月にはリニューアルされたバンクで70周年記念競輪(G(3))が開かれる。県自転車競技事務所管理課の本多寿仁係長は「きれいなバンクで、お客さまを迎えることができる。迫力のあるレースをご覧いただきたい」と話した。(鹿嶋栄寿)

【写真説明】
バンクの舗装など大規模改修が行われている取手競輪場=25日午後、取手市白山


テコンドーの型で全国Vの木村奏さん、夢に向かって頑張るの画像

テコンドーの型で全国Vの木村奏さん、夢に向かって頑張る

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 25 Feb 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15825473086747

昨年7月、東京都日野市で開催された全日本ジュニアテコンドー選手権大会に出場し、10〜13歳女子トゥル(型)赤帯の部で見事優勝した木村奏(きむらかなで)さん(13)。1年前の同じ大会では2位に終わっただけに、「練習の成果が出し切れて本当に良かった」と笑顔を見せる。
大会は、日本国際テコンドー協会が主催し、10〜13歳女子トゥル赤帯の部には全国から集まった8人が出場した。
トゥルの部では、自分が選択した自由型と審判が決めた指定型の二つを対戦者2人が同時に披露し、呼吸やリズム、正確性、バランス力、力強さが審査された。
今大会では頂点に立つまでに3試合あったが、試合内容は全試合とも、審判5人全員が旗を上げるストレート勝ち。指導者の戸島皇継(きみつぐ)さん(46)は「大人と対戦しても遜色ない型のレベル。今後日本を代表する選手になってくれる」と期待する。
身長153センチ、体重39キロと小柄な体形。つくばみらい市立伊奈中学校の2年生。練習は週5回、1回約2時間、トゥル、ミット蹴り、マッソギ(組手)などで体を動かす。
テコンドーは小学1年から始め、3年生の頃から大会で入賞するようになった。身軽で身体能力は抜群。
「水泳や体操などいろいろなスポーツをやってきたが、一番夢中になったのがテコンドー。特にトゥルは体格差は関係ない。相手の良い点を研究し、自分の試合に生かすことを心掛けている」という。
1月には黒帯(一段)も取得。24種類ある型のうち、これまで12種類をマスターしてきた。
「今の目標はジュニアの世界大会に出ること。さらに将来は師範の資格を取り、指導者になりたい。夢に向かって頑張る」と力強く語る。つくばみらい市在住。(今橋憲正)

【写真説明】
全日本ジュニアテコンドー選手権大会で見事優勝した木村奏さん


まち彩る「取手ひな飾り」 3月3日までの画像

まち彩る「取手ひな飾り」 3月3日まで

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 25 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15825410514422

取手市内の商店街などに色鮮やかな「ひな飾り」が展示される「取手ひなまつり」(実行委員会主催)が開催中だ。3月3日まで。市内約100カ所でひな飾りが展示され、催しも多数開かれる。
会場の一つ、白山ギャラリー彩(白山・旧岡部商店)には、数え切れないほどの手作り作品が飾られ、初日から多くの来場者でにぎわった。
初めて訪れた市内の主婦(50)は「どれも美しい。色の鮮やかさと作品の多さに圧倒された。ほかの会場も見に行きたい」と感想を話した。
メイン会場の女性部会場(取手福祉会館1階健康相談室)では、近年の同まつりで作られたひな飾りの歴代作品が展示されている。
問い合わせは実行委(電)0297(73)1365

【写真説明】
3月3日まで取手市内で開かれている取手ひなまつり=同市白山


「龍ケ崎トマト」出来栄えを確認 JA水郷つくばの画像

「龍ケ崎トマト」出来栄えを確認 JA水郷つくば

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 25 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15825410514419

JA水郷つくば竜ケ崎施設園芸部会が育てる「龍ケ崎トマト」の目ぞろえ会が17日、龍ケ崎市内であり、生産者らが出来栄えを確認した。
龍ケ崎トマトは、希少な品種の「レディーファースト」で、甘さと酸味のバランスに優れ、果肉が多い特長がある。栽培が難しく傷も付きやすいため、生産が減少。市場では珍しく、9人の部会員が産地を支える。県の銘柄産地指定を受けており、市ふるさとブランド農産物にも認定されている。
糸賀千之(かずゆき)部会長(75)は「多くの方においしく食べてもらえたら」と期待を込めた。市内ほか近隣地域のスーパーでも取り扱われる予定という。

【写真説明】
龍ケ崎トマトの出来栄えを確認する関係者ら=龍ケ崎市内


ふるさと納税 茨城県内自治体の半数で「寄付増」見通し 格差是正に期待の画像

ふるさと納税 茨城県内自治体の半数で「寄付増」見通し 格差是正に期待

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 25 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15825512730820

ふるさと納税の返礼品を2019年度から「寄付額の30%以下の地場産品」に規制したことに関する共同通信のアンケートで、県内市町村は、寄付が「18年度より増える見通し」としたのが22市町村(51.1%)と半数を超えた。「18年度より減る見通し」は15市町(34.9%)、「ほぼ同額の見通し」が4市(9.3%)だった。全国の結果と同様、他の自治体からの寄付流入に期待する声が多かった。18年度に全国上位の60億8千万円を集めた境町は、寄付額が30億円に半減する見通しを示した。
全44市町村のうち城里町のみ未回答で、同町を分母から除いて集計した。
増える見通しとした理由は「返礼割合が全国共通の基準になった」(土浦市)、「他自治体との格差が是正された」(常陸大宮市)、「過度な返礼品などを選んでいた寄付者の流入」(五霞町)などと、規制の効果を歓迎した。「返礼品を随時拡充するなど、当市の魅力を継続して発信」(日立市)、「新規返礼品の開発」(下妻市)、「ポータルサイト数の増加」(高萩市)といった自助努力を挙げる自治体もあった。
一方で、減る見通しの理由では「市の地域資源の乏しさが表面化し、他市との関係で競争力が低下した」(牛久市)といった悲観論が上がった。「多額の寄付を集めていた商品が扱えなくなった」(水戸市)、「寄付者の満足度(お得感)が減少し、納税意識が低下した」(坂東市)、「周辺自治体との差別化が図りにくい」(稲敷市)という指摘もあった。
「高額所得者の寄付に規制が必要か」との設問には、52.4%が「どちらともいえない」と回答した。「どちらかといえば規制は不要」「規制は不要」としたのは計35.7%で、「高額所得者が都会に多いことを考えれば、規制を行えば地方へ流れる寄付が減少する」(小美玉市)、「ふるさと納税は自由に自治体を応援できる制度であり、所得によって制限するものではない。返礼品はいらないから応援したいという富裕層は多い」(境町)といった意見があった。「規制が必要」「どちらかといえば必要」としたのは11.9%にとどまり、「寄付控除を受けた上に、返礼品による恩恵が大きくなる」(北茨城市)などの意見が出た。城里町のほか、この問いにはつくばみらい市も無回答だった。
「民間ポータルサイト運営に規制が必要か」との設問では、「規制が必要」「どちらかといえば必要」が35.7%、「どちらかといえば不要」「不要」が26.2%、「どちらともいえない」38.1%と、判断が分かれた。(黒崎哲夫)


「次世代の視点持って」 龍ケ崎で市民フォーラム 公共施設再編考えるの画像

「次世代の視点持って」 龍ケ崎で市民フォーラム 公共施設再編考える

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 25 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15825410514418

龍ケ崎市立中央図書館で16日、公共施設再編成を考える市民フォーラムがあった。三菱UFJリサーチ&コンサルティングのコンセンサス・デザイン室長を務める西尾真治氏が講演し「公共施設を考えることは未来を考えること。まちづくりと次世代の視点を持とう」と強調した。魅力ある図書館づくりを題材に、地元高校生らも意見を出し合った。
公共施設は、高度経済成長期を中心に全国で整備された。ただ、一斉に老朽化が進み、少子高齢化や人口減に伴う財源不足も絡み将来的に維持できなくなるとの懸念がある。こうした問題意識を共有しようと、市が市民フォーラムを開催。今回で5回目となった。
西尾氏は、市の公共施設再編成の基本方針策定に携わったほか、さいたま市でも民間出身の任期付き職員として行財政改革に当たった。講演では、公共施設を巡り「コストで建設費は氷山の一角」と構造的な問題を指摘。耐用年数を数十年から100年程度と見積もり「多額の維持更新費を負担するのは子や孫の世代になる」との見解を示した。再編成には、将来を担う若者の主体性が鍵を握るとみて「他人(行政)任せではなく、自分たちで考えよう」と呼び掛けた。
高校生や大学生が参加する初企画のワークショップもあり、若者に図書館利用を促す方法について話し合った。
県立竜ケ崎二高2年の高橋ヒカルさん(17)は「さらに深く調べられるようにするため、Wi-Fiなどのインターネット環境が整っていたらいいと思う」と提言した。(鈴木剛史)

【写真説明】
西尾真治氏(右奥)の講演後にあったワークショップで意見を交わす高校生ら=龍ケ崎市馴馬町の市立中央図書館


野球で地域活性化 龍ケ崎市、茨城県民球団と連携協定の画像

野球で地域活性化 龍ケ崎市、茨城県民球団と連携協定

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 24 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15824494030325

龍ケ崎市は19日、野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツを運営する茨城県民球団(山根将大社長)と連携協定を結んだ。市野球場「たつのこスタジアム」での公式戦開催ほか、地元野球少年団との交流を含め、地域活性化に向けた取り組みを協力して進めていく方針。
市役所で開かれた締結式で中山一生市長は「甲子園に出場した経験を持つ県立竜ケ崎一高があり、市内に野球ファンは多い。お互いにさまざまな形で事業に取り組めれば」と期待。山根社長は「龍ケ崎は、チームが初の完封勝利を収めた地。歴史はまだ浅いが、必要とされる球団を目指していきたい」と応じ、公式戦に市民を招待したい構想も明らかにした。
同趣旨の協定はこれまでに、古河市や神栖市などが結んでいる。(鈴木剛史)

【写真説明】
協定を取り交わした龍ケ崎市の中山一生市長(左)と茨城県民球団の山根将大社長=同市役所


パトロールベスト 龍ケ崎市に寄贈 スリーライクと筑波銀の画像

パトロールベスト 龍ケ崎市に寄贈 スリーライクと筑波銀

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 23 Feb 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15823736861413

道路交通安全用機器製造販売などのスリーライク(龍ケ崎市出し山町、三好進社長)と筑波銀行(土浦市)は、寄贈サービス付きSDGs私募債「地域の未来応援債」の発行手数料の一部を活用し、龍ケ崎市にパトロールベスト一式を寄贈した。
龍ケ崎市役所で行われた贈呈式で、三好社長は「地域の子どもたちの安全安心のため役立ててください」とあいさつ。同市の中山一生市長は「大切に使用します」と謝辞を述べた。

【写真説明】
中山一生市長(左から3人目)に目録を手渡したスリーストライクの三好進社長(左から2人目)=龍ケ崎市役所


竜ケ崎線の歴史探る 竜ケ崎二高生企画、調査 回顧録や写真展示の画像

竜ケ崎線の歴史探る 竜ケ崎二高生企画、調査 回顧録や写真展示

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 23 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15823752459649

龍ケ崎市内を走る関東鉄道竜ケ崎線の歩みをたどるパネル展「『竜鉄』の歴史を探る」が22日、同市馴馬町の市歴史民俗資料館で始まった。県立竜ケ崎二高の生徒が企画し、約1年かけて調べた成果を展示した。関係者の回顧録や、同鉄道の前身に当たる鹿島参宮鉄道時代の写真など貴重な記録を集め、同線の起源や変遷を伝えている。入館無料、3月17日まで。
竜ケ崎線は今夏で誕生120周年を迎える。1900年8月14日、現在のJR常磐線佐貫駅と同時に、龍崎鉄道が路線を開業した。44年には後の鹿島鉄道線(現在は廃線)などを運行する鹿島参宮鉄道に事業譲渡。65年の常総筑波鉄道との合併を経て関東鉄道の運営になった。佐貫、入地、竜ケ崎の3駅を結び、全長4.5キロ。
愛好家らが撮影した蒸気機関車の写真や、元運転士らの回顧録を集めた。資料は愛好家から提供を受けたほか、市広報誌や雑誌から引用し、参宮鉄道時代を知る人からは思い出を寄稿してもらった。57年に廃止された南中島、門倉の両駅も紹介する。同校の生徒らが最近撮った写真を並べ、昔と今の姿が比較できる。
生徒15人が休日や放課後の時間を使い、昨年春から記事のデータ化や写真撮影を重ねていた。県立竜ケ崎一高の生徒が昨年開いた同様の展示の続編と位置付けた。
竜ケ崎二高3年の高崎綾乃さん(18)は「初めてのことばかりだったが、とても勉強になった。竜ケ崎線の移り変わりをたくさんの方に見てほしい」と来場を呼び掛けた。指導した小野威人(たけと)教諭は、前任校の竜ケ崎一高で昨年の展示にも携わり「鉄道から歴史を学ぶと地域がよく分かる。展示が歴史資料を残すことにつながれば」と話した。
今回の展示をまとめた冊子を3月14日午前10時から、先着100人に無料配布する。月曜休館(祝日の場合は翌日)。開館時間は午前9時から午後5時まで。(鈴木剛史)

【写真説明】
県立竜ケ崎二高の生徒が企画した関東鉄道竜ケ崎線の歩みをたどる写真パネル展=龍ケ崎市馴馬町の市歴史民俗資料館


洋菓子コンクール優勝 長谷川さん(守谷出身)の菓子を帝国ホテルで記念販売の画像

洋菓子コンクール優勝 長谷川さん(守谷出身)の菓子を帝国ホテルで記念販売

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 17:02:29 +0900

記事コード:15822876644861

東京都千代田区の帝国ホテルは29日まで、権威ある国内の洋菓子コンクールで優勝した、守谷市出身の帝国ホテルパティシエ、長谷川哲也さん(27)作のホールケーキ「クーロンヌ」を記念販売している。
フランス語で王冠の意味を持つクーロンヌは、長谷川さんが昨年11月に開かれた「第5回内海会味覚コンクール」で40点の中から最優秀賞に輝いたケーキで、プラリネ(焙煎(ばいせん)したナッツ類をキャラメリゼしたもの)に果物を組み合わせた。味覚を重点に置いた同コンクールは26歳以上の菓子職人で競われる。
新しい洋菓子業界の技術・技能の研さんと若い菓子職人の育成などを行う内海会は、わが国の洋菓子界に多大な功績を残した内海安雄さん(故人)の門下生が集まり、1979年に発足。理事にはわが国を代表するホテルや洋菓子店のパティシエが名を連ねる。
コンクールでは、テーマとなったプラリネの魅力を引き出しながら、果物を組み合わせ、食べやすさと色合いの美しさを意識して仕上げたという。長谷川さんは「『美は人を引きつける、美味は人をとりこにする』を信念に日々頑張っている。お客さまが喜ぶものをこれからも作っていきたい」と抱負を述べた。
クーロンヌは同ホテル本館1階ホテルショップ「ガルガンチュワ」で、平日は1台、土日祝日は2台の限定販売。価格は5000円(税込み)。下段15センチ、上段10センチ、高さ4・5センチ(飾り含む)。9月から再販売の予定。問い合わせはガルガンチュワ(電)03(3539)8086(午前8時〜午後8時)(佐野香織)

【写真説明】
帝国ホテルパティシエの長谷川哲也さん


マンホール、電柱に検知器 地下、地上の水位監視の画像

マンホール、電柱に検知器 地下、地上の水位監視

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 17:03:06 +0900

記事コード:15822876644859

◆つくばみらい官民で実験へ◆
下水道マンホールと電柱にセンサーを付け、雨水が地上にあふれ、浸水するまでの水位をリアルタイムで観測する実証実験に向け、つくばみらい市と東電タウンプランニング(東京都港区)、明電舎(同品川区)の3者が21日、協定を結んだ。道路の冠水や住宅の浸水被害に備えた対策で、地下と地上の水位を一貫して監視するサービスの開発は全国で初めて。
3者は実験を通じ、防災対策としての有効性を確認する。
電柱の配電設備を管理する東電タウンプランニングがサービスを発案し、明電舎が下水道マンホールと電柱に設置するセンサーを開発した。
3者によると、実証実験は4月から1年間実施。市内で浸水被害が発生しやすい場所を3カ所ほど選び、下水道内にたまった雨水がマンホールからあふれ、地上が浸水するまでの水位データを集める。
水位はセンサーにかかる水圧から割り出す仕組み。データを気象情報などと合わせてクラウド上で一元化し、リアルタイムで市に提供。1時間後の水位予測も配信するという。
市によると、道路冠水したときの状況把握は市民からの情報提供が多い。サービスではリアルタイムで水位データが配信されるため、迅速な対応が可能。市は、道路を通行止めにするタイミングや土のう・止水板の設置、住民の避難判断に役立てたい考え。
協定の締結式が同日、市役所であり、小田川浩市長は「市民にいち早く冠水情報が提供できるようになる」と期待した。東電タウンプランニングの野口慎也茨城総支社長は「サービスを通じて近年多発する豪雨に対応したい」、明電舎の亀山悟常務執行役員は「培ってきたノウハウで社会貢献し、使命感を持って取り組みたい」と述べた。(今橋憲正)

【写真説明】
電柱とマンホールふたの模型を見せて実証実験の概要を説明する担当者=21日午後、つくばみらい市役所


歌舞伎あられ池田屋 取手に初の販売拠点 飲食も楽しめる新店舗の画像

歌舞伎あられ池田屋 取手に初の販売拠点 飲食も楽しめる新店舗

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15822876644858

あられ製造販売の歌舞伎あられ池田屋(取手市山王、池田裕児社長)は22日、同市山王に飲食スペースを備えた新店舗をオープンする。これまで製造工場で直売をしてきたが、工場から約200メートル離れた場所に新築した。同社の販売拠点の出店は初めて。池田社長は「気軽に足を運んでもらい、地元の交流の場にしてもらえたら」としている。
新店舗は敷地面積約千平方メートル、店舗面積約100平方メートル。12台分の駐車場を整備した。店舗内は天井が高く開放的な雰囲気で、店内に飲食スペースを設けてコーヒーなどを販売。今後は、あられの原材料となる、もち米を使った「おこわ」や「餅」も飲食スペースで食べられるよう販売を計画している。
店外にはイベントスペースがあり、キッチンカーを呼んだマルシェなどのイベント開催も考えているという。池田社長は「多くの人が集まり、楽しんでもらえる場所にしたい。取手の名物といえる場所にしたい」と話している。営業時間は午前10時〜午後7時。水曜定休。通常営業は27日からで、22〜24日は午後5時まで。
同社は1933年創業。あられやおかきの味にこだわり、切った餅を天日干しにするなどして手間暇をかけた昔ながらの製法を取り入れた商品が特長。問い合わせは同社(電)0297(85)8231
(高阿田総司)

【写真説明】
22日にオープンする歌舞伎あられ池田屋の新店舗=取手市山王


全国納豆鑑評会 金砂郷食品優良賞 オーサトに特別賞の画像

全国納豆鑑評会 金砂郷食品優良賞 オーサトに特別賞

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15822876644853

納豆の糸の引き具合や風味の良さで日本一を決める全国鑑評会が21日、熊本市で開かれ、愛知県大府市の高丸食品の「国産中粒納豆」が、3年連続で最優秀賞(農林水産大臣賞)に選ばれた。県内からは金砂郷食品(常陸太田市)の「おいしい北海道極小粒納豆ミニ3」が優良賞、オーサト(取手市)の「雪誉」が特別賞だった。
ホテル内の会場は、発酵が進まないように冷房が効き、商品名が分からないように納豆が並べられた。新型肺炎の感染対策として、審査員はゴム手袋を着けたため、ただでさえ滑りやすい納豆を四苦八苦して箸で口に運ぶ場面もあった。
全国納豆協同組合連合会(東京)が主催。対象は市販製品のみで、25都道府県のメーカー計73社が、粒の大きさや豆の産地別の4部門に計189点を出品した。鑑評会は1996年に始まり、今年で25回目。次回は名古屋市で開く。


22日からアサヒビール茨城工場見学休止 新型肺炎での画像

22日からアサヒビール茨城工場見学休止 新型肺炎で

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 17:08:36 +0900

記事コード:15822876644851

新型肺炎の感染拡大を受け、アサヒビールは茨城工場(守谷市緑1丁目)の工場見学を22日から当面の間休止する。再開時期は未定で、日程が決まり次第、同社ホームページで告知する。工場見学は無料で予約制。昨年は約10万人が訪れた。


河内町議会 新議長に服部氏 副議長は高橋氏の画像

河内町議会 新議長に服部氏 副議長は高橋氏

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15822876682301

河内町議会は21日、改選に伴う臨時会を開き、議長に服部隆氏(67)=無所属、副議長に高橋稔氏(63)=同=を選出した。服部氏は当選3回、高橋氏が当選2回。


河内町20年度予算案 町議にタブレット端末の画像

河内町20年度予算案 町議にタブレット端末

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 17:07:54 +0900

記事コード:15822876644846

◆一般会計44億9251万円◆
河内町は21日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は、前年度比2.5%増の44億9251万円。新規事業では、ペーパーレス化を狙いとしてタブレット端末の導入に550万円、高齢ドライバーの事故防止に向け安全運転支援装置設置の補助に150万円をそれぞれ計上した。
タブレット端末の導入は、議員や一部の職員を予定。事務作業の効率化も図る。安全運転支援装置は、アクセルとブレーキの踏み間違えを防ぐ後付け型の機器を想定。費用の半額程度を補助する見通しだ。
ほかの主な事業は、18年度から継続する防災行政無線のデジタル化に1億6366万円を予算化した。20年度内の完了を目指す。町中央公民館敷地内のテニスコート全面改修には7350万円を充てる。老朽化が進んでいたという。
歳入は、町税が同5.2%増の8億3801万円、地方交付税は同8.7%増の17億4千万円。五つの特別会計を合わせた名目上の総額は、同0.7%減の71億9322万円となった。(鈴木剛史)


新型肺炎 県内催し中止広がる 自治体、感染リスク回避の画像

新型肺炎 県内催し中止広がる 自治体、感染リスク回避

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 22 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15822876682296

新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で、感染リスクを避けるため、県内で不特定多数の人が集まるイベントを中止する動きが広がっている。21日は、3月末までに参加100人以上の催しが約200件ある水戸市が独自の対応方針を固めたほか、鹿嶋や取手など各市が主催事業などの中止を相次いで発表した。
水戸市は、市が主催する催しについて基本的な対応方針を固めた。不特定多数が集まる屋内イベントや、多くの高齢者の参加が見込まれる屋外イベントを「中止または延期」とした。開催する場合でも手洗い推奨や消毒薬設置、参加人数の縮小検討などを行う。
市保健福祉部によると、参加100人以上の市主催・共催行事は3月末までに約200件。うち2件の高齢者向け研修会で中止が決まっている。水戸の梅まつり関連は「消毒薬設置などの対応を取った上で、今週末の予定は変更せずに行う」(市観光課)とした。
県内各市は、催しの中止を相次いで発表した。鹿嶋市は、市男女共同参画フォーラム2020(23日)や東京五輪ボランティア研修(29日、3月1日)など主催6行事を中止・延期する。取手市は、第5回健康まつり(22日)や全ての公民館まつり(同日〜3月8日)などを中止とした。古河市も市消防春季点検式(23日)を、下妻市も市民団体主催のしもつま環境カルタ大会(同日)を中止することを決めた。
県警も同様に、音楽隊の第41回定期演奏会「おまわりさんのコンサート」(22日)と、県警察学校で行うオープンキャンパス(24日)を中止。定期演奏会には定員1350人を大幅に超す4千人以上の申し込みがあったが、当選者には電話で中止を知らせる。同隊の担当者は「お客さんから『今年はやっと当たったのに』との声を聞くと非常に心苦しいが、現在の情勢を鑑みて中止を決定した」と話した。(前島智仁、海老沢裕太郎)
■卒業式の対応例示 県教委
県教委は21日、卒業式を間近に控えた県立高と特別支援学校など計124校に対し、メールで感染予防に向けた具体的な式典の対応例を示した。
式典について「多くの方が長時間1カ所に集まることを避ける」とし、具体例として(1)卒業生と保護者のみ出席(2)各教室で放送などで行う(3)挨拶を短くするなど簡略化-の3点を示した。
在校生は教室での参加など「柔軟に対応する」とし、保護者は生徒1人につき参加1人に絞るなど協力を依頼することを示した。会場入り口に消毒液を設置し、換気を十分に行うことなども求めた。
柴原宏一教育長は定例記者会見で「各学校によって状況は違うと思うので、参考にして決めてほしい」と話した。
■日比児童交流事業が中止 桜川市
感染拡大の影響で、桜川市と友好交流都市フィリピン・バコール市の小学生交流が中止になったことが21日、分かった。同国政府が日本への渡航を許可しなかった。17日、バコール市側から市教委に連絡があった。
交流はバコール市側の小学生ら16人が29日〜3月3日まで訪問し、岩瀬小と雨引小、桃山学園の児童と交流、真壁のひなまつりのひな流し(同1日)にも参加する予定だった。3校の児童は昼休みの時間にバコール市の児童とネットを通して交流している。市学校教育課は「中止は残念」と話した。 (冨岡良一)
■さくらマラソンも
桜川市は21日、3月8日に同市岩瀬の岩瀬体育館「ラスカ」周辺のコースで開催予定だった「第15回桜川市さくらマラソン」を中止すると発表した。
市スポーツ振興課によると、大会は、一般や高校生、小中学生、親子などの各部門に2027組と2536人が参加登録していた。参加費は返金しない。参加賞は後日郵送する。


20年度茨城県予算・主な事業の画像

20年度茨城県予算・主な事業

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15821954177856

【主な事業】
◆茨城経営者育成事業 県内産業のけん引役として事業拡大などに意欲的な経営者が参加する研究会の開設 1500万円
◆事業継続力強化支援計画推進事業 小規模事業者の事業継続力の強化に向けた商工会などの計画策定支援 1000万円
◆中小企業融資資金貸付金(事業承継支援融資分) 事業承継にかかる資金調達時に経営者保証の設定が不要な融資メニューの創設 1億円
◆地域新ビジネス創出支援事業 新規ビジネス創出などによる地域企業の経営力向上に取り組む市町村への支援 1500万円
◆県北地域けん引産業・中核企業創出事業 県北地域の産業競争力強化に向けた支援体制の構築 4000万円
◆茨城かんしょトップランナー産地拡大事業 生産に必要な機械・施設の整備支援など 15億3000万円
◆優良繁殖和牛群整備対策事業 常陸牛ブランド力向上のための優良繁殖雌牛の導入支援など 1億5500万円
◆家畜伝染病予防事業 豚熱(CSF)感染防止のためのワクチン接種など 4億7200万円
◆「いばらきの養殖産業」創出事業 循環式陸上飼育システムなどを活用した養殖産業の創出に向けた基本構想の策定 800万円
◆第23回全国農業担い手サミット推進事業 全国の意欲ある農業者が一堂に会する農業担い手サミットの開催 2100万円
◆いじめ問題対策推進事業 SNS相談、いじめ・体罰解消サポートセンターの運営など 3800万円
◆外国語指導助手招致事業 県立高校などにおける外国語指導助手(ALT)の拡充による英語教育の充実 2億4200万円
◆小中学校における遠隔教育実証研究事業 高度な専門性や優れた指導力を持つ人材を活用した遠隔教育の実証研究 1200万円
◆県立学校先端技術活用教育推進事業 中高一貫教育校における情報通信技術(ICT)を活用した授業環境の整備 1億700万円
◆プログラミング・エキスパート育成事業 中高生を対象としたトップレベルのプログラミング・AI人材育成に向けた研修会など 4500万円
◆世界へ羽ばたくトップアスリート育成事業 ジュニアアスリートの発掘・育成を中心とした競技力向上 9100万円
◆図書館魅力向上推進事業 県立図書館におけるカフェスペースの設置に向けた改修工事 6800万円
◆里親養育包括支援事業 要保護児童の家庭養育の推進に向けた里親制度の普及活動および研修の拡充 5800万円
◆医師修学資金貸与事業 医科大卒業後の県内勤務を条件に月額15万〜25万円を貸与 7億7600万円
◆海外医科大学卒業生受け入れ推進事業 国家試験対策として受け入れ病院への講師派遣・出張講義 1000万円
◆情報通信技術(ICT)活用による医療体制強化事業 遠隔治療サポートシステムの導入支援 3100万円
◆障害者施設「県立あすなろの郷」再編整備関連事業 民間施設用地の造成設計など 9300万円
◆犬猫殺処分ゼロを目指す環境整備事業 地域猫活動に対する不妊去勢手術の費用補助など 2700万円
◆国土強靱化3カ年緊急対策に対応した事業 道路のり面対策や橋の耐震化、河道改修 122億3600万円
◆防災・減災対策事業(県単公共事業) 河川の護岸修繕や土砂撤去、急傾斜地崩落防止、上空から測量を行う河川危険度事前調査事業など 47億6200万円
◆アクアワールド県大洗水族館新館整備事業 ジンベエザメ展示に向けた施設整備にかかる設計など 3億4700万円
◆県民の森等魅力向上事業 県民の森および県植物園の魅力向上に向けた計画の策定 2000万円
◆フラワーパーク振興対策事業 フラワーパーク魅力向上に基づく観光拠点としてのリニューアル工事など 18億円(最終補正予算含む)
◆県北ニューツーリズム推進事業 ロングトレイルコースの整備・プロモーション、ヘルスツーリズムの企画など 4300万円
◆2020東京五輪競技大会警備対策事業 2020東京五輪競技大会における警備対策 8900万円
◆集中的プロモーション強化事業 ネットメディアを活用したターゲティング広告、茨ひよりの海外イベント出展 3000万円
◆ビジット茨城・海外誘客プロモーション事業 誘客プロモーションなどによる外国人観光客の誘客促進の拡充 2億3000万円
◆フィルムコミッション関連事業 映像製作会社と連携した情報発信、海外プロモーションおよび海外作品製作費支援など 4700万円
◆DMO観光地域づくり推進事業〈「食」をテーマとした観光振興分〉 専門家によるおすすめ飲食店の選考や創作料理コンテストなどの実施 3000万円
◆「茨城をたべよう」食の魅力発信強化事業 都内大規模フードイベントにおける県産品販売 1800万円
◆スタートアップ・エコシステム拠点都市推進事業 起業家や研究者などが継続して交流するための拠点の創出 4000万円
◆都市間高速バスネットワーク強化事業 水戸・つくば両都市間の交流・連携の活性化に向けた高速バス増便実証実験 9000万円


茨城県予算 新しい茨城づくり、チャレンジに磨きの画像

茨城県予算 新しい茨城づくり、チャレンジに磨き

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15821954177857

茨城県の2020年度当初予算案が20日、発表された。大井川和彦知事の就任後3回目となる当初予算編成は「新しい豊かさ」「新しい安心安全」「新しい『人財』育成」「新しい夢・希望」へのチャレンジを、さらに磨きをかけ大きく前進させる施策が並んだ。
■「豊かさ」 県北の産業競争力強化
「新しい豊かさ」へのチャレンジとして、県北地域の産業競争力強化や本県のけん引役となる経営者の育成などを推進、力強い産業の創出を目指す。
県北地域けん引産業・中核企業創出事業は、医療や宇宙機器分野などの強みに特化した、新しい連携体のPR活動や販路開拓などを支援。地域企業と大学による技術開発を担う人材の確保に向けた取り組みもサポートする。
茨城経営者育成事業は、県内経営者の新規ビジネスへの挑戦を促すのが狙い。30〜50代の事業拡大に意欲のある経営者を対象に、各界のトップリーダーを招いて講義やピッチ会などを開く。
小規模事業者の事業継続力の強化を図るため、商工会などによる支援計画の策定も支援。防災・減災に取り組むモデルケースを創出する。一定の要件を満たす中小企業に対して事業承継時に必要な資金を経営者保証なしで融資する制度も新設する。
市町村を通じて地域中小企業による新規ビジネスの創出も後押しする。企業に対する助言や伴走支援を担う「ビジネス支援マネージャー」を配置する市町村に人件費などを補助し、新商品の開発など地域企業の経営力向上につなげる。
昨年度設置した「外国人材支援センター」は機能を強化。重点国に新たにモンゴルを加え、求人情報の提供などで人材を募集するほか、外国人雇用モデル企業を創出するため、受け入れ体制の整備から外国での採用活動までを一貫して支援する。
■もうかる農業、後押し
農林水産業の分野は、県銘柄和牛「常陸牛」の母牛導入やサツマイモ生産拡大などを通じ、もうかる農業の実現を後押しする。
常陸牛で優良な母牛の導入を支援するのは、さらなるブランド力の向上が目的。生産から肥育まで一貫した生産体制を構築することで、常陸牛の高品質化を図る。
「いばらきの養殖産業」創出事業は、湾や入り江がなく海面養殖が行われていない本県で、自然条件や天然資源の変動に左右されない養殖産業の実現を目指す。陸上養殖の技術開発が進む中で、本県で養殖漁業を始めるための指針となる基本構想をまとめる。
国内外で需要が高まっているサツマイモの生産拡大を図るため、農家支援策も拡充する。生産に必要な機械・施設の整備を支援するほか、荒廃した農地を再生するサツマイモ農家などを対象に費用の半分を補助する。
■「『人財』育成」 教育のICT促進
茨城の未来をつくる「人財」育成に向けて、情報通信技術(ICT)環境の整備による「学びの質・効率性」の向上を目指すとともに、外国語指導助手(ALT)の大幅な増員で国際社会で活躍できる「グローバル人財」の育成を図る。
高度な専門性や優れた指導力を持つ人材を活用した遠隔教育の実証実験を行い、質の高い教育の実現を図る。具体的には、優れた指導力を持つ教員が一つの配信校からエリア(市町村)内の複数の学校へ配信する遠隔授業を行う。高度な専門性を持つ外部人材による遠隔授業も実施する。例えば、ネーティブスピーカーによる英語や大学教員などによるプログラミング教育で、一つの配信校・配信地から一つの受信校へピンポイントで配信する。
県立中高一貫教育校では生徒が1人1台の端末を活用できる環境を整備し、遠隔教育やクラウドサービスなどの先端技術を活用した教育活動を推進する。情報活用能力を育成し、大きく変化する社会やさまざまな課題に対応できる人材を育成するのが狙いだ。
国際社会で活躍する人材の育成に向け、県立高校などでALTを現在の40人から53人に増員する。ネーティブと実践的な会話ができる機会を増やし、「グローバル人財」を育てる。具体的には、ALTを中高一貫教育校に重点的に配置し、ディべートを活用した授業や少人数英会話レッスンなどの効果を実証する。
このほか、いじめ問題対策としてSNSを活用した相談窓口の開設期間を拡充する。長期休業明け前後の4回、計100日程度を予定している。
■トップアスリート養成
世界で活躍するトップアスリートの育成や県立図書館(水戸市三の丸)の魅力向上にも力を入れる。
全国、世界で活躍するトップアスリートを輩出するため、ジュニアアスリートの発掘・育成を中心とした競技力の向上を図る。具体的には、プロチームや大学などと連携し、バスケットボールやサッカーのトップアスリート育成システムを構築する。併せて将来性が見込まれる小中高生を選抜し、全国トップレベルの指導者を招いた合同練習会や、大学と連携したトレーニング方法や栄養学の講座受講などで育成する仕組みを立ち上げる。
県立図書館は、県民の集まる拠点を目指し、1階にカフェスペースを整備して魅力向上を図る。読書や調べものをしながらコーヒーを楽しみ、くつろぎや打ち合わせのできるスペースを提供。「静かな図書館」から会話の生まれる図書館への転換を図る。
■「安心安全」 医師確保策さらに加速
「新しい安心安全」へのチャレンジでは、引き続き最重要課題の医師確保に取り組むほか、台風災害を踏まえた防災・減災事業など県民の命を守る生活基盤の構築を急ぐ。
医師確保策は大井川県政の「一丁目一番地」。最優先で医師確保に取り組む病院・診療科として県内5病院を選定しており、必要医師16人の確保へ重点対策を講じる。
医学部卒業後の県内勤務が条件となる医師修学資金貸与事業も継続。ハンガリーなど海外医科大卒業生が増加傾向にあることを受け、新たに受け入れ拠点の整備を目指し、大学卒業後から日本の国家試験までの居場所づくりや受験勉強の支援に乗り出す。
医療体制の強化策として、取手・竜ケ崎地域の医療機関を対象に「遠隔画像診断治療補助システム」の導入を支援。検査画像などをネットワーク上でやりとりし、現場の医師が別の病院の専門医から助言を受けられるようにする。
老朽化が課題の障害者施設「県立あすなろの郷」(水戸市)の建て替えでは、新施設の建設に向けて用地の造成や民間事業者の公募などに着手。セーフティーネットの機能を担う県と民間で役割分担を図り、県立施設は2024年度の完成を目指す。
犬猫殺処分ゼロに向けては、地域の団体が市町村と連携して取り組む地域猫活動をサポートするため、不妊去勢手術にかかる費用を補助。県動物指導センターへの収容頭数の削減を図る。
■防災・減災対策に力
防災・減災事業では、台風などの豪雨災害に備えて事前防災・減災対策に力を注ぐ。
新規で計上した河川危険度事前調査事業では、県管理河川のうち「洪水予報河川」と「水位周知河川」に指定された桜川(土浦市)など17河川で、上空からの測量を実施。堤防の沈下や水面下の土砂堆積など、目視では把握するのが難しかった治水上の危険度を調べ、危険箇所の事前の対策に生かす。
ほかに県単公共事業では河川の護岸修繕や土砂の撤去、急傾斜崩落防止のための工事を実施。道路や橋梁(きょうりょう)などの長寿命化対策も進める。
国補公共事業は、国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策に対応した防災・減災事業として道路改良を38カ所で、河道掘削を17カ所で実施。道路ののり面対策や河道改修などを進める。2015年の関東・東北豪雨で堤防が決壊した鬼怒川の集中的な改修事業は20年度が最終年度となる。
■「夢・希望」 ジンベエザメ展示
新たな「夢・希望」へのチャレンジとして、観光誘客促進や地域経済の活性化に向け、アクアワールド県大洗水族館や県フラワーパークなどの観光施設の改修に力を入れる。
アクアワールド県大洗水族館は、世界最大の魚類ジンベエザメを生涯飼育・展示できる新館の整備に着手する。新館は水量8千トン規模の日本最大の室内水槽を有し、現水族館に隣接する駐車場用地に整備を予定している。2020年度に施設の設計とジンベエザメの確保・畜養を行い、21〜22年度に地盤改良と本体工事を実施、22年度末の新館オープンを目指す。ジンベエザメの展示を目玉にさらなる誘客を図り、来客数を現在の年間110万人前後から200万人を目指す。
県フラワーパークは、本県の魅力を再発見・再発信できる新たな観光施設として全面的にリニューアルする。民間事業者の発想やノウハウを生かし大規模な施設改修を予定。19年度に基本設計やワークショップ施設の改修工事などを行い、20年度にレストラン・エントランスギャラリーの新築工事やインフォメーションセンターの改修工事を実施、21年4月下旬ごろの新装オープンを予定する。
このほか、県民の森および県植物園(那珂市)の観光誘客に向け、民間のアイデアを取り入れた魅力向上計画(基本構想)を策定する。計画の方向性として、県植物園は先進的な技術などを取り入れた新たな施設へのリニューアル、県民の森はキャンプなどの体験型アウトドア施設の新設を目指す。
■国内外へ集中的プロモ
東京五輪・パラリンピックの開催を契機に、観光誘客や県産品ブランド化の取り組みをさらに推進するため、国内外へのプロモーションや大規模イベントへの参加を積極的に展開する。
インターネットや県公認Vチューバー「茨ひより」を活用し、新たな手法による集中的PRを実施する。具体的には、インターネットのデータ(年齢・性別などの属性や検索履歴)を活用し、ターゲットを絞って県の広告を集中的に表示。茨ひよりを海外のアニメイベントに出展し、海外での本県の認知拡大を図る。
訪日個人旅行者の誘客や県内周遊の促進を図る戦略的なプロモーションも実施する。例えば、東京発着ツアーの実施などで都内に滞在するインバウンドの誘客促進を図る。外国クルーズ船の寄港地観光やゴルフツーリズムなども推進する。
都内で5月23、24の両日に開催される大規模フードイベント「東京ハーヴェスト2020」に出展し、県産食材や加工品、料理の魅力をPRする予定だ。

【写真説明】
宇宙ビジネスの機運を醸成し県内企業の参入につなげようと開かれた「いばらき宇宙ビジネスサミット」=2019年8月、つくば市吾妻


新型肺炎 茨城県内学校 卒業式、予防策に苦慮 マスク着用、接触控えの画像

新型肺炎 茨城県内学校 卒業式、予防策に苦慮 マスク着用、接触控え

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15822077254193

新型肺炎の感染拡大を受け、茨城県内でイベントやマラソン大会が中止になるなど自粛ムードが広がる中、卒業式シーズンを間近に控えた学校が対応に頭を悩ませている。式の中止まで検討する学校はないが、生徒間の接触を減らしたり、保護者にまでマスク着用を求めたりするなど各校で予防策を徹底する方針。今後の発生状況によっては中止も視野に入れる学校もあり、関係者は神経をとがらせている。県教委は20日までに、式典の実施方法を検討するよう県立高と市町村教委に通知を出した。
県教委によると、県内の卒業式は、3月1日に県立高など計98校で開かれる。12日にほとんどの中学校や特別支援学校で、19日に小学校で開催予定だ。
県立水戸一高では、生徒間や生徒と保護者間の接触を避ける方法に切り替えた。例年、実行委員の在校生が当日の受付を担っていたが、これをやめた。式の企画について事前に委員が各クラスで直接説明していたが、校内放送で代用する。
県立緑岡高は、生徒だけでなく出席する保護者にもマスク着用を求める方針。担当者は「通常式典中は生徒にマスクを外すよう指導するが、今回は認める」としている。「県内で患者が出るなど状況が変われば改めて検討が必要だろう」とも語り、場合によっては緊急対応も辞さない構え。
県立土浦一高は「人生の節目で記憶に残る大切な式なので、今のところ中止などの重大な変更はない」と話す。具体的な対策は今後決めるが、「県内で患者が発生するなど、特段の配慮を要する時は緊急の措置を取ることもやむなし」と述べた。
県教委は19日、県立高校や特別支援学校など123校と、各市町村の教育委員会にメールでコロナウイルスへの対応を通知。多くの人が集まる学校行事について、不要・不急の場合は延期か中止を求め、実施する場合は方法について検討を求めた。実施する場合には、参加者の手洗いうがいの徹底やアルコール消毒液の設置などを求めた。(成田愛)


新型肺炎 茨城関係の催し、続々と中止の画像

新型肺炎 茨城関係の催し、続々と中止

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15822078242904

■古河市、マラソン大会中止
古河市は20日、3月15日に開催予定だった「第8回古河はなももマラソン」を中止すると発表した。中止は初回の2013年以降で初めて。全国や海外から1万2818人が参加登録していた。参加者の多くが駅やバスを利用して来場することなどから、スタッフを含め安全対策に万全を期すことが困難と判断した。
市によると、参加費などの返金はない。参加賞を送付し、有料駐車場を予約していた参加者には同額のプリペイドカードを送る。
大会は10種目あり、フルマラソンの参加費は8100円。市中央運動公園を発着点に筑西幹線道路や市道「十間通り」などを走るコースだった。
■みらいマラソン、参加費の返金なし
新型肺炎の感染拡大を受けて中止が決まった「第4回みらいマラソン」(3月1日)について、つくばみらい市は20日、参加費を返金しない方針を決めた。既に参加賞としてTシャツや大会プログラムなどを配っていることなどが理由。
■筑西市、主催11行事を中止
筑西市は20日、市内で今月29日から4月4日までに開催予定だった講演会やウオーキング会など11の主催イベントを中止すると発表した。市健康増進課によると、例年約500人が参加していた「第9回筑西健康パーク」(3月14日、下館総合体育館)など。
■シンポジウム中止 流通経大
流通経済大(龍ケ崎市)は20日、都内のホテルで同日午後2時から開催予定だった東京五輪の物流に関する特別シンポジウム「東京2020大会のロジスティクスとレガシー」を中止した。
シンポは大学主催。東京ガーデンパレス(文京区)を会場に、物流関係の企業から約250人が参加する予定だった。


茨城県予算案 観光施設てこ入れ 一般会計最大1兆1632億円の画像

茨城県予算案 観光施設てこ入れ 一般会計最大1兆1632億円

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 09:45:00 +0900

記事コード:15821954207909

茨城県は20日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は1兆1632億1900万円で、前年度当初比275億600万円(2.4%)増。災害関連の支出や昨年10月の消費税率10%への引き上げにより、東日本大震災の集中復興期間最終年だった15年度を上回り、過去最高規模となった。県大洗水族館や県植物園など観光施設のてこ入れをはじめ、昨年10月の台風19号被害などを踏まえ防災、減災事業に力点を置いた。
知事就任後3回目となる当初予算案編成に関し、大井川和彦知事は「選択と集中を意識しながら効果検証を行い、さらに施策に磨きをかけていくことを重点的に行った」と述べた。
予算案の骨格は、県総合計画に定めた(1)新しい豊かさ(2)新しい安心安全(3)新しい『人財』育成(4)新しい夢・希望-の4本柱。
主な事業のうち「夢・希望」では、県大洗水族館に東日本唯一のジンベエザメ展示施設を整備するための設計に着手。ひたちなか大洗リゾート構想の中核施設として、来館者を112万人(18年度)から200万人に倍増させ、130億円の総事業費を15年で回収すると見込む。
「豊かさ」の産業関連では、常陸牛を世界トップブランドにするため、優良雌牛の導入を支援し一貫した生産体制を構築する。畜産農家に1頭当たり40万円を上限に導入経費の2分の1を補助。卵子提供用の母牛購入には70万円を補助する。獣医師による繁殖コンサルティング経費も助成する。トラフグやチョウザメなど県内でも近年盛んな「陸上養殖」の発展に向け、基本構想を策定する。
「安心安全」の医療関連では、海外医科大卒業生を対象に医師国家試験対策を支援。海外からの医師確保と県内定着を促進する。
「人財」育成では、県立中高一貫校で1人1台のICT端末を導入し、遠隔教育など先端技術を活用した学習機会を提供する。
全体で25事業約14億円を廃止する一方、57事業約26億円を新設し、選択と集中を強めた。新設事業の3分の2程度が新たな重要施策に適用する「新しい茨城づくり特別枠」に該当した。
特別会計、企業会計を含む全体の公共事業費は、1274億1900万円で、8億8200万円(0.7%)増えた。国の国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策の最終年度に当たり、防災・減災事業として河道改修や橋の耐震化に取り組む。15年9月の関東・東北豪雨を受けた鬼怒川の改修も行う。
関連議案は、27日開会する県議会第1回定例会に提案する。(黒崎哲夫)


《解説:茨城県2020年度予算案》県の魅力向上策、熟議をの画像

《解説:茨城県2020年度予算案》県の魅力向上策、熟議を

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 09:47:04 +0900

記事コード:15821954207908

茨城県の2020年度当初予算案が20日、発表された。並べられた主要施策からは、県の課題に対し失敗を恐れず挑戦的な施策を投げ掛ける姿勢が見て取れる。
県の財政状況は10年ほど前、景気低迷や県出資団体の破綻処理などで「乾いたぞうきんを絞るよう」と表現された。現在、こうした危機的状況からは脱し、県の「貯金」である一般財源基金も09年度の50億円が19年度末には650億円を超すまで積み増した。
ただ、財政危機の底は打ったとしても、今後の地方交付税や景気見通しは不透明で、新型肺炎の悪影響も見過ごせない。今回の予算案では11年ぶりに一般財源基金の繰り入れに手を付けた。一般財源の余裕度を示す「経常収支比率」は、13年度決算の90.7%から18年度は93.9%とやや悪化している。
再び財政危機が訪れる可能性が否定できない状況下で、大井川和彦知事は「今後10年が鍵を握る」として手を打てるうちに矢継ぎ早の先行投資を果敢に仕掛けている。
予算案の目玉の一つ、県大洗水族館のジンベエザメ展示施設は、総事業費130億円と巨額。「過大な投資」と捉える向きもあり、知事を支える県議会最大会派・いばらき自民党内からも賛否両論が聞かれ、「130億円あれば学校がいくつ建つのか」などと疑問の声も上がる。
知事は、茨城空港の利用が好調な半面、乗客が東京方面に直接向かってしまい茨城県での宿泊や消費につながっていないことを指摘する。民間調査会社の都道府県魅力度ランキングの7年連続最下位を挙げるまでもなく、こうした現状を打開するには観光施設を磨き上げ、県内外に知ってもらうことが不可欠だ。今後、県議会と熟議を重ね、県の将来像を見定めてほしい。(報道部・黒崎哲夫)


茨城県予算案 県税収入8年連続増 地方消費税13.2%増の画像

茨城県予算案 県税収入8年連続増 地方消費税13.2%増

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 21 Feb 2020 10:20:39 +0900

記事コード:15821954207904

◆県債残高147億円縮減◆
茨城県が20日発表した2020年度一般会計当初予算案は、県税収入が地方消費税の増加で前年度当初比2億円(0.1%)増の3867億円となり、当初予算としては8年連続の増収を見込む。地方交付税代わりの臨時財政対策債を除いた通常県債の残高は、20年度末見込みで1兆1376億円となり、19年度末見込みに比べ147億円縮減する。規模の無尽蔵な拡大を抑えつつ、必要な予算の確保に配慮した編成となった。
■歳入
一般会計は、県税のうち法人住民税と法人事業税の法人2税が6.2%減、個人県民税は1.4%減。企業収益の減少が影響した。昨年10月の消費税率引き上げで地方消費税は13.2%と大幅増となり、県税の収入減の穴を埋めた。地方消費税清算後の実質的県税は1.4%増の4856億円で、過去最高を更新した。
自動車税は環境性能割の導入で2.6%増。自動車取得税は消費増税時に廃止となった。
借金に当たる県債は2.3%増の1204億円。このうち通常県債は10.4%増の691億円となった。予算額に占める「県債依存度」は10.3%で0.1ポイント縮小した。地方交付税は2.1%増、臨時財政対策債は6.9%減。
■歳出
一般会計の性質別内訳は、社会保障関係費の伸びなどで義務的経費が1.1%増。次いで一般行政費が0.2%増だった。投資的経費は公共事業の増加で5.8%増となった。
目的別内訳は、教育費が0.03%減、保健福祉費が3.0%増、公債費が0.2%減となった。諸支出金が9.4%増、土木費は3.0%増で続いた。
行政サービスに必要な経費が県債(借金)などを除いた歳入で賄えるかどうかを示すプライマリーバランスは、266億円の黒字となった。借金に依存しない黒字化が14年度から7年連続で続く見込みだ。(黒崎哲夫)


取手ひなまつりPR 一足早くつるし飾り 市商工会館前の画像

取手ひなまつりPR 一足早くつるし飾り 市商工会館前

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 20 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15821099561393

「取手ひなまつり」の開幕を前に、取手市取手の市商工会館前に、一足早くつるし飾りやひな人形がお目見えした。道行く人が立ち止まり、色鮮やかな飾りに目を奪われている。
飾り付けたのは、主催する実行委の中心となる市商工会女性部役員ら。まつりは20日から3月3日まで13日間開かれ、ひな飾りが市内約100カ所で展示される。メイン会場の女性部会場(取手福祉会館1階健康相談室)では2月23日、女性部役員が講師になり、つるし飾りの作り方を教える講習会が開かれる。
3歳の孫と飾り付けを見た同市吉田の主婦(69)は「手作り作品が好きなので、作り方を教えてもらいたい」と開幕を楽しみにしていた。

【写真説明】
取手市商工会館前に飾られたひな飾り=同市取手


利根町20年度予算案、若草大橋で無料化実験の画像

利根町20年度予算案、若草大橋で無料化実験

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 20 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15821099612981

◆一般会計60億3609万円◆
利根町は19日までに、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比9・4%増の60億3609万円で、龍ケ崎地方塵芥(じんかい)処理組合への負担金増が主な要因。新規事業として、利根川に架かる栄橋の交通渋滞緩和策として、川沿いに同橋から約9キロ離れた若草大橋の無料化実験などに取り組む。
歳入は、町税が新築家屋の増加などにより同0・2%増の12億5950万円。全体の約3割を占める地方交付税が同13・4%増の18億2394万円。町債は同26・5%増の7億420万円。
歳出は、町道1234号線を広げる改良工事費2200万円や、町公民館から名称変更となる町文化センター舞台吊物更新工事費8950万円などにより、普通建設事業費が同47・1%増となった。
若草大橋無料化実験には1058万円を計上し、7〜10月の4カ月間、若草大橋の有料道路を午前中の2時間、町の負担で無料化し、栄橋の渋滞緩和の効果を検証する。
そのほか、高齢者の買い物弱者支援として移動販売事業の業務委託料に1149万円を充て、新たに1・5トン車の移動販売車を購入する。(高阿田総司)


新型肺炎 茨城でマラソン中止相次ぐ 3月、つくばみらいと大子の画像

新型肺炎 茨城でマラソン中止相次ぐ 3月、つくばみらいと大子

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 20 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15821099612985

新型肺炎の感染拡大を受け、3月に予定されていたつくばみらい市と大子町のマラソン大会の中止が19日、相次いで決まった。国内では、東京マラソンで一般参加者の出場が取りやめになったばかり。不特定多数の参加者を募るスポーツ大会やイベントにも影響が出そうだ。
中止が決まったのは「第4回みらいマラソン」(3月1日)と「第53回奥久慈湯の里大子マラソン大会」(同月8日)。
みらいマラソンは実行委員会の緊急会合が19日夜に開かれ、中止を決めた。市は20日以降、ホームページで告知し、参加者に文書を郵送して知らせる。大会は2〜10キロの四つのコースを設定。今年は男女2397人の申し込みがあり、ボランティアを含め約2700人が参加する予定だった。
市の担当者は「都心から40キロ圏内と近く、都内から参加するランナーも多い。感染経路が不明なこともあり、大会中止は仕方がない」と話した。大会スタッフ用のマスクや消毒液が確保できないことも中止の要因に挙げた。
参加費(大人4千円、高校生2千円など)を返金するかは今後決めるが、既にゼッケンやTシャツ、ICチップなどを参加者に配っており、できない可能性がある。協賛金約200万円は返金しない。
大子マラソンは町と町教育委員会が主催。19日午後の実行委役員会で、参加者とスタッフの安全面を考慮して中止を決めた。今年は1709人がエントリー。海外からの参加はないが、ほとんどが県外を含めた町外からだった。
町教委の担当者は「(十分な量の)マスク、消毒液の確保が難しい」とし、予防策が取れないことも理由に挙げた。また大会用のシャトルバスや周囲の温泉施設の利用などで「万が一、感染拡大の恐れもある」との懸念もあったという。
参加費の返金などについては、27日の実行委の全体会議で結論を出す方針だ。


取手市20年度予算案、教育環境整備を推進の画像

取手市20年度予算案、教育環境整備を推進

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 19 Feb 2020 10:03:20 +0900

記事コード:15820257660602

◆一般会計369億6000万円◆
取手市は18日、2020年度当初予算案を発表した。19年度が市長選のため骨格予算だったことから、6月補正後の予算と比較すると、一般会計は2.9%減の369億6千万円。減額は3年ぶりで、小学校改造事業や中学校の空調設備設置事業などを前年度3月補正予算に前倒ししたことが要因。藤井信吾市長は「将来にわたって魅力にあふれ、誇りの持てるまちを目指す」と述べ、市制施行50周年や教育環境整備などを新規の目玉事業に据えた。
歳入は、全体の36.5%を占める市税が4.9%減の約134億7925万円。法人市民税が54.2%の大幅減で、市内大手企業の収益が減ったことや法人税率の引き下げが要因。
歳出は、人件費などの増加により義務的経費が5.4%増になり、前年度3月補正への前倒しや前年度の大規模整備事業の終了に伴い、投資的経費は58.5%の大幅減になった。
市制施行50周年事業は、約2390万円を計上し、記念式典開催、東京芸大学生オーケストラ演奏会開催、ご当地ナンバープレート作成、取手市史追補版の発刊などに取り組む。
教育環境整備は、教育総合支援センター機能拡充事業に約4855万円を盛り込む。市いじめ問題専門委員会が策定した再発防止策の提言を実行するため、18年度に設置された同センターの「いじめ対策推進室」の体制を5人から10人へ増員し専門職を配置、非常勤の弁護士「スクールロイヤー」などを新設する。(高阿田総司)


《市町村議会》河内町の画像

《市町村議会》河内町

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 19 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15820257697108

【河内町】改選に伴う臨時会を21日に開き、正副議長を選出する。一部事務組合議会議員などの選挙4件を実施し、本年度一般会計補正予算の専決処分1件、監査委員の人事案1件を審議する。会期は21日のみ。


新型肺炎 五輪催し、影響じわり 事業中止、キャンプ調整 茨城県内ホストタウンの画像

新型肺炎 五輪催し、影響じわり 事業中止、キャンプ調整 茨城県内ホストタウン

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 19 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15820257660588

新型肺炎の感染拡大を受け、茨城県内の東京五輪関連イベントに影響が出始めた。常陸大宮市では18日から予定していたパラオとのホストタウン事業が中止になった。大会前のキャンプの日程調整に気をもむ自治体も出ている。県は大会でサッカー競技が行われる県立カシマスタジアム(鹿嶋市)の感染症対策取りまとめを急ぐ。
県内では、県と13市町が12カ国・地域と事前キャンプ基本合意書を締結。文化交流などを行うホストタウンには、県と15市町が登録している。
パラオの事前キャンプ地・常陸大宮市では、18日から5日間の日程で予定していたホストタウン交流事業が中止になった。感染が拡大する中、日本への渡航を制限する国が増え、招待するのが難しくなったとして内閣官房大会推進本部事務局が決めた。
事業は、市がパラオとの懸け橋となる人材を招き、市の特産品や伝統工芸をPRするとともに、県立常陸大宮高や同小瀬高の生徒と交流する予定だった。
モンゴル・ウェイトリフティング協会と事前キャンプ協定を結ぶ行方市は動向に注視する。感染拡大を受け、同国が19日から愛知県で予定していたアーチェリーの強化キャンプを中止したためだ。
同市では、事前キャンプが5〜7月に行われる予定だが、受け入れ準備に2カ月程度を要するという。市の担当者は「5月にキャンプを行う場合、3月中には日程調整を終えたい。そうなるとあまり時間はない」と気をもむ。
4万人収容の県立カシマスタジアム。東京五輪でサッカー男女計11試合が行われる。外国人客の増加を踏まえ、県は組織委員会と連携し感染症対策の策定を進めている。
大会関係者を受け入れる「大会指定病院」を決めるほか、外国人患者の円滑な受診体制を整備。感染症をいち早く把握するための体制づくりには、昨年の茨城国体やG20貿易・デジタル経済大臣会合での経験を生かす考えだ。(戸島大樹)


キリンHD 取手工場長に梶尾氏の画像

キリンHD 取手工場長に梶尾氏

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 18 Feb 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15819373468495

キリンホールディングス(HD)は傘下の事業会社の工場長人事を発表した。県内関連ではキリンビール取手工場長にキリンディスティラリーの梶尾伸明社長兼御殿場工場長(53)が就任する。梶尾氏は慶大卒。1989年キリンビール入社。2017年3月からキリンディスティラリー社長兼御殿場工場長。高松市出身。

【写真説明】
キリンビール取手工場長に就任する梶尾伸明氏


取手の運送業者 車両にステッカー 申告納税PRの画像

取手の運送業者 車両にステッカー 申告納税PR

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 18 Feb 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15819373468485

竜ケ崎税務署(大平智子署長)は14日、情報通信技術(ICT)を利用した申告納税などを呼び掛けるPR活動を始めた。
運送業・倉庫業の関東総業(取手市、安達実会長)の協力を得て、同社の運送車両に電子申告を呼び掛けるステッカーを貼り、納税者にアピールする。同社がステッカーによるPR活動に協力するのは昨年に続き3回目。
同社で行われた出発式には、同税務署職員や同社社員ら約50人が参加。大平署長から安達会長に「自宅からネットが便利!!申告・納税」などと書かれたステッカーが手渡され、約50台の車両にステッカーが貼り付けられた。大平署長は「多くの道路を走るドライバーの皆さんのご協力により、行く先々でICTの広報ができ大いに期待している」と感謝の言葉を述べた。安達会長は「無事故を心掛け、ICT申告の利用推進PRに協力していきたい」と応えた。

【写真説明】
関東総業の運送車両に電子申告を呼び掛けるステッカーを貼る竜ケ崎税務署の大平智子署長(右)と同社の安達実会長=取手市毛有


取手市議会 新議長に斎藤氏 副議長は結城氏の画像

取手市議会 新議長に斎藤氏 副議長は結城氏

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 18 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15819373434290

