今日のとりで

取手市近隣の最新ニュースを取得しています。(情報提供「茨城新聞クロスアイ」)

アサヒビール、茨城・守谷市と市社協に寄付の画像

アサヒビール、茨城・守谷市と市社協に寄付

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 29 Jul 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16274712086567

アサヒビール茨城工場(茨城県守谷市緑)は28日、同市と市社会福祉協議会にそれぞれ4万5千円を寄付した。同工場は毎年、アサヒグループ全体で行っている社会貢献ポイントを活用した寄付をしており、今年はいばらき被害者支援センターとNPO法人アサザ基金と合わせ、4団体に計16万2千円の寄付となる。
贈呈式が市役所で行われ、今泉暢智統括工場長が「社員らの社会貢献の成果。活用していただければ」と松丸修久市長に目録が手渡された。同工場ではグループで取り組むエコマイレージ活動が終了したことから、今後は独自の「茨城工場グリーンエコポイント」として社会貢献活動を継続していくという。

【写真説明】
目録を手渡した今泉暢智アサヒビール茨城統括工場長(右)=守谷市役所


新型コロナ 茨城で過去最多194人 前日比倍増 首都圏の影響大 スポーツサークル活動で感染拡大の画像

新型コロナ 茨城で過去最多194人 前日比倍増 首都圏の影響大 スポーツサークル活動で感染拡大

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 29 Jul 2021 08:58:43 +0900

記事コード:16274712086564

茨城県と水戸市は28日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計194人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数としては、「第3波」が拡大していた1月15日の159人を上回り過去最多となり、前日の96人から倍増した。県内の累計感染者は1万1901人。県は「県南、県西を中心に、首都圏の感染状況悪化の影響が大きく出ている」とした。
県によると、新規感染者のうち85人が経路不明。集団感染が疑われる事例の陽性者は5人で、クラスター(感染者集団)以外の報告が大半を占めた。
急拡大の要因について県は、陽性率が5割に達したL452R変異株や、4連休明けに検査数が増えたことによる影響などを挙げた。新型コロナワクチン接種後に感染が判明した人が、これまでに複数例確認されたことも明らかにした。
28日の新規感染者を地域別に見ると、県南と県西で全体の7割に上った。年代別では20〜30代が48%、40〜50代が29%で現役世代が7割近くを占めた。
集団感染では、新たに龍ケ崎市内のスポーツサークル活動でメンバー1人の感染が分かり、陽性者は計6人に拡大。つくば市内で公演した劇団でも団員1人が感染し計7人に増えた。稲敷市内と古河市内の事業所でも従業員が感染し、陽性者はそれぞれ計13人と計26人に広がった。
28日までに確認された感染者のうち、新たに22人がL452R変異株陽性と判明し、累計は268人。ほかに新型コロナ感染者のうち新たに43人が回復。県内の退院・退所などは計1万804人となった。
■県内の感染状況
新規 194人
累計 11901人
うち死者 167人
退院・退所等 10804人
(県発表、28日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、龍ケ崎のスポーツサークルでクラスターか つくばで公演の劇団も感染者増 茨城の画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎のスポーツサークルでクラスターか つくばで公演の劇団も感染者増 茨城

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 21:24:25 +0900

記事コード:16274737823977

茨城県と水戸市が28日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計194人のうち、1人は同県龍ケ崎市内のスポーツサークルのメンバーで、26日までに公表された5人を加え、メンバーの感染は計6人に拡大、県はサークル内でクラスタ―が発生した可能性があるとみている。
つくば市内で公演した劇団でも団員1人の感染が新たに分かり、感染者は計7人に増えた。
稲敷市内と古河市内の事業所でも従業員の感染が明らかになり、感染者はそれぞれ計11人、計24人に広がった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で過去最多194人感染 県と水戸市発表 経路不明は85人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で過去最多194人感染 県と水戸市発表 経路不明は85人

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 20:29:34 +0900

記事コード:16274668680753

茨城県と水戸市は28日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計194人確認されたと発表した。1日当たりの感染者数で、1月15日の159人を上回り、過去最多を更新した。県内の感染者は累計1万1901人となった。県は「県南・県西地域を中心に、感染状況が悪化する首都圏の影響が大きく出ている」としている。
県によると、重症者が1人。
県と市によると、194人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が109人、感染経路が分かっていない人が85人。
市町村別の感染者数は、古河市20人、つくば市20人、取手市16人、神栖市15人、水戸市14人、つくばみらい市12人、坂東市11人、鹿嶋市11人、土浦市10人、境町7人、守谷市6人、龍ケ崎市5人、小美玉市5人、結城市5人、阿見町4人、日立市4人、常総市4人、稲敷市3人、筑西市3人、牛久市2人、かすみがうら市2人、美浦村2人、茨城町2人、潮来市2人、笠間市2人、石岡市1人、行方市1人、八千代町1人、鉾田市1人、ひたちなか市1人、常陸太田市1人、県外1人。
地域別では、県南が約4割を占め、県西と合わせ全体の7割に上った。
年代別では、20〜30代が48%、40〜50代が29%で、新規感染者のうち9割以上の180人が50代以下だった。
新たに計43人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万804人となった。
居住地別の新規感染者194人は以下の通り。
◇古河市(20人)
▽40代自営業男性
▽70代無職女性
▽30代自営業男性
▽30代医療従事者男性
▽10代男子学生
▽40代無職男性
▽40代会社員男性
▽40代会社員女性
▽10代女子生徒
▽10代女子生徒
▽20代女子学生
▽20代会社員女性
▽10代女子学生
▽40代会社員女性
▽20代会社員男性
▽30代自営業女性
▽30代パート女性
▽50代会社員男性
▽20代会社員女性
▽30代会社員女性
◇つくば市(20人)
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽60代会社員女性
▽50代団体職員男性
▽10代女子学生
▽20代無職女性
▽未就学女児
▽30代無職男性
▽10代無職女性
▽20代会社員女性
▽10代女子生徒
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
▽40代自営業女性
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽30代無職女性
▽30代自営業男性
▽未就学女児
▽0〜9歳女子児童
◇取手市(16人)
▽10代女子学生
▽50代アルバイト女性
▽30代公務員男性
▽0〜9歳女子児童
▽20代男子学生
▽20代会社員男性
▽60代公務員男性
▽30代自営業男性
▽20代自営業女性
▽60代自営業男性
▽20代会社員男性
▽20代アルバイト女性
▽20代男性(職業非公表)
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代アルバイト男性
◇神栖市(15人)
▽40代会社員男性
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽50代会社員男性
▽40代パート女性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代パート女性
▽20代医療従事者男性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代会社員女性
◇水戸市(14人)
▽40代会社員女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代団体職員男性
▽20代男子学生
▽0〜9歳女子児童
▽10代女子生徒
▽10代男子生徒
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員女性
▽10代女子児童
▽0〜9歳男子児童
◇つくばみらい市(12人)
▽30代会社員女性
▽60代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽40代女性(職業非公表)
▽60代無職男性
▽60代無職女性
▽40代医療従事者女性
▽30代教職員女性
▽未就学男児
▽10代男子生徒
◇坂東市(11人)
▽10代男子学生
▽20代会社員女性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代男性(職業非公表)
▽50代男性(職業非公表)
▽30代会社員男性
◇鹿嶋市(11人)
▽40代会社員男性
▽20代無職女性
▽20代パート女性
▽40代会社員男性
▽40代無職女性
▽70代自営業男性
▽70代パート女性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代教職員女性
◇土浦市(10人)
▽50代パート女性
▽30代女性(職業非公表)
▽30代アルバイト男性
▽50代会社員男性
▽10代女子生徒
▽30代無職女性
▽50代会社員男性
▽50代会社員女性
▽50代会社員男性
▽30代会社員男性
◇境町(7人)
▽0〜9歳男子児童
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代アルバイト男性
▽10代男子学生
▽30代会社員女性
▽40代無職女性
◇守谷市(6人)
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
▽30代自営業男性
▽40代会社員男性
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
◇龍ケ崎市(5人)
▽40代会社員女性
▽20代会社員女性
▽20代男子学生
▽30代自営業男性
▽50代会社員男性
◇小美玉市(5人)
▽50代男性(職業非公表)
▽40代男性(職業非公表)
▽20代無職女性
▽50代会社員男性
▽30代無職女性(水戸市から茨城県に移管)
◇結城市(5人)
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽20代医療従事者女性
▽60代会社員男性
▽20代団体職員女性
◇阿見町(4人)
▽30代会社員男性
▽10代男子生徒
▽40代会社員男性
▽30代パート女性
◇日立市(4人)
▽40代パート女性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
◇常総市(4人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代無職女性
◇稲敷市(3人)
▽20代会社員男性
▽10代女子学生
▽20代会社員女性
◇筑西市(3人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽40代男性(職業非公表)
◇牛久市(2人)
▽40代会社員男性
▽10代会社員男性
◇かすみがうら市(2人)
▽30代男性(職業非公表)
▽60代会社員男性
◇美浦村(2人)
▽20代会社員女性
▽30代会社員男性
◇茨城町(2人)
▽30代会社員男性
▽70代無職女性(水戸市から茨城県に移管)
◇潮来市(2人)
▽50代パート女性
▽40代パート女性
◇笠間市(2人)
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
◇石岡市(1人)
▽40代会社員男性
◇行方市(1人)
▽30代パート女性
◇八千代町(1人)
▽20代会社員男性
◇鉾田市(1人)
▽70代無職女性
◇ひたちなか市(1人)
▽60代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽20代会社員男性
◇県外(1人)
▽30代無職女性(東京都)
■茨城県内の感染状況
新規 194人
累計 11901人
うち死者 167人
退院・退所等 10804人
(茨城県・水戸市発表、28日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


キリンビール取手工場・梶尾伸明工場長 ペットボトル入り増産へ 新ライン稼働、2022年めど 茨城の画像

キリンビール取手工場・梶尾伸明工場長 ペットボトル入り増産へ 新ライン稼働、2022年めど 茨城

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16273826219321

キリンビールは2022年8月をめどに取手工場(茨城取手市桑原)で新ラインを稼働させ、ペットボトルの増産を図っていく方針だ。梶尾伸明工場長に新型コロナウイルス感染拡大による影響や需要の変化、新たな設備投資について聞いた。
-新型コロナの影響は。
「新型コロナによる外出自粛で飲食店は非常に影響を受けている。取手工場でも、飲食店向けの瓶と樽(たる)の製造量は激減し、計画を大きく下回っている。一方で、『一番搾り』が前年比9%増となるなど家庭用缶は好調を維持している」
-需要の変化について。
「消費の二極化というか、中にはいいものを飲みたいという消費者もおり、コロナ禍の中、いろいろな価値観を持つ方に対して、うまく商品を提供できていると考えている。これからも『お客さま本位、品質本位』を胸に、魅力ある商品を届けていきたい」
-ペットボトルを増産する。
「ペットボトルには、家庭用の会員制『ホームタップ』と、飲食店向け『TAPPY(タッピー)』があり、それぞれ好調だ。販売増に備えて来年には新ラインを稼働させる。特に飲食店向けは、これまでは一番小さなもので7リットルだったが、タッピーは3リットルのサーバーなので、樽回収の手間がかからないなど飲食店にとってメリットがある。今後も、家庭用缶が中心だが、ペットボトルが加わることで、多様化するニーズに対応していく」
■かじおのぶあき
1966年生まれ。高松市出身。慶応大卒。89年入社。2006年取手工場パッケージング担当部長、12年キリンヨーロッパ社長、17年キリンディスティラリー社長兼御殿場工場長などを経て20年3月から現職。

【写真説明】
インタビューに答えるキリンビール取手工場の梶尾伸明工場長=取手市桑原


五輪代表の中山、野口両選手応援 地元・茨城の龍ケ崎市駅に特大看板の画像

五輪代表の中山、野口両選手応援 地元・茨城の龍ケ崎市駅に特大看板

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16273846489439

東京五輪に出場する地元ゆかりの選手を応援しようと、茨城県龍ケ崎市は26日、JR常磐線龍ケ崎市駅に特大の看板を設けた。スポーツクライミング女子の野口啓代選手とサッカー男子の中山雄太選手を紹介するとともに「世界で輝け、たつのこ」とのメッセージを書き入れた。
看板は縦約2.5メートル、横約5メートルの大きさ。市では当初、パブリックビューイングを計画していたが、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して取りやめた。応援の機会が限られる中で、両選手の活躍を願って掲出したという。
このほか市は、複合型ショッピングセンター「サプラ」でのメッセージボード設置や、ツイッターを取り入れたキャンペーンなど市民参加型の応援企画を展開している。市担当者は「パブリックビューイングはなくなったが、市民と一緒に両選手を応援し、五輪を盛り上げたい」と述べた。

【写真説明】
お目見えした特大の看板=JR龍ケ崎市駅東口


東京五輪 茨城・カシマスタジアムでボランティア奮闘 いい笑顔で「楽しく」 利根の大塚さん、海外記者対応の画像

東京五輪 茨城・カシマスタジアムでボランティア奮闘 いい笑顔で「楽しく」 利根の大塚さん、海外記者対応

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16273944869766

東京五輪サッカー競技で熱戦が続く茨城県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市)。国内外の記者やカメラマンが集う「メディアセンター」で、大会ボランティアの大塚有子さん(59)=利根町=が、外国人記者のサポートに奮闘している。原則無観客となり、世界中から訪れる観客をもてなすことはできなくなった。それでも活動を終える来月5日まで「楽しく五輪を成功させたい」と、笑顔を意識して対応に当たる。
「歴史に残るイベントに関わりたい」-。そんな思いから、大塚さんは五輪の大会ボランティアに応募した。
コロナ禍で開催そのものが危ぶまれた今回の五輪。大塚さんも、感染を懸念する周囲から反対されたこともあった。しかし、「やりたいことをやらずに後悔したくない。開催されるなら近くで応援したい」と、参加の意思は揺るがなかったという。
大塚さんが配属されたのは、世界中の記者が集まるメディアセンターのヘルプデスク。記者の要望に応じてタクシーを手配したり、取材上のルールなどを説明したりする。女子サッカー1次リーグ2試合があった27日は、外国人記者への対応やデスクの消毒作業などに追われた。
対応後、外国人記者から「サンキュー」「メルシー」と感謝の言葉を受け取った瞬間が、ボランティアとして最も充実を感じる時だ。
同センターは新型コロナウイルス感染者を出さないことを最重要課題として掲げる。大塚さんも自身の体調管理に努めながら業務に当たる。
マスク越しではあるものの、応対時は笑顔を絶やさないよう意識する。「自分がつまらなそうにしていたら相手にも伝わる。いい笑顔で出迎えたい」。カシマ最終戦の来月5日まで、忙しい日々は続きそうだ。

【写真説明】
県立カシマサッカースタジアムのメディアセンターで、海外メディアの問い合わせに応対する大会ボランティアの大塚有子さん(中央手前)=27日午後、鹿嶋市神向寺、吉田雅宏撮影


茨城県のコロナ対策指針 ステージ3引き上げ 16市町「感染拡大」指定の画像

茨城県のコロナ対策指針 ステージ3引き上げ 16市町「感染拡大」指定

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 28 Jul 2021 08:02:23 +0900

記事コード:16273846489422

茨城県内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大井川和彦知事は27日、臨時会見し、県独自のコロナ対策指針について、県全体のステージを2番目に深刻な3に1段階引き上げたと発表した。引き上げに伴い、「感染拡大市町村」に県南や県西を中心とする16市町を指定し、30日から8月12日までの2週間、不要不急の外出自粛や飲食店の営業時間短縮を要請する。県内の感染状況について、大井川知事は、全体の5割近くに上る変異株の拡大を要因に挙げ、「『第5波』に入ったというべき」との認識を示した。
ステージ3となったのは、6月7日に同2へ緩和して以来約7週間ぶり。県独自の判断指標「茨城版コロナNext」のうち、県内感染状況の2項目が26日以降、同3となったほか、同日時点の病床稼働数も135床と前の週に比べ急増したことから、引き上げを決めた。
感染拡大市町村に指定されたのは、土浦、古河、龍ケ崎、常総、取手、牛久、つくば、潮来、守谷、坂東、稲敷、行方、つくばみらい、大洗、阿見、境の各市町。いずれも、直近1週間の人口1万人当たりの新規陽性者数が1・5人以上となった。
対象の16市町では、不要不急の外出自粛のほか、飲食店に午後8時から午前5時までの営業自粛(酒類提供は午後7時まで)を要請。全期間で要請に協力した店舗には、売上高に応じた協力金を支給する。
大井川知事は「首都圏での感染急拡大に伴い、茨城県も県南や県西、鹿行地域で拡大傾向にある」と指摘。高齢者などのワクチン接種が進み「重症者数は抑えられている」としながらも、お盆休みなどを控えて帰省や会食の機会が増えることなどを懸念。改めて感染対策の徹底を呼び掛けた。
このほか、新型コロナの検査を条件に県内宿泊旅行料金を割り引く「いば旅あんしん割」は、30日から事業を停止する。既に申し込みのあった予約分については、キャンセルに応じるとした。
■感染拡大市町村
7月30日〜8月12日
土浦、古河、龍ケ崎、常総、取手、牛久、つくば、潮来、守谷、坂東、稲敷、行方、つくばみらい、大洗、阿見、境

【写真説明】
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対策ステージの引き上げを発表する大井川和彦知事=県庁


【速報】新型コロナ 茨城で新たに96人感染、1人死亡 県と水戸市発表 1月23日以来の90人超え 経路不明45人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに96人感染、1人死亡 県と水戸市発表 1月23日以来の90人超え 経路不明45人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 27 Jul 2021 22:55:48 +0900

記事コード:16273802793455

茨城県と水戸市は27日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計96人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内で1日当たりの感染者確認が90人を超えたのは、1月23日以来。感染者は累計で1万1707人、死者は167人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代男性。
県と市によると、同日に感染判明した96人のうち、陽性者との濃厚接触によるとみられる人が51人、経路不明の人が45人。
市町村別の感染者数は、つくば市21人、古河市11人、龍ケ崎市6人、水戸市5人、坂東市5人、ひたちなか市5人、常総市4人、土浦市4人、守谷市4人、潮来市3人、取手市3人、神栖市2人、牛久市2人、阿見町2人、鹿嶋市2人、県外2人、日立市2人、五霞町1人、境町1人、那珂市1人、小美玉市1人、八千代町1人、つくばみらい市1人、かすみがうら市1人、石岡市1人、利根町1人、稲敷市1人、鉾田市1人、行方市1人、大洗町1人。
新たに計43人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万761人となった。
居住地別の新規感染者96人は以下の通り。
◇つくば市(21人)
▽20代会社員男性
▽60代パート女性
▽20代自営業男性
▽30代自営業男性
▽30代パート女性
▽50代自営業男性
▽30代会社員女性
▽10代女子児童
▽未就学女児
▽未就学男児
▽30代会社員男性
▽40代自営業男性
▽60代パート女性
▽10代男子学生
▽30代パート女性
▽50代会社員男性
▽20代男子学生
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
▽40代会社員女性
▽30代無職男性
◇古河市(11人)
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
▽50代無職男性
▽50代パート女性
▽50代会社員男性
▽40代パート女性
▽40代無職女性
▽20代会社員男性
▽40代会社員女性
▽60代医療従事者女性
▽60代自営業男性
◇龍ケ崎市(6人)
▽20代会社員女性
▽20代自営業男性
▽60代パート女性
▽40代会社員女性
▽40代会社員男性
▽10代女子生徒
◇水戸市(5人)
▽50代会社員女性
▽30代無職男性
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
▽50代会社員男性
◇坂東市(5人)
▽20代無職女性
▽20代会社員男性
▽10代女子学生
▽50代会社員女性
▽40代会社員男性
◇ひたちなか市(5人)
▽40代無職女性
▽40代パート女性
▽10代会社員女性
▽30代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽40代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇常総市(4人)
▽30代無職女性
▽20代アルバイト女性
▽40代パート女性
▽10代男子生徒
◇土浦市(4人)
▽50代会社員男性
▽50代女性(職業非公表)
▽30代男性(職業非公表)
▽30代男性(職業非公表)
◇守谷市(4人)
▽40代会社員男性
▽40代会社員男性
▽10代女子生徒
▽40代会社員女性
◇潮来市(3人)
▽30代アルバイト女性
▽20代会社員女性
▽0〜9歳女子児童
◇取手市(3人)
▽20代女子学生
▽40代会社員男性
▽50代会社員女性
◇神栖市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇牛久市(2人)
▽70代無職女性
▽10代男子生徒
◇阿見町(2人)
▽0〜9歳女子児童
▽未就学男児
◇鹿嶋市(2人)
▽50代パート女性
▽20代会社員男性
◇県外(2人)
▽30代会社員女性(栃木県)
▽20代会社員女性(埼玉県)
◇日立市(2人)
▽20代会社員女性
▽30代会社員男性
◇五霞町(1人)
▽30代会社員男性
◇境町(1人)
▽30代会社員男性
◇那珂市(1人)
▽50代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇小美玉市(1人)
▽40代男性(職業非公表)
◇八千代町(1人)
▽30代男性(職業非公表)
◇つくばみらい市(1人)
▽40代自営業男性
◇かすみがうら市(1人)
▽30代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽20代会社員男性
◇利根町(1人)
▽10代女子生徒
◇稲敷市(1人)
▽30代会社員女性
◇鉾田市(1人)
▽未就学男児
◇行方市(1人)
▽40代会社員男性
◇大洗町(1人)
▽20代公務員女性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 96人
累計 11707人
うち死者 167人
退院・退所等 10761人
(茨城県・水戸市発表、27日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


台風8号 28日にも上陸 東北や関東、大雨警戒の画像

台風8号 28日にも上陸 東北や関東、大雨警戒

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 27 Jul 2021 09:16:15 +0900

記事コード:16273082798076

台風8号は26日、進路を西寄りに変えながら本州に接近した。今後は北寄りに進んで27〜28日にかけて東北から関東の太平洋側に上陸する可能性がある。台風の接近に伴い、沿岸部では北風と雨が強まる。土砂災害や過去に水害があった地域を中心に浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要だ。
27日の東京五輪は進路に当たる可能性がある宮城県利府町のキューアンドエースタジアムみやぎ、鹿嶋市のカシマスタジアムでサッカーが予定され、競技日程への影響が懸念される。
JR東日本は台風の接近に伴って27日午後5時ごろから山形新幹線上下8本を運休・区間運休にする。東北線などの在来線も同日午前から順次、運転を取りやめる。
静岡県熱海市は大規模土石流で被害が出た伊豆山地区の約270軒を対象に避難指示を出した。
気象庁によると、27日夕方までの24時間予想雨量は、いずれも多い場所で東北150ミリ、関東甲信120ミリ、北陸100ミリ。また、27日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、関東甲信20メートル(30メートル)、波の高さは東北、関東6メートル。
台風8号は26日午後9時現在、日本の東の海上を時速約30キロで西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカルで、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の北東側600キロ以内と南西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風域。
■カシマ、1校観戦中止
東京五輪のサッカー競技で県は26日、県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市)で27日に学校連携観戦を予定していたつくばみらい市の公立中1校が、観戦を取りやめると発表した。「台風接近による天候不順が心配されるため」と連絡があったという。
鹿嶋市教委は27日午前10時ごろ、実施の有無を判断する。試合が実施されても観戦が難しい状況になった場合は事業を中止にするという。同市では27日、公立小中学校計8校が観戦予定。会場周辺で子どもたちを誘導する「都市ボランティア」についても県が27日に対応を決める方針。
水戸地方気象台は、土砂災害や低地の浸水被害、高波に注意を呼び掛けている。県内の24時間の予想雨量は27日正午までに100ミリ。
水戸市は27日午前8時から、全34カ所の市民センターを避難所として開設する。

【写真説明】
台風8号の予想進路(26日18時現在)


【速報】新型コロナ 茨城で新たに86人、ステージ3「感染拡大状態」にの画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに86人、ステージ3「感染拡大状態」に

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 26 Jul 2021 19:05:45 +0900

記事コード:16272937329930

茨城県と水戸市は26日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計86人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1611人となった。
県と市によると、86人のうち陽性者との濃厚接触による感染とみられる人が46人、感染経路が分からない人が40人。
県独自のコロナ対策判断指標のうち、26日の時点で1日当たりの陽性者数(直近1週間平均)が66.7人、感染経路不明の陽性者数(同)が28.7人となり、ともに2番目に深刻なステージ3(感染拡大状態)に上がった。ステージ3になるのは、それぞれ5月20日、4月28日以来。
市町村別の感染者数は、つくば市23人、常総市9人、守谷市8人、筑西市7人、つくばみらい市4人、水戸市3人、古河市3人、下妻市3人、鉾田市3人、龍ケ崎市3人、結城市2人、東海村2人、県外2人、阿見町2人、神栖市2人、行方市2人、潮来市2人、常陸大宮市1人、取手市1人、桜川市1人、境町1人、坂東市1人、土浦市1人。
県内感染者が増加していることについて、県感染症対策課は「県南・県西地域を中心に増え、1つの固まりでなくいろいろな場所で感染者が出ている」と説明している。
新たに計43人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計1万718人となった。
居住地別の新規感染者86人は以下の通り。
◇つくば市(23人)
▽30代アルバイト女性
▽0〜9歳男子児童
▽20代アルバイト男性
▽50代会社員女性
▽10代男子生徒
▽10代女子学生
▽20代無職女性
▽30代会社員男性
▽60代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員女性
▽60代会社員女性
▽20代会社員女性
▽20代男子学生
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
▽20代医療従事者女性
▽10代男子生徒
▽20代団体職員女性
▽30代教職員女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代無職女性
◇常総市(9人)
▽10代女子生徒
▽20代アルバイト女性
▽30代会社員女性
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
▽60代無職女性
▽20代女性(職業非公表)
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
◇守谷市(8人)
▽50代会社員男性
▽10代女子生徒
▽未就学男児
▽20代男子学生
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇筑西市(7人)
▽30代アルバイト男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代会社員男性
▽50代会社員女性
▽30代パート女性
▽10代女子児童
◇つくばみらい市(4人)
▽30代会社員男性
▽40代医療従事者女性
▽10代男子生徒
▽30代公務員男性
◇水戸市(3人)
▽50代会社員男性
▽30代無職女性
▽50代女性(職業非公表)
◇古河市(3人)
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代自営業男性
◇下妻市(3人)
▽50代会社員女性
▽30代会社員男性
▽80代無職男性
◇鉾田市(3人)
▽40代パート女性
▽40代会社員男性
▽40代自営業男性(水戸市から県に移管)
◇龍ケ崎市(3人)
▽40代会社員男性
▽20代会社員女性
▽40代アルバイト女性
◇結城市(2人)
▽30代無職男性
▽20代会社員男性
◇東海村(2人)
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
◇県外(2人)
▽40代会社員女性(東京都)
▽50代会社員男性(栃木県)
◇阿見町(2人)
▽10代男子学生
▽50代自営業男性
◇神栖市(2人)
▽40代会社員女性
▽30代会社員男性
◇行方市(2人)
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
◇潮来市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代無職女性
◇常陸大宮市(1人)
▽40代会社員男性
◇取手市(1人)
▽30代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽20代会社員男性
◇境町(1人)
▽未就学女児
◇坂東市(1人)
▽20代女子学生
◇土浦市(1人)
▽70代自営業男性
■茨城県内の感染状況
新規 86人
累計 11611人
うち死者 166人
退院・退所等 10675人
(茨城県・水戸市発表、26日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに63人感染 県と水戸市発表 古河市で11人の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに63人感染 県と水戸市発表 古河市で11人