取手市議会は17日、改選後初の臨時会を開き、正副議長選を実施した。新議長に斎藤久代氏(63)=公明、副議長に結城繁氏(62)=無所属=を選出した。
斎藤氏は当選5回で、副議長や議会運営委員長などを歴任。結城氏は当選5回で、福祉厚生常任委員長や決算審査特別委員長などを務めた。


取手市教委、小中生の作品紛失 県統計グラフコンクール 入賞11点、誤廃棄かの画像

取手市教委、小中生の作品紛失 県統計グラフコンクール 入賞11点、誤廃棄か

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 18 Feb 2020 10:08:24 +0900

記事コード:15819373434288

取手市教委は17日、県統計グラフコンクールに出展した市内小中学生の入賞作品11点を紛失したと発表した。県から郵送でまとめて小学校1校に返却された後、同校内でなくなった。廃棄処分された可能性がある。作品は1月30日から2月16日まで市内で開かれた「市立小中学校児童生徒作品展」に展示予定だった。同展では、おわびとともに作品名、学校名、制作者名(学年含む)などを掲示した。
市教委によると、紛失したのはいずれもB2判。昨年9月に県の審査を受け、県統計協会総裁賞を受賞した1点(県内巡回展示中)を除く11点が同10月15日、県から市立永山小に宅配便で返された。今年1月7日、同校が紛失に気付き、校内を捜索したが見つからなかった。職員室の古紙を集める場所の近くに置かれたため、誤って廃棄した可能性が高いという。市教委は出品した児童生徒と保護者に謝罪した。伊藤哲市教育長は「受け取りや管理が不十分だった。あらためて関係者に注意喚起する」と話した。1月上旬に紛失に気付きながら、発表が遅れたことについて、同市教委は「児童生徒、保護者への謝罪などを優先していた」とした。(高阿田総司)


給食に公費 茨城県内34市町村 保護者負担、軽減広がるの画像

給食に公費 茨城県内34市町村 保護者負担、軽減広がる

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 17 Feb 2020 10:04:31 +0900

記事コード:15818619240057

学校給食費を公費で補助・負担する茨城県内市町村が34市町村に上ることが、茨城新聞の調査で分かった。子育て支援や少子化対策などの一環で、保護者負担の軽減を図る狙い。完全無償化は2町、多子世帯や一人親家庭などに対する一部補助は16市町に上る。食材の購入費などを公費で負担する措置は16市町村だった。本県の給食費は全国平均を下回っており、公費による補助や負担の広がりが要因とみられる。一方、完全無償化については、人口の多い自治体では予算規模が億単位になり、「実施は難しい」との声が上がる。
■完全無償化2町
給食費(食材費)は、学校給食法で保護者の負担とされる。市町村の判断で無償化を実施できるため、公約に掲げる首長もいる。
茨城新聞の調査によると、県内では、大子町と城里町が完全無償化を実施。第2子半額や、第3子以降の無償化など、多子世帯向けの補助は石岡市や結城市など計11市町。一人親や低所得者層向けの補助は5市町が実施していた。
大子町は県内市町村に先駆け2017年度から完全無償化を実施。予算に約4600万円を計上し、幼稚園、小中学校の児童・生徒計約千人分を町が負担する。同町は、人口に占める14歳以下の子どもの割合が7.9%で県内市町村で2番目に低い。人口減少に歯止めをかけようと、高校生までの医療費無料化などの子育て支援策を打ち出しており、給食費の無償化もその一環。
石岡市は、17年度から第3子以降の無償化を実施。19年度は事業費として約1800万円が予算に盛り込まれた。同市の学校給食課の担当者は「経済的負担を減らし、子育てしやすい環境づくりにつなげたい」と狙いを話す。
■全国平均下回る
一方で、本県の給食費の月額平均は全国平均を大幅に下回る。文部科学省の実施する調査によると、18年は給食実施回数191回に対し月額平均4343円。本県は平均194回に対し3769円で、全国平均を600円近く下回る。
県保健体育課は理由について「2町の無償化と、公費の投入による負担軽減が大きいのではないか」と指摘する。
公費を投入して材料費などを負担し、保護者の月額負担を抑える措置を取る自治体は16市町村に上る。
守谷市は小中学校合わせて食材の購入費用など約5360万円を負担する。同市は人口に占める子どもの割合が15.4%で県内で2番目に多い。同市学校給食センターによると、「食材費や人件費が値上がりしており、あまり保護者負担の金額が上がらないように抑えている」と話す。
また、水戸市は地元の食材を使ったメニューに対して予算に3310万円を計上して補助。同市学校保健給食課は「食育の観点から実施している」と話す。
公費負担を行う市町村が広がる一方、給食費の完全無償化については難しい現状だ。守谷市給食センターによると給食費無償化には「億単位の予算が必要になるとみられ、学校関係の予算とのやりくりが難しい」と話す。また水戸市学校保健給食課も「小・中合わせて給食費で10億はかかっているので無償化は難しい」と述べた。


鉄道、住民が反対? JR佐貫駅の伝承、真偽は… 史資料の記録割れるの画像

鉄道、住民が反対? JR佐貫駅の伝承、真偽は… 史資料の記録割れる

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 17 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15818488742080

住民が反対運動で鉄道をまちの外に追いやった-。龍ケ崎市の西端に位置するJR常磐線佐貫駅にまつわる伝承だ。さまざまな媒体で語られ、なおも一部で根強く信じられている。駅開業120年を前に、成立過程と真偽を考証した。
■一定の真実味
「龍ケ崎は鉄道に反対したと聞いている。今になって勝手だ」
市が取り組むJR佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称(3月14日予定)を巡り2015年、市役所に届いた意見の要旨だ。佐貫駅は旧龍ケ崎町ではなく、旧馴柴村佐貫で1900年に開業。接続する関東鉄道竜ケ崎線が市中心地までつなぐ。
伝承は、(1)日本鉄道土浦線(後に国有化、現JR常磐線の一部)は龍ケ崎を通る予定だったが(2)住民が反対しルートを変更させ(3)地元有志が代わりに龍崎鉄道(現竜ケ崎線)を敷く-筋書きだ。汽車の煙害や地場経済への悪影響を心配したとの理由が付く。
佐貫駅の開業には、日本、龍崎両鉄道間で何らかの交渉が行われたとする有力な見方がある。近隣駅より設置が遅れた点も伝承に真実味を与えている。
■土浦が発端か
ただ、伝承の成立は時代を大きく下らない。
開業の前後に刊行された地誌「茨城県町村沿革誌」(1897年)、「茨城県案内」(1901年)、「稲敷郡志」(16年)、「稲敷郡郷土史」(26年)には反対運動に関する記述がまったくない。
空白を経て、国鉄時代の土浦駅による「土浦駅史」(67年)の「龍ケ崎町民は、岡蒸気(汽車)の通過を嫌い反対運動を以(もっ)て、牛久沼の沼沢地帯に押しやり…」という記述が、初期の言及とみられる。
「取手町郷土史資料集」第2集(70年)、「関東鉄道創立50周年記念」(73年)、「土浦市史」(75年)も龍ケ崎ルートや反対運動の存在に触れる。
「いはらき」(茨城新聞の旧題号)の連載を書籍にした「各駅停車 全国歴史散歩」9茨城県(83年)は「佐貫駅を現在の関東鉄道・竜ケ崎駅あたりにつくる予定だった…(住民らは)“鉄道公害”をタテに大反対」と特筆。代表的な地名辞典「角川日本地名大辞典」8茨城県(同)も関東鉄道竜ケ崎線の項で反対運動を紹介する。
この頃までに伝承が完成したとみてよさそうだ。
■実証的な研究
昭和後期に入ると、鉄道関連の膨大な史資料が復刻・公刊され、実証的な研究も現れる。これらに基づくと、龍ケ崎ルートは存在しなかったというのが真相らしい。反対運動の実態も怪しくなる。
日本鉄道が、国有化する06年以降の精算過程で作ったとみられる「日本鉄道株式会社沿革史」によると、1893年7月の株主総会で、水戸線と連絡する常磐線の原型の建設が議決。同書に収める94年3月の調査報告は、川口分岐で鳩ケ谷-草加(以上、埼玉県)-流山-柏-呼塚-我孫子(以上、千葉県)-取手-藤代-牛久-荒川沖-土浦と結ぶ案を示す。
同書や「日本国有鉄道百年史」第4巻(1972年)などによると、この案は後に修正される。距離短縮を求める国の意見と、建設費を抑えたい会社側の思惑が微妙に重なったようだ。上野を出て田端で分岐し、千住から千葉県方面に抜ける方向で組み立てられる。05年に日暮里-三河島間が開通し、分岐も変えたことで現行の形になる。
現在の柏市から、つくばみらい、つくば両市を通る構想もあったが、どちらも龍ケ崎とは無関係だ。
「龍ケ崎市史」(2000年)は事実関係や研究を加味し、反対運動の記録もないと断言。「忌避伝説は、ある意味で『すっぱい葡萄(ぶどう)』」だったと締めている。(鈴木剛史)
■日本鉄道土浦線を巡り、過去に論文で路線策定の過程を取り上げた前取手市埋蔵文化財センター長・飯島章さんの話 反対、起こり得ず
同様の伝承は全国に残り、内容も似通っている。龍ケ崎の場合は「土浦駅史」が出る1967年以前に、原型があったのだろう。中身が段々と詳しくなるのは、広く強く伝承が受け入れられていったからだと思う。だが、史資料を素直に読めば、龍ケ崎を通る計画は当初から存在せず、反対運動は起こり得るはずがなかったという結論が導ける。ルートは地形や技術、国との関係を踏まえ大局的、合理的に決められたとみる。過去の「いはらき」には旧馴柴村での土地収用の様子を伝える記事が載る。鉄道がここを通る前提があってこそのものではないか。


取手市と米・ユーバ市 姉妹都市30周年歓迎会 着物姿で交流深めるの画像

取手市と米・ユーバ市 姉妹都市30周年歓迎会 着物姿で交流深める

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 16 Feb 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15817619826984

取手市は12日、同市桑原のキリンビール取手工場ゲストホールで、姉妹都市締結30周年を迎えた米国・ユーバ市の市民訪問団を歓迎する交流会を開いた。
両市の交流は、旧藤代町当時の1990年から「国際性豊かな学生の育成」などを目的に始まり、毎年訪問団の派遣交流を進めている。今回はユーバ市民訪問団20人(学生10人、大人10人)が訪れ、10日の来日後、市内の学校体験や市内外の視察をしている。
歓迎交流会には、市民ら約200人が参加。ユーバ市民訪問団は着物を着て出席し、市内でホームステイの受け入れ先となるホストファミリーと記念撮影するなどし、親交を深めた。
訪問団の団長として来日したユーバ市長のショーン・ハリスさん(52)は、藤井信吾市長らから歓迎を受け「団長として訪問し、30周年を祝えることをうれしく思う。これからも取手市との交流が続くことを祈っている」と感謝の言葉を述べた。
13年前からユーバ市民のホームステイ(約1週間)を受け入れている会社員、大森淳さん(46)は「30周年をいい機会として、もっと国際交流が広がっていけば」と願った。
一行は、市内のホストファミリー宅に宿泊しながら市内外の視察などをし、17日に帰国の途に就く。(高阿田総司)

【写真説明】
歓迎交流会で着物を着て出席したユーバ市の学生と親交を深める取手市の子どもたち=同市桑原


茨城県内初、女子小中学生のラグビークラブ発足への画像

茨城県内初、女子小中学生のラグビークラブ発足へ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 15 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15816838841834

◆守谷拠点に練習始まる◆
小中学生の女子を対象としたラグビーのクラブチームが4月、県内に初めて誕生する。発足に向け、1月から守谷市立沢の前川製作所ラグビー場で練習会を開始。県内全域から選手を募っている。県内でまとまってプレーできる環境づくりを進め、女子だけで試合ができるチームを目指している。
ラグビーは昨年、ワールドカップ(W杯)が国内で初めて開かれて以降、人気に火が付いた。県内でも少年団に入団を希望する女子児童らが増えているという。このため女子選手の活動の場をつくりたいと、県南地域の中学生クラブチーム「南茨城ラグビースクール」が中心となり、周辺の小学生クラブなどと連携しながら、参加を広く呼び掛けている。
県ラグビーフットボール協会によると、小中学生のラグビー競技は男女混合でのプレーが可能。しかし女子は年齢が上がるにつれ、男子との体格差から試合への出場がかなわず、競技を離れてしまうケースが多いという。県内では、女子チームだけの大会に参加するだけの人数が集まらず、近隣3県と合同チームを編成して出場するしかなかった。女子の裾野が広がる兆しがある中、クラブを女子選手が継続してプレーできる受け皿にしていきたい考えだ。
1月11日にあった練習会には、県内全域から女子児童や女子生徒らが参加。未就学児を含め約30人が集まり、楽しみながら技術を磨いた。ひたちなか市立佐野中1年、宮田そらさん(13)は「女の子同士だと体格差も気にせず、遠慮なくプレーできるようになり、うれしい」と話した。
練習会は2月以降も月1、2回程度、同ラグビー場で開かれる予定だ。
南茨城ラグビースクールのコーチ、小菅正博さん(47)=守谷市=は「ラグビーは自己犠牲のスポーツ。競技を通じて仲間を思いやる気持ちを育んでいきたい」と意気込む。同監督の浜田正之さん(48)=千葉県我孫子市=は「楽しむ人が増えることで認知度を上げ、競技人口を広げたい」と力を込めた。
問い合わせは小菅さん(電)090(1032)4395
(森岡里紗)

【写真説明】
練習会で楽しむ未就学児から小中学生の女子選手ら=1月11日午後、守谷市立沢


JR佐貫駅改称 「市の支出は不当」 市民団体が監査請求 龍ケ崎の画像

JR佐貫駅改称 「市の支出は不当」 市民団体が監査請求 龍ケ崎

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 14 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15816002056364

3月14日に予定するJR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称を巡り、同市がJR側に3億8900万円を支払うのは不当で不法な支出だとして、元市議で自営業の藤木妙子さん(66)が13日、支出差し止めを求める住民監査請求書を市監査委員事務局に提出した。
請求書によると、市が市民の賛否を問うことなく手続きを進めた上、金額の適切性が曖昧で明細も非公表となっており、検証がなされていないなどと主張している。市監査委員は今後、要件を備えているかを審査し、受理の可否を含め判断する。
藤木さんは市民グループ「市民合意の駅名改称を願う会」の代表。同日、市内で会見し、JR東日本に改称の凍結を求める要望書を署名とともに10日付で郵送したと明らかにした。署名数は約1330人に達したという。藤木さんは「他の改称事例と比べても高額」と強調。「次期市長選でも、改称の妥当性を検証してくれるような候補者を探して立てたい」と話した。


インフル警報、土浦など3地域解除の画像

インフル警報、土浦など3地域解除

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 14 Feb 2020 10:26:37 +0900

記事コード:15816002037338

県は13日、土浦、竜ケ崎、古河の3保健所管内で発令していたインフルエンザ地域警報を解除した。9日までの1週間でインフルエンザ流行指数(定点医療機関1カ所当たりの平均患者数)が終息基準値の10人を下回った。これにより県内で警報発令地域はなくなったが、インフルエンザ注意報は引き続き県内全域に発令中で、県健康危機管理対策室は手洗いやマスクの着用などの予防策を呼び掛けている。


篠崎工務店破産 負債5億9000万円の画像

篠崎工務店破産 負債5億9000万円

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 13 Feb 2020 10:20:28 +0900

記事コード:15815099966261

民間信用調査会社の帝国データバンク土浦支店は12日、総合土木建築の篠崎工務店(龍ケ崎市光順田)が東京地裁から破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債は約5億9千万円。
同社は1916(大正5)年創業。同市をはじめ近隣自治体や県など官公庁の元請け工事を主力に土木や建築工事を行い、97年5月期は売上高約16億4800万円を誇った。公共工事の縮小などから競争が激しくなり、収益改善を図ったが事業継続を断念した。


東京食品機械が落札 TX沿線開発地の画像

東京食品機械が落札 TX沿線開発地

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 13 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15815099945020

つくばエクスプレス(TX)沿線開発で県は12日、みどりの駅(つくば市)周辺の萱丸地区の準工業地域約1万4436平方メートルについて一般競争入札の結果、食品・医療関連の加工・包装機械輸入販売を手掛ける東京食品機械(東京)が落札したと発表した。落札価格は5億9621万円。食品加工機械のカスタマイズなどを行う工場を建設する計画。


取手市有地売却訴訟、市民が控訴断念の画像

取手市有地売却訴訟、市民が控訴断念

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 12 Feb 2020 22:53:30 +0900

記事コード:15815099945016

取手駅前にある取手市の市有地を不当に売却し市に損害を負わせたなどとして、市民が藤井信吾市長に対し当時の市幹部4人に損害賠償を請求するよう求めた訴訟で、市民側は12日、訴えを退けた水戸地裁判決を受け入れ、控訴しないことを明らかにした。理由について小泉真理子・原告団長は「(判決は)残念だったが、新たな証拠がない」などと話した。控訴期限は14日。


取手市 利根川「小堀の渡し」無料運航 22日〜3月8日までの画像

取手市 利根川「小堀の渡し」無料運航 22日〜3月8日まで

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 12 Feb 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15814235400338

◆1日の新船就航記念◆
取手市は、利根川下流域唯一の渡し船「小堀(おおほり)の渡し」の無料運航を、新船が就航する3月1日前後に実施する。2月22日から3月8日までの16日間限定で、新船に親しんでもらうことなどが狙い。市水とみどりの課では「新船に乗ってもらい、何度も利用してくれる人が増えれば」と期待している。
無料運航は2月29日まで現在の船で、新船就航式の開かれる3月1日は新船と現在の船(ともに午後から)、同2日からは新船で実施される。船の入れ替えは約30年ぶり。船頭4年目の栗林正弘さん(50)は「新船は後部からも景色を楽しめる造りになっている。今以上にゆったりと水の上の時間を楽しめるようになる」と話す。
小堀の渡しは、1914年に同地区の住民が始めた渡し船。67年に取手町(当時)が運航するようになった。2001年から有料化(同地区住民や未就学児などは無料)され、現在は片道200円、往復約50分の観光船として県内外から訪れる人を迎え入れている。
現在の船は、1989年に運航を開始した。市は老朽化したことなどから、新船の造船を進めていた。無料運航は現在の船へのお別れの意味合いも持つ。
残りわずかの運航となった現在の船に乗った取手市の飛び地、利根川対岸の小堀に住む主婦(64)は「息子3人が小中学校の通学で利用していた。この船には思い入れがある。利根川の上を優雅に、安全に運んでもらった」と語った。(高阿田総司)

【写真説明】
約30年の運航を終える小堀の渡しの現在の船=利根川


竜ケ崎税務署 スマホで確定申告を 力士18人と呼び掛けの画像

竜ケ崎税務署 スマホで確定申告を 力士18人と呼び掛け

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 11 Feb 2020 16:00:00 +0900

記事コード:15813379909919

竜ケ崎税務署(大平智子署長)は7日、龍ケ崎市佐貫町のJR佐貫駅東口で、スマホを通じて確定申告を行う国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用を呼び掛けた。式秀部屋の協力を得て力士18人も参加し、駅利用者に「おはようございます」と大きな声を掛けながらポケットティッシュを手渡した。
啓発活動には、竜ケ崎法人会、竜ケ崎税務署管内納税貯蓄組合連合会、竜ケ崎間税会、稲北小売酒販組合、県酒造組合稲北支部、竜ケ崎税務署管内青色申告会連合会、税理士会竜ケ崎支部、竜ケ崎税務署など各団体も参加した。
大平署長は「力士の方々が威勢のいい声で呼び掛けていただき、大変いいスマホ申告のPRができた」と喜んだ。

【写真説明】
ポケットティッシュを配りスマホ申告を呼び掛ける式秀部屋の力士たち=龍ケ崎市佐貫町


龍ケ崎市20年度予算案 学童保育委託に1.8億円 の画像

龍ケ崎市20年度予算案 学童保育委託に1.8億円 

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 11 Feb 2020 11:08:33 +0900

記事コード:15813379909910

◆一般会計256億1000万円◆
龍ケ崎市は10日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比2・2%増の256億1千万円で過去最大の規模になった。施設の改修と更新に伴い、龍ケ崎地方塵芥処理組合、同衛生組合への負担金が増したのが大きな要因。学童保育の民間業務委託に1億8300万円を計上し、効率的で安定した運営を目指す。
学童保育は4月から、民間の委託事業となる。利用が増える一方、人材の確保や労務管理に課題が生じていた。牛久沼のほとりに計画する道の駅についても、予定地の埋設物調査費として166万円を予算化した。
建設に必要な護岸工事が軟弱地盤のため未着手のままだが、過去の複合レジャー施設に起因する埋設物が残っていることも判明。2度目の開業延期が決まっている。具体的な開業日程は未定という。
ほかの主な新規事業は、JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称(3月14日)を記念したプレミアム付き商品券発行に2500万円▽旧北文間小跡地を活用したスポーツ拠点整備に2630万円▽初となるハーフマラソン開催に1668万円▽今夏の東京五輪で市ゆかりの出場選手を応援するパブリックビューイング開催に300万円-をそれぞれ充てる。
歳入では、市税が同比0・2%増の100億9903万。特別会計を合わせた名目上の総額は同比3・6%減の402億9250万円。八つあった特別会計のうち、公共下水道事業と農業集落排水事業が公営企業会計に移行する。
(鈴木剛史)


JA茨城みなみ伊奈支店が完成 つくばみらいの画像

JA茨城みなみ伊奈支店が完成 つくばみらい

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 11 Feb 2020 11:15:48 +0900

記事コード:15813385159050

JA茨城みなみ(斉藤繁代表理事組合長)がつくばみらい市谷井田に建設を進めていた伊奈支店が完成した。鉄骨造り2階建てで、延べ床面積は896平方メートル。1階に金融・共済部門の窓口と相談コーナーを設けた。同JAは支店の再編を進めており、伊奈支店も5月に板橋支店と統合する予定という。式典が10日、同所で関係者約60人が出席して開かれ、斉藤組合長や小田川浩つくばみらい市長らがテープカットを行った。斉藤組合長は「今後この新しい支店を中心に地域の振興、発展につなげていきたい」と話した。

【写真説明】
伊奈支店の完成を祝い、テープカットを行う関係者ら=つくばみらい市谷井田


つくばみらい市 新市議決まるの画像

つくばみらい市 新市議決まる

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 11 Feb 2020 11:18:15 +0900

記事コード:15813385159046

任期満了に伴うつくばみらい市議選(定数18)は9日、市内17カ所で投票が行われ、即日開票の結果、新議員が決まった。当日有権者数は4万1742人。投票率は過去最低の50・71%(前回52・1%)だった。
当選者の内訳は現職11人、新人7人。党派別では公明、共産各2人、無所属14人だった。市議選は定数を6人上回る24人が選挙戦を繰り広げた。
■つくばみらい市議選開票結果 (18-24、選管最終) 
当 1,534 伊藤正実 52 無現(2)
当 1,358 岡本昌弘 57 公新(1)
当 1,251 染谷礼子 67 公現(4)
当 1,098 中村豊 64 無新(1)
当 1,084 間宮美知子 73 共新(1)
当 994 直井誠巳 72 無現(4)
当 971 古川よし枝 68 共現(4)
当 935 鐘ケ江礼生奈 45 無現(3)
当 910 横田透 46 無新(1)
当 879 中島清和 71 無現(4)
当 845 小林芳子 49 無新(1)
当 836 中山栄一 69 無現(4)
当 830 中山治 68 無新(1)
当 819 直井高宏 63 無現(3)
当 796 豊島葵 73 無現(4)
当 752 守谷智明 52 無新(1)
当 747 高木寛房 61 無現(4)
当 722 今川英明 71 無現(4)
- 709 飯村裕一 43 無現
- 708 佐々木大輔 40 無現
- 668 和田順夫 73 無新
- 611 吉田充宏 40 無新
- 485 廣瀬敏之 46 無元
- 402 関秀行 54 無新
かっこ数字は当選回数


《スポーツ担当記者 熱戦余聞》サポーターの愛を実感の画像

《スポーツ担当記者 熱戦余聞》サポーターの愛を実感

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 11 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15813446032142

Jリーグ開幕が迫ってきた。J1鹿島、J2水戸とも体制は一新した。いばらきサッカーフェスティバルには9千人を超える観客がケーズデンキスタジアム水戸に詰め掛け、試合を見守った。結果は鹿島が1-0で勝利した▼試合後に守谷市から訪れた水戸サポーターに話を聞いた。「選手が入れ替わっても水戸は水戸。チームとして応援する」という言葉が印象的だった。試合観戦をきっかけに、水戸にはまったのだという。後ろにボールを下げずに、前へと進むプレーを期待していた▼昨季の水戸は平均入場者数が過去最高の6087人を記録した。「また選手を覚えるところからだよ。恒例だね」とぼやいていたサポーターも、結局はスタジアムに引き寄せられるだろう▼クラブ愛を胸に一喜一憂する。サポーターの情熱がつくる雰囲気は、サッカーをより魅力的にするはずだ。 (志賀敦文)


中心街に健康施設 龍ケ崎 介護予防へ運動指導の画像

中心街に健康施設 龍ケ崎 介護予防へ運動指導

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 10 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15812329954817

龍ケ崎市の中心市街地に7日、市の高齢者向け健康施設「まいん『健幸』サポートセンター」(通称・まいん)が開館した。専門のインストラクターらが、介護・認知症予防、体力維持に効果的な運動を指導する。
まいんは、2018年に閉じられた漫画図書館がもとになっている。前身施設が担っていた地域活性化の役割を引き継ぎ、高齢者らの健康づくりを後押しするのが狙い。全国にスポーツクラブを展開する「ルネサンス」(本社・東京)が一部、委託を受けてインストラクターを派遣する。ボランティアや保健師による介護予防運動講座や健康相談も企画する。
この日は開館の式典があり、出席者が脳を活性化させるプログラムを体験した。中山一生市長は「まいんは商店街のへそに当たる場所にある。愛着を持ってもらい、交流の拠点にもなれば」と期待を込めた。
利用は市民限定で、市役所1階の健幸長寿課かまいんで登録が必要だ。6日までに約200人が登録、一部の講座は満員に達したという。火曜が休館で各日午前9時〜午後5時。市コミュニティバスの「上町辻」が最寄り停留所。並行して体験会も開く。問い合わせは同課(電)0297(64)1111
(鈴木剛史)

【写真説明】
頭脳活性化のプログラムを体験する関係者ら=龍ケ崎市のまいん「健幸」サポートセンター


日常の話題、日本語で 外国人スピーチ大会 水戸の画像

日常の話題、日本語で 外国人スピーチ大会 水戸

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 09 Feb 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15811609011421

県内在住の外国人による日本語スピーチコンテスト(県国際交流協会主催、茨城新聞社など後援)が8日、水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)で開催された。インドネシアやベトナムなど11カ国15人が出場し、熱弁を振るい、国際理解を深めた。ウズベキスタン出身の大学生、ボゾルボエフ・サルドルフジャさん(23)=つくば市在住=が見事、金賞となる知事賞と、高校生が選ぶ若人賞に輝いた。
ファイナリストに残った15人は、16カ国51人の応募者の中から選考を通過。「日本食」や「日本語」など、日常に密着した題材で、異文化の違いを約5分間日本語でスピーチし、競い合った。
知事賞を受賞したボゾルボエフさんは、筑波大学に1年間留学中で、日本語教育などを学んでいる。「ヤポンと呼ばれて」と題し、ユーモアを交えながら、流ちょうな日本語で発表。「母国の大学で日本語を教えてくれた先生方のおかげ」と笑顔を見せた。 (鈴木聡美)
このほか、主な受賞者は次の通り。(敬称略)

▽県議会議長賞 許辰光(中国出身、つくば市在住)▽県教育長賞 ケイトリン・ローリソン(スコットランド出身、大洗町在住)▽ひばり賞 ハードハヌイ・バータルスフ・ボロルエルデネ(モンゴル出身、守谷市在住)

【写真説明】
知事賞と若人賞をW受賞し、笑顔を見せるボゾルボエフ・サルドルフジャさん=水戸市千波町


全員担任制、3年生除外 取手市教委 全学年実施、21年度からの画像

全員担任制、3年生除外 取手市教委 全学年実施、21年度から

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 09 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15811609011419

2015年に取手市立中学3年の女子生徒がいじめを受け自殺した問題を受けた教育改革を巡り、同市教委は8日、4月から中学校6校に導入する「全員担任制」などの説明会を同市寺田の市福祉交流センターで開いた。来年度の全員担任制は、受験を考慮して3年生を対象から外し、21年度から全学年で実施する。来年度から、小中学校で2学期制を採用することも明らかにした。
全員担任制は学級運営を教員1人に任せず、複数教員が交代で学級を見る仕組み。市教委はこのほか、来年度導入する小学校の「チーム指導」、教員間の「教育相談部会」も説明した。
伊藤哲教育長は「(女子生徒自殺の)反省を踏まえ、新たな取り組みを進めたい。児童生徒のことを考え、保護者と一緒に取り組んでいきたい。理解と協力をお願いしたい」と訴えた。
説明会には市内小中学校のPTA役員ら約20人が出席した。質問が相次いだものの、反対意見は出なかった。全員担任制については「人気の教員に生徒の相談が集中し、負担がかかる」「学校側の責任が明確にならないのでは」などの指摘が上がった。
2学期制は、始・終業式や成績評価の回数を減らすことで、教員が児童生徒と向き合う時間を増やす。教育相談部会は、生徒の悩みや困り事に対応する教員の会議で、小中学校単位に設置する。小学校のチーム指導は担任以外の教員も一部の授業や給食の時間を担当する。
新制度の保護者説明会は、今月中旬から各学校で行う。(高阿田総司)

【写真説明】
中学校の全員担任制などをPTA関係者に説明する取手市の伊藤哲教育長(右奥)=取手市寺田の市福祉交流センター


つくばみらい市議選 混戦、9日投票の画像

つくばみらい市議選 混戦、9日投票

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 08 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15810836376446

任期満了に伴うつくばみらい市議選(定数18)は9日午前7時から午後7時まで市内17カ所で投票が行われ、同8時から同市福田の伊奈公民館で即日開票される。大勢判明は同10時半ごろの見通し。定数を6人上回る24人が立候補し、混戦となっている。
内訳は現職13人、元職1人、新人10人。党派別では公明、共産各2人、無所属20人。有権者数は4万2231人(1日現在)。
【つくばみらい市議選立候補者】
(18-24、届け出順)
関 秀行 54 会社顧問 無新
直井高宏 63 自営業 無現
飯村裕一 43 行政書士 無現
守谷智明 52 自営業 無新
今川英明 71 農業 無現
鐘ケ江礼生奈 45 元会社員 無現
小林芳子 49 児童館職員 無新
古川よし枝 68 党地区委員 共現
豊島葵 73 元会社役員 無現
吉田充宏 40 プロレスラー 無新
高木寛房 61 農業 無現
伊藤正実 52 社会福祉士 無現
染谷礼子 67 党支部長 公現
廣瀬敏之 46 会社顧問 無元
岡本昌弘 57 党副支部長 公新
和田順夫 73 元会社役員 無新
中山栄一 69 元書籍販売業 無現
中村豊 64 元教員 無新
横田透 46 自営業 無新
中山治 68 保育園理事 無新
中島清和 71 農業 無現
直井誠巳 72 農業 無現
間宮美知子 73 党市婦人部長 共新
佐々木大輔 40 会社員 無現


全員担任制の画像

全員担任制

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 07 Feb 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15809991926969

◆複数の目で見守り 取手 教員連携、異変に対応◆
生徒がいじめを苦に自殺した悲劇を教訓に、取手市教委は1月、学級運営を教員1人に任せず、複数の教員が協力し合い交代で学級を見る「全員担任制」を、4月から市内の中学校6校で導入する方針を明らかにした。複数の目で生徒を見守り、異変があれば全員で対応、改善に当たるのが狙いだ。先進校で効果を上げているが、2カ月後に迫る新年度を前に、保護者の理解や準備不足を懸念する声もある。
■自殺を教訓
1月14日、全員担任制に取り組んでいる麹町中学校(東京都千代田区)の工藤勇一校長を招き、講演会が開かれた。先進校の話に市内の学校関係者ら約70人が真剣に耳を傾けた。
2015年11月に取手市立中学3年の女子生徒=当時(15)=がいじめを受け自殺した問題を巡り、再発防止策を協議する第三者委員会(委員長・藤川大祐千葉大教授)は1月18日、全員担任制を柱とする提言を市教委に提出した。
市教委が計画する全員担任制は、各学年の複数の教員が学級担任を交代でリレーしていく。合わせて教員間の会議「教育相談部会」を設置。生徒の悩みや困りごとなど異変やSOSに気付いたら、教育相談部会で情報を共有し、全員で相談して対応する。
市教委は全員担任制のメリットについて「1人の教員では気付けない生徒の異変や困りごとに気付くことができる」と指摘。「担任が固定されないため、生徒は自分が話しやすい教員に悩みを打ち明けることができる」と話す。
■駆け足導入
第三者委が昨年10月、全員担任制と教育相談部会を目玉とする再発防止策の素案をまとめたのを機に、市教委は20年度導入に向け本格的な検討に入った。
先進事例を学ぶため、麹町中のほか、教育相談部会と同様の仕組みを採用している千葉、埼玉両県の教育委員会などを視察。定期的に検討会議を開催し、意見を持ち寄った。
検討開始から半年という駆け足での導入について、伊藤哲市教育長は「良い取り組みを遅らせることの方が(児童生徒には)マイナス」と強い意欲を示した。中学校だけでなく、小学校14校にも全員担任制の趣旨を生かした仕組みを採り入れる予定という。
新たな試みに、市内の中学校に勤務する男性教諭は「慣れるまでは大変かもしれないが、学年の生徒全体を把握できる機会と捉えたい」と前向きに話した。
■「急過ぎる」
中学1年の息子を持つ市内の男性(41)は「急過ぎる。良い案だからこそ、十分な準備期間や移行期間が必要ではないか。新しい仕組みがうまく機能しなかったとき、きちんとフォローできるのか」と率直に心配の声を上げた。
市教委は8日、市内小中学校のPTA会長の会合で新制度を説明する。保護者への周知は今月中旬から3月上旬にかけ、各学校で図るという。今後の課題について「保護者の理解を得ること。各校が抱える課題や心配事にしっかり対応すること」の二つを挙げ、「4月のスタート後、新たな課題が出た場合はそこで対応策を考えていく」と話す。新制度の進め方は各校の状況に応じて臨機応変に変える予定という。
筑波大の浜田博文教授(学校経営学)は「重要なのは教員間の情報共有。情報を共有するための教員同士の雰囲気や時間、場所をしっかりつくれるかどうかだ」と指摘し、「保護者も子どもの異変を見ている。保護者から異変について情報が入ったとき、それを真摯(しんし)に受け止め、教員間で共有し対応することを忘れてはいけない」と助言する。(高阿田総司)

【写真説明】
「全員担任制」を導入する先進校の講演を聞く取手市の教育関係者ら=1月14日、同市新町


急傾斜地、崩れ箇所なし 逗子の生徒死亡受け取手市が緊急点検の画像

急傾斜地、崩れ箇所なし 逗子の生徒死亡受け取手市が緊急点検

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 07 Feb 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15809957826115

神奈川県逗子市で道路脇の斜面が崩れ、歩いていた県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれ死亡した事故を受け、取手市は6日、市内にある急傾斜地を緊急点検した。
点検したのは、県から土砂災害警戒区域に指定されている32カ所。職員16人が同日午前、目視で崩れている箇所がないか確認して回った。急傾斜地の下が小中学校の通学路になっている所もあるが、崩れている所はなかった。
市安全安心対策課は「安全を確認できて良かった」とした。同課は昨年10月25日の集中豪雨の後も同様に緊急点検を行っていた。(高阿田総司)


スマホで確定申告 「これならできる」明生関、つくばみらいの画像

スマホで確定申告 「これならできる」明生関、つくばみらい

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 07 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15809882985717

つくばみらい市の大相撲「立浪部屋」(同市陽光台)に所属する幕内力士、明生(めいせい)関(24)も5日、スマートフォンを利用した確定申告を模擬体験し、e-TaxをPRした。
明生関は土浦税務署の市野沢徹也署長から「ICT(情報通信技術)申告推進大使」の委嘱を受けた後、スマホでの確定申告書作成に挑戦。同税務署の職員から教わりながら給与収入など架空の金額を打ち込んだ。
画面の案内に従って入力すれば税額が自動計算される仕組みで、明生関は「とても簡単。これなら自分にもできる」と笑顔で話していた。
スマホでの確定申告は昨年から始まり、今年からは2カ所以上の給与所得がある人や年金収入、副業などの雑所得がある人も利用できるように対象の幅が広がった。
同税務署では「確定申告が始まると、各税務署の窓口は大変混み合う。自宅からの電子申告を活用してほしい」と話している。

【写真説明】
スマートフォンを使った確定申告を模擬体験する明生関(左)=つくばみらい市陽光台


利根町、移動販売車スタート 買い物弱者、週2回支援の画像

利根町、移動販売車スタート 買い物弱者、週2回支援

関連地域 :利根町

最終更新日:Fri, 07 Feb 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15809877689454

◆「福の助商店」 野菜、雑貨載せ28カ所訪問◆
利根町は、食料品などを載せ町内各地を回る移動販売車の運行を始めた。高齢者など買い物弱者の支援が狙い。「福の助商店」と銘打ち、軽トラックを改造した車両で町内28カ所を訪れる。
同町は65歳以上の高齢化率が43.27%(1月1日現在)と高く、食料品などを扱う大きなスーパーが2件しかない。このため、日常の買い物に困っている高齢者らを支援するため移動販売事業を計画。事業費として昨年12月議会で補正予算案を提案し、可決された。国の地方創生交付金を活用し、買い物など生活支援に関する市町村の事業を後押しする県の生活環境づくり支援事業による補助も受ける。
販売するのは野菜、パン、日用雑貨など。3月下旬までは毎週火、木の週2回ペースで活動する。車両1台で午前9時から1日7カ所を訪れ、1カ所で約30分販売する。販売は町内の地理に精通し、かすみがうら市でも移動販売を展開しているJA水郷つくばに委託した。
販売場所では、販売車の到着を知らせるため、町観光協会のイメージキャラクター「とねりん」を歌った「とねりん音頭」を流す。1月28日からスタートし、買い物に訪れた主婦らの交流の場にもなっている。
一番売れているのは野菜。食料品のほかトイレットペーパーや町指定のごみ袋などもそろえる。「福の助商店」の名称は、「福祉」の「お助け」から付けた。
加納新田の販売場所でパンや野菜を買った70代の主婦は「普段、買い物は夫の車に乗って龍ケ崎市まで行っている。定期的に家の近くまで来てもらえるのは最高にありがたい」と満足げに話し、商品について「お総菜があるといいのだが」と希望した。
今後の展開について、運営する町福祉課は「品ぞろえを充実させ、『選ぶ楽しみ』を増やしたい。始まったばかりで手探り状態だが、利根町に合った移動販売の形をつくりたい」と話す。3月下旬までの運行スケジュールは町ホームページで確認できる。問い合わせは同課(電)0297(68)2211。(高阿田総司)

【写真説明】
移動販売車「福の助商店」で買い物をする町民ら=利根町加納新田


取手駅ビル名称「アトレ」に変更 3月26日からの画像

取手駅ビル名称「アトレ」に変更 3月26日から

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 07 Feb 2020 07:46:08 +0900

記事コード:15809960962788

駅ビルを管理・運営するJR東日本子会社のアトレ(東京)は6日、運営するJR取手駅直結の商業ビル「ボックスヒル取手」の名称を3月26日から「アトレ取手」に変更すると発表した。前日の25日は臨時休業する。
「ボックスヒル取手」は1988年に開業。鉄骨鉄筋コンクリート地上6階で延べ床面積は2万5172平方メートル。6日現在の店舗数は46店。同社は2009年から運営し、順次各フロアの改装を進めてきた。
昨年12月には取手市、東京芸術大、JR東日本東京支社とアトレの4者による産官学連携プロジェクトとして、4階にアートを通じたコミュニティーづくりの場となる「たいけん美じゅつ場」(愛称VIVA)がオープン。一連の改装に区切りがついたことから、名称を同社が運営する他の駅ビルと同じ「アトレ」に統一する。(長洲光司)


高校生、初の投票立会人 つくばみらい市議選期日前投票の画像

高校生、初の投票立会人 つくばみらい市議選期日前投票

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 06 Feb 2020 11:20:51 +0900

記事コード:15808979240543

9日投開票されるつくばみらい市議選の期日前投票で5日、市内の高校3年生が投票立会人を務めた。市選挙管理委員会によると、立会人に高校生を起用するのは今回が初めて。担当者は「若い世代にも選挙を身近に感じてもらい、投票率アップにつなげたい」と話している。
投票立会人は通常、行政区の区長や民生委員が務めるケースが多いが、2016年に選挙権年齢が「十八歳以上」に引き下げられたことを受け、18歳の高校生でも務められるようになった。
今回は、若者の選挙への関心を高めようと、市選管が18〜29歳を対象に立会人を募集。応募のあった高校生3人を選定した。
5日は、みらい平コミュニティーセンター(同市紫峰ケ丘)の期日前投票所で県立伊奈高校3年、田村純さん(18)が立会人を務め、市民の投票を見守った。
田村さんは「現代社会の授業で政治について習い、選挙に関心があった」と応募の動機を語り、「投票所の様子がよく分かり勉強になった」と感想を話していた。7、8日にも別の高校生が投票立会人を務める。(今橋憲正)

【写真説明】
期日前投票所で投票立会人を務める田村純さん=つくばみらい市紫峰ケ丘


守谷の八坂神社宮司 防犯カードデザイン 取手署が感謝状の画像

守谷の八坂神社宮司 防犯カードデザイン 取手署が感謝状

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 05 Feb 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15808088368918

取手警察署(岡田宗久署長)は1月28日、同署主催の「110番の日」キャンペーンに協力したとして、守谷市の八坂神社宮司、下村良弘さん(45)に感謝状を贈った。
下村さんは元ウェブデザイナー。1月8日に開いた同署のキャンペーンで、地域住民に配布する名刺サイズの防犯啓発カードをデザインした。
下村さんは同神社の御朱印のイラストに使われているスサノオノミコトが大蛇ヤマタノオロチを退治する絵を使い、ヤマタノオロチを犯罪に例え、「悪人退散」の4文字を大きくあしらうカードをデザイン。住民への防犯啓発に一役買った。贈呈式では岡田署長から感謝状を授与された。
下村さんは「デザインという形で地域貢献ができ、とてもうれしい」と語った。

【写真説明】
感謝状を贈呈された守谷市・八坂神社の下村良弘宮司(左)=取手市桑原(取手署提供)


水戸信金、サカモトの私募債受託の画像

水戸信金、サカモトの私募債受託

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 05 Feb 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15808241486783

水戸信用金庫(水戸市)は不動産業のサカモト(つくば市飯田、坂本光男社長)が発行する寄贈サービス付き私募債「しんきん私募債」を受託した。引受額は3千万円。期間5年で運転資金に充てる。同金庫と県信用保証協会が受け取る発行手数料の一部を活用し、介護事業のスマイルケア(つくばみらい市福岡、平沢雅男社長)に車いす2台を寄贈した。


河内町議選 28年ぶり無投票の画像

河内町議選 28年ぶり無投票

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 05 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15808256059217

任期満了に伴う河内町議選は4日告示された。定数と同じ12人が立候補を届け出て、無投票当選が決まった。同町議選が無投票になるのは、1992年の旧河内村議選以来、28年ぶり。96年6月に町制を施行してからは初めて。
新議員の内訳は現職9人、元職1人、新人2人。党派別では無所属11人、公明1人。
同町議選は毎回、町を割る激しい選挙を繰り広げてきたが、今回は現職3人の不出馬が絡み無風となった。
■河内町議選当選者
(12-12、届け出順)
牧山龍雄 67 会社役員 無元(5)
高橋利彰 71 自動車整備販売業 無現(2)
宮本秀樹 68 米穀肥料業 無現(7)
小更雅之 49 建設業 無現(2)
服部隆 67 土地家屋調査士 無現(3)
佐川洋司 64 会社経営 無新(1)
高橋稔 62 元銀行員 無現(2)
山本豊 48 農業 無新(1)
大野佳美 69 農業 無現(7)
星野初英 66 政党役員 公現(5)
野沢良治 60 会社役員 無現(5)
諸岡周示 64 会社員 無現(2)
かっこ数字は当選回数


河内町議選当選者 届け出順(定数12)の画像

河内町議選当選者 届け出順(定数12)

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 05 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15808088368901

牧山龍雄 67 会社役員 無元 丸太通信設備社長。当5。江戸崎高卒。生板
高橋利彰 71 自動車整備販売業 無現 高橋自動車商会代表、町商工会理事。元金江津中PTA会長。当2。霞ケ浦高卒。金江津
宮本秀樹 68 米穀肥料業 無現 宮本商店会長、町商工会長、議会運営委員長。元議長。当7。土浦日大高卒。源清田
小更雅之 49 建設業 無現 雅商事代表。元町消防団第9分団長、かわち学園中PTA会長。当2。土浦工高中退。長竿
服部隆 67 土地家屋調査士 無現 副議長、金江津長竿土地改良区理事長。元町消防団副団長、町農業委員。当3。中央工学校卒。金江津
佐川洋司 64 会社経営 無新 佐川社長、JSTD日本ダンス教師協会長。当1。江戸崎高卒。古河林
高橋稔 62 元銀行員 無現 龍ケ崎地方塵芥処理組合議会議員。元ゆうちょ銀行員、金江津小PTA副会長。当2。江戸崎高卒。金江津
山本豊 48 農業 無新 元町職員。当1。竜ケ崎南高卒。生板
大野佳美 69 農業 無現 総務経済委員長。元議長、稲敷広域市町村圏事務組合議会議長。当7。取手一高卒。生板
星野初英 66 政党役員 公現 党河内支部長。元副議長。当5。浅草高等美容学校卒。長竿
野沢良治 60 会社役員 無現 サンテック社長、議長、町スポーツ少年団本部長。元竜ケ崎青年会議所理事長。当5。中央工学校卒。生板
諸岡周示 64 会社員 無現 常南測建社員、JA稲敷理事、豊田新利根土地改良区理事。元町消防団長。当2。江戸崎高卒。長竿
〈経歴表の見方〉氏名、年齢、職業、所属と現新元別、主な肩書、経歴、当選回数、最終学歴、住所の順


守谷市議選当選者 得票順(定数20)の画像

守谷市議選当選者 得票順(定数20)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 04 Feb 2020 10:15:17 +0900

記事コード:15807345593279

梅木伸治 57 会社役員 無現 議長、全国市議会議長会評議員、愛宕町内会監事。元取手青年会議所副理事長。当6。藤代高卒。本町
長谷川信市 48 建設業 無現 総務教育常任委員会副委員長、市スポーツ少年団本部長、消防団本部員。当3。東北福祉大卒。大柏
山本広行 43 政党役員 公新 党守谷支部副支部長。元燃料会社社員。当1。牛久栄進高卒。百合ケ丘
渡辺秀一 48 会社役員 無現 市商工会商業部会がぶりメンチ事業部部会長。当3。明治大専門職大学院修了。本町
渡辺大士 32 会社役員 無現 茨城南青年会議所副理事長、消防団第一分団員。当2。早稲田大大学院修了。ひがし野
海老原博幸 56 元会社員 無新 栄町町内会役員。元精密機器製造会社社員。当1。法政大卒。中央
砂川誠 57 政党役員 公現 党守谷支部副支部長。元電気工事会社社員。当2。沖縄県立宮古高卒。松前台
寺田文彦 64 会社役員 無現 寺田工業社長、市災害対策協力会会長、高野土地改良区理事長。当3。日本大卒。高野
山崎裕子 46 会社員 無元 食品メーカー監査部長。元客室乗務員、市社協理事、郷州小PTA学年委員長。当4。慶応大卒。本町
小菅勝彦 55 元会社員 立新 元事務機器販売会社社員。当1。市川音楽専門学校卒。高野
高梨恭子 57 デザイン業 無現 保健福祉常任委員会委員長。元専門学校講師、市商工会女性部副部長。当4。筑波大卒。みずき野
青木公達 67 団体役員 無現 NPO法人リカレントねっと代表理事。元郷州小PTA会長。当3。慶応大卒。みずき野
高梨隆 71 元教員 無現 県山岳連盟理事、守谷山の会会長。元市体育協会理事、霞ケ浦高教員。当3。法政大卒。板戸井
高橋典久 43 保険代理店業 無現 副議長、議会改革推進会議会長。元茨城南青年会議所理事長。当4。東京読売理工専門学校卒。本町
田中啓一 43 会社経営 無新 飲食・卸売会社代表取締役。元総合サービス会社執行役員。当1。中央学院大卒。百合ケ丘
山田美枝子 74 政党役員 共現 党守谷市委員会委員、シャンソン歌手、着付けコンサルタント。元幼稚園教諭。当3。玉川大中退。みずき野
伯耆田富夫 70 会社役員 無現 取手地区交通安全協会守谷支部長、市商工会副会長、市遺族会会長。元議長。当6。取手一高卒。大柏
神宮栄二 68 運送業 無現 福祉タクシー北守谷の風代表。当2。専修大卒。松前台
堤茂信 58 団体職員 無現 決算予算特別委員会委員長、ミニバスAコーチ。元電機メーカー社員。当2。同志社大卒。松前台
首藤太亮 30 会社員 国新 人材ビジネス会社社員。元不動産会社社員。当1。立正大中退。松ケ丘
〈経歴表の見方〉氏名、年齢、職業、所属と現新元別、主な肩書、経歴、当選回数、最終学歴、住所の順


龍ケ崎の飲食店、営業禁止解除の画像

龍ケ崎の飲食店、営業禁止解除

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 03 Feb 2020 22:50:56 +0900

記事コード:15807378133740

県は3日、提供した仕出し弁当を食べた客がノロウイルスによる食中毒となった龍ケ崎市馴馬町の飲食店「広田商店」に対する営業禁止処分を解除したと発表した。


龍ケ崎市建設業組合が賀詞交歓会の画像

龍ケ崎市建設業組合が賀詞交歓会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 03 Feb 2020 18:00:00 +0900

記事コード:15806357965773

龍ケ崎市建設業組合(佐々木孝夫組合長)の賀詞交歓会が1月29日、龍ケ崎市内で開かれ、会員ら約30人が新年の飛躍を誓った。佐々木組合長は「若い担い手の確保が困難になっている中、働き方改革の導入に向けて変革を進めていかなければならない。『夢のある産業』として魅力を高められるよう努力していきたい」とあいさつ。来賓の中山一生市長や萩原勇県議、坂本隆司県議が祝辞を述べた。鴻巣義則市議会議長の発声で乾杯し、出席者らは親睦を深めた。

【写真説明】
あいさつする龍ケ崎市建設業組合の佐々木孝夫組合長=同市上町


河内町議選4日告示の画像

河内町議選4日告示

関連地域 :河内町

最終更新日:Mon, 03 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15806357965763

任期満了に伴う河内町議選(定数12)は4日告示される。立候補届け出書類の事前審査を済ませたのは、現職9、元職1、新人2の12人。1992年の旧河内村議選以来、28年ぶりの無投票となる可能性もある。
投票は9日午前7時から午後8時まで町内8カ所で行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票する。有権者は7820人(昨年12月1日現在)。


守谷新市議決まるの画像

守谷新市議決まる

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 04 Feb 2020 13:47:25 +0900

記事コード:15806357965761

任期満了に伴う守谷市議選(定数20)は2日、市内21カ所で投票が実施された。同市百合ケ丘の市立黒内小で午後9時から即日開票され、新議員が決定した。当日有権者は5万4351人、投票率は48.34%(前回50.84%)。同市議選は現職15人、元職1人、新人7人の計23人で争われた。
■守谷市議選開票結果
(20-23、選管最終)
当 2,507 梅木伸治 57 無現(6)
当 1,633 長谷川信市 48 無現(3)
当 1,487 山本広行 43 公新(1)
当 1,470 渡辺秀一 48 無現(3)
当 1,443 渡辺大士 32 無現(2)
当 1,403 海老原博幸 56 無新(1)
当 1,401 砂川誠 57 公現(2)
当 1,282 寺田文彦 64 無現(3)
当 1,198 山崎裕子 46 無元(4)
当 1,096 小菅勝彦 55 立新(1)
当 1,064 高梨恭子 57 無現(4)
当 1,048 青木公達 67 無現(3)
当 1,001 高梨隆 71 無現(3)
当  988 高橋典久 43 無現(4)
当  964 田中啓一 43 無新(1)
当  913 山田美枝子 74 共現(3)
当  888 伯耆田富夫 70 無現(6)
当  863 神宮栄二 68 無現(2)
当  851 堤茂信 58 無現(2)
当  834 首藤太亮 30 国新(1)
ー  803 佐藤弘子 75 共現
ー  421 河野誠 46 無新
ー  336 上床真澄 59 無新
かっこ数字は当選回数


6人超の戦い つくばみらい市議選告示の画像

6人超の戦い つくばみらい市議選告示

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 03 Feb 2020 10:42:24 +0900

記事コード:15806382475647

任期満了に伴うつくばみらい市議選(定数18)は2日告示され、定数を6人上回る24人が立候補を届け出た。内訳は現職13人、元職1人、新人10人。党派別では公明、共産各2人、無所属20人。
投票は9日午前7時から午後7時まで市内17カ所で行われ、同8時から同市福田の伊奈公民館で即日開票される。有権者数は4万2231人(1日現在)。
■つくばみらい市議選立候補者
(18-24、届け出順)
関秀行 54 会社顧問 無新
直井高宏 63 自営業 無現
飯村裕一 43 行政書士 無現
守谷智明 52 自営業 無新
今川英明 71 農業 無現
鐘ケ江礼生奈 45 元会社員 無現
小林芳子 49 児童館職員 無新
古川よし枝 68 党地区委員 共現
豊島葵 73 元会社役員 無現
吉田充宏 40 プロレスラー 無新
高木寛房 61 農業 無現
伊藤正実 52 社会福祉士 無現
染谷礼子 67 党支部長 公現
廣瀬敏之 46 会社顧問 無元
岡本昌弘 57 党副支部長 公新
和田順夫 73 元会社役員 無新
中山栄一 69 元書籍販売業 無現
中村豊 64 元教員 無新
横田透 46 自営業 無新
中山治 68 保育園理事 無新
中島清和 71 農業 無現
直井誠巳 72 農業 無現
間宮美知子 73 党市婦人部長 共新
佐々木大輔 40 会社員 無現


つくばみらい市議選立候補者(18-24、届け出順・敬称略)の画像

つくばみらい市議選立候補者(18-24、届け出順・敬称略)

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 03 Feb 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15806357965760

関秀行 54 会社顧問 無新 TSUKADAコンストラクション顧問。茨城理容美容専門学校卒。東楢戸
直井高宏 63 自営業 無現 ALMコンサルタント代表。元利根川水系県南水防事務組合議長、水戸証券社員。当2。日本大卒。弥柳
飯村裕一 43 行政書士 無現 東京リーガルオフィスGLOBAL PARTNERS代表取締役。当1。藤代紫水高卒。山王新田
守谷智明 52 自営業 無新 経営コンサルタント。元モルガン・スタンレーMUFG証券社員。東京大卒。陽光台
今川英明 71 農業 無現 今川農園代表。元市議会議長。当3(谷和原村議5)。取手一高卒。寺畑
鐘ケ江礼生奈 45 元会社員 無現 関東若手市議の会茨城ブロック顧問。元共栄測地社員。当2。取手松陽高卒。伊奈東
小林芳子 49 児童館職員 無新 ワーカーズコープ小絹児童館職員、小絹中PTA本部幹事。磐城一高卒。絹の台
古川よし枝 68 党地区委員 共現 党県南部地区委員。当3(伊奈町議3)。茨城キリスト教短大卒。小島新田
豊島葵 73 元会社役員 無現 常総広域事務組合副議長。元トヨシマ代表取締役、市議会議長。当3(谷和原村議5)。水海道一高卒。川崎
吉田充宏 40 プロレスラー 無新 人材派遣会社代表取締役。元産業技術総合研究所職員。つくば工科高卒。下島
高木寛房 61 農業 無現 元市議会議長、農林水産省中央農業研究センター職員。当3(谷和原村議1)。取手一高卒。東楢戸
伊藤正実 52 社会福祉士 無現 行政書士、全国若手市議の会OB会事務局長。当1。中央大大学院修了。富士見ケ丘
染谷礼子 67 党支部長 公現 党つくばみらい支部長、市議会議長。元市議会副議長、看護助手。当3(伊奈町議1)。利根中卒。谷井田
廣瀬敏之 46 会社顧問 無元 米穀取扱業顧問。当1。国学院大卒。谷井田
岡本昌弘 57 党副支部長 公新 党つくばみらい副支部長。元柏市再生資源事業協業組合職員。柏高卒。山谷
和田順夫 73 元会社役員 無新 元市高年クラブ連合会副会長、絹の台自治会長、貿易会社取締役。北九州市立大卒。絹の台
中山栄一 69 元書籍販売業 無現 元市議会議長、つくばみらいライオンズクラブ会長。当3(谷和原村議1)。水海道一高卒。細代
中村豊 64 元教員 無新 元谷和原中教頭、メキシコ日本人学校教頭、市体育指導員。順天堂大卒。筒戸
横田透 46 自営業 無新 中小企業診断士、経営コンサルタント事務所代表。元市PTA連絡協議会長。横浜国大卒。中島
中山治 68 保育園理事 無新 柏鳳保育園理事。元市民生委員・児童委員、NTT東日本社員。谷田部高卒。南太田
中島清和 71 農業 無現 福岡工業団地土地区画整理組合理事長。元谷和原村職員。当3。谷田部高卒。福岡
直井誠巳 72 農業 無現 自民党伊奈支部長、JA茨城みなみ理事。元市議会議長。当3(伊奈町議2)。取手一高卒。弥柳
間宮美知子 73 党市婦人部長 共新 党市委員会婦人部長。元伊奈養護学校教諭。東京都立大卒。上平柳
佐々木大輔 40 会社員 無現 建築会社員、奉仕団体つくばみらいクラブ副会長。当1。つくば工科高卒。谷井田
〈経歴表の見方〉氏名、年齢、職業、所属と現新元別、主な肩書、経歴、当選回数、最終学歴、住所の順


つくばみらい市議選 定数6人超の激戦 9日投票の画像

つくばみらい市議選 定数6人超の激戦 9日投票

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sun, 09 Feb 2020 13:55:18 +0900

記事コード:15811705862278

任期満了に伴うつくばみらい市議選(定数18)は9日午前7時から午後7時まで市内17カ所で投票が行われ、同8時から同市福田の伊奈公民館で即日開票される。大勢判明は同10時半ごろの見通し。定数を6人上回る24人が立候補し激戦となっている。有権者は4万2231人(1日現在)。


取手市役所で河津桜が開花 例年より1週間早くの画像

取手市役所で河津桜が開花 例年より1週間早く

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 02 Feb 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15805519088225

取手市寺田の取手市役所で1月31日、早咲きとして知られる河津桜が開花。鮮やかな桃色の花を咲かせた。
場所は市役所敷地西側(取手勤労青少年体育センター裏の土手)斜面。この日は最高気温10.5度と暖かく、12本植えられている河津桜のうち、2本の木から1輪ずつ、計2輪が開花した。
市魅力とりで発信課によると、昨年の開花日は2月7日、一昨年の開花は同8日で、今年は例年より約1週間早いという。同課では「3月上旬には満開になるかも」と予想している。
河津桜は、ソメイヨシノより色が濃く、花が咲く期間も長いのが特長。同所には毎年、春の訪れを象徴する桜を観賞しようと多くの市民が訪れている。

【写真説明】
取手市で早くも開花した河津桜=同市寺田


社会福祉事業を推進 つくばみらい市、カスミと連携協定の画像

社会福祉事業を推進 つくばみらい市、カスミと連携協定

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sun, 02 Feb 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15805578535887

つくばみらい市(小田川浩市長)と食品スーパーのカスミ(本社つくば市、石井俊樹社長)は1月29日、社会福祉みらい貢献活動に関する包括連携協定を結んだ。
協定によって、市民が豊かな暮らしを描ける社会の実現に向けて、それぞれが有する人的・物的資源を有効に活用し、社会福祉事業の推進などを図る。協定書には、(1)子育て支援(2)高齢者支援(3)障害者支援(4)健康づくりの推進(5)生活困窮者支援(6)その他福祉の推進や市民サービスの提供に関すること-などが盛り込まれた。
同市役所で締結式が開かれ、小田川市長は「この締結によって幅広い活動が可能になる。今後は子ども食堂への食材提供、高齢者買い物支援のための移動スーパーなどを一緒に取り組んでいきたい」と期待。石井社長は「行政と一緒になって共生社会を実現したい。誰も取り残さないSDGs(持続可能な開発目標)の考えを大事にしながら、地域の皆さんのいい暮らし、いいまちづくりに貢献していきたい」と抱負を語った。(藤枝好行)

【写真説明】
締結式で握手する小田川浩市長(右)とカスミの石井俊樹社長=つくばみらい市役所


守谷市議選2日投票の画像

守谷市議選2日投票

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 02 Feb 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15805519088219

任期満了に伴う守谷市議選(定数20)は2日午前7時から午後8時まで市内21カ所で投票が行われ、同9時から同市百合ケ丘の市立黒内小で即日開票される。大勢判明は同11時ごろの見通し。定数を3人上回る23人が立候補している。有権者は5万4984人(1月25日現在)。


入場券に「2」四つ 2月2日、限定200枚販売 関東鉄道・竜ケ崎駅の画像

入場券に「2」四つ 2月2日、限定200枚販売 関東鉄道・竜ケ崎駅

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 01 Feb 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15804771291892

龍ケ崎市内のみを走る竜ケ崎線を運行する関東鉄道と市地域公共交通活性化協議会は2日、「2」が四つ並ぶ令和2年2月22日付の竜ケ崎駅の入場券を限定で先行販売する。
今年で開業120周年を迎える竜ケ崎線に親しんでもらおうと企画した。記念として、普段は使わない印字器「ダッチングマシン」で日付を打刻する。
入場券は1枚150円で200枚限定。昔ながらの硬い切符になっている。
市商工会が市内のにぎわい広場で開く「まいんバザール」(午前10時〜午後2時)▽竜ケ崎駅待合室(午後2時半〜4時)-の2カ所で販売する。(鈴木剛史)

【写真説明】
「2」が四つ並ぶ令和2年2月22日付の竜ケ崎駅入場券(見本)


守谷市議選2日投票 3人超の争いの画像

守谷市議選2日投票 3人超の争い

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 01 Feb 2020 05:34:00 +0900

記事コード:15804654532149

任期満了に伴う守谷市議選(定数20)は2日午前7時から午後8時まで市内21カ所で投票が行われ、同9時から同市百合ケ丘の市立黒内小で即日開票される。大勢判明は同11時ごろの見通し。定数を3人上回る23人が立候補している。内訳は現職15人、元職1人、新人7人。有権者は5万4984人(1月25日現在)。
■守谷市議選立候補者
(20-23、届け出順)
高梨恭子 57 デザイン業 無現
渡辺大士 32 会社役員 無現
梅木伸治 57 会社役員 無現
海老原博幸 56 元会社員 無新
河野誠 46 元予備校講師 無新
山本広行 43 政党役員 公新
首藤太亮 30 会社員 国新
青木公達 67 団体役員 無現
砂川誠 57 政党役員 公現
佐藤弘子 75 政党役員 共現
寺田文彦 64 会社役員 無現
伯耆田富夫 70 会社役員 無現
堤茂信 58 団体職員 無現
高橋典久 43 保険代理店業 無現
小菅勝彦 55 元会社員 立新
上床真澄 59 学習塾経営 無新
渡辺秀一 48 会社役員 無現
山崎裕子 46 会社員 無元
神宮栄二 68 運送業 無現
山田美枝子 74 政党役員 共現
田中啓一 43 会社経営 無新
長谷川信市 48 建設業 無現
高梨隆 71 元教員 無現


つくばみらい市議選2日告示 6人超の見込みの画像

つくばみらい市議選2日告示 6人超の見込み

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 01 Feb 2020 17:12:45 +0900

記事コード:15804809864462

任期満了に伴うつくばみらい市議選(定数18)は2日告示される。立候補を予定しているのは現職13人、元職1人、新人10人の計24人。党派別では公明、共産が各2人、無所属20人。定数を6人上回る激戦が見込まれる。
投票は9日午前7時から午後7時まで市内17カ所で行われ、同8時から同市福田の伊奈公民館で即日開票される。有権者は4万2232人(昨年12月1日現在)。


非常食の選び方、市職員こつ伝授 龍ケ崎で講座の画像

非常食の選び方、市職員こつ伝授 龍ケ崎で講座

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 31 Jan 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15803786217488

栄養面や安全性の観点から非常食を選ぶ方法を学ぶ講座が26日、龍ケ崎市馴柴町の馴柴コミュニティセンターで開かれた。調理師資格と公衆衛生学修士(専門職)の学位を持つ市職員の寺田遼さん(31)が講師を務めた。龍ケ崎市民環境会議環境学習部会(金久由美部会長)が主催した。約20人が参加した。
寺田さんは講座で、原材料に注目し「『アミノ酸等』の表記では、ほかに何が入っているか分からないため注意が必要。基本的に着色料も避けるのがいい」と強調。昨年の台風19号を含む大規模災害を念頭に「3日は支援が来ないと考え、少なくともそれ以上、できれば7日分ぐらいを普段から準備するのが大切だ」と呼び掛けた。
会場ではこのほか、おでんや野菜ジュースといった多様化する非常食も紹介された。

【写真説明】
非常食の野菜ジュースを試飲する参加者=龍ケ崎市馴柴町の馴柴コミュニティセンター


朝ラッシュ時3本増発 3月14日 TX、ダイヤ改正の画像

朝ラッシュ時3本増発 3月14日 TX、ダイヤ改正

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Fri, 31 Jan 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15803786251022

首都圏新都市鉄道(東京)は30日、つくばエクスプレス(TX)のダイヤ改正を3月14日に実施すると発表した。新型車両「TX-3000系」の導入に伴い、平日朝のラッシュ時間帯に増発して混雑緩和を図る。総運転本数は平日が12本増の468本、土曜・休日が増減なしの384本となる。
つくば発秋葉原行き普通列車を平日午前6時台に1本、同8時台に2本増発する。同6〜8時台の秋葉原行き通勤快速列車4本を区間快速列車に変更して停車駅を増やすほか、利用客が多い六町駅で同7〜8時台に到着する上り列車を13本増の42本とする。
夜間については、平日午後7時台の守谷発つくば行き普通列車を秋葉原発に区間延長する。さらに同8時台の秋葉原発つくば行き快速列車2本を通勤快速に変更。八潮駅で守谷行き普通列車、守谷駅でつくば行き普通列車と接続させる。
同社の担当者は「平日朝のラッシュ最混雑時間帯に大幅な混雑緩和を図るほか、夜間時間帯の輸送改善を行う」としている。 (小野寺晋平)


ニセ電話詐欺を防ぐ 常陽銀行員に感謝状 取手署の画像

ニセ電話詐欺を防ぐ 常陽銀行員に感謝状 取手署

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 30 Jan 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15802945289339

ニセ電話詐欺被害を未然に防いだとして、取手警察署(岡田宗久署長)は23日、常陽銀行守谷支店北守谷出張所と、同所の本橋順次所長(50)、窓口担当の金沢明子さん(59)に感謝状を贈呈した。
同署によると、今月10日、同出張所を訪れた男性(81)が普通預金口座から現金100万円の引き出しを求めた。高額なため、窓口で対応した金沢さんが使い道を確認ところ、男性は「息子が仕事で失敗して、穴埋めするのに現金が必要」などと話した。ニセ電話詐欺被害を疑った金沢さんは本橋所長に報告した。
同所で男性に詐欺被害防止用アンケートを書いてもらったところ、該当項目から可能性が高まったため同署へ通報。男性の息子と連絡を取ったところ、内容が事実ではないことも判明し、ニセ電話詐欺被害を未然に防いだ。感謝状を受けた金沢さんは「お客さまの大切な資産を守ることができて良かった」と語った。

【写真説明】
取手署の岡田宗久署長から感謝状を贈呈された常陽銀行守谷支店北守谷出張所の本橋順次所長(中央)と金沢明子さん(左)=取手市桑原


感性光る絵やオブジェ 取手 東海学院生徒が作品展の画像

感性光る絵やオブジェ 取手 東海学院生徒が作品展

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 30 Jan 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15802945326282

東海学院高等専修学校(取手市寺田)の「生徒作品展」が29日、中央町の取手駅市民ギャラリー(JR取手駅東西連絡地下道)で始まった。生徒5人による計20点を展示。個性あふれる水彩画やオブジェ、写真といった幅広いジャンルの作品が並ぶ。2月4日まで。
作品展の開催は初。昨年春から美術の授業などで作ってきた作品の発表の場を設けた。和紙に描いた鮮やかな色の水彩画や、古いボールを使ったオブジェ、専門家の指導を受けてスマートフォンで撮影した写真など、独特の感性が光る作品が訪れる人の目を引く。
市内の主婦(75)は「個性がとても強くて、見ていて面白い。絵の色使いも鮮やか。心の中の『訴えたいもの』が伝わってくる」と感想を話した。
同校は3年間で高校卒業と同等の学歴を取得できる学校。中学時代まで集団生活になじめなかった生徒などを、少人数授業の中で一人一人のレベルに合わせて指導している。
1年生の担任教師、杉山俊彦さんは「悩みを抱えている生徒も、自分を表現できるようになってきた。生徒たちの思いが、自由な発想で作品に表現されている。ぜひギャラリーに足を運んでほしい」と来場に期待した。(高阿田総司)

【写真説明】
東海学院高等専修学校の「生徒作品展」=取手市中央町


龍ケ崎「まいん」2月改装オープン 健康増進と交流、地域の拠点への画像

龍ケ崎「まいん」2月改装オープン 健康増進と交流、地域の拠点へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 30 Jan 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15802945289336

◆高齢者向け 体操や筋トレ指導◆
龍ケ崎市の中心部に2月7日、市による高齢者向け健康増進施設が開館する。専門のインストラクターらが体操や筋力トレーニングといった運動の指導に当たる。2018年に閉じられた漫画図書館を全面的に改装した。市民限定で利用は無料。体験会がすでに始まっている。
「イチ、ニ、サン、シ」26日午後、高齢者らが元気よくストレッチに励む。市が開設する「まいん『健幸』サポートセンター」(通称・まいん)で、正式オープンに先立って開かれた体験会だ。この日は約50人が訪れ、汗を流した。
まいんは、全国にスポーツクラブを展開する「ルネサンス」(本社・東京)が業務委託を受けてインストラクターを派遣、体力維持に効果的な運動を指南する。ボランティアや保健師による介護予防運動講座や健康相談も企画する。
計測機器で体の調子を確認してから利用する仕組みになっており、日々の健康を蓄積し記録の変遷が確認できるという。施設内にはサロンもあり、交流の機能も持たせる。
まいんはもともと、市が00年に開館した漫画図書館だった。約3万冊の蔵書を誇り、インターネットを使えるパソコンを備えていた。名称は、漫画の「ま」とインターネットの「いん」からとった。子どもの減少とインターネット環境の普及に伴い、役目を終えたとして閉館を迎えた。
市では、前身施設が担っていた市街地活性化の役割を別の形で引き継ごうと、リニューアルを進めてきた。中山一生市長は「高齢者が多い地域で、気軽に集まれる場所として利用者も多くなるのではないか」と期待を込める。
まいんは関東鉄道竜ケ崎線竜ケ崎駅から徒歩15分程度で、市コミュニティバスの最寄り停留所は「上町辻」。火曜が休館で各日午前9時〜午後5時まで(初日は午後から)。2月5日は午前10時半〜午後3時半の間に体験会がある。身分証明書を持参し、市役所1階の健幸長寿課かまいんで登録を申し込む。当日の申請も可能。問い合わせは同課(電)0297(64)1111
(鈴木剛史)

【写真説明】
2月7日にオープンする、まいん「健幸」サポートセンター。1階部分に入る=龍ケ崎市


キリン取手工場、操業50周年記念催し開催への画像

キリン取手工場、操業50周年記念催し開催へ

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 22:23:30 +0900

記事コード:15803041433644

キリンビールは29日、取手工場(取手市桑原)の操業50周年を記念した催しを開催すると発表した。7月の記念式典に加え、歴史写真展や工場見学ツアーなどで同工場の節目を祝う。取手工場は1970年に操業を開始。同年5月に製造を始め、同6月に初出荷を行った。7月3日に記念式典や記念パーティーを開くほか、3〜9月に工場の歴史を振り返る写真展を実施する。写真展は瓶の容器を目視で検査する様子などを収めた貴重な写真がそろう。工場見学は8月にゲームやクイズを盛り込んだツアー、10月に技術スタッフが同行するツアーを行う。


健康マージャン同好会(河内町)の画像

健康マージャン同好会(河内町)

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 18:00:00 +0900

記事コード:15802089162785

◆三つの「しない」守る◆
お金を賭けない、お酒を飲まない、たばこを吸わない-。三つの「しない」のルールで純粋にマージャンを楽しんでいます。活動は月に4回、場所は主に河内町長竿の町農村環境改善センターです。毎回、得点を記録して最優秀者への表彰もしています。大会も年2回、開いています。みんな、これに向かって努力しています。
活動は5年目を迎えます。メンバーは当初、数人で始まりました。今や約20人までになりました。年齢構成は60〜80代です。女性もいます。町内のサークルでは大所帯の部類に入るのではないのでしょうか。最初は未経験でスタートした人もすっかり打ち方を覚えました。入りたいという声も多く、うれしく思います。
頭を活性化し、元気のある生活を送れるようにするのが目標です。いつまでも明るく仲良く、続けていければと思います。
連絡は、町教育委員会生涯学習グループ(電)0297(84)2843
(水曜日掲載)

【写真説明】
健康マージャン同好会(河内町)


龍ケ崎市歴史民俗資料館 昔の暖房具を紹介の画像

龍ケ崎市歴史民俗資料館 昔の暖房具を紹介

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15802089191359

◆前回五輪ユニホームも◆
龍ケ崎市馴馬町の市歴史民俗資料館で収蔵品展「昔の道具展 暖房具を中心に」が開かれている。燃料式のカイロや湯たんぽといった道具が並ぶ。1964年東京五輪で聖火ランナーが着用したユニホームもあり、当時の熱気を伝える。2月20日まで。入館無料で月曜休館。
かつて広く使われていた道具の展示を通し、生活様式の移り変わりを知ってもらうのが狙い。
前回の東京五輪の聖火リレーで掲げられたトーチを含むオリンピック関連品も置き、今夏の東京大会の機運を高める。展示品は市民から寄贈を受けたという。
家族で訪れた市立馴柴小3年の女の子(9)は「電気を使わないこたつというのが面白かった。昔の人の暮らしがいろいろと分かった」と話した。(鈴木剛史)

【写真説明】
昔の暖房具を中心に紹介する収蔵品展=龍ケ崎市馴馬町の市歴史民俗資料館


河内町議選 事前審査に12陣営の画像

河内町議選 事前審査に12陣営

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15802089162769

任期満了に伴い2月4日告示、同9日投開票で行われる河内町議選(定数12)の立候補届け出書類の事前審査が28日、町役場であり12陣営が出席した。内訳は現職9、元職1、新人2。有権者は7820人(昨年12月1日現在)。


利根町が課税ミス 固定資産税など733万円返還への画像

利根町が課税ミス 固定資産税など733万円返還へ

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15802089162767

利根町は28日、固定資産税と都市計画税の課税を誤り、総額599万9500円を過大徴収していたと発表した。町は納税者に返金する際の利息に当たる還付加算金計133万3600円を含め733万3100円を返還する。同日、町議会臨時会が開かれ、補正予算案を提案し、可決された。町は課税対象者となる9事業所に謝罪文を送る。
町によると、対象となったのは2000〜12年の間に建てられた床面積300平方メートル以上の非木造家屋8棟を所有する9事業所。家屋の経過年数に応じて求められた減価率の「経年減点補正率」を適用しなかったことなどが原因という。
町税務課によると、昨年11月14日、このうち1事業者から課税資料の開示請求があり、資料を調べる過程で町が誤りを見つけた。同課は「固定資産評価額などの算出の過程で計算誤りがあった」とし、「今後は知識を確実にし、複数職員による確認なども徹底する」と話した。


豊昇龍関の十両昇進祝う つくばみらい 立浪部屋が「打上式」の画像

豊昇龍関の十両昇進祝う つくばみらい 立浪部屋が「打上式」

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 29 Jan 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15802089191358

つくばみらい市の大相撲・立浪部屋(立浪耐治親方)は26日、つくば市のホテルグランド東雲で、昨年の九州場所で十両に昇進した元横綱朝青龍のおいの豊昇龍関(20)=本名スガラグチャー・ビャンバスレン、モンゴル出身=の「十両昇進祝賀会」を兼ねた初場所「千秋楽打上式」を開いた。来賓や同部屋関東後援会(塚田純夫会長)会員ら約160人が十両昇進を祝うとともに、初場所での力士の活躍をねぎらった。
同部屋は2007年8月、東京・両国からつくばエクスプレスみらい平駅に近い現在地に移転。初場所時点で幕内の明生関を筆頭に、十両の天空海(あくあ)関=大洗町出身=ら17人の力士が在籍している。
式典で塚田会長は「立浪部屋がつくばみらい市に門を構えて13年、部屋としては25年ぶりに3人の関取が誕生した。今年は2人の幕内が誕生することを期待している」とあいさつ。来賓の小田川浩つくばみらい市長は「今後も『つくばみらい市には立浪部屋があるんだ』ということをPRしていきたい」と祝辞を述べた。
立浪親方は「十両の2人が勝ち越したがまだまだ足りない。後に続く若い衆もまずまずの成績を残せたが、来場所に向けて鍛え直したい」と部屋のさらに飛躍を誓った。豊昇龍関は「来場所はさらに大勝ちできるように稽古に励みたい」と決意を述べた。
会場では、塚田会長から豊昇龍関に昇進祝いとして贈られた白地に龍の刺しゅうが施された新しい化粧まわしが披露された。(安藤圭吾)

【写真説明】
祝賀会であいさつする豊昇龍関=つくば市小野崎


取手市議選当選者、得票順(定数24、敬称略)の画像

取手市議選当選者、得票順(定数24、敬称略)

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 28 Jan 2020 10:11:46 +0900

記事コード:15801239719253

岩沢信 47 自営業 自現 岩沢酒店店主、岩沢酒店からあげ弁当店店主、市消防団第26分団員。当3。取手一高卒。東
佐藤隆治 48 建設業 無現 市商工会理事。元県交通安全協会職員。当5(藤代町議1)。明治大専門職大学院修了。谷中
石井めぐみ 40 会社員 維現 市子ども会育成連合会常任幹事、茨城若手市議会議員の会会長。当4。目白学園女子短大卒。藤代南
久保田真澄 57 政党役員 公新 党取手支部副支部長。元高齢者施設介護員。当1。大原簿記学校卒。宮和田
斎藤久代 62 政党役員 公現 党取手支部長、日本語教室とりで副代表。元司会業。当5。国学院大卒。新町
小池悦子 44 政党役員 共現 党取手市委員会委員。元あおぞら診療所事務、県南部地区党医療福祉対策室長。当3。聖徳大卒。井野
落合信太郎 53 政党役員 公現 党取手支部副支部長、寺原小PTA会長。元本郷ニュータウン町内会長。当3。日本電子専門学校卒。本郷
金沢克仁 44 元国会議員秘書 自現 市消防団第1分団員。元衆議院議員葉梨康弘秘書。当4。独協大卒。東
入江洋一 61 自営業 無現 議長、市子ども会育成連合会副会長。元市監査委員。当5。安田学園高卒。新取手
染谷和博 59 政党役員 公現 党取手支部副支部長、骨髄バンクを支援するいばらきの会副会長、防災士。当4。流通経済大卒。新町
鈴木三男 68 税務会計事務職員 無新 渡部税理士事務所職員。元市男女共同参画審議会委員、市西地区市政協力員。当1。東京農大卒。西
遠山智恵子 66 政党役員 共現 党県委員、利根川水系県南水防事務組合議会議員。元保育士。当4(藤代町議3)。県立保育専門学校卒。藤代
結城繁 62 不動産管理業 無現 三和産業専務、結城醤油専務、取手駅西口イルミネーション実行委員長。当5。東京農大卒。新町
加増充子 67 政党役員 共現 党県南部地区常任委員、取手地方広域下水道組合議会議員。元市立保育所保育士。当7。取手二高卒。井野
根岸裕美子 50 市民団体代表 諸新 とりで生活者ネットワーク代表。元生活クラブ生協茨城理事。当1。茨城大卒。宮和田
山野井隆 45 タレント 無現 防衛大協力会取手支部長。元不動産会社員。当4。日本大卒。白山
赤羽直一 72 会社員 自現 党取手藤代支部長、神社総代会北相馬支部長。元県議。当4(藤代町議3)。拓殖大卒。山王
細谷典男 68 元NTT社員 無現 れいわ新選組と歩む会役員。元県議。当4。明治大中退。井野台
関川翔 33 会社員 無現 アリガトウ社員。元衆議院議員石原宏高公設秘書。当2。流通経済大卒。山王
関戸勇 75 政党役員 共現 党環境防災対策室長、戸頭地区自主防災組織連絡協議会会長。元ソニー社員。当3。厚木市立厚木中卒。戸頭
小堤修 58 元東京消防庁職員 無現 防災士、防火防災管理者。元総務省消防庁消防大学校本科生。当2。駒沢大卒。上高井
吉田宏 62 精肉販売業 無現 県食肉公正取引協議会理事、市食品衛生協会理事、市青少年相談員、市監査委員。当4。土浦日大高卒。東
須田光雄 43 運転代行業 無新 市小中学校PTA連絡協議会会長、県PTA連絡協議会理事。当1。日体大柏高卒。戸頭
海東一弘 46 福祉施設職員 無新 元福祉施設管理責任者、自動車販売会社社員。当1。帝京平成大卒。台宿
〈経歴表の見方〉氏名、年齢、職業、所属と現新元別、主な肩書、経歴、当選回数、最終学歴、住所の順


守谷高・北沢教諭 教え子に南極紹介 テレビ会議で授業の画像

守谷高・北沢教諭 教え子に南極紹介 テレビ会議で授業

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 28 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15801232480229

第61次南極地域観測隊に同行している県立守谷高教諭、北沢佑子さん(33)が27日、昭和基地と同校をテレビ会議システムでつないだ「南極授業」を実施した。北沢さんは約1万4千キロ離れている教え子らに、普段見る機会のない南極の様子を紹介。生徒たちは「南極の自然が豊かだと分かった」「世界観が広がった」「自分も行ってみたい」などと感想を話した。
北沢さんは理科の教師で生物が専門分野。昨年度、国立極地研究所が公募する「教員南極派遣プログラム」に応募し、観測隊同行者に選ばれ、昨年11月下旬に日本を出発した。
授業には全校生徒約670人が参加。体育館のスクリーンに北沢さんの姿が映ると、大きな歓声が上がった。北沢さんは南極の自然や現地での暮らしを伝え、ペンギンなどさまざまな生き物を紹介。南極での食物連鎖や生態系について説明したほか、プランクトンが冷たい海に行くほど数が多いことなどを教えた。
最後は観測隊との行動で感じた「人のつながり」について語り、「つながりに感謝し、強く実感している。皆さんも誰かと幸せを共有できるすてきな大人になってほしい」と伝えた。1年時に北沢さんのクラスだった2年生の小川莉花(りんか)さん(17)は「生徒を元気づけてくれる心の強い先生。普段の元気そうな姿で良かった。帰ってきたらお疲れさまと伝えたい」と話した。
同校によると北沢さんは3月下旬に学校へ復帰するという。(高阿田総司)

【写真説明】
テレビ会議システムで昭和基地から「南極授業」を行う北沢佑子さん=県立守谷高


交通遺児支援へ県社協に10万円 守谷の明送寄付の画像

交通遺児支援へ県社協に10万円 守谷の明送寄付

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 27 Jan 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15800336562722

運送業の明送(守谷市、鶴岡英男社長)は24日、県社会福祉協議会(森戸久雄会長)に交通遺児福祉基金10万円を寄付した。
水戸市千波町の県総合福祉会館で開かれた贈呈式には、同社の鶴岡社長が出席し、森戸会長に目録を手渡した。
鶴岡社長は「社員や関係各社から寄せられた善意。県内の交通遺児のために役立ててほしい」と趣旨を説明。森戸会長は「交通遺児支援に大切に活用したい」とお礼を述べた。

【写真説明】
県社会福祉協議会の森戸久雄会長(右)に目録を手渡す明送の鶴岡英男社長=水戸市千波町


守谷市議選立候補者(20-23、届け出順・敬称略)の画像

守谷市議選立候補者(20-23、届け出順・敬称略)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 27 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15800351517630

高梨恭子 57 デザイン業 無現 保健福祉常任委員会委員長。元専門学校講師、市商工会女性部副部長。当3。筑波大卒。みずき野
渡辺大士 32 会社役員 無現 茨城南青年会議所副理事長、消防団第一分団員。当1。早稲田大大学院修了。ひがし野
梅木伸治 57 会社役員 無現 議長、全国市議会議長会評議員、愛宕町内会監事。元取手青年会議所副理事長。当5。藤代高卒。本町
海老原博幸 56 元会社員 無新 栄町町内会役員。元精密機器製造会社社員。法政大卒。中央
河野誠 46 元予備校講師 無新 守谷理系クラブ会長、市動物愛護協議会会員。元ソフトウェア会社員。京都大中退。松並青葉
山本広行 43 政党役員 公新 党守谷支部副支部長。元燃料会社社員。牛久栄進高卒。百合ケ丘
首藤太亮 30 会社員 国新 人材ビジネス会社社員。元不動産会社社員。立正大中退。松ケ丘
青木公達 67 団体役員 無現 NPO法人リカレントねっと代表理事。元郷州小PTA会長。当2。慶応大卒。みずき野
砂川誠 57 政党役員 公現 党守谷支部副支部長。元電気工事会社社員。当1。沖縄県立宮古高卒。松前台
佐藤弘子 75 政党役員 共現 党県南部地区委員会委員。当5。蒲田経理学院卒。松ケ丘
寺田文彦 64 会社役員 無現 寺田工業社長、市災害対策協力会会長、高野土地改良区理事長。当2。日本大卒。高野
伯耆田富夫 70 会社役員 無現 取手地区交通安全協会守谷支部長、市商工会副会長、市遺族会会長。元議長。当5。取手一高卒。大柏
堤茂信 58 団体職員 無現 決算予算特別委員会委員長、ミニバスAコーチ。元電機メーカー社員。当1。同志社大卒。松前台
高橋典久 43 保険代理店業 無現 副議長、議会改革推進会議会長。元茨城南青年会議所理事長。当3。東京読売理工専門学校卒。本町
小菅勝彦 55 元会社員 立新 元事務機器販売会社社員。市川音楽専門学校卒。高野
上床真澄 59 学習塾経営 無新 伸学ゼミ講師。元建設会社社員。青山学院大卒。けやき台
渡辺秀一 48 会社役員 無現 市商工会商業部会がぶりメンチ事業部部会長。当2。明治大専門職大学院修了。本町
山崎裕子 46 会社員 無元 食品メーカー監査部長。元客室乗務員、市社協理事、郷州小PTA学年委員長。当3。慶応大卒。本町
神宮栄二 68 運送業 無現 福祉タクシー北守谷の風代表。当1。専修大卒。松前台
山田美枝子 74 政党役員 共現 党守谷市委員会委員、シャンソン歌手、着付けコンサルタント。元幼稚園教諭。当2。玉川大中退。みずき野
田中啓一 43 会社経営 無新 飲食・卸売会社代表取締役。元総合サービス会社執行役員。中央学院大卒。百合ケ丘
長谷川信市 48 建設業 無現 総務教育常任委員会副委員長、市スポーツ少年団本部長、消防団本部員。当2。東北福祉大卒。大柏
高梨隆 71 元教員 無現 県山岳連盟理事、守谷山の会会長。元市体育協会理事、霞ケ浦高教員。当2。法政大卒。板戸井
〈経歴表の見方〉氏名、年齢、職業、所属と現新元別、主な肩書、経歴、当選回数、最終学歴、住所の順


守谷市議選告示 3人超の画像

守谷市議選告示 3人超

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 27 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15800399194798

任期満了に伴う守谷市議選(定数20)は26日告示され、定数を3人上回る23人が立候補を届け出た。立候補者の内訳は現職15人、元職1人、新人7人。党派別では公明、共産各2人、国民民主、立憲民主各1人、無所属17人。
投票は2月2日午前7時から午後8時まで市内21カ所で行われ、同9時から同市百合ケ丘の市立黒内小で即日開票される。有権者数は5万4984人(25日現在)
■守谷市議選立候補者
(20-23、届け出順)
高梨恭子 57 デザイン業 無現
渡辺大士 32 会社役員 無現
梅木伸治 57 会社役員 無現
海老原博幸 56 元会社員 無新
河野誠 46 元予備校講師 無新
山本広行 43 政党役員 公新
首藤太亮 30 会社員 国新
青木公達 67 団体役員 無現
砂川誠 57 政党役員 公現
佐藤弘子 75 政党役員 共現
寺田文彦 64 会社役員 無現
伯耆田富夫 70 会社役員 無現
堤茂信 58 団体職員 無現
高橋典久 43 保険代理店業 無現
小菅勝彦 55 元会社員 立新
上床真澄 59 学習塾経営 無新
渡辺秀一 48 会社役員 無現
山崎裕子 46 会社員 無元
神宮栄二 68 運送業 無現
山田美枝子 74 政党役員 共現
田中啓一 43 会社経営 無新
長谷川信市 48 建設業 無現
高梨隆 71 元教員 無現


取手新市議決まるの画像

取手新市議決まる

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 27 Jan 2020 09:37:13 +0900

記事コード:15800399954351

任期満了に伴う取手市議選(定数24)は26日、市内54カ所で投票され、同市寺田の取手勤労青少年体育センターで即日開票の結果、新議員が決まった。当日有権者数は9万1016人、投票率は補選を除き過去最低の43.86%(前回47.22%)だった。
当選者の内訳は現職19人、新人5人。党派別では公明、共産各4人、自民3人、維新、諸派各1人、無所属11人。定数を7人上回る31人が激戦を繰り広げた。
■取手市議選開票結果
(24-31、選管最終)
当 2,519 岩沢信 47 自現(3)
当 2,296 佐藤隆治 48 無現(5)
当 2,103 石井めぐみ 40 維現(4)
当 1,881 久保田真澄 57 公新(1)
当 1,800 斎藤久代 62 公現(5)
当 1,662 小池悦子 44 共現(3)
当 1,634 落合信太郎 53 公現(3)
当 1,625 金沢克仁 44 自現(4)
当 1,619 入江洋一 61 無現(5)
当 1,580 染谷和博 59 公現(4)
当 1,471 鈴木三男 68 無新(1)
当 1,438 遠山智恵子 66 共現(4)
当 1,430 結城繁 62 無現(5)
当 1,371 加増充子 67 共現(7)
当 1,348 根岸裕美子 50 諸新(1)
当 1,334 山野井隆 45 無現(4)
当 1,312 赤羽直一 72 自現(4)
当 1,228 細谷典男 68 無現(4)
当 1,164 関川翔 33 無現(2)
当 1,162 関戸勇 75 共現(3)
当 1,119 小堤修 58 無現(2)
当 1,101 吉田宏 62 無現(4)
当 1,049 須田光雄 43 無新(1)
当  882 海東一弘 46 無新(1)
-   773 飯島悠介 41 無現
-   743 伊藤正夫 41 無新
-   670 岡本介伸 49 N新
-   409 斎藤隆 69 無新
-   334 平由子 73 諸元
-   244 谷口治 51 無新
-   156 小沢悦夫 69 無新
かっこ数字は当選回数


文小(利根)に最優秀賞 未成年の飲酒防止で 都内で表彰式の画像

文小(利根)に最優秀賞 未成年の飲酒防止で 都内で表彰式

関連地域 :利根町

最終更新日:Sun, 26 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15799486123785

未成年の飲酒を防ぐ教育活動で優れた取り組みを表彰する「20歳未満飲酒防止教育学校コンクール」(ビール酒造組合主催)の表彰式が25日、都内であり、小学校部門で利根町下曽根の町立文小(伊藤純一校長)が、2年連続で最優秀賞に選ばれた。
同小は保健委員会に所属する5、6年生8人が、中村まさえ養護教諭(52)の助言を受けながらアルコールの特徴やお酒について学び、4〜6年生の授業で教えることに挑戦した。PTAや保護者の協力も得て、お酒の特徴を学べるクイズや、アルコールを飲める体質か否か調べるアルコールパッチテスト、特殊ゴーグルを用いた飲酒状態の体験などを企画し取り組んだことが評価された。
同小5年の菅沼実生さん(11)と村上絢美さん(11)は「みんなでお酒について学ぶことができた。どうやったら分かりやすく特徴を伝えられるか工夫したので、評価してもらえてうれしい」と喜んだ。
コンクールには全国の小中学校と高校、特別支援学校(学級)から43件の応募があった。文小は小学校部門に応募のあった12件から最優秀賞に選ばれた。(高岡健作)

【写真説明】
賞状を受け取る利根町立文小の菅沼実生さんと村上絢美さん、伊藤純一校長、中村まさえ養護教諭(左から)=都内


取手市議選26日投票の画像

取手市議選26日投票

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 26 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15799605508190

任期満了に伴う取手市議選(定数24)は26日午前7時から午後6時まで市内54カ所で投票が行われ、同7時から同市寺田の取手勤労青少年体育センターで即日開票される。大勢判明は同10時ごろの見通し。定数を7人上回る31人が立候補し激戦となっている。有権者は9万1790人(18日現在)。


JA書道コンクール 望月さん(江戸川学園取手中)文科大臣賞 都内で表彰式の画像

JA書道コンクール 望月さん(江戸川学園取手中)文科大臣賞 都内で表彰式

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 25 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15798648637352

全国の小中学生を対象とした全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)主催の「書道・交通安全ポスターコンクール」表彰式が24日、都内で開かれ、書道の条幅の部で江戸川学園取手中1年の望月優作さん(13)が、大賞に当たる文部科学大臣賞を受賞した。
望月さんの作品「世紀の祭典」は、行書体の筆遣いや、それによって書かれた全ての文字の力強さなどが評価された。
望月さんは「名誉ある賞を受賞できると思っていなかったので、うれしい。『世』の字が難しかったが、何度も練習していい作品ができた」と笑顔を見せた。
コンクールには、全国から書道に136万8392点、交通安全ポスターに15万4996点の応募があった。(高岡健作)

【写真説明】
文部科学大臣賞を受賞した江戸川学園取手中の望月優作さん=都内


取手市議選26日投票 7人超31人激戦の画像

取手市議選26日投票 7人超31人激戦

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 25 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15798743752163

任期満了に伴う取手市議選(定数24)は26日午前7時から午後6時まで市内54カ所で投票が行われ、同7時から同市寺田の取手勤労青少年体育センターで即日開票される。大勢判明は同10時ごろの見通し。定数を7人上回る31人が立候補し激戦となっている。内訳は現職20人、元職1人、新人10人。有権者は9万1790人(18日現在)。
■取手市議選立候補者
(24-31、届け出順)
岩沢信 47 自営業 自現
久保田真澄 57 政党役員 公新
小堤修 58 元東京消防庁職員 無現
金沢克仁 44 元国会議員秘書 自現
赤羽直一 72 会社員 自現
佐藤隆治 48 建設業 無現
染谷和博 59 政党役員 公現
入江洋一 61 自営業 無現
須田光雄 43 運転代行業 無新
根岸裕美子 50 市民団体代表 諸新
結城繁 62 不動産管理業 無現
関戸勇 75 政党役員 共現
細谷典男 68 元NTT社員 無現
斎藤久代 62 政党役員 公現
鈴木三男 68 税務会計事務職員 無新
谷口治 51 自営業 無新
飯島悠介 41 市民団体役員 無現
海東一弘 46 福祉施設職員 無新
遠山智恵子 66 政党役員 共現
小池悦子 44 政党役員 共現
斎藤隆 69 著述業 無新
加増充子 67 政党役員 共現
岡本介伸 49 政党員 N新
落合信太郎 53 政党役員 公現
石井めぐみ 40 会社員 維現
伊藤正夫 41 介護施設経営 無新
小沢悦夫 69 元国家公務員 無新
山野井隆 45 タレント 無現
関川翔 33 会社員 無現
平由子 73 画家 諸元
吉田宏 62 精肉販売業 無現


守谷市議選26日告示 3人超の見込みの画像

守谷市議選26日告示 3人超の見込み

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 25 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15798744409855

任期満了に伴う守谷市議選(定数20)は26日告示される。立候補を予定しているのは現職15人、元職1人、新人7人の23人。投票は2月2日、市内21カ所で行われ、午後9時から同市百合ケ丘の市立黒内小で即日開票される。有権者は5万4786人(昨年12月1日現在)。


《NIB出前授業・ビジネスに新聞を》「伝わる文章」学ぶ つくばみらい市の画像

《NIB出前授業・ビジネスに新聞を》「伝わる文章」学ぶ つくばみらい市

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 23 Jan 2020 17:00:42 +0900

記事コード:15796930849763

職員の情報発信力を高めようと、つくばみらい市は17日、市役所伊奈庁舎で、茨城新聞社の「NIB出前授業」を活用して各課の若手職員ら計40人を対象に「住民に伝わる文章の書き方講座」を開いた。
長年記者を務めてきた茨城新聞社NIE事務局スタッフが、伝えたいことから書く「逆三角形」の文章や一文を簡潔に書くこつを、例題を交えながら解説。
市教育委員会学校総務課の鈴木智絵さん(31)は「書き手の視点によって、記事も見出しも違ってくることがよく分かった。プレスリリースのクリニックでは、タイトルの違いで随分、伝わり方が違うと実感できた」と指摘。
教育指導課の大倉未季さん(20)は「見出しを10字以内でまとめる体験が楽しかった。一般名詞のように日頃使っている商標名にも、気を配りたいと思った」と話していた。
茨城新聞社は、社員職員のスキルアップ研修に新聞を役立ててもらう「NIB出前授業」の申し込みを受け付けている。NIBは「Newspaper in Business(ビジネスに新聞を)」の略。
2〜3時間の基本プランで講師料1万円(税別)。ほかに受講人数分の当日付の新聞代がかかる。問い合わせは、茨城新聞社NIE事務局(電)029(239)3004、ファクス029(301)0361

【写真説明】
一文を簡潔に書く例題に挑戦する職員ら=つくばみらい市役所伊奈庁舎


レーサー・山野さん「もりや大使」第1号、魅力発信への画像

レーサー・山野さん「もりや大使」第1号、魅力発信へ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 23 Jan 2020 11:28:54 +0900

記事コード:15796929313739

守谷市は、市の魅力をPRする「もりや広報大使」を新設し、市内在住でレーシングドライバーの山野哲也さん(54)に大使を委嘱した。同市松ケ丘のウエディングヒルズアジュールで9日に開かれた賀詞交歓会で委嘱状が手渡された。
山野さんは東京都武蔵野市出身。モータースポーツの全日本ジムカーナ選手権チャンピオン19回獲得、通算114勝、SUPER GT3連覇などの数々の功績を挙げている。昨年の全日本ジムカーナ選手権ではPN2クラス全10戦中9戦で優勝(年間最多記録)し、同クラスのシリーズチャンピオンに輝いた。本年度の県表彰では特別功労賞を受賞し、東京五輪の本県聖火ランナーにも選ばれている。
大使第1号となった山野さんは今後、自身の活動の中で市の魅力を市内外へ発信していく予定。山野さんは「全国を(レースで)転戦すると、どこに住んでいるのかとよく聞かれる。『守谷です。日本で一番良いまちです』と断言している。これからは今以上に守谷市のことを勉強し、まちの魅力を全国に伝えていきたい」と抱負を語った。
市によると、広報大使は市にゆかりのある、さまざまな分野で活躍する人らに委嘱していくという。(高阿田総司)

【写真説明】
もりや広報大使の委嘱を受け、拡大サイズの名刺を渡される山野哲也さん(左)=守谷市松ケ丘


廃校でトラフグ養殖 河内町の企業が今秋にも販売の画像

廃校でトラフグ養殖 河内町の企業が今秋にも販売

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 23 Jan 2020 18:01:03 +0900

記事コード:15797012546104

◆塩分濃度高い地下水を利用 町も支援、特産品化期待◆
河内町の廃校で地元企業が、地下水を活用したトラフグの養殖を進めている。町の地下水は塩分濃度が高く、飲用にも農業用にも適さなかったが、新たな使い道を見いだした格好だ。事業の着手から1年がたち、一部の個体は食べられる大きさに成長した。企業側は今秋をめどに販売に乗り出したい考え。支援を講じてきた町幹部も「米以外の特産品ができる」と期待を膨らませている。
15日夜、町内の結婚式場。水槽の中で体長約20センチのトラフグがのんびりと泳ぐ。2012年に廃校になった旧町立長竿小で育った。近隣の首長や議員らを招いた試食会でお披露目された。
養殖を営むのは、町内に拠点を置くトキタ(時田浩子社長)。建設会社も経営する時田武取締役によると、地域活性化と新たな名物づくりを狙いに構想した。栃木県内での先行事例を視察するなどしてノウハウを吸収したという。町も廃校を無償貸与して支援する。敷地内に閉鎖型の施設を建て、容量10トンの水槽や独自開発の循環システムで効率的な育成に取り組む。未利用だった地下水を有効に使うことで、コストを削減した。
18年12月に100匹の試験的な養殖を開始した。現在は2千匹に達する。今後は複数の水槽で4千匹を育てる方針だ。食べられるまでには1年程度の時間がかかるが、海上養殖と比べて倍の早さでの成長が期待できるといい、天候に左右されず安定して出荷できる強みがある。
今秋をめどに、飲食店を含む事業者向けに販売していく予定だ。県内では宿泊施設で養殖の実績があるものの、規模が比較的大きな商品化は県内初になるという。
試食会では、鍋や刺し身、唐揚げといったフルコースが登場した。一緒に視察するなど二人三脚で歩んできた雑賀正光町長は「ようやく皆さんにお届けできる日が来る。リーズナブルな価格で食べられるようになれば、町の特産品になる。支えていきたい」と強調。時田取締役は「養殖自体はとても順調にいっているし、味も天然物と遜色ないと思う。販路拡大やPRが鍵になりそう。トラフグで地域がにぎわえばいい」と力を込めた。
トキタではこのほか、長竿小で高級食材のキャビアが採れるチョウザメも育てている。数年内を視野に、安定的な供給の確立を目指している。 (鈴木剛史)
★トラフグ
食用のフグでは最高級に位置する。餌によって体に毒をためるとされている。専用の食べ物を与えて養殖した個体は毒を持たなくなるという。

【写真説明】
旧河内町立長竿小敷地にあるトラフグ養殖施設(トキタ提供)


つくばみらい市議選 事前審査に24陣営の画像

つくばみらい市議選 事前審査に24陣営

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 22 Jan 2020 10:03:12 +0900

記事コード:15796124714270

任期満了に伴い、2月2日告示、同9日投開票で行われるつくばみらい市議選(定数18)の立候補届け出書類の事前審査が20、21の両日、同市役所で開かれ、24陣営が出席した。内訳は現職13、元職1、新人10。有権者は4万2232人(昨年12月1日現在)。


小堀の渡し・新船完成、3月から運航 取手市、日比野氏デザインの画像

小堀の渡し・新船完成、3月から運航 取手市、日比野氏デザイン

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 21 Jan 2020 16:00:16 +0900

記事コード:15795192618429

取手市は20日、利根川下流域唯一の渡し船、小堀(おおほり)の渡しの新しい船が完成したと発表した。3月1日にお披露目の就航式を開き、一般向けに無料運航する。合わせて、東京芸大美術学部長の日比野克彦氏による船体色デザインなども公表した。新船の入れ替えは約30年ぶり。現在の船が老朽化したことから、市は本年度予算に渡船購入費など5330万円を計上し、新船の造船を進めていた。
初代の鉄船「とりで」は1972年に就航。現在の二代目は89年から約30年が経過している。新船は横幅が広くなり、新しい設備として、船室の上に見晴らしの良いフライングデッキが付けられている。乗船人数は二代目と同じ最大12人。名称は従来の「とりで」を継承する。
日比野氏による船体色のデザインは、赤、青、黄色が使われカラフルで、市の鳥カワセミが水面(みなも)に映った時の輝きをイメージしている。愛称を「KAWASEMI(カワセミ)」とし、広く親しまれることを狙う。市水とみどりの課によると、2月中旬には船体の色の塗装が終わる予定という。
日比野氏は、小堀の渡しのシンボルデザインも担当。船の形と名称が一緒になったデザインで、市では今後、のぼり旗や法被などに使い、PRに役立てる予定。同課では「まずは市内外に新船をPRし、多くの人に乗ってもらいたい」と来場に期待する。
小堀の渡しは14年に同地区の住民が始めた渡し船。67年に取手町(当時)が運航するようになった。2001年から有料化(同地区住民や未就学児などは無料)され、現在では片道200円、往復約50分の観光船として、県内外から訪れる人を迎え入れている。
新船の就航式は3月1日午前10時からJR常磐線鉄橋下のふれあい桟橋周辺で開く。新船と旧船の同時運航を実施する。同日の一般の無料運航は午後1時から同4時半を予定。新船の通常運航は翌2日から。 (高阿田総司)

【写真説明】
日比野克彦氏が船体色デザインを手掛けた小堀の渡しの新船の塗装図(取手市提供)


新春賀詞交歓会開き地域経済の発展誓う 龍ケ崎市商工会の画像

新春賀詞交歓会開き地域経済の発展誓う 龍ケ崎市商工会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 21 Jan 2020 06:00:16 +0900

記事コード:15795194918298

龍ケ崎市商工会(川北嗣夫会長)の新春賀詞交歓会が16日、同市松ケ丘のアルシェで開かれた。来賓や市内の商工業者ら約110人が出席し、新年を祝うとともに地域経済の発展を誓い合った。
川北会長は「今年は3月14日にJR常磐線佐貫駅が龍ケ崎市駅に変わる記念すべき年。商工会としても全国に龍ケ崎を発信し、まちの活性化に尽力したい」とあいさつ。
来賓の中山一生市長は「佐貫駅が龍ケ崎市の玄関口として67年間果たしてきた役割、それを引き継ぎながら龍ケ崎市駅としての歴史を皆さんと一緒に築いていきたい」と抱負を述べた。
竜ケ崎警察署の桜井検二署長の発声で乾杯。その後、参加者らは和やかに歓談しながら親睦を深めた。

【写真説明】
龍ケ崎市商工会の新春賀詞交歓会で経済発展を誓い乾杯をする参加者=同市松ケ丘


県建設業協会竜ケ崎支部が賀詞交歓会の画像

県建設業協会竜ケ崎支部が賀詞交歓会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 21 Jan 2020 10:09:18 +0900

記事コード:15795216301131

県建設業協会竜ケ崎支部(細谷武史支部長)の賀詞交歓会が15日、龍ケ崎市内で開かれ、会員30人が新年の飛躍を誓い合った。細谷支部長は「建設業界は大きな変革の時代を迎えている。労働環境の改善などに取り組み、自然災害に対する地域の守り手としての責務を果たしていきたい」とあいさつ。熱田勝義副支部長の発声で乾杯し参加者らは和やかに歓談しながら親睦を深めた。

【写真説明】
県建設業協会竜ケ崎支部の賀詞交歓会であいさつする細谷武史支部長=龍ケ崎市


龍ケ崎市給食献立コンクール 伊藤さん親子が最優秀賞の画像

龍ケ崎市給食献立コンクール 伊藤さん親子が最優秀賞

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 20 Jan 2020 11:00:00 +0900

記事コード:15794318291101

◆「のっぺ汁」、茨城風に◆
龍ケ崎市の給食献立を親子で考えるコンクールの表彰式が14日、市役所で開かれた。市立中根台中1年の伊藤紅樹(こうき)さん(13)、母親の真由美さん(46)による「茨城風のっぺ汁」が最優秀賞に輝いた。新潟県の郷土料理をアレンジしたのが特徴。今後、市内の小中学校で提供される予定だ。

コンクール「親子でつくる給食献立」は、家庭で食について話し合ってもらうのが狙い。市教育委員会や関係団体で構成する龍ケ崎教育の日推進事業実行委員会が、市立小中学校の児童生徒とその保護者を対象に企画した。9回目となる今回は、901点の応募が寄せられた。
伊藤さん親子が考案した献立は、真由美さんの出身地の新潟県に伝わる煮物料理「のっぺ」が基になっている。伊藤さんが夏休みに新潟県を訪れた際、祖母から振る舞われ「茨城の食べ物で作ればもっとおいしくなりそう」と思ったという。
サトイモでとろみをつけ、肉や野菜といった具材を煮る従来のレシピに一工夫を加え、県特産のサツマイモなどを入れることで茨城らしさを演出した。真由美さんは「食べやすいよう、野菜を細かく切った」と説明する。
茨城風のっぺ汁は2月13日に市立中学校で、同17日に市立小学校でそれぞれ給食として実際に出される。実行委の委員長を兼ねる平塚和宏教育長から表彰状を受け取った2人は「まさか最優秀とは思ってもいなかったのでうれしい。残さずに食べてもらえたら」と期待を寄せた。(鈴木剛史)

【写真説明】
平塚和宏教育長(右)から表彰状を受け取った伊藤紅樹さん(左)と真由美さん親子=龍ケ崎市役所


つくばみらい市 子育て支援へICT活用の画像

つくばみらい市 子育て支援へICT活用

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 20 Jan 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15794318291096

◆保護者と双方向 都内企業と協定◆
つくばみらい市は、子育て支援分野での情報通信技術(ICT)活用を見据え、都内の企業と包括連携協定を結んだ。市立保育所などでICTを活用した実証実験を行い、業務改善などを検証する。

協定を結んだのは企業向けクラウドセキュリティーサービスを手掛ける「HENNGE(へんげ)」(東京)。16日に市役所伊奈庁舎で締結式が行われた。
同社によると、実証実験は4月から1年間、市立保育所2カ所と市の子育て支援センターの計3カ所で実施。同社が提供するシステムを活用し、保護者側と行政側の双方向のやりとりを検証する。
具体的に検討しているのは、文書類の電子化や出欠管理サービスの導入などで、保護者側の機能としては、パソコンやタブレット端末で「保育所だより」が見られたり、子どもの欠席連絡が行えたりする。行政側はペーパーレス化、電話応対の軽減など、業務の効率化が見込まれる。システム機能は利用者の声を拾いながら順次拡充する。
同社が自治体向けに同種のサービスを開発するのは初めてで、締結式に出席した宮本和明副社長は「実験を通じ、何が使いやすいか、必要なものは何か、現場の声を拾い、良いものを作っていきたい」と意気込みを語った。
小田川浩市長は「行政においてはまだまだICTを使い切れていない。同社が培ってきた経験をこのつくばみらい市で思う存分生かしてもらいたい」と期待感を示した。
同社は、今回の実験で得た知見を踏まえてシステムを確立し、他の自治体への普及も目指すことにしている。(今橋憲正)

【写真説明】
協定を結んだつくばみらい市の小田川浩市長(右)とHENNGEの宮本和明副社長=同市役所


取手市議選告示 7人超の画像

取手市議選告示 7人超

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 20 Jan 2020 10:06:13 +0900

記事コード:15794318291086

任期満了に伴う取手市議選(定数24)は19日告示され、定数を7人上回る31人が立候補を届け出た。立候補者の内訳は現職20人、元職1人、新人10人。党派別は公明、共産が各4人、自民3人、維新、N国が各1人、諸派2人、無所属16人。 (22面に立候補者略歴)
投票は26日午前7時から午後6時まで、市内54カ所で行われ、同7時から同市寺田の取手勤労青少年体育センターで即日開票される。有権者は9万1790人(18日現在)。
■取手市議選立候補者
(24-31、届け出順) 
岩沢信 47 自営業 自現
久保田真澄 57 政党役員 公新
小堤修 58 元東京消防庁職員 無現
金沢克仁 44 元国会議員秘書 自現
赤羽直一 72 会社員 自現
佐藤隆治 48 建設業 無現
染谷和博 59 政党役員 公現
入江洋一 61 自営業 無現
須田光雄 43 運転代行業 無新
根岸裕美子 50 市民団体代表 諸新
結城繁 62 不動産管理業 無現
関戸勇 75 政党役員 共現
細谷典男 68 元NTT社員 無現
斎藤久代 62 政党役員 公現
鈴木三男 68 税務会計事務職員 無新
谷口治 51 自営業 無新
飯島悠介 41 市民団体役員 無現
海東一弘 46 福祉施設職員 無新
遠山智恵子 66 政党役員 共現
小池悦子 44 政党役員 共現
斎藤隆 69 著述業 無新
加増充子 67 政党役員 共現
岡本介伸 49 政党員 N新
落合信太郎 53 政党役員 公現
石井めぐみ 40 会社員 維現
伊藤正夫 41 介護施設経営 無新
小沢悦夫 69 元国家公務員 無新
山野井隆 45 タレント 無現
関川翔 33 会社員 無現
平由子 73 画家 諸元
吉田宏 62 精肉販売業 無現


原付用ご当地ナンバー “走る広告塔”導入進むの画像

原付用ご当地ナンバー “走る広告塔”導入進む

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 20 Jan 2020 09:59:34 +0900

記事コード:15794318167053

◆低予算で高効果 県内17市町 ◆
原付バイク用に交付する市町村の「ご当地ナンバープレート」が人気だ。県内では約4割に当たる17市町が採用し、取手、小美玉の2市はデザイン公募を実施中。導入が進む背景には手頃な予算で「PR効果が見込める」(鉾田市)という利点があるほか、自動車とは異なりプレートの形も自由にできるため、まちの特色をアピールしやすいとみられる。

原付バイク用のナンバープレートは、地方税法に基づき市町村が交付する「課税証明」。道路運送車両法に基づき形状が決められている自動車のナンバーとは異なり、排気量ごとに色の定めはあるものの、市町村の裁量で形状を決めることができる。原付バイク以外に、トラクターなどの小型特殊自動車に交付する自治体もある。
鉾田市は今年4月から、ご当地ナンバープレートを交付予定。デザインには、市マスコットキャラクター「ほこまる」がサーフィンをしたり、「日本でいちばん野菜をつくる街」をPRするため、メロンやサツマイモ、イチゴなどの図柄を盛り込んだりした。同市の場合、投入した予算は千枚で約60万円。市税務課の担当者は「交付枚数にもよるだろうが、費用対効果が高いと判断した」と導入の理由を語る。
一方、転売目的とみられるプレートの盗難騒ぎも起きており、年間600〜700枚を交付しているという水戸市では昨夏、市のキャラクター「みとちゃん」イラスト入りのナンバープレートが相次いで盗まれる被害が報告されている。
ご当地ナンバープレートの情報を集計、分析している日本経済研究所(東京都)によると、全国590市区町村以上が地元のPRを狙って採用(昨年10月現在)。全国の約3分の1に当たる自治体が導入している計算で、人気は今後も続きそうだ。
市制50周年を記念してプレートのデザインを公募中の取手市は、今年夏ごろの交付を予定。市課税課は「(ご当地ナンバーは)まさに“走る広告塔”。利用者の方々に市の魅力をアピールしてもらえれば」と期待を寄せている。(大平賢二)

【写真説明】
4月から交付される鉾田市のご当地ナンバープレート=鉾田市役所


取手中3いじめ自殺 第三者委が最終提言 教員連携の仕組み導入をの画像

取手中3いじめ自殺 第三者委が最終提言 教員連携の仕組み導入を

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 19 Jan 2020 09:00:00 +0900

記事コード:15793485063539

2015年11月に取手市立中学3年の女子生徒=当時(15)=がいじめを受け自殺した問題を巡り、再発防止策を協議する市教委の第三者委員会「市いじめ問題専門委員会」(委員長、藤川大祐・千葉大教授)は18日、複数の教員が連携して対応する「全員担任制・複数担任制」の導入などを盛り込んだ最終提言を取りまとめ、市教委に提出した。当時の市教委の対応を厳しく批判し、「教育風土を抜本的に変えていく覚悟が求められる」とした。
第三者委は、生徒の悩みや困り事などを教員間で共有する「教育相談部会」制度の構築も提言。いじめに関するアンケート実施後に生徒と面談することや、生徒が相談できる外部機関の確保なども求めた。
市教委には、再発防止策を実行するための専門の役職を設けることや、外部の専門家による定期的なチェックも要請した。
提言を受け取った伊藤哲教育長は「真摯(しんし)に取り組む」と応じた。藤川委員長は「亡くなった生徒の思いをつなぐ意識で、具体的な防止策をまとめた」と述べた。
市教委は同日、全員担任制について来年度にも市立中6校に導入する方針を示した。同制度は1人の学級担任がほぼ全ての生徒を見るのではなく、担任の交代や副担任の活用も含め、複数の教員で見る。担任1人に任せず、問題が起きた際に他の教員がカバーして対応し、改善するのが狙い。
「教育相談部会」は、生徒の悩みや課題に対応する担当職員を各学年に置くなどして吸い上げ、教員間の会議で相談し、対応に当たる制度という。
藤川委員長は「提言を踏み台にし、学校ごとに(対応を)工夫してもらうことを期待する」と語った。
問題を巡っては、遺族の求めで県が設置した調査委が昨年、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認定し、いじめ防止対策推進法に基づく調査委設置を怠った市教委の対応を違法とする報告書をまとめている。(高阿田総司)
【提言の主なポイント】
▼学校・教員
・全員担任制・複数担任制
・教員による教育相談部会
・いじめに関する教員研修
・個別生徒への複数対応
▼教育委員会
・法令順守の外部チェック
・新委員との事案経緯共有
・保護者への意向確認徹底

【写真説明】
伊藤哲教育長に提言書を手渡す市いじめ問題専門委員会の藤川大祐委員長(左)=18日午後、取手市藤代


守谷市が教科担任制、4月導入へ 小学5・6年 理科、音楽、図工の画像

守谷市が教科担任制、4月導入へ 小学5・6年 理科、音楽、図工

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 19 Jan 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15793485063538

◆独自予算 学習の質向上狙い◆
守谷市は4月から、小学校高学年での「教科担任制」を市内全9小学校で導入する。小学5、6年の理科、音楽、図工の授業を学級担任とは別の専門の教員が教える制度で、市の予算で独自に教員を雇う。専門性の高い3科目を教科担任が教えることで、学級担任の授業の準備時間などを増やし、児童の学習の質の向上につなげることが狙い。

導入について市学校教育課は「全ては児童のため。学級担任に時間の余裕ができることが、児童の学力向上につながる」と話す。理科、音楽、図工を専門の教科担任が教えることで、学級担任に時間の余裕(空き時間)が生まれる。学級担任は、空き時間を教材研究などの研修に充て、研修で身に付けた内容を、授業で児童らに反映させる。
市が雇用する教科担当は、常勤(週5日勤務)、非常勤(週3日勤務)合わせて15人(理科7人、音楽4人、図工4人)程度。採用は4月からで、給与は常勤1人当たり年間で約686万円、非常勤は約412万円。市は1年間の任期付き職員15人を雇用するための予算約9千万円を2020年度当初予算案に計上する方針。
採用募集は、今月15日から全国に向けて開始している。2月14日まで受け付ける。任期は1年だが、実績により最長5年まで雇用延長できる。教科担任は、教科により一つの小学校で教える教員と、複数の小学校を兼任する教員に分かれるという。
同課では「中途も大歓迎。実績や経験のある人の方が、教科担任制には向いている。1度教職を離れた人にも力を発揮してほしい」と話す。
町田香教育長は「学級担任の時間の余裕は、制度を導入する4月から生まれる。今まで以上に教員の授業への準備時間が取れ、児童は質の高い授業を受けることができる。最終的には児童の学習に帰結する」と成果に期待する。(高阿田総司)

【写真説明】
教科担任制を見据えた小学校の理科授業の様子=昨年7月、守谷市内(市提供)


定数7人超の激戦か 取手市議選19日告示の画像

定数7人超の激戦か 取手市議選19日告示

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 18 Jan 2020 15:00:00 +0900

記事コード:15792611036393

任期満了に伴う取手市議選(定数24)は19日告示される。立候補を予定しているのは現職20人、元職1人、新人10人の計31人。党派別では公明、共産が各4人、自民3人、維新、N国が各1人、諸派2人、無所属16人。定数を7人上回る激戦が予想される。
投票は26日午前7時から午後6時まで市内54カ所で行われ、同7時から同市寺田の取手勤労青少年体育センターで即日開票される。有権者は9万1877人(昨年12月1日現在)。