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 25 Jul 2021 20:03:22 +0900

記事コード:16272055692113

茨城県と水戸市は25日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計63人確認されたと発表した。県内の累計感染者は1万1525人となった。
県と市によると、63人のうち陽性者との濃厚接触に伴う感染とみられる人が44人で、感染経路が分かっていない人が19人。
市町村別の感染者数は、古河市11人、つくば市9人、行方市6人、取手市5人、土浦市5人、石岡市4人、鹿嶋市3人、龍ケ崎市3人、常総市3人、水戸市2人、牛久市2人、阿見町2人、東海村2人、県外1人、笠間市1人、結城市1人、筑西市1人、潮来市1人、小美玉市1人。
新たに計54人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万675人となった。
居住地別の新規感染者63人は以下の通り。
◇古河市(11人)
▽40代会社員女性
▽80代無職女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代パート女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代女子生徒
◇つくば市(9人)
▽30代パート女性
▽50代自営業男性
▽20代会社員女性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽70代会社員男性
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽60代無職女性
◇行方市(6人)
▽0〜9歳男子児童
▽70代無職女性
▽40代自営業女性
▽40代会社員男性
▽70代自営業女性
▽40代自営業男性(水戸市から県に移管)
◇取手市(5人)
▽10代男子生徒
▽30代教職員男性
▽20代会社員男性
▽40代アルバイト女性
▽10代男子学生
◇土浦市(5人)
▽20代会社員男性
▽30代会社員女性
▽40代自営業男性
▽60代自営業女性
▽50代パート女性
◇石岡市(4人)
▽30代アルバイト男性
▽60代教職員男性
▽60代教職員女性
▽40代パート女性
◇鹿嶋市(3人)
▽20代会社員女性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽20代会社員男性
▽60代無職女性
▽20代男子学生
◇常総市(3人)
▽20代無職男性
▽20代アルバイト女性
▽40代会社員男性
◇水戸市(2人)
▽50代会社員男性
▽プロスポーツ選手男性(年代非公表)
◇牛久市(2人)
▽20代会社員男性
▽10代アルバイト女性
◇阿見町(2人)
▽60代パート女性
▽40代無職女性
◇東海村(2人)
▽20代無職女性
▽20代会社員男性
◇笠間市(1人)
▽50代会社員男性
◇結城市(1人)
▽20代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽20代会社員男性
◇潮来市(1人)
▽30代自営業男性
◇小美玉市(1人)
▽30代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇県外(1人)
▽30代会社員男性(栃木県)
■茨城県内の感染状況
新規 63人
累計 11525人
うち死者 166人
退院・退所等累計 10675人
(茨城県・水戸市発表、25日午後6時30分現在)


茨城県南3事務組合統合へ 23年目標 効率的な広域行政推進の画像

茨城県南3事務組合統合へ 23年目標 効率的な広域行政推進

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,取手市

最終更新日:Sun, 25 Jul 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16271294451351

茨城県南地域の市町村でつくる三つの一部事務組合が、2023年4月の統合を目指し、動きだしたことが分かった。自治体間の連携を強めるとともに、効率的な広域行政を推進するのが狙い。すでに各市町村長と組合議会議員には方針が示されているが、実現には構成市町村議会の議決が必要となる。メリットを明示し、合意形成を図る努力が求められそうだ。
統合が計画されているのは、ごみ処理などの龍ケ崎地方塵芥処理組合▽し尿処理の龍ケ崎地方衛生組合▽消防などの稲敷地方広域市町村圏事務組合。
各組合の予算は構成自治体が支出する負担金などに頼る。いずれも龍ケ崎市に事務所を置き、中山一生市長が管理者を、その他の首長が副管理者を務める。それぞれの組合に議会が置かれ、構成市町村議会から議員が選出される。
連絡調整を担う龍ケ崎地方衛生組合によると、統合の在り方は(1)3組合を解散して新たな組合を設立する、(2)1組合が2組合を吸収する-の二通りを想定。どちらの場合も当該市町村議会の議決を経た上で、県知事が承認する。
統合後の管轄人口は約40万人で県内有数の規模となる見通し。市町村ごとに関係する事務内容が異なるため、地方自治法が規定する「複合的一部事務組合」となるという。負担金の額も従来と変わらないようにする方針だ。
3組合では現状、消防本部を擁する稲敷地方広域市町村圏事務組合を除き、定期的な職員採用が行われていない。統合により長期的な人材育成につなげられるほか、年額5万〜9万円程度の正副管理者と各組合議会議員への報酬など人件費削減も見込める。
茨城新聞の取材に中山市長は、統合によって新たな広域行政の受け皿が生まれるとし、「人口減社会時代の要請と捉えている。8市町村の枠組みで公共施設の運営を考えることにもつながるはず。不公平感が生じないようにするし、説明も惜しまない」と強調した。
■一部事務組合の構成市町村
・龍ケ崎地方塵芥処理組合(ごみ、最終処分場) 龍ケ崎市、河内町、利根町
・龍ケ崎地方衛生組合(し尿処理) 龍ケ崎市、取手市、牛久市、稲敷市、美浦村、阿見町、河内町、利根町
・稲敷地方広域市町村圏事務組合(主に消防) 龍ケ崎市、牛久市、稲敷市、美浦村、阿見町、河内町、利根町


前月比1093人減 6月1日茨城県人口の画像

前月比1093人減 6月1日茨城県人口

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sun, 25 Jul 2021 12:42:28 +0900

記事コード:16271294451350

茨城県は24日までに、6月1日現在の県人口をまとめた。総人口は284万3788人となり、5月1日と比べ1093人減少した。
5月中に自然動態(出生1421人、死亡2630人)で1209人が減り、社会動態(転入7141人、転出7025人)で116人増加した。
市町村別で増えたのは4市1町1村。世帯数は119万5802人で、5月中に564世帯増加した。


女性農業士認定 霜多さん、市長に報告 茨城・取手の画像

女性農業士認定 霜多さん、市長に報告 茨城・取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 25 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16271253823269

茨城県女性農業士の認定を受けた取手市貝塚の霜多浩子さん(50)=シモタ農芸=が15日、同市役所を訪れ、藤井信吾市長に認定を報告するとともに、今後の抱負を語った。
女性農業士は、農業経営の充実や地域農業のリーダー役を担う。市によると、同市内では7年ぶりの女性農業士の誕生。
シモタ農芸はミントやバジルなど各種ハーブ類、イチゴなどを生産。代表の霜多増雄さんは日本のハーブ栽培の第一人者。
藤井市長は「未来につながると思う。これを機に一層飛躍してほしい」と激励。霜多さんは「デザインや営業関係にも力を入れ、取手のことも発信していきたい。地域に貢献し、皆さまに恩返しができれば」と語った。

【写真説明】
女性農業士の認定を受け、藤井信吾市長(右)に抱負を語る霜多浩子さん=取手市役所


【速報】新型コロナ、茨城で新たに44人感染 県と水戸市発表 守谷8人、龍ケ崎6人の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに44人感染 県と水戸市発表 守谷8人、龍ケ崎6人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 24 Jul 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16271150687816

茨城県と水戸市は24日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計44人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1462人となった。
県と市によると、新規感染者のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのが29人で、感染経路不明が15人。
市町村別の感染者数は、守谷市8人、龍ケ崎市6人、取手市5人、つくば市5人、古河市4人、阿見町3人、稲敷市3人、大洗町2人、土浦市2人、水戸市2人、ひたちなか市1人、牛久市1人、利根町1人、筑西市1人。
新たに計41人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万621人となった。
居住地別の新規感染者44人は以下の通り。
◇守谷市(8人)
▽50代アルバイト女性
▽50代公務員男性
▽30代団体職員女性
▽10代男子生徒
▽未就学女児
▽20代無職男性
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
◇龍ケ崎市(6人)
▽未就学男児
▽40代会社員男性
▽40代会社員女性
▽20代アルバイト女性
▽未就学女児
▽未就学女児
◇取手市(5人)
▽10代女子学生
▽20代アルバイト男性
▽20代会社員女性
▽30代会社員女性
▽60代無職女性
◇つくば市(5人)
▽40代会社員男性
▽20代女子学生
▽10代女子学生
▽80代無職女性
▽30代教職員男性
◇古河市(4人)
▽20代会社員男性
▽40代無職女性
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
◇阿見町(3人)
▽50代医療従事者女性
▽70代無職男性
▽30代会社員男性
◇稲敷市(3人)
▽30代アルバイト男性
▽未就学男児
▽80代無職男性
◇大洗町(2人)
▽50代会社員男性
▽50代女性(職業非公表)
◇土浦市(2人)
▽20代会社員男性
▽40代女性(職業非公表)
◇水戸市(2人)
▽男性プロスポーツ選手(年代非公表)
▽男性プロスポーツ選手(年代非公表)
◇ひたちなか市(1人)
▽20代会社員女性
◇牛久市(1人)
▽10代女子学生
◇利根町(1人)
▽20代会社員女性
◇筑西市(1人)
▽50代会社員男性
■県内の感染状況
新規 44人
累計 11462人
うち死者 166人
退院・退所等 10621人
(県・水戸市発表、24日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに54人感染 4日連続の50人超え 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに54人感染 4日連続の50人超え 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 23 Jul 2021 19:04:53 +0900

記事コード:16270345085821

茨城県と水戸市は23日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計54人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1418人となった。
県と市によると、この日感染判明した54人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられている人は25人で、発表段階で感染経路が分かっていない人が29人。
市町村別の感染者数は、土浦市8人、県外7人、つくば市5人、潮来市4人、行方市4人、古河市4人、水戸市3人、牛久市3人、取手市3人、龍ケ崎市2人、筑西市1人、ひたちなか市1人、坂東市1人、境町1人、小美玉市1人、常総市1人、那珂市1人、守谷市1人、神栖市1人、鉾田市1人、阿見町1人。
新たに計41人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万580人となった。
居住地別の新規感染者54人は以下の通り。
◇土浦市(8人)
▽50代会社員男性
▽20代男子学生
▽50代自営業男性
▽40代自営業男性
▽50代パート女性
▽30代会社員女性
▽20代会社員女性
▽40代会社員男性
◇県外(7人)
▽0〜9歳未就学男児(千葉県)
▽40代会社員男性(栃木県)
▽20代飲食業女性(栃木県)
▽60代自営業女性(埼玉県)
▽20代会社員男性(埼玉県)
▽30代会社員男性(埼玉県)
▽50代会社員男性(栃木県)
◇つくば市(5人)
▽30代会社員女性
▽40代会社員男性
▽50代自営業男性
▽10代無職女性
▽10代男子生徒
◇潮来市(4人)
▽30代会社員男性
▽30代会社員女性
▽40代会社員女性
▽30代会社員男性
◇行方市(4人)
▽40代自営業男性
▽40代自営業男性
▽50代自営業男性
▽50代自営業女性
◇古河市(4人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
◇水戸市(3人)
▽50代パート女性
▽60代会社員男性
▽60代会社員男性
◇牛久市(3人)
▽10代女子生徒
▽10代女子生徒
▽70代無職女性
◇取手市(3人)
▽30代会社員男性
▽70代自営業女性
▽40代会社員男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽40代パート女性
▽50代パート女性
◇筑西市(1人)
▽10代男子学生
◇ひたちなか市(1人)
▽30代公務員女性(水戸市から茨城県に移管)
◇坂東市(1人)
▽40代会社員男性
◇境町(1人)
▽20代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽50代会社員男性
◇常総市(1人)
▽20代会社員女性
◇那珂市(1人)
▽40代パート女性
◇守谷市(1人)
▽20代職業確認中男性
◇神栖市(1人)
▽20代無職女性
◇鉾田市(1人)
▽50代パート女性
◇阿見町(1人)
▽30代パート女性
■茨城県内の感染状況
新規 54人
累計 11418人
うち死者 166人
退院・退所等 10580人
(茨城県・水戸市発表、23日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城・取手市 パラ山口選手の応援幕を掲示の画像

茨城・取手市 パラ山口選手の応援幕を掲示

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 23 Jul 2021 16:00:00 +0900

記事コード:16269497670996

東京パラリンピックのゴールボール競技の日本代表に茨城県取手市出身の山口凌河選手(24)=関彰商事=の出場が決まったことを受け、同市は20日、同市寺田の市役所本庁舎など、市内6カ所に応援幕を掲示した。
ゴールボールは1チーム3人で対戦。目隠しをして鈴の入ったボールを互いに投げ合い得点を競う競技。今月上旬に代表の発表があり、山口選手は「期待に応えられるよう全身全霊で戦いますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。
応援幕はそのほか、藤代庁舎、取手グリーンスポーツセンター、藤代スポーツセンター、JR取手駅、藤代駅の市内計6カ所に設置。東京パラリンピックが閉幕するまで掲示する。

【写真説明】
取手市役所本庁舎に掲示された山口凌河選手の応援幕=同市寺田


茨城・取手の山王小 英語だけで授業 特色ある学習公開の画像

茨城・取手の山王小 英語だけで授業 特色ある学習公開

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 22 Jul 2021 13:01:23 +0900

記事コード:16268754812200

4月から小規模特認校に移行した茨城県取手市立山王小学校(浅野誠校長、児童60人)で15日、第1回オープンキャンパスがあった。特色ある教育プログラムの「オール・イングリッシュ授業」と「となりのスタジオ」が公開され、興味を持つ保護者らが参観した。
同校は小規模特認校として特色ある教育に力を入れ、専任の英語教員による生きた英語学習や、アーティストが校内にスタジオを開設して児童が間近にアートに触れる芸術体験などに取り組んでいる。
オール・イングリッシュ授業は週2回あり、担当するのは、県の英語スペシャリスト教員として採用された米国出身のルー・アンディ・トーマスさん(31)。
授業は児童も含めて全て英語だけで行われ、同日の6年生の授業では、「トラベルエージェンシー」として、児童が自分の行きたい国を紹介した。児童はパソコンに収めたプレゼン映像を見せるなどし、英語を使って積極的に会話をしていた。
韮沢(にらさわ)里世子さん(12)は「全部英語なのでちゃんと分からないところもあるけれど、なんとなく分かる。ルー先生は面白くって、この英語の授業は楽しい」と話していた。
同校は市内どこからでも就学可能で、5人が学区外からの通学という。

【写真説明】
オール・イングリッシュ授業で積極的に英語で会話する児童たち=取手市立山王小


新型コロナ 茨城県内「第5波」鮮明に 直近2週間、感染者1.5倍の画像

新型コロナ 茨城県内「第5波」鮮明に 直近2週間、感染者1.5倍

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 22 Jul 2021 08:45:33 +0900

記事コード:16268754812194

茨城県内でも新型コロナウイルス感染の「第5波」が鮮明になりつつある。県によると、直近2週間の感染者数は、その前の2週間と比べ約1.5倍に増加。新規感染者の9割以上は60歳未満で若年層が目立つといい、首都圏との往来が多い県南地域が全体の6割超を占める。
県のまとめでは、今月8〜21日の2週間の県内感染者(計574人)のうち、年代別では20〜30代が43%で最多。次いで40〜50代が30%、20歳未満が20%と続く。60代以上は全体の7%にとどまる。
高齢者の感染が減り、7月以降は福祉施設や医療機関でのクラスター(感染者集団)発生もないことから、県は「ワクチン接種の効果が出ている」と分析している。
直近2週間の感染者を地域別に見ると、県南が65%で最多。次いで県西15%、県央12%、県北と鹿行が各2%だった。感染者は40市町村で確認され、つくば市の99人が最多。次いで土浦市62人、取手市48人、水戸市44人と続く。
インド由来のデルタ株などを含むL452R変異株の感染者も急増している。6月は27人だったが、7月は21日時点で122人を確認。同変異株の陽性率も直近では3割近くまで上昇している。
感染再拡大の兆しが見えるものの、県独自の感染状況を示す指標は現在、病床稼働数と新規感染者数、経路不明者数の三つはステージ2(おおむね抑制)を維持している。
県は、職場や学校、知人との会食、レジャーなどを通じた感染が増えているとして、4連休を前に「感染防止策の一層の徹底を」と呼び掛けている。

【写真説明】
県内陽性者の年齢内訳


茨城県つくばみらい市 災害時に燃料供給 石油商組と協定の画像

茨城県つくばみらい市 災害時に燃料供給 石油商組と協定

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 22 Jul 2021 12:51:38 +0900

記事コード:16268754812193

茨城県つくばみらい市と県石油商業組合取手支部つくばみらい部会は15日、災害時の燃料供給支援協定を結んだ。災害復旧活動に伴う車両や設備の確保を優先的に行うことで、市の災害対応能力の向上を図る狙い。
近年全国で多発している豪雨による土砂災害や大地震などの災害発生時に、燃料の確保は重要な課題となっている。協定ではライフラインの復旧活動などに使う車両への燃料確保、避難所で必要な発電機器を優先的に供給してもらうことで、被災者支援や市民生活の早期安定につなげる。
協定式で、小田川浩市長は「市内の石油事業者にはこれまでも協力いただいており、協定締結で役割分担がより明確になった」と話した。斉藤久部会長は「2015年の関東・東北豪雨では燃料が届けられないこともあった。市と連携し、災害準備をしっかり進めたい」と強調した。

【写真説明】
協定を結んだ小田川浩市長(左)と県石油商業組合取手支部つくばみらい部会の斉藤久部会長=つくばみらい市役所伊奈庁舎


【速報】新型コロナ、茨城で新たに77人感染 県と水戸市発表 「第5波」か、6月12日以来の70人超え 半数以上が経路不明の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに77人感染 県と水戸市発表 「第5波」か、6月12日以来の70人超え 半数以上が経路不明

関連地域 :龍ケ崎市,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 20:49:06 +0900

記事コード:16268619103845

茨城県と水戸市は21日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計77人確認されたと発表した。1日当たりの感染者数が70人を超えたのは6月12日(84人)以来で、県内の感染者は累計1万1278人となった。
県と市によると、77人のうち、陽性者との濃厚接触による感染とみられる人が38人、感染経路が分かっていない人が39人。
市町村別の感染者数は、つくば市13人、龍ケ崎市11人、土浦市9人、古河市4人、常総市4人、取手市4人、ひたちなか市3人、阿見町3人、坂東市3人、水戸市3人、美浦村2人、県外2人、牛久市2人、つくばみらい市2人、筑西市2人、潮来市2人、守谷市1人、東海村1人、石岡市1人、かすみがうら市1人、稲敷市1人、神栖市1人、行方市1人、河内町1人。
新たに計37人が退院、退所、自宅療養終了し、県内の回復者は累計1万501人となった。
居住地別の新規感染者77人は以下の通り。
◇つくば市(13人)
▽20代無職女性
▽未就学男児
▽40代会社員男性
▽30代パート女性
▽30代会社員男性
▽40代パート女性
▽50代学生男性
▽30代会社員男性
▽50代公務員男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽20代無職女性
◇龍ケ崎市(11人)
▽20代会社員女性
▽40代自営業男性
▽10代無職男性
▽10代女子生徒
▽30代無職女性
▽10代男子生徒
▽10代男子児童
▽10代男子児童
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
◇土浦市(9人)
▽20代無職女性
▽40代無職女性
▽20代自営業男性
▽20代無職男性
▽40代医療従事者女性
▽20代会社員女性
▽20代自営業女性
▽40代会社員男性
▽20代パート女性
◇古河市(4人)
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽10代公務員男性
▽20代会社員男性
◇常総市(4人)
▽50代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員女性
▽50代パート女性
◇取手市(4人)
▽20代会社員男性
▽20代自営業男性
▽40代会社員女性
▽40代無職女性
◇ひたちなか市(3人)
▽30代パート女性
▽0〜9歳男子児童
▽60代会社員男性
◇阿見町(3人)
▽20代アルバイト男性
▽10代女子学生
▽30代自営業男性
◇坂東市(3人)
▽10代飲食業女性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
◇水戸市(3人)
▽50代自営業男性
▽50代会社員男性
▽30代会社員男性
◇美浦村(2人)
▽20代会社員女性
▽30代パート女性
◇県外(2人)
▽30代会社員男性(東京都)
▽40代パート女性(栃木県)
◇牛久市(2人)
▽20代会社員女性
▽50代パート女性
◇つくばみらい市(2人)
▽50代パート女性
▽20代アルバイト女性
◇筑西市(2人)
▽未就学男児
▽50代アルバイト女性
◇潮来市(2人)
▽30代会社員女性
▽30代無職女性
◇守谷市(1人)
▽30代会社員男性
◇東海村(1人)
▽60代自営業男性
◇石岡市(1人)
▽30代会社員女性
◇かすみがうら市(1人)
▽20代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員女性
◇神栖市(1人)
▽30代会社員男性
◇行方市(1人)
▽20代自営業女性
◇河内町(1人)
▽40代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 77人
累計 11278人
うち死者 166人
退院・退所等累計 10501人
(茨城県・水戸市発表、21日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


古民家活用へ条件整備を 再生協支部 茨城・古河市に要望の画像

古民家活用へ条件整備を 再生協支部 茨城・古河市に要望

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16267808039791

全国古民家再生協会茨城第一支部(茨城県古河市小堤)は13日、企業版ふるさと納税の寄付を古民家の利活用に充てられるようにするための条件整備や空き家対策、観光庁の登録事業への協力を求める要望書を、同市の針谷力市長に提出した。
同協会は自治体などと連携して、古民家の利活用によるまちづくりを推進。会員は古民家鑑定士で、鑑定士育成にも取り組んでいる。第一支部のほか、第二支部(下妻市)と第三支部(取手市)がある。
観光地域づくりを推進する法人「日本版DMO」の候補法人として、観光庁に登録された「まくらがDMC」は関連団体。同市周辺の歴史や農業、工業、商業の観光資源を地域活性化に生かす「域内連携実証事業」を、本年度内に実施するとしている。
同日は、山中美登樹代表理事や森田悦男県議ら5人が市役所総和庁舎を訪問。市は針谷市長と近藤かおる副市長、落合昇平企画政策部長が対応し、寄付を受けるための具体的な事業の提案や、企業版ふるさと納税以外の資金調達方法を検討するよう助言した。
山中代表理事は「歴史的建造物の活用は、空き家問題の解決にもつながる」と重ねて協力を要請。針谷市長は「さまざまな可能性を探り、地域の魅力発信へ一緒に協力していきたい」と述べた。

【写真説明】
要望書を手にする針谷力市長(中央左)と山中美登樹代表理事(同右)=古河市役所総和庁舎


新型コロナ 茨城で57人感染 認定こども園でクラスターかの画像

新型コロナ 茨城で57人感染 認定こども園でクラスターか

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 10:08:54 +0900

記事コード:16267808039774

茨城県と水戸市は20日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計57人確認されたと発表した。うち1人は人工呼吸器を付けるなど重症。県内の累計感染者は1万1201人。
県によると、取手市内の認定こども園で園児3人の感染が判明。園内の陽性者は園児と職員の計5人となり、新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
20日までに確認された感染者のうち、新たに7人がL452R変異株陽性と判明し、累計142人となった。このうち9人はインドに由来するデルタ株と分かり、同株確認は累計27人。
このほか新型コロナ感染者のうち新たに35人が回復。県内の退院・退所などは計1万464人。
また、水戸地裁は20日、同地裁土浦支部に所属する書記官の女性の感染を発表した。裁判の期日など業務に影響はないという。
■県内の感染状況
新規 57人
累計 11201人
うち死者 166人
退院・退所等 10464人
(県発表、20日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


サッカー・中山雄太(龍ケ崎出身) 悲願へ左サイド挑戦の画像

サッカー・中山雄太(龍ケ崎出身) 悲願へ左サイド挑戦

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16267912475007

東京五輪世代で継続的に招集され、主将も務めてきた中山雄太。東京五輪では左サイドバックを担う見込みだ。ユーティリティー性が特長の24歳は「任されたポジションは、どこでもやれるようにしたい」と前向きに考える。
龍ケ崎・愛宕中2年の時、茨城県サッカー協会が毎年行うU-14(14歳以下)県選抜チームの欧州派遣に参加した。出発前、「技術、気持ちも強い相手に対して積極的にプレーする」と意気込んだ。オランダとイタリアを訪問し、地元チームとの親善試合などを通じ、技術や成熟したサッカー文化に触れた。
世界レベルを体感した翌年、J1柏の下部組織に加入した。高校時代も柏で過ごし、2015年にトップチームに昇格した。17年はセンターバックの主力としてJ1で30試合に出場し、Jリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞した。その後、さらなる飛躍を求め、19年1月、オランダ1部・ズウォレへ移籍した。
高校時代から年代別代表でも活躍し、16年にはU-19アジア選手権の優勝に貢献した。この時センターバックのコンビを組んだ冨安健洋(伊・ボローニャ)とは以降も代表活動で絆を強めてきた。東京五輪世代を中心に構成した19年の南米選手権ではフル代表デビューも果たした。
これまで主にセンターバックやボランチを務めてきた。左足のキック精度が高く、後方から攻撃を組み立てる。19年に行われたU-22ブラジル代表との国際親善試合では、強烈な左足ミドルシュートも決めた。
先月5日に行われたU-24ガーナ代表戦は左サイドバックとして出場した。「僕自身、どのポジションなのかは探っている状態」と明かす。サイドバックとしての経験値は少ないが、代表ではオーバーエージ枠の酒井宏樹(J1浦和)ら「素晴らしいお手本となる選手」がおり、成長を続ける。
森保監督は先月22日、東京五輪メンバー発表の会見で、ユーティリティー性を選考基準の一つにしたと明かした。大会は決勝戦以外は中2日で戦う過酷なスケジュール。それだけに指揮官は「過密日程を酷暑の中で戦う。スペシャルでありながら、複数ポジションをこなせる選手を選ばせてもらった」と述べた。三つのポジションをこなせる中山は重宝される存在だ。
左サイドバックとしての経験不足は、左センターバックを務める冨安との連係で解決していく。「サイドバックのキャリアがないので、トライアンドエラーをしていきたい。新しいものへのチャレンジなので、エラーはつきもの。『エラーがあることを頭に入れておいてほしい』と冨安には伝えた」と語る。
1968年メキシコ五輪以来のメダル獲得はなるか。左サイドの輝きが増せば、その悲願は近づいてくる。(おわり)
■なかやまゆうた
1997年2月16日生まれ、龍ケ崎市出身。身長181センチ、体重76キロ。利き足は左。オランダ・ズウォレ所属。

【写真説明】
左サイドでの活躍が期待されるサッカーの中山雄太


【速報】新型コロナ 茨城・取手の認定こども園でクラスタ―かの画像

【速報】新型コロナ 茨城・取手の認定こども園でクラスタ―か

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 21:25:40 +0900

記事コード:16267826389326

茨城県と水戸市が20日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計57人のうち、取手市の未就学男児2人と女児1人の計3人は、同市内の認定こども園に通っており、園内の感染者は園児4人、職員1人の計5人となった。県はクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとしている。
また、国土交通省関東地方整備局は同日、常総国道事務所(土浦市)で業務に従事する、委託契約会社の社員の感染が確認されたと発表した。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに57人感染 県と水戸市発表 重症1人の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに57人感染 県と水戸市発表 重症1人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 19:02:08 +0900