取手市商工会の賀詞交歓会 地域経済の飛躍誓うの画像

取手市商工会の賀詞交歓会 地域経済の飛躍誓う

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 18 Jan 2020 06:00:00 +0900

記事コード:15792611036379

取手市商工会(菊地城一郎会長)の新春懇親会が14日、同市桑原のキリンビール取手工場ゲストホールで開かれ、来賓や市内の商工業者ら約160人が出席し、新年のスタートを祝うとともに地域経済の飛躍を誓った。
菊地会長は「全ての中小企業、小規模事業者に対して伴走型支援を継続的に行う体制を充実させたい。目標に向かって、行きます、聞きます、提案しますをモットーに役職員一同頑張っていきます」とあいさつした。
来賓の藤井信吾市長らが祝辞を述べた後、キリンビール取手工場の九鬼理宏工場長の発声で乾杯。参加者らは和やかに歓談しながら親睦を深めた。

【写真説明】
取手市商工会の新春懇親会であいさつする菊地城一郎会長=同市桑原


守谷市議選 事前審査に23陣営の画像

守谷市議選 事前審査に23陣営

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 17 Jan 2020 14:00:00 +0900

記事コード:15791807976039

任期満了に伴い、26日告示、2月2日投開票で行われる守谷市議選(定数20)の立候補届け出書類の事前審査が15、16の両日、同市役所で開かれ、23陣営が出席した。内訳は現職15、元職1、新人7。有権者は5万4786人(昨年12月1日現在)。


筑波銀、6支店移転統合への画像

筑波銀、6支店移転統合へ

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 17 Jan 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15791720446183

筑波銀行(土浦市)は16日、6支店を店舗内店舗(ブランチ・イン・ブランチ)として移転統合すると発表した。3月9日に桜町支店(土浦市桜町)と真鍋支店(同市真鍋新町)を本店営業部(同市中央)に、同月16日に見和支店(水戸市見川)を水戸営業部(同市泉町)、取手支店(取手市取手)を新取手支店(同市新取手)に、同月23日に土合支店(神栖市土合本町)を波崎支店(同市波崎)、真岡支店(栃木県真岡市)を筑西支店(筑西市甲)にそれぞれ移転統合する。移転に伴う支店名称や支店番号、口座番号の変更はない。


萩生田文科相がICT活用の授業を視察 守谷、つくばの学校の画像

萩生田文科相がICT活用の授業を視察 守谷、つくばの学校

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 17 Jan 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15791751677040

萩生田光一文部科学相は16日、守谷、つくば両市内の学校を訪れ、ICT(情報通信技術)を活用したプログラミングの授業や、教員の働き方改革の取り組み状況を視察した。
守谷市では、同市本町の市立守谷小(鈴木不二男校長)を訪れ、ICTを活用したプログラミングの授業を視察するとともに、働き方改革について教員らと意見交換した。同市は、週3日の5時間授業を導入し、教員の仕事をサポートするスクール・サポート・スタッフを配置するなど、教員の働き方改革を進めており、萩生田文科相は同小で実施状況について説明を受けた。その後、若手教員ら3人と働き方改革などについて懇談した。
つくば市では、同市みどりの中央の市立みどりの学園義務教育学校を訪問。ICTを活用した授業を視察した。
視察後、萩生田文科相は「(視察した)各学校には先進例として頑張ってほしい。ICT活用による働き方改革など、積極的に取り組む自治体に対しては国の補助金で支援したい」と語った。(成田愛)

【写真説明】
説明を受けながらプログラミングの授業を視察する萩生田光一文科相(左)=守谷市本町の市立守谷小


引退消防車を競売へ 龍ケ崎市初、財源一助に ポンプも出品の画像

引退消防車を競売へ 龍ケ崎市初、財源一助に ポンプも出品

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 16 Jan 2020 18:00:00 +0900

記事コード:15790894962457

不要になった消防車をオークションへ-。龍ケ崎市がこんな作戦に初めて乗り出す。県内ではごく珍しい取り組みという。従来は支援団体を通じて発展途上国に寄贈していたが、厳しさを増す台所事情に鑑み、少しでも財源を確保したい狙いがある。出品する車両3台は、走行距離が短めで状態は良好。市は高値での落札に期待を寄せる。
龍ケ崎市役所の北側駐車場に3台の消防車が並ぶ。ヤフーのインターネット公売「Yahoo!官公庁オークション」に出品予定の車両だ。
市によると、3台はいずれも消防団が使っていた車両でいすゞ製。登録から20年超が経過した。車両の更新に伴い、昨年3月末までに現役を退いた。6人乗りで普通免許で運転が可能だ。走行距離は4461〜8749キロメートル。「出動しても市内全域を走るわけではないので、年式の割に運転距離が短くなっている」(市危機管理課)。
出品に当たっては、悪用を防ぐためサイレンや赤色灯といった緊急走行用の装備を外す。無線機も取り除く。車体に入った消防団名も消すよう落札者に求める。消防車と分けてポンプ3基も出品する。
予定価格(最低落札価格)は市場価値を基に消防車が各15万円、ポンプは各5万5千円に設定する。得られたお金は市の予算の財源に充てる。
消防車の使われ方は「未知数でまったく見えない」(同課)ものの、部品の活用や海外への寄贈が考えられる。ポンプは消火だけでなく、排水にも利用できるという。
今月15日〜2月4日が仮申込期間。住民票や法人の登記事項証明書の提出を求め、市が資格を審査する。入札期間は本申し込み後の2月19〜26日。官公庁オークションのウェブサイトで手続きする。希望があれば見学も受け入れる。担当者は「エンジンの調子は良いので、バッテリー交換と車検を済ませれば走行になんら問題はない」と話していた。
問い合わせは市危機管理課(電)0297(64)1111
(鈴木剛史)

【写真説明】
龍ケ崎市が売却する消防車。装備は取り外してある=同市役所


河内町議選 説明会に12陣営の画像

河内町議選 説明会に12陣営

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 16 Jan 2020 10:21:14 +0900

記事コード:15790926250888

任期満了に伴い2月4日告示、同9日投開票で行われる河内町議選(定数12)の立候補予定者説明会が15日、町役場であり、12陣営が出席した。
内訳は現職10、元職1、新人1。立候補届け出書類の事前審査は28日に開かれる。有権者は7820人(昨年12月1日現在)。


公認1人、推薦2人 3市村議選で立民県連の画像

公認1人、推薦2人 3市村議選で立民県連

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Wed, 15 Jan 2020 10:00:00 +0900

記事コード:15790099838349

立憲民主党県連は14日までに、東海村議選(19日投開票)、守谷市議選(2月2日投開票)、つくばみらい市議選(同9日投開票)の各議員選で、党公認候補1人、推薦候補2人を決定した。県連が発表した候補は次の通り。(敬称略)
【公認】
▽守谷市議選 小菅勝彦
【推薦】
▽東海村議選 清宮寿子▽つくばみらい市議選 直井高宏


取手市教委が全員担任制理解へ講演会 東京・麹町中の工藤校長「生徒すぐ助けられる」の画像

取手市教委が全員担任制理解へ講演会 東京・麹町中の工藤校長「生徒すぐ助けられる」

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 16 Jan 2020 11:38:08 +0900

記事コード:15790097510891

取手市教委は14日、複数の教員で生徒を見る「全員担任制」に関する講演会・意見交換会を同市内で開いた。小中学校関係者など約70人が参加、学校への導入について考えた。
市は2015年11月に同市立中学3年の女子生徒=当時(15)=がいじめを受け自殺した問題で、18日に市の第三者委員会から再発防止策の最終提言を受ける。提言には「全員担任制」の導入が盛り込まれる予定で、理解を深めるのが目的。
講師は、全員担任制を導入している東京・麹町中の工藤勇一校長(60)。講演で工藤校長は「生徒が面談や相談をしたい教師を指名し、生徒自身が相談しやすい人を決めていく。困り事を抱えた生徒がいると、すぐに誰かが助けることができる」と利点などを説明。その上で「学校で誰とも話せない生徒がいると、教員がチェックしている。教員が8人いた場合、1日の中で必ず1人1回はその生徒に声を掛ける。1週間続けると、その生徒が元気になることがある。固定担任制では絶対にできないこと」と語った。
その後、参加者は講演を踏まえ、工藤校長を交えて意見交換を行った。(高阿田総司)


「能力を広げる」つくばみらい市成人式の画像

「能力を広げる」つくばみらい市成人式

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 15 Jan 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15789988546779

つくばみらい市の成人式が12日、同市小張の総合運動公園体育館で開かれ、新成人たちが新たな門出を祝った。同市の新成人は433人(男235人、女198人)。
小田川浩市長は「自分の本当にやりたいことを探し、悔いのないように行動してほしい」とエールを送り、福田敏男教育長は「意志あるところに道は開ける」という米大統領リンカーンの名言を取り上げ、「今日という日を時間の区切りでなく、生き方の区切りにしてほしい」と激励した

【写真説明】
振り袖やスーツ姿の新成人=つくばみらい市小張


今年の目標は「挑」 つくばみらい市新年会の画像

今年の目標は「挑」 つくばみらい市新年会

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 15 Jan 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15789988546778

つくばみらい市の賀詞交歓会「新春の集い」が14日、同市小島新田の茨城ゴルフ倶楽部で開かれ、各界の代表者約260人が新年を祝った。
初めに、世話人代表の山野井周一商工会長が「今年のえとであるネズミはたくさんの子を産み、繁栄の象徴ともいわれる。本年が実りある一年であることを願う」とあいさつした。
小田川浩市長は昨年に続き、今年の目標を漢字1文字で表し、「挑」と記した書を壇上から披露。「固定観念に縛られることなく、新しいことに挑戦する市政を目指す」と意気込みを語り、昨年11月から始めたシティープロモーションの取り組みもPRした。
アトラクションとして、地元の林蔵太鼓保存会が太鼓を演奏。昨年の叙勲受章者や地元出身の国体入賞選手の紹介などもあった。

【写真説明】
今年の目標を漢字1文字で示す小田川浩つくばみらい市長=同市小島新田


フィンスイミングの日本記録保持者 富山さん、競泳から「新しい道」の画像

フィンスイミングの日本記録保持者 富山さん、競泳から「新しい道」

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 14 Jan 2020 17:41:54 +0900

記事コード:15789096329818

足ひれを装着した競泳「フィンスイミング」の日本代表として国際大会で活躍。2018年1月に短水路400メートルサーフィス(水面泳)で3分13秒88の日本記録を出した富山周祐さん(25)。来年開催される第2のオリンピックと呼ばれる4年に1度の大会「ワールドゲームズ」出場を目指す。「今年の世界選手権で好成績を残し、出場権を獲得したい」と意気込む。
183センチ、85キロの恵まれた体格。高校時代まで競泳選手。早実高で全国高校総体(インターハイ)にも出場したが、早大入学後は勉強を優先し水泳を辞めた。「その後、日本選手権で活躍している同級生の姿をテレビで見た。その時、『まだ泳ぎたい』と思った」と振り返る。
大学のプールでフィンスイミングを見て興味を持ち、15年から本格的に転向。猛練習を重ね、日本選手権で優勝し、世界学生選手権のリレー競技でもメダルを獲得した。
フィンスイミングは、フィンと呼ばれる足ひれを装着して泳ぐ。両足をそろえて1枚のフィンを装着するモノフィンと、片足ずつ2枚のフィンを着けるビーフィンがある。
専門はモノフィン。競泳との違いを「スピードが圧倒的に違う。約1.5倍の速さの泳ぎを体感できる」と語る。「道具(=フィンなど)を介して自分の能力を生かす競技。競泳に限界を感じている人には向いているかもしれない。新しい道が開けるかも」
東京都練馬区出身。昨年春から社会人となり、キヤノン取手事業所で働く。フィンスイミングと並行して競泳も再開、平泳ぎで調子を上げている。「会社員になり、泳ぐ時間は少ない。それでも効率良く練習し、働いていても好タイムが出せると証明したい」と話す。取手市在住。(高阿田総司)

【写真説明】
フィンスイミングの日本記録保持者 富山周祐さん(25)


福祉巡回車を3市町に寄贈 生保協県協会の画像

福祉巡回車を3市町に寄贈 生保協県協会

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 13 Jan 2020 18:00:00 +0900

記事コード:15788297185353

生命保険協会県協会(上野勝会長)は10日、県社会福祉協議会を通じ牛久市、守谷市、阿見町の社協に福祉巡回用の軽乗用車を1台ずつ寄贈した。同協会が取り組む社会貢献活動の一環。
水戸市千波町の県総合福祉会館で開かれた贈呈式で、上野会長は「巡回車は会員社の社員から寄せられた募金を財源に、思いを形にしたもの。有効に活用してほしい」とあいさつ。県社協の森戸久雄会長に目録を手渡し、各市町の社協に車両が引き渡された。
県内に営業拠点を置く26の生命保険会社でつくる同協会は1992年度から毎年、加盟各社の社員から善意金を募り、県内市町村の社協に在宅介護などで活用される福祉巡回車を寄贈している。寄贈台数は今回で計60台になった。

【写真説明】
生命保険協会県協会の福祉巡回車贈呈式=水戸市千波町


腎臓病治療を紹介 12日、取手ウェルネスプラザで講演会の画像

腎臓病治療を紹介 12日、取手ウェルネスプラザで講演会

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 11 Jan 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15786526492471

慢性腎臓病(CKD)の進行を抑え、透析回避を目指す治療法などを紹介する講演会「第7回CKD保存療法普及のための全国大会」が12日午後2時から、取手市新町の取手ウェルネスプラザ多目的ホールで開かれる。NPO法人透析回避をめざす腎生会主催。
昨年10月に台風19号の影響で中止となったイベントで、筑波大付属病院教授の山縣邦弘医師や椎貝クリニック院長の椎貝達夫医師らが講演する。CKDの進行を抑え、透析回避を目指す治療法「保存療法」などについて説明。無料。問い合わせは同会(電)080(6770)2525


土工工事の松栄産業が自己破産へ 負債額2億5千万円の画像

土工工事の松栄産業が自己破産へ 負債額2億5千万円

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 11 Jan 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15786526492463

帝国データバンク土浦支店は10日、土工工事の松栄産業(龍ケ崎市)が事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して自己破産申請の準備に入ったと発表した。負債額は約2億5千万円とみられる。大手建機リース業者を主力得意先に基礎工事を手掛けていた。


TX守谷駅で成人式 首都圏新都市鉄道の画像

TX守谷駅で成人式 首都圏新都市鉄道

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 11 Jan 2020 09:55:56 +0900

記事コード:15786623859653

首都圏新都市鉄道(東京)は10日、つくばエクスプレス(TX)守谷駅で社員12人の成人式を行った。対象は2018年4月に入社した高卒社員。柚木浩一社長は「日々の安全を守る一つ一つの業務を大切にし、TXのステップアップを目指してもらいたい」と呼び掛け、新成人を代表して守谷駅務管理所駅務係の真崎未来也さん(20)が「同僚や先輩後輩との触れ合いを大切にして信頼される鉄道員を目指したい」と誓いの言葉を述べた。東海村出身の真崎さんは「外国人の利用者にも対応できるよう英語の勉強を頑張っていきたい」と意気込んだ。

【写真説明】
首都圏新都市鉄道の新成人を代表して成人の誓いを述べる真崎未来也さん=TX守谷駅


まちづくり協議会、守谷で4月本格始動 市民に浸透なるかの画像

まちづくり協議会、守谷で4月本格始動 市民に浸透なるか

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 10 Jan 2020 13:00:00 +0900

記事コード:15785676351086

◆課題解消へ地域つなぐ◆
守谷市が設立を進めている自治組織「まちづくり協議会」が来年度、本格的に動きだす。市民が自主的にまちづくりに取り組む地区ごとの組織で、本年度内に市内全10カ所中9カ所で設立される予定だ。市内ほぼ全域で活動が始まる一方、市民の理解を得、浸透させるには、新たな組織が「どんな立場なのか。何をするのか」などの説明が欠かせない。(取手龍ケ崎支局・高阿田総司)
▽10地区に区分
「地域の人たちに認識してもらうことが一番大事。活動をどうやって知らせるかだ」「数多くの団体の代表者との連携を、いかに取っていくかが大切だ」-。 昨年12月17日、市役所で開かれた協議会関係者の情報交換の場「地域の理想実現ミーティング」。各地区の代表がマイクを手に、地域に生まれた新組織「まちづくり協議会」の抱える課題について、熱く語った。
まちづくり協議会は、自治会、町内会やPTA、NPO法人などと並列の立場で各組織をつなぎ、連携することで地域の課題を解決する役割を担う。町内会などが単独でできない取り組みを、広い範囲で連携し、実現させていく。代表者は町内会などから「別の組織ができてしまう」などの反対意見も受けながら、何度も話し合いの場をつくり、設立に向けて説得してきたという。
高齢化が進むみずき野地区の協議会長、山下勝博さん(66)は「今年度末までは助走期間。地区住民が疑問に思う点を解消していき、4月から活動をしたい」と話した。
協議会は、市内を10地区に区分し、それぞれに設置される。すでに市内6地区で設立されており、残り4地区のうち、年度内に3地区が立ち上がる。
▽埼玉県を視察
総務省によると、同様の地域運営組織は全国で約4800組織(2018年度)が活動している。
市が視察し、参考にしたのは埼玉県鶴ケ島市の「地域支え合い協議会」。11年度から市内を小学校区ごとに八つに分けてスタートし、市は各協議会に交付金を支給するなどして支援。生活の身近な困り事を地域の助け合いで解決しているほか、放課後の子どもの居場所づくりなどで成果を上げている。協議会員数は約1100人という。
県内では那珂市が11年度から「地区まちづくり委員会」を立ち上げた。市内を8地区に分け、地区ごとに委員会を運営。市は交付金も支給している。
▽市も一緒に汗
守谷市のまちづくり協議会設立は、松丸修久市長が掲げる重要施策の一つ。市はこれまで、各地域の実情に応じた行政サービスを提供できる仕組みをつくろうと、地区ごとに協議会を設立する準備を進めてきた。
市は各協議会に交付金支給や職員派遣などをし、地域住民が自ら考え、やりたいことに対して支援をする。市民協働推進課では「市も一緒に汗をかく。これまで以上に協議会との信頼関係を強くしたい」と話す。
松丸市長は今後について「これからは、もう一歩進んだステップアップの時期」と位置付け、「市民一人一人に、まちづくり協議会のメンバーだという自覚をもってもらえるよう周知したい。そのためには、活動に参加してもらうことが重要」と語った。

【写真説明】
守谷市のまちづくり協議会関係者らが情報交換した「地域の理想実現ミーティング」=昨年12月17日、同市大柏


ゴールボール 山口凌河の画像

ゴールボール 山口凌河

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 10 Jan 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15785780110212

◆鈴の音追い 輝く笑顔◆
「クワイエット・プリーズ(お静かに)」-。
審判のコールで会場は静寂に包まれる。暗闇の中で全神経を研ぎ澄ませ、鈴の音と相手の足音、気配を頼りに“音の世界”で攻防を繰り広げる。1チーム3人が目隠しを着用し、鈴の入ったボールをゴールに向かって交互に転がし、得点を競うゴールボール。
昨年12月の国際大会で3位に入った男子日本代表でチーム最多得点を挙げ、見事、東京パラリンピックの代表に内定。「攻撃の要となり金メダルを取りたい」と意気込む。東京開催が決まった7年前のあの日から、目指してきた大舞台までもうすぐだ。

異変に気付いたのは中学2年の3月だった。小中学校で捕手、主将として野球に打ち込み、「目標は甲子園。将来、野球を教える学校の先生になりたい」と夢を膨らませていた頃だった。「ボールが捕れない」。2・0あった視力は見る見る落ち、中学最後の大会は出場がかなわなかった。
3年の夏、病院の診断結果が出た。視神経の病気で数十万人に1人といわれる難病のレーベル病と分かった。いつか治るという希望は打ち消され、「これから目の不自由な障害者として生きていくのか」と、一気に現実を突き付けられた。半年間のうちに両目の視力をほぼ失った。
ゴールボールとの出合いは、県立盲学校に入学した8年前。クラブ活動で体験したのがきっかけだ。当時顧問の教諭は日本代表として活躍していた。視力を失ってスポーツとは無縁になると思っていたが、「体を動かせる喜びと、先生から海外の話を聞くうちに世界の強い選手たちと戦いたいと思った」と、練習にのめり込んでいった。

競技を始めてわずか1年でユース代表に選ばれ、2013年の世界ユース選手権で優勝に貢献。その1カ月後、20年の東京五輪・パラリンピック開催が決まった。
「あと7年ある。一生懸命頑張れば、その舞台に立てるかもしれない」。そう思ったのを今でも鮮明に覚えている。17年に初めて日本代表に選出され、その年のアジア・パシフィック選手権で3位に入るなど実績を重ねた。
そして、念願だった東京パラリンピック代表の内定を得た。「うれしいより支えてくれた人や選手仲間、いろいろな人の思いを背負って出場することに、身が引き締まる思い」
モットーは「笑顔」だ。病と向き合う中で落ち込んだ時、幼なじみや野球部の仲間の笑顔が自分を笑顔にさせた。「目が見えていた自分と、見えなくなってからの自分を何も変化なく接してくれた」。次は自分の番。「見てくれている人たちに感動や勇気を与え、自分の笑顔でみんなを笑顔にできたらうれしい」
大舞台でも持ち前の笑顔を発揮し、金メダルを獲得するつもりだ。(関口沙弥加)
■やまぐち・りょうが
1997年1月5日生まれ。取手市出身。市立藤代中-県立盲学校-東洋大卒。関彰商事所属。2019年ジャパンメンズオープンで優勝し大会得点王を獲得。

【写真説明】
夢の舞台で金メダルを目指すゴールボールの山口凌河=埼玉県所沢市


取手署 110番通報、適正利用を 金川アナら呼び掛けの画像

取手署 110番通報、適正利用を 金川アナら呼び掛け

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 09 Jan 2020 08:00:00 +0900

記事コード:15784801119921

10日の「110番の日」を前に取手警察署(岡田宗久署長)は8日、取手、守谷両市内で街頭キャンペーンを実施、「一日警察署長」に委嘱された茨城放送アナウンサーの金川恵理さんが駅などで、署員とともに啓発グッズを配り、駅利用者や買い物客に110番通報の適正利用を呼び掛けた。
キャンペーンには守谷市の八坂神社も協力し、元ウェブデザイナーの下村良弘宮司がデザインした名刺サイズの防犯啓発カード約千枚も配った。
金川さんは「悪人退散」と書かれた啓発カードを通行人らに笑顔で手渡した後、マイクを持ち、「緊急の事件・事故のときは110番、緊急の対応を必要としない場合は警察相談ダイヤル『♯9110』の利用を」と呼び掛けた。
金川さんは「110番の適切な利用を呼び掛けることができたと思う」と話していた。(高阿田総司)

【写真説明】
110番通報の適正利用を呼び掛ける茨城放送アナウンサーの金川恵理さん(左)=取手市中央町


取手市議選 事前審査に30陣営の画像

取手市議選 事前審査に30陣営

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 09 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15784801156104

任期満了に伴い、19日告示、26日投開票で行われる取手市議選(定数24)の立候補届け出書類の事前審査が7、8の両日、同市役所で開かれ、30陣営が出席した。内訳は現職20、新人10。有権者は9万1877人(昨年12月1日現在)。


13日に七福神巡り 取手 3年ぶり復活の画像

13日に七福神巡り 取手 3年ぶり復活

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 08 Jan 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15783946997606

取手市の7寺院を歩いて巡る新春行事「とりで利根川七福神歩こう会」が13日、3年ぶりに市内で開かれる。主催する取手ライオンズクラブ(LC)、取手大利根LC、取手中央LCの3団体は参加者を募集している。
同会は取手大利根LCが1989年に年1回開催でスタート。七福神を祭っている市内の寺を巡り、その年の福をつかんでもらうことなどが狙い。2018、19年は休止していたが、復活を望む声を受け、取手LC、取手中央LCを加えた実行委員会が準備を進め、3年ぶりの開催となる。今回で30回目。
参加希望者は当日午前9時までに東の取手市民会館に集合。受け付け後、9時半に出発する。
約10キロのコースで、念仏院(福禄寿)、長禅寺(大黒天)、光明寺(寿老人)、普門院(布袋尊)、明星院(恵比寿)、東谷寺(弁財天)、福永寺(毘沙門天)の7カ所を2時間前後で巡り、今年1年の無病息災を願う。
ゴールの福永寺では、LCが用意した赤飯や豚汁が無料で振る舞われる。参加費は500円。中学生以下は無料。小学生は保護者同伴が条件。
問い合わせは実行委員長の安部さん(電)090(2759)6330


茨城県内交通死、最少107人 19年 15人減、高齢者6割の画像

茨城県内交通死、最少107人 19年 15人減、高齢者6割

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 07 Jan 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15783077932491

昨年1年間に茨城県内で起きた交通事故による死者が前年より15人少ない107人となり、詳しい統計が残る1957年(114人)以降、最も少なくなったことが6日、県警のまとめ(速報値)で分かった。人身事故件数も前年より1235件少ない7447件となり、2001年から19年連続で減った。県内の死者数は都道府県別で埼玉県(129人)に次ぐ全国ワースト9位(前年は同10位)。633人だった1971年のピーク時に比べ6分の1まで減った。65歳以上の高齢者は前年と同じ65人に上り、全体の約60%を占めた。
県警交通総務課によると、死者数を事故の形態別で見ると、車同士が出合い頭に衝突したのが21人(前年比4人増)で最も多かった。次いで、歩行者が道路を横断していてはねられたのが20人(同6人減)。車同士の正面衝突が18人(同1人増)と続いた。車が電柱やガードレールに衝突する単独事故は6人で、前年の15人から大幅に減った。
発生時間帯別で見ると、午後8〜10時が15人(同4人増)で最も多かった。
事故原因とみられる第1当事者の違反別件数で見ると、「脇見漫然運転」が30件(同6件減)で最多。「飲酒運転」は6件(同数)あり、7人(同1人増)が死亡した。
交通事故による負傷者数は前年より1597人減って9368人だった。
同課の担当者は「多くの事故抑止対策のほか、日頃の街頭活動や取り締まり強化が功を奏した」としている。(海老沢裕太郎)


移動スーパー、茨城で拡大中 営業28市町村に 戸別訪問施設巡回 買い物弱者に好評の画像

移動スーパー、茨城で拡大中 営業28市町村に 戸別訪問施設巡回 買い物弱者に好評

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 07 Jan 2020 04:00:00 +0900

記事コード:15783077932486

食品を中心に車に載せて販売する「移動スーパー」が県内で広がっている。マイカーを持たないお年寄りなど「買い物弱者」に好評だ。県のまとめでは民間、自治体の実施主体を合わせ営業地域は28市町村に達し、水戸市やつくば市などの都市部にも及んでいる。車は戸別訪問のほか、お年寄りが集まる老人施設を巡回。対面販売の機会を心待ちにする人を相手に、移動スーパーの営業範囲は拡大していきそうだ。(報道部・黒崎哲夫)
■品ぞろえ多彩
「きょうはお正月のお豆もありますよー」。昨年12月末の午後1時すぎ、東海村船場の老人施設「オークス東海」に移動スーパーがやって来た。デイサービス利用者や特別養護老人ホームの入所者らが続々と集まり、「早く開けてくれないかな」と声が飛ぶ。
改造した軽乗用車の荷台に並ぶのは、スーパーで目にする食品など300品目1200点以上と多彩だ。食品スーパー「セイブ」(水戸市)の販売員、安島悟さんと阿部善晴さんが「ないもの以外は何でもあるよー」と冗談を言いながら手早く品物を広げ、品定めする客に笑顔が広がった。
「毎週楽しみにしている人が本当に多い。人と触れ合い、お金を使うのでお年寄りの頭の体操にもなる。職員も便利で利用する」と施設の鹿志村茂理事長。
施設利用者の一人、ひたちなか市の稲田まちさん(86)はこの日、使い捨てカイロや煮豆を購入した。以前は自転車でスーパーを訪れていたが、転んでけがをして以降は控えている。「できるだけ自分のことは自分でやりたい。足腰が痛いからすごく助かっている」。自宅で利用していた食材宅配サービスも移動スーパーに切り替えた。
■10円上乗せ
セイブは、全国で移動スーパーをフランチャイズ展開する「とくし丸」(徳島市)と契約して事業を行っている。
とくし丸の場合、スーパーの店頭価格に各商品10円ずつを上乗せして販売するのがルール。安島さんらはスーパーの社員だが、フランチャイズ契約のオーナーが運営する場合、上乗せ金額が取り分の一部になる。
セイブは自治体と協定を結び、戸別訪問時にお年寄りの安否確認も行っている。安島さんも認知症サポーター講習を受けた証しの「オレンジリング」を身に着ける。老人施設では客本人に名前を訪ね、会話の糸口として意識的に刺激を与えている。歩行が困難だった人が移動スーパーを利用するうちに状態が改善した例もあったという。
■隙間埋める
都市部でもスーパーが閉店すると、個人店が消えコンビニが遠い場合、買い物は不便になる。お年寄りが徒歩で買い物できる半径は500メートル程度と言われ、移動スーパーは小売店空白区の隙間を埋める要素の一つとなっている。
県が2016年、県北などの過疎地で生活支援に関するアンケートを行った結果、困り事の1位は「買い物」だった。これを受け17年度から県は生活環境づくり支援事業に着手。国の地方創生交付金を活用し、買い物や移動に関する市町村の事業を後押しする。
県地域振興課によると、移動スーパーは北茨城市や笠間市、大洗町など5市町が自治体の委託事業として展開し、スーパーなど民間主体の23市町村と合わせると28市町村に及ぶ。つくばみらい市と阿見町も今後導入を予定している。
同課は「買い物支援は福祉、交通、商工などさまざまな側面がある。移動スーパーは人口減、高齢化社会に必要なサービスになっていくのでは」とみている。
★移動スーパー
商品を積んだ車両で移動しながら販売するスーパーマーケットの形式。生協などの宅配サービスやネットスーパーとの大きな違いは、品物を目の前で選んでもらい対面販売する点。商品補充や売れ残り品の値引き販売など、スーパーの店舗を拠点にすることが多い。

【写真説明】
老人施設を訪れ商品を広げる移動スーパー=東海村船場


《2020年 県内選挙展望》6市町の首長選注目の画像

《2020年 県内選挙展望》6市町の首長選注目

関連地域 :河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 01 Jan 2020 07:00:00 +0900

記事コード:15777929343211

◆春までに10市町村議選◆
2020年の県内は参院選や知事選などの大型選挙がなく、6市町の首長選と11市町村の議員選が実施される。首長選は常総市など4市で現職の再選出馬が有力視され、議員選は10市町村で1〜3月に集中して行われる。
【2020年の首長選日程】
市町村 投票日・任期満了日
常陸大宮市 4月12日投票
常総市 8月2日任期満了
大洗町 9月21日任期満了
つくば市 11月16日任期満了
守谷市 12月5日任期満了
古河市 12月15日任期満了
【2020年の市町村議員選日程】
市町村 投票日・任期満了日
東海村 1月19日投票
潮来市 1月26日投票
取手市 1月26日投票
守谷市 2月2日投票
神栖市 2月2日投票
河内町 2月9日投票
つくばみらい市 2月9日投票
那珂市 2月16日投票
大子町 3月15日投票
阿見町 3月22日投票
つくば市 11月29日任期満了


《2020年 県内選挙展望》守谷市 現職の松丸氏 2期目に意欲の画像

《2020年 県内選挙展望》守谷市 現職の松丸氏 2期目に意欲

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 01 Jan 2020 05:00:00 +0900

記事コード:15777929343207

守谷市長選(任期満了12月5日)は、1期目の現職、松丸修久氏(65)が再選に向けて意欲を見せている。ほかに立候補を巡る動きは今のところ表面化していないが、水面下では動きがあるとみられる。そのほか、2012年と16年の同市長選に立候補した元県議は、国民民主党が次期衆院選茨城3区の公認候補として擁立することが内定している。
松丸氏は守谷町議時代から議員を長く務め、前回の市長選で初当選。次点に4千票以上の差をつけ無所属新人4人の争いを制した。前市長の方針を拡大発展させ、「市民との協働」を推進。これまで子育て支援や学校教育の充実などを重点に施策を展開している。
つくばエクスプレス(TX)の沿線開発で市人口は増加を続けている。人口増のピークは30〜35年ごろと予測されており、次期市長選では市の持続的な発展が焦点となりそうだ。

【写真説明】
松丸修久氏


取手二中生が市に提言 模擬議会 少子化対策など可決の画像

取手二中生が市に提言 模擬議会 少子化対策など可決

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 31 Dec 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15777117742952

中学生による模擬議会が取手市寺田の取手市議会議場で開かれた。「取手市をよくするには」をテーマに、市立取手二中(蛯原浩一校長)の3年生が市議となり、クラスごとに市への提言を議案にまとめ、議場で審議した。
3年生の代表22人が参加。議場では、生徒が議案の提案理由を説明。「選挙の投票の仕方を変更する」「商業施設を増やす」などの6議案に対し、市議も参加して質疑した。
生徒による採決で3議案が可決され、3年6組が提案した「少子高齢化と過疎化の対策について」の議案は、全員賛成で可決された。同議案は、若い子育て夫婦の移住・定住や少子化の改善を図るために、保育・子育て施設の充実を訴えた優れた内容だった。
可決された3議案は市議会の入江洋一議長に提出され、今後、改選後の市議会常任委員会で話し合われるという。入江議長は「否決の議案も含め、身近で現実的な問題を、中学生らしい角度で考えてくれた」と感謝した。生徒は事前の授業で市議や市職員らの助言を受けて議案を作り、各クラス内の投票で、提出する代表議案を決めた。
全員賛成で可決された議案を出した6組の菅谷真白さんは「考えた議案が、少しでも市のためになれば光栄」。議場で議長を務めた中村柚葉さんは「進行が原稿通りにいかない時もあって大変だったが、貴重な体験ができた」とそれぞれ感想を語った。(高阿田総司)

【写真説明】
取手二中の生徒が議場で議案の説明をした模擬議会=取手市寺田


ロボット動いたよ!プログラミングを体験 つくばみらい3小学校の画像

ロボット動いたよ!プログラミングを体験 つくばみらい3小学校

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 31 Dec 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15777117742946

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることを踏まえ、つくばみらい市の市立小学校3校で体験授業があり、子どもたちが自分で組んだプログラムでロボットを動かした。
授業は、ヒト型ロボット「ペッパー」を使ったプログラミング教育を提供するソフトバンク(東京)が実施。谷井田小、小絹小、板橋小の3校で行われた。
20日にあった板橋小の授業では、近くの東小の児童を含む5年生約50人が参加。子どもたちはパソコンに入ったソフトを用い、ペッパーを動かすプログラムをグループごとに作った。
子どもたちが考えたことは、センサーに反応したペッパーに何を話させ、どんな動きをさせるかということ。使うセンサーは頭や手など6カ所から、動き方は用意された選択肢の中からそれぞれ選び、話す言葉は自分たちで文字入力していった。
完成したプログラムはグループごとに発表し、ペッパーが入力した順番通りに動くのか確認。頭を触られると、おじぎをしてあいさつをするペッパーを見て、児童たちは大喜びだった。
授業を終え、東小の谷口蒼さんは「プログラミングは将来役立ちそう」と笑顔。板橋小の上岡樹生君は「もっと複雑なプログラムを作りたくなった」と感想を話した。
講師を務めたソフトバンクの松本勇二郎さんは「普段の会話でも、話す順番を意識し、相手に伝わりやすい話し方を心掛けてほしい」とアドバイス。市教委の担当者は取材に対し、「プログラミング授業は論理的な思考力を養うことにつながる」と期待感を示した。(今橋憲正)

【写真説明】
自分たちで組んだプログラムで動くロボットを見て喜ぶ児童たち=つくばみらい市板橋


常総線とTX連携 往復切符購入で粗品 先着2千人の画像

常総線とTX連携 往復切符購入で粗品 先着2千人

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Mon, 30 Dec 2019 10:52:33 +0900

記事コード:15776262006341

関東鉄道(本社土浦市)は冬季期間の利用促進を図ろうと、つくばエクスプレス(TX)と連携した、常総線の往復割引切符購入者に粗品を贈るキャンペーンを展開している。常総線からTXに乗り換えることで、下館-秋葉原間を最速87分で結ぶ利点をアピールする。
キャンペーンは来年1月19日まで行う。「TX&常総ライン往復きっぷ」を、関鉄で買った先着2千人に粗品を贈る。往復きっぷは、常総線とTXを結ぶ往復割引乗車券で、下館-秋葉原間では3090円(片道1545円)。通常運賃は下館-守谷間1310円、TX守谷-秋葉原間840円で、大幅割引となる。
関鉄は2007年以降、下館-守谷間で快速列車を1日6往復運行。守谷駅でのTXへの乗り継ぎ時間を含め、下館-秋葉原間で快速列車を使えば最速時間で利用できる点をアピールしている。
同社は常総線の先頭車両にキャンペーンをPRするヘッドマークを装着して運行を始めた。同社は「冬のお出掛けや冬休みに都心への接続が便利になる。利用を促したい」としている。

【写真説明】
キャンペーンの専用マークを付けた常総線の列車=筑西市の下館駅


元プロ・金村さんが野球教室 つくばみらい総合運動公園 多目的広場完成祝うの画像

元プロ・金村さんが野球教室 つくばみらい総合運動公園 多目的広場完成祝う

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 30 Dec 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15776262006339

元プロ野球選手の金村義明さん(56)の少年野球教室とトークショーが22日、つくばみらい市小張の総合運動公園であり、市内の小中学生と関係者ら約300人が参加した。
同イベントは、総合運動公園内に整備された多目的広場の完成を祝って市教育委員会が開催。プロ野球選手の物まねで知られるプリティ長嶋さんやリトル清原さんらタレント4人もスペシャルゲストとして参加した。
野球教室は完成したグラウンドで行われ、金村さんが上達するポイントを説明。守備では、捕球からスローイングまで、一連の動作を意識するように伝え、「投げてアウトを取るまでが守備だぞ」などとアドバイスした。
トークショーは野球教室に先立ち行われ、体育館に集まった聴衆の前で、幼少期からプロ引退までの野球人生を語った。
報徳学園(兵庫)の4番エースとして出場した、1981年夏の全国高校野球大会についても触れ、「予選から甲子園決勝まで全13試合を1人で投げ切った。昨年、金足農業高校(秋田)の吉田輝星君が同じことでマスコミに取り上げられ、自分も再度注目を集めた」と笑顔。
父親を説得し、報徳学園への進学を後押ししてくれた母親への感謝の言葉も口にした。
イベント終了後、少年野球チーム・豊ナインズの成嶋蓮君(12)は「コーチに言われてバットを100回振るよりも、自分でタイミングを意識して10回振れ、という金村さんの言葉が印象に残った」と感想を話した。
新しく完成した多目的広場は、隣接するターゲットバードゴルフ場を含めて広さ約2万5千平方メートル。野球とサッカーが同時にできる広さがあり、来年1月から供用開始される。(今橋憲正)

【写真説明】
野球教室で子どもたちを指導する元プロ野球選手の金村義明さん(中央)=つくばみらい市小張


アーカスプロジェクト 地域とアート読み解くの画像

アーカスプロジェクト 地域とアート読み解く

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 30 Dec 2019 09:57:00 +0900

記事コード:15775357679423

◆水戸芸術館で勉強会◆
県と守谷市などが同市を拠点に芸術・地域振興を目指し展開している「アーカスプロジェクト」の関連イベントが22日、水戸市五軒町の水戸芸術館ATMギャラリーで開かれた。プロジェクトを統括するディレクターの小澤慶介さんが、公募に応じた一般参加者とともに、同館の現代アートの企画展を見学し、同館学芸員と「地域とアート」を巡って意見を交わした。

イベントは、現代アートと社会の関係を分かりやすく読み解くことを狙いに9月に始まった「アートカレッジ」の第4弾。「アーカスが水戸芸に行って、地域とアートについて考える」と銘打って行われた。参加者は、県内をはじめ、北海道や福島県などから十数人が集まった。
参加者らは、同館で企画展「アートセンターをひらく第3期」(来年1月26日まで)を鑑賞。
小澤さんが、展示されている九つのインスタレーション(仮設展示)の読み解きを披露。続いて同展を企画した同芸術館の竹久侑主任学芸員による展示解説も行われ、“正答”を示す形となった。
展示を2巡後は、会場内にしつらえられた「ひらくカフェ」という部屋で、小澤さんと竹久さんのトークも行われた。竹久さんが「芸術館が30周年を迎え、地域社会にとってのアートセンターの在り方を見詰め直す時が来ている」と企画展に込めた思いを話したのに対し、小澤さんは「あえて『ひらく』と言っているのは、普段は閉じていることの裏返しなのか」などと質問を投げ掛ける場面もあった。(佐川友一)

【写真説明】
「地域とアート」を巡って意見を交わす小澤慶介ディレクター(奥右)と水戸芸術館の竹久侑主任学芸員(同中央)=水戸市五軒町


利根の寺嶋さん 江戸文字で第二の人生の画像

利根の寺嶋さん 江戸文字で第二の人生

関連地域 :利根町

最終更新日:Sun, 29 Dec 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15775357754386

◆寄席の「めくり」転機に◆
利根町布川の寺嶋高明さん(69)が、趣味から始めた江戸文字で個展を開いた。18日から24日まで取手市内で開催し、多くの人の目に留まり大盛況。アマチュア江戸文字作家として、寄席で落語家を紹介する縦長の紙「めくり」や看板、色紙を書くなど、忙しい毎日を送る。「定年後、何か趣味を持ちたいと思っていた。縁起文字なので、皆喜んでくれる。健康でいられる限り、ずっと書いていきたい」と第二の人生を楽しんでいる。
江戸文字を始めたのは定年後の62歳。寄席に行った時に、「めくり」を見て、「いいな〜」と思ったのがきっかけ。橘流寄席文字の橘右楽氏に師事し、現在も月に数回東京へ出掛け、教えを受けている。
江戸文字は、歌舞伎の勘亭流、相撲の相撲文字、寄席の世界で使われる寄席文字、はんてんやちょうちんに使われる籠文字などの総称。「江戸時代から残る日本の伝統的文字を知ってほしい。こういう文字もあるということを伝えたいですね」
千葉県香取市出身。30歳から利根町に移り住んだ。証券会社を60歳で定年退職。再雇用で65歳まで勤めたが、「時間があり余ってしまって、困ってしまった」。
江戸文字を書き始めて素人落語家とも親交を深め、友人も増えた。千葉県の柏落語会、大多喜落語会には、無償で「めくり」を書いて提供している。「落語会の会場を訪れたら、『めくり』の字がパソコンの印刷文字だった。自分から落語会の人に声を掛け、出演者の名前を手書きで書かせてもらうようになった。自己満足だけど、人が喜んでくれるのを見るとうれしいですよ」と笑う。
個展開催は2度目。JR藤代駅市民ギャラリーで、展示作品数を初回の倍近い約90点に増やした。「誰かの目に留まってくれることが幸せ」と感謝する。
今後の夢は「死ぬまで江戸文字を続けたい。自分の書いた字で多くの人に喜んでもらえるように、これからも頑張っていきたい」。と語った。(高阿田総司)

【写真説明】
定年後に江戸文字を始めた寺嶋高明さん=利根町布川


JR佐貫駅、20年3月14日に「龍ケ崎市駅」 市の知名度向上期待の画像

JR佐貫駅、20年3月14日に「龍ケ崎市駅」 市の知名度向上期待

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 30 Dec 2019 10:41:16 +0900

記事コード:15775357679421

◆一部市民反対活動 効果に疑問の声も◆
JR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称が来年3月14日に迫る。交渉を重ねてきた市は、知名度向上に大きな期待を寄せ、計4億円もの支出を決断した。ただ、「効果が見えない」との声は消えず、一部市民の反対活動が続いているのも現状だ。いかに地元の理解を高め、どう継続的に市を発信していくか。残り2カ月半。突き付けられた課題は重い。(取手龍ケ崎支局・鈴木剛史)
◆国鉄時代から
「苦労はあったが、改称で市のポテンシャル(潜在力)を引き出せるというのが私の信念。市の名前が、掲示や車内放送によって広く知れ渡るはずだ」
12月26日、JR東日本水戸支社が改称日を発表してから初の定例会見で中山一生市長は強調した。
関東鉄道竜ケ崎線も接続する佐貫駅は1900年に開業した。当時の立地は馴柴村佐貫。駅名は昔の地名が由来だ。
54年に旧龍ケ崎町は馴柴村を含む6村を編入して市制施行した。駅名は変わらず、自治体名とのズレが生じた。近隣にある県内の常磐線駅は、土浦、取手、牛久と市名に一致しているのとは対照的だ。
隔たりを埋めようと、改称を求める活動は国鉄時代から存在した。中山市長の中核的な政策として強力に再浮上した経緯がある。竜ケ崎線の佐貫駅は変わらない。
◆凍結求める
市はJRと関東鉄道に、システム改修・変更にかかる経費を含め計4億円前後を負担金として支出する。この出費には疑問の声が付きまとった。
市民グループ「JR佐貫駅の改称問題を考える会」は2015年、住民投票条例の制定を訴え8212人の署名と共に直接請求、市議会は反対多数で否決した。
代表の三瓶和昭さん(83)は「駅名を変えるよりも、子どもの教育など重要な部分にお金をかけるべき」との立場を今でも崩さない。一方で「もう決まってしまった以上、諦めに近い思いもある」と複雑な心境を吐露する。
現在も元市議が代表の別グループが署名集めに動いている。26日時点で約1500筆が寄せられたといい、来年1月をめどに凍結を求める要望書をJR東日本に提出する予定だ。
◆「知恵を出す」
改称で市の認知度を高め「選ばれるまち」をつくり移住定住を促す-。市が描く構想の実現にはウチとソトへの発信が欠かせない。
昨年夏にJR水戸支社と結んだ協定で、改称時期が20年春と決まって以降、具体的な日程の発表は今月13日までずれ込んだ。
そのためか、市が打ち出せた主な施策は、ロゴマーク作成や広報誌での周知、佐貫駅での横断幕掲示など限定的だ。市幹部は「日程が定まってからでないと、どうしようもない面があった」と漏らす。市は改称日に向け、JRや関東鉄道と協議し、記念セレモニーやイベントを開くことを検討する。
ただ、改称による移住定住の促進や地域の活性化といった長期的な分野は未知数の部分が大きい。同日に予定するJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ」の開業や常磐線の全線復旧といった注目のニュースに、埋没する懸念もささやかれる。
中山市長は「反対の声は厳粛に受け止める。(さまざなま課題については)知恵の出しどころ。魅力発信の強化や周辺整備と合わせ、効果を実感していただけるよう取り組む」と話す。
1950年代から取り沙汰されてきた改称は正念場を迎えている。

【写真説明】
来年3月14日に「龍ケ崎市駅」に改称するJR常磐線佐貫駅。横断幕には日付が入る=同市佐貫町


力士と餅つき ヨイショー! つくばみらいの立浪部屋の画像

力士と餅つき ヨイショー! つくばみらいの立浪部屋

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 28 Dec 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15774463491113

地域住民との交流を深めようと、つくばみらい市陽光台の大相撲「立浪部屋」(立浪耐治親方)で21日、恒例の餅つき大会が開かれた。家族連れなど約400人が、力士たちと触れ合いながらつきたての餅を味わった。同部屋関東後援会(塚田純夫会長)などが協力した。
「よいしょ、よいしょ」の掛け声に合わせ、力自慢の力士たちと子どもたちが一緒にきねを振り上げ餅をついた。訪れた人たちには、あんやきな粉、大根おろしを絡めた餅のほか、ちゃんこ鍋も併せて振る舞われた。
牛久市から母親と訪れた田中玖弥(くるみ)さん(9)は「(力士は)大きくて迫力があった。オーラが出ていた」と感激した様子だった。
同部屋は2007年8月、東京・両国からつくばエクスプレスみらい平駅に近い現在地に移転。餅つき大会は08年から毎年この時期に行い、後援会関係者や地域住民と交流を深めている。(安藤圭吾)

【写真説明】
子どもたちが力士と一緒に餅つきを楽しんだ=つくばみらい市陽光台


《県政この1年》(上) G20で茨城県の魅力PRの画像

《県政この1年》(上) G20で茨城県の魅力PR

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 29 Dec 2019 15:09:04 +0900

記事コード:15774554196475

県政に関するこの1年の出来事を振り返った。
【パンダ誘致】県は2月20日、日立市とジャイアントパンダ誘致に乗り出すと発表。受け入れ先は同市かみね動物園を想定する。
【中高一貫校の10校新設発表】県は2月、2020〜22年度にかけて、県立中高一貫校を計10校新設する計画を発表した。20年度は太田一、鉾田一、鹿島、竜ケ崎一、下館一の5校を開設。
【取手中3自殺、いじめとの因果認定】15年11月に取手市立中3年の女子生徒=当時(15)=が自殺した問題で、県が設置した第三者調査委は3月20日、同級生によるいじめを認定し、「いじめと自殺は因果関係があったものと認める」とする報告書を公表。担任教諭による指導が「自殺の引き金になった」とも指摘した。
【工場立地面積1位】経済産業省が3月29日発表した18年の工場立地動向調査(速報)によると、本県は工場立地面積が147ヘクタールとなり2年ぶりに全国1位となった。県外企業立地件数は34件で2年連続の1位。
【病院機能縮小】土浦協同病院なめがた地域医療センター(行方市)が4月から規模を縮小した。運営するJA県厚生連は財務状況悪化を理由に挙げた。
【タンデム自転車解禁】県警は4月1日から、ペダルとサドルが2人分付いている「タンデム自転車」の一般公道走行を解禁した。「ベロタクシー」と呼ばれる三輪自転車タクシーも乗客運送に限り解禁した。
【外国クルーズ船初寄港】4月28日、外国クルーズ船が本県に初寄港した。米国の豪華客船で、寄港地は茨城港常陸那珂港区。本県への外国クルーズ船寄港は、同船を含め9隻が決定している。
【G20つくば会合】20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済大臣会合は6月8〜9日、つくば国際会議場で開催。本県の魅力を世界にPRした。
【パートナー制度】県は7月1日、LGBTなど性的少数者のカップルを公認するパートナーシップ宣誓制度を都道府県で初めて導入した。市町村にも波及、制度適用の動きが広がる。
【参院選2氏当選】参院選茨城選挙区(改選数2)は現新5人の争いとなり、7月21日に投開票、自民党現職の上月良祐氏と立憲民主党新人の小沼巧氏が新人3人を破り当選した。

【写真説明】
つくばを舞台に開かれたG20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合の出席者=6月8日、つくば国際会議場、菊地克仁撮影


こたつからライブ満喫 利根、役場庁舎で冬まつりの画像

こたつからライブ満喫 利根、役場庁舎で冬まつり

関連地域 :利根町

最終更新日:Mon, 30 Dec 2019 13:14:06 +0900

記事コード:15774551853354

利根町役場で音楽や食を楽しむ催し「第2回トネマチ冬まつり」が21日、同町布川の役場庁舎1階で開かれた。イベントホールに「こたつ」が置かれ、来場者は無料で提供されたミカンを食べながら、ライブなどを楽しんだ。
昨年12月の初開催以来1年ぶりで、町観光協会と実行委の主催。ライブにはバイオリン、コーラス、バンドなど幅広いジャンルの演奏者が出演した。ホール中央に置かれたこたつに入った来場者は、普段の町役場とは違う不思議な空間でステージ演奏を聴き、出演者へ拍手を送った。
娘2人と楽しんだ同町四季の丘、40代主婦は「アットホームな感じが最高。こたつに入って初めて会った人と話し、交流することができた」と喜んでいた。(高阿田総司)

【写真説明】
こたつに入りながらステージの音楽演奏を楽しむ「トネマチ冬まつり」の来場者=利根町布川


龍ケ崎と河内の安心安全を訴え 防犯キャンペーンの画像

龍ケ崎と河内の安心安全を訴え 防犯キャンペーン

関連地域 :龍ケ崎市,河内町

最終更新日:Fri, 27 Dec 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15773587487192

年末を安心・安全に過ごしてもらおうと、龍ケ崎市、河内町、竜ケ崎警察署は24日、防犯キャンペーンを実施した。ボランティアらが青色防犯パトロール車で地域を見守ったり、啓発品を配ったりした。龍ケ崎市役所であった出発式には、両市町のボランティアや流通経大の学生ら約80人が出席した。
竜ケ崎地区防犯協会長を務める中山一生市長は「せわしない時季だが、より良い地域にするための活動にしたい」とあいさつ。桜井検二署長は「県内で犯罪は減り続けているが、自動車盗やニセ電話詐欺はまだ目立つ。事件を少しでも減らしたい」と強調した。

【写真説明】
青色防犯パトロール車の出発を見送る関係者ら=龍ケ崎市役所


商品券販売サイト、再度不正アクセス 取手市が閉鎖の画像

商品券販売サイト、再度不正アクセス 取手市が閉鎖

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 27 Dec 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15773681273126

取手市のプレミアム付き商品券の販売サイトが不正アクセスされた問題で、市は26日、復旧させたサイトが再び不正アクセスを受け改ざんされたと発表した。市はサイトを閉鎖し、県警に相談した。
市によると、被害に遭ったのは販売事業を委託している市商工会の特設サイト。プログラムの一部が改ざんされ、同商品券の利用可能店舗を紹介するページにアクセスすると、外部の不審なサイトが表示されるようになっていた。23日午前、商工会職員が気付いた。市は25日にサイトを閉鎖した。同商品券の利用可能店舗の情報は市ホームページに掲載する。
今月中旬にも同様の被害があり、管理システムのパスワードを変更する対策を講じた上で、16日に復旧させていた。


子どもに玩具やケーキ贈る 取手の市民グループの画像

子どもに玩具やケーキ贈る 取手の市民グループ

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 26 Dec 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15772701253807

取手市民有志でつくるグループが22日、子どもがいる生活の厳しい家庭を対象に、無料でクリスマスプレゼントを届けた。サンタロースの衣装を着た有志スタッフが玩具やケーキを届けると、子どもたちの顔に笑顔が広がった。
届けたのは、市内ライオンズクラブや商工会青年部メンバーなどで構成する「こども宅食配取手市実行委員会」。スタッフ約30人が、事前に申し込みのあった111世帯を訪問し、子どもが希望する玩具のほか、米やケーキなどを届けた。
事前に募った寄付では地元企業などからお菓子、カップラーメン、飲料水、寄付金も集まった。
実行委代表の阿部直樹さん(49)は「予想を超える寄付が集まり、感謝している。寄付金は子どもたちへのプレゼントに充てた。取手の子どもが笑顔でクリスマスを迎えることができれば」と願った。

【写真説明】
サンタクロースの衣装を着て子どもにクリスマスプレゼントを届ける取手市内の市民有志のメンバー(右)=同市内


河内と古河で華やかXマスの画像

河内と古河で華やかXマス

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 25 Dec 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15771832790443

■まるで夜空 電飾45万球 河内
河内町長竿のかわち水と緑のふれあい公園にともるイルミネーションに21日、クリスマスツリー2本が加わった。夜空を思わせる電飾もお目見え。明かりの総数は約10万球増の約45万球で、県内有数の規模になった。来年1月13日まで。
園内では春夏秋冬を表現した四つの区域を展開している。21日にはクリスマスイベントがあり、サンタクロースやトナカイに扮(ふん)した町職員らが子どもたちにお菓子をプレゼント。クリスマス気分を盛り上げた。
■太鼓やピアノ 患者ら楽しむ 古河・友愛記念病院
古河市東牛谷の友愛記念病院(加藤奨一院長)で、同病院エントランスを特設会場に「ゆうあいクリスマスコンサート」が開かれ、外来や入院患者、近隣住民ら約120人が和洋楽器の奏でる音色を楽しんだ。
このコンサートは、患者や住民に癒やしのひとときを持ってもらおうと同病院が企画。ボランティア演奏者の協力を得て行われ、今年で12回目を数える。
開催に先立ち加藤院長が「コンサートを楽しみにしてくれている患者さんもいるくらい好評となり、毎回盛大に開催できている。短時間だが楽しく過ごしてほしい」とあいさつした。
第1部は、小学生から大人まで幅広い年齢層で構成する「古河和太鼓保存会」が登場。第2部は、同市を中心に活動しているフルートとピアノの女性デュオ「piaflu(ピアフル)」によるクリスマスソングが演奏された。
生演奏を楽しんだ来場者からは、「子どもたちの太鼓にエネルギーと元気をもらった」「フルートとピアノの優しい音色で穏やかな時間を過ごせた」など多くの感想が寄せられた。

【写真説明】
お目見えしたクリスマスツリー(左奥)=河内町長竿


事故ゼロ目指し県境で合同検問 取手署と千葉・我孫子署の画像

事故ゼロ目指し県境で合同検問 取手署と千葉・我孫子署

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 25 Dec 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15771879083369

交通事故と犯罪の未然防止を目的に、取手警察署(岡田宗久署長)は、隣接の千葉県・我孫子警察署(田中恵司署長)と合同で夜間の一斉検問とパトロールを実施した。
我孫子署からの呼び掛けて実現。合同の検問は7月に続いて2度目。午後7時半に我孫子署で出陣式が開かれ、田中署長と岡田署長がそれぞれ署員を激励した。
田中署長は「交通事故ゼロを目指そう」、岡田署長は「多発する交通事故を抑止するという強い気持ちを持って頑張ってほしい」と語った。両署員約60人、パトカー10台が同署を出発。両署の中間に位置する大利根橋の中央部で検問を実施した。
取手署によると、今年1〜11月末までに管内で発生した自動車盗は68件、飲酒による人身交通事故は3件、人身交通事故は325件。交通事故死者は7人となっている。

【写真説明】
取手警察署と我孫子警察署合同の一斉検問=大利根橋上


龍ケ崎市 民間3者と防災協定 迅速復旧へ物資確保の画像

龍ケ崎市 民間3者と防災協定 迅速復旧へ物資確保

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 25 Dec 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15771832790440

災害時の物資の確保と迅速な復旧復興に向け、龍ケ崎市は市内に拠点を持つ計三つの企業、団体、事業所と協定を結んだ。市が、食料や機材の提供を受けたり、応急工事を要請できたりする項目を盛り込んだ。
市と協定書を取り交わしたのは、冷凍食品のニップン冷食竜ケ崎工場(松田庸工場長)▽電気設備の事業者でつくる市電設業組合(赤塚仁理事長)▽建機レンタルのアクティオ(本社東京、小沼直人社長)-の3者。それぞれの事業を生かし、市の対応を支える。23日には、このうち、市電設業組合とアクティオとの締結式が市役所であった。中山一生市長は「今年は台風が続いた。協定は大きな力になる。一人の犠牲者も出さないようにする」と話した。赤塚理事長とアクティオの中島嘉幸上席執行役員も「引き締まる思い。万が一のときには全力で協力する」と述べた。
ニップン冷食竜ケ崎工場とは20日に協定を締結している。(鈴木剛史)

【写真説明】
協定書を取り交わすアクティオの中島嘉幸上席執行役員、龍ケ崎市の中山一生市長、市電設業組合の赤塚仁理事長(左から)=同市役所


成島建設が感謝の集い 土浦の画像

成島建設が感謝の集い 土浦

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 23 Dec 2019 14:30:49 +0900

記事コード:15770172512147

成島建設(つくばみらい市、成島高雄社長)は17日、土浦市内で今年1年間の安全安心な工事完了への「感謝の集い」を開き、新年のさらなる飛躍を誓い合った。来賓や協力会社の代表、社員ら約170人が出席。成島社長は「多くの協力で順調に工事を進めることができた。褒めるところは褒め、反省すべきところは反省して来年も地域社会に貢献できるよう頑張っていきましょう」と呼び掛けた。会場ではジャズシンガー、平賀マリカさんのライブや生バンドの演奏などが行われた。

【写真説明】
工事安全への感謝の集いであいさつする成島高雄社長=土浦市川口


強盗やニセ電話詐欺 金融機関が模擬訓練 利根の画像

強盗やニセ電話詐欺 金融機関が模擬訓練 利根

関連地域 :利根町

最終更新日:Mon, 23 Dec 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15770152114805

金融機関を狙った強盗やニセ電話詐欺被害を防ぐための模擬防犯訓練が12日、利根町布川の常陽銀行利根支店(伊藤昭彦支店長)で行われた。利根町、取手市、守谷市の21金融機関から計27人が参加し、窓口での対応を確認した。
取手地区金融機関防犯連絡会(鈴木孝典会長)が主催。強盗侵入時やニセ電話詐欺にだまされた人が入店した際の訓練で、管内の取手警察署(岡田宗久署長)との連携で実施された。
ニセ電話詐欺にだまされた人の対応では、窓口に立った行員がマニュアルに沿った質問で、冷静に対応。急いで現金を下ろそうとする被害者役の男性を、落ち着かせるように説得した。窓口対応した同行の石井直樹さん(56)は「ニセ電話詐欺にだまされている人は、相手を信じ切っていて疑わない。被害を防ぐには質問をするなどして、まずは落ち着いてもらうことが大事」と話した。