記事コード:16267736541179

茨城県と水戸市は20日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計57人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1201人となった。
県と市によると、57人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が30人、感染経路が分からない人が27人。
県によると、重症者が1人。
市町村別の感染者数は、取手市13人、つくば市9人、石岡市4人、常総市4人、牛久市3人、土浦市3人、県外2人、守谷市2人、龍ケ崎市2人、行方市2人、つくばみらい市2人、坂東市2人、水戸市2人、利根町1人、常陸大宮市1人、神栖市1人、八千代町1人、下妻市1人、境町1人、古河市1人。
新たに35人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万464人となった。
居住地別の新規感染者57人は以下の通り。
◇取手市(13人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員女性
▽30代アルバイト女性
▽未就学男児
▽50代会社員男性
▽40代パート男性
▽未就学男児
▽未就学男児
▽40代会社員男性
▽未就学女児
▽未就学女児
▽40代会社員男性
▽40代会社員男性
◇つくば市(9人)
▽10代会社員女性
▽30代会社員男性
▽50代パート女性
▽20代女子学生
▽20代男子学生
▽30代無職女性
▽50代会社員男性
▽20代無職男性
▽40代アルバイト女性
◇石岡市(4人)
▽60代無職女性
▽30代無職女性
▽60代男性(職業非公表)
▽50代自営業男性
◇常総市(4人)
▽40代自営業男性
▽50代パート女性
▽40代会社員女性
▽20代男子学生
◇牛久市(3人)
▽20代無職女性
▽50代パート女性
▽10代女子児童
◇土浦市(3人)
▽60代無職女性
▽40代会社員男性
▽70代自営業男性
◇県外(2人)
▽40代自営業男性(千葉県)
▽40代自営業男性(千葉県)
◇守谷市(2人)
▽50代会社員男性
▽10代男子学生
◇龍ケ崎市(2人)
▽60代会社員男性
▽50代会社員男性
◇行方市(2人)
▽40代男性(職業非公表)
▽40代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇つくばみらい市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽40代会社員男性
◇坂東市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇水戸市(2人)
▽70代無職女性
▽70代無職女性
◇利根町(1人)
▽20代会社員男性
◇常陸大宮市(1人)
▽60代無職男性
◇神栖市(1人)
▽30代無職女性
◇八千代町(1人)
▽10代会社員女性
◇下妻市(1人)
▽50代会社員男性
◇境町(1人)
▽40代パート男性
◇古河市(1人)
▽10代女子学生
■茨城県内の感染状況
新規 57人
累計 11201人
うち死者 166人
退院・退所等 10464人
(茨城県・水戸市発表、20日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城・龍ケ崎の愛宕中が東京五輪出場の中山選手応援旗 母校生徒ら制作の画像

茨城・龍ケ崎の愛宕中が東京五輪出場の中山選手応援旗 母校生徒ら制作

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 10:00:01 +0900

記事コード:16266971994933

東京五輪サッカー男子日本代表に内定した茨城県龍ケ崎市出身の中山雄太選手の活躍を願い、母校・市立愛宕中に通う生徒らが応援フラッグ2枚を制作した。メッセージをびっしりと書き入れるなど、地元の星に思いを託した。
フラッグは所属事務所を通して届けられたという。中山選手は市を介し「様々(さまざま)な形で皆さんの祝辞を頂き、非常に嬉(うれ)しいです。期待にお答えできるよう日々精進していきます」とのコメントを寄せた。
同校生徒会長の川口紗英さん(3年)は「愛宕中生の気持ちがたくさん詰まっています。中山選手は愛宕中の誇りです。心より健闘を祈っています」と語った。
市ではこのほか、特別奨励金として100万円を中山選手に贈ると決めた。

【写真説明】
生徒たちが制作した2枚の応援フラッグ=龍ケ崎市立愛宕中(市提供)


カフェの運営実践 茨城・取手、創業スクール受講生 役割分担、ランチ提供の画像

カフェの運営実践 茨城・取手、創業スクール受講生 役割分担、ランチ提供

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 21 Jul 2021 09:58:48 +0900

記事コード:16266949977038

茨城県取手市内での起業を応援する「とりで起業家支援ネットワーク(Match)」(吉田雅紀代表理事)の創業スクールが17、18の両日、同市中央町のJR取手駅ビル1階のチャレンジショップ「MATCH MARKET」で行われた。開業を目指す講習生6人が実際の店舗経営を体験した。
同ネットワークは、開業を目指す人を対象に、創業スクールを開催しており、今回は飲食に特化した講座。チャレンジショップは地方創生推進交付金を受けて厨房(ちゅうぼう)機器や飲食スペースを備えた施設で、講座で実際の店舗で実習を行うのは初の試み。
今回の受講生は市内外の30〜70代の男女6人。専門の講師から3日間、開業に必要なコンセプト設計、メニュー開発、原価計算、ビジネスプラン作成などを学んできた。実践の場となる実習が最終の講義。
開業に当たっては、各自が実現したいことをプレゼンテーションし、それを組み合わせた。コンゴの希少な豆を使ったコーヒー、孫に食べさせたいお子さまランチ、6人で話し合って考案したランチなどを提供した。各自は得意とする分野で役割分担、それぞれが従業員となって2日間、カフェを運営した。
受講生の同市、主婦、坂井絵里さん(38)は「開店するために何をやればいいのか分からなかったが、講習を受けてその流れが分かった。特にカフェを実際に運営ができたのはよかった」と話した。
Match担当者は「皆積極的に学んでくれた。ここは失敗してもいい場。この経験を生かし、一歩を踏み出すきっかけにしてもらえれば」と話していた。

【写真説明】
創業講座の実習で開店に向けて準備する受講生たち=取手市中央町のJR取手駅ビル1階のチャレンジショップ「MATCH MARKET」


復旧支援で協定 諸岡と茨城県龍ケ崎市の画像

復旧支援で協定 諸岡と茨城県龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16266949977035

建設農業用機械器具製造の諸岡(龍ケ崎市)と同市は16日、災害時の支援協力に関する協定を結んだ。地震や風水害が起こった際の復旧活動を念頭に重機などの資機材を提供してもらう。必要に応じ専門オペレーターの派遣も依頼できる。
市役所での締結式で諸岡正美最高経営責任者(CEO)は「協定に対応した体制づくりを進めたい。地元の龍ケ崎に貢献できれば」とし、中山一生市長は「大変ありがたく、市民も心強く思っているはずだ」と謝意を表した。
同社と常陽銀行(水戸市)は寄贈サービス付き私募債「社会貢献応援債」の発行手数料の一部を活用し、龍ケ崎市に防災備蓄品として「EVパワームーバー」を贈った。電気自動車から電気を取り出し、電圧を変換して各種機器に電力供給できる装置という。協定締結式と併せて贈呈式も開かれた。

【写真説明】
協定書を持つ諸岡正美CEO(右)と中山一生市長=龍ケ崎市役所


夏季賞与「増加」19% 業種に改善ばらつき 常陽産研の画像

夏季賞与「増加」19% 業種に改善ばらつき 常陽産研

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16266949977032

常陽産業研究所がまとめた茨城県内企業の夏季賞与の支給状況調査によると、支給額が前年より「増加」と回答したのは19.0%で、前年比8.7ポイント増だった。新型コロナウイルス禍で前年から業況が改善したことが背景にあるものの、業種や従業員規模で改善度合いにばらつきが見られた。
「横ばい」が前年比1.1ポイント増の41.8%と最も多く、「未定」が同2.1ポイント増の14.3%、「支給しない」が同0.2ポイント減の13.5%、「減少」が同11.8ポイント減の11.4%だった。
「増加」とした企業を業種別で見ると、製造業が前年比15.0ポイント増の26.3%、非製造業が同4.3ポイント増の13.8%。従業員規模別では従業員300人以上が同18.1ポイント増の29.2%、100〜299人が同11.0ポイント増の25.0%、30〜99人が13.5ポイント増の24.4%だった一方、30人未満は同1.1%増の9.0%にとどまった。常陽産研は「業況が依然として厳しい対面型のサービス業などでは、支給状況の改善が進みにくかったと考えられる」とした。調査は6月1〜22日に行われ、県内237社から回答を得た。


地元議員が病院視察 茨城・古河 看護師と意見交換の画像

地元議員が病院視察 茨城・古河 看護師と意見交換

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16266949977030

新型コロナウイルスに対応する看護の現場を茨城県議会や市町村議会の議員に知ってもらう、県看護連盟(山本かほる会長)主催の「地方議員看護体験事業」が15日、古河市であった。地元の県議と市議の計3人が、県の重点医療機関に指定されている古河赤十字病院(同市下山町、小山信一郎院長)を視察し、看護師と意見を交換した。
医療現場の課題や看護師の声を伝え、議員の理解を深めて政策に反映させてもらうのが目的。6日の守谷市を皮切りに、10月まで県内8カ所で実施する。
議員たちは同病院の佐伯久美看護部長たちの案内で、新型コロナ専用病棟を視察。院内感染防止へ防護服を確実に脱着する手順や、患者のプライバシーに配慮した工夫などの説明に耳を傾けた。
視察前後には看護の状況説明や意見交換が行われ、看護師たちは疲労軽減のため、専用病棟の稼働に応じた柔軟な配置換えを行っている現状を説明。また、あらゆる業務を求められる一方、看護師の社会的地位は高くないとして、労働環境改善や所得増につながる政策の実現を訴えた。
高橋勝則県議は「看護現場の工夫と対応、苦労を知ることができた。看護師が継続して働いてもらえるよう、報酬の改善などを国や県に働き掛けていきたい」と述べた。

【写真説明】
新型コロナ専用病棟のナースステーションで佐伯久美看護部長(右)から説明を受ける議員たち=古河市下山町の古河赤十字病院


関東鉄道 電動車40%以上へ 30年までに入れ替えの画像

関東鉄道 電動車40%以上へ 30年までに入れ替え

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16266949977026

関東鉄道(茨城県土浦市、松上英一郎社長)は19日、2030年までに保有するバスの40%以上を電気バスやハイブリッド車(HV)などの電動車にすると発表した。国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みの一環で、車両の更新などに合わせて電動車への入れ替えを進める。
同社によると、6月末時点で保有するバスは454台で、電動車はHV27台と電気バス1台。走行中に二酸化炭素(CO2)を出さない電気バスは、4月につくばみらい市のコミュニティーバス「みらい号」の小絹ルートで運行を始めた。
同社は今後、自動車メーカーと電動車の安定供給に関する連携協定を結んだ上、車両の入れ替えを進めていく考えだ。

【写真説明】
つくばみらい市のコミュニティーバス「みらい号」の小絹ルートで運行を始めた関東鉄道の電気バス(同社提供)


新型コロナ 茨城で27人感染 龍ケ崎の飲食店で拡大、計7人に 4人がL452R変異株の画像

新型コロナ 茨城で27人感染 龍ケ崎の飲食店で拡大、計7人に 4人がL452R変異株

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 20 Jul 2021 14:33:28 +0900

記事コード:16266949977020

茨城県と水戸市は19日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計27人確認されたと発表した。県内の累計感染者は1万1144人となった。
県によると、クラスター(感染者集団)発生の可能性が高い龍ケ崎市内の飲食店で、新たに利用客の50代男性が感染。店内の陽性者は従業員と利用客で計7人となった。
19日までに確認された感染者のうち、新たに4人がL452R変異株陽性と判明し、累計135人。18日までの1週間の同変異株陽性率は28.4%で、前週から5ポイント上昇した。
ほかに新型コロナ感染者のうち新たに20人が回復。県内の退院・退所などは計1万429人となった。
■県内の感染状況
新規 27人
累計 11144人
うち死者 166人
退院・退所等 10429人
(県発表、19日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 龍ケ崎の飲食店で感染拡大、利用客2人目で計7人にの画像

【速報】新型コロナ 龍ケ崎の飲食店で感染拡大、利用客2人目で計7人に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 19 Jul 2021 21:29:13 +0900

記事コード:16266976867514

茨城県と水戸市が19日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計27人のうち、龍ケ崎市の50代自営業男性は、クラスター(感染者集団)発生の可能性が高い同市内の飲食店の利用客で、同店の感染者は従業員5人と利用客2人の計7人となった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに27人感染 経路不明は10人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに27人感染 経路不明は10人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,守谷市

最終更新日:Mon, 19 Jul 2021 23:32:24 +0900

記事コード:16266871889433

茨城県と水戸市は19日、新型コロナウイルス感染者が県内で計27人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1144人となった。
県と市によると、27人のうち先に陽性判明した人との濃厚接触により感染したとみられる人が17人、感染経路不明の人が10人。
市町村別の感染者数は、土浦市5人、牛久市4人、つくば市3人、常総市3人、龍ケ崎市2人、石岡市2人、県外1人、大洗町1人、小美玉市1人、行方市1人、守谷市1人、阿見町1人、古河市1人、常陸太田市1人。
新たに計20人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万429人となった。
居住地別の新規感染者27人は以下の通り。
◇土浦市(5人)
▽20代アルバイト女性
▽40代女性(職業非公表)
▽60代男性(職業非公表)
▽0〜9歳男子児童
▽0〜9歳男子児童
◇牛久市(4人)
▽30代会社員女性
▽20代無職女性
▽40代会社員男性
▽20代男性(職業非公表)
◇つくば市(3人)
▽0〜9歳男子児童
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
◇常総市(3人)
▽50代会社員男性
▽10代男子生徒
▽50代会社員男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽60代会社員男性
▽50代自営業男性
◇石岡市(2人)
▽20代無職女性
▽30代会社員男性
◇県外(1人)
▽80代無職男性(東京都)
◇大洗町(1人)
▽30代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽30代会社員女性
◇行方市(1人)
▽50代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽10代パート女性
◇阿見町(1人)
▽60代医療従事者女性
◇古河市(1人)
▽10代女子生徒
◇常陸太田市(1人)
▽50代自営業女性(水戸市から県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 27人
累計 11144人
うち死者 166人
退院・退所等 10429人
(茨城県・水戸市発表、19日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城・取手地方広域下水道組合が優秀建設業者表彰の画像

茨城・取手地方広域下水道組合が優秀建設業者表彰

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 19 Jul 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16266060502811

取手地方広域下水道組合(管理者・藤井信吾茨城県取手市長)が発注した建設工事を適正な施工管理により優秀な成績で完成させた請負者と現場代理人を表彰する本年度の「取手地方広域下水道組合優秀建設業者表彰式」が13日、同市小文間の同組合会議室で開かれ、2020年度に完成した対象工事38件の中から東信設備工業、茨城光松園、石塚建設の3社が受賞した。
藤井管理者は「人口が減少する環境下での下水道事業、持続可能な事業として効率性をさらに高めてほしい」とあいさつ。受賞者を代表して東信設備工業の工藤美智子社長が「安全安心を守るための事業を研さん努力を重ねていきます」と謝辞を述べた。

【写真説明】
取手地方広域下水道組合の藤井信吾管理者から賞状を受け取る優秀建設業者=取手市小文間


新型コロナ 茨城で新たに34人が感染 龍ケ崎の飲食店で利用者陽性の画像

新型コロナ 茨城で新たに34人が感染 龍ケ崎の飲食店で利用者陽性

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 19 Jul 2021 08:52:11 +0900

記事コード:16266074234875

茨城県と水戸市は18日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計34人確認されたと発表した。既に従業員5人の感染が分かっている龍ケ崎市内の飲食店では、新たに利用者1人の陽性が判明した。県内の累計感染者は1万1117人。
同店の陽性の利用者は、同市内の40代会社員男性。店内の感染者は6人に拡大した。
18日までに確認された感染者のうち、新たに9人がL452R変異株陽性と判明し、累計131人。
ほかに新型コロナ感染者のうち新たに41人が回復。県内の退院・退所などは計1万409人となった。
■県内の感染状況
新規 34人
累計 11117人
うち死者 166人
退院・退所等 10409人
(県発表、18日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城・龍ケ崎の飲食店、利用者の感染確認 クラスター濃厚にの画像

【速報】新型コロナ 茨城・龍ケ崎の飲食店、利用者の感染確認 クラスター濃厚に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 18 Jul 2021 21:00:00 +0900

記事コード:16265988123733

茨城県と水戸市が18日発表した新型コロナウイルス新規感染者34人のうち1人は、従業員5人の感染が分かっている龍ケ崎市内の飲食店を利用した市内の40代会社員男性だった。この店の利用者の感染確認は初めて。県はクラスター(感染者集団)発生の可能性が高いとみている。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに34人感染 県と水戸市発表 半数が経路不明の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに34人感染 県と水戸市発表 半数が経路不明

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sun, 18 Jul 2021 18:25:10 +0900

記事コード:16265967102961

茨城県と水戸市は18日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計34人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1117人となった。
県と市によると新規感染者のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのは17人で、感染経路不明も17人。
市町村別の感染者数は、つくば市8人、土浦市5人、筑西市4人、常総市2人、結城市2人、桜川市2人、水戸市1人、五霞町1人、つくばみらい市1人、ひたちなか市1人、那珂市1人、龍ケ崎市1人、取手市1人、稲敷市1人、鹿嶋市1人、常陸太田市1人、大洗町1人。
県と水戸市によると新たに41人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万409人となった。
居住地別の新規感染者34人は以下の通り。
◇つくば市(8人)
▽20代会社員女性
▽10代男子生徒
▽20代会社員女性
▽20代無職女性
▽10代未満女子児童
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代未満女子児童
◇土浦市(5人)
▽30代会社員男性
▽40代女性(職業非公表)
▽30代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇筑西市(4人)
▽50代教職員男性
▽30代自営業男性
▽30代パート女性
▽未就学男児
◇常総市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽50代会社員男性
◇結城市(2人)
▽50代パート女性
▽20代アルバイト女性
◇桜川市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代無職女性
◇水戸市(1人)
▽20代無職男性
◇五霞町(1人)
▽10代男子生徒
◇つくばみらい市(1人)
▽20代無職男性
◇ひたちなか市(1人)
▽30代会社員男性
◇那珂市(1人)
▽30代会社員女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽40代会社員男性
◇取手市(1人)
▽40代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽60代自営業男性
◇鹿嶋市(1人)
▽30代自営業男性
◇常陸太田市(1人)
▽50代女性(職業非公表)
◇大洗町(1人)
▽20代自営業男性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 34人
累計 11117人
うち死者 166人
退院・退所等累計 10409人
(県・水戸市発表、18日午後6時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


斎藤医師に協力章伝達 警察業務に長年協力 茨城県警での画像

斎藤医師に協力章伝達 警察業務に長年協力 茨城県警で

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 18 Jul 2021 18:00:00 +0900

記事コード:16265212758905

留置施設での健康診断や変死体の検案など警察業務に長年協力したとして、警察庁長官から警察協力章を贈られた斎藤政隆医師(78)への伝達式が12日、水戸市笠原町の茨城県警本部で開かれた。伝達式で河合信之県警本部長から協力章が手渡された。
斎藤医師は開院した斎藤クリニック(龍ケ崎市)で地域医療に従事する傍ら、1997年から竜ケ崎署の嘱託医を務めている。24年以上にわたり、月に1回の留置施設での健康診断や変死体の検案に協力してきた。
伝達式では、河合本部長が「迅速かつ的確な死体検案業務に尽力され、多大な貢献をされた」と感謝の意を伝えた。斎藤医師は「当たり前のように取り組んできた。このような式を開いてもらうのは大変名誉でありがたい」と話した。

【写真説明】
協力章を贈られた斎藤政隆医師=水戸市笠原町


コロナ禍、2年目の夏 茨城県内催し、割れる判断の画像

コロナ禍、2年目の夏 茨城県内催し、割れる判断

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 18 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16265325096585

◆動画やAR活用し開催 中止は感染拡大を警戒◆
新型コロナウイルス感染症が広がり、2年目の夏を迎えた。夏祭りや花火大会、海開きなど昨年ほぼ中止に追い込まれた茨城県内の催しは、今夏の開催で判断が割れている。感染拡大を懸念し昨年に続き中止を決めた催しがある一方、オンライン活用や利用制限など工夫を凝らした「新たな形」での開催を模索する動きも見られる。開催予定だった国内最大の野外音楽イベントが一転中止になるなど、感染収束が見通せない中で主催側も難しい判断を迫られている。
■オンラインで
新型コロナの影響で昨年は中止に追い込まれたひたちなか市の「ひたちなか祭り」は今年、オンラインやライブを組み合わせ2年ぶりに開催する。8月21日午後4時からの約5時間、事前収録のダンスコンテストに加え、お笑い芸人のカミナリなどを起用したライブ中継、ひたちなか商工会議所(同市)に隣接する駐車場をサテライト会場としたイベントなど多彩な催しを展開する。
「バラエティー番組のような催しにしたい」。川崎祐介実行委員長は3月に委員会を立ち上げ、メンバーらとともに感染防止に備えた「新たな形」での開催を探ってきた。全国動向も調べながら、従来の印象を損なわない催しにするつもりだ。
祭りは複数箇所で同時に打ち上げる花火がフィナーレを飾る。「子どもたちの思い出になるような機会にしたい」。動画での視聴が中心としつつ、歴史ある祭りの火を絶やさぬよう工夫を凝らす。
■見通せぬ収束
毎年同市で行われてきた国内最大の野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」は県医師会から延期や中止検討などの要請を受け、当初の開催予定から一転、中止を決めた。催し開催に対する判断の難しさが浮き彫りとなった。
新型コロナの収束がいまだ見通せない中、2年目の夏を迎えた地域恒例の催しは各地で対応が分かれている。つくば市を舞台とする「まつりつくば」は8月7〜31日、AR(拡張現実)技術を活用したねぶた鑑賞やダンスなどのオンラインステージを開催。土浦市の「土浦キララまつり」も23日〜8月8日まで、七夕飾りや花火など小規模な催しを日程を分散して実施する。
一方、感染拡大を警戒し中止を判断する催しも少なくない。国選択・県指定無形民俗文化財の奇祭「撞舞(つくまい)」(龍ケ崎市)は昨年に続き中止を決定。県都の夏を彩る「水戸黄門まつり」も中止し、花火を延期としたほか、代替事業として演技や演奏動画を募る「Remote水戸黄門まつり」を実施する。
■海やプールも
夏のレジャーも揺れている。大洗町は毎年16万人超が訪れる海水浴場「大洗サンビーチ」を22日から8月22日まで開設。ひたちなか市も「阿字ケ浦」と「平磯」の2カ所で“海開き”する。ただ、県内海水浴場全19カ所のうち、残る16カ所は開設を見送った。
いこいの村涸沼(鉾田市)では、7月下旬から1カ月間、夏季限定で開設する屋外プールを「密集が想定され、利用者の安全確保が難しい」(担当者)として中止。フォレスパ大子(大子町)も夏季開設の屋外プール営業をやめ、屋内プールも利用を3時間ごとの入れ替え制とし、清掃や消毒徹底を図る。
東海スイミングプラザ(東海村)は1日から営業を開始したものの、7月中は地元小中学校や幼稚園などの団体利用に制限し、事前予約制とした。8月以降の開園についても「人数制限などを含め検討」(担当者)としている。
【主な県内の夏の催し】
■開催予定
ひたちなか祭り(ひたちなか市) 8月21日
土浦キララまつり(土浦市) 7月23日〜8月8日
まつりつくば(つくば市) 8月7〜31日
■中止予定
▽水戸黄門まつり、水戸まちなかフェスティバル(以上水戸市)▽高萩まつり(高萩市)▽あきない祭り、大宮商店会夏祭り、大宮地区夏祭り「祇園祭」、長倉七夕まつり(以上常陸大宮市)▽八千代町夏まつり(八千代町)▽大子町花火大会と灯籠流し(大子町)▽ふるさとふれあいまつり(小美玉市)▽撞舞(龍ケ崎市)▽八坂神社祇園祭(石岡市)▽まい・あみ・まつり(阿見町)▽ふるさとまつり連合渡御、下妻まつり「千人おどり、しもつま砂沼の花火大会」(以上下妻市)

【写真説明】
2年ぶりの開催へ向け準備を進める「ひたちなか祭り」の実行委メンバー=ひたちなか市勝田中央


五輪柔道米代表「歓迎に感謝」 茨城・龍ケ崎、報道向け公開の画像

五輪柔道米代表「歓迎に感謝」 茨城・龍ケ崎、報道向け公開

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 18 Jul 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16265300630804

東京五輪の事前キャンプで茨城県龍ケ崎市入りしている柔道米代表チームの報道関係者向け公開練習が17日、流通経済大であった。選手らは「歓迎をうれしく思う」と語り、稽古に汗を流した。地元中学生との事後交流も予定されている。
市に滞在しているのは、選手1人に監督や練習パートナーなどを加えた計6人。16日夜に市に到着した。キャンプは21日まで。当初は、20人ほどの規模を想定していた。直接選手村入りするメンバーが現れるなどの変更が生じたという。
市によると、新型コロナウイルス感染症を念頭に、競技前の交流事業はしない。行動も、練習場所の同大とホテルとの行き来に限られる。事後交流として8月1日、選手たちによる講演会を開く予定だ。キャンプに臨まなかった選手も参加する。
2度目の五輪出場という女子52キロ級のアンジェリカ・デルガド選手は取材に「柔道は9歳から21年間続けてきた。今度はメダルを取りたい。(受け入れてくれた)市にお返しをしたい」と強調。エディ・リディ監督は「市のコロナ対策は万全であり、心配はない」と述べた。

【写真説明】
公開練習を前にあいさつに立った東京五輪柔道米代表チームのアンジェリカ・デルガド選手=龍ケ崎市の流通経済大


【速報】新型コロナ、茨城で新たに45人感染 つくば8人、土浦6人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに45人感染 つくば8人、土浦6人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 17 Jul 2021 18:30:00 +0900

記事コード:16265110103212

茨城県と水戸市は17日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計45人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万1083人となった。
県と市によると新規感染者のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのは25人で、感染経路不明は20人。
市町村別の感染者数は、つくば市8人、土浦市6人、取手市4人、水戸市4人、牛久市4人、常総市3人、守谷市2人、龍ケ崎市2人、坂東市2人、つくばみらい市2人、那珂市1人、古河市1人、石岡市1人、高萩市1人、阿見町1人、県外1人、美浦村1人、鉾田市1人。
新たに24人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万368人となった。
居住地別の新規感染者45人は以下の通り。
◇つくば市(8人)
▽40代会社員女性
▽20代会社員男性
▽10歳未満男子児童
▽未就学男児
▽未就学男児
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代女子学生
◇土浦市(6人)
▽10代男子生徒
▽50代教職員男性
▽60代男性(職業非公表)
▽40代無職女性
▽20代団体職員女性
▽50代パート女性
◇取手市(4人)
▽30代医療従事者男性
▽40代会社員男性
▽40代公務員女性
▽40代会社員女性
◇水戸市(4人)
▽20代会社員女性
▽50代団体職員男性
▽30代アルバイト女性
▽60代無職女性
◇牛久市(4人)
▽30代会社員女性
▽60代自営業女性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
◇常総市(3人)
▽50代会社員男性
▽50代自営業女性
▽10代女子生徒
◇守谷市(2人)
▽20代会社員男性
▽60代医療従事者女性
◇龍ケ崎市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇坂東市(2人)
▽10代女子生徒
▽10代男子生徒
◇つくばみらい市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
◇那珂市(1人)
▽30代会社員男性
◇古河市(1人)
▽30代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽20代女性(職業非公表)
◇高萩市(1人)
▽10代男子生徒
◇阿見町(1人)
▽60代教職員男性
◇県外(1人)
▽10代女子生徒(千葉県在住)
◇美浦村(1人)
▽50代団体職員女性
◇鉾田市(1人)
▽40代自営業男性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 45人
累計 11083人
うち死者 166人
退院・退所等累計 10368人
(県・水戸市発表、17日午後6時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


消火器使って放水 茨城・取手の上高井自治会 親子で防災体験の画像

消火器使って放水 茨城・取手の上高井自治会 親子で防災体験

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 17 Jul 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16264337117728

地域での防災意識を高めようと、茨城県取手市上高井の上高井自治会(野口誠一会長)と自主防災会(野口隆会長)は10日、地区の子ども会に呼び掛け、同所の自治会集会所で親子の防災体験会を行った。
年1度の資機材点検に合わせ実施。子どもたちを含め約30人が参加した。親子は、防災倉庫内の資機材にはどんなものがあるか、どんなときに使うかの説明を受け、「火事を見つけたらすぐに知らせること」と呼び掛けられた。その後、水消火器を使って消火器体験。「火事だ」と声を出しながら駆け寄り、次々と放水した。
永山小4年の中村葵久乃さん(10)は「知らせることや、消火器の使い方が分かってよかった」と笑顔。母親の沙緒里さんは「防災倉庫に何があるかだけでなく、地域の人の顔も知ることができていい機会になった」と話した。
野口自治会長は「地域防災に関心を持ってもらえれば。多くの住民が参加してくれてよかった」と話していた。

【写真説明】
水消火器を体験する親子=取手市上高井


茨城県南水道企業団 水道平均23%値上げへ 龍ケ崎・牛久・取手・利根 22年4月からの画像

茨城県南水道企業団 水道平均23%値上げへ 龍ケ崎・牛久・取手・利根 22年4月から

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Sat, 17 Jul 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16264337117720

茨城県南水道企業団(企業長・藤井信吾取手市長)は16日、定例会を開き、給水条例を改正する議案を賛成多数で可決した。条例改正により、2022年4月から平均で23%の値上げとなる。同企業団は龍ケ崎、牛久、取手、利根の4市町で構成。料金改定は38年ぶり。
同企業団経営企画課によると、料金改定は、水道施設の老朽化が進んだことによる施設更新と大規模災害に備えた耐震化への財源確保のため。また、人口減少に伴い給水加入金収益が急激に落ち込んでいることから、将来への事業継続のために改定する。2020年に水道審議会から提出された答申書に基づいて改定した。
値上げ後は、一般家庭で最も多い口径20ミリの場合、1カ月当たり16立方メートル使用すると、現行の2660円(税別)から620円上がり、3280円(同)となる。
また、公平性確保のため、現行の用途別から口径別料金体系へ改める。そのほか、1カ月当たり10立方メートルの基本水量を設定してきたが、これを廃止し、一律の基本料金と使用量1立方メートルからの従量料金制にする。
藤井企業長は「持続可能のための改定。後の世代への負担を残さないためにも、理解をお願いしたい」と話した。


新型コロナ 茨城で新たに60人感染 飲食店でクラスターかの画像

新型コロナ 茨城で新たに60人感染 飲食店でクラスターか

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 17 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16264337117709

茨城県と水戸市は16日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計60人確認されたと発表した。1日当たりの陽性者数が60人以上となるのは6月12日以来、約1カ月ぶり。県内の累計感染者は1万1038人。
龍ケ崎市内の飲食店で20代の女性従業員3人の感染が判明。店内の陽性者は計5人となり、新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
つくば市内の大学のサークルでは新たに学生4人が感染。関連の陽性者は計9人に増え、いずれもサークル活動外での会食の参加者という。感染が相次ぐ水戸市内の私立高では男子生徒3人が感染し、校内の陽性者は計18人となった。
16日までに確認された感染者のうち、新たに13人がL452R変異株陽性と判明し、累計107人。うち4人はインドに由来するデルタ株と分かり、累計で18人となった。
このほか新型コロナ感染者のうち新たに23人が回復。県内の退院・退所などは計1万344人。
■県内の感染状況
新規 60人
累計 11038人
うち死者 166人
退院・退所等 10344人
(県発表、16日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の飲食店でクラスタ―か つくばの大学サークル、水戸の私立高も拡大の画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の飲食店でクラスタ―か つくばの大学サークル、水戸の私立高も拡大

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 21:03:18 +0900

記事コード:16264368834269

茨城県と水戸市が16日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計60人のうち、龍ケ崎市の20代アルバイト女性3人は同市内の飲食店従業員で、同店の陽性者は従業員計5人に増えて、県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
クラスタ―の可能性が高いつくば市内の大学サークルでは、新たに学生4人の感染が判明、関連の感染者は計9人に広がった。いずれもサークル活動外での会食参加者という。
感染が相次ぐ水戸市内の私立高では、新たに男性生徒3人の感染が明らかになり、同校内の感染者は計18人に拡大した。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに60人感染 県と水戸市発表 60人以上は6月12日以来の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに60人感染 県と水戸市発表 60人以上は6月12日以来

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 22:15:02 +0900

記事コード:16264304327304

茨城県と水戸市は16日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計60人確認されたと発表した。1日当たりの感染者が50人を超えたのは6月25日以来、60人以上に達したのは6月12日以来となる。県内の感染者は累計1万1038人となった。
県と市によると、60人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人は35人で、感染経路が不明の人は25人。
市町村別の感染者数は、つくば市9人、水戸市7人、龍ケ崎市6人、牛久市5人、土浦市4人、取手市3人、県外3人、美浦村3人、ひたちなか市2人、つくばみらい市2人、小美玉市2人、日立市2人、稲敷市1人、那珂市1人、かすみがうら市1人、鹿嶋市1人、常総市1人、利根町1人、常陸太田市1人、下妻市1人、桜川市1人、結城市1人、筑西市1人、古河市1人。
新たに計23人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万344人となった。
居住地別の新規感染者60人は以下の通り。
◇つくば市(9人)
▽40代無職女性
▽10代女子学生
▽10代女子学生
▽10代女子学生
▽10代男子学生
▽30代自営業男性
▽30代無職女性
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
◇水戸市(7人)
▽20代無職女性
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(6人)
▽20代アルバイト女性
▽20代アルバイト女性
▽40代パート女性
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽20代アルバイト女性
◇牛久市(5人)
▽30代自営業男性
▽40代アルバイト女性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代女性(職業非公表)
◇土浦市(4人)
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽50代会社員女性
▽50代自営業男性
◇取手市(3人)
▽未就学女児
▽40代会社員男性
▽未就学女児
◇県外(3人)
▽20代職業非公表女性(千葉県)
▽20代会社員男性(栃木県)
▽20代会社員女性(埼玉県)
◇美浦村(3人)
▽未就学男児
▽30代無職女性
▽50代団体職員女性
◇ひたちなか市(2人)
▽30代会社員女性
▽30代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇つくばみらい市(2人)
▽40代会社員女性
▽50代会社員女性
◇小美玉市(2人)
▽30代学生男性
▽60代無職女性
◇日立市(2人)
▽30代会社員男性
▽10代男子生徒
◇稲敷市(1人)
▽20代女性(職業非公表)
◇那珂市(1人)
▽40代会社員男性
◇かすみがうら市(1人)
▽50代会社員男性
◇鹿嶋市(1人)
▽20代会社員男性
◇常総市(1人)
▽30代団体職員女性
◇利根町(1人)
▽10代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽50代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽80代無職女性
◇桜川市(1人)
▽20代無職女性
◇結城市(1人)
▽40代男性(職業非公表)
◇筑西市(1人)
▽30代自営業男性
◇古河市(1人)
▽20代無職男性
■茨城県内の感染状況
新規 60人
累計 11038人
うち死者 166人
退院・退所等累計 10344人
(茨城県・水戸市発表、16日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


五輪出場のクライミング・野口選手応援 茨城・龍ケ崎の母校で横断幕や旗制作の画像

五輪出場のクライミング・野口選手応援 茨城・龍ケ崎の母校で横断幕や旗制作

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 09:32:48 +0900

記事コード:16263472233616

東京五輪に出場するスポーツクライミングの野口啓代選手(茨城県龍ケ崎市出身)を勇気づけようと、母校の小中学生が横断幕や応援フラッグを制作した。いずれも児童生徒のメッセージが書き込まれ、野口選手の実家に届けられた。
横断幕は市立八原小が、応援フラッグは市立城ノ内中がそれぞれ作った。横断幕には児童の手形が押されている。フラッグには野口選手の勝負カラー「赤いマニキュア」を塗った手がホールドをつかむ様子が描かれている。9日、両校の教頭が野口選手の両親に手渡したという。
八原小の四位悟校長は「野口選手を児童は誇りに思っている。全力で背中を押します」、城ノ内中の小林孝太郎校長は「小学生の頃からの夢を実現するとき。技と経験を発揮してください」とコメントした。

【写真説明】
龍ケ崎市立城ノ内中が制作した応援フラッグ(市提供)


成田発着騒音問題 国交省、軽減へ深夜の航空機運用変更 茨城県に通知の画像

成田発着騒音問題 国交省、軽減へ深夜の航空機運用変更 茨城県に通知

関連地域 :河内町

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16263498508962

成田空港(千葉県成田市)を発着する航空機の騒音問題を巡り、国土交通省が午後11時以降の飛行ルールの一部変更を茨城県に通知していたことが15日、分かった。混雑時や悪天候時に飛行コースを外れることの多かった運用を変え、高高度や霞ケ浦上空での旋回を増やし、稲敷市や河内町で騒音が広域に広がらないようにする。変更は1日付。
国交省は、航空機の飛行経路「標準飛行コース」を北風時と南風時でそれぞれ定めている。稲敷市によると、悪天候などの理由でコースを外れ、市上空で旋回することが多いのが実情で、騒音の原因となっていた。
標準コースで北風時は、離陸する際、茨城県上空で旋回して千葉県の房総半島に進む。着陸の際は茨城県を通らない。南風時は着陸の際、房総半島から茨城県上空で旋回する。離陸の際は茨城県を一部が通過する。
午後11時以降のルール変更後は、北風時に空港を離陸する便は、高度6000フィート(約1800メートル)を超えた場合に限りコース外飛行を認める。南風時は、原則として標準コース通りに飛行することを明記した。
空港から30〜20キロ圏内にすっぽり入る稲敷市と河内町は、2020年1月から国交省、県、空港と意見交換会を開始。滑走路延長など空港の機能強化でより厳しくなる騒音被害への対策について話し合ってきた。
県環境対策課は「これまでは市町村が個別に国交省や空港に要望してきた。意見交換会の場で稲敷市と河内町、県の3者の要望として伝えた。要望の一部が実現した」としている。稲敷市は「今回の運用が午後10時以降に前倒しとなるよう要望していく」と今後の方針を示した。


新型コロナワクチン 茨城県内配分、希望の49% 8月2日から2週間 5月以降最少の画像

新型コロナワクチン 茨城県内配分、希望の49% 8月2日から2週間 5月以降最少

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 09:39:26 +0900

記事コード:16263472233610

新型コロナウイルスワクチンについて茨城県は15日、8月2日の週と同9日の週に、国から県内に配分される量が、県内各市町村の納入希望量の約49%にとどまる215箱(12万5775人の2回分)になると発表した。県によると、ワクチン供給が本格化した5月以降、2週間分で最少。今後の供給について、県は「9月まで同程度の供給量になる見込みで、接種完了の時期は見通せない」としている。
県ワクチン接種チームによると、今回の県内各市町村の納入希望量は計436箱だった。ファイザー製のワクチンが全国で1万箱出荷される予定で、茨城県には、各市町村の12〜64歳人口を踏まえて割り当てられる「基本計画枠」として181箱、都道府県の裁量で管内市町村に分配できる調整枠として割り当てられる「調整枠」として34箱が配分される。調整枠は、ワクチン在庫数と人口規模、県の大規模接種会場における各市町村の接種枠などを考慮し、市町村に配分する。
今回の市町村別の配分で、最多は水戸市の18箱。次いでつくば市の15箱、日立市の11箱、ひたちなか市の10箱。
供給不足の影響で、県内自治体でも、集団接種会場の開設日を「毎日」から「1日置き」に減らしたり、予約受け付けを中止するなど、接種体制の縮小などが余儀なくされている。
同チームの担当者は「少しでも県民の皆さまに集団免疫を付けてもらおうと、医師会と市町村に連携して接種の加速化をしてもらっていたが、供給減で接種スピードを緩めなければいけなくなり申し訳ない」と話した。


過疎指定、茨城県北以外も 稲敷・行方、新法で追加 解除地域に財政懸念の画像

過疎指定、茨城県北以外も 稲敷・行方、新法で追加 解除地域に財政懸念

関連地域 :利根町

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 08:54:02 +0900

記事コード:16263587609051

茨城県内で国の財政支援が受けられる「過疎地域」が県北地域以外にも広がってきた。これまで、県北や周辺の中山間地域が中心だったが、4月の新たな過疎法施行により、稲敷市の旧桜川村地域と行方市の旧麻生町地域の2地域が追加指定された。県内の過疎地域は7市町11地域となった。一方、今回、指定解除された常陸太田市の旧金砂郷町地域は、財政支援がなくなることで市の財政運営の懸念も生まれている。
■悲観せず前向き
「過疎地域の指定を悲観せず、前向きに捉えたい」。かつての城下町、旧麻生町地域の指定を受け、行方市政策秘書課の担当者は冷静に未来を見据える。
同地域は、1990〜2015年の25年間の人口減少率が21%以上となったことなどから新たに指定された。5月の市議会臨時会では早速、指定を踏まえた今後の活動への関連費用を補正予算に盛り込んだ。
過疎地域の指定市町村は、返済時に国が地方交付税を充てる過疎債を発行し、医療・高齢者施設やインフラ整備などに活用できる。同市は、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、二地域居住や関係人口創出への取り組みを加速させており、担当者は「他事例なども参考にしながら取り組みを検討したい」と話した。
県内では新規2地域のほか、常陸太田市(旧水府村、旧里美村)、常陸大宮市(旧御前山村、旧山方町、旧美和村、旧緒川村)、城里町(旧七会村)、大子町、利根町が継続指定された。
■もはやどこでも
過疎地域の指定が始まったのは1970年。県内では当初は9市町村で、ほとんどが県北地域だった。その後、指定地域はその時々の法改正に伴って何度も見直されてきたが、少子高齢化、人口減少の顕著な県北中心の指定が続いた。
“県北偏重”に変化の兆しが見えたのが2017年。利根町が県南で初の指定を受けた。県県北振興局の担当者は「利根町は東京のベッドタウンとして一時期人口が伸び、その後に減少した」と話し、過疎の定義が単なる少子高齢化地域でないことを説明。
今回の見直しの背景には“平成の大合併”による影響も含め、複合的な影響があるとみられる。同担当者は「過疎はもはや県内どこでもあり得る」と話す。
■喜べぬ“卒業”
今回、指定解除となった常陸太田市の旧金砂郷町地域。人口減少率の基準値を上回ったのが理由だが、“卒業”を単純には喜べないという。市企画課の担当者は、算定の仕方が法改正で変わったことなどを挙げ、「他地域と同じく人口減は止まっていない。(解除を)驚いている」と話す。
同市はこれまで、国が返済額の7割を肩代わりする過疎債を発行し、路線バスの維持や林道整備など山間部の事業に活用してきた。解除後も6年間の経過措置期間は同様の財政支援が受けられるが、将来的にはそれがなくなる予定。
担当者は「今後、支援がなくなる分の補填(ほてん)など、財政が課題になってくる」と語った。
★過疎地域
国が過疎法で定めた人口減少率や財政力指数などの要件を基に指定。対象地域が実施する事業に関して、地方交付税で元利償還の7割を手当てする過疎債の発行が認められる。3月末に期限切れとなる過疎法に代わる新法案が先の国会で成立した。指定は市町村単位を基本とするが、合併した地域には特例として旧市町村単位で指定する「一部過疎」の仕組みを残す。対象市町村は全国で820に上る。


五輪米柔道選手団 16日に茨城・龍ケ崎入り 21日まで事前合宿の画像

五輪米柔道選手団 16日に茨城・龍ケ崎入り 21日まで事前合宿

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 16 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16263472233606

東京五輪の柔道米代表選手団が16日夜、事前キャンプのため茨城県龍ケ崎市入りする。滞在は21日までの予定。新型コロナウイルス感染症対策で、市内での移動はホテルと練習場所との間に限られるという。歓迎セレモニーなどは行わない。
市秘書課によると、選手団は男女計6人で、うち選手は女性1人。ほかは、監督や練習パートナーなど。キャンプ初日の17日には、報道機関向けに練習が公開される予定。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに48人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに48人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 15 Jul 2021 20:00:47 +0900

記事コード:16263467249543

茨城県と水戸市は15日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計48人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万978人となった。
県と市によると、新たに感染判明した48人のうち、陽性者との濃厚接触によるとみられる人が31人で、感染経路不明の人が17人。
市町村別の感染者数は、土浦市7人、県外5人、龍ケ崎市4人、牛久市4人、つくば市4人、守谷市4人、阿見町3人、常総市3人、ひたちなか市2人、美浦村2人、取手市2人、水戸市2人、日立市1人、石岡市1人、つくばみらい市1人、桜川市1人、境町1人、古河市1人。
県によると、新たに17人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万321人となった。

居住地別の新規感染者48人は以下の通り。
◇土浦市(7人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代アルバイト女性
▽20代男子学生
▽20代女性(職業非公表)
▽50代教職員女性
▽50代自営業女性
◇県外(5人)
▽10代男子生徒(千葉県)
▽10代男子学生(千葉県)
▽20代女子学生(埼玉県)
▽40代男性(群馬県、職業非公表)
▽40代男性(群馬県、職業非公表)
◇龍ケ崎市(4人)
▽20代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇牛久市(4人)
▽10代会社員男性
▽10代女子学生
▽30代会社員男性
▽10代男子生徒
◇つくば市(4人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代団体職員男性
▽20代会社員男性
◇守谷市(4人)
▽30代会社員女性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
◇阿見町(3人)
▽20代パート女性
▽20代会社員男性
▽未就学男児
◇常総市(3人)
▽20代会社員男性
▽30代無職女性
▽10代女子生徒
◇ひたちなか市(2人)
▽20代自営業女性
▽40代無職女性(水戸市から茨城県に移管)
◇美浦村(2人)
▽未就学男児
▽未就学女児
◇取手市(2人)
▽10代男子児童
▽40代自営業男性
◇水戸市(2人)
▽30代無職女性
▽20代女子学生
◇日立市(1人)
▽40代会社員女性
◇石岡市(1人)
▽50代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽30代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽20代会社員男性
◇境町(1人)
▽30代会社員男性
◇古河市(1人)
▽30代会社員男性
■県内の感染状況
新規 48人
累計 10978人
うち死者 166人
退院・退所等 10304人
(茨城県・水戸市発表、15日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城・つくばみらい市 12〜15歳接種券、15日から送付の画像

茨城・つくばみらい市 12〜15歳接種券、15日から送付

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 15 Jul 2021 10:05:24 +0900

記事コード:16262649006264

茨城県つくばみらい市は14日、12〜15歳への新型コロナウイルスワクチンの接種について、15日から接種券を発送すると発表した。接種開始時期は8月中旬以降となる見込み。
市ワクチン接種対策室によると、対象者は約2千人。ファイザー社製ワクチンを使い、接種には保護者の同意と同伴が必要となる。医療機関や市が運営する集団接種会場で対応する。


オセアニア諸国・地域の柔道代表2人、茨城・龍ケ崎市長を表敬 「ベスト尽くす」の画像

オセアニア諸国・地域の柔道代表2人、茨城・龍ケ崎市長を表敬 「ベスト尽くす」

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 15 Jul 2021 10:24:17 +0900

記事コード:16262611328069

流通経済大柔道部に所属し、東京五輪に出場するオセアニア諸国・地域の選手2人が12日、地元・茨城県龍ケ崎市の中山一生市長を表敬訪問し、「ベストを尽くしたい」と抱負を述べた。
市役所を訪れたのは、100キロ級のテビタ・マックスウェル・タカヤワ選手(25)=フィジー、法学部4年=と81キロ級のジョシュター・ネートン・アンドリュ選手(23)=グアム、同3年。共に初の五輪出場という。それぞれ「フィジーだと練習相手が少なかった。流通経済大には大勢の練習相手がいる。メダルを取りたい」、「日本ではいい経験ができている。将来グアムに戻って役に立てたい。ベストを尽くす」と話した。
中山市長は「五輪を楽しみにしている人がいる。ぜひ、頑張ってほしい」と強調した。市は、両選手に激励金として10万円を贈った。

【写真説明】
中山一生市長(中央)を表敬訪問した流通経済大柔道部所属のテビタ・マックスウェル・タカヤワ選手(左)とジョシュター・ネートン・アンドリュ選手=龍ケ崎市役所(市提供)


茨城・守谷市立黒内小 知的障害に理解を 児童ら疑似体験の画像

茨城・守谷市立黒内小 知的障害に理解を 児童ら疑似体験

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 15 Jul 2021 09:46:06 +0900

記事コード:16262611328068

茨城県守谷市百合ケ丘の市立黒内小学校(荒井弘勝校長)で12日、知的障害がある子どもたちへの理解を深める授業があり、4年生約150人が、県立伊奈特別支援学校(つくばみらい市青古新田)の保護者でつくる「伊奈特キャラバン隊」の講演を通して学んだ。
同校では4年生から福祉や共生について学習しており、総合的学習の時間を使って行った。「伊奈特キャラバン隊」は同支援学校の保護者や卒業生の保護者ら約30人でつくり、知的障害がある子どもたちの理解を広げるための活動をしている。
同日は同グループの7人が来校し、4年1組をメイン会場として、5組までの各クラスをズームで結んで行われた。
知的障害がある子どもたちにとって会話が苦手であることから、言葉が通じなかったらどんな気持ちかを劇を通して考えた。また、作業などがうまくできないときの気持ちを知ってもらうため、ぶかぶかの手袋で折り紙を作るなどし、児童たちは“疑似体験”を通して、障害がある子どもたちの気持ちを考えた。
グループの代表を務める酒井雅子さんは「知的障害がある子が身近にいることを知ってほしい。そして、自分と違うところも、同じところもあると感じてもらえれば」と話した。

【写真説明】
言葉が通じなかったらどんな気持ちになるかを考えた児童たち=守谷市立黒内小


AIメカテック 東証2部に30日上場 液晶パネル半導体製造装置 高機能で成長図るの画像

AIメカテック 東証2部に30日上場 液晶パネル半導体製造装置 高機能で成長図る

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 10:43:04 +0900

記事コード:16261734729963

液晶パネルや有機ELパネル、半導体関連の製造装置を製造販売するAIメカテック(茨城県龍ケ崎市向陽台)は30日、東京証券取引所の第2部に上場する。培った技術力を背景に大型液晶パネル向けや先端半導体向けの装置で世界トップのシェアを持つ。半導体市場の過熱やディスプレーの高機能化を背景とした需要の変化に応じた事業構造の転換を進め、成長を図る。
売り出し株数は需要に応じて追加するオーバーアロットメントを含め394万1千株。新たな株式は発行せず、株主の二つの投資ファンドが放出する。
同社は日立製作所グループの日立テクノエンジニアリングが1990年に操業開始した竜ケ崎工場が母体。グループ内の再編を経て、2016年に日立製作所から液晶パネル製造設備事業などの新設分割により、設立された。
回路基板向けのはんだ印刷機で培った高精度位置合わせ技術や微細塗布技術などを中核技術とし、日立グループ時代に大型液晶パネルの製造時間を大幅に短縮した「One Drop Fill」工法を実用化。生産工程で使うシール塗布装置で世界シェア7割超、液晶滴下装置と真空貼り合わせ装置では同9割超を誇る。半導体関連ではICチップへの電源供給や保護を担う半導体パッケージを基板などに接続するはんだボールマウンタ装置を手掛け、同じく6割超を確保している。
世界的な需要拡大で好調な半導体関連装置とともに、有機ELや量子ドットなどの次世代ディスプレー向けの装置は今後の成長が見込まれる。同社は18年にプロセス開発センターを開設して研究開発の体制を強化。大学やメーカーと連携しインクジェット塗布技術の用途拡大や量産化に向けた技術確立に取り組む。
液晶パネル製造装置は堅調を維持する一方、今後はより成長が期待できる半導体や次世代ディスプレー分野に力を注ぐ。将来的に両分野を合わせた売上高を全体の8割程度まで高める考えだ。
阿部社長は「われわれが持続的な成長を可能にするためには、時代のニーズに即した事業の変革が必要。さらに成長していくためにさまざま施策をすると同時に投資を行って、利益率の高い会社を目指して進めていく」としている。
■阿部社長一問一答 有機EL増産やIJP拡大へ
30日に東証2部に新規上場するAIメカテックの阿部猪佐雄社長に上場の狙いや今後の展望を聞いた。
-株式上場について。
「日立(製作所)がITとインフラに大きく事業構造改革する中で、日立の冠を外して外に出て行って、小回りの利く自立した会社になったほうが一層発展ができるだろうとAIメカテックをつくった。すぐに上場し、われわれの立ち位置や方向性をきちんと顧客や従業員、協力会社にきちんと示して歩んでいくために上場ありきで進めた。実は昨年最短で上場しようと思ったが、新型コロナウイルスの影響があったので、1年延ばして今回のタイミングとなった」
-各事業の現状と見通しは。
「半導体関連事業は市場が拡大基調かつ変革期で、当面のグロスドライバーとして利益率の高い事業。半導体回路の高集積化に伴い、先進パッケージのニーズが高まっており、当社のマイクロボール搭載システムの需要拡大が見込まれている。(次世代ディスプレー関連の)IJP(インクジェットプリンティング)事業は次なるグロスドライバーと位置付けており、有機ELの増産、IJP技術の用途拡大が成長ドライバー。これから量産機導入が見込まれており、収益の回復が見込まれている。LCD(液晶ディスプレー)事業は安定した収益を確保し、キャッシュカウ(財源)との位置付けだ。足元は巣ごもり需要などにより再度増産の動きがあるが、新規投資減少を考えると、改造やリプレース(交換)に主軸を移し、収益の安定化を図っていきたい」