【写真説明】
模擬防犯訓練でニセ電話詐欺にだまされている被害者役の男性(左)を銀行窓口で説得する行員=利根町布川


龍ケ崎市、クラウドファンディングで目標の倍 貧困家庭の子支援の画像

龍ケ崎市、クラウドファンディングで目標の倍 貧困家庭の子支援

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 22 Dec 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15769373949181

◆CF200万円達成◆
経済的に苦しい家庭の子どもを支えるため、龍ケ崎市がNPOと共に取り組んできた県内初のクラウドファンディング(CF)が21日までに締め切られ、目標額の2倍超に達する200万1500円が集まった。インターネット上で支援金を募り、計169人が趣旨に賛同した。主に今月25日のクリスマスプレゼント代に充てる。来年分も賄えるという。
CFは、国内外で貧困対策を続けるNPO法人「NGO未来の子どもネットワーク」(同市、笠井広子代表)が主体。社会問題としての貧困を身近に感じてもらうためCFを企画した。当初の目標額は100万円だった。9月30日から始まったCFは、11月に入り一時低迷。市職員が企業を巡って出資を呼び掛けるなどした周知策が奏功し、今月になってから追い上げを見せた。
子どもたち約200人にプレゼントを贈る。25日は、サンタクロースに扮(ふん)した市職員や民生委員・児童委員らが品々を届ける予定だ。
笠井代表は「金額以上に、多くの方に趣旨をご理解いただいたのがとてもうれしい。ありがとうございましたと伝えたい」と話していた。
日持ちする食品や文房具、おもちゃの寄付もNPOで24日まで受け入れる。問い合わせは、NPO事務局(電)0297(62)8932。平日正午〜午後4時。土日祝日は休み。(鈴木剛史)


守谷のクリスマスファンタジー、ランタンで「雪だるま」の画像

守谷のクリスマスファンタジー、ランタンで「雪だるま」

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 22 Dec 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15769371162888

守谷市中央の守谷駅西口で21日、「もりやクリスマスファンタジー」のイベントが開かれ、ペットボトルで作ったランタン約500個の明かりで「雪だるま」の地上絵が作られた。市民ボランティアによる手作りの光の演出に、駅を訪れた人たちが心を和ませた。
ランタンの地上絵作成は、市民らでつくる実行委が毎年開催。午後4時半ごろ、メンバー約60人が駅前広場に並べたランタン内のろうそくに着火。雪だるまの形が浮かび上がると、周囲に多くの人が集まった。
地上絵はこの日限り。約1時間10分で終了した。家族4人で地上絵を楽しんだ同市、会社員、安藤海平さん(35)は「守谷の冬を毎年盛り上げてくれて、ありがたい」と感謝した。(高阿田総司)

【写真説明】
守谷駅西口にランタンの光で作られた「雪だるま」の地上絵を楽しむ親子=守谷市中央


冬の鉾田路駆ける 5コースでマラソン大会の画像

冬の鉾田路駆ける 5コースでマラソン大会

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 22 Dec 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15769237620748

鉾田市の冬の恒例行事「第15回ほこたハーフマラソン大会」が15日、同市鉾田の市役所を発着地点に開かれ、市内外から参加した2千人余りのランナーたちが、師走の鉾田路を駆け抜けた。
大会はハーフ(一般)▽1.2キロ(小学1、2年親子)▽2キロ(小学3〜6年)▽3キロ(中学生)▽5キロ(高校生以上)の5コースで、男女別や年齢別の30クラスで競われた。
開会式で、岸田一夫市長は「練習の成果を存分に発揮してほしい」などと激励。コース別に順次スタートを切った選手たちは沿道の声援を受けながら、中心市街地の周回コースを力走した。(大平賢二)
各クラスの優勝者は次の通り。(敬称略)
◇ハーフ男子
▽34歳以下 川澄克弥(大東文化大)
▽35〜44歳 松村紀幸(MKPJT)
▽45〜54歳 薗部崇(太田走友会JAPAN)
▽55〜64歳 北村昭浩(そーせい)
▽谷義夫(玉造工高職員)
◇ハーフ女子
▽34歳以下 根元香苗(青春ランナーズ)
▽35〜44歳 水野裕子(サムズアップ)
▽45〜54歳 片野佳子
▽55歳以上 堀内悦子(TKD-BRC)
◇5キロ男子
▽34歳以下 富永椋太(鉾田一高)
▽35〜54歳 原田将徳(DREAM)
▽55〜64歳 八木美智夫(南矢部RC)
▽65歳以上 野口朗(セントラルスポーツ津田沼)
◇5キロ女子
▽34歳以下 大森結加(なめらか坂)
▽35〜54歳 渡辺由喜(ストライズ)
▽55歳以上 吉田道子
◇3キロ
▽男子 小柴裕士郎(園部中)
▽女子 大畑希來(柏市立土中)
◇2キロ男子
▽6年 羽石大輝(軽野小)
▽5年 浅村蒼士(東葛RC)
▽4年 滝沢郁大(守谷市立大井沢小)
▽3年 宍倉遙馬(東葛RC)
◇2キロ女子
▽6年 今井悠月(市原AC)
▽5年 保坂知穂(同)
▽4年 長塚結南(東葛RC)
▽3年 小森心結(同)
◇1.2キロ親子男子
▽2年 浅見浩行・蒼羽(西原小)
▽1年 森信幸・優馬(七郷小)
◇1.2キロ親子女子
▽2年 古井戸博成・梨花(高崎市立多胡小)
▽1年 藤田道隆・奈瑠(南志津小)

【写真説明】
鉾田市内外から2千人余りが参加した「ほこたハーフマラソン」=同市内


自民県連 取手、大子議員選の公認、推薦10人決定の画像

自民県連 取手、大子議員選の公認、推薦10人決定

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 22 Dec 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15769356004179

自民党県連は21日までに、取手市議選(来年1月26日投開票)と大子町議選(同3月30日任期満了)の両議員選で、党公認候補3人、推薦候補7人を決定した。県連が発表した候補は次の通り。(敬称略)
【公認】
▽大子町議選 大森勝夫、川井正人、飯村剛
【推薦】
▽取手市議選 吉田宏▽大子町議選 藤田稔、斎藤忠一、金沢真人、中郡一彦、桜岡義信、福田祥江


取手駅ビル 「VIVA」21日オープン 芸術体験、交流の場にの画像

取手駅ビル 「VIVA」21日オープン 芸術体験、交流の場に

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 21 Dec 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15768399114467

21日にJR取手駅ビル4階にオープンする新たなアートギャラリーを含めた複合施設「たいけん美じゅつ場(愛称VIVA)」のオープンイベントが20日、取手市中央町の商業ビル「ボックスヒル取手」で開かれ、場内が公開された。
フロア面積は約2260平方メートル。4階フロア全てを改装した。「アートギャラリーとりで」が入るほか、東京芸大卒業生らの作品が展示される「東京芸大オープンアーカイブ」、ものづくりができる「工作室」、ゆっくりとくつろげる空間「VIVAパーク」などを設ける。
開場式ではテープカットの後、東京芸大美術学部長の日比野克彦氏らのトークセッションが開かれ、日比野氏はVIVAが今後果たす役割について「地域連携を支える土台になるのは間違いない」と語った。
VIVAは、市、東京芸大、JR東日本東京支社、取手駅の駅ビル「ボックスヒル取手」を運営するアトレの4者による産官学連携の取り組みの一環で整備された。初日の21日から来年1月12日までは、とりでアートギャラリーで郷土作家の作品約50点を紹介する展示会「とりで美術の今」が開かれる。(高阿田総司)

【写真説明】
「たいけん美じゅつ場」のオープンイベントのトークセッションで語る日比野克彦氏(左から3人目)=取手市中央町


「とりかめくん」 着ぐるみ お披露目 取手市健康づくりPRの画像

「とりかめくん」 着ぐるみ お披露目 取手市健康づくりPR

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 20 Dec 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15767568025236

取手市の健康づくりキャラクター「とりかめくん」の着ぐるみが完成し、19日に市役所でお披露目された。公の場への最初の登場は、年明け1月16日の新春賀詞交歓会の予定。その後も多くの市民が参加するイベントで健康づくりのPR役を担うという。
とりかめくんは2014年12月に誕生。健康長寿をイメージする亀がモチーフで、市内在住の画家・傍嶋賢(そばじまけん)さん(40)がデザインした。運動、健康を楽しむキャラクターとして、これまで市の健康づくり関連の冊子などで、イラストのみで紹介されていた。
今回、誕生から約5年の月日を経て立体化が実現。平面のイラストを超える愛らしい着ぐるみが完成した。全長175センチ。靴を履いて甲羅を背負い、市の花「ツツジ」の花の色をイメージしたピンク色の鉢巻きを頭に巻いている。腹部のアルファベット「T」は取手(TORIDE)とタートル(TURTLE=亀)の頭文字だという。
市では今後、一般への着ぐるみの貸し出しも考えている。生みの親である傍嶋さんは、着ぐるみの出来について「制作段階から関わることができ、イメージ通りに作られている」と満足げ。「取手市の子どもに愛されるキャラクターとして活躍してほしい」と願った。(高阿田総司)

【写真説明】
取手市の健康づくりキャラクター「とりかめくん」の着ぐるみ(左)とキャラクターをデザインした傍嶋賢さん=取手市寺田


井野なないろ保育所完成 取手市最大、地域交流もの画像

井野なないろ保育所完成 取手市最大、地域交流も

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15766702281463

取手市が同市井野に建設していた「井野なないろ保育所・地域子育て支援センター」の竣工(しゅんこう)式典が18日、同所で開かれ、来賓や施設関係者など112人が出席し、市内最大となる保育施設の完成を祝った。
開所するのは来年1月6日。吉田保育所と舟山保育所を統合し、旧取手一中跡地に建設した。敷地面積は1万509平方メートルで、園舎は鉄骨1階建て。敷地内に地域交流広場や遊歩道、防災用のマンホールトイレなどを備える。定員220人の大規模保育所となる。
主な特長は、県内の公立保育所では初となる情報通信技術(ICT)の導入や雨水貯留槽の整備など。ICT導入で手書きの作業を電子化。事務仕事を減らし、保育士が本来の保育業務に充てる時間を増やすことで、保育の充実につなげる。大雨の際には雨水が施設内に入らないよう、駐車場地下スペースの貯留槽に水をためることができる。
式典で藤井信吾市長は「十分な面積の誇れる施設ができた。この先、園児、保護者、地域の皆さんに末永く愛されることを願う」とあいさつ。
建設に関わった事業者には、園児から手作りの感謝状が贈呈された。最後は藤井市長が弾くアコーディオンの伴奏で園児らが歌うアトラクションも披露された。(高阿田総司)

【写真説明】
井野なないろ保育所・地域子育て支援センターの竣工式典で、歌の伴奏をする藤井信吾市長(中央)と園児たち=取手市井野


秋田犬保存会本部展 県勢2頭が日本一 飼い主ら「魅力広めたい」の画像

秋田犬保存会本部展 県勢2頭が日本一 飼い主ら「魅力広めたい」

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 09:43:01 +0900

記事コード:15766702456993

◆八州大和(雄・那珂)/花舞姫(雌・龍ケ崎)◆
秋田犬の容姿や品格を年齢・雌雄別に競う全国展で、県内の2頭が最優秀に輝いた。雄の「八州大和」と雌の「花舞姫」。傑出した犬に贈られる名誉章も獲得し、来春をめどに秋田犬会館(秋田県大館市)の博物室に写真が飾られる予定だ。秋田犬は海外で人気が高まる一方、国内の登録数はピーク時の数%程度に激減し、愛好家が危機感を抱く。飼い主2人は「もっと魅力を広めたい」と決意を新たにする。
■「マサル」の親戚
12月14日、那珂市菅谷のペットショップ「ビックワン」。三角の耳に、くるっとしたしっぽ。典型的な秋田犬の特徴を備えた2頭が、気品を漂わせてたたずむ。八州大和と花舞姫だ。それぞれ、同店オーナーの寺門仗さん(74)と龍ケ崎市の野原英隆さん(68)が手塩にかけて育ててきた。
2頭は今月1日、埼玉県であった秋田犬保存会の第141回本部展で、最上位の成犬A組(雌雄別、4歳〜)に出陳。最優秀に当たる特優一席に加え、名誉章に選ばれた。「小さいうちから成績を残し続けた犬しか出られない。愛好家にとって一番の結果だ」とそろって喜ぶ。
いずれも寺門さんがかつて育て、本部展で最優秀を3度取った名犬・関八州を父に持つ。活動停止を表明したフィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に贈られた「マサル」は親戚だ。
■忠実で素直
寺門さんは当初、番犬として秋田犬を飼い始め、30年超で数千頭を繁殖・飼育した実績がある。飲食店経営から退き、13年前にビックワンを開業し普及に取り組む。
飼育歴4年の野原さんは寺門さんの弟子筋。都内の企業を退職した後、愛好家の誘いで秋田犬に出合った。花舞姫が最初の一頭だ。
秋田犬は「飼い主にどこまでも忠実で素直。気品もある」(寺門さん)のが魅力という。体をつくり、容姿を整える努力も欠かせない。個々に応じて運動と食事のメニューを仕立てる。「丁寧に向き合うのが重要。飼い主も規則正しい生活を送らないといけない」(野原さん)。将来性を見極める目利きも大切だ。
■指導者不足
ただ、秋田犬を巡っては伝承に課題もあるといい、2人は今後も魅力発信に力を入れる考えだ。
忠犬ハチ公を題材に秋田犬を取り上げたリチャード・ギアさん主演のハリウッド映画「HACHI 約束の犬」(2009年公開)を契機に海外で人気に火が付く一方、国内では1972年の約4万6千頭を頂点に登録数が減少。住環境の変化や小型犬の台頭が背景にある。
秋田犬保存会によると、2016年の登録数は国内が2628頭、海外は3922頭で逆転した。18年は国内がやや上回ったが、二千数百頭で拮抗(きっこう)。2人は「指導者がいなくなっているし、高齢化も進む。日本の犬で一番有名なはずなのに国内では危機的」とみる。
八州大和は中国の愛好家のもとに旅立ち、花舞姫も引退する。寺門さんは「海外でも優れた子孫を残してくれれば。他にも10頭ほどいるので展覧会で結果を残したい」、野原さんも「手元に置き、保存会のイベントにも積極的に出て『飼いたい』と思う人を増やしたい」と意気込んだ。(鈴木剛史)
★秋田犬
日本犬6種で唯一の大型犬で、狩猟犬が祖先とされ、国の天然記念物でもある。秋田で江戸〜明治時代に流行した闘犬に伴い大型化。常陸から国替えされた佐竹氏も闘犬を奨励したと伝わる。古くはヘレン・ケラーが飼い、フランスの名優、アラン・ドロンさんら世界的著名人もファンとして知られる。現在、秋田犬が登場する日露合作映画の製作が進んでいる。

【写真説明】
寺門仗さんの八州大和(手前)と野原英隆さんの花舞姫=14日、那珂市菅谷


不正アクセス、プレミアム商品券の販売サイト改ざんか 取手市の画像

不正アクセス、プレミアム商品券の販売サイト改ざんか 取手市

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 10:57:09 +0900

記事コード:15766702281457

取手市は18日、子育て世代や低所得者が購入できるプレミアム付き商品券の販売サイトが不正アクセスされ、外部の不審なサイトが表示される被害があったと発表した。プログラムの一部が改ざんされたとみられるが、既に復旧済みで、被害報告もないとしている。
市によると、被害に遭ったのは販売事業を委託している市商工会のサイトで、商品券の利用可能店舗が一覧になったページ。「プレミアム商品券の利用可能店舗のリンク先がハックされている」との匿名のメールが市に寄せられ、16日に職員が該当ページを開くと、性別やスマートフォンの機種といった情報を入力させようとする不審なサイトに誘導された。数日前には異常はなかったといい、市は原因を調べている。


テックライン eスポ施設でプロ育成の画像

テックライン eスポ施設でプロ育成

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15766702281455

◆県内初来年開所 守谷、土浦、つくばに◆
店舗機器販売のテックライン(つくばみらい市、冨田常侑社長)は、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の専門施設を来年2月に守谷市内で開所し、プロ選手の育成に乗り出す。競技用の高性能なパソコンをそろえ、チャット形式でコーチが指導に取り組む。同社によると、県内のeスポーツ専門施設は初めてで、2020年中に土浦、つくば両市にも出店する計画だ。
eスポーツは、エレクトロニック(電子)・スポーツの略。サッカーや格闘技、陣地を取り合うゲームなど種目はさまざまで、反射神経や集中力が問われる。茨城国体では文化プログラムとして都道府県対抗の試合が行われ、県内でも関心が高まっている。
今回の専門施設は「いばらき eSports STUDIO」。来年2月22日に守谷市久保ケ丘の商業施設「守谷テラス」1階に1号店を開所する。床面積15平方メートルで、同社が運営するロボット教室に併設する。
通常よりも解像度が高い競技用パソコン5台を導入する。互いに顔を見ながら会話ができるビデオチャット機能を活用し、利用者は全国のプロ選手らから戦術を学ぶ。指導料は1時間2500円、施設の使用料は500〜千円程度を想定し、定額制サービスも検討する。
同社は06年設立。レジなどの店舗機器販売に加え、ロボットやキャッシュレス化関連の事業を展開する。今回はeスポーツのプロ選手育成に加え、引きこもりからの自立支援といった社会貢献事業も視野に入れる。
来年1月18日には、eスポーツが体験できるプレイベントをつくば市研究学園の住宅展示場「つくばハウジングパーク」で開催し、専門施設をPRする。同社の担当者は「eスポーツで県内を盛り上げたい」と話している。(小野寺晋平)

【写真説明】
「いばらき eSports STUDIO」のイメージ


16(いちろく)創年の会(取手市)の画像

16(いちろく)創年の会(取手市)

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 18 Dec 2019 19:00:00 +0900

記事コード:15765879428293

◆ローンボウルズ普及◆
取手市でカーリングに似たレクリエーションスポーツ「ローンボウルズ」の普及促進などをしているグループです。月1回、市藤代公民館に集まり行事の準備などをしています。
健康長寿のまちづくりと、ローンボウルズを地域のスポーツに育てることが目標です。ローンボウルズ普及のほか、歌声喫茶開催、まちの見どころを紹介する小冊子の発行や、老人施設でのハーモニカ演奏などをしています。
結成は2005年。今年は長年の社会福祉事業推進への貢献を評価され、県知事表彰を受けました。6月には結成15周年を記念して「16創年の会まつり」を開き、100人以上の来場者と、ローンボウルズ体験会や川柳、どじょうすくいなどで盛り上がりました。
現在のメンバーは24人。70代が中心です。佐々木敏治さんが会長を務めています。会員は随時募集中。定例会の時に見学ができます。連絡先は佐々木さん(電)0297(74)6776

【写真説明】
16(いちろく)創年の会(取手市)


1日乗り放題 乗車券を販売 TX、21日からの画像

1日乗り放題 乗車券を販売 TX、21日から

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Wed, 18 Dec 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15765879428288

首都圏新都市鉄道(東京)は、年末年始に合わせて21日から、つくばエクスプレス(TX)が1日乗り降り自由となる乗車券「TX!1日乗り放題きっぷ」の販売を始める。1月13日までの24日間限定発売。
TX秋葉原-つくば駅間で、乗り降りが自由にできる。乗車券は発売当日に限り有効。
料金は大人2420円、子ども(6歳以上12歳未満)690円。TX各駅の自動券売機や案内カウンターで販売する。問い合わせはTXコールセンター(電)0570(000)298


つくばみらい市議選 説明会に23陣営の画像

つくばみらい市議選 説明会に23陣営

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 18 Dec 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15765879428275

任期満了に伴い、来年2月2日告示、同9日投開票で行われるつくばみらい市議選(定数18)の立候補予定者説明会が17日、同市福田の市役所伊奈庁舎で開かれ、23陣営が出席した。内訳は現職12、元職1、新人10。事前審査は来年1月20、21日。有権者は4万2232人(12月1日現在)。


取手市議選 説明会に30陣営の画像

取手市議選 説明会に30陣営

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 18 Dec 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15765879447531

任期満了に伴い、来年1月19日告示、26日投開票で行われる取手市議選(定数24)の立候補予定者説明会が17日、同市寺田の市役所で開かれ、30陣営が出席した。内訳は現職19、新人11。ほかに無所属現職1人が出馬を予定する。事前審査は来年1月7、8日。有権者は9万1877人(12月1日現在)。


龍ケ崎の出張型カメラマン 伊藤さん、子育て経験基に起業の画像

龍ケ崎の出張型カメラマン 伊藤さん、子育て経験基に起業

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 21:09:43 +0900

記事コード:15764954164194

「Snap Lab」(スナップラボ)で、フリーの出張型カメラマンとして活動している伊藤眞理さん。七五三のお宮参りや誕生日などの記念日写真のほか、個人事業主のプロフィル写真を撮影する。場所は神社や依頼主の自宅、近所の公園などさまざまだ。
カメラでの撮影を始めたのは、高校で写真部に入部したことがきっかけ。以来、スナップ写真を撮ることが好きになり、友人の結婚式などで撮影していた。社会人になってからは「カメラをきちんと使いこなせるようになりたい」と、専門学校でカメラの使い方の基礎を学んだが、「仕事にすることは考えてなかった」。
転機は結婚し、娘を出産した時だった。わが子の成長過程を写真に残したいが、家事や育児が忙しく、なかなかカメラを取り出す時間がない。外出時も大きく、かさばるカメラを持って出掛けるのは大変だった。「子どものかわいい姿を残したいのに、忙しかったりして撮影できない。こういうお母さんたちが多いのかも」「代わりに私が撮るのはどうだろうか」。自身の体験を基に2015年から出張カメラマンを始めた。
「家族の大事な瞬間を残すためのお手伝いをさせていただく感覚」でカメラを構える。作り込んだ笑顔ではなく、“いつもの笑顔”を引き出せるよう、依頼主家族に溶け込む。自身の好みや感性は入れないよう心掛ける。「厳選するのがもったいない」と撮影した写真データは、目を閉じていたり、ぶれたりしているもの以外は全て依頼主に渡す。
出身は静岡県伊東市。夫の地元の茨城には移り住んで7年がたつ。知り合いゼロからのスタートだったが、「みんな温かくて手を貸してくれる」と好印象を抱いている。龍ケ崎市在住。40歳。(松原芙美)

【写真説明】
伊藤眞理さん


こたつにみかん 生演奏楽しもう 利根町役場、21日催しの画像

こたつにみかん 生演奏楽しもう 利根町役場、21日催し

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 17 Dec 2019 17:00:00 +0900

記事コード:15764954139445

「第2回トネマチ冬まつり」が21日、利根町役場1階イベントホールで開かれる。こたつが役場1階ホールに置かれ、みかんを食べながら生演奏が楽しめる。午前10時から午後7時まで。町観光協会、実行委主催。
テーマは「冬の利根町を、あたたかく」。昨年12月の初開催以来で2度目。会場に畳を敷き、こたつを用意。無料でみかんが提供される。生演奏には音楽教室、コーラス、バンド、弾き語りなど幅広いジャンルの演奏者が出演し、イベントを盛り上げる。
飲食店や雑貨店が出店する「とねマルシェ」の人気店なども集まり、豚汁、たい焼き、クレープなど食も充実。問い合わせは町観光協会事務局(電)0297(68)2211


テレワーク 仲間と交流、心にゆとり 就労環境構築に期待の画像

テレワーク 仲間と交流、心にゆとり 就労環境構築に期待

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 19 Dec 2019 23:51:45 +0900

記事コード:15764954139444

◆守谷の子育て団体、拠点開所◆
会社に出社せず、自宅やカフェなどが就労場所となる「テレワーク」。今年5月、総務省がまとめた2018年通信利用動向調査では、テレワーク導入企業は全国で19・1%と増加傾向にある。県内では先月、守谷市の子育て団体「子育てネットワークままもり」(宮下嘉代子代表理事)が、子育てなどを理由に離職した女性の就労環境を構築しようと、同市初のテレワーク拠点「ITC守谷」を開所。母親たちからは「(拠点は)働く仲間がいて交流もできる」「時間と心にゆとりが持てる」と期待の声が上がる。
つくばエクスプレス(TX)守谷駅から徒歩5分にオープンした「ITC守谷」(同市本町)。今月4日。同市在住で小学生2児を育てる桜田陽子さん(42)、6歳男児の母親の大沼恵さん(36)が働く姿があった。2人とも同拠点立ち上げに関わったメンバーだ。
桜田さんは昨年、日本社会の働く意識を改革をしたいと、大手飲料メーカー(東京都)から「ワーク・ライフバランス」(東京都・31人)に転職。コンサルタントとして、企業の働き方改革に携わっている。
仕事と子育ての両立のため、既に週2、3日テレワークを利用。ウェブや電話で社内外の会議に参加したり、資料作成を行ったりしている。
自宅から都心まで、通勤時間は片道1時間30分。テレワークの利用で通勤時間短縮にもつながり、その分、家事や育児に充てているという。「同僚とのコミュニケーションや時間管理など、自分を律する必要がある」としながらも、「(ITC守谷は)異業種でも一緒に働く仲間がいる。雑談の中で新しいアイデアも浮かびそう」とほほ笑む。
大沼さんは今後、同拠点で週3回働くことを希望している。昨年、これまでの働き方を見直したいと「アイバイオテック」(つくば市・7人)に転職。正社員として週4日、給与計算などを行う。現在、週2、3日テレワークを利用。「通勤時間も縮まり、精神的な余裕が生まれた。家族と関わる時間が増えた」と明るく話す。同社の高橋真澄社長(40)は「お母さんが生き生きと働き、育児と両立できるよう応援したい。働く母親同士が育み合い、その力が地域のお役に立てたら」と話す。
先述の通信利用動向調査によると、テレワークを導入している企業と導入予定を合わせると26・3%。昨年比で8・1ポイント増加。産業別では「情報通信業」「金融・保険業」が導入率が高いことが分かっている。
同拠点は守谷市も支援する。同市市長公室の浜田耕志室長は「守谷市には、経験や知識豊富な優秀なお母さんが多いと認識している。その力が埋もれているのはもったいない。情報通信技術を利用し、能力が発揮できる拠点になることを期待している」と力を込める。
宮下代表理事は「職場と住まいが近接する環境をつくり、企業との人材マッチングや雇用創出にもつなげていきたい」と意気込む。(鈴木聡美)
★テレワーク
情報通信技術(ICT)を活用し、時間や場所を有効活用できる柔軟な働き方。(1)自宅を就業場所とする「在宅勤務」(2)会社以外のオフィスで働く「サテライトオフィス勤務」(3)移動中やカフェなどを就業場所とする「モバイルワーク」の3形態がある。2020年の東京五輪・パラリンピックの混雑緩和策や働き方改革の一つとして注目されている。

【写真説明】
それぞれのパソコンを使用し、仕事に励む大沼恵さん(手前)と桜田陽子さん=守谷市本町のITC守谷


茨城大生殺害で共犯逮捕の画像

茨城大生殺害で共犯逮捕

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 17 Dec 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15764954164189

◆元少年「罪償いたい」◆
美浦村で2004年1月に発生した茨城大生殺害事件で、15年後の今年1月24日、県警は、犯人とされるフィリピン国籍の男3人のうち2人目の逮捕に至った。逮捕されたのは、殺人容疑などで国際手配中だった元少年(34)=事件当時(18)。元少年は同日午後、県警に出頭する意向でマニラ発の航空便で出国し、成田空港から入国後に、同行する捜査員に逮捕状を執行された。主犯格とされる別の男(38)は既に無期懲役判決が確定し、服役している。
事件は04年1月31日、茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が、自宅から約6キロ離れた同村舟子の清明川で他殺体で見つかった。死因は頸部(けいぶ)圧迫。首や胸などを刃物で切り付けられていた。遺体の付着物から男3人のDNA型が見つかり、有力な証拠となった。県警は17年9月、主犯格とされる男を殺人容疑などで逮捕した後、元少年2人を国際手配した。
今年逮捕された元少年は事件から3年後の07年5月、フィリピンへ出国したとみられる。逃亡先の同国と日本との間に身柄引き渡しに関する条約や捜査協力の協定はなく、逮捕へのハードルは高かった。
光明が見えたのは昨年末ごろだった。捜査関係者らによると、元少年に訪日する意思があるとの情報が県警にもたらされた。県警は国内外の関係者に働き掛け、元少年に出頭を促した。元少年は日本に再入国する前、周辺の関係者を通じ「犯行を後悔している。罪を償いたい」と説明した。
主犯格とされる男は公判の中で、この元少年との関係をこう証言している。元少年と知り合ったのは、勤務していた同村内の電機部品加工会社。2人は仕事終わりによく遊んだ。元少年は男を、タガログ語で「兄」を意味する「クーヤ」と呼んで慕った。ただ上下関係はほとんどなく「友人関係」だったという。
事件直前、3人で酒を飲んだ後、元少年が「女性を探して暴行しよう」と提案し、男も「仲間の誘いなので同意した」。約1時間、車を走らせ、自転車に乗っていた女子学生を見つけ、犯行に至ったという。
3人の関係性や犯行に至るまでの過程、役割などは男の証言のみが頼り。不明な点が残る。最後の1人が逮捕されるまで、事件が終結したとは言えない。まずは元少年の公判で明らかになる事実があるのかが注目される。(今井俊太郎)

【写真説明】
フィリピンから帰国し、竜ケ崎署に入る元少年の男(右)=1月25日午前0時40分、龍ケ崎市、菊地克仁撮影


つくばみらい立浪部屋協力 力士直伝ちゃんこ鍋 父子教室で舌鼓の画像

つくばみらい立浪部屋協力 力士直伝ちゃんこ鍋 父子教室で舌鼓

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 17 Dec 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15764954139439

力士に教わりながら父子でちゃんこ鍋を作る料理教室「どすこいクッキング」が15日、つくばみらい市古川の谷和原公民館であり、市内の親子11組22人が参加した。市内に部屋を構える大相撲「立浪部屋」が協力する企画。1時間ほどで完成し、参加者でおいしく味わった。
教室は、同市の男女共同参画推進事業の一環で開催。父親に家事や育児を考えてもらうことを目的としている。立浪部屋の上戸(かみと)さん(24)、華吹(はなかぜ)さん(49)、刻竜浪(こくりゅうなみ)さん(24)の3人が、部屋特製「鶏のつくね入りちゃんこ鍋」の作り方を指導した。
子どもたちは父親が見守る中、野菜を切ったり、鶏団子を両手でこね、調理を楽しんだ。スープは力士に味見してもらいながら整え、鶏団子、豚肉、野菜の順番で鍋に投入し、完成させた。
小学1年の福本結依香さんは「お団子を作るのがけっこう難しい」と感想を話し、父親の拓三さん(44)は「包丁で指を切らないか心配だったけど、思ったよりも上手だった」と子どもの成長に目を細めた。
ちゃんこ鍋を口にした小学3年の伊藤岳琉君は「おいしい」と笑顔。父親の剛史さん(45)も「教わった通りにやったら、おいしくできた。調味料のバランスが絶妙」と、“プロ”の手ほどきに感心しきりといった様子だった。
立浪部屋でちゃんこ長を務める華吹さんによると、キムチ味はもちろんのこと、カレー味やトマト風味などのちゃんこ鍋を作るときもあるという。「今日の鍋も野菜たっぷりで、バランスがいい。寒くなってきたから、体も温まる」と笑顔で話し、最後はうどんを入れて料理を締めくくった。 (今橋憲正)

【写真説明】
完成したちゃんこ鍋を披露する参加者たち=つくばみらい市古川


「龍ケ崎市駅」改称、2020年3月14日に JR常磐線の画像

「龍ケ崎市駅」改称、2020年3月14日に JR常磐線

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 14 Dec 2019 12:20:06 +0900

記事コード:15762450974753

◆「高輪ゲートウェイ」開業と同じ日◆
龍ケ崎市が進めてきたJR常磐線佐貫駅の「龍ケ崎市駅」への改称が、来年3月14日に決まった。JR東日本水戸支社が13日、発表した。JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」の開業と同日になる。
駅名改称は、市の知名度を高め、移住定住の促進と地域の活性化を図るのが狙い。当初は、2017年4月の消費増税に伴うJRのシステム変更に合わせた改称を目指したが、政府が増税を見送ったため一時延期。昨年7月にJR水戸支社と協定を結び直し、時期を来春に改めた。
市は、JR側のシステム改修などにかかる費用を負担する。市内を走る竜ケ崎線を運行する関東鉄道にもシステム変更や案内板の整備費として負担金を支出。JRを含め総額は4億円前後を見込む。
改称日確定の発表を受け、中山一生市長は「JR東日本をはじめ、ご支援をいただいた皆さまに厚く御礼申し上げます。これまで以上にさまざまな施策を積極的に展開してまいります」とのコメントを出した。
市はJR水戸支社を含む関係機関と協議し、記念のセレモニーやイベントを開く方向で調整。カウントダウンボードの設置も検討する。
一方、過去には効果に懐疑的な市民グループが住民投票の実施を訴え直接請求した経緯がある。現在も別の団体が、住民らの合意が得られるまで改称は認められないとして署名を集めている。 (鈴木剛史)


カスミ 新入社員と小学生がつくばで復興カレンダー販売 陸前高田支援の画像

カスミ 新入社員と小学生がつくばで復興カレンダー販売 陸前高田支援

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 14 Dec 2019 14:16:01 +0900

記事コード:15762420485269

東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の子どもたちを支援しようと、食品スーパーのカスミ(つくば市、石井俊樹社長)の新入社員と地元の小学生が7、8の両日、つくば市研究学園のイーアスつくば内「フードスクエアつくばスタイル店」前で、同社が制作した復興支援カレンダー「明日暦(あしたごよみ)2020」を販売した。
今回のチャリティー活動には、同社が8月に主催した「陸前高田七夕まつり体験学習」に参加した児童が協力し、新入社員らと共に笑顔で支援を呼び掛けた。
8日のチャリティー活動に参加した同社万博記念公園駅前店の池田大介さん(24)は「これらの活動を通して復興状況なども知られていくと思う。これからも支援を続けていきたい」と話した。
子どもたちと新入社員らによるチャリティー活動は14、15日、守谷市百合ケ丘の「フードスクエアカスミイオンタウン守谷店」でも行われる予定。
同カレンダーは、カスミ(184店舗)やセイブ(14店舗)などでも1部500円で購入できる。店舗での販売期間は22日まで。同社はカレンダー売上金全額を陸前高田市立小中学校復興基金などに寄付する。

【写真説明】
陸前高田市復興支援カレンダーを販売する児童とカスミの新入社員ら=つくば市研究学園


守谷高校剣道部に感謝状 交通安全啓発カレンダー作成に協力の画像

守谷高校剣道部に感謝状 交通安全啓発カレンダー作成に協力

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 14 Dec 2019 14:18:25 +0900

記事コード:15762420485264

交通安全を啓発するカレンダー作成に協力したとして、取手警察署(岡田宗久署長)と取手地区交通安全協会(小川一成会長)は、県立守谷高校剣道部に感謝状を贈った。同剣道部は、今秋開催された茨城国体の剣道少年女子の部で団体優勝。同署と同協会が作成した2020年のカレンダーの写真にモデルとして登場し、運転マナー向上などの啓発に協力した。塚本浩一監督、選手の大西希望さん、内藤栞さん、小川真英さん、今村実聡さん、柿元冴月さんが同署で感謝状を受けた。

【写真説明】
感謝状を受ける守谷高剣道部=取手署


守谷市議選 説明会に24陣営の画像

守谷市議選 説明会に24陣営

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 14 Dec 2019 12:09:19 +0900

記事コード:15762420485262

任期満了に伴い、来年1月26日告示、2月2日投開票で行われる守谷市議選(定数20)の立候補予定者説明会が13日、同市大柏の市役所で開かれ、24陣営が出席した。内訳は現職15、元職1、新人8。事前審査は来年1月15、16日。有権者は5万4786人(12月1日現在)。


つくばみらい市PRポスター 全面に住民、愛着表現の画像

つくばみらい市PRポスター 全面に住民、愛着表現

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 13 Dec 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15761491035118

◆100人が撮影協力 子どもや主婦、立浪親方も 定住促進へ掲示、公開◆
つくばみらい市は、新たなシティープロモーションを始めた。「I LIVE IN TSUKUBAMIRAI.(私はつくばみらいに住んでいる)」をスローガンに、市民が全面に写ったポスターを制作。市内に掲示するほか、ホームページやフェイスブック(FB)などでも公開している。市の担当者は「市民に当市に住んでいることへの誇りを持ってもらい、ひいては市外からの定住促進につなげたい」と狙いを語る。
つくばみらい市で幼少期を過ごした映像作家、菱川勢一さんが代表を務める広告制作会社がプロモーションを手掛けている。モデルは市職員の知人や駅などで声を掛けて集めた。
プロのカメラマンが0〜84歳の市民約100人を撮影。子どもや主婦のほか、農家、自営業、市職員、教師、学生など、さまざまな職業の人たちが撮影に協力した。市内に部屋を構える大相撲「立浪部屋」からも立浪耐治親方らが写真に納まっている。
市によると、従来のシティープロモーションは居住環境の良さなどを市外に情報発信するケースが多かったが、今回はその逆で、つくばみらい市民がターゲット。「100年間、愛される地元をつくろう」というコンセプトの下、ポスターのモデルに起用。住む人の表情を切り取ることで、生活している楽しさが伝わることを期待している。
ポスターはB1サイズ(728ミリ×1030ミリ)とA3サイズ(297ミリ×420ミリ)の2種類で、計1500枚を印刷。これまで、市民が利用する関東鉄道常総線の車内などで掲示してきた。
FB、インスタグラム、ツイッターでも順次公開しており、ここではポスターに登場する市民のメッセージも掲載。さらに、FBでは、市民を撮影した動画も公開している。
市は今後、市内の公共施設にポスターを張っていく方針。市秘書広報課の石塚隆幸主事は「つくばみらい市に愛着を持ってもらい、市外の人に魅力を伝える人になってもらいたい。そうしたことが定住促進につながる」と話している。(今橋憲正)

【写真説明】
つくばみらい市役所伊奈庁舎ロビーに掲示されているシティープロモーションのポスター=同市福田


守谷市議会 夫婦別姓制度、意見書を可決の画像

守谷市議会 夫婦別姓制度、意見書を可決

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 13 Dec 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15761485983899

守谷市議会は定例会最終日の12日、議員提出議案の「選択的夫婦別姓制度の導入を求める意見書」を全会一致で可決した。民法を改正し制度を法律化することを求め、市議会から意見書として国に提出する。
「選択的夫婦別姓を推進する茨城の会」メンバーが市議会に提出した請願を受け、首相、衆参両院議長、法務大臣に同日付で提出する。
同会によると、同内容の意見書はこれまで、県内でつくば、取手、牛久、龍ケ崎各市議会から出されている。同会メンバーは「今後も自分たちの地域から声を上げ、法制化を望む声を増やし、広げたい」と話している。


龍ケ崎市教委に年賀はがき寄贈 日本郵便地区連絡会の画像

龍ケ崎市教委に年賀はがき寄贈 日本郵便地区連絡会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 13 Dec 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15761485983897

日本郵便県南部地区連絡会龍ケ崎部会(部会長・大貫一永龍ケ崎長山郵便局長)は6日、龍ケ崎市教育委員会に年賀はがき7800枚を寄贈した。
地元の企業や事業所に購入してもらった年賀はがきを贈る「地域貢献型教育年賀はがき」で、市内の55社から協賛を得た。年賀はがきは市教委を通して市内11小学校の児童に2枚ずつ配布される。手紙文化の振興と地域活性が狙い。
同市立長山小学校(筑井喜久男校長)で同日、贈呈式が開かれた。市内の郵便局を代表して龍ケ崎郵便局の郡司靖巳局長が「子どもの教育、日本文化の振興に役立ててもらえれば」とあいさつ。筑井校長は「1年の感謝を表す意味も含めて年賀状を書くよう、子どもたちに指導したい」と感謝を述べた。

【写真説明】
年賀状を手渡す大貫一永部会長(左)と筑井喜久男校長=龍ケ崎市立長山小学校


取手市 市制50周年へ 「市民のうた」新作 PV参加者を募集の画像

取手市 市制50周年へ 「市民のうた」新作 PV参加者を募集

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 13 Dec 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15761491035110

来年10月1日に市制施行50周年を迎える取手市は、新たに制作する「取手市民のうた」(来年3月完成予定)のプロモーションビデオ(PV)に使う映像の撮影参加者を募集している。定員なしの応募者全員参加企画で、年齢、性別は問わない。応募締め切りは25日。
撮影は来年1月11日、中央町の取手ウェルネスプラザで実施される。午後1時から約3時間、簡単な振り付けを参加者全員で踊る。参加希望者は市文化芸術課にある応募用紙に必要事項を記入し、同課もしくは藤代庁舎藤代総合窓口課、市内公民館へ届ける。
問い合わせは市文化芸術課(電)0297(74)2141


茨城県内自治体、RPA広がる ロボで事務自動化 働き方改革、効率化狙うの画像

茨城県内自治体、RPA広がる ロボで事務自動化 働き方改革、効率化狙う

関連地域 :龍ケ崎市,守谷市

最終更新日:Fri, 13 Dec 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15761485983889

データ入力などをパソコン搭載のロボット(ソフトウエア)に代行させる「ロボットによる業務自動化(RPA)」を採用する動きが、茨城県内の自治体で広がっている。県やつくば市、日立市などが先行導入し、小美玉市などが来年度実施を見込む。定型的な事務作業をロボットにお任せし、職員の働き方改革や業務の効率化を図るのが狙いだ。(石岡支局・高畠和弘、土浦つくば支社・吉原宗康)
■36%の削減効果
小美玉市は本年度、総務省の後押しを受けてRPAの実証実験に取り組んでいる。11月には税務課で、住民税課税情報の入力作業に照準を合わせ、紙の文字を人工知能(AI)によって読み取る装置とデータ入力を自動で代行するソフトウエアを組み合わせて試行。2日間にわたって作業の短縮時間を計測し、業務の省力化効果を検証した。
その結果、1件当たりの作業時間は現行の4分44秒から3分2秒に短縮され、36%の削減を達成した。税務課が繁忙期の4〜6月は約1700件の入力処理が想定されるため、市の担当者は「単純計算で48時間17分の作業時間削減につながる」と目を見張った。
市は年明けから、児童手当や保育所入所手続きなどの定型的な事務を抱える子ども福祉課で導入効果の測定を行う。島田穣一市長は「先進的な技術の導入を行革の一環として調査・検証したい」とし、来年度の本格導入に意気込む。
■職員も歓迎の声
つくば市は2018年度、全国の自治体に先駆けて納税窓口業務にRPAを本格導入した。研究者や学生、外国人が多く、転入・転出やパスポートなどの申請業務も多い同市では、職員から「市民対応や政策立案などの業務に割ける時間が増えた」「市民サービスの向上に手応えがある」など、歓迎の声が上がっている。
現在、市民税課や市民窓口課など12課で導入し、本年度末までに19課へ増やす方針だ。市ワークライフバランス推進課によると、RPAを導入した部署では約8割の業務削減効果があった。また、働き方改革などによる意識向上もあり、導入後に1千万円以上の人件費を削減できた課もあるという。
一方で課題もある。同課の担当者は「いまだ職員の中に(RPAに)敷居が高いというイメージが残っている。一気に全庁へ拡大するのは難しい」と指摘。導入するかどうかの判断は各課に任せており、「成功事例をたくさん作り、部署ごとに“営業”をかけて行政サービスの向上につなげたい」としている。
■追走する動きも
守谷市は昨年度に実証実験を終え、紙の文字を読み取る機材を中心に、来年度導入に向け予算化する方向だ。担当者は「保育所の入所申し込み業務から始めたい。職員のスキルアップも図っていきたい」と話す。
笠間市は来年1月ごろから、総務省の後押しを受け税務課や子ども福祉課でRPAを試行導入する。担当者は「1年前から研修を重ねてきた。今後、業務の仕分けをしていきたい」と意気込む。
龍ケ崎市も「一番効果が出る形を模索中」とし、1年間の調査研究を踏まえて来年度、2カ月間の実証実験を行う予定だ。
ひたちなか市は昨年12月に業者を招き、庁内でデモンストレーションを実施。その中で「RPAは導入の前段で、プログラム(シナリオ)の組み立てに労力がかかる。もう少し操作性を向上できないか」などの課題が指摘され、検討を進めている。
このほか、多くの県内自治体が先進事例を調査したりセミナーに参加したりして、RPAの導入を探っている。

【写真説明】
RPAなど先進技術に関する研修会。若手職員約50人が熱心に耳を傾けた=11月29日、小美玉市


2園計94人がノロ つくば、つくばみらいの画像

2園計94人がノロ つくば、つくばみらい

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 12 Dec 2019 23:07:55 +0900

記事コード:15761596329985

茨城県は12日、つくば市下河原崎の島名杉の子保育園と、つくばみらい市小絹の絹ふたば文化幼稚園で、感染性胃腸炎の集団感染があったと発表した。
県健康危機管理対策室によると、同保育園では11月29日から12月10日までの間に、0〜5歳の園児31人と20代の女性職員2人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えた。同幼稚園では今月3日から12日までの間に、3〜5歳の園児60人と30代の女性職員1人が同様の症状を訴えた。
両園とも入院患者はなく、全員快方に向かっている。両園の園児と職員の検体を調べた結果、全員からノロウイルスが検出された。


感動の「第九」届け 龍ケ崎で15日、市文化会館35周年 市民合唱団が共演の画像

感動の「第九」届け 龍ケ崎で15日、市文化会館35周年 市民合唱団が共演

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 11 Dec 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15759781264658

龍ケ崎市馴馬町にある市文化会館のオープン35周年と、大ホール改装を記念した第九演奏会が15日に開かれる。世界的な指揮者らを迎え、市民合唱団がドイツ語の歌声を響かせる。開催は5年ぶり。メンバーたちは「感動を分かち合いたい」と意気込んでいる。
市民合唱団はこれまで、市の記念行事に合わせ有志で結成してきた。メンバーは市民ら245人。10〜80歳代までの老若男女がそろう。中山一生市長も参加している。5月に結団して以降、練習を重ねてきた。
演奏会では前回に引き続き、千葉交響楽団音楽監督で東京芸術大教授の山下一史さん(58)が指揮を執る。国内アマチュアオーケストラ最高峰の新交響楽団とプロの声楽家4人によるベートーベンの交響曲第9番(第九)に市民合唱団が入る。第1部は新交響楽団がモーツァルトの歌劇「魔笛」序曲を演奏。第2部で合唱付きの第九がある。
5日夜には市文化会館で山下さんを招いた練習があり、仕上がりを確認した。山下さんは「もっとリラックスしたほうがいい。一つ一つの言葉を大切にしよう」とアドバイスしつつ、「このまま本番でもいいくらい。合唱団としては申し分ない」と手応えを語った。
自身もテノールで歌う後藤香進・実行委員長(57)は「本物の音楽に触れられる喜びがある。ぜひ、入場者と共有したい」と力を込めた。
会場は市文化会館大ホールで午後2時開演(開場1時半)。全席自由で一般3500円、高校生以下3千円。
問い合わせは市文化会館(電)0297(64)1411
(鈴木剛史)

【写真説明】
指揮者の山下一史さん(右)を招いた市民合唱団の練習=龍ケ崎市馴馬町


取手の放火殺人 懲役10年判決 水戸地裁の画像

取手の放火殺人 懲役10年判決 水戸地裁

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 11 Dec 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15759781264647

取手市で1月、アパートの部屋に火を付け、母を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた取手市宮和田、無職、沖田豊被告(62)の裁判員裁判判決公判が10日、水戸地裁であり、寺沢真由美裁判長は懲役10年(求刑同13年)を言い渡した。
寺沢裁判長は判決理由で、足が不自由な母を置き去りにして焼死させたことは「残虐かつ悪質な犯行」とし、経済状態も「親族に相談するなどして打開することは十分できた」と指摘。一方、被告が精神的に追い詰められていたことについて同情の余地はあるとした。
判決言い渡し後、寺沢裁判長は「服役中は母の冥福を祈り、社会復帰後は思い詰める前に周囲に支援を求めてください」と説諭した。
判決などによると、沖田被告は1月16日、自室に火を付け全焼させ、同居の母、とみさん=当時(86)=を焼死させた。


手紙の書き方 年賀状で学ぶ 守谷・東風小の画像

手紙の書き方 年賀状で学ぶ 守谷・東風小

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 10 Dec 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15758903575686

手紙やはがきの書き方、送る大切さを体験してもらおうと、守谷市百合ケ丘のつくば国際大東風(はるかぜ)小(本橋正範校長)で11月28日、「手紙の書き方体験授業」が行われた。
日本郵便が全国の小中学校で実施しているもので、同小の1、2年生各2クラス86人が、年賀状の書き方を教わった。
授業では年賀状を送る意味やえと、年賀状が届くまでの流れを資料を使って説明。その後、宛名やあいさつの書き方などを教わりながら、祖父母や身近な人に実際に年賀状を書いた。1年生の松田実怜さん(7)は「年賀状を書いたのは初めて。今でも大好きな保育園の先生にも書きたい」と笑顔で話した。
講師を務めた小文間郵便局(取手市小文間)の池田公子局長は、受験や就職の資料送付で窓口を訪れる高校生が「宛名の書き方などが分からないことが多い」と感じており、「年賀状を入り口として、手紙文化に親しんでほしい」と活動の意義を語った。

【写真説明】
年賀状の書き方を学ぶ児童たち=守谷市百合ケ丘


新聞感想文コンクール 文科大臣賞に小森谷さんら 小中高生の受賞が決定の画像

新聞感想文コンクール 文科大臣賞に小森谷さんら 小中高生の受賞が決定

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 10 Dec 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15758903575681

茨城新聞社主催の第10回新聞感想文コンクールの最終審査会が9日、水戸市内で開かれ、入賞者が決まった。本年度創設された文部科学大臣賞には、高校生の部の小森谷蓮夏(れな)さん(古河中等教育学校)ら4人が選ばれた。
このほかの文科大臣賞は、小学1〜3年の部が中田実里さん(桜川市立岩瀬小)、小学4〜6年の部が渡辺優華さん(日立市立櫛形小)、中学生の部が梅澤花怜(かれん)さん(常総市立石下西中)。新聞を読んで考えた、思いやりや命の大切さ、原発問題、新聞の重要性などについて書いた。
知事賞には、佐々木凛乃(りの)さん(筑西市立関城西小)、園部亜唯彩(あゆさ)さん(茨城大付属小)、赤津郁海さん(牛久市立牛久一中)、宮田剛史さん(古河中等教育学校)が選ばれた。
取り組みが顕著である学校賞には、筑西市立関城西小、古河中等教育学校が選ばれた。
コンクールは、茨城新聞を取り扱う販売店でつくる茨城新聞茨城会(山本恒会長)と茨城新聞社が主催し、文部科学省と県教育委員会が後援。
今回は第10回の節目を記念し、文科大臣賞と高校生の部を新設。計1667作品が寄せられた。
審査会では、茨城新聞社の井坂幸雄常務が「内容をリニューアルした。新聞を通じて地域や社会に関心を広げ、読解力や表現力を養ってほしい」とあいさつ。教育団体の代表らが厳正に審査した。
表彰式は来年2月15日、水戸市三の丸の県立図書館で開かれる。 (松田拓朗)
そのほかの主な受賞者は次の通り。(敬称略)
◇県教育長賞 小泉一真(守谷市立松ケ丘小)江幡崇(水戸市立新荘小)本田紘葉(古河中等教育学校)吉尾隆稀(水城高)
◇茨城新聞社長賞 鈴木誉弥(桜川市立岩瀬小)小松真彩(茨城大付属小)須加野紅葉(鉾田市立旭中)佐々木愛歌(古河三高)
◇茨城会長賞 園部柚玲彩(茨城大付属小)須藤ひな(筑西市立川島小)永塚梢(古河中等教育学校)奥薗果凜(同)
◇県教育研究会長賞 安倍武蔵(桜川市立岩瀬小)関恵汰(筑西市立川島小)斉藤朱里(土浦市立都和中)大澤崇琉(古河中等教育学校)
◇県新聞教育研究会長賞 松本倖奈(筑西市立関城西小)下山愛栞(日立市立櫛形小)岡田百花(つくば市立高崎中)永塚楓(古河中等教育学校)
◇県PTA連絡協議会長賞 姫野芽生(阿見町立本郷小)鹿窪咲彩(鹿嶋市立高松小)荒浪悠乃(古河中等教育学校)
◇県高校PTA連合会長賞 照永理凡(古河中等教育学校)

【写真説明】
第10回新聞感想文コンクールの最終審査会=水戸市内


北関東3県知事 首相に豚コレラ対策要望 関東全域でワクチンをの画像

北関東3県知事 首相に豚コレラ対策要望 関東全域でワクチンを

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 07 Dec 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15756307288120

大井川和彦知事ら北関東3県の知事は6日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、豚コレラ(CSF)対策として、感染が確認されていない本県を含めた関東全域でワクチン接種ができるよう求めた。
接種地域の対象は、飼育する豚や野生イノシシの感染が見つかった群馬や埼玉など12県で、隣接する本県や栃木などは対象外。大井川知事は山本一太群馬県知事、福田富一栃木県知事とともに、必要なワクチンを早期に確保した上で、関東全域で接種できるよう要求。接種した豚肉の価格が下がらないような風評対策も求めた。
山本知事は「関東は全国有数の養豚地域で、緊迫した状況が続いている。できるだけ早く広域で接種できるようお願いしたい」と述べた。
また、アジアで感染が拡大しているアフリカ豚コレラ(ASF)の侵入防止のため、茨城空港の水際対策強化も要望。大井川知事は「茨城空港は中国便が増えており、対策は待ったなし。まだ地方空港まで手が回っていないので、至急の対策を」と訴えた。
安倍首相は「生産者の不安を少しでも解消できるよう、関係者の意見を聞きながら対応したい。政府としてCSFの収束に向け、あらゆる措置を講じたい」と応えた。(高岡健作)

【写真説明】
安倍晋三首相(右)に要請書を手渡す北関東3県の知事=首相官邸


利根川で伐採工事 高所作業車試乗も 取手、学生が現場見学の画像

利根川で伐採工事 高所作業車試乗も 取手、学生が現場見学

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 06 Dec 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15755518392600

将来の担い手となる学生たちに建設業界の様子を知ってもらおうと、常陽建設(取手市、飯田憲一社長)は11月22日、取手市利根川河川内で樹木伐採工事の現場見学会を開催した。国土交通省利根川下流河川事務所が協力した。
見学会には、筑波研究学園専門学校(土浦市、柿崎明人校長)の建築環境学科1年生14人が参加。工事関係者から工事概要の説明を受けた後、5班に分かれてバックホウや高所作業車に試乗したほか、工事現場で起こり得る災害が体感できる仮想現実(VR)やスマートグラスによる工事見学などを体験した。同校の原智樹学科長は「教室では学べない土木工事の流れが理解できたと思う。貴重な体験ができて良かった」と感想を述べた。

【写真説明】
工事現場見学会で建設機械の操作体験をする学生=取手市利根川河川内


県立高付属中 竜ケ崎一、志願4・95倍 来春入学 新設5校ばらつきの画像

県立高付属中 竜ケ崎一、志願4・95倍 来春入学 新設5校ばらつき

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 06 Dec 2019 00:23:19 +0900

記事コード:15754699519635

県教委は4日、来春開校の中高一貫校を含む県立中学、中等教育学校の2020年度入学志願者数(速報値)を発表した。来春に開校する県立高校付属中5校の倍率は、竜ケ崎一が4・95倍と最も狭き門で、鹿島2・73倍、下館一2・60倍、鉾田一2・40倍、太田一1・03倍と、学校によってばらつきがあった。
来春開校する5校は、いずれも1学年1クラスの募集定員40人。竜ケ崎一は男女198人が志願し、既存の県立中学、中等教育学校を含む8校の中で最も高い倍率となった。定員40人に対し、鹿島109人、下館一104人、鉾田一96人、太田一41人がそれぞれ志願した。
県高校教育課は「各高校の昨年度までの倍率や進学実績のほか、地域間の子どもの人口数の差などが影響したとみられる」と、ばらつきについて分析した。
このほかの倍率は、日立一高付属中(定員80人)が前年比0・77ポイント増の3・23倍、並木中等教育学校(同160人)が0・38ポイント減の3・85倍、古河中等教育学校(同120人)が0・15ポイント増の2・38倍。
4日午後5時以降の受理分を含む最終的な志願状況は、5日午後3時以降に各校と県教委のホームページで発表する。入学者選抜検査はいずれも来年1月11日に実施、合格者の発表は同22日。 (成田愛)


牛久沼の四季 カレンダーに 龍ケ崎市が販売の画像

牛久沼の四季 カレンダーに 龍ケ崎市が販売

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 05 Dec 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15754700218055

牛久沼の写真を用いた2020年版のカレンダーが完成し、龍ケ崎市は販売を始めた。限定400部で1部300円。市役所3階の道の駅・牛久沼プロジェクト課で購入できる。
写真は今年開催のフォトコンテストで入賞した作品。計140点の応募があり、入賞の6点をカレンダーに使用した。四季折々の風景を捉えている。
中山一生市長は「季節によって異なる牛久沼の魅力や奥深さを知ってもらえたら」と期待を寄せた。
問い合わせは同課(電)0297(64)2751

【写真説明】
販売が始まった牛久沼のカレンダー


龍ケ崎市 道の駅開業時期「未定」 延期発表 護岸工事着手できずの画像

龍ケ崎市 道の駅開業時期「未定」 延期発表 護岸工事着手できず

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 08 Dec 2019 01:16:37 +0900

記事コード:15753771184073

龍ケ崎市が牛久沼のほとりに計画している道の駅を巡り、中山一生市長は定例市議会初日の3日、2020年度内に予定していた開業を延期すると正式に表明した。延期は2度目。オープン時期は未定に後退した。整備に必要な護岸工事が軟弱地盤で着手できず、埋設物がある可能性も浮上。対応するため、国・県との継続協議が必要と判断した。
道の駅は、国道6号側の牛久沼のそばに造る。当初の計画で開業は、茨城国体に合わせた19年度内だった。牛久沼を名所化する構想を後に策定し、整合性を図ろうと、20年度内に一度変更した経緯がある。
護岸工事は、昨年秋の試験施工でヘドロ層が原因で一時休止。地盤が想定より弱い箇所があると判明して以降、未着手が続く。市は、工法を変更した上で設計の見直しを急いでいる。
市によると、過去に立地していた複合レジャー施設が関係するとみられるくいなどの埋設物がある可能性も高いとも判明。撤去を視野に今後、調査したい考えだ。
市は今回、議会に提出した本年度一般会計補正予算案で関連費用の計上を見送ったため、埋設物調査は早くとも20年度以降になる公算が大きい。本体工事の前提となる護岸整備は、埋設物への対応が終わってからになる。ただ、一連の台風の復旧復興に絡む資材不足の影響を受ける可能性があり、スケジュールは不透明の色合いを濃くしている。
展望について中山市長は「道の駅は夢を描くインフラ。一歩ずつ着実にハードルを越えていく」と強調した。 (鈴木剛史)


龍ケ崎市駅「待った」 再考求める市民グループ JRに要望書提出への画像

龍ケ崎市駅「待った」 再考求める市民グループ JRに要望書提出へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 04 Dec 2019 10:43:19 +0900

記事コード:15753771205889

龍ケ崎市がJR常磐線佐貫駅を「龍ケ崎市駅」に改称するのが来春に迫る中、再考を求める市民グループの活動が再燃している。住民らの合意が得られるまで改称は認められないとして、市内で3日、署名活動を行った。今月下旬から来年1月上旬をめどに、JR東日本に要望書を提出する。改称を巡っては、別のグループが住民投票を目指して直接請求した経緯がある。
改称は、市の知名度を高め移住定住を促すのが狙い。市がJR水戸支社と協定を交わし、2020年春に改称することが決まっている。市の支出は4億円前後。
署名に取り組むのは「市民合意の駅名改称を願う会」。11月から本格的に活動し、17人が手分けして署名を集めている。これまでに1250筆を超えた。要望書で市財政の切迫を指摘し、合意が形成されるまで改称を中止するよう求める。
3日はメンバー5人が佐貫駅に立ち、駅利用者に協力を求めた。15年に直接請求したグループのメンバーでもある男性(71)は「効果が見えないのに市民の声が無視されているように感じる」と強調する。
文筆業の大沢静代表(66)=本名・藤木妙子元市議=は「政争ではなく、純然たる市民の運動。合意なくして改称はできない」と主張する。今後も週に1回程度、街頭活動を続けるという。
署名は市民以外でも可能。問い合わせは大沢代表(電)0297(66)6202
(鈴木剛史)