【写真説明】
東証2部に新規上場するAIメカテックの本社=龍ケ崎市向陽台


太陽光設置で条例違反 茨城・守谷市、業者名を公表の画像

太陽光設置で条例違反 茨城・守谷市、業者名を公表

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16261734729960

茨城県守谷市は13日、市太陽光発電設備の適正な設置及び管理に関する条例(太陽光条例)に違反したとして、同条例に基づき、事業者名を公表したと発表した。同日、松丸修久市長が記者会見を開き明らかにした。
公表した事業者は、有限会社「土浦商事」(千葉県柏市、野口治社長)。公表は今月8日付。同社の事業者名公表は今年1月に続き2回目となる。
市によると、条例は設備の設置に当たり、町内会などに理解を得られるよう説明を行わなければいけないと定めた。違反があった場合、市は指導、勧告を行い、正当な理由なく勧告に従わないときには、氏名、住所、勧告内容を公表することができるとしている。
同社は守谷市大山新田の計約2万4千平方メートルに第1、第2、低電圧計3サイトの太陽光発電設備を設置。市は第1サイトについて、条例違反があったとして1月に事業者名を公表し、今回は低電圧サイトで違反があったとしている。
野口社長は取材に対し、国、県の許可を取り手続き通りに進めてきたと反論した上で、「市の公表には戸惑いを感じる。条例は許可後にできたものであり、それでも会社として説明会を開いてきた。正常な手続きをしており何ら違反はない」と述べ、「稼働はすでに2年遅れとなり損害が出ている。もうもめることは望んでいない」と話した。
同社は20年7月、第2サイトでの埋め立て工事を巡り、市が行った工事停止命令の取り消しなどを求めて水戸地裁に提訴し、現在も係争中。


筑波銀、ハウスステーションの私募債受託の画像

筑波銀、ハウスステーションの私募債受託

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16261734729959

筑波銀行(茨城県土浦市)は不動産業のハウスステーション(龍ケ崎市佐貫、野村泰円社長)が発行する寄贈サービス付きSDGs私募債「地域の未来応援債」を受託した。引受額は3千万円、期間3年で運転資金に充てる。発行手数料の一部を活用し、龍ケ崎市立馴柴小に投てき練習用教材と電子ホイッスル、同市立八原小にワンタッチテント一式を寄贈する。


茨城県内選挙、進む感染対策 郵便投票は利便性課題 新型コロナの画像

茨城県内選挙、進む感染対策 郵便投票は利便性課題 新型コロナ

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 11:10:07 +0900

記事コード:16261734693417

9月5日投開票の茨城県知事選や次期衆院選が迫る中、新型コロナウイルスが感染拡大する状況で県内の選挙対策が進む。既に実施された地方選では、投票時などの3密を避けようと多様な策を施し、県選管は市町村選管向けの対応マニュアル作成に取り組む。感染者への対応は、特例法で自宅療養者の郵便投票が可能になった半面、第三者を介した投函(とうかん)など利便性に課題を残す。候補者や政党には選挙運動時の適切な感染対策が求められ、選挙も「ニューノーマル(新常態)」に切り替えが必要になっている。
■指針を作成
「ストレスも違和感もなく投票できた。感染予防の気遣いがありがたい」
7月4日投開票の利根町長選で、役場内の期日前投票所を訪れた南大林千鶴さん(77)は、コロナ対策が徹底された状況でも普段通り投票できたという。
町選管は受付窓口のテーブルを飛沫(ひまつ)よけのアクリル板で仕切り、手渡しの必要がない投票用紙の自動交付機を設置。鉛筆は記載台での使い回しを防ぐため、筆立てに何本も入れて一人一人に貸し、回収した鉛筆を職員が消毒して戻した。
市町村選管はコロナ下の選挙で工夫を凝らしてきた。6月の境町議選では、立候補予定者説明会を動画配信。昨年11月の古河市長選では、投票所の感染対策や有権者への注意点をまとめた動画を作成し、投票を促した。
県内では、知事選などでコロナ下初の選挙を迎える市町村も多い。県選管は総務省通知や他県の事例を参考にガイドラインを作成し、今月29日の市町村選管に対する説明会で提示する。
■周知不十分
「感染した状況で、投票まで気持ちが向くのか-」。県内の選管関係者はつぶやく。
コロナ感染による自宅・宿泊療養者や、ホテルなどで待機する帰国者に郵便投票を認める特例法が6月に施行。投票機会の確保は図られたものの、感染という過酷な状況に置かれた有権者が投票まで至るには障壁がありそうだ。
実際、県内初適用となった利根町長選では、複数の療養者と最低でも1人いた帰国者が対象となる中、投票用紙の請求はなかった。
投票手続きは、請求書に保健所などから交付された外出自粛要請の書面を添え、郵送などで投開票の4日前までに選管へ送付。届いた投票用紙に候補者名を記入し再度選管に送るという流れだ。外出自粛下で2度の投函は、第三者の手助けが欠かせない。
砂金祐年(いさごさちとし)常磐大教授(政治学)は「施行から日が浅く国民への周知が不十分。第三者に託す必要があるなど制度が複雑で、対象者の利便性を高めるための検討も進めていく必要がある」と指摘する。県選管の担当者は「不正防止のため仕方ないところはある」と複雑さに理解を示しつつ、「周知に力を入れる」とした。
■二律背反
「どのよう選挙運動を行うかは、感染予防対策などを踏まえた上で、それぞれの候補者や政党において判断されるべき」
昨年3月に出した通知で総務省は、出陣式や街頭演説でのコロナ対策を、候補者、政党に委ねた。
昨年4月の石岡市長選の出陣式では、人との間隔を空ける呼び掛け、来賓紹介の一部省略、握手ではなく手の甲を合わせる「グータッチ」など、3密回避の光景が見られた。
候補者の立場に関し、砂金教授は「密を避けつつ多くの有権者に訴えなければならない二律背反が求められる。従来にない難しい選挙戦を強いられるだろう」と分析。2013年に解禁されたインターネットを使った選挙運動が浸透する契機になり得るとして、「アフターコロナを意識した選挙活動が望まれる」と語った。

【写真説明】
アクリル板で仕切られた受付窓口で自動交付機から投票用紙を受け取る有権者(左)=6月30日、利根町役場の町長選期日前投票所


新型コロナ 茨城県内36人感染 20代以下18人の画像

新型コロナ 茨城県内36人感染 20代以下18人

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 11:38:15 +0900

記事コード:16261734693412

茨城県と水戸市は13日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計36人確認されたと発表した。このうち、20代以下が18人と半数を占めた。県内の累計感染者は1万893人となった。
県によると、13日までに確認された感染者のうち、新たに7人がL452R変異株陽性と判明し、累計81人となった。
このほか、新型コロナ感染者のうち新たに24人が回復。県内の退院・退所などは計1万285人。
■県内の感染状況
新規 36人
累計 10893人
うち死者 166人
退院・退所等 10285人
(県発表、13日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城・龍ケ崎官製談合 川北元社協副会長、控訴せず有罪確定の画像

茨城・龍ケ崎官製談合 川北元社協副会長、控訴せず有罪確定

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 11:20:26 +0900

記事コード:16261734693408

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の罪に問われ、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予4年の判決を受けた市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(72)=同市=の有罪が13日、確定した。期限の12日までに控訴しなかった。

【写真説明】
龍ケ崎市役所


【速報】新型コロナ 茨城で新たに36人感染、うち12人が経路不明 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに36人感染、うち12人が経路不明 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 22:04:36 +0900

記事コード:16261704892909

茨城県と水戸市は13日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計36人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万893人となった。
県と市によると、新規感染者36人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が4人で、感染経路が不明の人は12人。
市町村別の感染者数は、つくば市10人、取手市5人、古河市4人、牛久市3人、水戸市3人、守谷市2人、かすみがうら市2人、つくばみらい市2人、城里町1人、龍ケ崎市1人、土浦市1人、常総市1人、境町1人。
新たに計24人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万285人となった。
居住地別の新規感染者36人は以下の通り。
◇つくば市(10人)
▽20代会社員男性
▽40代自営業男性
▽20代無職女性
▽50代会社員男性
▽10代女子学生
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
▽70代無職男性
▽20代男子学生
▽30代医療従事者女性
◇取手市(5人)
▽60代無職女性
▽40代会社員女性
▽30代自営業男性
▽未就学女児
▽未就学女児
◇古河市(4人)
▽20代パート女性
▽50代会社員男性
▽30代会社員男性
▽50代パート女性
◇牛久市(3人)
▽20代会社員男性
▽20代医療従事者女性
▽60代会社員男性
◇水戸市(3人)
▽10代無職女性
▽30代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇守谷市(2人)
▽40代会社員男性
▽20代無職女性
◇かすみがうら市(2人)
▽80代無職女性
▽20代パート女性
◇つくばみらい市(2人)
▽50代パート女性
▽50代公務員男性
◇城里町(1人)
▽10代女子児童
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代男子学生
◇土浦市(1人)
▽10代アルバイト男性
◇常総市(1人)
▽70代会社員男性
◇境町(1人)
▽50代自営業男性
■茨城県内の感染状況
新規 36人
計 10893人
うち死者 166人
退院・退所等 10285人
(茨城県・水戸市発表、13日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


全国盲導犬教室 茨城から笠間・みなみ学園、守谷・黒内小が参加 視覚障害の支援学ぶの画像

全国盲導犬教室 茨城から笠間・みなみ学園、守谷・黒内小が参加 視覚障害の支援学ぶ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16260899132304

日本盲導犬協会は6日、盲導犬や視覚障害者について理解を深めてもらおうと、小学校を対象にした全国一斉盲導犬教室をオンラインで開催した。茨城県からは、笠間市立みなみ学園義務教育学校と守谷市立黒内小学校の2校が参加。児童たちは、盲導犬の役割や訓練の様子、視覚障害者の支援の方法について学んだ。
盲導犬教室は6月から全4回開催される予定で、全国から81の小学校が参加している。2回目となる6日の授業は、教育関係者などに公開された。
日本盲導犬総合センター「盲導犬の里・富士ハーネス」(静岡県富士宮市)の2人の職員が講師を務め、盲導犬の基本的な役割や訓練の方法、盲導犬ユーザーの日常などを分かりやすく紹介した。
視覚障害者の具体的なサポートに関しては、盲導犬ユーザーでもある女性職員が説明。「目の不自由な人は街中を歩いているとき、健常者の少しの声掛けで安心できる」とした上で、「声を掛けるときは近くまで寄って、『盲導犬をお連れの方』『白杖(はくじょう)をお持ちの方』などとと言葉を添えていただければ」と呼び掛けた。
笠間市立みなみ学園義務教育学校からは6年生25人が参加。仲野心蘭(みらん)さんは「盲導犬のユーザーさんは私たちの少しの支えでも安心できることが分かった。今後は積極的に声を掛け、案内をしてみたい」と話した。
日本盲導犬協会のウェブサイトでは、盲導犬に関する教育用動画を配信している。URLは、https://www.moudouken.net/

【写真説明】
盲導犬の役割や視覚障害者への支援について学ぶみなみ学園義務教育学校の児童=笠間市北吉原


古代ハス花盛り 茨城・利根の画像

古代ハス花盛り 茨城・利根

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16260899132292

茨城県利根町中谷の利根親水公園の古代ハスの花が見頃となり、多くの来園者の目を楽しませている。
町まち未来創造課によると、約1.6ヘクタールの園内には古代ハスのほか、ハナショウブ、サクラ、アジサイなどがあり、四季折々の植物が楽しめる。ハスの花は今月中旬ごろまで見頃が続くという。
池は、緑色の大きなハスの葉で覆われ、所々にピンク色の大きな花が咲き、来園者は遊歩道から写真に収めるなど、間近に観賞していた。

【写真説明】
見頃を迎えた古代ハス=利根町中谷の利根親水公園


茨城各地で雷や大雨続く 鉾田、行方で計3050軒停電 牛久では床下浸水の画像

茨城各地で雷や大雨続く 鉾田、行方で計3050軒停電 牛久では床下浸水

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 10:17:45 +0900

記事コード:16260972544209

茨城県内は12日、大気が不安定となり、各地で雷や大雨となった。停電も相次ぎ、東京電力によると、同日午後6時ごろ、鉾田、行方両市では計約3050軒が停電した。JR水郡線は同5時15分ごろ、那珂市菅谷の下菅谷駅で停電が発生し、水戸-常陸大子駅間で一時運転を見合わせた。
■11日の大雨で床下浸水14棟 牛久
県内各地で大雨となった11日、牛久市内で8棟、桜川市内で6棟の計14棟が床下浸水した。県防災・危機管理課によると、いずれも冠水の影響で、人的被害はなかった。
■落雷原因か、住宅火災 つくばみらい
11日午後5時3分ごろ、つくばみらい市南太田、会社経営、山蔦幸太郎さん(48)方から出火、木造2階建て住宅の1階部分の壁約2・1平方メートルを焼いた。発生当時、市内は雷を伴った激しい雨が降っており、落雷の可能性を含め常総署で出火原因を調べている。
同署によると、2階にいた長女(17)が焦げ臭いにおいに気付き、山蔦さんが119番通報した。同日午後4時ごろには、同市板橋、会社員、男性(62)方でも落雷によるとみられる火災があり、コンセントから火花が出たほか、テレビアンテナの一部が欠損した。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計20人感染 経路不明は5人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計20人感染 経路不明は5人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 12 Jul 2021 21:47:44 +0900

記事コード:16260822343010

茨城県と水戸市は12日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計20人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万857人となった。
県と市によると、新たに感染判明した20人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が15人、感染経路不明の人が5人となっている。
市町村別の感染者数は、水戸市4人、土浦市4人、ひたちなか市2人、取手市2人、牛久市2人、常陸太田市1人、守谷市1人、龍ケ崎市1人、石岡市1人、つくば市1人、古河市1人。
新たに計18人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万261人となった。
居住地別の新規感染者20人は以下の通り。
◇水戸市(4人)
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽40代無職女性
▽30代会社員男性
◇土浦市(4人)
▽40代会社員男性
▽50代自営業女性
▽10代男子生徒
▽40代団体職員男性
◇ひたちなか市(2人)
▽20代会社員男性
▽10代会社員女性
◇取手市(2人)
▽30代無職女性
▽20代女子学生
◇牛久市(2人)
▽40代会社員女性
▽30代自営業女性
◇常陸太田市(1人)
▽90代無職女性
◇守谷市(1人)
▽20代会社員女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代女子学生
◇石岡市(1人)
▽70代パート女性
◇つくば市(1人)
▽50代団体職員男性
◇古河市(1人)
▽10代女子学生
■茨城県内の感染状況
新規 20人
累計 10857人
うち死者 166人
退院・退所等 10261人
(茨城県・水戸市発表、12日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城県内11地点で真夏日 11日は大気不安定の画像

茨城県内11地点で真夏日 11日は大気不安定

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 10 Jul 2021 22:41:54 +0900

記事コード:16259244023100

茨城県内は10日、梅雨前線が、日本の東へ延びた影響などでおおむね曇りとなり、日中は気温が上昇して県北では夕方に雨が降った。水戸地方気象台によると、最高気温は大子で33.7度、龍ケ崎で33.3度と全14観測地点のうち11地点で30度以上の真夏日となり、12地点で今年最高となった。
県防災・危機管理課によると、午後6時半現在、熱中症とみられる症状で、13〜92歳の男女21人が搬送された。重症者はなく、中等症8人、軽症13人だった。
同気象台によると、11日の県内は大気の状態が非常に不安定となる見込みで、大雨による土砂災害、河川の増水などに注意を呼び掛けている。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに37人 つくばが9人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに37人 つくばが9人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 10 Jul 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16259050561586

茨城県と水戸市は10日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計37人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万802人となった。
県と市によると新規感染者のうち濃厚接触により感染したとみられるのが20人で、感染経路不明は17人。集団感染が疑われる事例はなかった。
市町村別の感染者数は、つくば市9人、水戸市4人、土浦市3人、古河市3人、取手市3人、牛久市2人、龍ケ崎市2人、阿見町1人、稲敷市1人、守谷市1人、那珂市1人、神栖市1人、常総市1人、県外1人、つくばみらい市1人、筑西市1人、東海村1人、小美玉市1人。
新たに計34人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万216人となった。
居住地別の新規感染者37人は以下の通り。
◇つくば市(9人)
▽10代男子生徒
▽50代教職員男性
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽10代女子学生
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代男子学生
▽20代会社員男性
◇水戸市(4人)
▽50代自営業女性
▽10代女子生徒
▽50代無職女性
▽50代会社員男性
◇土浦市(3人)
▽20代教職員女性
▽20代会社員男性
▽50代アルバイト女性
◇古河市(3人)
▽40代自営業男性
▽50代パート女性
▽80代無職女性
◇取手市(3人)
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
▽40代自営業男性
◇牛久市(2人)
▽70代無職男性
▽80代無職男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽20代会社員女性
▽50代会社員女性
◇阿見町(1人)
▽10代男子生徒
◇稲敷市(1人)
▽20代無職女性
◇守谷市(1人)
▽10代女子学生
◇那珂市(1人)
▽50代会社員男性
◇神栖市(1人)
▽30代パート女性
◇常総市(1人)
▽30代無職女性
◇県外(1人)
▽90代無職男性(千葉県居住)
◇つくばみらい市(1人)
▽20代会社員女性
◇筑西市(1人)
▽50代会社員男性
◇東海村(1人)
▽20代男子学生
◇小美玉市(1人)
▽50代会社員男性
■県内の感染状況
新規 37人
累計 10802人
うち死者 166人
退院・退所等 10216人
(県・水戸市発表、10日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


海の危険知って 茨城県取手市立・取手小 着衣の浮き方学ぶの画像

海の危険知って 茨城県取手市立・取手小 着衣の浮き方学ぶ

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 12 Jul 2021 11:23:43 +0900

記事コード:16258388418823

海難事故防止に理解を深める「海の安全教室」が9日、茨城県取手市東5丁目の市立取手小(広瀬隆校長)で開かれた。茨城海上保安部隊員が講師を務め、児童たちは服を着たまま浮く方法や、ペットボトルの活用方法、ライフジャケットの着用方法などを学んだ。
安全教室は県水難救済会(飛田正美会長)が主催。同小の5年生55人、6年生55人が参加した。体育館で講師から説明を受けた児童たちは、プールに移動し、実際に服を着たまま水に入った。着衣のまま水に浮く「背浮き」の方法やペットボトルを使った浮き方を学んだ。ライフジャケットも1人ずつ着用し、安全性を確認した。
また、プールに入った児童たちが一斉に同じ方向へ動き、離岸流を想定した水流を発生。流れに逆らって泳ぐ難しさを体験した。ペットボトルを投げ入れて、おぼれた人を救助する方法も学んだ。
6年生の高橋和花さん(11)は「ライフジャケットを着るとよく浮くことが分かった。海に行くときは着ていきたい」、米田尚生君(12)は「ペットボトルに水を入れるとより遠くまで飛ぶことを知った」と振り返った。
同海保警備救難課の嶋本進一専門官は「釣りや磯遊びをする際は、監視のある場所を選び、必ずライフジャケットを着用してほしい」と呼び掛けた。広瀬校長は「水の怖さを体験することで、自分の身を守るすべを学んでくれたら」と話した。

【写真説明】
着衣のままライフジャケットを着て水に浮く体験をする児童=取手市立取手小


水遊びの安全祈願 茨城県守谷市の保育園の画像

水遊びの安全祈願 茨城県守谷市の保育園

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 12 Jul 2021 11:24:00 +0900

記事コード:16258341559270

茨城県守谷市野木崎に今年4月新たに開園した「そらまい守谷保育園」(井上晋吾園長)で2日、水遊びの安全を祈願するプール開きの会が行われた。
同園は0〜5歳児を預かっており、本年度は4種類のビニールプールを用意。年齢に合わせて、各プールを使用していく。
同市大木の六十六所神社の染谷治正宮司が神事を執り行い、井上園長や保育士のほか、園児らも玉串をささげて安全を祈った。井上園長は「安心安全に、子どもたちが楽しく水遊びをしてもらえれば」と話していた。

【写真説明】
水遊びの安全を祈って行われたプール開き=守谷市野木崎のそらまい保育園


茨城県龍ケ崎市に新ポスト 行政監察監設置へ 官製談合受けの画像

茨城県龍ケ崎市に新ポスト 行政監察監設置へ 官製談合受け

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 12 Jul 2021 11:26:11 +0900

記事コード:16258341559262

茨城県龍ケ崎市は9日、幹部ポストの行政監察監を新たに設置し、12日付で常総市の前副市長、藤島忠夫氏(63)を任期付き職員として採用すると発表した。任期は来年3月31日まで。組織改革や業務改善、コンプライアンス(法令順守)推進などに当たる。今年3月に発覚した当時の副市長らによる官製談合防止法違反事件を踏まえた再発防止策に位置付けられる。
新設に伴い、龍ケ崎市は関連規則を一部改正するとともに、任期中の人件費として630万円を予算措置。本年度一般会計補正予算を9日付で専決処分した。
藤島氏は県職員出身。県監理課長や県県北振興監などを経て、2017年3月に退職。その後は今年3月まで常総市の副市長を務めた。
中山一生龍ケ崎市長は茨城新聞の取材に「行政経験が豊富であり、外部の新鮮な空気をもたらしてくれると判断した。現在の混乱を早く収拾するために必要な人材と考えている」と説明した。


茨城県つくばみらい市、困難抱える女性支援 21日まで事業者募集の画像

茨城県つくばみらい市、困難抱える女性支援 21日まで事業者募集

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 12 Jul 2021 11:28:15 +0900

記事コード:16258422297594

茨城県つくばみらい市は、新型コロナウイルス感染拡大で困難な状況にいる女性を支援するための事業者を、公募型プロポーザル方式で募集する。コロナ禍で雇用や生活に影響を受け、望まない孤独や孤立で不安を抱える女性の実態把握や相談など、行政だけでは手が届きにくい細やかな支援を行うことが目的。募集は21日まで。
市地域推進課によると、業務内容はコロナ禍で孤独・孤立を強いられている女性の実態把握と相談、女性の居場所づくりが柱となる。8月中旬にプレゼンテーション審査を行い、同月下旬までに選定する予定。
参加資格要件は、女性支援などの専門的な知見や能力を有するNPO法人などの団体を想定している。
業務は8月24日に同市みらい平地区に開設する新たな行政サービスの拠点「みらい平市民センター」(同市陽光台3丁目)を中心に行ってもらう。


龍ケ崎官製談合 元課長が控訴の画像

龍ケ崎官製談合 元課長が控訴

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 10 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16258341559255

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡り入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反の罪に問われた元市契約検査課長、島田真二被告(60)=同市=は9日までに、懲役10月、執行猶予3年とした東京地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。8日付。
島田被告は起訴内容を認め、弁護側は罰金刑を求めていた。判決は「責任は軽視できない」と判断して懲役刑を選択し、妻が監督を誓っていることなどを考慮して執行猶予を付けた。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計35人感染 経路不明が17人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計35人感染 経路不明が17人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 09 Jul 2021 19:11:17 +0900

記事コード:16258184880598

茨城県と水戸市は9日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計35人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万765人となった。
県と市によると、感染判明した35人のうち、陽性者との濃厚接触による感染とみられる人が18人、感染経路不明の人が17人。
市町村別の感染者数は、水戸市5人、取手市4人、土浦市4人、古河市4人、つくばみらい市3人、つくば市3人、県外2人、境町2人、守谷市1人、牛久市1人、稲敷市1人、阿見町1人、龍ケ崎市1人、結城市1人、筑西市1人、坂東市1人。
新たに33人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万182人となった。
居住地別の新規感染者35人は以下の通り。
◇水戸市(5人)
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽40代無職女性
▽未就学女児
◇取手市(4人)
▽10代男子児童
▽50代公務員女性
▽50代会社員男性
▽40代アルバイト女性
◇土浦市(4人)
▽未就学男児
▽10代女子学生
▽40代自営業男性
▽30代アルバイト女性
◇古河市(4人)
▽20代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
◇つくばみらい市(3人)
▽30代会社員男性
▽40代パート女性
▽未就学男児
◇つくば市(3人)
▽20代男子学生
▽60代自営業男性
▽10代男子生徒
◇県外(2人)
▽60代無職男性(栃木県)
▽60代無職女性(栃木県)
◇境町(2人)
▽40代無職女性
▽40代自営業男性
◇守谷市(1人)
▽40代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽10代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員男性
◇阿見町(1人)
▽60代自営業男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代女子学生
◇結城市(1人)
▽40代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽未就学女児
◇坂東市(1人)
▽40代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 35人
累計 10765人
うち死者 166人
退院・退所等 10182人
(茨城県・水戸市発表、9日午後5時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


音楽で紛争、貧困訴え 精神科医・桑山さん公演 取手・戸頭中の画像

音楽で紛争、貧困訴え 精神科医・桑山さん公演 取手・戸頭中

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 09 Jul 2021 09:32:03 +0900

記事コード:16257476540358

世界で起きている紛争や貧困に苦しむ子どもたちの実態を音楽や映像で伝えるコンサート「地球のステージ」が、茨城県取手市戸頭の市立戸頭中(額賀敏行校長)で開かれ、全校生徒約230人が、国際医療支援活動をしている精神科医の桑山紀彦さんの語りに耳を傾けた。
同校は平和教育として、各種プログラムを行っており、今回もその一環。桑山さんは神奈川県海老名市でクリニックを経営するほか、NPO法人「地球のステージ」代表理事として各地で公演を行っている。
公演では、桑山さんが世界で出会った人々やその人たちの状況を映像で紹介。歌を交え、フィリピン、パレスチナ、ミャンマーなど、紛争や貧困に苦しむ人々の実情を紹介した。
新型コロナ禍での生活についても語り、生徒たちに前向きになることの必要性を訴えた。その上で、「自分たちのクラスや学校を平和にしていってほしい。合わない人がいるかもしれないが、争いではなく、共存を目指してほしい」と呼び掛けた。
中西美菜さん(14)は「苦しい中でも強く生きる人たちの姿が印象的だった。共存することの意味を考えていきたい」と話していた。

【写真説明】
世界の紛争や貧困について学ぶ生徒たち=取手市立戸頭中


新型コロナ ワクチン配分、希望の半分 19日から2週間 市町村計画に影響の画像

新型コロナ ワクチン配分、希望の半分 19日から2週間 市町村計画に影響

関連地域 :利根町,河内町

最終更新日:Fri, 09 Jul 2021 15:15:57 +0900

記事コード:16257524013877

新型コロナウイルスワクチンついて茨城県は8日、7月19日の週と同26日の週に県内に配分される計249箱の市町村への配分内訳を発表した。配分量は約14万5千人が2回接種できる量で、県内自治体が希望した量の約半分にとどまった。市町村の接種計画への影響は避けられない状況だ。
県によると、今回の県内自治体の希望量は計454箱だった。前回の7月前半の2週分では350箱を希望して223箱の配分となっており、不足感は一層強まった。
6月後半の2週分(371箱)と比べて、2回連続で4割減となった。現時点では8月の供給量も今回とほぼ同量となる見通し。国は在庫が6週間分ある自治体への配分量を減らす方針という。
今回の市町村別の配分で最多は水戸市の30箱。次いで日立市とひたちなか市の19箱、つくば市15箱。河内町と五霞町、利根町は各1箱だった。
249箱のうち追加で決まった59箱は、独自の大規模接種を予定する8市と、在庫率が低い5市に割り当てられた。大規模接種分としてモデルナ製を申請していたが、不足のためファイザー製が分配された。
供給不足の影響で、県内自治体でも個別・集団接種の予約枠を縮小したり、予約受け付けを停止したりする事態が相次ぎ、確保した医療従事者の予定をキャンセルするなど計画の見直しを迫られている。
大井川和彦知事は8日の定例会見で「大変困惑している。長期的な見通しもなく、不安感を拭い切れない状況だ」と指摘。近く河野太郎行政改革担当相に直接面会し、要望する意向を明らかにした。
高齢者などを除く県内の一般接種対象者は約160万人。7月の4週分の配分量は対象者の約17%分となる。

【写真説明】
新型コロナウイルスのワクチン


「無観客でも熱い試合を」 サッカー五輪代表・中山、「金」へ思いの画像

「無観客でも熱い試合を」 サッカー五輪代表・中山、「金」へ思い

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 09 Jul 2021 09:16:10 +0900

記事コード:16257538948639

東京五輪サッカー男子日本代表の中山雄太(ズウォレ)=茨城県龍ケ崎市出身=が8日、合宿中の静岡でオンライン取材に応じた。新型コロナウイルス禍の五輪開催に触れ「無観客でも、画面越しで何か感じてもらえるような熱い試合をできたら」と力強く話した。
政府は同日、新型コロナの感染が再拡大する東京都に、12日から来月22日まで緊急事態宣言を発令すると決定した。
中山は「(この状況下で)五輪を開催していただけることが光栄なこと。すごくうれしい」と感謝。その上で、「僕たちだけの意見で観客が入ってほしいとは言いづらいが、やはり観客の力はすごくある。まして東京での開催」と複雑な胸中を述べた。
ただ、観客の有無にかかわらず、全力で戦い、頂点を目指すという。「目標である金メダルへ、強い気持ちを持ってやっていきたい。その中で、一日一日成長していければ」と変わらぬ決意を口にした。

【写真説明】
オンライン取材に応じる東京五輪サッカー男子日本代表の中山雄太


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計26人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計26人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市

最終更新日:Thu, 08 Jul 2021 18:39:18 +0900

記事コード:16257370468712

茨城県と水戸市は8日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計26人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万730人となった。
県と市によると、26人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が10人だったのに対し、感染経路が分かっていない人が16人となっている。
市町村別の感染者数は、つくば市5人、石岡市4人、守谷市3人、土浦市3人、牛久市2人、小美玉市1人、常陸太田市1人、稲敷市1人、龍ケ崎市1人、常総市1人、つくばみらい市1人、古河市1人、鉾田市1人、水戸市1人。
新たに計19人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万149人となった。
居住地別の新規感染者26人は以下の通り。
◇つくば市(5人)
▽20代会社員男性
▽60代パート男性
▽20代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽40代自営業男性
◇石岡市(4人)
▽10代男子生徒
▽30代会社員女性
▽70代無職女性
▽30代会社員男性
◇守谷市(3人)
▽80代無職女性
▽30代自営業女性
▽未就学女児
◇土浦市(3人)
▽20代会社員男性
▽30代無職女性
▽40代女性(職業非公表)
◇牛久市(2人)
▽60代自営業男性
▽50代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽20代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽20代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽10代男性(職業非公表)
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代会社員女性
◇常総市(1人)
▽20代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽10代アルバイト女性
◇古河市(1人)
▽40代会社員男性
◇鉾田市(1人)
▽30代会社員男性(水戸市から茨城県へ移管)
◇水戸市(1人)
▽10代男子生徒
■茨城県内の感染状況
新規 26人
累計 10730人
うち死者 166人
退院・退所等 10149人
(茨城県・水戸市発表、8日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


下妻・サップ体験会 砂沼の水上散歩、新たな光景に 水辺生かし地域活性化の画像

下妻・サップ体験会 砂沼の水上散歩、新たな光景に 水辺生かし地域活性化

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 08 Jul 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16256601550864

茨城県下妻市の名所・砂沼で、ウオータースポーツのスタンドアップパドルボード(SUP=サップ)の体験会が行われている。ミズベリングしもつま(同市、石川泰宏会長)が主催し、体験会には市内外から親子連れが集まる。ボードに立ち、1本のパドルをこいで水面をすいすい走らせる“水上散歩”の様子は、新たな砂沼の光景になりそうだ。
運営に当たるミズベリングしもつまは、4月1日に発足した。水辺を活用し、環境保護とアクティビティの両立、地域活性化につなげる活動を目指す。石川会長(45)は「小貝川や鬼怒川もある水辺の総合的なまちづくりに寄与できればいい」と語る。
今回の催しは「SANUMA de SUP」という事業の一環で、市が後援。既に数回実施している。
体験会は、砂沼南岸の市観光交流センター「さん歩の駅サン・SUNさぬま」(同市砂沼新田)付近が発着。主催者側で長さ約3メートル10センチ〜同45センチ、幅約80〜90センチのボードを用意。ボードは安定感があり、親子2人で乗れるほど浮力がある。
3日は、市内外から2組5人が参加した。ライフベストを装着し、パドルの使い方や重心を置く位置などの指導を受け、石川会長とインストラクターの小口勝裕さん(42)が付き添って出発。参加者は最初こそバランスを取るのに苦戦したものの、あっという間にこつを覚えて器用にパドルをこいで水面を走った。途中、砂沼大橋の下を通り抜け、市立下妻中学校近くの入り江で折り返し、約1時間の行程を楽しんだ。
家族3人で参加した同市の猪瀬勝さん(47)は「砂沼の周りは歩いたことがあるが景色が違った。解放感があり良かった」と振り返った。守谷市の増田稔さん(45)は「景色を見ながらふわふわ移動できる。足は疲れたが気持ち良くできた」と語り、息子で小学6年の悠君(11)も「慣れて、立てて楽しかった。もう一回やってみたい」と笑顔を見せた。
石川会長は「通りすがりの人が楽しそうだなと見ている。お越しいただき、砂沼の新しい楽しみ方を体験してほしい」と話し、小口さんも「砂沼の中での非日常。水面を散歩する爽快感を感じてもらえれば」とアピールした。
体験会は、8月まで毎週水曜午後5〜7時にかけて開催。料金は親子2人で5000円、大人1人3500円(道具のレンタル込み)。問い合わせは、同しもつま事務局のサーフショップ「K2 SURF BOARDS」(電)0296(44)6606

【写真説明】
砂沼大橋付近でポーズを取るSUP体験会の参加者たち=下妻市の砂沼


龍ケ崎の事前合宿中止 東京五輪タイ陸上チームの画像

龍ケ崎の事前合宿中止 東京五輪タイ陸上チーム

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 08 Jul 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16256642469561

茨城県龍ケ崎市は7日、東京五輪のタイ陸上チームの事前キャンプが中止になったと発表した。新型コロナウイルス感染症を踏まえ判断されたという。
市によると、市国際スポーツ大会キャンプ等招致アドバイザーの田畑亨氏(流通経済大教授)を通じ、市に報告があった。当初、8人程度が来日し、キャンプを行う予定だった。
同市での事前キャンプは、タイ、キューバ(柔道)、オセアニア諸国・地域(柔道)が中止となった。事後交流はいずれも調整中。
なお、オセアニア諸国・地域の流通経済大柔道部所属の2選手については、市内の同大で調整しており、従来通り応援していく。
また、米柔道チームは16〜21日で事前キャンプを行う。事後交流は8月1日。


取手でSDGsグランプリ 最高賞に藤代高の3人の画像

取手でSDGsグランプリ 最高賞に藤代高の3人

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 08 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16256601550858

地域創生につながるSDGs(持続可能な開発目標)のアイデアを高校生から募り、賞を贈るイベント「SDGs-1グランプリ」の表彰式が6月29日夕、茨城県取手市新町の取手ウェルネスプラザで行われ、グランプリに、県立藤代高校の生徒3人のグループ「SDGoes」が輝いた。
イベントは、若い世代にSDGsについて考えてもらおうと、茨城南青年会議所(JC)が主催した。取手、守谷、つくばみらい、利根の4市町の高校生に呼び掛け、35グループ・個人から応募があった。
表彰式では、入賞者に石引卓理事長から表彰状が手渡され、その後、高校生たちが自分たちのアイデアを発表した。
SDGoesは、SDGsの目標「つくる責任、つかう責任」をテーマとし、同校内の購買のコンビニ店と協力してフードロス削減を目指すという内容。チーム代表の小島惇之介さん(16)は「同じクラスの仲間とチャレンジし賞がもらえたことがうれしい。SDGsについてこれからも考えていきたい」と話した。
講評では「一番実現ができそうなものがグランプリとなった。ほかのアイデアも素晴らしいものばかり。皆さん自信を持ってほしい」と高校生をたたえた。

【写真説明】
「SDGs-1グランプリ」に参加した高校生ら=取手市新町


キリンビール取手工場、操業開始50年祝うの画像

キリンビール取手工場、操業開始50年祝う

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 08 Jul 2021 11:52:55 +0900

記事コード:16256642469548

キリンビール取手工場(茨城県取手市桑原)の操業開始50周年記念式典が7日、同工場で開かれ、布施孝之社長ら関係者が節目を祝うとともに、さらなる飛躍を誓った。式典は当初、昨年の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期していた。
式典には来賓の大井川和彦知事と同市の藤井信吾市長が出席。布施社長が「これまで育てていただいた感謝の気持ちを忘れず、これからも愛される工場を目指していきたい」とあいさつした。同工場は1970年にビール製造を開始。現在、同社の9工場の中で最大の製造能力(ビール類・低アルコール飲料の合計)を誇る工場となっている。

【写真説明】
記念式典であいさつする布施孝之社長=取手市桑原のキリンビール取手工場


スポーツクライミング・野口啓代(龍ケ崎出身) 集大成、初代女王狙うの画像

スポーツクライミング・野口啓代(龍ケ崎出身) 集大成、初代女王狙う

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 10:17:07 +0900

記事コード:16256642469570

東京五輪は7月23日(サッカーとソフトボールは21日開始)に開幕する。57年ぶりの自国開催の大舞台に挑戦する「茨城の星」たちを紹介する。
スポーツクライミング界の第一人者として引っ張ってきた野口啓代が、32歳で迎える東京五輪は競技人生集大成の場だ。「金メダルを取りたい」。見据えるのは初採用された競技の初代女王の座だけだ。
小学5年の時に家族旅行で訪れたグアムで競技に出合った。日本に戻ってからも感触が忘れられずに練習を重ねていると、酪農を営んでいた父健司さんが自宅の牛舎を改造し、練習用の壁を造ってくれた。
すぐにユース年代の大会で優勝を飾り、2005年には16歳でボルダリングとリードのジャパンカップ(JC)の2冠。08年には日本人女性として初めてボルダリングワールドカップ(W杯)を制し、その後、同シリーズの年間総合優勝に計4度輝いている。
挑む大舞台は、苦手としていたスピードを含めて3種目複合で争われる。「3種目をやることが決まった時は高いハードルだと思ったけど、だいぶ自分のものになってきた。今まで高いなと思っていた壁を越えられたらいい」と、1年延期後の練習で弱点を克服し手応えをつかんでいる。
最も得意とするボルダリングは高さ3〜5メートルの壁を登る。「課題」と呼ばれるコースをいくつ完登できたかを競い、バランスやパワー、瞬発力が求められる。ホールド(突起物)をつかむ保持力が抜群で、課題に対して全身の使い方も的確だ。
スピードは高さ15メートルの壁を駆け登り、ゴール地点にタッチするまでの速さを競う。ホールドの形や配置はどの大会も一緒だ。経験が少なく不得手だったが、五輪延期後に大きく成長した。昨年まで9秒台だった記録は3月に8秒68まで短縮。スタート直後のホールドを使わない「トモア・スキップ」を取り入れ、ミスを恐れない強気な登り方でタイムを削っている。
リードは高さ15メートル前後の壁を制限時間内にどこまで登れたかを競う。昨年5月、実家の練習場にリードの壁を新設。練習時間が大幅に増えたことで登り方を見直し、成果を出している。複合3種目のうち最後に行われるため、疲労した中での持久力が問われる。
今春、ボルダリングW杯で表彰台を逃すなど、出場した大会で思うような成績が残せなかった。「五輪イヤーと言うこともあって、メンタル的に整い切れていない部分が大会で出ていた」と精神面の不安定さがあった。
しかし、難しい時期を好転させたのはやはり経験だった。「焦りはうまくいかない一つの要因なので落ち着いて向き合いたいなと思った」。平常心を取り戻し、6月のボルダリングとリードの2種目複合のJCで3年ぶりに優勝を飾った。
五輪前最後の国内大会となったJCでは、台頭する若手らに向け、「ずっと大会に出ていると、成績が出ずに登りたくなくなることもある。楽しんで登る気持ちを見せられたらいいなと思った」と背中でエールを送る気概も見せた。
現役ラストイヤーであっても進化を続けており、周囲から見れば引退は名残惜しい。それでも本人は「一課題一課題に楽しんで挑みたい」と競技を始めた初心のまま大舞台に立つ。
■のぐちあきよ
1989年5月30日生まれ。龍ケ崎市出身。城ノ内中-東洋大牛久高出。TEAM au所属。165センチ。

【写真説明】
集大成の場として東京五輪に挑む野口啓代


【速報】新型コロナ、茨城で新たに37人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに37人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 14 Jul 2021 18:32:42 +0900

記事コード:16262550422989

茨城県と水戸市は14日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計37人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万930人となった。
県と市によると、新たに感染判明した37人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が25人、感染経路が不明の人が12人。
市町村別の感染者数は、つくば市10人、水戸市5人、土浦市4人、取手市3人、龍ケ崎市2人、牛久市2人、つくばみらい市2人、境町2人、古河市2人、那珂市1人、ひたちなか市1人、鹿嶋市1人、守谷市1人、美浦村1人。
新たに計19人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万304人となった。
居住地別の新規感染者37人は以下の通り。
◇つくば市(10人)
▽40代会社員男性
▽20代アルバイト女性
▽30代自営業男性
▽50代自営業男性
▽50代自営業女性
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽20代会社員男性
▽20代無職男性
◇水戸市(5人)
▽30代自営業男性
▽40代会社員女性
▽30代女性(職業非公表)
▽10代男子生徒
▽50代自営業男性
◇土浦市(4人)
▽50代自営業女性
▽20代自営業女性
▽20代アルバイト男性
▽10代女性(職業非公表)
◇取手市(3人)
▽10代男子生徒
▽10代男子児童
▽40代自営業男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇牛久市(2人)
▽10代女子生徒
▽20代自営業男性
◇つくばみらい市(2人)
▽40代会社員女性
▽30代会社員女性
◇境町(2人)
▽30代アルバイト女性
▽30代会社員男性
◇古河市(2人)
▽30代会社員女性
▽40代会社員男性
◇那珂市(1人)
▽10代男子児童
◇ひたちなか市(1人)
▽10代女子児童
◇鹿嶋市(1人)
▽10代男子生徒
◇守谷市(1人)
▽50代会社員男性
◇美浦村(1人)
▽20代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 37人
累計 10930人
うち死者 166人
退院・退所等 10304人
(茨城県・水戸市発表、14日午後6時30分現在)


【速報】新型コロナ、茨城で新たに24人感染 半数が経路不明 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに24人感染 半数が経路不明 県と水戸市発表

関連地域 :河内町,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 07 Jul 2021 20:04:18 +0900

記事コード:16256503606036

茨城県と水戸市は7日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計24人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万704人となった。
県と市によると、24人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が12人、感染経路が分からない人が12人と、半数ずつだった。
市町村別の感染者数は、つくば市4人、水戸市4人、鉾田市2人、守谷市2人、牛久市2人、土浦市2人、稲敷市1人、取手市1人、河内町1人、石岡市1人、筑西市1人、下妻市1人、県外1人、境町1人。
新たに20人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万130人となった。
居住地別の新規感染者24人は以下の通り。
◇つくば市(4人)
▽20代会社員女性
▽40代パート女性
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
◇水戸市(4人)
▽0〜9歳女子児童
▽50代無職女性
▽0〜9歳男子児童
▽50代会社員男性
◇鉾田市(2人)
▽60代自営業女性
▽30代自営業女性
◇守谷市(2人)
▽60代パート男性
▽20代会社員女性
◇牛久市(2人)
▽10代男子学生
▽20代無職男性
◇土浦市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽10代男子生徒
◇取手市(1人)
▽50代無職女性
◇河内町(1人)
▽30代自営業男性
◇石岡市(1人)
▽40代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽30代自営業女性
◇下妻市(1人)
▽20代会社員男性
◇境町(1人)
▽60代会社員女性
◇県外(1人)
▽30代パート女性(埼玉県)
■茨城県内の感染状況
新規 24人
累計 10704人
うち死者 166人
退院・退所等 10130人
(茨城県・水戸市発表、7日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町 佐々木町長が初登庁 対話型の町政推進への画像

利根町 佐々木町長が初登庁 対話型の町政推進へ

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 07 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16255702628944

4日の茨城県利根町長選で再選を果たした佐々木喜章町長(65)が6日、初登庁した。佐々木町長は職員らに向かって「これからも皆さんといろいろな話をしながら行政運営をしていく」と述べ、引き続き、対話型の町政を進めるとした。
午前8時半すぎ、近くの自宅から歩いて役場に来た佐々木町長は、役場玄関前で支持者や職員の出迎えを受け、花束を贈られた。
佐々木町長は「町の職員はとても協力してくれる。町民の思いは通じると思う。これからも一緒にいい町をつくっていきましょう」とあいさつした。
その後、職員を前に訓示。2期目について、「学校統合、そして跡地利用がある。いずれも職員の皆さんの協力がないとできない。町民のため一生懸命やっていこう」と呼び掛けた。

【写真説明】
初登庁し、職員から花束を受け取る佐々木喜章町長=利根町役場


看護師の業務体験 茨城県議や市議、守谷の病院訪問の画像

看護師の業務体験 茨城県議や市議、守谷の病院訪問

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 07 Jul 2021 10:09:32 +0900

記事コード:16255774882208

新型コロナウイルス対応に当たる看護師の現状を茨城県議会や市町村議会の議員に知ってもらう「地方議員看護体験事業」が6日、守谷市立沢の守谷慶友病院(今村明院長)で行われた。小川一成県議や市議計16人が、看護師の仕事の一端に触れ、理解を深めた。
事業は、新型コロナ禍の中、医療現場の最前線で働いている看護師の声を政策につなげてもらおうと、県看護連盟(山本かほる会長)が初めて企画し、賛同した議員が参加した。同連盟によると、全国でも珍しい取り組みという。
議員らは感染症対応や現状について病院から説明を受けた後、看護師が毎回行っている手指衛生などの感染症予防策を体験。ゴーグルや防護服、キャップ、マスク、手袋を実際に着け、コロナ病棟を訪れ看護師業務の説明を受けた。その後、今村院長や看護部長らと意見交換を行った。
同市議会の高橋典久議長は「毎回の手指消毒や、暑い中で防護服を着ての業務など、想像以上に大変だと感じた」と感想を語った。小川県議は「守谷市議会の皆さんは積極的に参加してくれた。現場で働く人の思いを知り政策につなげていくことは大事」と話した。
事業は10月までに県内計8カ所で行われるという。

【写真説明】
防護服を着用し、コロナ禍での看護業務を体験する議員ら=守谷市立沢の守谷慶友病院


【速報】新型コロナ、県外イベント参加の女性が感染 茨城 の画像

【速報】新型コロナ、県外イベント参加の女性が感染 茨城 

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 21:08:45 +0900

記事コード:16261779729914

茨城県と水戸市が13日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計36人のうち、1人は守谷市の20代無職女性で、県によると複数の感染者が確認されている県外開催イベントに参加していた。保健所が行動履歴や濃厚接触者を調査している。
そのほか、つくばみらい市の50代公務員男性は取手市消防本部職員で、取手市は、感染した可能性のある期間の勤務はないため、市民やほかの職員への感染の恐れはないとしている。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに17人感染、1人死亡 経路不明9人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに17人感染、1人死亡 経路不明9人 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Tue, 06 Jul 2021 19:41:46 +0900

記事コード:16255600074834

茨城県と水戸市は6日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計17人確認され、感染患者1人が死亡したと発表した。県内累計の感染者は1万680人、死者は166人となった。
県と市によると新規感染者17人のうち濃厚接触で感染したとみられるのが8人、経路不明が9人。集団感染が疑われる事例はなかった。市によると、県内医療機関に入院していた80代女性が5日までに亡くなった。
市町村別の感染者数は、つくば市4人、取手市2人、土浦市2人、境町2人、水戸市2人、ひたちなか市1人、守谷市1人、常総市1人、つくばみらい市1人、那珂市1人。
また、新たに計19人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万110人となった。
居住地別の新規感染者17人は以下の通り。
◇つくば市(4人)
▽40代自営業男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代自営業男性
◇取手市(2人)
▽40代無職男性
▽10代男子学生
◇土浦市(2人)
▽未就学男児
▽30代アルバイト女性
◇境町(2人)
▽30代会社員男性
▽60代会社員男性
◇水戸市(2人)
▽10代女子生徒
▽未就学男児
◇ひたちなか市(1人)
▽30代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽40代自営業男性
◇常総市(1人)
▽10代無職男性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代無職女性
◇那珂市(1人)
▽50代パート女性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 17人
累計 10680人
うち死者 166人
退院・退所等 10110人
(県・水戸市発表、6日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町長再選の佐々木さん 対話大切に町政運営の画像

利根町長再選の佐々木さん 対話大切に町政運営

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 06 Jul 2021 09:48:11 +0900

記事コード:16254848062297

「再選を果たせたのも、支えてくれた皆さんのおかげ。2期目ではこれまでの政策をさらに進めていく」と、支援への感謝と抱負を語るのは茨城県利根町長選で再選した佐々木喜章(ささきよしあき)さん。
小学校統合が争点の一つとなったことについて、「2年間かけて進めてきた。戸惑いはなかった」と振り返る。その中心にあったのは「子どもたちにとって何が一番いいか」だという。「子どもたちが少ない今、統合しなければ複式学級になってしまう。学習は多くの中で高め合っていくのが大切。統合は避けて通れない」との思いを持つ。
「やはり教育が大切だと思う。子どもたちが伸び伸びと学び、そして学力を上げていくこと。それは町の発展や、魅力向上にもつながっていく」と力を込める。
2009年に町長選に初挑戦し、3度目の挑戦となった前回選挙で初当選。今回は2位に2千票以上の差をつけ再選を果たした。
対話を大切にした政治がモットー。2期目も町民の声や町職員の声に耳を傾けながら町政の運営に当たると強調する。
「町に住む人が住んでよかったと思えるようにしていきたい。皆が『出身は利根町です』と胸を張って言える町にしていきたい」
3人の子どもは独立し、妻と2人暮らし。「孫たちが来てくれるのがうれしい」と顔がほころぶ。カラオケ好き。吉幾三さんの曲をよく歌う。布川。65歳。

【写真説明】
利根町長に再選した佐々木喜章(ささきよしあき)さん


《解説》利根町長選 町政継続、支持得るの画像

《解説》利根町長選 町政継続、支持得る

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 06 Jul 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16254848062288

4人が立候補し激戦となった茨城県利根町長選は、町政の継続を訴えた現職の佐々木喜章氏(65)が、前新3氏を破り再選を果たした。
2位に2千票以上の差をつけた。投票率は過去最低の57・43%(前回57・47%)だったが、得票数は前回より伸ばした。
争点の一つとなった町内3小学校の統合については、ほかの3氏が見直しを主張する中、佐々木氏は「子どもたちが少ない今、統合しなければ複式学級になってしまう。避けて通れない」と訴えてきた。統合により運行するスクールバスの経費についても、批判に対して説明をしてきた。
また、1期目の成果として、町内道路の整備や福祉バスの増便、小学生からの英語教育の充実などを挙げ、今後、教育や子育て、高齢者支援などをさらに充実させていくには、町政の継続が必要と呼び掛けた。
推薦を受けた自民、公明両党の強力な後押しもあり、県議などが連日応援。大井川和彦知事や国会議員らが複数回駆け付けるなど、県や国との太いパイプも印象付けた。
結果、小学校統合も含め町政の継続が支持された。ほかの3氏が票を分け合ったことも大きかった。
2期目の町政を担うことになり、小学校統合が進むことになる。今後、廃校利活用を含め、子どもたち、保護者、地域のことを十分考慮した統合にしていくことが求められる。
そのほかにも、町には、少子高齢化や基幹産業の農業振興、地域活性化など課題が山積する。
まずは、1期目から進めてきた施策をより確かなものにしていくことが重要となる。


東京五輪聖火リレー 温かい声、沿道に 祭典開催へ期待高まるの画像

東京五輪聖火リレー 温かい声、沿道に 祭典開催へ期待高まる

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 06 Jul 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16254848062282

前日に続き、茨城県内の東京五輪聖火リレー2日目の5日も、空模様は雨交じりだった。それでも、懸命に走るランナーに沿道からは温かい声援が送られた。
スタート地だった古河市では、市立古河一小の児童315人が歴史的な赤れんが造りの校門「赤門」の前などに並び、応援メガホンを手に聖火ランナーへ「頑張って」などと声援を送った。6年生の小山奏侑さん(12)は「古河市で聖火リレーを見られて、良い経験ができた。東京五輪が楽しみになった」と笑みを浮かべた。
常総市区間の鬼怒川堤防では雨が降りしきる中、傘を差しながら、多くの市民が聖火ランナーに手を振って応援した。傘を差していることもあり、懸念された極端な密集は起こらなかった。応援に来た会社員、男性(62)は「五輪開催にさまざまな意見があるが、聖火ランナーの姿にはやはり勇気づけられる」と話した。
牛久大仏のコースは無料開放され、開始の2時間ほど前から開門を待つ人の長い列ができた。阿見町の大橋孝子さん(76)は「雨なのでどうしようかと悩んだけど、競技は見に行けないので、せめて聖火リレーは見たいと思って来た」と話した。仲見世通りの土産屋「時代屋」の岡見八重子さん(68)は「牛久大仏の駐車場が満杯になるのは久々。聖火リレーの行われた場所として、今後、いろんな人に見に来てもらえればうれしい」と期待した。
東京五輪に出場するスポーツクライミングの野口啓代選手とサッカーの中山雄太選手の出身地・龍ケ崎市もコースとなった。自宅近くで聖火ランナーを応援した主婦、飯沼悦子さん(46)は「地元出身の選手もいるし、五輪への関心は高い」と語る。聖火リレーを経て「無事に大会が開催できればいいという気持ちが強くなった」と実感を込めた。

【写真説明】
2015年の関東・東北豪雨で決壊した鬼怒川堤防を走るアテネ五輪柔道金メダリストの鈴木桂治さん(中央)=午後0時12分、常総市三坂町(代表撮影)


東京五輪聖火リレー、茨城完走 178人つなぎ、埼玉への画像

東京五輪聖火リレー、茨城完走 178人つなぎ、埼玉へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 06 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16254872182440