【写真説明】
署名を集める「市民合意の駅名改称を願う会」のメンバー(奥)=3日午後4時15分ごろ、JR佐貫駅


《市町村議会》利根町の画像

《市町村議会》利根町

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 03 Dec 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15752889850171

定例会は3日に開会し、約4580万円を追加する2019年度一般会計補正予算案など議案14件、諮問1件を審議する。会期は12日までの10日間。一般質問は5、6、9、10日の4日間。


レントゲン写真盗撮の取手の消防士 処分決まるの画像

レントゲン写真盗撮の取手の消防士 処分決まる

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 03 Dec 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15752889817299

◆救命士を停職1カ月◆
取手市消防本部の男性救命士(45)が足を骨折した同僚の男性消防士(49)のレントゲン写真を病院の診察室で盗撮し、LINE(ライン)のグループトークに投稿していた問題で、同市消防本部は2日、地方公務員法(守秘義務など)に違反するとして男性救命士を停職1カ月の懲戒処分にした。
同市消防本部によると、男性救命士は戸頭消防署の消防司令補。市内の病院で研修中だった9月26日午後5時すぎ、パソコンに映し出されたレントゲン画像が別の消防署の同僚のものと知り、医師と看護師の背後から気付かれないようにスマートフォンで撮影。本人の承諾も得ず、画像データを同僚7人とつくるラインのグループトークに投稿した。
男性救命士は盗撮や投稿した理由について「骨折の状態が珍しいので仲間に送った。やってはいけないことと分かっていながら、やってしまった」などと話したという。「軽率な行動で関係者に迷惑を掛けた」と反省している。中村健二消防長は「結果を厳粛に受け止めて再発防止に努め、市民の信頼回復に全力で取り組んでいく」とコメントした。 (高阿田総司)


レーサーの山野さん 県特別功労賞報告 守谷市長表敬の画像

レーサーの山野さん 県特別功労賞報告 守谷市長表敬

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 02 Dec 2019 10:37:33 +0900

記事コード:15752062265591

守谷市在住のレーシングドライバー、山野哲也さん(54)が、同市役所を訪れ、今年の県勢発展に著しい功績があった個人、団体をたたえる県表彰式の「特別功労賞」受賞を松丸修久市長に報告した。
山野さんは、モータースポーツの全日本ジムカーナ選手権チャンピオン19回獲得、通算114勝のほか、「SUPER GT」3連覇などの功績が評価された。今年の全日本ジムカーナ選手権では初戦から好調を維持。全10戦中9戦で優勝(年間最多記録)し、シリーズチャンピオンに輝いた。
松丸市長は「私たちの期待通りの活躍をしてくれた。本当にありがとう」と祝福。山野さんは「今年は集中力維持のため、今まで以上に睡眠時間、食事などに気を使い、体力面、精神面の調整に時間を費やした」と振り返り、「今後もレースなど、さまざまな場所で走り続け、運転技量の幅を広げたい」と語った。

【写真説明】
松丸修久市長(左)に県表彰式の特別功労賞受賞を報告した山野哲也さん=守谷市大柏


TX 年末年始、臨時列車や深夜運行の画像

TX 年末年始、臨時列車や深夜運行

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Mon, 02 Dec 2019 10:25:43 +0900

記事コード:15752060937476

首都圏新都市鉄道はつくばエクスプレス(TX)の年末年始期間の列車運行について、31日の通常運行終了後から元日の来年1月1日の始発までの間に、年越しイベントや初詣客などに対応するため、臨時列車上下6本を増発する。
臨時列車は下りが秋葉原駅発午前1時40分(つくば駅行き)、同2時25分(守谷駅行き)、同4時35分(つくば駅行き)の3本。
上りがつくば駅発同0時、同1時15分、同2時51分(いずれも秋葉原駅行き)の3本。28日〜1月5日の9日間は土曜・休日ダイヤで運転する。このほか、忘年会シーズンの金曜深夜時間帯の混雑緩和に向け、6、13、20日の深夜運行について北千住駅を翌日午前0時25分に出発する普通列車の行き先を通常の八潮駅から、守谷駅に延長して運転する。守谷駅には午前0時54分に到着する。


龍ケ崎市のCF低調 貧困家庭の子ども支援 Xマスの贈り物をの画像

龍ケ崎市のCF低調 貧困家庭の子ども支援 Xマスの贈り物を

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 30 Nov 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15750343845039

経済的に苦しい家庭の子どもにクリスマスプレゼントを贈ろうと、龍ケ崎市がNPOと共に取り組むクラウドファンディング(CF)が伸び悩んでいる。100万円を目標に9月30日からインターネット上で支援金を募っているものの、残り20日となった29日現在、70万円にも届かない。市は、企業を巡って出資を呼び掛けるなどして支援を求めている。
事業は、国内外で貧困対策を続けるNPO法人「NGO未来の子どもネットワーク」(同市)が主体。CFを通し、社会問題としての貧困を広く考えてもらう狙いもある。支援金は主に12月25日に届ける予定のプレゼント代に充てる。
ただ、29日午後6時までに寄せられた支援金は計66万1千円。11月に入り低迷し、目標達成が遠い。目標額に届かなくても返金せず事業を進めるが「より充実させるには、目標額程度はやはり必要」と市生活支援課。ポスター配布や事業所巡りで支援を求めている。
CFは一口5千円か1万円単位で12月18日まで。CFのウェブサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」の専用ページで手続きできる。並行して、日持ちする食品や文房具、おもちゃの寄付もNPOで受け入れる。問い合わせは、NPO事務局(電)0297(62)8932
(鈴木剛史)

【写真説明】
龍ケ崎市が作った支援を呼び掛けるポスター


ニセ電話詐欺首謀者逮捕 未遂容疑で県警 受け子の供述から浮上の画像

ニセ電話詐欺首謀者逮捕 未遂容疑で県警 受け子の供述から浮上

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 30 Nov 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15750343845038

取手、土浦、稲敷の3署と県警ニセ電話詐欺対策室の合同捜査班は29日、詐欺未遂の疑いで、千葉市中央区新宿1丁目、職業不詳、大野健也容疑者(26)を逮捕した。大野容疑者は容疑を否認している。同室によると、大野容疑者はニセ電話詐欺の首謀者とみられ、県警が単独で首謀者を逮捕したのは初めて。ニセ電話詐欺グループの全容を解明するとともに、余罪があるとみて調べを進める。
逮捕容疑は共謀し、2017年6月19日、孫に成り済まし、取手市、無職、男性=当時(79)=方に「仕事で仕入れをしなければならない。250万円用意してくれないか」などと複数回うその電話をかけ、現金を用意させて、だまし取ろうとした疑い。
この事件では、郵便局員に成り済まして男性方に現金を受け取りに来た受け子の男が翌20日、県警に逮捕されている。県警はこの男の供述などから捜査を進め、同年7月1日、共犯者として受け子の勧誘役の男を逮捕した。さらに調べを進め、グループ上位の共犯者の行方を探っていた。
大野容疑者はグループのトップで首謀者とみられる。同室によると、県警は大野容疑者が関連するニセ電話詐欺事件で昨年6月までに計8人を逮捕している。
余罪や活動拠点など、組織の全容解明に向けて捜査を進める方針。


《市町村議会》河内町の画像

《市町村議会》河内町

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 30 Nov 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15750343898424

定例会は12月5日に開会し、約2億1950万円を追加する本年度一般会計補正予算案を含む議案14件を審議する。会期は12日までの8日間。一般質問は12日のみで3人が登壇する。


《市町村議会》龍ケ崎市の画像

《市町村議会》龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 30 Nov 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15750343845035

定例会は12月3日に開会し、4億8115万円を追加する本年度一般会計補正予算案を含む議案31件、人権擁護委員の推薦に関する諮問1件、専決処分7件を審議する。選挙管理委員の選挙も実施する。会期は17日までの15日間。一般質問は6、9、10の3日間で計15人が登壇する。


ボウリング婚活、参加男女を募集 12月14日、利根の画像

ボウリング婚活、参加男女を募集 12月14日、利根

関連地域 :利根町

最終更新日:Fri, 29 Nov 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15749435236508

独身男女を対象とした婚活イベント「利根町縁結びボウリング」が12月14日、龍ケ崎市小柴の「ハローズガーデン」ほかで開かれる。参加資格はおおむね25〜39歳の独身者。男性は町在住か在勤が条件。主催する町婚活パーティー事務局(町企画課内)は参加者を募集している。
当日は自己紹介の後に第1部のボウリングを楽しむ。その後は同市内のレストランで第2部のカップリングパーティーに参加。時間は午後2〜7時。1、2部とも「茨城県住みます芸人」のお笑いコンビ「オスペンギン」が司会を務める。
募集人数は男女各15人。参加費は男性4千円、女性2千円。参加希望者は所定の申込書に記入し、12月4日までに事務局へ申し込む。問い合わせは事務局(電)0297(68)2211


ゲームや施設見学 ごみ処理学ぶ催し 30日、守谷の画像

ゲームや施設見学 ごみ処理学ぶ催し 30日、守谷

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 29 Nov 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15749435208575

ごみ処理について学ぶイベント「第7回常総環境センターふれあいデー」が30日午前10時から、守谷市野木崎の常総運動公園多目的広場ほかで開かれる。資源物分別ゲーム、隣接する常総環境センターを見て回るスタンプラリーなどで「暮らしの中から出るごみや資源物が、どのように処理されているか」を学べる。
午後2時半まで。会場ではダンスや音楽演奏などのステージイベントがあり、模擬店も出店する。
小雨決行、荒天の場内は中止。実行委主催。問い合わせは常総環境センター(電)0297(48)2314


取手市 防災ラジオ貸し付け 12月2日から受け付けの画像

取手市 防災ラジオ貸し付け 12月2日から受け付け

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 28 Nov 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15748555287304

取手市は、市が発令する防災情報を受信する防災ラジオの貸し付け申し込み受け付けを12月2日から開始する。来年4月導入予定で、これまで市内各地の屋外スピーカーで聞いていた防災情報を、部屋にいながら聞くことができる。
市は災害時の情報伝達強化のため、建物内での受信に強い280メガヘルツの防災ラジオを2千台購入。電源を入れてスタンバイ状態にしておけば、市からの防災情報を自動で受信し、放送してくれる。家庭用電源で使えるほか、電池を入れて屋内外へ持ち運ぶこともできる。
貸し付け台数は1100台、文字表示機能付き(聴覚障害者対象)250台。1世帯1台で、期間は貸し付け開始から5年間。貸し付け費用は5年で2千円(文字表示機能付きは3千円、生活保護受給世帯は無料)。貸し付け希望者は、市安全安心対策課か藤代総合窓口課で申請書をもらい、来年1月17日までに提出する。
市は現在、既存の防災無線(60メガヘルツ)を280メガヘルツへ変更する改修工事を進めている。防災ラジオ導入後も防災無線での情報伝達を継続し、今以上にクリアな音で情報を伝える。市によると、280メガヘルツで防災無線と防災ラジオを併用する自治体は県内初という。
購入したラジオ2千台のうち約600台は、市内小中学校や高校などへ貸与する。
市安全安心対策課は「これまで市民から『防災無線が聞こえない』という苦情を聞いていた。今後は建物内に防災情報を伝えることができる」と話す。(高阿田総司)

【写真説明】
取手市が来年4月から導入する防災ラジオ=取手市寺田


国・県側、一審取り消し要求 布川事件国賠、控訴審で初弁論の画像

国・県側、一審取り消し要求 布川事件国賠、控訴審で初弁論

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 28 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15748555287295

1967年の布川事件で再審無罪が確定した桜井昌司さん(72)が、国と県に計約1億9千万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が27日、東京高裁(村上正敏裁判長)で開かれた。国と県側は、計約7600万円の支払いを命じた一審東京地裁判決の取り消しを求め、桜井さん側は一審判決の認定事実の一部を不服として是正を求めている。
意見陳述で桜井さんは「何事にも正直に真実のみを語る生き方を貫いてきた。事件で重ねられた警察と検察の違法行為を見逃さず、より厳しい判断をお願いしたい」と声を詰まらせながら訴えた。代理人の谷萩陽一弁護士は「原判決の誤りを正し、国民の権利救済という司法の役割にふさわしい判決に期待したい」と力を込めた。
国と県側は、意見陳述に対する反論を次回口頭弁論までに作成するとした。
5月の一審判決は、警察官や検察官による違法行為を一部認め、国と県に計約7600万円の支払いを命じた。判決を不服とし、国と県の双方が控訴。桜井さん側は一審判決の認定事実の一部を不服として付帯控訴していた。(海老沢裕太郎)


《市町村議会》取手市の画像

《市町村議会》取手市

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 27 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15747855764112

定例会は29日開会し、取手図書館の空調設備更新のための改修工事費など約5億490万円を追加する2019年度一般会計補正予算案など議案14件、同意案件2件、承認1件、請願9件を審議する。会期は12月12日までの14日間。一般質問は29日、12月2〜4日の4日間。


《市町村議会》つくばみらい市の画像

《市町村議会》つくばみらい市

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 27 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15747855764110

定例会は27日開会し、2000万円を減額する本年度一般会計補正予算案など21議案を審議する。会期は12月12日までの16日間。一般質問は2、3日の2日間。


茨城国体で女子ラグビー主将を務めた大谷さん、周囲へ感謝忘れずにの画像

茨城国体で女子ラグビー主将を務めた大谷さん、周囲へ感謝忘れずに

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 26 Nov 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15746798611549

地方公務員とラグビー選手。一つの体で二役を演じる。龍ケ崎市職員として福祉行政に携わりながら、茨城国体に出場した。ラグビー女子(7人制)の主将に就き、45年ぶりの本県開催で初の日本一に立った大谷苑佳(おおたにそのか)さん(24)。「喜びは格別。声援が力になった」としみじみ語る。
水戸市出身。高校は帰宅部だった。ラグビーを本格的に始めたのは流通経済大(龍ケ崎市)に進んでからだ。体育教師を目指していたが「スポーツをしていない先生が体育を教えられるだろうか。何か一つ、本気で打ち込んでみたい」との考えが働いた。同大の学生やOGらで組むクラブチーム「RKUラグビー龍ケ崎GRACE」に入った。茨城国体でも本県選抜の中心になったチームだ。
学生時代は地元にプレーを支えられ、恩返しの気持ちで龍ケ崎市職員の道を選んだ。退庁後にラグビーの練習に参加する日々を送る。
県勢初出場となった茨城国体では、スクラムの柱・プロップを主に務めた。身長約160センチと決して大きくはないが、当たり負けしない芯の強さが持ち味だ。
迎えた本番は、日頃から一緒に戦ってきた仲間たちと順調に白星を重ね、決勝で埼玉県と激突する。昨年、関東予選で敗れ、福井国体の出場を逃した因縁の相手だ。延長までもつれこむ接戦の末、勝利を収めた。本県のラグビー史に新たな一ページが加わった。
「みんなで勝った分、喜びは何倍にもなる」と満足感もひとしお。「続けてこられたのは職場や周囲の理解あってこそ」と感謝も忘れない。クラブチームで15人制でも日本一になりたい意欲が湧く。
「女子のラグビーにもっと関心が集まれば」。大きな目標に二足のわらじでトライする。(鈴木剛史)

【写真説明】
茨城国体で女子ラグビー主将を務めた 大谷苑佳(おおたにそのか)さん(24)


安全安心な社会実現を 茨城県警と2社、連携協定の画像

安全安心な社会実現を 茨城県警と2社、連携協定

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 26 Nov 2019 11:48:44 +0900

記事コード:15746798611533

安心安全なまちづくりに協力してもらおうと、県警は25日、日本マクドナルド(東京)と同社のフランチャイジーであるタイメイコーポレーション(龍ケ崎市)の両社と「地域の安全安心に関する連携協定」を締結した。両社との連携を図り、子どもや高齢者が犯罪被害に遭わない社会づくりを推進する。
日本マクドナルドは協定締結を機に、県内全78店舗を「こどもを守る110番の家」に登録し、子どもたちの見守り活動に協力する。さらに、不審者から身を守る合言葉「イカのおすし」がイラストで分かりやすく描かれているチラシを県内の店舗で配布する。
同日、水戸市笠原町の県警本部で開かれた締結式には、県警の原田哲也生活安全部長や同社の市川浩一東日本地区本部長らが出席し協定書に署名した。原田生活安全部長は「犯罪被害防止に向けた取り組みについて、県内全店舗で協力いただけるのは非常に心強い」と感謝し、市川本部長は「安心安全なまちづくりを目指し、これからも地域に貢献できる活動を続けていく」と力を込めた。(海老沢裕太郎)

【写真説明】
地域の安心安全に関する連携協定を締結した代表者ら=水戸市笠原町


国民 次期衆院選茨城3区に 梶岡元県議擁立への画像

国民 次期衆院選茨城3区に 梶岡元県議擁立へ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 25 Nov 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15745941025706

国民民主党県連(浅野哲代表)は24日、常任幹事会を開き、次期衆院選茨城3区の公認候補として元県議で人材派遣会社社長の梶岡博樹氏(42)=守谷市在住=を擁立する方針を確認した。近く党本部に公認申請する。
梶岡氏は早大大学院修了。守谷市議、県議を経て2012年と16年の同市長選に立候補し、落選した。同党県連が今秋実施した次期衆院選に向けた候補者公募に応じた。
ただ同選挙区を巡っては立憲民主党も候補者の擁立作業を進めており、今後、両党間で調整する可能性もある。
会合後、浅野代表は「まずは各党がやるべきことをやる。調整や交渉はこれからの話」とした上で「野党として過半数を勝ち取るために最大限の努力をしていく」と述べた。(戸島大樹)

【写真説明】
梶岡博樹氏


藝大食堂(取手市)の画像

藝大食堂(取手市)

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 24 Nov 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15745071678328

◆ランチで若手芸術家応援◆
森の中にある自然豊かな東京藝術大学取手キャンパス。福利厚生棟内にある「藝大食堂」は学生や教職員の胃袋を支えるだけでなく、地域にも開かれる学食。「半農半芸」を核に、芸術と市民をつなぐ交流拠点としての顔も持つ。
特定非営利活動法人「取手アートプロジェクト(TAP)」が2017年から運営する。同大と取手市、市民が共同で組織するTAPは1999年から芸術家支援や市民向けの芸術体験の機会提供などの活動を行う。
藝大食堂のランチは利用者で価格設定が変わる。学生560円、教職員660円、一般780円。TAP事務局長の羽原康恵さんは「地域の人に利用してもらった収益は芸術文化の支援に活用している」。ランチを食べることが若い芸術家の応援につながる。
ランチは定食とカレーの2種類を用意。食堂のスタッフは「作れる物は手作りする」精神で、地元産の食材などを上手に利用し、家庭的な味を提供する。どちらも日替わりで、サラダやひじき煮などの副菜を添える。「ランチは唐揚げが人気。副菜は野菜を多めにバランスよく」とスタッフ。カレーはオリジナル配合のスパイスを使う本格派。自家焙煎(ばいせん)コーヒーや自家製シロップのドリンクなどがある。
行方市の農家から届く規格外のサツマ芋はサラダや大学芋、天ぷらなどに大活躍。近所からは自家栽培の野菜やレモン、取手市農業公社婦人部が造ったみそも生かす。羽原さんは「地元産の食材はご縁のある生産者さんたちに支えられている」と感謝する。
食堂は木や布でリメークしたテーブルや椅子、手作りの内装、陶器の食器など居心地の良い空間で、思い思いの時間を過ごすことができる。
秋から「ウィークエンド藝大食堂」が始動した。「農や自然に親しむ環境作り」を目指し、食堂周辺の土地を耕す構想の端緒として、24日にヤギのいる風景を考えるイベントを開く。藝大ならではの機材や資材がそろった工房を利用して、紙からたこを作り大空に揚げるプロジェクトも進行する。
羽原さんは「芸術は分かりにくい、難しいと思われがち。まずは食をきっかけに、足を運んでほしい」と話した。(佐野香織、写真は鹿嶋栄寿)
■お出かけ情報
藝大食堂
▼取手市小文間5000東京藝大取手校内
▼営業時間は月曜〜金曜の午前10時〜午後6時(ランチは午前11時半〜午後2時)
▼定休は土・日・祝日、大学の休校日
▼(電)050(5248)5571

【写真説明】
地域にも開かれている「藝大食堂」。スタッフたちは地元の食材などを活用し、家庭の味を提供する=取手市小文間


守谷、24日にテレワーク拠点開所 離職女性の就業支援の画像

守谷、24日にテレワーク拠点開所 離職女性の就業支援

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 23 Nov 2019 15:00:00 +0900

記事コード:15744215717636

守谷市の子育て支援団体「子育てネットワークままもり」(宮下嘉代子代表理事)は24日、守谷市本町のガソリンスタンドの跡地に、テレワーク拠点「ITC守谷」を開所する。情報通信技術(ICT)を活用し、結婚や出産などでいったん離職した女性を対象に、時間や場所にとらわれない、柔軟な働き方ができる拠点を推進する。同市内でテレワーク拠点の開所は初めて。
床面積は、82・5平方メートル。「会議エリア」、休憩スペースとなる「共有エリア」、個人が仕事に取り組む「執務エリア」の大きく三つに分かれる。執務エリアには6席分の椅子とテーブルが用意される。
同団体は今後、女性の就業継続を支援する講座の開催やテレワーカーの育成、企業説明会を実施し、新しい働き方であるテレワークの拡充にも努めていく。宮下代表理事は「守谷市には、多彩なキャリアを持った優秀なママが多い。企業とマッチングさせて、雇用の創出につなげたい」と意気込む。
開所時間は午前8時〜午後6時(休日は別途相談)。利用料は会社が負担する。1席3万円(予定)。TX守谷駅より徒歩5分。
問い合わせは宮下代表理事(電)090(6031)4637またはinfo@mamamori.net
(鈴木聡美)

【写真説明】
ガラス張りで明るい室内空間が広がる「執務エリア」のイメージ図(子育てネットワークままもり提供)


首里城再建支援金 修学旅行中届ける 藤代高、那覇市にの画像

首里城再建支援金 修学旅行中届ける 藤代高、那覇市に

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 23 Nov 2019 17:20:38 +0900

記事コード:15744216439601

10月31日に火災で主要な建物が焼失した首里城(那覇市)の再建を願い、茨城県立藤代高校(取手市毛有、飯山克則校長)が沖縄県への修学旅行中の4日、那覇市役所を訪れ、支援金2万5520円を届けた。2年生で生徒会長の菅野滉一郎さんと佃敦之教頭が同市総務課の稲福喜久二課長へ手渡した。
同校は今月3〜6日の日程で2年生240人と教員が修学旅行で沖縄県を訪れており、4日には首里城を見学する予定だった。
同校では「自分たちにできることを」と、滞在2日目の4日に支援金箱を設け、声を掛け合って生徒の善意を集めた。代表して届けた菅野さんは「少しでも再建の役に立てれば、やったことは意味がある。大人になって首里城が再建したら、将来また沖縄を訪れ、見に行きたい」と語った。
首里城再建に関し、那覇市には18日現在、募金箱や口座振り込みなどによる募金が約1億4500万円、ふるさと納税を活用したクラウドファンディング(CF)のウェブサイト「ふるさとチョイス」を通じて受け付けている寄付金が約5億5千万円集まっている。

【写真説明】
首里城火災に関する支援金を那覇市の稲福喜久二総務課長(右)へ届けた藤代高の菅野滉一郎さん(左)と佃敦之教頭(右から2人目)=沖縄・同市役所(同市提供)


プロとバンク試走 取手競輪場 親子でアート体験もの画像

プロとバンク試走 取手競輪場 親子でアート体験も

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 22 Nov 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15743388065867

自転車とアートを融合させた年に1度の催し「サイクルアートフェスティバル」が17日、取手市白山の取手競輪場で開かれた。家族連れなど約1万4千人の人出でにぎわい、普段は競輪場に足を運ぶ機会の少ない女性や子どもが競輪関係者らと交流を深めた。
同競輪場の祭典として始まり、2005年にアートを取り入れてからは今回で14回目。バンク(競争路)の試走では、参加者が伴走するプロ競輪選手に見守られ、1周400メートルのコースを自転車で走る体験をした。
アートの催しでは、JR東日本沿線の忘れ物傘にペイントするワークショップや、暗い部屋に浮かび上がる絵の展示などが人気だった。
6歳の息子とバンクを走った同市東、会社員、重松宏治さん(42)は「競輪選手が走っている場所に入ったのは初めて。貴重な体験で、子どもと一緒に楽しめた」と話した。(高阿田総司)

【写真説明】
プロ競輪選手(右)に付き添われ、取手競輪場のバンクを走る来場者=取手市白山


セパタクロー体験 龍ケ崎2小学校 タイ文化に触れるの画像

セパタクロー体験 龍ケ崎2小学校 タイ文化に触れる

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 21 Nov 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15742506664926

◆五輪事前キャンプが縁◆
龍ケ崎市の2小学校で19日、在日タイ大使館の職員らを招いた講演会とスポーツ体験教室があった。児童は、タイの国民的球技・セパタクローに触れたり、現地の文化を教わったりした。東京五輪で市は、タイ陸上チームの事前キャンプ地になっており、機運醸成が狙い。草の根の盛り上げを担う市スポーツ交流協会が企画した。
市立馴馬台小では全校児童約300人が参加し、日本セパタクロー協会の加盟選手によるプレーを見学。ネット越しに足や頭を使ってボールを返し合う様子に驚いていた。サッカーのオーバーヘッドキックを思わせる豪快なアタックが決まると、ひときわ大きな歓声が起こった。児童が実際にサーブを打つ時間もあった。このほか、大使館職員が講演し、タイの文化や言葉を紹介した。
6年の石嶋幸穂さん(11)は「いままでタイを知る機会がなかったので、興味が湧いた。セパタクローはやってみると難しかった。選手はすごい」と実感を込めた。内野ティーラングーン一等書記官は「歓迎されてとてもうれしい。日本とタイがもっと仲良くなれればと思う」と期待を寄せた。同様の催しは市立馴柴小でも開かれた。
市内には現在、タイの陸上選手が、30日にフィリピンで開幕する東南アジア競技大会に向け事前キャンプ入りしている。22日に出発する予定という。(鈴木剛史)

【写真説明】
日本セパタクロー協会の加盟選手によるプレーを見学する児童ら=龍ケ崎市立馴馬台小


かわち丸もキラリ 河内の公園35万球照らすの画像

かわち丸もキラリ 河内の公園35万球照らす

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 21 Nov 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15742506664922

河内町長竿のかわち水と緑のふれあい公園にイルミネーションが施され、稲穂やアジサイといった四季の移り変わりを感じさせる明かりがともっている。電飾は約35万球で、県内では石岡市の県フラワーパークに次ぐ規模という。来年1月13日まで。各日午後5〜9時。
園内の沼を中心に、春夏秋冬を表現した四つの区域を展開する。このうち秋ゾーンでは、町のイメージキャラクター「かわち丸」の巨大なイルミネーションがそびえ立ち、親子連れやカップルがしきりにシャッターを切る様子が見られた。
12月21日にはクリスマスイベントを開き、これに合わせ電飾の数をさらに10万球ほど増やす予定。

【写真説明】
かわち水と緑のふれあい公園に登場したかわち丸のイルミネーション(奥)。手前の明かりは稲穂をイメージしている=河内町長竿


常総広域圏4市 東電に損賠請求 放射能対策費の画像

常総広域圏4市 東電に損賠請求 放射能対策費

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 21 Nov 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15742506491188

常総広域圏の守谷、常総、取手、つくばみらいの4市と常総地方広域市町村圏事務組合(管理者・松丸修久守谷市長)は20日、東京電力に対し、福島第1原発事故に伴う事故発生から昨年度末までの放射能対策費用約4億9790万円を損害賠償請求した。請求は2011年度から続いており、今回で12回目。
同日、松丸市長らが同市役所で東電側に請求書を手渡した。松丸市長は「早く解決したい。その気持ちをくんでほしい」と話した。


《市町村議会》守谷市の画像

《市町村議会》守谷市

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 21 Nov 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15742506491187

定例会は27日開会し、約4億350万円を追加する2019年度一般会計補正予算案など議案16件、請願1件を審議する。会期は12月12日までの16日間。一般質問は5、6、9、10日の4日間。


龍ケ崎にアオキ南中島店開店の画像

龍ケ崎にアオキ南中島店開店

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 21 Nov 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15742506664912

ドラッグストアチェーンのクスリのアオキ(石川県白山市)は20日、龍ケ崎市南中島町に「南中島店」をオープンした。同市内は2店舗目で、県内で32店舗目。


ターゲットバードゴルフ協会 (つくばみらい市)の画像

ターゲットバードゴルフ協会 (つくばみらい市)

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 20 Nov 2019 19:00:00 +0900

記事コード:15741691662986

◆攻略法考える醍醐味◆
ターゲットバードゴルフは羽根付きボールをゴルフクラブで打ち、傘を逆さまにした形のホールに入れる競技です。ゴルフと同じ18ホール(パー72)を回り、打数の少なさを競います。
もともとは1997年に前身のクラブができ、その時は15人程度で活動していました。競技が茨城国体のデモンストレーションスポーツとしてつくばみらい市で開催することが決まり、体制強化のため昨年3月に現在の形で再出発しました。会員は60人が所属しています。
活動は基本的に週5回(現在は工事の関係で週2回)で、各自が好きな曜日を選んで参加します。場所はきらくやまふれあいの丘(同市神生)や総合運動公園(小張)。コースの攻め方を考えるところが競技の醍醐味(だいごみ)で、「仲間とのプレー中の会話が楽しい」という人も大勢います。
初心者には道具を貸し出しますので、誰でも気軽に始められます。連絡は会長の小島功さん(電)090(3347)2003
(水曜日掲載)

【写真説明】
つくばみらい市ターゲットバードゴルフ協会


市民に活動報告 市政巡り議論も 龍ケ崎市議会の画像

市民に活動報告 市政巡り議論も 龍ケ崎市議会

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 20 Nov 2019 10:47:50 +0900

記事コード:15741691644859

龍ケ崎市議会の議会報告会・意見交換会が17日、市役所付属棟で開かれた。市民ら約20人が出席した。
議会報告会では、全3常任委員会の各委員長が6、9月定例会での審議結果を説明。続く意見交換会では、市政全般を巡り議論した。内容は今後、年度内をめどにホームページで公表する。
鴻巣義則議長は「厳しい指摘もいただいたが、しっかりと向き合って努力していく。議員の活動に生かしたい」と話していた。

【写真説明】
市民らと意見を交換する龍ケ崎市議たち=龍ケ崎市役所付属棟


アーカスプロジェクト 招聘芸術家の工房公開 20日から守谷 宇宙テーマの映像などの画像

アーカスプロジェクト 招聘芸術家の工房公開 20日から守谷 宇宙テーマの映像など

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 20 Nov 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15741691662966

国内外の有望芸術家を招聘(しょうへい)し、創作活動を支援する県のアーカスプロジェクトで、アーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)を行っている芸術家3人の制作現場を公開する「オープンスタジオ」が20日から開かれるのを前に、守谷市板戸井のアーカススタジオで19日、オープニングセレモニーが開かれた。

同プロジェクトは、芸術家支援と地域振興を目的に1994年に始まり今年で26年目。県や守谷市が実行委員会を組織し実施している。
滞在制作はプロジェクトの核で、本年度はクリストファー・ボーリガードさん(イタリア)、ルース・ウォーターズさん(英国)、渡辺拓也さん(日本)の3人が、9月から自らのプランに沿って、創作に取り組んでいる。
セレモニーには県や市、支援企業の関係者など約50人が出席。ディレクターを務める小澤慶介さんが3人を紹介し、発想の特色などを説明。作家本人もコメントした。
その後、出席者らは3人の工房を巡り作品を鑑賞。無重力の宇宙や真の暗闇に包まれるという体験が人間に何をもたらすのかを、宇宙飛行士の山崎直子さんなどにインタビューし、作り上げたウォーターズさんの映像作品などを興味深そうに見ていた。
公開は20日から24日まで。時間は午後1〜6時。無料。問い合わせは同スタジオ(電)0297(46)2600へ。(佐川友一)

【写真説明】
アーカスプロジェクトのスタジオ公開のオープニングセレモニーで顔をそろえた招聘アーティストたち=守谷市板戸井


児童が消火器噴射 応急処置法も学ぶ 取手小で防災訓練の画像

児童が消火器噴射 応急処置法も学ぶ 取手小で防災訓練

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 18 Nov 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15739936013131

児童が防災に関する体験をする地域連携防災訓練が9日、取手市東の市立取手小(小林幸典校長)で開かれ、児童408人が消火器の噴射、けが人の応急処置の仕方などを学んだ。
訓練は、吉田、取手両消防署、市消防団が協力。保護者、教職員らも参加した。児童の危機管理能力を高めることなどが狙い。
児童は消防署員、消防団員の説明を受け、学年ごとに分かれて訓練に挑戦。6年生は避難準備の行動計画表「マイ・タイムライン」を作成。5年生は自動体外式除細動器(AED)を使った心肺蘇生法を学んだ。
終了後は市消防団によるデモンストレーションが行われ、火災現場に到着してから放水するまでの操法訓練が披露された。
消火訓練で消火器を初めて使った2年生の本橋琉碧(るい)君(7)は「消火器は重くて、噴射がすごい威力だった。今後、火災があったら慌てないで、教えてもらった通りに使いたい」と感想を話した。(高阿田総司)

【写真説明】
消防団員(左から2人目)の説明を受け、的に向かって消火器を噴射する小学生=取手市東


台風19号 文化財10件に被害 県教委まとめ 土砂崩れや屋根破損の画像

台風19号 文化財10件に被害 県教委まとめ 土砂崩れや屋根破損

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 18 Nov 2019 11:34:25 +0900

記事コード:15739936159979

台風19号の影響により、県内の国や県指定の文化財計10件に被害が出ていることが、県教委のまとめで分かった。県教委は「一日でも早く元の姿に戻せるよう、文化庁などと連携して修復を進める」としている。

県教委によると、被害があったのは、国指定の史跡や重要文化財、登録文化財など8件と、県指定の史跡2件の計10件。敷地内の土砂崩れや倒木、屋根の破損などの被害を受けた。
このうち、最も大きな被害があったのは、国の史跡・名勝に指定されている「西山御殿(西山荘)」(常陸太田市)で、敷地の入り口と敷地内の斜面の計2カ所で土砂崩れが起き、敷地入り口付近の斜面が幅約10メートル、縦約5メートルにわたり崩れ、土砂の一部が通路にかかった状態となった。現在は崩れた範囲をロープで囲って安全を確保し、一般公開を続けている。
また、国の史跡に指定されている「水戸徳川家墓所」(同市)でも、敷地内の斜面が一部崩れ、土砂が墓所に通じる通路をふさいだ。現在は崩れた範囲をブルーシートで覆って対処している。これにより、毎年秋に実施している希望者向けの特別公開は、墓所までの徒歩ルートを変更して開催を検討するという。
両施設を管理する公益財団法人「徳川ミュージアム」によると、今後、同財団や県、専門家などと組織する委員会で修繕方法を検討する予定。同財団の粟野真貴子研究員は「できるだけ早急に対処する予定。今後は土砂崩れの防止に向けた整備についても検討する必要がある」と話した。
このほか、国の重要文化財(建造物)「竜禅寺三仏堂」(取手市)ではかやぶき屋根が一部めくれ、国の登録文化財(建造物)「小里川発電所水路」(常陸太田市)は水路口の石積みが破損した。
県教委の担当者は「管理団体や文化庁の担当者と協力して、毀損(きそん)の届け出を出すなど修繕に向けて対応したい」と話している。(成田愛)

【写真説明】
斜面が大きく崩れた西山御殿の敷地入り口付近=常陸太田市新宿町


ポインセチア 鮮やかな赤に 河内、出荷ピークの画像

ポインセチア 鮮やかな赤に 河内、出荷ピーク

関連地域 :河内町

最終更新日:Sun, 17 Nov 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15739107196840

クリスマスの時期に人気があるポインセチアの出荷がピークを迎えた。花卉(かき)生産育種販売のゲブラナガトヨ(河内町田川)では、従業員が鮮やかな赤に染まったポインセチアを箱詰めするなど、出荷作業に追われている。
同社によると、出荷している鉢の大きさは直径約7センチと小ぶりのものが中心で、机の上や窓辺など場所を選ばず気軽に飾れるとして人気が高い。葉にラメや雪を模した飾りが付けられたものもあるという。
同社の荒井ひろこ常務(54)は今夏の猛暑や台風15号による停電の影響で生産に苦労したといい、「良い出来栄え。鮮やかな赤いカラーを楽しんでもらいたい」と話していた。(松原芙美)

【写真説明】
温室の中で鮮やかな赤に染まったポインセチア=河内町田川


産業まつりに助成金 明治安田生命の画像

産業まつりに助成金 明治安田生命

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 16 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15738215668143

社会貢献活動の一環として、明治安田生命保険柏支社(山川真哉支社長)は、取手市緑地運動公園で開催された「第38回とりで産業まつり」で、同実行委員会(菊地城一郎委員長)に25万円の助成金を贈呈した。
贈呈式で山川支社長は「地域社会との絆を強める活動を通じて、地域の皆さまと協働し、地域社会の発展に貢献できればと考え、助成支援をさせていただいた」とあいさつ。
菊地実行委員長は「産業まつりを盛り上げるため、大切に使わせていただきたい」と話した。同支社は会場内に、血管年齢測定や握力測定など自身の健康を知るブースも出展し、大勢の来場者らでにぎわった。

【写真説明】
助成金目録贈呈式に臨んだ菊池城一郎委員長(左)と山川真哉支社長=取手市緑地運動公園


小中高生庁舎巡り福祉体験や謎解き 16日、守谷の画像

小中高生庁舎巡り福祉体験や謎解き 16日、守谷

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 15 Nov 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15737320284458

児童生徒らに福祉への理解を深めてもらうイベント「守谷市ふくしまつり」(市社会福祉協議会、実行委主催)が16日、同市大柏の市役所で開かれる。小中高校生らを対象に福祉系の「謎解きイベント」を開き、楽しみながら福祉について知ってもらう。
参加者は親子や友人でチームを組み、市役所庁舎内に設けられた6カ所のポイントでの福祉体験でミッションをクリアし、ヒントを基に謎解きをしてゴール(1階市民ホール)を目指す。
事前申し込み不要。参加無料。午前10時〜午後3時。問い合わせは市社協(電)0297(45)0088


環境配慮の林業機械 諸岡、試作3機種を発表 阿見の画像

環境配慮の林業機械 諸岡、試作3機種を発表 阿見

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 13 Nov 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15735615620071

建設・農業用機械器具製造の諸岡(龍ケ崎市、諸岡正美社長)は12日、阿見町飯倉の試験開発・デモセンター(AMIデモセンター)で新製品発表会を開き、環境に配慮した林業機械3機種の試作開発機のデモンストレーションを行った。諸岡昇COO(最高執行責任者)は「これからは環境の時代。環境に配慮した機械に力を入れていく」と述べた。
発表会は7月に開所したAMIデモセンターで初めて開かれた。試作開発機は、12月に那覇市内で開かれる「2019森林・林業・環境機械展示実演会」への出品を予定している。
丸太などを運ぶ林内運搬車「MST-200VDR-e TYPE-F」はリチウムイオンバッテリーを搭載。完全電動式のため、運転中は二酸化炭素を排出しないゼロエミッションだ。従来機のディーゼル式と同じ油圧式走行システムを搭載し、走行性能や制御性は変わらないという。
木材破砕機「MRC-3000」は同社初となる横入れ式の投入口を採用した。長い木材の処理が可能で、バイオマス発電向け燃料チップや製紙チップを生産する。別機種の「MC-6000改」は木材を上部から投入するタブ式で、排ガスをよりきれいにするエンジンの搭載を検討している。(小野寺晋平)

【写真説明】
林内運搬車「MST-200VDR-e TYPE-F」を紹介する諸岡昇COO=阿見町飯倉


台風15、19号 茨城県補正予算案 被災住宅に25億7200万円 中小企業支援、139億7900万円の画像

台風15、19号 茨城県補正予算案 被災住宅に25億7200万円 中小企業支援、139億7900万円

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 13 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15735615620064

県は12日、台風15、19号関連の支援策を盛り込んだ354億5900万円を追加する2019年度一般会計補正予算案を発表した。19日開会の県議会臨時会に提出する。住宅の支援金関連に計25億7200万円を計上。中小企業支援は貸付金関連を含め計139億7900万円を見込む。いずれも主に政府が打ち出した対策パッケージに基づく事業。ほかに河川の堤防や土地改良施設の復旧、海岸の災害ごみ処理などの公共事業に計145億4600万円を充てる。
同日の記者会見で大井川和彦知事は「被災者の先行き不安を解消するためスピード感を持って対応した」と編成内容を説明した。
住宅被害の支援関連では被災者生活再建支援法と災害救助法による国の支援制度に加え、支援法対象外の半壊世帯に対し、県独自の1世帯当たり25万円の支援金を盛り込んだ。台風15号に限っては、国土交通省の防災・安全交付金に基づき被災住宅復旧緊急支援として屋根修理費などに使える30万円も入り、県独自に20万円を上乗せし最大50万円の支援金となる。
台風15、19号の住宅被害は現時点で約5900棟に上り、常総市中心部が被災した15年9月の関東・東北豪雨の約1万棟に迫る数となっている。
中小企業支援ではグループ補助金に準じる「自治体連携型補助金」を経済産業省が創設し、本県も対象となった。罹災(りさい)証明を受けた企業を対象に、事業の再開・継続に必要な建物や機械の再整備費用を補助し、グループを組まない形でも活用できるのが特徴。補助率は国2分の1、県4分の1で、企業側は4分の1の自己負担で済む。
公共事業関連では、決壊した堤防をはじめ道路の補修、河川の防災機能強化、漂着ごみの撤去などを盛り込んだ。このうち県単独でも253カ所に及ぶ復旧工事に23億1900万円を計上した。
社会福祉施設の復旧補助に2億2400万円、鬼怒商高や大子合同庁舎など被災した県有施設の復旧に4億6000万円を充てる。被災地の観光プロモーション事業としてインターネット広告や観光PR動画作成に県単独で2千万円を捻出した。(黒崎哲夫)


流通経大出身ラグビー日本代表 イシレリ選手、龍ケ崎市長表敬の画像

流通経大出身ラグビー日本代表 イシレリ選手、龍ケ崎市長表敬

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 13 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15735552779062

ラグビー・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場し、初のベスト8進出に貢献した中島イシレリ選手(30)=流通経大出身=が12日、母校がある龍ケ崎市の中山一生市長を表敬訪問し、「日本が盛り上がってうれしい。次のW杯にも出られるよう頑張りたい」と話した。
中島選手は懇談でW杯の感想を尋ねられると、「練習の結果が出た。8強入りを決めたスコットランド戦が一番印象的」と答えていた。
懇談後の取材に対し「このまちで僕のラグビーは始まった。応援してくれたことに感動している」と口にした。今後については「(1月からの)トップリーグで優勝したいし、またW杯にも出たい。ずっとラグビーを盛り上げていければ」と意欲を示した。
同席した同大ラグビーフットボール部の内山達二監督(49)は「成長を感じる。ここからまだ強くなれるはず」と激励した。
中島選手はトンガ生まれ。内山監督にスカウトされ留学した。卒業後はNECを経て、現在、神戸製鋼に所属している。
ポジションはナンバー8を主軸にしていたが昨年、プロップに転向した。W杯では全試合で途中出場し、スクラムの柱として奮闘した。2015年に日本国籍を取得。トレードマークの金髪は母校のチームカラーを表現している。(鈴木剛史)

【写真説明】
中山一生市長(手前)を表敬訪問した中島イシレリ選手=12日午前、龍ケ崎市役所


《連載:魂のイコン画家・山下りん没後80年》(上) 波乱の生涯の画像

《連載:魂のイコン画家・山下りん没後80年》(上) 波乱の生涯

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 12 Nov 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15734719721252

◆24歳 単身ロシア留学 「慈愛の聖母像」手元に◆
ロシアなどに広まるキリスト教の正教で、祈りの対象となるキリストや聖母などを描いた聖像画を「イコン」と呼ぶ。笠間市出身の山下りん(1857〜1939年)は、日本初のイコン画家として明治から大正にかけて活躍した。芸術が男性中心だった時代に、女性の身で単身ロシアに留学し、帰国後は各地の正教会のイコンを数多く手掛けた。没後80年。りんを今なお愛し、偉大な画業を伝えようとする人々の思いを紡いだ。
山下りんは1857(安政4)年、笠間藩士の家に生まれた。幼い頃から絵が好きで、20歳の時に官立の工部美術学校に入学し、イタリア人教授のアントニオ・フォンタネージに学んだ。21歳でロシア正教に入信し、そこで出会ったニコライ大主教の勧めで、イコンの画法を学ぶため、24歳でロシアに留学。ペテルブルクの女子修道院で指導を受け、ロシアの帝国美術アカデミーにも参加し、エルミタージュ美術館で聖母像などを模写するなどヨーロッパ絵画の息吹に触れた。
だが、修道女たちとの対立などで体調を崩し、留学を2年で切り上げ帰国。銅版画を学んだり、挿絵の仕事などをした後、各地の正教会向けにイコンを精力的に描いた。その後、日本の正教会は、ロシア革命などにより母教会のロシア正教会からの援助を得られなくなり、りんは61歳で笠間に帰郷。このとき、白内障を患い、亡くなるまで絵筆は一切執らなかった。独身を通し、悲哀や苦悩を味わいながら、絵に命をささげた81年の生涯だった。
笠間市笠間の閑静な住宅街に、りんの作品や遺品を集めた展示館「白凛居(はくりんきょ)」がある。イコンや下絵、風景画、素描、書簡、新聞の挿絵などのほか、ロシア渡航時の日記、工部美術学校の入学願書・退学届などを公開している。
所有・管理するのは、りんの実弟小田峯次郎のひ孫に当たる柳沢幸子さん(71)=守谷市。柳沢さんの父小田秀夫さんは県立高の校長などを務めた教育者で、幼少期には大伯母のりんと交流があった。1982年に評伝「山下りん」(日動出版)を出版し、著書の中で「りんは幼かった私を『ひいちゃん』と呼んでかわいがり、よくお小遣いをくれた」と回想している。
柳沢さんは「りんの遺品を故郷の笠間に置きたい」という父親の遺志を継ぎ、2007年、その居宅跡に館を建設。「ゆかりの絵や品々を保管し、りんを慕う人たちや研究者のために役立てたい」と真摯(しんし)に語る。
山下りん研究の第一人者で北海道近代美術館学芸企画課長の大下智一さん(52)は、りんのイコンを「表現の振れ幅はあるが、共通して人物の表情に穏やかさ、優しさを感じる。気性が激しい人と伝えられているだけに大変興味深い」と指摘する。
「白凛居」の所蔵品の中に、りんが44歳の時に描き最後まで手元に置いたイコン「ウラジーミルの聖母」(縦約15センチ、横約12センチ)がある。しかも、絵の裏側には「1901年12月上旬写 イリナ山下里舞画」のサインが記されている。
祈りの対象となるイコンは、署名はなく、芸術表現として自己主張することは許されない。だが、りんの「ウラジーミルの聖母」は、通常のイコンと比べて写実的で、どこか慈愛に満ちた表情で描かれている。
大下さんは「多くの苦難を乗り越えて描いたりんにとって大切な絵画。自らの人生をたどるように日本、ロシア、ヨーロッパの文化が重なった一枚だった」と思いを巡らせている。

【写真説明】
山下りんが44歳の時に描き最後まで手元に置いた「ウラジーミルの聖母」=笠間市笠間の「白凛居」


《県芸術祭》洋舞フェスティバル、吹奏楽コンサート開催の画像

《県芸術祭》洋舞フェスティバル、吹奏楽コンサート開催

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 12 Nov 2019 10:45:42 +0900

記事コード:15734719879347

県芸術祭(県、茨城文化団体連合、茨城新聞社など主催)は10日、水戸市で「洋舞フェスティバル」、取手市で「吹奏楽コンサート」が開かれた。
■洋舞フェスティバル 優雅な舞、観客魅了
洋舞フェスティバルは、水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)大ホールで開かれ、県洋舞踊協会(育かほる会長)に加盟する13団体約180人が参加。優雅なクラシックバレエや躍動感あふれるモダンダンスを披露し観客を魅了した。
今年は、県芸術祭参加40年を記念して、クラシックバレエ「くるみ割り人形より〈クララの夢〉」、モダンダンス「Water Flow」の2作品を合同発表。「くるみ割り人形」は4団体が参加し、中国などのキャラクターダンスを織り込み、愛らしい舞踊で盛り上げた。育会長は「(合同作品は)大変だったと思う。各人が自分のものとし、うまく表現できていた」と出演者をねぎらった。(鈴木聡美)
■吹奏楽コンサート 「時代」テーマに演奏
吹奏楽コンサートは取手市東の市民会館大ホールで開かれ、県吹奏楽連盟(川名孝夫理事長)に加盟する14団体から約200人が出演して、計8曲(アンコール2曲含む)を演奏した。
令和への改元を踏まえ、今年は「時代」をテーマに据えた。2〜4団体が合同で、1980年代以降のヒット曲を各年代ごとにメドレーで披露。取手交響吹奏楽団などのグループは、コントグループ「ザ・ドリフターズ」の曲を披露。仮装した団員がヒゲダンスを繰り広げ、会場を和ませた。最後は各団体有志約70人の「大合同バンド」が演奏し「ヤングマン」で元気よく締めくくった。
龍ケ崎市から娘2人と来ていた藤聡美さん(41)は「とても楽しかった」と話していた。(佐川友一)

【写真説明】
愛らしい舞で観客を魅了したクラシックバレエ「くるみ割り人形」=水戸市千波町


受信環境図案コンクール 宮沢さん(取手二中)関東会長賞 「電波の感じ描けた」の画像

受信環境図案コンクール 宮沢さん(取手二中)関東会長賞 「電波の感じ描けた」

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 11 Nov 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15733003025425

受信環境クリーン協議会が主催する「第52回受信環境クリーン図案コンクール」の関東協議会長賞に、取手市立取手二中2年、宮沢瑞希さんの作品が選ばれた。10月31日、同市寺田の同校で表彰式があり、宮沢さんは「絵で賞をもらったのは初めて。すごくうれしい」と喜びを語った。
同コンクールは、テレビやラジオの良好な受信環境を守る知識の普及を図ろうと、受信環境クリーン協議会が全国の中学生を対象に、放送電波の受信障害防止などに関する図案を募集。今年は全国242校から1872点の応募があり、最高賞の総務大臣賞は千葉県八千代市立村上東中3年の林佳歩さんが受賞した。関東では関東協議会長賞7点、奨励賞8点が選ばれた。県内の受賞者は宮沢さん1人。
宮沢さんは「きれいな電波を みんなのもとへ」というキャッチコピーとともに、東京タワーから発信される電波を曲線を使って表現。その曲線の電波をテレビやスマートフォンがキャッチしている様子を描いた。宮沢さんは「電波がしっかり行き届いている感じを思った通りに描けた」と話した。(高阿田総司)

【写真説明】
受信環境クリーン図案コンクールの表彰を受けた取手二中の宮沢瑞希さん=取手市寺田


視界に突如「黒い人」 認知症の「幻視」、VRとARで再現 児童ら疑似体験で理解深めるの画像

視界に突如「黒い人」 認知症の「幻視」、VRとARで再現 児童ら疑似体験で理解深める

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 10 Nov 2019 13:00:00 +0900

記事コード:15733070614706

◆茨城県作業療法士会 映像教材を作成◆
認知症への理解を高めようと、茨城県作業療法士会(水戸市、大場耕一会長)は、患者が認識している世界を疑似体験できる映像教材を作成し、啓発に取り組んでいる。存在しないものが見えてしまう「幻視」の症状をVR(仮想現実)とAR(拡張現実)の技術で再現した。会の幹部は「適切な接し方を身に付けることにつながれば」と期待を込める。
「知らない人がいる」、「黒い影が見える」
11月8日昼、龍ケ崎市立大宮小の家庭科室。スマートフォンを装着した専用のゴーグルをのぞいた5年生の児童が驚きの声を上げる。VRとARを活用した幻視の疑似体験だ。患者やその家族を支える人材を育てる「認知症サポーター養成講座」の中で行われた。作業療法士らもスタッフとして加わった。
教材は「レビー小体型認知症」の患者に多いとされる幻視を映像化した。VRでは360度の視界で、和室の映像に男性や黒い影が現れる。ARの場合は、ゴーグルでのぞく実際の光景に人が浮かび上がって話しかけてくる仕組みだ。
5年の加藤優作さん(10)は「影や人が突然見え始めたら怖いだろうと思う。患者の人には優しく、ほっとするように話してあげるのが大切と分かった」と感想を述べた。
会は県の委託を受けて2017年度に教材を作り、翌18年度から体験の場を提供している。これまでに、福祉関係者の研修などで使ってきたが、義務教育の現場では大宮小が初めて。会によると、作業療法士はリハビリテーション職で唯一、精神科の領域に携わるため、より深く症例や対応を伝えられる利点があるという。
山倉敏之副会長は「なかなか理解しづらかった幻視を実体験できるようになった。認知症患者の感じ方や恐怖心を理解するのにつながるはず」と強調。今後も継続していく。疑似体験に関する問い合わせは、県作業療法士会(電)029(302)7092
(鈴木剛史)
★VRとAR
それぞれ「仮想現実」と「拡張現実」を意味する。VRでは、奥行きのある映像などで現実のような世界を体感できる。ARは、実際の景色に人物やキャラクターといった別の情報を加えて映し出す技術をいう。

【写真説明】
ARの技術で幻視の症状を体験する児童。ゴーグルでのぞく光景には、人が浮かび上がっている=8日、龍ケ崎市立大宮小


アサヒビール工場見学参加者募集の画像

アサヒビール工場見学参加者募集

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 08 Nov 2019 19:00:00 +0900

記事コード:15731246542811

アサヒビール茨城工場(守谷市緑)は12月1日から、クリスマスシーズンに合わせた工場見学イベントを実施する。見学中にクリスマスにちなんだなぞなぞを出題、オリジナルコースター作りを行う。通常の銘柄に加え、ピンク色のスパークリングワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ロゼ」や、12日にアサヒ飲料から発売予定の期間限定商品「とちおとめ&『カルピス』」が試飲できる。開催日は12月1、7、8、14、15、21〜25日。所要時間は1回約90分で各日2〜3回開催。無料だが予約が必要。定員は各回80人で先着順。問い合わせは同工場(電)0297(45)7335


不用の図書 無料で提供 守谷中央図書館の画像

不用の図書 無料で提供 守谷中央図書館

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 08 Nov 2019 18:00:00 +0900

記事コード:15731344169225

秋の読書週間(10月27〜11月9日)に合わせ、不用になった図書(雑誌含む)の無料配布が、守谷市大柏の守谷中央図書館で開かれている。1人何冊でも持ち帰れるとあって、館内は好きなジャンルの本や雑誌を探す来館者でにぎわっている。
図書の提供は1995年から年1回ペースで開始。同図書館が貸し出し回数や汚れなどを見て、除籍処理と判断した図書を1年間分ためて、希望者に提供している。今回は約6千冊を用意。「リサイクルブックフェア」と銘打ったイベント初日の2日に、1冊100円(セット販売除く)で有料販売し、残りを翌3日から無料配布している。
「定年」や「相続」といったジャンルの図書を10冊以上持ち帰ったつくばみらい市、会社員、小山昇一さん(60)は「好きな本をもらって読める。とてもありがたい制度」と感謝していた。無料配布は、除籍処理した図書がなくなり次第終了する。

【写真説明】
守谷中央図書館で開かれている図書の無料配布=守谷市大柏


リボーン・アートボール 茨城のヒーローフォト 受賞37作品を表彰の画像

リボーン・アートボール 茨城のヒーローフォト 受賞37作品を表彰

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 07 Nov 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15730516029029

◆五輪パラ文化プログラム 10日まで県庁に展示◆
2020年東京五輪・パラリンピックの県文化プログラムとして実施された「リボーン・アートボール作品コンテスト」と「茨城のヒーローフォトコンテスト」の表彰式が4日、県庁で開かれ、計37作品の受賞者に賞状が贈られた。
リボーン・アートボールは、廃棄されるスポーツ競技用ボールに絵を描いたり装飾したりして、アートの力で再生させる取り組み。県内10カ所で開かれたワークショップに約1600人が参加。106件の応募があり、一般の部は武庫川女子大学教育学部教育学科図画工作藤井ゼミ3年、子どもの部は結城市立結城東中の岩瀬日菜子さんら6人がグランプリを受賞した。
同フォトコンテストは、「あなたが考える『茨城のヒーロー』」をテーマに写真作品を募集し、169件の応募があった。グランプリは市毛悠葵さん、審査員の写真家、ヨシダナギさんが選ぶ「ヨシダナギ賞」は雨ケ谷由香里さんが受賞した。
両コンテストの入賞作品は10日まで県庁2階に展示されている。 (松下倫)

その他の受賞者は次の通り。(敬称略)
◇アートボール
▽一般の部優秀賞 小島利恵、国田彩夕花、狩野翠▽同佳作 武庫川女子大学教育学部教育学科図画工作藤井ゼミ4年、松下理、中尾瞳子、川島蓮、伊野恵梨奈▽子どもの部グランプリ 岩瀬日菜子、藤貫哲矢、アントキ・メイ、サリーム・マディハ、大橋理夢、渡辺結羽(以上結城東中)▽同優秀賞 小野晄太郎、荒帆音夏、井所美菜▽同佳作 小島悠里花、荒有理花、松下恵生、根本楓花、(龍ケ崎市立)愛宕中学校三年+向後先生
◇茨城のヒーロー
▽優秀賞 杉山香折、村上淳子、田山麻樹子、新城美香▽小野写真館賞 北垣祐子▽Studio Co-coa賞 佐藤崇▽Cucina A’S賞 松葉修▽子ども特別賞 倉石檜、大場春芽、稲垣僚、康颯太、向山澄香、斎藤輝武、稲野辺月希、渡辺睦美、生田目大輝、渡辺心美

【写真説明】
子どもの部でグランプリを受賞した結城市立結城東中の生徒ら=県庁


柳沢さん、佐々木さん栄誉賞 県表彰 睡眠医療やゲノムに功績の画像

柳沢さん、佐々木さん栄誉賞 県表彰 睡眠医療やゲノムに功績

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 07 Nov 2019 10:29:04 +0900

記事コード:15730516006414

県は6日、本年度の県表彰を発表した。県の名声を高め広く県民から敬愛され明るい希望を与えたとして、いずれも今秋の文化功労者に選ばれた筑波大教授の柳沢正史さん(59)=つくば市、東京農業大教授の佐々木卓治さん(72)=同=の2人を県民栄誉賞に決めた。県の名声を高め明るい話題を提供した特別功労賞には、プロレーシングドライバーの山野哲也さん(54)=守谷市=が選ばれた。先月、重賞初勝利を挙げた日本中央競馬会(JRA)の騎手、藤田菜七子さん(22)=守谷市出身=が知事奨励賞に選出された。

県表彰は1994年度に開始。本年度は県民栄誉賞2人のほか、特別功労賞1人、昨年度新設の新しいいばらきづくり表彰6人2団体、知事奨励賞7人、功績者表彰33人10団体の計49人12団体が表彰される。
柳沢さんは東京都出身。睡眠と覚醒を制御する神経伝達物質「オレキシン」を発見し、睡眠に関する研究で世界的に知られる。睡眠障害などの患者向けのサービスを展開する大学発ベンチャー企業も立ち上げた。筑波大国際統合睡眠医科学研究機構長。県秘書課は「睡眠医療のイノベーションを創出している」と評価した。
佐々木さんは山口県出身。国際イネゲノム塩基配列解読プロジェクトリーダーとして、イネゲノムの全塩基配列を解読した。研究は作物の品種改良などに役立ち、県は「食糧問題解決への道を開いた」としている。東農大参与。
表彰式は「県民の日」の13日、水戸市笠原町の県庁で開かれる。 (黒崎哲夫)
表彰者・団体と主な肩書は次の通り。(敬称略)

◇県民栄誉賞 柳沢正史(筑波大国際統合睡眠医科学研究機構長、文化功労者)佐々木卓治(東農大総合研究所教授・参与、文化功労者)
◇特別功労賞 山野哲也(プロレーシングドライバー、全日本ジムカーナ選手権チャンピオン19回)
◇知事奨励賞 菊池優斗(日立ハイテクノロジーズ)吉田悠太(日立インダストリアルプロダクツ)中舘壮志(クラリネット奏者)箱田優子(映像監督)篠原輝利(自転車ロードレース選手)藤田菜七子(競馬騎手)森秋彩(スポーツクライミング選手)
◇功績者表彰 池田昇(小さな鳥の資料館長)中山邦夫(牛久市消防団副団長)堀越武(県消防協会副会長)菊池孝子(県登録手話通訳者)住田福祉(元県心身障害者福祉協会長)舘野正弘(元県保育協議会長)丸山昇一(県遺族連合会理事)山岸利政(元青少年相談員)吉原奈美江(元民生委員児童委員)荒蒔勝邦(学校歯科医)木城利光(県警留置施設嘱託医)徳武勉(那珂湊献血連合会長)村居幸夫(県歯科医師会常務理事)山口雄三(県薬剤師会副会長)山脇英範(県医師会常任理事)阿部真也(日東電気社長)大槻和夫(県酪農業協同組合連合会代表理事会長)小野勲(元茨城沿海地区漁業協同組合連合会長)小原正(石燈籠製作職人)加藤木克也(県工業技術研究会長)篠田栄治(元県労働者福祉協議会専務理事)永田良夫(ナガタフーズ社長)中村一榮(フラワー装飾技能士)生井邦彦(元県木材協同組合連合会代表理事)溝口輝明(県鍍金工業組合理事長)山崎正志(元県農業法人協会長)川連雅子(つくば市青少年相談員)田中睦啓(県私学教育振興会代表理事)古川あい(茶道家)湊正雄(茨城文化団体連合理事)井上忍(県スケート連盟会長)下妻利之(県ソフトテニス連盟会長)飯泉喜明(元県少年指導委員協議会長)赤羽緑地を守る会(日立市)水戸市立国田義務教育学校生物研究部(水戸市)森の自然学校助川山保全くらぶ(日立市)県地域密着型介護サービス協議会(水戸市)下館地域在宅介護を支える会(筑西市)関西茨城県人会(大阪府)常陸大宮地域農村女性ネットワーク(常陸大宮市)茨城・県南おもちゃ病院(守谷市)日立理科クラブ(日立市)つくば北地区交通安全母の会連合会(つくば市)
◇新しいいばらきづくり表彰 仁衡琢磨(ペンギンシステム社長)堀下恭平(しびっくぱわー代表取締役)益子光洋(県肉用牛生産者協会理事)松木徹(エムテック社長)三村泰洋(相鐵社長)米川喬(元県漁業士会長)子連れスタイル推進協会(つくば市)魚の宿まるみつ(北茨城市)

【写真説明】
柳沢正史さん


18年度分対策費 1756万円損賠請求 東電に、稲敷6市町村の画像

18年度分対策費 1756万円損賠請求 東電に、稲敷6市町村

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Thu, 07 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15730516029019

稲敷地区6市町村放射能対策協議会(会長・根本洋治牛久市長)は6日、東京電力に対し、福島第1原発事故に伴う2018年度分の経費約1756万円を損害賠償請求した。請求は11年度から行い今年で8回目。
同会は稲敷▽牛久▽龍ケ崎▽阿見▽利根▽美浦-の6市町村で構成。根本市長らが同日、牛久市役所で東電側に請求書を手渡した。根本市長は「住民の不安が払拭(ふっしょく)される見通しが立つまで、対策を継続しなければならない」と訴えた。東京電力ホールディングス福島本部福島原子力補償相談室公共補償センターの竹元一義所長は「事情や経緯などをしっかりと聞いて、適切な対応をしていきたい」と応えた。
牛久市放射能対策室によると、18年度請求分のうち、95%が放射能対策に携わった職員の人件費で、残りが放射能計測器の点検費や甲状腺の検査費用など。


龍ケ崎柔道スポーツ少年団(龍ケ崎市)の画像

龍ケ崎柔道スポーツ少年団(龍ケ崎市)

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 06 Nov 2019 18:00:00 +0900

記事コード:15729565827629

◆思いやる気持ち育む◆
龍ケ崎市を拠点にしている柔道のスポーツ少年団です。団員は男女合わせて約60人います。明るさと元気の良さが持ち味です。小中学生がメインですが、保護者による付き添いを条件に、幼稚園児も受け入れるようにしています。週に3〜4回、たつのこアリーナや市立愛宕中で練習しています。
龍ケ崎市は柔道が盛んで、取手市や稲敷市といった近隣の自治体から通っている団員もいます。
全国大会への出場を目指しています。勝つだけではなく、子どもの健全な成長も目標の一つです。礼儀を正しくしたり、仲間を思いやる気持ちを育てたりすることも大切にしています。稽古を通して、自然とそういう姿勢が身に付きます。
団員は随時募集しています。入団などの問い合わせは、龍ケ崎柔道スポーツ少年団のホームページ。https://kids-judo.wixsite.com/ryugasakijudoss(水曜日掲載)

【写真説明】
龍ケ崎柔道スポーツ少年団(龍ケ崎市)


ご当地ナンバーデザイン募集 取手市、15日からの画像

ご当地ナンバーデザイン募集 取手市、15日から

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 06 Nov 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15729565827625

来年市制施行50周年を迎える取手市は、来年夏から交付開始予定の原付バイク(50cc以下)などの「ご当地ナンバープレート」のデザインを一般公募する。
募集期間は15日から来年1月7日(必着)まで。デザインは原付バイクのほか、90cc以下、125cc以下、3輪でピザ宅配などに使われているミニカー、トラクターやコンバインなどの小型特殊自動車のプレートに採用される。誰でも応募でき、1人何点でも送ることができる。
市制施行50周年記念事業の一環。同実行委の審査を経て、市が決定案を選ぶ。決定案の最優秀作品には賞金3万円、優秀作品2点には賞金1万円が贈られる。来年3月中旬に入賞者へ通知し、市ホームページで発表する。入賞者が高校生以下の場合は、賞金は金額分の図書カードとなる。
専用の応募用紙に、ほぼ原寸大の白いナンバープレートの枠がプリントされており、そのプレート枠内にデザインを描く。応募用紙は市ホームページからダウンロードできるほか、市課税課、藤代庁舎総合窓口課、取手駅前窓口などでも配布している。
ご当地ナンバープレートの交付は、新規登録者が交付の際に選択できるほか、従来のプレートからの無料交換も可能。市課税課によると、原付バイクなどのご当地ナンバープレートは県内17自治体で交付されている。市では2千枚の配布を予定している。
問い合わせは同課(電)0297(74)2141
(高阿田総司)

【写真説明】
取手市が15日から募集するご当地ナンバープレートの応募用紙=同市寺田


台風15・19号の農業被害 総額136億8643万円にの画像

台風15・19号の農業被害 総額136億8643万円に

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 06 Nov 2019 05:00:00 +0900

記事コード:15729565827611

◆平成以降2番目◆
9月の台風15号と10月12日に上陸した台風19号による農林水産関係の推計被害総額が136億8643万円に上ったことが5日、県のまとめで分かった。平成以降の風水害では、2015年9月の関東・東北豪雨時の121億2416万円を抜き、1991年秋の台風と長雨による約287億円に次いで2番目の甚大な規模となった。
県農業技術課によると、台風19号の被害額が林業と水産関係を除き、農業関係はほぼ出そろった。同日午前11時時点で推計総額76億3157万円に上り、台風15号の60億5485万円を上回った。
農地・土地改良施設の被害額は52億1千万円と、10月31日の集計より約27億1千万円も大幅に増えた。
被害が最も大きいのは大雨や河川氾濫により浸水した農地で、田畑への土砂流入など14億2300万円。市町村別では常陸太田市、守谷市、常陸大宮市、水戸市、那珂市の順に大きかった。次いで農業集落排水施設13億4500万円、用水機場12億3200万円。
同課は「県北や県央地域で調査が進み、被害額が積み上がった」としている。
農作物の被害額は12億1344万円。39市町、3937ヘクタールで被害に遭った。53品目のうち最も大きいのはハクサイの2億7644万円。農業用施設の被害は38市町の4億3967万円。
林業と水産関係の調査は継続する。(大貫璃未)


「鉄道の日」TX・関鉄で車両基地公開の画像

「鉄道の日」TX・関鉄で車両基地公開

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Mon, 04 Nov 2019 14:59:41 +0900

記事コード:15727915694086

◆力合わせ気動車綱引き 運転台の見学も◆
つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)と常総線を運行する関東鉄道(土浦市)は3日、「鉄道の日」(10月14日)にちなみ、それぞれの車両基地を一般公開した。鉄道の現場が肌で感じられるとあって、どちらの基地も鉄道ファンや家族連れが大勢詰め掛けた。
つくばみらい市筒戸のTX総合基地には過去最高の2万1千人が来場し、車両を修繕する「車体更新場」などを見学した。
恒例となった運転台の見学では、制服を着させてもらった子どもたちが運転士気分を満喫。車内放送も体験し、東京都足立区の小学5年生、宮坂啓太郎君は「警笛ペダルを踏めたのがうれしかった」と感想を話した。
常総市水海道高野町にある関東鉄道の車両基地には3100人が足を運んだ。基地と水海道駅を運行する臨時列車も走り、鉄道ファンを喜ばせた。工場棟では大型クレーンを使った車体のつり上げ実演や、気動車を引っ張る綱引きがあった。綱引きは子どもたち20人が参加。力を合わせてロープを引くと、重さ33トンの塊がゆっくり動きだし、歓声が上がった。
つくば市の小学4年生、松本真幸君は重さ22トンの車体のつり上げを見て、「軽々と持ち上がってすごかった」と驚いた様子で語った。
つくばみらい市の会社員、小野慶太さん(37)は「やはりディーゼルカーというのが関鉄の魅力。来年もまた来たい」と話していた。(今橋憲正)

【写真説明】
重さ33トンの車両を綱引きする子どもたち=常総市水海道高野町


新郎と不釣り合い アニメ顔のかわいい花嫁現るの画像

新郎と不釣り合い アニメ顔のかわいい花嫁現る

関連地域 :河内町

最終更新日:Mon, 04 Nov 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15727915694080

◆ゆるキャラ「かわち丸」 町内お見合いパーティーが縁◆
河内町のイメージキャラクター「かわち丸」の花嫁「みずほ」が3日、お目見えした。顔と体がそれぞれ町特産の米とレンコンでできている新郎と異なり、人間に近い姿が特徴。町のイベント「かわちフェスタ」に登場し、入場者らの度肝を抜いた。
名前のもとになった「瑞穂(みずほ)」は、みずみずしい稲穂を意味し日本の美称でもある。町によると、新夫婦のなれそめは町内であったお見合いパーティー。別の場所で再会を果たした際、運命を感じて結ばれたらしい。決め手は新郎の誠実さだったという。
雑賀正光町長は「とても良く似合う夫婦。みずほには、愛される存在になってほしい」と期待を込めた。みずほは、かわち水と緑のふれあい公園で16日に開かれるイルミネーションの点灯式にも出席する予定。

【写真説明】
「かわち丸」(奥)の花嫁としてお目見えした「みずほ」=河内町長竿


パッタイ Coppun Cafe(守谷市)の画像

パッタイ Coppun Cafe(守谷市)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 03 Nov 2019 12:02:54 +0900

記事コード:15726978541272

◆人気、タイ風焼きそば◆
「パッタイ」はエビ入りのタイ風焼きそば。平べったい白い米粉の麺は「もちもちした食感で歯応えがある」とタイ料理を出す「Coppun Cafe(コップンカフェ)」店主の出野祐子さん。ニラやモヤシは強火で炒め食感を残す。タイのしょうゆやナンプラーなどで味付けした人気の麺料理。
同店は2015年オープン。店名はタイ語で「ありがとう」という意味の「コップンカー」とカフェを合わせた。タイ米やタイの調味料を使うが「タイ料理は辛いイメージがあり苦手な人もいる。日本人の口に合うように食べやすくしている」。鶏ひき肉のバジル炒めに目玉焼きがのる「ガパオライス」は辛さが4段階から選べる。ゆでた鶏肉とゆで汁で炊いたご飯に自家製たれ付きの「カオマンガイ」、タイ風の照り焼きチキン「ガイヤンプレート」はパクチーを水菜に代えられる。
雰囲気はあくまでおしゃれなカフェ。8割が女性客という。子ども連れも多く、子ども向けのタイ料理を用意する。コーヒーにこだわり、パンケーキなどデザートも充実する。「好きな時間を過ごしたり、おしゃべりしたり、ゆっくりくつろいでほしい」。来年1月から閉店時間が午後7時(ラストオーダー同6時)に変更となる。
守谷市板戸井1792
定休は月曜(祝日の場合は翌日)
営業時間は午前11時〜午後9時半(ラストオーダーは同9時)
(電)0297(45)2239

【写真説明】
パッタイ


瑞宝単光章 元守谷駅管区駅長兼守谷駅長 小林勝さん(65) つくば 鉄道の安全守り40年の画像

瑞宝単光章 元守谷駅管区駅長兼守谷駅長 小林勝さん(65) つくば 鉄道の安全守り40年

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 03 Nov 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15727085257116

「身に余る光栄、ありがたい」と喜びを語る一方、「会社や先輩、同僚の協力があったからこそここまでこれた」と、感謝の気持ちを表す。
土浦市内の高校卒業後、1972年に筑波鉄道に電気通信手として入社。その後、関東鉄道で主に保線や電気設備などの技術職として業務に携わり、40年以上、鉄道に関わってきた。
雨の日や雪の日も、設備が故障すれば深夜でもレールを歩き現場に向かった。「相手は機械。配線を1本でも間違えば正常に動かない」。経験と緻密さが求められる作業を長年こなしてきた。
そのような現場経験から、守谷駅管区駅長兼守谷駅長を務めた。「公共交通である鉄道の安全は社員一人一人の努力で成り立っている。それぞれの業務が車両を走らせる中枢なんだというプライドを持って鉄道を支えていってほしい」

【写真説明】
小林勝さん


《論説》アートと地域 参加が広げる新たな可能性の画像

《論説》アートと地域 参加が広げる新たな可能性

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 06 Nov 2019 00:15:22 +0900

記事コード:15726978541266

芸術文化に親しむ機会の多い季節である。県内には、美術館やホールなど展示発表施設だけでなく、多様な形で芸術、アートに接することのできる場や機会がある。
筑西市の板谷波山記念館では作品以外にも釉薬(ゆうやく)の試行錯誤の過程や破片なども見ることができ、陶芸界初の文化勲章受章者の高い志を知って背筋が伸びる。波山と共に初の名誉県民となった横山大観が、岡倉天心の下で若き俊英たちと研鑽(けんさん)を積んだ五浦は、日本美術史に残る創造拠点である。
現代のアーティストの創造の過程にリアルに触れられる場も茨城にはある。その代表的なものが、県などが守谷市の廃校舎を使って1994年から行っているアーカスプロジェクトである。創造支援を目的の第一に掲げた先駆的な取り組みであり、支援の質と滞在したアーティスト(計107人、うち外国人94人)のレベルの高さが評価されている。ビデオ作品のモデルになる、制作途中のアーティストと語るなどの経験をした人々は、他分野にもつながる創造性への刺激を得ている。
茨城は、国内外から注目された地域密着型アートプロジェクトの場ともなっている。一つは、世界的アーティストであるクリストが日米計3100本の巨大な傘を同時に展示した91年のアンブレラプロジェクト。当時の常陸太田市から里美村に至る日本側サイトにおいて、青い傘と県北の緑野が作る全く新しい景観に触れた感動を語る人は今も数多い。
アンブレラの記憶が残る県北地域を舞台に2016年秋に開催されたのが県北芸術祭である。6市町にまたがるエリアで国内外85組のアーティストが109の作品を発表した。海や山の景観、地域の歴史や生活などとの関係を強く意識しながら制作、展示された作品が多く、訪れた人だけでなくそこに住む人々にも、地域の魅力や個性を気付かせた。
バイオテクノロジーを用いたものや、手紙の指示に従い見知らぬ土地を歩く、古い家電製品で音楽を奏でるなど、アートとそれ以外の領域にまたがる新しい経験により、創造の世界の自由さや可能性を感じた人も多いだろう。
アンブレラと県北芸術祭に共通するのは、一般の人々がさまざまな形で参加したことである。アンブレラにおいては毎日朝夕の傘の開閉などに多くの人々の協力があった。県北芸術祭においても、大規模な作品のパーツ制作など、作品の一部となって目に見える協力をはじめ、来訪者の案内、地元の食の提供など、県内外のボランティアが活躍した。活動の充足感から、また新しいプロジェクトに協力したいという人、現に県の内外で活動している人も少なくない。
現代のアートには、地域の個性や歴史が重要なテーマとなり自然環境や街の中で出合う作品も数多い。地域に住む人、訪れる人が関わることで出来上がっていくアートは一つの領域を形成している。
地域で行われるプロジェクトには、資金調達の方法や費用対効果、行政の関わり方など事業としての検討課題はあるが、アートが地域の魅力の発見や発信につながり、参加する人々に喜びをもたらすものであることは確かである。偉大な先達から最先端プロジェクトに至る創造活動の系譜を持ち、多くの人々がアートと関わってきた茨城で、これからもアートを地域の力とする活動に期待したい。


アサヒビール茨城支社長 渡辺孝幸さん(54)の画像

アサヒビール茨城支社長 渡辺孝幸さん(54)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 02 Nov 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15726122628171

◆東京五輪盛り上げたい◆
看板商品のスーパードライ誕生翌年の1988年に入社した。当初は地方に商品が回らず、「謝る営業だった。いい時代に入社できた」と述懐する。
スーパードライは東京五輪のオフィシャルビールとなっている。サッカー会場のカシマスタジアムでの納品方法の確認作業が進む。「マラソン代表をはじめ、これから代表が決まっていく。茨城も事前キャンプ地がある。もっと盛り上げていきたい」と前を向く。「ラグビーW杯では会場周辺の飲食店は潤ったと聞いている。五輪でも期待したい」と希望を語る。
静岡県富士市出身で、「海があり気候的に静岡と茨城は似ている。納豆、メロン、水戸黄門と有名なものはあるが、目立たない県の印象があった」。
守谷市に生産工場があり、北関東地区で茨城はスーパードライなどアサヒブランドの人気が高い。ビール類市場は14年連続のマイナスだが、缶チューハイやハイボールが伸びている。
中央大水泳部出身で、高校時代は2度の国体出場経験がある。小学5年生からスイミングクラブで鍛えた。「五輪は水泳にも注目している。瀬戸大也選手に期待したい」

【メモ】静岡を皮切りに、東京、千葉、群馬と転勤してきた。千波湖を歩いたり軽く走ったりして体調管理に努める。(次回は12月7日掲載)

【写真説明】
アサヒビール茨城支社長 渡辺孝幸(わたなべたかゆき)さん(54)


パルシステム茨城栃木 社会貢献14団体助成 水戸で贈呈式 3部門に365万円の画像

パルシステム茨城栃木 社会貢献14団体助成 水戸で贈呈式 3部門に365万円

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 02 Nov 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15726122628164

生活協同組合パルシステム茨城栃木(青木恭代理事長)が主催する2019年度「くらし活動助成基金」の贈呈式が1日、水戸市梅香2丁目の県労働福祉会館で開かれ、茨城、栃木両県で活動するNPO法人など計14団体に総額365万円が贈られた。

同基金は、地域で活動するボランティア、ワーカーズ、NPOなど非営利目的の社会貢献活動に対し、パルシステム茨城栃木が資金面で助成する制度。「子育て応援」「スタート」「チャレンジ」の3部門あり、1団体につき10万〜40万円を毎年助成している。
本年度から栃木県が加わり、昨年度を16団体上回る33団体が応募。有識者らでつくる運営委員会(川浪肇子委員長)の厳正な選考を経て助成団体が決まった。
贈呈式で、青木理事長は「市民と組合員の協同の力で地域社会の課題解決につなげていきたい」とあいさつし、各団体の代表一人一人に目録を手渡した。
引き続き、昨年度の助成団体を交えて報告・交流会が開かれ、地域で活動する有志同士らは和やかに情報を交換し合った。
助成団体は次の通り。

▽子育て応援部門 レインボーの家子ども支援(小美玉市)宇都宮子ども劇場(宇都宮市)▽スタート部門 フリースクールこどものSONORA(牛久市)地域支えあいネットワーク蕃茄(桜川市)ココカラサロン(小美玉市)聞き書きボランティアメモリア(牛久市)甲状腺エコー検診水戸の会(水戸市)▽チャレンジ部門 難病カフェアミーゴ(美浦村)キーデザイン(宇都宮市)あしたを拓く有機農業塾(笠間市)みと森のようちえんにじいろ(水戸市)子どもパラダイス(鹿嶋市)kosodateはぐはぐ(つくば市)農・出会いの里(龍ケ崎市)

【写真説明】
パルシステム茨城栃木の青木恭代理事長(右)から目録を受け取る助成団体の代表=水戸市梅香


河内町 昨年のデータ使用で税誤徴収の画像

河内町 昨年のデータ使用で税誤徴収

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 02 Nov 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15726122628159

◆846件2725万円 ◆
河内町は1日、国民健康保険税を含む四つの税と保険料で、846件計約2725万円の誤徴収があったと発表した。口座振替の事務処理で、昨年のデータを用いたのが原因という。本来引き落とすべきだったのは、890件計約2520万円。影響は最大で、1人当たり21万8千円になる。町は6日にいったん全額返金した上で、再度引き落とす方針。
町税務課によると、引き落としは10月末だった。担当職員が同月23日、誤って昨年10月のデータを金融機関に送った。通知と実際の記帳金額が違っているのに気付いた町民が、町に問い合わせて発覚した。
町は今後、不要なデータを削除したり、チェック体制を強化したりして再発防止に取り組むとしている。雑賀正光町長は「町民に心からおわび申し上げます。このような事態が発生することのないよう、見直しを行ってまいります」とのコメントを出した。


許可なく撮影、持ち出し 取手の救命士 患者のレントゲンの画像

許可なく撮影、持ち出し 取手の救命士 患者のレントゲン

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 03 Nov 2019 22:40:48 +0900

記事コード:15726122694143

取手市消防本部の40歳代の男性救命士が9月、骨折して市内の病院に入院した男性消防士(49)のレントゲン写真を病院や本人の許可なくスマートフォンで撮影し、画像データを持ち出していたことが1日、分かった。立場を利用して患者の個人情報を流出させた可能性もあるとみられ、市と同消防本部が事実関係を調べている。
市人事課や同消防本部によると、男性救命士は同病院で研修中だった9月26日、院内で見つけたレントゲン写真が同消防本部の職員のものと知り、スマートフォンのカメラで撮影。画像データを院外に持ち出し、自分が勤務する消防署の同僚数人に見せた。
被害に遭った男性消防士が10月9日に退院した際、同僚から「お前のレントゲン写真、みんなが見ているぞ」などと連絡があり、流出が発覚した。
男性消防士は別の消防署勤務。非番だった9月26日、市内の自宅で屋根から転落し足を骨折するなどの重傷を負った。同日中に同病院の診察を受け、レントゲン写真を撮ったという。
男性消防士によると、男性救命士は後日、撮影した事実を認め、謝罪してきたという。
市と同消防本部は、男性救命士が撮影に至った理由などを含め、事実関係を調べている。


ハロウィンまつり 仮装ダンス楽しむ 利根、300人来場の画像

ハロウィンまつり 仮装ダンス楽しむ 利根、300人来場

関連地域 :利根町

最終更新日:Fri, 01 Nov 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15725215575797

利根町布川のニュータウン中央商店街レンガ広場で10月27日、ハロウィーンのイベント「ハッピーハロウィンまつり」が開かれ、仮装した来場者らが撮影会やダンスで盛り上がった。
まちを活気づけようと、商店会有志が2015年から毎年開き、今年で5回目。今年は例年を上回る約300人が来場した。ダンス発表などで楽しんだほか、会場内に「インスタ映え」する撮影スポットを設置。仮装をした人にお菓子をプレゼントするなどして来場者をもてなした。
仮装した小学4年の孫娘を連れて訪れた同町布川の平野信子さん(72)は「初めて来たが、多くの人が集まっていて驚いた。商店街を復活させる意味でも良い取り組み」と感想を話した。イベントの企画委員長を務めた永沢里奈さん(25)は「商店街が力を合わせて盛り上げる催しを今後も続けられるよう、努力したい」と語った。

【写真説明】
仮装した来場者らがダンスなどで楽しんだハッピーハロウィンまつり=利根町布川


取手市副市長 吉田さん、生活満足度高めたいの画像

取手市副市長 吉田さん、生活満足度高めたい

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 01 Nov 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15725215575790

10月24日付で取手市の副市長に就任した吉田雅弘(よしだまさひろ)さん。「光栄であるとともに、身の引き締まる思い。これまでの行政経験を生かし、市長の良い相談役として、市の職員と一丸となって全力で取り組む」と決意を示す。
東京都練馬区生まれ。小学5年の夏に取手市へ転入。以来約50年、同市で暮らす。大学卒業後、1983年に市役所に入庁。秘書課長、会計管理者などを歴任、2017年から取手地方広域下水道組合事務局長。
市は来年、市制施行50周年を迎える節目の時。今後は、藤井信吾市長が4期目の公約に掲げるJR取手駅西口の区画整理と再開発、桑原地区の市街化区域への編入と大型商業施設誘致の大型事業が進んでいく。「未来につながるまちづくりの実現のため、育ててもらった取手市の、より一層の発展に貢献し、市民生活の満足度、幸福度を高めていきたい」と抱負を語る。
高齢化対策にも意欲を見せる。「自分も(都内からの)転入組。移住・定住促進を基本に仕事をしていきたい」。市の65歳以上の高齢化率は33・8%で、全国の28・4%(5月1日総務省統計局調べ)を上回っており、「高齢になっても、市民が暮らしやすいまちにしたい」。
趣味は音楽鑑賞とドライブで、海を見に行くのが好き。好きな言葉は「一期一会」。子どもは2人で、長女は結婚して守谷市に住んでいる。妻、地方公務員の長男と3人暮らし。西。60歳。(高阿田総司)

【写真説明】
取手市副市長 吉田雅弘(よしだまさひろ)さん


中原さんが会員賞 改組新日展の画像

中原さんが会員賞 改組新日展

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 01 Nov 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15725215575789

公益社団法人・日展は31日、「改組新第6回日展」(1日〜24日、国立新美術館)の大臣賞など各賞の選考を行い、結果を発表した。本県関係では彫刻科の会員賞に中原篤徳さん(48)=龍ケ崎市=が選ばれた。
中原さんの受賞作は「さわやかな一日の終わりに」というタイトルの女性像。審査評は1日に公表される。授賞式は14日午後2時から、東京・上野の日本芸術院会館で行われる。


斉藤さんと団野さん きょうだい保護 竜ケ崎署が感謝状の画像

斉藤さんと団野さん きょうだい保護 竜ケ崎署が感謝状

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 31 Oct 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15724332110937

路上で2人きりで歩いていた幼いきょうだいの安全を守ったとして、竜ケ崎警察署(桜井検二署長)は28日、龍ケ崎市立大宮小教員、斉藤礼子さん(41)、ことり保育園の保育士、団野良美さん(54)=いずれも市内=に感謝状を贈った。
斉藤さんは15日午後6時55分ごろ、同市松葉5丁目の路上で、女児(5)と男児(4)のきょうだいを見つけた。子どもだけで出歩き、姉が泣いているのが気になって話し掛けた。斉藤さんの知り合いで近くに住む団野さんも合流し、2人できょうだいを落ち着かせるとともに、名前や通っている保育園を確認。110番通報して保護した。
きょうだいは、買い物に向かった母親を追って外に出てしまったといい、けがはなかった。斉藤さんは「寒かったのに薄着だったので心配だった。帰れたようで安心した」、団野さんは「普段から小さい子どもを見ているが、無事で本当によかった」と胸をなで下ろした。
桜井署長は「仕事柄、落ち着かせたり話を聞いてあげたりするのに慣れている。親御さんも安心したはず。ありがたい限り」と謝意を表した。

【写真説明】
桜井検二署長(右)から感謝状を受け取った斉藤礼子さん(中央)と団野良美さん=竜ケ崎警察署


《人生・第2幕》取手 熊谷かおるさんの画像

《人生・第2幕》取手 熊谷かおるさん

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 30 Oct 2019 17:00:00 +0900

記事コード:15723489839770

◆薬剤師の経験生かす パラオで指導、医療貢献◆
「こんにちは。いつものお薬ですか」。てきぱきと来客に対応する取手市桜が丘在住の薬剤師、熊谷かおるさん(59)。52歳の時、全国展開する調剤薬局をいったん退職し、JICA(国際協力機構)のシニアボランティアに挑戦、西太平洋のパラオに2年間赴任した。
シニアボランティアを決めた当時、長男は司法修習生、長女は大学4年生。夫は中国へ単身赴任中。「2人の子どもは自立した。薬剤師の世界は患者さん、医療関係者だけの関わりで狭い世界だと感じていた。視野を広げ、世界で社会貢献したかった」と、決意に至った心境を説明する。
このときには「家庭もある。だけど、人生は一度しかない。壁はあるけど、とらわれすぎると乗り越えられない」とも考えたようだ。夫は「お母さん、何を始めるの」と驚きつつも、熊谷さんの挑戦を快く応援してくれた。
書類選考、面接を経て、長野県のJICA研修施設で、2カ月間にわたる研修を受け、2013年1月、成田空港からパラオへ飛び立った。
パラオは、人口約2万人の小さな島々からなる国。国唯一の総合病院「ベラウ国立病院」に週5日間勤務した。国内の薬剤師は、同病院に勤務する40代女性のたった1人だけだった。
パラオに滞在中、同病院で一緒に働く調剤技術者たちに薬処方の指導をはじめ、ぜんそくや高血圧など病気の知識と薬の処方方法についての講義を月1回行った。
「病院で処方する薬は、アメリカやオーストラリアからの寄付で賄われていることが多い」。一つの病気で、日本では10種類ほどの薬があるところ、パラオは3種類ほど。医療水準の低さを目の当たりにした。「戸惑うこともあったが、微力ながらこれまでの薬剤師の経験を生かし、貢献できてよかった」と振り返る。
帰国して今年で4年たった。現在は、元の調剤薬局に復職し、管理薬剤師兼薬局長として地域医療を支える。来年、定年退職を迎える。今後は65歳まで嘱託職員として働き、地域に貢献していくつもりだ。
「海外でまた働いてみたい。家族の状況をみながら、開発途上国の医療に貢献したい気持ちもある」と第二の人生を前に、新たな夢を抱いている。
(鈴木聡美)(随時掲載)

【写真説明】
ベラウ国立病院で一緒に働いた仲間たち。中央が熊谷かおるさん=パラオ(熊谷さんの提供写真)


竜ケ崎一・軽音楽部 高校生、昭和の名曲挑戦 11月3日、稲敷の画像

竜ケ崎一・軽音楽部 高校生、昭和の名曲挑戦 11月3日、稲敷

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 30 Oct 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15723489839765

◆「のど自慢」伴奏担当◆
生オケによる「のど自慢」と言えば普通、バックの演奏はプロが務めるもの。そんな中、県立竜ケ崎一高軽音楽部の生徒たちがバックバンドを結成、11月3日に稲敷市で行われるステージで昭和の名曲に初挑戦する。日頃、自分たちが演奏している音楽とは“異次元”の曲ばかりだが、メンバーは「歌う人たちが引き立つような演奏を行って、会場の老若男女を楽しませたい」と、意欲を燃やしている。
「のど自慢」が予定されているのは、同市伊佐津の新利根体育館屋外ステージで行われる市文化祭ライブ「音(おん) YOUR MARK」(同実行委など主催)。市内外のロック系バンドを中心に8団体が出演する。
今年で6回目を迎える同ライブ。実行委が演目に初めて「のど自慢」を入れたのは、聴衆が一方的に演奏を聞くだけでなく、聴衆にも積極的にライブに関わってもらい、この音楽イベントを市民にもっと知ってほしいという思いから。
出演者は3人。曲は「見上げてごらん夜の星を」(坂本九)、「スイート・メモリーズ」(松田聖子)、「時の流れに身をまかせ」(テレサ・テン)と、昭和を代表する作品。そこでバックバンドをどうするか、実行委で悩んだ末「若い世代に挑戦してもらったらどうか」と、ライブに出演経験のある同軽音楽部に打診した。
依頼を受けた同部顧問、高野陽輔教諭(37)は部内六つのバンドに声掛け。しかし未知の音楽への不安からか、手を挙げたバンドは皆無だった。そこで個人での参加を呼び掛けると、1人、2人と反応が。結局、ギター・キーボード・ベース・ドラムの4人編成バンドが誕生した。
22日には同校で、バンドと「のど自慢」出演者が初顔合わせ。高校生たちは最初はノリの違いに戸惑いながらも、何回も何回も繰り返すことで、徐々に歌へ寄り添っていった。すると出演者からは「知らない歌をここまで仕上げるのに大変な練習を積み重ねてきたのでは」「リズム感が素晴らしくて感激。自分も頑張って練習しないと」と、称賛の声が上がった。
ドラム担当の2年、玉城里織さん(16)は「バラードなんてたたくの初めて。全然ノリが違う。でも乗り越えれば演奏の幅が広がると思う。思いっ切り『昭和感』を出せるようにしたい」と意欲満々。高野教諭は「歌い手を生かす演奏とは何か。生徒にとっては一つの試練。でもそれは自分たちを生かすことにもつながる。みんなの可能性を信じている」と、期待を込めた。
「のど自慢」は午後0時半ごろからを予定している。ライブは入場無料。雨天決行。(藤崎和則)

【写真説明】
リハーサルで「のど自慢」出演者(中央)に合わせ演奏する県立竜ケ崎一高軽音楽部有志=龍ケ崎市


利根でフェスタ お菓子作りや工作、子どもの夢を支援の画像

利根でフェスタ お菓子作りや工作、子どもの夢を支援

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 30 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15723489870930

利根町民らの触れ合いイベント「子どもの夢づくりフェスタ」(同実行委主催)が19日、同町布川の町役場1階イベントホールで開かれた。小さな子どもを連れた家族連れら約150人が、盛りだくさんな内容を楽しみ交流を深めた。
子どもたちの夢づくり支援を目的に今年5月に始まり、今回で2回目。会場内の長い直線に線路を作り、子どもが乗れるミニトレインを走らせたほか、竹などを使った便利な工作品作りやザリガニ釣り、子犬との触れ合いスペースなどを用意。アイシングと呼ばれるクリームでクッキーに絵などを描いて飾る「アイシングクッキー」のコーナーも設けた。
4歳の娘と訪れた取手市の30代男性は「アイシングクッキー作りなどで、娘と一緒に楽しめた。今後もこのような催しを続けてほしい」と喜んでいた。
次回は来年2月15日に同所で開かれる予定。

【写真説明】
「子ども店長」としてアイシングクッキーの店を担当し、来場者と触れ合う小学生(左)=利根町布川


TXカレンダー 11月11日に発売 壁掛け用と卓上用の画像

TXカレンダー 11月11日に発売 壁掛け用と卓上用

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Tue, 29 Oct 2019 17:00:00 +0900

記事コード:15722625530720

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京)は、TX全20駅で2020年版カレンダーを発売する。11月11日より発売するほか、同3日につくばみらい市筒戸のTX総合基地で開かれるTXまつりでも限定販売する。
カレンダーは壁掛け・卓上用の2種類。壁掛け用はA3サイズで価格は千円(税込み)。月ごとに「四季折々の沿線を走行するTX」をテーマとした写真を掲載した。卓上用はA5サイズで価格は500円(同)。月ごとの写真は「TX車両のさまざまな表情」がテーマ。それぞれ千部限定。販売は売り切れ次第終了する。
問い合わせはTXコールセンター(電)0570(000)298


自慢の凧、空舞う 取手で全国大会の画像

自慢の凧、空舞う 取手で全国大会

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 29 Oct 2019 16:59:02 +0900

記事コード:15722625571238

全国各地の凧(たこ)が集まるイベント「日本の凧の会取手全国大会」が27日、取手市・利根川河川敷の取手緑地運動公園で開かれた。全国から凧愛好家約170人が参加し、伝統凧や連凧など、さまざまな凧を披露した。
同大会は、凧揚げ仲間の情報交換や親睦を目的に、毎年秋に全国各地で開催。今年のテーマは、開催地の取手を「鳥で」とかけて、「鳥凧」。当日は風がなかったが、鳥の形をした多くの凧が会場の空に舞った。表彰式では、「A型鳥凧」を揚げた宮城県大衡(おおひら)村の庄子明宏さんが最優秀凧に与えられる「心護杯(しんごはい)」を受賞した。
実行委員長の中川弘さん(86)は「これだけ多くの人が集まり、凧揚げを楽しんだ。天候が心配されたが、無事に開催できてよかった」と語った。
同大会は来年、千葉県浦安市で開かれる予定。(高阿田総司)

【写真説明】
約170人の凧愛好家が集まった日本の凧の会取手全国大会=取手市・利根川河川敷


取手市 移住促進へポスター、市内外の駅に掲示への画像

取手市 移住促進へポスター、市内外の駅に掲示へ

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 29 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15722625571225

市内への移住促進を広くアピールするため、取手市は、市の魅力を伝えるポスターを制作、都内や千葉県、市内外の駅へ掲示する。ポスターのモデルは、各テーマに合った市民を起用。来月18日から順次、JR常磐線、東京メトロ千代田線(都内)、関東鉄道常総線の21駅に貼られる。28日の定例会見で発表した。
ポスターは4種類で、「通勤」「起業」「子育て」「住宅取得」がテーマ。会社員、市内で起業した女性、子育て世代の3人家族、20代で理想の家を手にした夫婦が、それぞれポスターの「主役」となり、交通の利便性、起業・創業支援のまち、子育てしやすい環境の良さ、住宅の取得しやすさ-をアピールしている。
B1、B2各サイズ400枚、計800枚を制作。駅に掲示するのはB1サイズ200枚で、B1サイズの残りはイベント会場などで使う。B2サイズは企業などに配る予定という。
市魅力とりで発信課はポスター掲示の効果について「具体的な目標数字は掲げていないが、基本的には取手を知ってもらうための一つの仕掛け」と話す。
ポスター掲示開始と合わせ、ほぼ同時期に市のシティプロモーションサイト「ほどよく絶妙とりで」で、ポスターに連動した特設ページを公開する。同サイトでは、ポスターのモデルになった市民へのインタビューや、住民目線での市の魅力などが紹介されるという。(高阿田総司)

【写真説明】
移住促進へ取手市が制作したポスター。市内外の駅などに貼られる


高齢者向け住宅 完成を祝い式典 土浦の画像

高齢者向け住宅 完成を祝い式典 土浦

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 28 Oct 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15721747595485

人材派遣業などを展開するワークホールディングス(本社守谷市、横山聖一社長)のグループ会社「プラザマアム」(木村俊男社長)が、土浦市桜ケ丘町に建設を進めていたサービス付き高齢者向け住宅「プラザマアム桜ケ丘」が完成し25日、同所で来賓や関係者約80人が出席してオープニングセレモニーが開かれた。
同住宅は木造2階建て、延べ床面積は約1400平方メートル。入居者が快適に過ごせるよう全室個室を採用したほか、入居者や家族がくつろげるよう共有フロア「ふれあいルーム」を設けた。また、訪問看護ステーションと連携し、24時間態勢で医療面もサポートする。定員は入居が40人で、デイサービスが35人。
セレモニーで木村社長は「地域の皆さまの温かい声とご支援をいただきながら、利用者の笑い声が絶えない施設にしていきたい」と意気込みを語った。
プラザマアムは2006年、同市板谷に介護総合福祉施設「プラザマアム」を開設。介護事業のほか、保育事業なども手掛けている。

【写真説明】
完成を祝いテープカットを行う関係者ら=土浦市桜ケ丘町


0〜2歳児も/保育料値下げ/給食費補助 幼保無償化、独自の支援の画像

0〜2歳児も/保育料値下げ/給食費補助 幼保無償化、独自の支援

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 28 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15721747595478

◆県内自治体 保育士確保は競争に◆
認可保育所や幼稚園、認定こども園に通う3〜5歳児の保育料を原則無料とする幼児教育・保育の無償化が10月からスタートした。県内の自治体では、無償とならない0〜2歳児への対象拡大や保育料の値下げ、給食費補助など、独自の支援策を打ち出している。少子化による人口減が課題となる中、手厚い支援策で子育て世帯の“囲い込み”を図りたい狙いがある。(水戸支社・前島智仁)
■対象枠拡大
「どの年齢の子どもを持つ世帯でも、切れ目なく支援する施策を独自に行っている」。1983年の20万6千人をピークに、年々人口減少が続いている日立市は、子育て支援に力を注いできた。
幼保無償化を受け、市は保育園と認定こども園に通う0〜2歳の第2子の保育料も無条件で無償とした。対象となるのは4月1日現在で約300人。市子ども施設課によると、10月から来年3月までの半年間で、約2500万円を市が負担する計算になるという。
国の制度では、0〜2歳児の保育料無償化の対象は住民税非課税世帯に限られる。それ以外は第2子が半額、第3子は無償だ。
同課は「無償対象の枠を広げ、多くの子どもを持つ世帯の負担を少しでも軽減することで、定住人口の減少抑制につなげたい」と期待を込める。
■実費負担補う
一方、水戸市は独自の取り組みとして、0〜2歳児の保育料を軽減する。従来も国の基準より低い保育料を設定してきたが、さらなる負担の軽減を推し進める。
具体的には、これまで所得に応じて10段階に分けて定めていた保育料を13段階に細分化し、それぞれ千〜5千円を引き下げた。
これまで保育料に含まれていた給食費は実費負担となることから、補助を行う自治体も少なくない。
国に先駆けて3〜5歳児の無償化を始めている城里町は給食費を無償とするため、本年度予算に1420万円を計上。境町も月額5300円を上限に給食費を補助することを決め、実質的に無償とした。
県子ども未来課によると、県内では城里や境に加え、北茨城、常陸太田、常陸大宮、下妻、鉾田、神栖、大子の計9市町で給食費の補助を決めているという。
■担い手不足
幼稚園や認定こども園の一時預かりも、「保育の必要性」が認められれば10月から無償となった。ただ、月64時間の就労や親族の介護など細かな要件が定められており、一時預かりが増えれば、保育の現場の負担増は免れない。
「幼保無償化を受け、民間では入園の申し込みや問い合わせが多くあると聞いている。需要の掘り起こしになっているようだ」。鹿嶋市幼児教育課は、既に民間の認定こども園が始めた来春入園の申し込み状況をにらみながら、11月半ばに始まる公立幼稚園の受け付けに備える。
同課は「幼稚園教諭や保育士(の数)はぎりぎり。人員確保が難しくならなければいいが」と警戒する。
保育士らの職場環境改善に向け、自治体側も工夫を凝らす。境町は来年4月から2年間、町内の保育施設に勤務する保育士らに月額1万円の補助金交付を決定。水戸市も民間保育所へ就職する新卒者向けに、新たに1人当たり2万円を補助する。
市幼児教育課は「多くの自治体が確保策に乗り出している。取り合いはしたくないが、実質的に競争になっている状況だ」と、苦しい現状を口にした。

【写真説明】
市の窓口で保育料などの説明を受ける保護者=水戸市中央


労働災害ゼロ誓う 常陽建設と協力会社の画像

労働災害ゼロ誓う 常陽建設と協力会社

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 28 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15721722601503

常陽建設(取手市、飯田憲一社長)と協力会社(代表・川井雅明昭和瀝青社長)の第24回安全衛生大会が18日、同市毛有のグリーンパレスふじしろで開かれ、社員や協力会社70社の代表ら約100人が労働災害ゼロを誓った。飯田社長は日々の作業内容の確認や安全確認などの重要性を訴え、「毎日安全第一で今後も仕事をしていけるよう協力をお願いします」とあいさつ。川井代表は「私たち建設業はどんな作業状況の中でも、絶対に事故や二次災害を起こしてはならない。安全第一の言葉の意味を初心に戻り考えてほしい」と呼び掛けた。台風19号の被害状況や安全衛生について講話が行われ、最後に安全宣言を唱和して大会を締めくくった。

【写真説明】
常陽建設と協力会社の安全衛生大会であいさつする飯田憲一社長=取手市毛有


認知症徘徊、声掛けて つくばみらい 住民ら保護の仕方学ぶの画像

認知症徘徊、声掛けて つくばみらい 住民ら保護の仕方学ぶ

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sun, 27 Oct 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15720881243084

認知症高齢者が徘徊(はいかい)したとき、声掛けして保護する訓練が24日、つくばみらい市伊奈東地区であり、地区住民ら約60人が対応の仕方を学んだ。
訓練は、高齢者の地域ケアを支える同市地域包括支援センターの主催。事前に地区住民に訓練の時間帯を伝え、認知症役の男女2人が別々に住宅街を歩き回った。声掛けに戸惑った住民に対しては、「キャラバンメイト」と呼ばれる認知症サポーターの養成指導者らがその場で対応の仕方を教えた。
キャラバンメイトの野口美知子さん(68)は「もし認知症高齢者を見掛けたら、正面から優しく声を掛けてほしい。名前や連絡先が記されたタグが衣服に付いている場合が多いので、連絡してもらいたい」と語った。
訓練に参加した石井京子さん(69)は「昨年夏に認知症高齢者を保護した経験がある。真夏にジャンパーを着ていたので、すぐにおかしいと気が付いた」と振り返り、「その時は包括支援センターに連絡し、迎えに来てもらった。助けてあげられて本当に良かった」と、声掛けの大切さを話していた。(今橋憲正)

【写真説明】
徘徊役の男性(左)に声を掛ける住民=つくばみらい市伊奈東


多彩な凧競演 27日、取手で全国大会の画像

多彩な凧競演 27日、取手で全国大会

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 26 Oct 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15720022670697

全国各地の凧(たこ)が集まるイベント「日本凧の会取手全国大会」が27日、取手市・利根川河川敷の取手緑地運動公園で開かれる。全国から凧愛好家約170人が参加。伝統凧や連凧、立体凧など、さまざまな凧を見ることができる。日本凧の会と同大会実行委員会主催、市、茨城新聞社など後援。 凧揚げ仲間の情報交換や親睦を目的に、毎年秋に全国各地で開催されているイベント。昨年は青森県つがる市で開かれた。
今年の取手全国大会のテーマは、開催地の取手を「鳥で」とかけて「鳥凧」。カラス凧、六郷とんび凧、鶴凧などの鳥凧が集まる。
会場は、当初、同公園の多目的広場と自由広場だったが、台風19号による利根川増水の影響で、下流の同公園クローバー広場に変更された。
午前10時〜午後2時半。当日来場者の先着200人に凧のプレゼント(午前9時から)がある。雨天時は取手福祉会館3階で「凧談議」を開く予定。問い合わせは実行委・中川会長(電)090(1700)4424


新型「TX-3000系」公開 来春営業 UDシート優先席導入 つくばみらいの画像

新型「TX-3000系」公開 来春営業 UDシート優先席導入 つくばみらい

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 26 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15720031329308

つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)は25日、来年春から営業運転を開始する新型車両「TX-3000系」をTX総合基地(つくばみらい市筒戸)で報道陣に公開した。初めてユニバーサルデザイン(UD)シートの優先席を全車両に取り入れるとともに防犯カメラを導入し、車内の快適性と安全性を向上させたのが特徴。車両の新造は同社にとって2005年8月に開業して以来初めてで、年度末のダイヤ改正に伴う朝の運行本数増に大きく寄与する。
同社によると、導入車両数は5編成30両。今回公開した1編成6両は先行して造られ、9月下旬にTX総合基地に搬入された。残る4編成は12月と来年1月にそれぞれ到着する。
デザインコンセプトは「継承、進化、洗練」。コンセプトカラーの青と赤は従来のままで、外観は先頭車両前面の傾斜を強くしたデザインになっている。
車内は、車両連結面の仕切り扉を全面強化ガラスにするなど、開放感ある内装を実現。ドア上部に設置してある大画面の液晶表示器は英語、中国語、韓国語の案内に対応している。利用者の意見を取り入れ、座席のクッション性を高め、窓には紫外線を抑制するUVカットガラスを採用した。
UDシートは、首都圏では相模鉄道に次いで2例目となり、全車両に導入した。3人掛けで座席間には手すりが設置され、一般の座席に比べ高さが1・5センチ上がり、妊婦やお年寄りの立ち座りが容易となる。
ベビーカーや車いすの乗客に対応するフリースペースは、これまで1編成2両のみだったが全ての車両で用意。つり手の数は1編成当たり932個と従来よりも最大で208個増加した。防犯カメラは全車両のドア上部4カ所に設け、車内のセキュリティー向上を図っている。
同社車両課の志田秀行係長は「来春のデビューに向けて現在は車両の機能確認や試験を行っている。朝のラッシュ時に乗りやすい、便利な車両として利用してもらいたい」と話した。新型車両は来月3日のTXまつりで一般公開される。(今橋憲正)

【写真説明】
来年春から営業運転開始する新型車両「TX-3000系」=つくばみらい市筒戸、吉田雅宏撮影


梶山経産相が誕生 台風被害「復旧に全力」 菅原氏、事実上の更迭の画像

梶山経産相が誕生 台風被害「復旧に全力」 菅原氏、事実上の更迭

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 26 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15720022670686

選挙区内の有権者に秘書が香典を渡したなどとする公選法違反の疑いが週刊誌報道で浮上していた菅原一秀経済産業相(57)が25日、安倍晋三首相に辞表を提出した。首相は受理し、後任に梶山弘志元地方創生担当相(64)=自民、衆院茨城4区=の起用を決めた。皇居での認証式などを経て正式に就任した梶山氏は「経済産業行政は課題が山積している。与えられた職務に全力で取り組む」と決意を述べた。
週刊誌報道後、官邸は菅原氏に辞任の検討を求めており事実上の更迭。安倍首相は陳謝した上で、梶山氏の起用について「(地方創生担当相で)地方の産業活性化や規制改革に取り組み、成果を上げた。その経験を生かし、幅広い経済産業行政でかじ取りを担ってもらいたい」と述べた。
就任後の会見で梶山氏は、突然の入閣に「スピードを出している急行列車に飛び乗ったよう」と驚きながらも、台風15、19号による本県含めた各地の被害に触れ、「被災地の生活支援や中小企業の早期の事業再開は待ったなしの課題。復旧復興に向け、できることは全てやる」と強調した。
原発の再稼働問題については「省エネルギー、再生エネルギーの導入を最大限進め、原発依存度をできるだけ減らす」とこれまでの政府方針を維持する考えを示した。東海村の日本原子力発電東海第2原発の再稼働に関しては、「私自身の考え方、コメントは差し控える」とした。
関西電力役員らによる金品受領問題や年内妥結を目指す東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉、韓国向け半導体材料の輸出規制強化など、山積する国内外の課題について、梶山氏は「それぞれの課題に全力で取り組む。一刻の停滞も許されない」と強調した。
梶山氏は常陸太田市出身で、県立太田一高、日本大法学部卒。官房長官などを務めた父の故梶山静六氏の死去後、後継として2000年衆院選で初当選し、現在当選7回。党副幹事長や政調会長代理、衆院国土交通委員長などを歴任し、国土交通副大臣・政務官にも就いた。13年10月からは党県連会長も務める。17年8月に地方創生担当相として初入閣し、18年10月まで規制改革や行政改革、国家公務員制度などの担当大臣を務めた。(高岡健作)
■大井川知事 早期復興へ「心強い」
梶山弘志氏の経産相就任について、同省出身の大井川和彦知事は「米中貿易摩擦の激化などを背景とした世界経済の減速や急激な人口減少による国内需要の縮小など、日本経済はさまざまな課題を抱えています。台風19号により県内全域で深刻な被害を受け、総力を挙げ被災者支援および被災地の復旧に取り組んでおり、課題が山積する中、大臣就任は大変心強い限り。一日も早い復旧復興、国内経済の振興、地域経済の活性化、雇用の場の確保などに力を発揮いただくことを強く期待しています」とのコメントを出した。

【写真説明】
経産相に就任し、記者会見する梶山弘志氏=25日午後、経産省


河川氾濫や道路冠水 茨城県内各地で激しい雨の画像

河川氾濫や道路冠水 茨城県内各地で激しい雨

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Oct 2019 23:08:42 +0900

記事コード:15720067406276

低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、茨城県内は25日、大雨が降り、河川の氾濫や道路冠水が各地で相次いだ。
県河川課によると、同日午後9時現在で、常陸太田市の亀作川と古河市の女沼川の2カ所で氾濫し、付近の田畑などが浸水した。
日立市によると、十王川の支流などで水があふれ、午後8時半現在、同市川尻町や十王町友部、同町伊師本郷で床下浸水4棟の被害があった。
行方市によると、市内の武田川と町田川が越水し付近の田畑などが冠水。同市山田で民家の裏手の土手が崩れた。けが人はなかった。住民の女性(73)は「土手から水が滝のように流れていた」と不安そうに話した。
水戸市内ではJR水戸駅近くの駅南通りなどが一部冠水し、浸水した車両が放置されるなどした。
県によると、同日午後7時現在、河川氾濫や土砂災害の恐れがあるとして、常陸太田市小目町の320世帯842人に避難指示が発令された。県内14市町に避難勧告が出された。
水戸地方気象台によると、同日午後5時までの12時間降水量で、稲敷市江戸崎で194ミリ、鉾田市鉾田で177ミリ、龍ケ崎市龍ケ崎で172・5ミリを観測。
県警高速隊によると、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)や東関東自動車道、北関東自動車道で道路ののり面が崩れ、一部区間が通行止めとなった。
JR水戸支社によると、常磐線と水郡線は同日午後から運休が相次いだ。常磐線勝田-高萩間、水郡線水戸-常陸大宮と上菅谷-常陸太田間は午後9時10分それぞれ再開した。
県教委によると、日立市内の全小中学校など41校が臨時休校となり、小中高487校が下校時間を早める措置を取った。

【写真説明】
高速道路に土砂が流入し除去作業に当たる作業員ら=北関東道東行きの茨城町東インターチェンジ約1キロ手前


ミュージカルの魅力体感 鉾田・白鳥西小 発声の基礎、ダンス学ぶの画像

ミュージカルの魅力体感 鉾田・白鳥西小 発声の基礎、ダンス学ぶ

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 25 Oct 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15719149848880

ミュージカルの魅力を体感してもらおうと、体験型ワークショップが21日、鉾田市札の市立白鳥西小(鬼沢俊喜校長)で開かれた。市の芸術文化活性化事業の一環で、児童たちは発声の基本や歌、ダンスが融合した総合芸術の世界を学んだ。
指導役は「劇団クリエ」を運営するスタジオ「Factory of Dreams」(つくばみらい市)の大滝順二さんと上原久栄さん、梅原美穂さんの3人。同小3、4年生の児童計34人が参加した。
大滝さんは、頬に手を当てながら発声したり、せりふに強弱を付けたりする発声の基礎を指導。「(ミュージカルでは)相手に注目し、よく見る『フォーカス』が大事。気持ちと動きを加えることで人に伝わるせりふになる」と強調した。
児童たちは、楽曲「友だちシンドバッド」を題材に、上原さんの伴奏に合わせた歌唱、梅原さん振り付けのダンスを練習。「僕(私)も船に乗って冒険に行きたいなあ」のせりふを感情を込めて表現し、グループに分かれて歌と踊りを発表してミュージカルの楽しさの一端を学んだ。
同小3年、和泉凜さん(8)は「ミュージカルの基本が学べてよかった」と笑顔。4年、菅谷由奈さん(10)は「発表は緊張したが、せりふやダンスの練習は楽しい」と話した。(大平賢二)

【写真説明】
大滝順二さん(右)たちからミュージカルの基礎を学んだ児童たち=鉾田市札の市立白鳥西小


竜ケ崎子どもミュージカル 27日、15周年記念公演 「笑いと感動伝えたい」の画像

竜ケ崎子どもミュージカル 27日、15周年記念公演 「笑いと感動伝えたい」

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Oct 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15719171889711

龍ケ崎市馴馬町の市文化会館で27日、竜ケ崎子どもミュージカルの設立15周年を記念した公演「ロンの花園」が開かれる。児童生徒が友情と勇気を全身で表現する。一部の配役を替え、昼と夕方の2回公演。舞台を踏むメンバーたちは「喜怒哀楽を伝えたい」と意気込む。
「楽しい仲間がいっぱいの動物村へようこそ」-。22日夜、JR牛久駅西口の商業ビル・エスカード牛久。施設内のスタジオで、動物や昆虫に扮(ふん)した児童生徒が、感情を込めてせりふを吐く。本番前で最後の練習だ。
物語は、独りぼっちのオオカミ「ロン」が主人公。花を愛し、優しい性格を持ちながら、容姿を村の動物に恐れられている。誤解や擦れ違いを描きつつ、真心で偏見を解いていく。
竜ケ崎子どもミュージカルは児童劇団「大きな夢」を母体として2004年にできた。子どもたちの可能性を引き出し、心を豊かにする情操教育の場として活動を続ける。主に県南地域の小学1年から高校3年までの男女が所属する。定期公演に向けて、週1回の練習に汗を流している。
この日は通し稽古で、2時間近くにわたって動きや表情を確認した。
昼からの公演でロン役を務める岡田彩良さん(15)=牛久市立牛久一中3年=は「男の子っぽさを出しつつ、幼さも求められるので難しい役だけれども、一生懸命になって笑いと感動を伝えたい」と力を込めた。演出や指導を担う桜井みずきさん(33)=劇団BDT=は「自信を持ってやってほしい。焦りと緊張も成長につながるはず」と期待を寄せた。
当日は午後0時半と同4時に開演する。上演時間は休憩を含め約2時間。それぞれ30分前に開場する。前売り券1500円、当日券1800円(いずれも自由席)。
問い合わせは、竜ケ崎子どもミュージカルのチケット担当(電)090(3213)3876。メールryugasakimusical@gmail.com
(鈴木剛史)

【写真説明】
通し稽古に臨んだ竜ケ崎子どもミュージカルのメンバー=牛久市牛久町


地震事故想定し訓練 TX総合基地 乗客搬送や架線復旧の画像

地震事故想定し訓練 TX総合基地 乗客搬送や架線復旧

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 24 Oct 2019 12:00:00 +0900

記事コード:15718320291501

つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)は、地元の消防や警察と連携し、つくばみらい市筒戸のTX総合基地で異常時総合訓練を行った。負傷した乗客の搬送や断線した架線、線路の復旧作業などが本番さながらに進められた。
訓練は、列車がみらい平駅近くを走行中に地震で急停止し、乗客10人が負傷。線路上に建築資材が落下し、架線と線路が損傷したという想定で行われた。常総広域、つくば市、取手市の3消防本部と常総、取手両警察署の各関係機関を加えた総勢約180人で実施した。
駅係員らは現地本部を立ち上げ、車両前部の扉からはしごを降ろし、乗客50人を避難誘導。外国人の乗客がいることも念頭に多言語メガホンを初めて使って誘導した。
通報を受けて駆け付けた救急隊員は負傷者を担架で運び出し、治療の優先順位を決める「トリアージ」を実施。線路では、保守用車のクレーンを使って障害物を撤去した後、作業員が枕木交換と架線復旧に取り掛かった。
今回の訓練で運転士を務めた入社5年目の中田海斗さん(25)は「緊急時にすぐに対応できるように、普段から頭の中でシミュレーションを繰り返したい」と話した。
石田弘文安全総括部長は「TXは踏切なし、全駅ホーム柵というのが特徴だが、どこに落とし穴があるか分からない。訓練を通じてさまざまな事故に対応できるように、社員の能力を上げていきたい」と気を引き締めた。(今橋憲正)

【写真説明】
訓練で負傷者を車両から搬送する救急隊員=つくばみらい市筒戸


♪利根 結成5年目 シニア合唱団♪ 初単独公演へ気合の画像

♪利根 結成5年目 シニア合唱団♪ 初単独公演へ気合

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 24 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15718292730551

◆27日 民謡や大正・昭和の歌◆
利根町のシニア世代による合唱団「アンサンブルK」が、27日午後2時から、初めての単独公演となる「第1回演奏会」を下曽根の町公民館多目的ホールで開く。結成5年目で初めての公演とあり、メンバーは「楽しんでもらえるように頑張りたい」と、最終調整に気合が入っている。
発足は2015年4月。合唱経験者らが集まり、利根町を拠点に活動をスタートさせ、週1回ペースで練習をしている。メンバーは50〜80代の29人。町民のほか、千葉、東京の仲間もいる。男性はほとんどが定年で第一線を退いたリタイア組だ。
これまでは、県内で開かれる合唱祭などに出演していたが、自分たちだけのステージ経験はなかった。今年の春、メンバー数人から単独公演の提案が出され、約半年間、開催へ準備を進めてきた。
合唱団名に付くアルファベット「K」は、メンバーに歌唱指導してくれている指揮者の井上慧(けい)さん(35)の名前から付けたという。井上さんは「結束力が強く、取り組みのスピードが速い」と合唱団の長所について話す。
本番を間近に控えた練習では、井上さんからの厳しい歌唱指導を受け、気になるパートを繰り返し練習。本番では民謡メドレーや、大正から昭和に親しまれた歌などを披露。オープニングの後、本編を第4ステージまでに分け、第1〜3ステージは過去に歌ってきたレパートリー、第4ステージは今回の演奏会のために取り組んだ曲を発表する。
団長の楠雅行さん(70)は「利根町の皆さんに合唱団を受け入れてもらうことが一番の目標。その第一歩を踏み出したい」と公演の成功に向けた意気込みを話す。入場無料。問い合わせは楠さん(電)0476(55)2545
(高阿田総司)