東京五輪聖火リレーは茨城県内2日目の5日、県西・県南・鹿行8市の約18・6キロを88人のランナーがつないだ。新型コロナウイルス感染対策が取られる中、4日からの2日間、茨城県ゆかりのランナー計178人が、16市町の約35・68キロを完走した。聖火は埼玉県へ引き継がれ、開催都市の東京へ向かう。
5日は断続的に雨が降る中、古河駅前で出発式。初日の式典と同様、出席者は静岡県で発生した土石流災害の犠牲者に黙とうをささげた。第1走者は古河市在住の野底愛さん(34)が務め、午前9時15分にスタートした。
その後は坂東市の県自然博物館と菅生沼を巡り、常総市では2015年の関東・東北豪雨で決壊した鬼怒川堤防を走行。アテネ五輪柔道金メダリストの鈴木桂治さん(41)が「鬼怒川堤防決壊の碑」の前で聖火を掲げた。
牛久市では、牛久大仏と日本初の本格的なワイン醸造場「牛久シャトー」の名所を巡り、龍ケ崎市では市街地を望む「たつのこやま」を通過。行方市(霞ケ浦)では自転車や船で聖火を運んだ。
土浦市出身でロンドン五輪柔道代表の福見友子さん(36)も地元を走り、フィナーレはつくば市。体操競技で五輪3大会に出場し、日本人最多の金8個を含む計12個のメダルに輝いた加藤沢男さん(74)=同市在住=が茨城県最終ランナーを務め、午後8時15分すぎに研究学園駅前公園でゴールした。
到着イベントで加藤さんは「つくばに来て、体操でも五輪でもずっとお世話になった。わずか200〜300メートルだが、一生懸命走りました」と感謝の気持ちを語った。小善真司副知事もあいさつし、「開催県の一つとして安全安心な大会へ万全の準備を進めていく」と述べた。
5日は龍ケ崎市内を走行予定だった1人が欠席し、直前のランナーが2人分を走った。県実行委はライブ中継での応援を呼び掛けたが、1日目同様、沿道には大勢の人が詰め掛けた。一部会場や沿道では五輪開催への抗議行動も行われた。

【写真説明】
五輪金メダリストで県内最終ランナーの加藤沢男さんが、聖火皿にトーチを近づけ点火した=5日午後8時18分、つくば市学園南、鹿嶋栄寿撮影


キリンビール取手工場 ペットボトル入り増産 新ライン、8月稼働へ 茨城・取手の画像

キリンビール取手工場 ペットボトル入り増産 新ライン、8月稼働へ 茨城・取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 13 Jul 2021 10:30:12 +0900

記事コード:16260899132298

キリンビールは家庭や飲食店で使われるペットボトル入りビールを今夏に向けて増産する。茨城県取手市桑原の取手工場に専用の製造ラインを新設し、生産能力を2.7倍に高める。
ペットボトル入りビールは、自宅で「つくりたて」が楽しめるホームサーバーが好調で、需要が高まっている。増産するのは、定額でビールが自宅に届けられる会員制サービス「ホームタップ」用の1リットルと、飲食店向け小容量ビールサーバー「TAPPY(タッピー)」用の3リットルの両ペットボトル入りビール。
取手工場に新設されるラインは8月稼働予定で、製造能力は年5万キロリットル。投資額は約36億円。
現在、ペットボトル入りビールは横浜工場(横浜市)で製造されており、同工場の製造能力は同3万キロリットル。取手工場にラインを新設することで、2.7倍の同8万キロリットルまで引き上げる。
取手工場の担当者は「生産体制を確立することで、お客さまの需要に対して柔軟に対応できる。着実に製造と配送をしていく」と話した。

【写真説明】
キリンビール横浜工場のペットボトル製造ライン(同社提供)


【速報】新型コロナ、茨城で新たに12人感染 経路不明が過半数 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに12人感染 経路不明が過半数 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 05 Jul 2021 21:05:58 +0900

記事コード:16254792911303

茨城県と水戸市は5日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計12人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万663人となった。
県と市によると、12人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が5人、感染経路不明の人が7人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市2人、土浦市2人、筑西市2人、古河市2人、稲敷市1人、県外1人、坂東市1人、水戸市1人。
また、新たに計23人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万91人となった。
居住地別の新規感染者12人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(2人)
▽30代自営業男性
▽30代自営業男性
◇土浦市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代無職女性
◇筑西市(2人)
▽50代無職女性
▽20代アルバイト女性
◇古河市(2人)
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員女性
◇県外(1人)
▽20代会社員(千葉県)女性
◇坂東市(1人)
▽50代会社員男性
◇水戸市(1人)
▽30代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 12人
累計 10663人
うち死者 165人
退院・退所等 10091人
(茨城県・水戸市発表、5日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


地方議員が現場体験 看護師の声、政策に 7日から、茨城県内8カ所の画像

地方議員が現場体験 看護師の声、政策に 7日から、茨城県内8カ所

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 05 Jul 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16253993393935

新型コロナウイルス対応に奮闘する看護現場の声を政策につなげてもらおうと、茨城県看護連盟(山本かほる会長)は「地方議員看護体験事業」を始める。県議会や市町村議会の議員が、コロナ病棟を持つ病院や在宅看護の現場で働く看護師の仕事を体験し、課題などを直接聴く。年内に県内8カ所の病院や訪問看護ステーションで順次行う予定。山本会長は「看護師の現状を、政治家の方に身をもって知ってもらうことは大きな意義がある」と話す。
初回は、守谷慶友病院(守谷市)で7日に実施する予定。地元の県議や市議が参加し、感染防止のための防護服を身に着け、コロナ病棟や発熱外来などでコロナ対応に当たる看護師の仕事を体験するほか、看護師との意見交換会も行う。
同病院での体験に参加する予定の小川一成県議(いばらき自民)は「看護師の方たちは医療現場の最前線に立ち、長くコロナ禍で働き続けて疲弊している。党派にこだわらず、地方議員のわれわれが看護師の現場を体験することは大事。身をもって勉強したい」と話す。
同事業は当初、昨年実施する予定だった。2020年は「看護の日・看護週間」制定30周年であるとともに、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの生誕200周年で「看護の力で未来を創る」をテーマにした世界的キャンペーン「ナーシング ナウ」が開催されていた。しかし、新型コロナの影響で予定していた各種事業は中止。「地方議員看護体験事業」も昨年は実施できなかったが、1年遅れで今年、新型コロナ対応の内容を盛り込んで実施する運びとなった。
主催する県看護連盟は、県内18支部あり、約80施設に約5千人の会員がいる。山本会長は仲間の思いを代弁し「コロナ禍で、看護師の仕事のいろいろな課題が浮き彫りになった。社会とのギャップにさらされ、誹謗(ひぼう)中傷を受けて辞めた人もいる。使命感を持って懸命に働く一人一人のナースの小さな声を聞いてもらいたい。現場の声を政策に届けたい」と語った。


利根町長に佐々木氏 投票率最低57.43% 前新3氏破り再選の画像

利根町長に佐々木氏 投票率最低57.43% 前新3氏破り再選

関連地域 :利根町

最終更新日:Mon, 05 Jul 2021 08:57:17 +0900

記事コード:16253993393922

任期満了に伴う茨城県利根町長選は4日、町内13カ所で投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の佐々木喜章氏(65)=自民、公明推薦=が、前町長で自営業の遠山務氏(70)、新人で元町議の峯山典明氏(43)、新人で市民団体代表の本谷孝氏(58)=いずれも無所属=を破り、再選を果たした。当日有権者は1万3815人。投票率は57.43%(前回57.47%)で過去最低だった。
佐々木氏は、進めてきた小学校統合を含む教育の向上、高齢者支援、町内道路の整備など、4年間の実績を強調。これらの施策をさらに推進していくことが重要と呼び掛け、さらに、新型コロナ対応を含めた災害対策の強化、町立図書館での住民票発行による利便性アップなどの公約を加え、町政の継続を訴えた。
応援には多くの県議や町議らが駆け付け、各種団体の支援も取り付けるなどして支持を固めた。
遠山、峯山、本谷の3氏は、小学校統合見直しなどを含め、町政の転換をそれぞれ訴えたが、いずれも支持が広がらなかった。
午後8時ごろ、同町布川の選挙事務所に当選の一報が入ると、集まった支持者から喜びの声が上がった。佐々木氏は「これも皆さんのおかげ。これからも皆さんの意見を聞きながら町のかじ取りに当たりたい」と語った。
■利根町長選開票結果(選管最終)
当  3,932 佐々木喜章 65
無現 1,854 遠山務 70
無前 1,240 峯山典明 43
無新 839  本谷孝 58 無新
【佐々木喜章(ささきよしあき)氏の略歴】町社会福祉協議会長、当選2回。元町議当選3回。日本大卒。布川

【写真説明】
再選を果たし万歳する佐々木喜章氏(中央)=利根町布川


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計30人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計30人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 04 Jul 2021 20:30:57 +0900

記事コード:16253946320595

茨城県と水戸市は4日、新型コロナウイルス感染者が県内で計30人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万651人となった。
県と市によると、30人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が19人で、感染経路が分かっていない人が11人。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、つくば市4人、取手市3人、常総市2人、大洗町1人、土浦市1人、古河市1人、石岡市1人、阿見町1人、牛久市1人、笠間市1人、龍ケ崎市1人、行方市1人、鹿嶋市1人、北茨城市1人、那珂市1人、ひたちなか市1人。
新たに計41人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で1万68人となった。
居住地別の新規感染者30人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽30代自営業男性
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
◇つくば市(4人)
▽40代会社員男性
▽30代自営業男性
▽40代自営業男性
▽50代アルバイト男性
◇取手市(3人)
▽60代無職女性
▽60代会社員男性
▽40代自営業男性
◇常総市(2人)
▽40代会社員女性
▽0〜9歳女子児童
◇大洗町(1人)
▽60代無職女性
◇土浦市(1人)
▽30代会社員男性
◇古河市(1人)
▽20代会社員女性
◇石岡市(1人)
▽20代会社員男性
◇阿見町(1人)
▽40代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽30代自営業女性
◇笠間市(1人)
▽50代男性(職業非公表)
◇龍ケ崎市(1人)
▽60代自営業男性
◇行方市(1人)
▽60代無職女性
◇鹿嶋市(1人)
▽20代会社員女性
◇北茨城市(1人)
▽60代無職男性
◇那珂市(1人)
▽30代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽10代男子生徒(水戸市から茨城県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 30人
累計 10651人
うち死者 165人
退院・退所等 10068人
(茨城県・水戸市発表、4日午後7時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町長選4日投票 大勢判明は午後8時ごろの画像

利根町長選4日投票 大勢判明は午後8時ごろ

関連地域 :利根町

最終更新日:Sun, 04 Jul 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16253108825149

任期満了に伴う茨城県利根町長選は4日午前7時から午後6時まで町内13カ所で投票が行われ、同7時から同町布川の町役場で即日開票される。大勢判明は同8時ごろの見通し。有権者は1万3960人(6月28日現在)。
立候補しているのは、いずれも無所属で、前町長で自営業の遠山務氏(70)、再選を目指す現職の佐々木喜章氏(65)=自民、公明推薦、新人で市民団体代表の本谷孝氏(58)、新人で元町議の峯山典明氏(43)の4人。
小学校統合の是非などを含め、現町政の継続か転換かを問い、激しい舌戦を繰り広げた。


4、5日に茨城16市町で東京五輪聖火リレー 走者179人 全区間で公道実施の画像

4、5日に茨城16市町で東京五輪聖火リレー 走者179人 全区間で公道実施

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 04 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16253109510430

東京五輪聖火リレーは4日に県内に入る。5日までの2日間で、16市町16区間の計約36キロを、179人のランナーがつなぐ。通過は都道府県で45番目。茨城県に続く埼玉県と東京都は既に公道走行の一部中止を決めており、全区間での公道実施は茨城県が最後となる見通しだ。
県内のリレーは、五輪サッカー競技会場のカシマスタジアムがある鹿嶋市から始まる。4日朝に鹿島神宮で出発式を開き、ひたちなか市、大洗町、大子町(袋田の滝)、日立市、常陸太田市(竜神大吊橋)、笠間市の順に回り、初日は水戸市の千波公園ふれあい広場でゴールする。
5日は古河駅西口で出発式を開き、坂東市、常総市、牛久市、龍ケ崎市、行方市(霞ケ浦)、土浦市を経て、最終到着地点のつくば市の研究学園駅前公園を目指す。霞ケ浦では船や自転車による特殊なリレーを実施する。
リレーにはサッカー元日本代表監督でJ1鹿島のジーコさん(グループランナー)のほか、アテネ五輪柔道金メダルの鈴木桂治さん(常総市出身)、女優の白石美帆さん(常陸大宮市出身)、宇宙飛行士の毛利衛さん、野口聡一さんら著名人も参加する。
新型コロナウイルス感染対策として県実行委は、自宅などで特設サイトのライブ中継を通じた応援を呼び掛けている。沿道で観覧する際はマスクの着用や密集回避、大声での応援を控えるよう求めている。
現場には、県や市町村の職員、ボランティアなど2日間で延べ約4500人のスタッフが動員される。聖火の受け渡し場所などに係員を重点配置し、広報車や看板の掲示などで感染対策を促す。
リレー実施に伴い、「坂東市・常総市」と「牛久市(牛久大仏)」の2区間を除く14区間では、1〜2時間程度の交通規制が実施される。各日の聖火の到着を祝うイベント「セレブレーション」は、水戸、つくば両会場とも一般観覧客の定員を500人(事前予約者のみ)に制限して開く。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに28人感染 経路不明は11人 水戸市発表なしの画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに28人感染 経路不明は11人 水戸市発表なし

関連地域 :河内町,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sat, 03 Jul 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16253004862268

茨城県は3日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに28人確認されたと発表した。水戸市の感染者は確認されなかった。県内の感染者は累計1万621人となった。
県によると、新規感染者のうち濃厚接触により感染したとみられるのが17人、感染経路不明は11人。集団感染が疑われる事例は確認されなかった。
市町村別の感染者数は、取手市4人、常総市3人、稲敷市2人、河内町2人、土浦市2人、つくば市2人、県外2人、桜川市2人、筑西市2人、小美玉市1人、ひたちなか市1人、石岡市1人、つくばみらい市1人、下妻市1人、坂東市1人、古河市1人。
また、県によると新たに30人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計1万27人となった。
居住地別の新規感染者28人は以下の通り。
◇取手市(4人)
▽50代会社員男性
▽50代会社員男性
▽50代無職女性
▽20代無職男性
◇常総市(3人)
▽20代無職女性
▽20代会社員女性
▽50代パート女性
◇稲敷市(2人)
▽60代自営業男性
▽60代会社員男性
◇河内町(2人)
▽40代無職女性
▽10代女子生徒
◇土浦市(2人)
▽50代女性(職業非公表)
▽未就学女児
◇つくば市(2人)
▽30代無職男性
▽20代アルバイト男性
◇県外(2人)
▽20代学生女性(栃木県)
▽40代会社員男性(埼玉県)
◇桜川市(2人)
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
◇筑西市(2人)
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽50代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽30代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽50代男性(職業非公表)
◇つくばみらい市(1人)
▽70代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽20代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽40代会社員男性
◇古河市(1人)
▽30代会社員男性
■県内の感染状況
新規 28人
累計 10621人
うち死者 165人
退院・退所等 10027人
(県発表、3日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町長選4日投票 現前新4人が舌戦 大勢判明は20時ごろの見通しの画像

利根町長選4日投票 現前新4人が舌戦 大勢判明は20時ごろの見通し

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 03 Jul 2021 15:49:33 +0900

記事コード:16252261214240

任期満了に伴う茨城県利根町長選は4日、午前7時から午後6時まで投票が行われ、同7時から布川の町役場で即日開票される。大勢判明は同8時ごろの見通し。有権者は1万3960人(6月28日現在)。
立候補しているのは、いずれも無所属で、前町長で自営業の遠山務氏(70)、再選を目指す現職の佐々木喜章氏(65)=自民、公明推薦、新人で市民団体代表の本谷孝氏(58)、新人で元町議の峯山典明氏(43)の4人。町内3小学校統合の是非、財政や地域活性化策を争点に舌戦を繰り広げている。
遠山氏は町の財政は危機的とし、行財政改革には町長を通算4期務めた経験が生かせると訴え「強い気持ちで行財政改革を行う。小学校統合は白紙に戻す」などと、現町政の批判票の取り込みに力を入れる。
佐々木氏は小学校統合について「統合しなければ複式学級になってしまう。避けては通れない」と強調。「4年前に戻さない」を合い言葉に、推薦を受けた自民、公明両党の応援を受けながら支持を固める。
本谷氏は、主張する小学校統合見直しを第一に掲げ、廃校予定の小学校周辺地区を重点に回っている。「小学校がなくなっては地域の衰退が加速する。いったん立ち止まって再検討すべき」と主張する。
峯山氏は市民団体などの支援を受け、町内の公共交通の改善や役場改革などを訴え、「役場を町民のための場にする。新しい風を町に吹かせたい」と、団地などで、浮動票の掘り起こしに全力を挙げる。
【利根町長選立候補者(届け出順、敬称略)】
■遠山務(とおやまつとむ) 70 自営業 無前
【略歴】住宅設備販売業。元町長当選4回、町議当選2回。土浦日大高卒。布川
■佐々木喜章(ささきよしあき) 65 町長 無現
【略歴】町社会福祉協議会長、当選1回。元町議当選3回。日本大卒。布川
■本谷孝(ほんやたかし) 58 市民団体代表 無新
【略歴】町小学校統合問題を考える会代表。元生協職員、文間小PTA会長、町PTA連絡協議会長。流通経済大卒。立木
■峯山典明(みねやまのりあき) 43 元町議 無新
【略歴】元町議当選1回、日本ウェルネススポーツ大サッカー部監督、町地域おこし協力隊。都立久留米西高卒。羽根野

【写真説明】
遠山務氏、佐々木喜章氏、本谷孝氏、峯山典明氏(左から)


【速報】新型コロナ、茨城で新たに23人感染 経路不明は10人の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに23人感染 経路不明は10人

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Fri, 02 Jul 2021 19:33:46 +0900

記事コード:16252200327523

茨城県は2日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに23人確認されたと発表した。水戸市の感染者は確認されなかった。県によると、感染者として1日に公表された常総市の60代男性の感染が取り消されたため、県内の感染者は累計1万593人となった。
県によると、23人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人は13人、感染経路不明の人は10人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市4人、牛久市3人、古河市3人、笠間市2人、取手市2人、土浦市2人、常総市2人、小美玉市1人、稲敷市1人、つくば市1人、桜川市1人、坂東市1人。
また、県と市のよると新たに計21人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9997人となった。
居住地別の新規感染者23人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(4人)
▽60代アルバイト女性
▽50代自営業男性
▽50代会社員女性
▽40代自営業男性
◇牛久市(3人)
▽30代アルバイト女性
▽40代会社員男性
▽40代無職女性
◇古河市(3人)
▽10代男子生徒
▽40代無職男性
▽50代会社員男性
◇笠間市(2人)
▽60代会社員男性
▽60代無職女性
◇取手市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽60代教職員男性
◇土浦市(2人)
▽30代自営業男性
▽30代会社員男性
◇常総市(2人)
▽50代パート女性
▽30代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽50代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽60代無職女性
◇つくば市(1人)
▽20代団体職員女性
◇桜川市(1人)
▽20代女性(職業非公表)
◇坂東市(1人)
▽70代無職男性
■茨城県内の感染状況
新規 23人
累計 10593人
うち死者 165人
退院・退所等 9997人
(茨城県・水戸市発表、2日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


ヤマユリ、甘い香り 利根の画像

ヤマユリ、甘い香り 利根

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 03 Jul 2021 14:07:31 +0900

記事コード:16251393426417

茨城県利根町大平にある里山「大平野生植物園」のヤマユリが見頃を迎えている。地域住民が整備した小高い山にはヤマユリが咲き誇り、甘い香りを漂わせる。
里山は、定年退職した住民でつくるボランティア団体が、所有者の遺志を受け継ぎ整備した。毎年この時期には「やまゆり祭り」を開催。今年は4日まで。
ヤマユリは里山の上側の遊歩道沿いに咲いており、甘い香りに包まれている。千葉県柏市から訪れた女性は「やっぱりヤマユリはいい。こんな所に植物園があるなんて。近くで見られてよかった」と話していた。
園長を務める倉本末次さん(78)は「ヤマユリのほか、夏の野草も見られるのでぜひ訪れてほしい」と話している。問い合わせは倉本さん(電)080(3174)8458

【写真説明】
ヤマユリが見頃を迎えた「大平野生植物園」=利根町大平


河内町方針 サイクリング拠点、休止の直販センターに併設の画像

河内町方針 サイクリング拠点、休止の直販センターに併設

関連地域 :河内町

最終更新日:Fri, 02 Jul 2021 09:49:00 +0900

記事コード:16251393426415

休止状態が続く河内町長竿の町施設「かわち直販センター」について、町は定例町議会最終日の6月30日、農産物直売所の機能を残しつつ、新たにサイクリング拠点(サイクルステーション)を併設する方針を示した。2022年度以降のオープンを目指すという。諸岡周示氏(無所属)の一般質問に対する答弁。
センターはかつて、元町長が社長を務める町出資の第三セクターが指定管理者などとして運営。前町長時代に直営方式が決定され、町と三セクとの間で対立が表面化した経緯がある。明け渡しを巡る訴訟に発展し、町側の主張が認められたものの、2019年春から事実上の休止に陥っていた。
町によると、新たに整備するサイクルステーションでは、自転車を貸し出したり、トイレやシャワールームを備え付けたりする。利根川の堤防などの周遊性を高める狙いという。
町では関連事業費として1億数千万円を予算措置。今後、修繕・新設工事を進めていく。運営のため、公社の設立を検討しているという。将来的には民間活力を生かし、センターに観光情報発信と交流の機能も持たせたい考えだ。
センターのリニューアルは、5月の町長選で争点に浮上した。早期再開を掲げ初当選した野沢良治町長は答弁で「私の公約であり、失敗するわけにはいかない。さまざまなことに取り組む。なるべく早く、いいものをつくる」と強調した。


新型コロナ 茨城県内感染新たに27人 土浦の飲食店、クラスターかの画像

新型コロナ 茨城県内感染新たに27人 土浦の飲食店、クラスターか

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 02 Jul 2021 09:16:25 +0900

記事コード:16251490890362

茨城県と水戸市は1日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計27人確認されたと発表した。うち20〜40代の男女3人は、土浦市内の飲食店従業員。同店の感染者は従業員6人に広がり、県は同店でクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。県内の累計感染者は1万571人。また、県内医療機関に入院していた80代男性が6月30日に死亡し、県内死者は累計165人となった。
県によると、同店は感染者との接触通知システム「いばらきアマビエちゃん」登録店で、これまでに利用客の陽性者は確認されていない。
県発表の守谷市の30代女性は同市職員。水戸市発表の40代男性は、県常陸大宮土木事務所に勤務する。
ほかに新型コロナ感染者のうち新たに29人が回復。県内の退院・退所などは計9976人となった。
■県内の感染状況
新規 27人
累計 10571人
うち死者 165人
退院・退所等 9976人
(県発表、1日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


茨城県内路線価 下落幅、9年ぶり拡大 新型コロナで需要減退の画像

茨城県内路線価 下落幅、9年ぶり拡大 新型コロナで需要減退

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Fri, 02 Jul 2021 09:14:57 +0900

記事コード:16251413488539

水戸税務署は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2021年分(1月1日時点)の茨城県内路線価を公表した。県内標準宅地6600地点の評価基準額は、対前年変動率の平均値がマイナス0.7%と29年連続の下落で、下落幅は前年から0.5ポイント拡大した。下落幅拡大は、東日本大震災発生翌年の12年分以来9年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大の影響で土地需要が減退した。県内最高路線価は、7年連続でつくばエクスプレス(TX)つくば駅前広場線(つくば市吾妻1丁目)の1平方メートル当たり28万5千円だった。
県内8税務署の最高路線価のうち、前年から上昇したのは土浦、竜ケ崎の2税務署。土浦管内のつくば駅前広場線は4年連続の上昇で、プラス1.8%。
竜ケ崎管内の守谷駅西口ロータリー(守谷市中央1丁目)は3.2%上昇し、同16万円。近くでマンション開発が行われ、商業地としての収益性が向上。5年連続の上昇で、北関東4県と信越2県を管轄する関東信越国税局管内では3番目に高い上昇率だった。
水戸、古河、太田、日立、潮来の5税務署は対前年変動率が横ばいだった。水戸駅北口ロータリー(水戸市宮町1丁目)は同22万5千円。全国の県庁所在地別の最高路線価では36位と前年と同じだった。
一方、最高路線価が唯一下落した下館管内の県道下館停車場線(筑西市丙)は、1.8%下落し、同5万5千円。前年の横ばいから2年ぶりに下落に転じた。
県内各地の不動産鑑定士の意見を取りまとめた外山茂樹不動産鑑定士(64)は、新型コロナの影響について、「(昨年の緊急事態宣言下で)住宅地の買い需要は落ちたが、(宣言解除後は)持ち直している」と指摘。一方、商業地と工業地は「感染拡大に伴う景気の悪化や先行きの不透明感により、企業が新たな用地取得や設備投資に慎重になっている」と説明した。ただ、リーマン・ショックや東日本大震災に比べると「(影響は)大きくなかった」という。
★路線価
1月1日時点の主要道路に面した土地1平方メートル当たりの評価額。国税庁が公表し、相続税や贈与税を計算する基準となる。今年の評価対象は約32万5千地点(標準宅地)。国土交通省が3月に公表する公示地価をベースに、売買実例や不動産鑑定士の意見を踏まえて算定する。景気などによる急な地価変動に備え、公示地価の8割程度に設定している。


茨城県内路線価 つくば駅前、人口流入加速 マンション、商業施設もの画像

茨城県内路線価 つくば駅前、人口流入加速 マンション、商業施設も

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Fri, 02 Jul 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16251413488543

水戸税務署が1日公表した茨城県内路線価で、最高路線価は7年連続でつくばエクスプレス(TX)つくば駅前広場線(つくば市吾妻1丁目)だった。周辺ではマンション建設が続き、5月にはリニューアルした商業施設「トナリエクレオ」が開業した。新型コロナウイルスの影響で全国的に商業地が苦戦する中、人口流入が拡大する同駅周辺は好調が続く。
「つくば駅周辺は分譲用マンションの用地仕入れが過熱している」。不動産売買・仲介を手掛ける一誠商事(つくば市)の五十嵐徹社長は、地価上昇の要因を指摘する。
同駅周辺では、売却された公務員官舎跡地などでマンション建設が相次いでいる。地価上昇に伴い販売価格も上がっているが、現在分譲中のマンションも「爆発的に売れている」。
コロナ禍で繁華街などが悪影響を受ける中、同駅周辺は追い風が吹く。リモートワークの普及で職場への出勤が減少し、都内在住者が郊外の「安くて広い住宅」を求める動きが広がる。
宅地は、つくば駅からやや離れた地区も含めて取引が活発で、実勢価格は前年比1〜2割上昇。同社店舗の来店客数は1〜3月で前年より2割増えている。
TX沿線開発が進んだことで「(土地に)人が張り付いて町ににぎわいがつくられ、さらに人を呼び込むといういい流れが生み出されている」と五十嵐社長。TX沿線では、今後も地価の上昇傾向が続くと見る。
一方、5月に開業したトナリエクレオは、西武百貨店筑波店やイオンつくば駅前店が撤退した商業施設をリニューアルした。隣接する商業施設「トナリエキュート」などと共に「トナリエつくばスクエア」として同駅前のにぎわいを創出する。近くの「つくばセンタービル」も改修が計画され、新たな市民活動拠点などの整備が進む。
家電量販店大手のケーズホールディングスは今夏、トナリエクレオに新店舗を開店する予定だ。
同社は郊外立地店舗が中心で、駅前の立地は珍しい。新店舗から4キロほど離れた場所にある「つくば研究学園店」は車での来店が中心で、つくば駅前は筑波大の学生の需要や利便性などを考慮した。
同社の担当者は「TXやバスの利用者にも利用しやすい」と期待を込める。