【写真説明】
27日の演奏会に向けて練習する合唱団アンサンブルKのメンバーら=利根町下曽根


守谷にチーズ専門店 ワンダーコーポ、県内初出店の画像

守谷にチーズ専門店 ワンダーコーポ、県内初出店

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 24 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15718244346286

ソフト専門店「ワンダーグー」や「新星堂」などを展開するワンダーコーポレーション(つくば市、内藤雅義社長)は23日、チーズ料理専門店「Cheese Cheers Cafe(チーズチーズカフェ)」をワンダーグー守谷店(守谷市松ケ丘)にオープンした。飲食店運営のグロブリッジ(東京)が展開する人気のチーズ料理店で、県内初出店となる。
東京・渋谷や恵比寿、京都、神戸市に次ぐ5店舗目。半月状のチーズの塊を溶かし、滝のようにしてソーセージや温野菜などにかけるラクレットチーズが人気メニューで、守谷店では「とろ〜りチーズのファミリーグリルプレート」(1200円、税抜き)などを限定メニューとして設定した。
ワンダーコーポの高橋良紀営業本部GOO事業部店舗運営部長は「チーズを目の前で流しかけるなどイベント性の高い飲食店。ぜひ茨城にオープンさせたいと考えていた。今後も出店できれば」としている。

【写真説明】
料理にラクレットチーズをかける店員=守谷市松ケ丘の「Cheese Cheers Cafe」


龍ケ崎・城ノ内中 NPOが道徳授業の画像

龍ケ崎・城ノ内中 NPOが道徳授業

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Tue, 22 Oct 2019 17:00:00 +0900

記事コード:15716626437708

◆自覚持ち犬猫飼って◆
龍ケ崎市城ノ内5丁目の市立城ノ内中(佐藤恭司校長)で16日、犬猫の殺処分を題材に命を考える道徳の授業があった。動物愛護活動に取り組むNPO「ポチたま会」(取手市、川上郁子代表)のメンバーが、動物を取り巻く現状を説明した。全3年生240人が耳を傾けた。
本県では犬猫の殺処分数が多い。特に犬は、2012年度まで8年連続で全国ワーストが続いた経緯がある。
背景について川上代表は、放し飼いにしたり、不妊去勢手術をしなかったりする飼い主が多いという本県特有の問題を指摘した。一方、ボランティアによる譲渡会などで殺処分頭数が減っているとも強調。「飼うからには自覚を持ってほしい」と呼び掛けた。
小泉奏葉さん(14)は「たくさんの動物が殺されていると知って驚いた」、田中優花さん(15)は「もし、動物を飼うことになったら、最期までみとることが必要と感じた」とそれぞれ話していた。 (鈴木剛史)

【写真説明】
犬猫の飼い方を巡る県内の状況について説明する川上郁子代表=龍ケ崎市立城ノ内中


副市長に吉田氏 取手市議会が同意の画像

副市長に吉田氏 取手市議会が同意

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 22 Oct 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15716626470033

取手市議会は21日、臨時会を開き、空席だった副市長に取手地方広域下水道組合事務局長の吉田雅弘氏(60)を選任する人事案に同意した。吉田氏の就任は24日付。任期は2023年10月23日までの4年間。
吉田氏は1983年に同市に入庁し、秘書課長、会計管理者などを歴任。2017年から現職。同市の副市長は、5月末に野口龍一氏が退任した後、空席になっていた。


利根町教育長に就任した海老沢勤さん どの子にも活躍の場の画像

利根町教育長に就任した海老沢勤さん どの子にも活躍の場

関連地域 :利根町,取手市

最終更新日:Mon, 21 Oct 2019 16:00:00 +0900

記事コード:15715729449118

7月に退職した利根町教育長の後任として、10月1日付で教育長に就任した海老沢勤さん。「一人一人をないがしろにしない」がモットー。「どの子にも活躍の場を与え、成長させたい。子どもたちが夢や希望に向かって努力し、豊かな自己実現を図る教育を推進したい」と抱負を語る。
小美玉市(旧美野里町)生まれ。県立土浦一高から法政大社会学部卒。1982年に神立小で教諭となり、稲小教頭、利根中校長などを歴任した。
教師を志したのは高校生のとき。3年間担任だった恩師のような「生徒と、とことん付き合う人間味のある教師」を目指した。2017年3月に取手小校長で定年を迎え、同年4月から県南教育事務所で働いていた。
利根町には縁がある。04年から5年間、同町の教育委員会へ派遣され、指導室長を務めた。
「管理職として育てていただいた。今後は恩返しのつもりで働く」と語る。あいさつ、感謝、思いやりを大切にした教育の推進のほか、情報通信技術(ICT)教育の環境整備、英語力を伸ばす取り組みにも意欲を見せる。一方、同町は65歳以上の高齢化率が41・54%(4月1日現在)と高いことから、「(シニア世代の)リタイア後の生きがいづくりも応援したい」とも。
趣味は野球観戦と犬の散歩。週末に孫が遊びに来るのを楽しみにしている。取手市青柳に妻と2人暮らし。62歳。
(高阿田総司)

【写真説明】
利根町教育長に就任した海老沢勤さん


台風19号 取手市 常陸大宮市に支援物資 マスクや軍手、保健師もの画像

台風19号 取手市 常陸大宮市に支援物資 マスクや軍手、保健師も

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 20 Oct 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15714835401611

取手市は18日、台風19号の被災地支援として、被害の大きい常陸大宮市へ支援物資を届け、保健師の職員2人を同市内へ派遣した。
物資の支援は藤井信吾市長からの指示。常陸大宮市へ連絡を取ったところ、具体的支援依頼があったため実現した。
届けたのはマスク7800枚、軍手千枚、タオル959枚、手袋344枚。同日午前8時半に市総務課職員2人が物資を輸送車に積んで市役所を出発し、同市へ直接届けた。
保健師は県からの要請を受けて派遣され、同市到着後に避難所を巡回し、被災者の健康管理支援業務などに当たった。
支援物資輸送車の出発式で藤井市長は「生活再建のための大事な任務。現地の皆さんの心に寄り添う対応をお願いします」と激励した。
取手市では、19日から家屋被害認定調査のため建築技師らを常陸大宮市内に派遣した。期間は23日までの5日間。各日建築技師の職員1人、一般職員2人の計3人が現地入りする。(高阿田総司)

【写真説明】
支援物資を車に積む取手市職員=同市寺田


ママダの画像

ママダ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 17 Oct 2019 17:47:59 +0900

記事コード:15712303208283

◆衣料販売軸に多角化 11月、水素事業に着手◆
制服や体操服などの衣料品販売を軸に成長を続け、128年の社歴を刻むママダ。保険販売やフィットネスクラブ、整体サロンなども展開し、時代の変化に対応して多角化を図ってきた。11月には水素事業に着手する。間々田剛社長は「『ありがとう溢(あふ)れる会社を目指す』ことを合言葉とし、社内外問わず、人・環境・仕事など何事にも感謝を大切にする会社でありたい」と話す。
創業は1891(明治24)年。下館市(現筑西市)大町で舶来織物や唐糸類の卸売業を始めた。一時は食品スーパー「ハイマート」を手掛けた。学生衣料は1964年の東京五輪を機に拡大。現在は本県を中心に千葉、埼玉、栃木、群馬、福島の各県を商勢圏とし、小中高校など約600校の制服や体操服、シューズ、水着などを手掛ける。
少子化や制服メーカーの直販、小売店の後継者難などで事業環境は厳しさを増すが、間々田社長は「体操服や制服は公共性が高く、子どもたちの健やかな成長を願って、しっかりと取り組んでいく」と力を込める。近年は自社オリジナルブランド「ONE-UP」を本格的に展開。学校関連のオリジナルTシャツや小物の内製化を進め収益力向上を図っている。「それぞれのノウハウを水平展開し生かせることが大きな強み。事業部間の協力や連携が生まれることで個々が成長し、顧客満足へとつながっている」と間々田社長。新規事業にも積極的に取り組む。
2007年からフィットネスクラブ「カーブス」、10年から来店型保険ショップ「ほけんの窓口」のフランチャイルズ加盟店を運営。15年には高齢者専門宅配弁当の「宅配COOK123」を開業し、16年には整体サロン「カラダファクトリー」1号店をオープンした。今年9月には、近年関心が高まる水素ガスの吸引吸入機器販売などを手掛ける完全子会社「水素の窓口」を設立。独占販売する「水素のチカラ」を主力商品とし、11月1日に「イオンタウン守谷」(守谷市百合ケ丘)に1号店を出店する。店舗では吸引吸入機器販売のほか、定額料金で一定期間機器を利用できるサブスクリプションサービスを提供。機器展示やデモンストレーションのほか、各機器が体験できる時間貸しも行う。
間々田社長は「時代の流れを意識しつつも、固定観念にとらわれない事業展開を考えている。知恵と可能性は無限大なので、チャレンジし続ける」と力を込める。 (長洲光司)
《こんな人材が欲しい》
■前向きに挑戦できる人 間々田剛社長
失敗を恐れずに何でも前向きにチャレンジできるような人材を求めています。ママダでは失敗は次の成功につなげるために必要なものと考えています。失敗したとしてもチャレンジ精神があり、計画性があれば次につながる可能性があるので、失敗を責めない文化があり、どんどんチャレンジできる土壌があります。自立し、主体性を持った人材も大切です。弊社では「考動」を標語として掲げています。受け身の姿勢ではその人の成長はなく、一人一人の成長なくしては会社の成長はありません。個人の成長、会社の成長、お客さまの喜びは全てセットです。
■企業データ■
〈創業〉1891年4月
〈資本金〉9600万円
〈本社〉筑西市横島
〈従業員〉193人
〈売上高〉22億1600万円
〈拠点〉本社ほか27店舗

【写真説明】
事業の多角化を進めるママダの本社=筑西市横島


ワンダーコーポ 守谷にチーズ料理店の画像

ワンダーコーポ 守谷にチーズ料理店

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 17 Oct 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15712303208280

◆グロブリッジとFC契約◆
ソフト専門店「ワンダーグー」などを展開するワンダーコーポレーション(つくば市、内藤雅義社長)は、チーズ料理専門店「Cheese Cheers Cafe(CCC)」のグロブリッジ(東京)とフランチャイズ(FC)契約を結んだ。23日にワンダーグー守谷店(守谷市松ケ丘)にFC加盟1号店を開店する。両店の相乗効果により、来店客の増加につなげたい考えだ。
CCCは東京都や京都、神戸両市に4店を出店。北関東での出店は初めてとなる。半月状のチーズの塊を溶かし、滝のようにしてソーセージや温野菜などにかけるラクレットチーズをはじめ、会員制交流サイト(SNS)に「インスタ映え」すると人気のメニューがそろう。
今回はワンダーグー守谷店のカフェを改装し出店する。アルプスの山小屋をイメージした「木のぬくもりを感じる店内」に60席を設ける。限定メニューとして、オリジナルカレーなども用意する。営業時間は正午〜午後10時。
チーズを使った料理は外食やコンビニなどで増えており、チーズの消費量も増加傾向にある。
農林水産省によると、2018年度の国内消費量は前年度に比べ4・1%増の35万2930トンに上る。4年連続で過去最高を更新した。
ワンダーコーポレーションはCCCについて「五感で楽しめるチーズ料理専門店」と説明。「こんがり焼き上がる香ばしいチーズの香りに囲まれ、熟成期間ごとに形を変化させるチーズに実際に触れてもらう」としている。(小野寺晋平)

【写真説明】
開店準備が進む「Cheese Cheers Cafe」=守谷市松ケ丘


市長に連結許可書 つくばみらいスマートICの画像

市長に連結許可書 つくばみらいスマートIC

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 17 Oct 2019 08:18:43 +0900

記事コード:15712303208273

常磐自動車道谷和原インターチェンジ(IC)と谷田部IC間に新設される「(仮称)つくばみらいスマートIC」の整備に向け、高速道路と一般道路を連結する許可書の伝達式が15日、つくばみらい市役所であり、国土交通省常陸河川国道事務所の飯田寛之副所長から小田川浩市長に許可書が手渡された。
つくばみらいスマートICは、谷和原ICから東に3・7キロの同市古川地区に設置される。常磐道の上下線それぞれに乗り降りできる構造で、全車種に対応。24時間利用できる。1日の想定通行量は4100台。同省が9月27日付で事業化を発表した。
同市は2011年からスマートIC設置の検討を開始、これまで何度も同省に要望活動を行ってきた。今回の許可書の伝達は設置に向けた手続きの一つ。今後、東日本高速道路が詳細設計などに取り掛かり、21年度中に工事着工、23年度末の供用開始を目指している。総事業費は付帯工事を含めて約35億円で、このうち市の負担は8億円となる。
スマートICの設置場所から約5キロ離れた同市福岡地区では現在、工業団地の造成工事が進む。小田川市長は「工業団地への企業進出に弾みがつくし、谷和原IC出口付近での渋滞緩和にもつながる」と、スマートICの整備効果に期待感を示した。(今橋憲正)

【写真説明】
飯田寛之副所長から許可書を受け取る小田川浩市長(右)=つくばみらい市役所


自動車盗警戒訴え 龍ケ崎で地域安全運動の画像

自動車盗警戒訴え 龍ケ崎で地域安全運動

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 17 Oct 2019 08:19:06 +0900

記事コード:15712303208271

全国地域安全運動に合わせ、竜ケ崎地区防犯協会(会長・中山一生龍ケ崎市長)と竜ケ崎警察署(桜井検二署長)は11日、龍ケ崎市小柴5丁目のショッピングセンターサプラで防犯キャンペーンを開いた。署員や防犯ボランティアら約70人が、ニセ電話詐欺や自動車盗への警戒を呼び掛けた。
参加者は、買い物客や下校途中の小学生たちにチラシや啓発品を手渡し、注意を求めた。中山市長は「市民には愛され、犯罪者には嫌がられるまちを目指したい」と強調。桜井署長は、5月に市内で起こった男子児童の誘拐事件を念頭に「治安の情勢は予断を許さない。子どもや女性が犯罪被害に遭わないよう、重点的に活動していく」と力を込めた。

【写真説明】
下校途中の小学生にチラシや啓発品を配布する参加者=龍ケ崎市小柴


婚活パーティー 参加しませんか 守谷、11月17日の画像

婚活パーティー 参加しませんか 守谷、11月17日

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 16 Oct 2019 15:00:00 +0900

記事コード:15711903782206

常総市ふれあいサポーター連絡会は、11月17日に守谷市で開催する「第33回ふれあいパーティー」の参加者を募集している。結婚希望の男女が対象。司会は常総ふるさと大使でラッパーとしても活動する青木智也さんが務める。
パーティーは午前10時〜午後3時、同市大木の「いこいの郷常総」で開く。応募資格は45歳以下の独身で、募集人員は男女各15人。
参加費は常総市内の男性3千円、同市外男性4千円。女性は市内外ともに2千円。
応募締め切りは11月4日。問い合わせは常総市市民課市民総合相談室(電)0297(23)2111


仮装撮影やダンス発表 27日 利根でハロウィーンの画像

仮装撮影やダンス発表 27日 利根でハロウィーン

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 16 Oct 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15711904481736

利根町の利根ニュータウン商店会(戸田雄太会長)は27日に、同町布川のニュータウン中央商店街レンガ広場でハロウィーンのイベントを開く。「ハッピーハロウィンまつり」と銘打ち、仮装した来場者の撮影会やダンスで会場を盛り上げる。
まちを活気づけようと、商店会有志が2015年から毎年開き、今年で5回目。今年は「あらゆる人たちと楽しもう」がコンセプト。ダンス発表、缶つみ大会、フラダンスなどを開き、来場者全員にお菓子をプレゼントする予定。
会場内には「インスタ映え」するスポットをつくり、撮影会を実施。普段着で訪れた人も会場で仮装できるように、メークブースも設置する。仮装用のかぶり物や更衣室、ドレッサーも用意する。
同商店会の企画委員長・永沢里奈さんは「商店街を笑顔にしたい。仮装することで普段とは違う自分を表現し、まつりを楽しんでほしい」と、多くの来場に期待している。
イベントは午前10時半〜午後2時半まで。雨天中止(小雨決行)。問い合わせは企画委員長・永沢さんのメールrina235711@gmail.com


県南まちづくり構想会議 茨城空港へ鉄道整備 「地域発展つながる」 小美玉市議会議長講演の画像

県南まちづくり構想会議 茨城空港へ鉄道整備 「地域発展つながる」 小美玉市議会議長講演

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Wed, 16 Oct 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15711439836944

地域の経営者らでつくる「県南まちづくり構想会議」の第6回例会が10日、つくば市小野崎のホテルグランド東雲で開かれた。
今回はつくばエクスプレス(TX)の茨城空港(小美玉市)までの延伸を目指し、地元7市の市議会正副議長で構成する「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」の会長を務める市村文男小美玉市議会議長が講演した。期成同盟会は昨年5月に設立された。
講演で市村会長は、空港を持つ自治体という観点から、「県南西地域と茨城空港への移動を誰もが短時間に行える鉄道の整備が一層の地域発展につながる」と話した。また、「将来に夢を持たせることが議員の仕事の一つだ」とも述べた。

【写真説明】
「県南まちづくり構想会議」で講演する市村文男小美玉市議会議長=つくば市小野崎


TX新車両初公開 つくばみらい 11月3日に催しの画像

TX新車両初公開 つくばみらい 11月3日に催し

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Mon, 14 Oct 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15709706947930

つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)は11月3日、つくばみらい市筒戸のTX総合基地で「つくばエクスプレスまつり」を開く。
来年春にデビューする新型車両「TX-3000系」の初公開や毎年恒例の運転室見学、軌動自転車の乗車体験、車両工場見学、鉄道グッズの販売などが行われる。
事前応募イベントは、(1)新型車両先頭部での記念撮影会(100組限定)(2)運転室見学(同)(3)軌動自転車体験(44組限定)-の三つ。往復はがきによる申し込みが必要で、締め切りは17日。
当日はTX守谷駅とまつり会場を結ぶ無料のシャトルバスが運行される。まつりの開催時間は午前10時〜午後3時。入場無料。雨天中止の場合はTX全駅で午前7時から案内が掲示される。問い合わせはTXコールセンター(電)0570(000)298


県公安委員長に就任した 鬼沢邦夫さん 県民目線で課題改善の画像

県公安委員長に就任した 鬼沢邦夫さん 県民目線で課題改善

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 12 Oct 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15707973544226

「残されている課題を一つでも多く改善したいという思いが、これまで以上に強い」。3度目の公安委員長職に情熱を見せる鬼沢邦夫さん。県民目線での警察行政の適切な管理や社会変化に適応する警察運営などを抱負に掲げた。
常陽銀行頭取と会長を歴任し、現在は特別顧問。頭取時は各支店を回り職員と懇談した。「現場に行って伝える、聞くのが現状把握には最も良い手段」との考えからで、前回の公安委員長時同様に警察署回りを行う。
懸案の一つは、認知件数が昨年まで3年連続で全国ワーストの自動車盗。県条例に基づき、温床にもなっているヤードへの立ち入りを「継続していく」。盗難防止策の周知に向け「自動車メーカーなどと連携を深めたい」とも話す。
良い意味での1位は女性警察官の割合。昨年4月1日時点で10・9%に向上し全国警察でトップだ。さらなる引き上げにも意欲的で、「女性だから」という見方をなくすなど、常陽銀行での取り組みを生かすという。
守谷市の常磐道で起きたあおり運転殴打事件は「悪質で危険」ときっぱり。厳正な取り締まりに加え「全てのドライバーが交通ルールを守り、思いやり、譲り合いの気持ちを持っていただきたい」と期待する。
趣味は読書や音楽鑑賞、スポーツ観戦。3男はいずれも独立し、妻と2人暮らし。ひたちなか(旧那珂湊)市出身、水戸市在住。75歳。 (今井俊太郎)

【写真説明】
県公安委員長に就任した鬼沢邦夫さん=水戸市笠原町の県警本部


守谷市ビール 醸造2度目、9000本販売 12日からの画像

守谷市ビール 醸造2度目、9000本販売 12日から

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 12 Oct 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15707917309382

◆ホップ栽培場所増やす◆
守谷市は、市役所など市内で収穫したホップを使ったオリジナルビール「MORIYA GREEN BEER」を企業と共同で造り、12日から販売を始める。同ビールの販売は昨年に続いて2度目。自然の恵みを生かし、自然豊かで持続可能なまちにする取り組み「グリーンインフラ」の一環。市内の酒屋5店舗で販売する。9千本限定。
原料となるホップは、夏の日差しを和らげる「グリーンカーテン」として市役所で栽培。今年はさらに増やし、市立守谷小、御所ケ丘中、イオンタウン守谷などでも栽培した。9月にホップの実約1・5キロを収穫。まちづくりで市と協定を結ぶDHC(東京)の関連会社DHCビール(静岡)に持ち込み醸造した。
醸造されたビールを市内の酒店5店舗が買い取って販売する。市内の酒屋で販売することで、市の新たな特産品としてPRする。
ビールは口当たりが良くオレンジの果皮とコリアンダーの種を使った爽やかでフルーティな味わいが特徴。1本330ミリリットルで、価格は430円(税込み)。売り上げの一部(1本当たり40円)をグリーンインフラの取り組み資金に充てる。昨年12月に販売した5千本は、発売2週間で完売した。
市内の販売店舗は、玉兼酒店(本町)▽栗原酒店(同)▽地引酒店(けやき台)▽酒のふるや(野木崎)▽松丸酒店(御所ケ丘)-の5店舗。ふるさと納税の返礼品としても手に入り、飲食店でも提供の予定。(高阿田総司)

【写真説明】
12日から販売される「MORIYA GREEN BEER」


台風19号 県内の商業施設 臨時休業相次ぐの画像

台風19号 県内の商業施設 臨時休業相次ぐ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 15 Oct 2019 14:58:45 +0900

記事コード:15707979504073

台風19号の接近を受け、県内の商業施設では12日に臨時休業する動きが広がっている。
ホームセンターのジョイフル本田(土浦市)は、1都5県の全21店(グループ・単独店含む)を臨時休業する。同社の担当者は「お客さまと従業員の安全を第一に考えた」とした。
食品スーパーのカスミ(つくば市)は、つくば市内を中心に4店舗を臨時休業とするほか、1都5県の184店舗で閉店時間を午後5時に繰り上げる。
イトーヨーカ堂(東京)は、首都圏を中心に1都7県のイトーヨーカドー124店を臨時休業とする。県内は日立店(日立市)と竜ケ崎店(龍ケ崎市)の全2店が対象。
ほかに、イオンモール水戸内原(水戸市)の専門店街や京成百貨店(同)、あみプレミアム・アウトレット(阿見町)、ニューポートひたちなかファッションクルーズ(ひたちなか市)なども臨終休業となる。


県内4金融機関 ATMなど休止 台風19号接近伴いの画像

県内4金融機関 ATMなど休止 台風19号接近伴い

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 15 Oct 2019 14:59:21 +0900

記事コード:15707987073010

台風19号の接近に伴い、県内の金融機関はローンセンターや現金自動預払機(ATM)などを休業や休止する。
県信用組合(水戸市)は12日、県内3店舗のローンセンター・ローン相談室を休業する。休業するのはローンセンター水戸(水戸市)とローンセンタークレオパトラ(同)、ローン相談室つくば(つくば市)。同日は県内全てのATMを休止する。
水戸信用金庫(水戸市)は土日営業の県内3支店について12日の窓口営業を休止する。休止するのは赤塚支店(水戸市)と龍ケ岡支店(龍ケ崎市)、研究学園支店(つくば市)。
結城信用金庫(結城市)は13日、栃木県小山市の小山城南支店内のローンプラザ室を休業する。常陽銀行(水戸市)は古河市西牛谷の牛谷支店について、12、13両日ともATMの営業を中止する。「浸水の恐れなどを考慮した」という。


腎臓病治療の講演会 取手で13日の画像

腎臓病治療の講演会 取手で13日

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 11 Oct 2019 11:00:00 +0900

記事コード:15707069014213

腎臓病に関する講演会「慢性腎臓病の進行を抑え、透析回避をめざそう! 第7回慢性腎臓病(CKD)保存療法普及のための全国大会」が13日午後2時から、取手市新町の取手ウェルネスプラザ多目的ホールで開かれる。入場無料。
筑波大付属病院教授の山縣邦弘医師や椎貝クリニック院長の椎貝達夫医師らが腎臓病に関する講演をし、CKDの進行を抑え、透析回避を目指す治療法「保存療法」などについて説明する。
NPO法人透析回避をめざす腎生会主催。市、市社協後援。問い合わせは同会(電)080(6770)2525


コスモス見頃 取手の画像

コスモス見頃 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 11 Oct 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15707069014208

取手市椚木の小貝川沿い「小貝川フラワーカナル」で、約5万本のコスモスが見頃を迎えた。県南総合防災センター前の約1.1キロの区間にピンク、白、赤など色とりどりの花が咲き誇り、川沿いを通る市民らの目を楽しませている。
同所をボランティアで整備するまちづくり協議会によると、現在八-九分咲き。今年は例年より数が少なめだという。ウオーキングで通り掛かった付近に住む30代女性は「近くで見るとピンクや白の花がきれいで癒やされる」と話し、秋風に揺れるコスモスを楽しそうに見つめていた。
小貝川フラワーカナルは、旧藤代町の同協議会を中心に1987年完成。現在は地元ボランティア4団体により、春はポピー、秋はコスモスの花を咲かせている。(高阿田総司)

【写真説明】
見頃を迎えた小貝川フラワーカナルのコスモス=取手市椚木


守谷の草木の実 写真投稿して 市のアプリ利用、12日からの画像

守谷の草木の実 写真投稿して 市のアプリ利用、12日から

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 10 Oct 2019 09:00:00 +0900

記事コード:15706189680768

秋の実りを探して、撮影しよう-。守谷市は、野外の植物などを撮影した写真を投稿してもらう「Moriyaいきもの調査隊」(市主催)を、12日から来月30日まで実施する。参加者が市内で見つけた「草木の実」を市のアプリへ送ってもらい、集まった写真でコンテストを開き、希少な植物などを撮影した参加者らを表彰する。
いきもの調査隊は、市の携帯端末・タブレット用アプリ「Morinfo(もりんふぉ)」を使い、市内で見つけた植物などを撮影して投稿すると、専門家が写真を基に植物の名前や特性を教えてくれる仕組み。自然を地域の大切な資本だと思ってもらうことなどが狙いで、昨年に続いて2回目の開催。
今回の調査テーマは、市内で撮影した「草木の実」。投稿ルールは、(1)3枚撮影(実、葉、植物全体)する(2)草木の実の名前を入れる(名前が分からない場合は記入しなくても可)(3)撮影した時に気付いたことをコメントする(4)栽培しているものではなく、野外の草木の実を投稿する-の四つ。
優秀な投稿者に表彰状と記念品が贈られる。投稿するには、市のアプリ「Morinfo」をダウンロードし、同アプリのトップページに12日から表示される調査隊専用コーナーから写真を送る。問い合わせは同市企画課(電)0297(45)1111


かっぱ橋道具まつり 買い物客でにぎわう 催し多彩、14日までの画像

かっぱ橋道具まつり 買い物客でにぎわう 催し多彩、14日まで

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Wed, 09 Oct 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15705328169246

食器など厨房(ちゅうぼう)用品の専門店が軒を並べる東京・台東区の合羽橋道具街で8日、「第36回かっぱ橋道具まつり」が開幕し、買い物客でにぎわった。14日まで。
各店のお薦めや自慢の品が勢ぞろいする「かっぱ市」をはじめ、掘り出し物の道具を格安で販売する「蔵払いたたきゅうりかっぱ市」(13、14日)、伝統行事の「道具供養祭」(13日)など多彩なイベントが行われる。また、最終日の14日には歩行者天国となり、地元チアリーディングクラブによるパフォーマンスなどが行われる。
最寄り駅はつくばエクスプレス浅草駅など。問い合わせは、かっぱ橋道具まつりインフォメーション(電)03(5777)8600

【写真説明】
14日まで行われる「かっぱ橋道具まつり」=東京都台東区の合羽橋道具街


《茨城国体デモスポーツ》全31競技が終了 白熱の試合楽しむの画像

《茨城国体デモスポーツ》全31競技が終了 白熱の試合楽しむ

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 07 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15703616253858

茨城国体のデモンストレーションスポーツ(デモスポ)の「アームレスリング」がつくばみらい市で、「スポーツ鬼ごっこ」がつくば市で、「オリエンテーリング」が石岡市でそれぞれ6日開かれ、参加者は白熱した試合や競技を楽しんだりした。幅広い年代が参加できる競技として、5月から県内各地で行われてきたデモスポは、同日で全31競技を終えた。
■アームレスリング 腕自慢が格闘 つくばみらい
「アームレスリング」は、つくばみらい市神生のきらくやまふれあいの丘世代ふれあいの館で開かれた。県内外の愛好者約240人が腕力を競い、地元の小中学生57人も3人一組で団体戦を楽しんだ。
アームレスリングは「卓上の格闘技」とも言われ、腕相撲に似た競技。今回は右腕、左腕の重量別で、敗者復活戦を含むトーナメントで勝敗を競った。
瞬発力を生かして一瞬で勝負が決まる試合もあれば、力が拮抗(きっこう)するときもあり、会場は終始白熱した雰囲気。選手たちは歯を食いしばりながら相手の手を握り、最後は雄たけびを上げながらねじ伏せていた。
90キロ超の右腕、左腕両クラスで優勝した阿見町の中山裕一さん(32)は「難しい試合もあったが、地元の国体で結果が出せてうれしい」と笑顔で話した。(今橋憲正)
■スポーツ鬼ごっこ “宝”を取り合う つくば
「スポーツ鬼ごっこ」は、つくば市竹園のつくばカピオで開かれた。小学1年生から50歳代までの約450人、計39チームが白熱した試合を繰り広げた。
スポーツ鬼ごっこは、「鬼ごっこ」に戦略性や競技性を持たせた新しいスポーツ。7人制で相手チームの陣地内にある“宝”を取り合い、時間内に多くの宝を獲得したチームの勝ちとなる。攻撃と守備が同時に展開されるスピーディーな競技で、いかに相手の守備を崩して宝を取るかが勝敗の鍵を握る。
今大会では、年齢別にU-9(9歳以下)とU-12(12歳以下)および13歳以上が参加できる「フリー」の3部門を実施した。
U-9に参加したチーム「栗鬼イエロー」の酒井翔琉君(8)は「チームのみんなと協力してプレーでき楽しかった」と笑顔を見せた。(秋葉凌)
■オリエンテーリング 最速ゴール競う 石岡
「オリエンテーリング」は、石岡市野田の八郷総合運動公園で開かれた。小雨が降る中、家族連れなど約70人が参加し、コンパスや地図を片手にゴールを目指して自然の中を駆け巡った。
地図に示された地点を順番通りに通過し、いかに速くゴールできるかを競う。個人男女の部と、2〜4人のグループで回る一般の部、家族の部の4部門で行われた。個人は直線距離で約2・8キロ、グループは同約1・8キロを走破する。
参加者はコンパスを使ったり、地図を読み込んだりして地点の場所や地形を確認。小走りや全力疾走で地点を巡り、最速でのゴールを目指した。
両親と家族の部に参加した笠間市の冨田侑李君(6)は「簡単だと思っていたら難しかった。初めて参加したが、楽しかった」と笑顔を見せた。(松原芙美)

【写真説明】
熱戦が繰り広げられた「アームレスリング」=つくばみらい市神生


《障スポいばらきオープン競技》卓球バレー 20チームが熱戦 取手の画像

《障スポいばらきオープン競技》卓球バレー 20チームが熱戦 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 07 Oct 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15703616253857

全国障害者スポーツ大会オープン競技の「卓球バレー」は6日、取手市野々井の取手グリーンスポーツセンターで開かれた。17都府県の20チームが優勝を争う「チャレンジクラス」で、本県の「とりで新利根ハムスターズ」「伊奈特別支援学校A」「はなももA」は予選リーグ敗退。決勝トーナメントに進んだ「れっつ・ごー!茨城」も準々決勝で「アスレクト」(岩手)に0-2で敗れ、ベスト8だった。
同競技は、卓球台を囲み鉄球の入ったピンポン球を木の板で3打以内に相手コートに返し合い、ポイントを競う。決勝トーナメントは11点先取の3セットマッチで行われた。
準々決勝で「れっつ・ごー!茨城」は、2セットとも一進一退の点の取り合いを演じたが、終盤に連続でポイントを決められ競り負けた。蕪尻(かぶじり)健太主将(42)は「悔しいが、負けても納得できるほど力を出し切った」と話した。

【写真説明】
対戦する「れっつ・ごー!茨城」=取手市野々井


取手市いじめ問題専門委 全員・複数担任制を提言 再発防止策素案固まるの画像

取手市いじめ問題専門委 全員・複数担任制を提言 再発防止策素案固まる

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 07 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15703616253855

2015年11月に取手市立中学3年の女子生徒=当時(15)=がいじめを受け自殺した問題で、取手市の第三者委員会「市いじめ問題専門委員会」は6日、同市藤代の市役所藤代庁舎で7回目の会議を開き、再発防止策の素案を固めた。市は15日から広報紙などで素案を公開し、パブリックコメント(意見公募)で意見を集める予定。
素案は、学校と教育委員、市教委、県教委に向け再発防止策をそれぞれ提言。
学校に対し、複数の教員で生徒を見るシステム「全員担任制・複数担任制」の導入や、生徒の悩みや困りごとなど問題行動などに具体的に対応する教員間の「教育相談部会」設置など10項目を示した。
市教委に対し、いじめの重大事態への判断について、学校の意見も確認して対応方針を決めることなど5項目を求めた。
同日の会議には委員6人と市教委10人が出席。終了後に藤川大祐委員長(千葉大教授)らが会見し、内容を説明した。今後はパブリックコメントを11月15日まで行い、集まった意見を12月中旬にまとめる。来年1月末には市教委へ提言する予定。藤川委員長は「限られた人間だけで決めてはいけない。多くの人から知恵、意見をもらい、内容をより良いものにしたい」と話した。
同専門委は昨年4月に設置。3月20日に県の調査委員会が「いじめと自殺は因果関係があったものと認める」とした調査報告書を受け、再発防止策について検討している。(高阿田総司)


交通安全絵手紙、児童30人表彰 取手の画像

交通安全絵手紙、児童30人表彰 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 06 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15702735051593

取手警察署管内の取手市、守谷市、利根町の小学3年生を対象にした「第21回交通安全絵てがみコンクール」(取手地区交通安全協会主催)の表彰式が、取手市毛有のJA茨城みなみグリーンパレスふじしろで開かれ、3市町の児童約30人に賞状などが贈られた。同コンクールは、秋の全国交通安全運動に合わせて1999年から毎年実施。今年は各小学校から選ばれた計258点から優秀作を選出した。守谷小(守谷市)の足立葵さんが取手地区交通安全協会長賞、大井沢小(同)の坂愛桜さんが取手警察署長賞を受賞した。

【写真説明】
絵てがみコンクールで入賞した児童ら=取手市毛有(取手署提供)


子ども力士が熱戦 利根町・金刀比羅神社 奉納相撲に75人の画像

子ども力士が熱戦 利根町・金刀比羅神社 奉納相撲に75人

関連地域 :利根町

最終更新日:Sun, 06 Oct 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15702735051592

利根町恒例の金刀比羅神社奉納相撲が、同町布川の町役場そばにある土俵で開かれた。町内外から0〜11歳の子ども75人が参加。豆力士の熱戦に、保護者や観客から大きな声援が飛んだ。
同奉納相撲は1795年から始まったとされ、当初は当時の最高位でもある大関をはじめ、花形力士を多数呼んで開催されたという。昭和に入り一時は中断されたが、戦後に子どもを中心とした奉納相撲として復活。現在は毎年9月23日に開かれている。
初めて出場し、勝ち抜き戦で優勝した取手市立宮和田小5年の川辺宙輝(そらき)君(11)は「将来は大相撲の力士になりたい。憧れは栃ノ心関。また出場して、来年も優勝したい」と喜んだ。(高阿田総司)

【写真説明】
町内外の子どもたちが熱戦を繰り広げた=利根町布川


《茨城国体デモスポーツ》爽やかに汗流すの画像

《茨城国体デモスポーツ》爽やかに汗流す

関連地域 :利根町,つくばみらい市

最終更新日:Mon, 07 Oct 2019 09:44:39 +0900

記事コード:15702735051591

茨城国体のデモンストレーションスポーツ(デモスポ)の「バウンドテニス」がつくばみらい市で、「ウオーキング」が利根町でそれぞれ5日開かれ、参加者が楽しみながら汗を流した。
■バウンドテニス 3部門で腕競う つくばみらい
「バウンドテニス」は、つくばみらい市小張の市総合運動公園体育館で開かれた。市内外から20〜80歳代の約100人が参加し、熱戦を繰り広げた。
バウンドテニスは、テニスと卓球を融合させた競技。幅3メートル、長さ10メートルのコートでプレーする。試合は4ポイント先取の9ゲームマッチ。60歳以上のシニアの部は7ゲームマッチで行う。手軽にでき体への負担も少ないことから、幅広い世代で人気を集めている。
今回は、シングルスとダブルスのほか、時間内にどれだけラリーができたかを競う「BTラリー」の3部門が実施された。
参加者は、額に汗を光らせながらボールを追い掛け、腕を競い合った。男子シングルスで優勝した田中徹さん(62)は「一球一球を丁寧に打つことを意識した。優勝できてうれしい」と笑顔で語った。(秋葉凌)
■ウオーキング 史跡巡りを満喫 利根
「ウオーキング」は、利根町内で開かれ、一般参加者と同町の小学生ら計約820人が史跡などを歩き、爽やかな汗を流した。
デモスポのウオーキングは、同日の利根町と9月21日の五霞町の2カ所で開催。利根町では、史跡8カ所を経由する7キロのショートコースと、史跡10カ所を経由する18キロのロングコースの2コースで実施した。
参加者は午前9時半ごろ、同町下曽根の町公民館を出発。ショートコースでは、赤松宗旦旧居や柳田国男記念公苑など5カ所の史跡で、町内の中学生が案内や解説を行った。参加者らは足を止めて話を聞いたり、写真を撮るなどして思い思いに満喫していた。
同町から夫婦で参加した野田文雄さん(60)と朝子さん(58)は「史跡でいろいろな話が聞けて楽しかった。暑かったが、風があり意外と快適に歩けた」と感想を話した。(松原芙美)

【写真説明】
熱戦が繰り広げられた「バウンドテニス」=つくばみらい市小張


《茨城国体》スポーツクライミング 「頑張れ野口先輩」 母校後輩熱い声援 龍ケ崎・城ノ内中の画像

《茨城国体》スポーツクライミング 「頑張れ野口先輩」 母校後輩熱い声援 龍ケ崎・城ノ内中

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 06 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15702735051590

スポーツクライミング成年女子ボルダリング決勝に出場した野口啓代(県競技力向上対策本部)を応援しようと、野口の母校、龍ケ崎市立城ノ内中の生徒29人が5日、会場の鉾田総合運動公園に駆け付けた。生徒たちは会場いっぱいに響く大きな声で声援を送り、野口と小林由佳(同)の2人の背中を後押しした。
生徒たちは「がんばれ先輩!」と書かれた横断幕を持参。選手たちがボルダリングの壁面の下見に登場すると、垂れ幕を持って大きな声援を送った。競技が始まり、2人が壁面をよじ登っている間も「いけいけ茨城」と全員で声をそろえ盛り上げた。
野口のパフォーマンスを初めて見たという2年生の白水優雅さん(14)は「何回もチャレンジしている姿に感動した。私も2週間後にある部活動の試合を諦めないで頑張ろうと思えた」と声を弾ませた。
6日は野口の母校、市立八原小の児童たちも応援に駆け付ける。(松浦かえで)

【写真説明】
スポーツクライミング成年女子ボルダリングの野口啓代と小林由佳を応援する生徒たち=鉾田総合運動公園


谷和原杯サッカー 18チーム熱戦展開 守谷の画像

谷和原杯サッカー 18チーム熱戦展開 守谷

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 05 Oct 2019 14:00:00 +0900

記事コード:15701884583951

第14回つくばみらい市谷和原カップ争奪サッカー大会(つくばみらい市教育委員会など主催)が9月28日、守谷市野木崎の常総運動公園で開かれた。
サッカーを通じた地域間交流とスポーツ少年団活動の活性化、技術の向上を目的に開催。昨年から水海道ロータリークラブ(RC、瀬戸隆海会長)が地域貢献活動の一環として協賛している。同RCからは今回、ゴールポスト1セット、ボール20個のほか、運営費として10万円が寄贈された。
開会式で瀬戸会長は「けがのないように思う存分戦って」と選手を激励。来賓を代表して小田川浩つくばみらい市長が「勝利を目指すのはもちろん、ほかのチームとの親交を深めて」とあいさつした。
大会は18チームが参加。U8、U10、U12のカテゴリーに分かれ、熱戦を繰り広げた。
結果は次の通り。
◇U8の部 ▽優勝 バンビーノSC▽準優勝 YFC谷原▽3位 FC谷井田
◇U10の部 ▽優勝 つくばJr.FC▽準優勝 YFC小絹▽3位 双葉SC
◇U12の部 ▽優勝 つくばJr.FC▽準優勝 板橋FC▽3位 双葉SC

【写真説明】
第14回つくばみらい市谷和原カップ争奪サッカー大会の出場者と協賛の水海道RCのメンバーら=守谷市野木崎


市町議会選9人公認 自民県連、11人推薦の画像

市町議会選9人公認 自民県連、11人推薦

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 05 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15701942675122

自民党県連は4日までに、ひたちなか市議選(27日投開票)、小美玉市議選(11月17日投開票)、取手市議選(来年1月26日投開票)、大洗町議選(20日投開票)の各議会選で、党公認候補9人、推薦候補11人を決定した。県連が発表した公認・推薦候補は次の通り。(敬称略)
【公認】▽ひたちなか市議選 打越浩、鈴木一成、大内聖仁▽小美玉市議選 村田春樹▽取手市議選 赤羽直一、金沢克仁、岩沢信▽大洗町議選 勝村勝一、飯田英樹
【推薦】▽ひたちなか市議選 樋之口英嗣、清水立雄、大谷隆、海野富男、清水健司、大内健寿、所茂樹▽取手市議選 佐藤隆治、小堤修、谷口治、伊藤正夫


スポーツ参加率増加 取手市に「アップ賞」 笹川財団の画像

スポーツ参加率増加 取手市に「アップ賞」 笹川財団

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 05 Oct 2019 07:00:00 +0900

記事コード:15701865067058

住民のスポーツ参加率を自治体間で競うスポーツイベント「チャレンジデー」の「参加率アップ賞」の授与式が、取手市寺田の市役所で開かれ、日本で同イベントを開催する笹川スポーツ財団から同市へトロフィーが贈られた。
今年の同市の市民参加率は49・2%(5万2930人)で、初めて取り組んだ昨年の27・2%から22ポイント増加。全参加自治体の中で最も伸びが大きかったことで受賞となった。
同財団の渡辺一利理事長は「自治会や地元企業への啓発が功を奏したと聞いている。チーム力が数字に結び付いている。さらなる伸びしろに期待する」と激励。藤井信吾市長は「地域の絆の強化にもつながっている。引き続き努力していきたい」と述べた。
同イベントは、スポーツの普及を目的に、5月29日に全国一斉に実施された。

【写真説明】
笹川スポーツ財団からチャレンジデーの「参加率アップ賞」を授与された取手市の藤井信吾市長(右)=同市寺田(同市提供)


《茨城国体》自転車 女子スクラッチV 梶原2冠 女王の力の画像

《茨城国体》自転車 女子スクラッチV 梶原2冠 女王の力

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 04 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15701032428889

◆一気に加速 追随許さず◆
本命視されていた女王の座は誰にも譲らない。自転車女子スクラッチ決勝で梶原悠未(筑波大4年)は、2位以下を突き放す圧倒的な走りで堂々の優勝を決めた。チームスプリントと合わせ2冠。「パワーもスピードも持久力も、日本一と証明できた」と言い切った。
20周計8000メートルの着順を競う。予選では独走とも言える1位通過で抜群の存在感を示した。そのためか、決戦で浴びるマークはひときわ激しさを増した。「強い気持ちで焦らず行こう」。自分に言い聞かせ、冷静になって周りの逃げをつぶし続けた。
先頭集団で迎えた最終盤は斜面を使って加速し、団子状態から一気に抜け出した。まさに追随を許さない。勝利を固く信じ、後ろは振り返らないままフィニッシュした。
普段の練習場所は筑波山周辺。頼りのメカニックもつくば市内にいる。周囲から寄せられる応援も温かい。恵まれた環境への感謝の思いは誰より強い。「茨城の代表として勝って恩返しする」。心に誓っての出場で使命を果たした。
本大会後は、海外を舞台に戦う。14日に渡韓を予定し、17日開幕のアジア選手権に臨む。目標は世界選手権や東京五輪でのメダル獲得だ。一つ一つをおろそかにせず、愚直に勝ち続けることが近道になる。
視線は常に高く持つ。ただ、本大会で確信した考えもある。「声援をもらって重圧に打ち勝つ。世界で求められることと同じはず」。駆け抜けた5日間の最後は満足した表情となった。取手の風を切った22歳の女王はもう一つ強くなった。  (鈴木剛史)

【写真説明】
〈自転車女子スクラッチ決勝〉女子チームスプリントと合わせて2冠を果たした梶原悠未(筑波大)=取手競輪場、鹿嶋栄寿撮影


《茨城国体》ハンドボール ダンスで歓迎 常総、笑顔の開始式の画像

《茨城国体》ハンドボール ダンスで歓迎 常総、笑顔の開始式

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 03 Oct 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15700188869165

守谷・常総・坂東3市で実施されるハンドボール競技の開始式が2日、常総市新石下の市地域交流センターであり、歓迎オープニングセレモニーでシンガー・ソングライターの磯山純さんと地元の小中学生が共演した。参加都道府県の選手や監督ら500人の前で国体イメージソングとダンスを披露、エールを送った。
初めに、3市の中学校の吹奏楽部が合同でマーチング演奏し、4曲を披露した。続いて磯山さんが吹奏楽部の奏でるリズムに乗って国体イメージソング「そして未来へ」を熱唱。その後ろで3市の小学生40人が国体ダンスを元気に踊った。
坂東市立弓馬田小5年の吉田陽葵さんは「緊張したけれど、笑顔で踊ることができた」と感想を話し、守谷市立守谷中3年の岡田結衣さんは「選手の皆さんには練習の成果を出し切ってもらいたい」と3日から始まる本番での熱戦に期待した。(今橋憲正)

【写真説明】
茨城国体のイメージソング「そして未来へ」を歌う磯山純さん(中央)と地元の小中学生たち=常総市新石下


《茨城国体》自転車 女子チームスプリントV 山口・梶原組 圧巻の画像

《茨城国体》自転車 女子チームスプリントV 山口・梶原組 圧巻

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 03 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15700189774527

◆力融合、快走再び◆
加速と維持。それぞれの役割を果たせば優勝できる。自転車女子チームスプリント決勝で、山口真未(テクノスジャパン)と梶原悠未(筑波大4年)組が証明した。2位和歌山に2秒超の差をつける55秒072も圧巻の走りだった。
「うまく合わせて更新しよう」。本番の前、こんな言葉を掛け合った。念頭にあるのは、前日にマークした日本新の54秒960だ。
2人編成のレース。先頭は1周で離脱し、2人目が2周を終えるタイムで競う。第1走者の山口に求められるのは加速、そして、梶原にはスピードを落とさずに走り切る力が欠かせない。
迎えた一戦。緊張は感じない。全身で受ける地元からの声援が温かい。陸上七種競技出身の山口は瞬発力を生かし、男子並みと称される発進力で好スタートを切った。梶原も「姉のように慕う」という先輩の後ろをしっかり追走。風をしのいでもらい体力を保ちつつ、最後の1周を駆けた。予選で6年ぶりに更新した日本記録には届かなかったが、「風や時間帯の影響を考えれば、きのう以上の結果だ」と口をそろえた。
ともにナショナルチームのメンバー。ただ、短距離と長距離に分かれるため、「一緒に大会に出場する機会は多くない」(梶原)。それでも、心を合わせて地元国体での優勝を目指してきた。
2人の戦いはまだ続く。最終日の3日は山口がケイリン、梶原がスクラッチのそれぞれ決勝に臨む。いずれも個人種目だが、「応援してくれた人たちに恩返しする」。思いは一緒に2冠達成だ。

(鈴木剛史)

【写真説明】
〈自転車女子チームスプリント決勝〉初優勝を果たした本県選抜の山口真未(左、テクノスジャパン)・梶原悠未(筑波大)組=取手競輪場、鹿嶋栄寿撮影


《茨城国体》自転車の結果(県勢記録)の画像

《茨城国体》自転車の結果(県勢記録)

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 03 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15700282020599

(取手競輪場)
▽成年男子ポイントレース予選(1万6000メートル)
「1組」(7)渡辺慶太(明大)11点=決勝進出
▽同ケイリン2回戦
「2組」(1)松崎広太(法大)11秒150=準決勝進出
▽同準決勝
「2組」(3)松崎広太(法大)=決勝進出
▽同スクラッチ予選
「2組」(9)新村穣(茨城県競技力向上対策本部)=決勝進出
▽男子4000メートル団体追い抜き3位決定戦
(4)茨城(新村、松崎、須貝、渡辺)4分19秒166
▽同順位
(4)茨城(新村、松崎、須貝、渡辺)
▽同チームスプリント順位
(5)茨城(橋本、吉岡、吉田)
▽女子ケイリン2回戦
「1組」(2)山口真未(テクノスジャパン)=準決勝進出
▽同準決勝
「2組」(2)山口真未(テクノスジャパン)=決勝進出
▽同スクラッチ予選
「2組」(1)梶原悠未(筑波大)=決勝進出
▽同チームスプリント決勝
(1)茨城(山口、梶原)55秒072
▽同順位
(1)茨城(山口、梶原)
▽少年男子ポイントレース予選(1万6000メートル)
「2組」(9)中島陽太(取手一高)5点=決勝進出
▽同ケイリン2回戦
「2組」(4)吉岡優太(取手一高)=落選
▽同スクラッチ予選
「1組」(3)木村皆斗(取手一高)=決勝進出


TX延伸の参考に 水戸-つくば 高速バス 増便実証運行始まるの画像

TX延伸の参考に 水戸-つくば 高速バス 増便実証運行始まる

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Wed, 02 Oct 2019 08:00:00 +0900

記事コード:15699294792462

◆水戸で式典 ◆
県は1日、水戸とつくば両市を結ぶ都市間高速バスの増便実証運行を始めた。同日、JR水戸駅南口バスターミナルで運行開始式を開き、大井川和彦知事ら関係者約20人が出席、テープカットして出発を祝った。関東鉄道(土浦市)グループの関鉄観光バスが運行する高速バス「TMライナー」が平日4便(2往復)のみだった運行を、この日から平日16便、土日祝日8便に大幅拡充した。
県は総合計画につくばエクスプレス(TX)県内延伸構想を掲げているものの、将来的なルート案を大まかに4路線示すのみにとどまっている。今回のバス増便を通して県内1、2位の人口を誇る両市に人の流れをつくり、バスの乗車状況などを延伸構想の参考にしていく考えだ。
開始式で大井川知事は「県内には大都市がなく、(交通)インフラは脆弱(ぜいじゃく)。TX延伸は時間がかかる上、難易度が高い。バスにより水戸とつくばの都市圏をつなぎ、発展のきっかけをつかみたい」と事業に期待を寄せた。併せて、車通勤の多い県職員に公共交通機関を使うよう奨励する意向を示し、つくば市の飯野哲雄副市長も「県出張の際はこのバスを利用したい」とあいさつの中で応じていた。
運行を担う関東鉄道の松上英一郎社長は「増便実証は従来の発想になかった試み。定期券やICカード決済を用意し、安全性と利便性向上に努めていく」と語った。
つくば市内から同市区選出の県議らがバスに乗って会場に到着し、「快適で便利だった」などと話していた。(黒崎哲夫)

【写真説明】
水戸-つくば間の高速バス増便運行開始を記念しテープカットする大井川和彦知事や高橋靖水戸市長ら=JR水戸駅南口バスターミナル


来年2月9日投票 河内町議選の画像

来年2月9日投票 河内町議選

関連地域 :河内町

最終更新日:Wed, 02 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15699294792457

河内町選挙管理委員会は1日、任期満了に伴う町議選(定数12)の日程を来年2月4日告示、9日投開票と決めた。
有権者は9月1日現在で7862人。


筑波銀、龍ケ崎市で公金収納サービスの画像

筑波銀、龍ケ崎市で公金収納サービス

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 01 Oct 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15698431707731

筑波銀行(土浦市)は30日、龍ケ崎市で公金収納情報データ化サービスを始めると発表した。取り扱い開始日は10月1日。銀行窓口などで収納された市県民税や固定資産税、軽自動車税などの領収済み通知書を電子データ化して同市に提供する。


《茨城国体》地元の銘菓を配り 来訪者おもてなし 取手の画像

《茨城国体》地元の銘菓を配り 来訪者おもてなし 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 01 Oct 2019 04:00:00 +0900

記事コード:15698431707727

取手市は茨城国体の正式競技開催期間中、来訪者への「おもてなし」として、会場で市内の銘菓を無料配布する。カップケーキ、おせんべいなど市内8店舗の10種類のお菓子を配り、開催地を印象付ける。お菓子の袋には「ようこそ 取手市へ」と歓迎メッセージが印刷されたシールが貼ってある。
配るのは、正式競技の自転車とボウリングの会場。配布期間は、両競技が開催される7日まで。2、3日は両競技の開催が重なり、それぞれの会場で配る。1日200個限定だが、10種類の中から期間中日替わりで配る。
市の国体推進室が考案。お菓子提供の市内8店は、市商工会の推薦する羊羹(ようかん)屋本舗、ル・ソレイユ、小川製菓、椎名米菓、まるやま千栄堂、フレーズ、セ・ビアン、歌舞伎あられ池田屋-が選ばれた。(高阿田総司)

【写真説明】
茨城国体の正式競技開催期間中に会場で無料配布される取手市内の銘菓=取手市取手


ノンアル飲料配り安全運転呼び掛け 取手の画像

ノンアル飲料配り安全運転呼び掛け 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 01 Oct 2019 19:01:21 +0900

記事コード:15698431707726

秋の全国交通安全運動に合わせ、取手地区交通安全協会取手支部(倉持正男支部長)や関係団体が9月24日、取手市寺田の国道294号で交通安全キャンペーンを行い、ドライバーに交通ルールの順守などを呼び掛けた。
取手警察署、市、市交通安全母の会、地元企業など10団体約60人が参加。出陣式で取手署の岡田宗久署長は「秋は薄暗くなるにつれ、交通事故が増えてくる。どうか事故防止を呼び掛け、安全運転の意識を高めてもらうようにお願いしたい」とあいさつした。
参加者らは赤信号で停止した車のドライバーに話し掛け、夕暮れ時の早めのライト点灯などを呼び掛けるチラシ、ティッシュなどの啓発品500セットや、ノンアルコールビール600本を手渡すなどして安全運転への理解を求めた。

【写真説明】
ドライバーに交通安全を呼び掛けるキャンペーン参加者ら=取手市寺田


慈善ゴルフ大会通し力士らと交流深める 大相撲・立浪部屋の画像

慈善ゴルフ大会通し力士らと交流深める 大相撲・立浪部屋

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 30 Sep 2019 18:00:00 +0900

記事コード:15697573757277

つくばみらい市の大相撲・立浪部屋(立浪耐治親方)と同部屋関東後援会(塚田純夫会長)による「第19回チャリティーゴルフ大会」が23日、龍ケ崎市泉町の「ザ・ゴルフクラブ竜ケ崎」で開かれ、113人の参加者が同部屋の力士らと交流を深めた。参加者からの善意金は立浪親方と塚田会長から小田川浩つくばみらい市長に贈られた。
同部屋は9月場所で西前頭十枚目の明生(めいせい)が10勝、幕下の大洗町出身の天空海(あくあ)とモンゴル出身で元横綱・朝青龍のおいの豊昇龍がそれぞれ勝ち越して、来場所からの十両昇進を有力にした。塚田会長は「来場所は3人の関取が誕生する。地元の立浪部屋に今以上のご支援とお力添えをお願いします」とあいさつ。立浪親方は「(9月場所は)全体的に勝ち越しが多くいい成績が残せた。さらに関取の番付を一枚でも多く上げさせて、それに続く力士たちを引き上げていきたい」と飛躍を誓った。
ゴルフ大会の上位入賞者は次の通り。(敬称略)
(1)淀名和茂彦(2)岡崎政次(3)片山章彦

【写真説明】
小田川浩市長(中央)にチャリティー金を手渡す立浪耐治親方(右)と塚田純夫会長(左)=龍ケ崎市泉町


美しい風景やハス 利根の良さ伝える 町役場で写真展の画像

美しい風景やハス 利根の良さ伝える 町役場で写真展

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 28 Sep 2019 10:22:49 +0900

記事コード:15695840498555

利根町内を写した写真展「大好き利根町写真展」が10月2日まで、同町布川の町役場で開かれている。風景、花など一般の写真好きがカメラで捉えた「利根町」をテーマにした作品74点が、来場者の目を楽しませている。
展示写真の約9割が町民による応募。町の美しい風景や、利根親水公園の古代ハス、町内イベントの一こまなど、色鮮やかな作品が数多く並ぶ。
牛久市から訪れた主婦(77)は「カメラマンが独特の目線で利根町を捉えている。写真を通して、町の良さが伝わってくる」と感想を話した。
同展は、利根写楽会の第38回写真展と同時開催されている。役場1階で午前9時から午後5時まで(土日も開催。最終日は午後3時まで)。

【写真説明】
利根町役場で開かれている「大好き利根町写真展」=同町布川


踊り華やか、グルメ満喫 28、29日 守谷商工まつりの画像

踊り華やか、グルメ満喫 28、29日 守谷商工まつり

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 28 Sep 2019 06:00:00 +0900

記事コード:15695840498546

初秋の風物詩として多くの市民が繰り出す「第36回守谷市商工まつり〜きらめき守谷夢彩都フェスタ〜」(実行委員会主催)が28、29の両日、同市のつくばエクスプレス(TX)守谷駅西口駅前広場などで開かれる。両日とも多彩な催しが予定されている。
28日は市内外の28グループが参加する「よさこいソーラン踊り」などを華やかに繰り広げる。29日はキャラクターショーやお楽しみ抽選会、総踊り(炭坑節、東京音頭、守谷音頭)が開かれる。
会場内にはアサヒビアステーションのほか、模擬店約100ブースが設けられる。ご当地グルメ「守谷将門がぶりメンチ」も7000個販売される予定。両日とも午前9時半から。問い合わせは実行委(電)0297(48)0339


《論説》待機児童 生み育てやすい社会にの画像

《論説》待機児童 生み育てやすい社会に

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Fri, 27 Sep 2019 10:00:00 +0900

記事コード:15695052398481

希望しても保育所などに入れない待機児童の数がなかなかゼロにならない。今年4月1日現在の県内の待機児童の数は345人と昨年よりも41人減少し、ここ5年間では最少となった。しかし、人口が急増しているつくば市など県南地域の待機児童は239人と県全体の約7割を占め、早急な対応を必要としている。
国は2020年度末までに待機児童をゼロとする目標を掲げているが、課題は多い。来月から幼児教育・保育の無償化が始まり、保育需要は一層膨らむ可能性がある。安心して子どもを預けられる施設と出合えるかは、働きながら子育てをする世代にとって大きな関心事だ。少子化が一段と進む中で、多様な保育ニーズに柔軟に対応しながら保育の量と質を確保して子育て世代を支援し、生み育てやすい社会を築きたい。
県全体の集計では0歳から5歳までの保育所などの定員は約6万2千人で、申込者数の約5万8千人を上回っている。定員は足りていても待機児童が発生している原因は保育所不足だけではない。保育士不足で定員まで受け入れられない保育所があることや、都市部と郊外とでは申込者数に偏りがあるためだ。
申込者数の多い自治体では保育士の確保が喫緊の課題となっている。県は人材バンクを設置して保育士の資格を持つ人の復帰を促しているほか、保育士の負担を軽減するために保育補助者の確保にも乗り出している。自治体の中には保育士の待遇改善のため独自に給与