【写真説明】
路線価が7年連続で県内1位となったつくば駅前広場線=つくば市吾妻


【速報】新型コロナ 土浦の飲食店でクラスタ―か 従業員の感染計6人にの画像

【速報】新型コロナ 土浦の飲食店でクラスタ―か 従業員の感染計6人に

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 21:41:32 +0900

記事コード:16251431799872

茨城県と水戸市が1日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計27人のうち、3人は土浦市内の飲食店の従業員で、同店の感染者は計6人、県は店でクラスタ―(感染者集団)が発生した可能性があるとみている。県によると、感染した3人は20〜40代の男女。同店は、感染者との接触通知システム「いばらきアマビエちゃん」登録店で、これまでに利用客の感染は確認されていない。
このほか、県が発表した守谷市の30代女性は同市役所勤務。水戸市発表の同市の40代男性は県常陸大宮土木事務所勤務。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに計27人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに計27人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 19:20:59 +0900

記事コード:16251324675586

茨城県と水戸市は1日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計27人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計1万571人、死者は同165人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代男性。
県と市によると、感染判明した27人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人は16人、感染経路が分かっていない人は11人。
市町村別の感染者数は、つくば市7人、取手市4人、水戸市4人、龍ケ崎市3人、土浦市3人、利根町1人、守谷市1人、坂東市1人、古河市1人、常総市1人、つくばみらい市1人。
また、新たに計29人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9976人となった。
居住地別の新規感染者27人は以下の通り。
◇つくば市(7人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代自営業男性
▽30代会社員女性
▽30代会社員女性
▽40代無職男性
◇取手市(4人)
▽80代無職男性
▽70代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
◇水戸市(4人)
▽60代会社員男性
▽40代パート女性
▽10代男子生徒
▽40代公務員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽40代自営業男性
▽40代会社員女性
▽0〜9歳女子児童
◇土浦市(3人)
▽30代会社員男性
▽20代アルバイト女性
▽20代無職女性
◇利根町(1人)
▽30代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽30代公務員女性
◇坂東市(1人)
▽20代会社員男性
◇古河市(1人)
▽20代無職女性
◇常総市(1人)
▽60代無職男性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代パート女性
■茨城県内の感染状況
新規 27人
累計 10571人
うち死者 165人
退院・退所等 9976人
(茨城県・水戸市発表、1日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


高齢の女性を保護 平井親子に感謝状 取手署の画像

高齢の女性を保護 平井親子に感謝状 取手署

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16250578653831

帰宅困難になっていた女性(83)を保護し、事件事故への発展を未然に防いだとして、茨城県警取手警察署(福地健一郎署長)は6月28日、取手市米田の農業、平井貴子さん(37)と長男の六郷小4年、貴志君(10)に感謝状を贈った。
平井さん親子は20日午後6時ごろ、自宅前の道でガードレールにつかまりながら1人で歩いている女性を見つけた。女性は住所が分からなかったため、近くの老人施設の入居者かもしれないと、貴志君が確認に行った。だが入居者ではなかったことから「このままでは危険」と、女性を車に乗せ同署に送り届けた。
同署によると、女性の自宅は現場から約1・5キロ離れた場所にあり、家族の留守中に自宅を離れていた。
平井さんは「おばあさんが事故とかに遭わなくてよかった」、貴志君は「助けられてよかった」とそれぞれ話した。福地署長は「平井さんは適切な対応を、貴志君はおばあさんに話し掛けるなど不安にならないようにしてくれた。親子の連携で助けてくれた」と感謝していた。

【写真説明】
高齢者を保護し感謝状を贈られた平井貴子さんと貴志君(左から)=取手警察署


かすみがうら在住現代日本画家 間島さんと若冲らの名品 東京・大倉集古館 8月15日までの画像

かすみがうら在住現代日本画家 間島さんと若冲らの名品 東京・大倉集古館 8月15日まで

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16250578653830

◆対比で楽しむ日本画◆
茨城県かすみがうら市在住の現代日本画家、間島秀徳(まじまひでのり)さんの近年の作品と、中世から近世にわたる古典美術の名品を一緒に展示する「FUSION 間島秀徳 Kinesis/水の宇宙&大倉コレクション」が、東京・虎ノ門の大倉集古館で開かれている。美術鑑賞に多彩な視点を生み出すことで、画家たちの時代を超えた感性の融合が楽しめる。会期は8月15日まで。
会場には、水の変容をテーマに描き続けてきた間島さんの「Kinesis」連作などの作品と、同館が誇る大倉コレクションの中から、自然を想起させる絵画や工芸品合わせて約40点が並ぶ。
伝統を踏まえながら、枠にとらわれない革新的な手法に挑んできた間島作品と、伊藤若冲「乗興舟」、谷文晁「夏景山水図」、川合玉堂「奔潭」など、厳選された名品がコラボレーション。自然の景観を描くという古来の画題を切り口に、日本画の変遷をたどり、対比を楽しむことができる。
間島さんは1960年、取手市生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了後、2000〜01年まで、文化庁在外研修員としてフィラデルフィアやニューヨークに滞在した。茨城県関係の代表的作家100人の力作を一堂に展示する「現代茨城作家美術展」に18年の第10回記念展から選出され、21年から武蔵野美術大学教授。今展に合わせ、「同館の収蔵作品との共演が、新たな化学反応を生み出すことを願っている」としている。
午前10時〜午後5時、月曜休館。入館料は一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生以下無料。問い合わせは同館(電)03(5575)5711

【写真説明】
間島秀徳「kinesis No.702(water scope)」2017年


河内、藤井副町長が退任 当面空席への画像

河内、藤井副町長が退任 当面空席へ

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16250640751969

茨城県河内町の藤井俊一副町長(65)が30日、任期満了で退任した。副町長は当面の間、空席となる見通しという。
藤井副町長は町職員出身。定年退職後の2017年7月1日付で、同町初の副町長に就いた。
退任のあいさつで藤井副町長は「町民としてこれからも微力ながら町政を支えたい。職員が頑張れば頑張るほど、町はきっとよくなる」と強調した。


山本氏に辞職勧告 河内町議会が決議の画像

山本氏に辞職勧告 河内町議会が決議

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16250640751968

茨城県河内町議会は定例会最終日の30日、町職員在職中に不適切な会計処理をしたとして、山本豊氏(無所属)への辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。法的拘束力はない。山本氏は議員を辞職しない考えを示している。宮本秀樹氏(同)が動議を提出した。
関係者や提案理由によると、山本氏は2015年度から16年度にかけて、町福祉課で町民生委員児童委員協議会の会計業務を担当。各委員に支払うべき委託料などを協議会側の口座に振り込まず、現金を手元で保管していたとされる。
山本氏は17年2月に退職し、昨年2月の町議選で無投票初当選した。
この問題は、昨年3月の定例会一般質問で指摘され、町議会総務経済常任委員会などで調査が続けられていた。30日の調査報告では「物的および人的にも証拠に乏しく不正を客観的に証明することは難しい」との結論が出された。
山本氏は取材に「辞める気はない。不正をしたという認識もない。当時の上司にもきちんと報告したし、協議会側も監査を受けているはず」と反論した。


災害時に移動式住宅 つくばみらい市協会と供給協定の画像

災害時に移動式住宅 つくばみらい市協会と供給協定

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 11:32:03 +0900

記事コード:16250578699051

茨城県つくばみらい市は6月22日、災害時に活用できる移動式木造住宅「ムービングハウス」の普及を進める日本ムービングハウス協会(北海道)と、市内でのハウス設置で協定を結んだ。市内で災害があった際に同協会から応急仮設住宅を供給してもらう。
市防災課によると、協定により、市内で地震や水害といった災害が発生した場合、帰宅困難者など被災者の生活空間を確保するため市からの要請で、同協会がハウスの運搬と設置を行う。ムービングハウスは短時間での設置が可能でコスト削減も図れるという。
市は避難所での集団生活によるストレスの早期解消、災害関連死や健康被害のリスク軽減を図る狙いがある。ハウスは使用後、同協会に返却する。
協定式で小田川浩市長は「水田地帯として水の恩恵を受けてきた一方、近年のゲリラ豪雨など災害の危険と隣り合わせ。協定は大変心強い」と感謝した。同協会の佐々木信博代表理事は「素早く安心できる『すみか』を提供することは重要な責務であり、経験と技術を生かしていきたい」と話した。

【写真説明】
協定を結んだ小田川浩市長(右)と佐々木信博代表理事=つくばみらい市役所伊奈庁舎


オセアニア柔道チーム 龍ケ崎の事前合宿中止 コロナ影響考慮の画像

オセアニア柔道チーム 龍ケ崎の事前合宿中止 コロナ影響考慮

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 12:09:08 +0900

記事コード:16250640751964

茨城県龍ケ崎市は30日、東京五輪のオセアニア諸国・地域柔道チームの事前キャンプが中止になったと発表した。28日夜、市にオセアニアの五輪委員会側から「規制があるため参加することができない」とのメールが届いたという。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮したとみられる。
市によると、選手団はスタッフ含め8人程度の規模を想定していた。事後交流は、検討中という。市内の流通経済大柔道部に所属する代表2選手について、市は従来通り、応援していくとしている。
市内では、米柔道チーム事前キャンプの実施が決定したが、キューバ柔道チームは中止となった。タイ陸上チームに関しては、引き続き調整していく予定。


茨城県河内町人事(7月1日)の画像

茨城県河内町人事(7月1日)

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16250578653823

◇課長級
▽議会事務局長(税務課長)伊藤英樹
▽総務課長(総務課長兼秘書広聴課長)諏訪洋一
▽秘書広聴課長(議会事務局長)小島孝裕
▽税務課長(会計管理者兼出納室長)石山哲也
▽会計管理者兼出納室長(福祉課長補佐)山田さつき


利根町長選立候補者の横顔の画像

利根町長選立候補者の横顔

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 11:30:41 +0900

記事コード:16250640751963

任期満了に伴う茨城県利根町長選が6月29日告示された。いずれも無所属で、前町長で自営業の遠山務氏(70)、再選を目指す現職の佐々木喜章氏(65)=自民、公明推薦、市民団体代表の本谷孝氏(58)、元町議の峯山典明氏(43)の4人が立候補した。投開票は7月4日。4人の横顔を紹介する。(届け出順)
■遠山務(とおやまつとむ)氏(70) 自営業 無前 財政危機、経験生かす
「町の財政は危機的。この状況を変える。それには経験がないとできない」と、これまで町長を通算4期務めてきた実績が生かせると力を込める。
1987年から町議を務め、99年に町長に初当選。2期目の途中となる2005年、合併問題に絡む出直し選挙で敗れたが、09年に返り咲きを果たし通算4期を務めた。
前回選挙で敗れ町政を外から見てきた。財政悪化を止めるには「大なたを振るうこともしなければ」と危機感をあらわにする。町長を務めていたときに財政難を乗り越えた経験もあるとし、「住民サービスが低下しないために、効率的な予算の使い方と重点的な投資が必要。予算を全体的に見直すべき」と語る。
小学校統合については、体育館を含め校舎の大規模改修は済んでいることから、3校維持は可能とし、「今の状況ではすべきではない。給食費全員無料化やランドセル無料配布の復活の方が保護者のためになる」と主張する。
妻と長男、孫2人の5人家族。野球好きで、「孫もやっている」と顔をほころばせる。布川。
■佐々木喜章(ささきよしあき)氏(65) 町長 無現 教育向上へ施策推進
「利根町は変わり始めている。この変わり始めた町を後戻りさせることなく、前進させることが私の使命。4年前に戻してはいけない」
少子高齢化が進む町を活性化させるのには、「子どもたちに対する教育が大切」と、小中学校の連携強化や一貫教育の重要性を挙げ、教育を向上させる施策を推進したいとする。
現在進めている3小学校の統合もその一つで、「統合しなければ、数年後には複式学級になってしまう。子どもたちは互いに高め合いながら学んでいくことが大切。教育のレベルを保ち、確かなものにしなければ」と訴える。
1期目では、福祉バスの増便や高齢者などの買い物支援、町内の道路整備などを進めてきた。今後はコロナ対応を含めた災害対策も重点とする。「高齢者支援、そして教育を充実させていく。その上で町の魅力、いいところを県内外に伝えていく」
カラオケ好き。今はコロナ禍でできないため、演歌を聞きながら酒をたしなみ日頃の疲れを取っているという。子どもたちは独立し妻と2人暮らし。布川。
■本谷孝(ほんやたかし)氏(58) 市民団体代表 無新 小学校の統合見直し
「3校しかない小学校が1校に統合されようとしている。伝統と歴史ある学校を簡単に廃校にしてしまうことに憤りを覚える。納得できない」。町が進める小学校統合をいったん白紙に戻すため出馬したと語る。
市民団体「町小学校統合問題を考える会」の代表を務める。会は昨年の夏から活動をしており、これまで、町民に小学校統合について知ってもらう集会を開くなどしてきた。「小学校統合について知らない人も多い。住民の意見をきちんと吸い上げてからでないと間違った統合になる」と主張する。
高校卒業後、東京消防庁に入り、1年間勤めた後に大学に進学した。卒業後は、千葉県内の市民生協に就職。生協合併を経て長年勤務し、5月末で退職した。「統合を見直すため、選挙に出るために辞めた。それだけの意志がある」。小学校統合見直しを第一に、そのほかの公約には、周辺自治体との広域連携、町の実情に合った道の駅整備、役場改革などを挙げる。
剣道五段。家族は5人で、次女は都内で働いているため、妻と長女、両親と暮らす。立木。
■峯山典明(みねやまのりあき)氏(43) 元町議 無新 町に新しい風吹かす
「町の人たちが町政に期待を持てていないように感じる。町長選は長い間、同じ顔触れで行われてきた。それを変えなければ」。2019年の町議選で共産党公認で立候補し初当選、まだある任期を残して立候補した。「若い人にやってもらいたいとの声を聞くようになった。それに応えたい」と話す。
党籍は持つが今回の町長選では党の公認や推薦は受けていない。「町のトップはほかの政党の方たちの気持ちも考えていかなければならない。町全体をどう、より良くしていくかだと思う」
プロサッカー選手への夢を追ったが契約までは結び付かず、違う道を選んだ。サッカーの講師や、クラブチーム、大学で監督を務めるなどしてきた。17年に町の地域おこし協力隊に任命され、そこから町に移り住み、町議となった。
「自分が移り住んだ町をもっといい町にしたい。私が先頭に立って町民の暮らしを良くしていきたい。町に新しい風を吹かせたい」
サッカーアマチュアクラブで現在も監督をしている。東京都小金井市出身。羽根野で夫婦2人暮らし。

【写真説明】
遠山務氏、佐々木喜章氏、本谷孝氏、峯山典明氏(左から届出順)


広島建設が落札 TX沿線開発の画像

広島建設が落札 TX沿線開発

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 01 Jul 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16250578699043

茨城県は30日、つくばエクスプレス(TX)沿線開発でみどりの駅周辺萱丸地区の第1種低層住居専用地域計約5116平方メートルについて一般競争入札の結果、土木建築の広島建設(千葉県柏市)が落札したと発表した。落札価格は2億6551万円。一戸建て住宅27戸を分譲する計画。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計27人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計27人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,守谷市

最終更新日:Wed, 30 Jun 2021 19:25:56 +0900

記事コード:16250485789292

茨城県と水戸市は30日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計27人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万544人となった。
県と市によると、27人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が15人、感染計不明の人が12人。
市町村別の感染者数は、水戸市5人、龍ケ崎市3人、土浦市3人、筑西市3人、牛久市2人、利根町2人、神栖市1人、県外1人、つくば市1人、古河市1人、美浦村1人、阿見町1人、守谷市1人、結城市1人、下妻市1人。
また、新たに計19人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9947人となった。
居住地別の新規感染者27人は以下の通り。
◇水戸市(5人)
▽30代パート女性
▽30代会社員男性
▽10代男子学生
▽10代男子生徒
▽0〜9歳女子児童
◇龍ケ崎市(3人)
▽30代会社員女性
▽30代パート女性
▽80代自営業男性
◇土浦市(3人)
▽40代パート女性
▽30代自営業男性
▽0〜9歳女子児童
◇筑西市(3人)
▽50代自営業女性
▽70代自営業男性
▽30代自営業男性
◇牛久市(2人)
▽60代自営業女性
▽20代会社員女性
◇利根町(2人)
▽40代会社員男性
▽20代会社員女性
◇神栖市(1人)
▽30代無職女性
◇つくば市(1人)
▽10代女子生徒
◇古河市(1人)
▽40代会社員男性
◇美浦村(1人)
▽40代会社員男性
◇阿見町(1人)
▽50代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽30代公務員男性
◇結城市(1人)
▽20代男子学生
◇下妻市(1人)
▽20代無職女性
◇県外(1人)
▽30代会社員男性(東京都)
■茨城県内の感染状況
新規 27人
累計 10544人
うち死者 164人
退院・退所等 9947人
(茨城県・水戸市発表、30日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手の総合病院へ7月1日から無料バス つくばみらい市実証実験の画像

取手の総合病院へ7月1日から無料バス つくばみらい市実証実験

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Wed, 30 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16249717425425

茨城県つくばみらい市は7月1日から、JAとりで総合医療センター(取手市)の利用者を対象にした無料の「病院バス」実証運行を始める。市民が市外総合病院を利用する際の移動手段を確保し、利便性向上を図ることが目的。実証運行は来年3月31日まで行う予定。
市都市計画課によると、通院などで同病院を利用する人が対象で、バス1台(約30人乗り)を使用する。
運行ルートは、市総合福祉施設きらくやま前から出発する「きらくやまルート」と、市役所伊奈庁舎から出発する「伊奈庁舎ルート」の2ルート。停留所は両ルートとも計16。運行便数は各ルート行き(市内から病院)と帰り(病院から市内)それぞれ1便ずつの計4便。
市内には総合病院がないため、高齢者などの移動手段が課題となっている。同課の担当者は「利用者数やルートのモニタリングを行った上で、本格的な運行を検討していきたい」としている。
同市はすでに、市内からの通院者が多い筑波学園病院(つくば市)への病院バスを4月から本格運行している。同課によると、利用者数は4月が84人、5月は108人だったという。


龍ケ崎市役所に懸垂幕 野口、中山選手を応援の画像

龍ケ崎市役所に懸垂幕 野口、中山選手を応援

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 30 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16249717425424

東京五輪に出場する地元ゆかりの選手を応援しようと、茨城県龍ケ崎市は25日、市役所本庁舎に懸垂幕を掲出した。ともに市出身でスポーツクライミングの野口啓代選手とサッカーの中山雄太選手を大々的にアピール。市内の歩道橋などには横断幕を取り付け、機運醸成を図っていく。
市ではこのほか、メッセージボードの設置を予定しており、会員制交流サイト(SNS)を活用した応援企画も検討する。
中山一生市長は「懸垂幕には日の丸と富士山がイメージされている。両選手が世界の舞台で実力を発揮できるよう、全力で応援したい」とコメントした。

【写真説明】
地元ゆかりの選手を応援しようと掲出された懸垂幕=龍ケ崎市役所(市提供)


利根町長選告示 現前新4人の戦い 学校統廃合や財政争点の画像

利根町長選告示 現前新4人の戦い 学校統廃合や財政争点

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 30 Jun 2021 00:46:23 +0900

記事コード:16249812386933

任期満了に伴う茨城県利根町長選が29日、告示され、いずれも無所属で、前町長で自営業の遠山務氏(70)、再選を目指す現職の佐々木喜章氏(65)=自民、公明推薦、市民団体代表の本谷孝氏(58)、元町議の峯山典明氏(43)の4人が立候補を届け出た。投票は7月4日午前7時から午後6時まで町内13カ所で行われ、同7時から布川の町役場で即日開票される。有権者は1万3960人(28日現在)。
遠山氏は午前10時に布川の選挙事務所で出陣式。「財政事情はもう赤信号。事業の見直しが必要。相当の決意で財政改革に臨む」と強調。小学校統合について「必ず白紙に戻す」と訴え、町長を4期務めた経験を生かし、再び町政を担わせてほしいと呼び掛けた。
佐々木氏は午前10時、横須賀の空き地で出陣式。大井川和彦知事や各首長、議員らが多数応援する中、「子どもが少ない時代、小学校統合は避けて通れない。町を4年前に戻してはいけない。皆さんの意見を聞きながら進める町政をこれからもしていく」と訴えた。
本谷氏は主張する小学校統合見直しを第一に掲げ、廃校予定の小学校周辺地区を重点に活動。小学校がなくなっては地域の衰退が加速し町全体にも影響が及ぶとし、「統合問題はもっと考えることが必要。いったん立ち止まって再検討すべき」と主張した。
峯山氏は町内を回り、「役場を変え、本当の意味で役に立つ場にする。町民の税金は町に暮らす人のために使う。利根町に新しい風を吹かせたい」と呼び掛けた。峯山氏は町議のまま立候補を届け出たため、公選法の規定に基づき、29日付で自動失職した。
【利根町長選立候補者(届け出順)】
■遠山務(とおやまつとむ) 70 自営業 無前
【略歴】住宅設備販売業。元町長当選4回、町議当選2回。土浦日大高卒。布川
【公約】(1)小学校統廃合の見直し(2)子育て環境の充実として、小中学校の給食費無料化とランドセルの無料配布復活(3)高齢者福祉への支援(4)行財政改革
https://www.facebook.com/profile.php?id=100069027776226
■佐々木喜章(ささきよしあき) 65 町長 無現
【略歴】町社会福祉協議会長、当選1回。元町議当選3回。日本大卒。布川
【公約】(1)新型コロナウイルス感染症対策を講じた防災対策強化(2)地産地消による地域活性化(3)自治基本条例の制定(4)町図書館で住民票や印鑑証明書の発行
https://www.facebook.com/yoshiaki.sasaki31337
■本谷孝(ほんやたかし) 58 市民団体代表 無新
【略歴】町小学校統合問題を考える会代表。元生協職員、文間小PTA会長、町PTA連絡協議会長。流通経済大卒。立木
【公約】(1)小学校統合の一時凍結(2)近隣市町をはじめとした広域圏連携(3)副町長制導入など役場改革(4)道の駅整備
■峯山典明(みねやまのりあき) 43 元町議 無新
【略歴】元町議当選1回、日本ウェルネススポーツ大サッカー部監督、町地域おこし協力隊。都立久留米西高卒。羽根野
【公約】(1)町内公共交通の改善(2)新型コロナ対策の強化(3)水道料金据え置きへの働き掛け(4)小学校統合の見直し
https://mineyamanoriaki.themedia.jp/

【写真説明】
利根町長選に立候補した遠山務氏、佐々木喜章氏、本谷孝氏、峯山典明氏(左から届出順)


【速報】新型コロナ、茨城・取手の事業所クラスター拡大の画像

【速報】新型コロナ、茨城・取手の事業所クラスター拡大

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 29 Jun 2021 21:10:05 +0900

記事コード:16249685072995

茨城県が29日に発表した新型コロナウイルス新規感染者26人のうち、1人はクラスター(感染者集団)発生の可能性が高い取手市内の事業所の30代従業員男性で、同事業所内の感染者は計8人に拡大した。
小美玉市役所では、下水道課の30代男性職員の感染が明らかになった。市民に濃厚接触者はいないという。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに26人感染 半数が経路不明の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに26人感染 半数が経路不明

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 29 Jun 2021 21:48:04 +0900

記事コード:16249590853068

茨城県は29日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに26人確認されたと発表した。水戸市の新規感染者は確認されなかった。県内の感染者は累計で1万517人となった。
県によると、26人のうち先に陽性判明した人との濃厚接触により感染したとみられる人が13人、感染経路不明の人が13人。
市町村別の感染者数は、つくば市6人、土浦市2人、県外2人、小美玉市2人、龍ケ崎市2人、取手市2人、牛久市2人、神栖市1人、鉾田市1人、かすみがうら市1人、茨城町1人、古河市1人、筑西市1人、守谷市1人、利根町1人。
新たに11人が退院、8人が退所、5人が自宅療養終了し、同日の回復者は計24人、累計で9928人となった。
居住地別の新規感染者26人は以下の通り。
◇つくば市(6人)
▽30代会社員男性
▽30代無職女性
▽40代会社員男性
▽40代会社員女性
▽50代会社員男性
▽60代自営業男性
◇土浦市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽30代会社員男性
◇県外(2人)
▽30代会社員男性(千葉県)
▽30代アルバイト女性(千葉県)
◇小美玉市(2人)
▽30代公務員男性
▽10代女子学生
◇龍ケ崎市(2人)
▽未就学女児
▽10歳未満女子児童
◇取手市(2人)
▽70代無職男性
▽30代会社員男性
◇牛久市(2人)
▽70代無職女性
▽10代男子学生
◇神栖市(1人)
▽70代アルバイト男性
◇鉾田市(1人)
▽20代無職女性
◇かすみがうら市(1人)
▽10代アルバイト男性
◇茨城町(1人)
▽40代無職女性
◇古河市(1人)
▽50代自営業男性
◇筑西市(1人)
▽20代無職女性
◇守谷市(1人)
▽70代自営業女性
◇利根町(1人)
▽20代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 26人
累計 10517人
うち死者 164人
退院・退所等 9928人
(茨城県発表、29日午後6時30分現在)


広島建設が落札 TX沿線開発の画像

広島建設が落札 TX沿線開発

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Tue, 29 Jun 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16248854755970

茨城県は28日、つくばエクスプレス(TX)沿線開発で万博記念公園駅周辺の上河原崎・中西地区の第1種低層住居専用地域と第1種住居地域の計約6279平方メートルについて一般競争入札の結果、土木建築の広島建設(千葉県柏市)が落札したと発表した。落札価格は2億9152万円。一戸建て住宅32戸を分譲する計画。


龍ケ崎官製談合 元社協副会長に有罪判決「厳しい非難に値」 東京地裁の画像

龍ケ崎官製談合 元社協副会長に有罪判決「厳しい非難に値」 東京地裁

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 29 Jun 2021 09:58:36 +0900

記事コード:16248908166007

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡り入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反の罪に問われた市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(72)=同市=の判決公判が28日、東京地裁で開かれ、坂田正史裁判長は懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。市上層部と結託した人事介入などに触れ、「厳しい非難に値し、責任は重い」と断じた。
事件では、中山一生市長に近く建設業界とつながりを持つ川北被告、副市長だった川村光男被告(65)が起訴された。元市契約検査課長(60)は在宅起訴され24日に執行猶予付きの有罪判決、市市長公室参事(54)も罰金50万円の略式命令を受けた。
先月の初公判で川北被告は、建設業界に市政を支援してもらう代わりに、市職員から教えてもらった入札情報を伝えるようになった経緯を説明していた。
判決理由で坂田裁判長は、川北被告が川村被告と通じ、意に沿って動く職員として同課長を担当者に据えたと認定。同課長が協力に難色を示すと市参事を介入させたなどとして、「途絶えることなく不正を繰り返させた張本人の一人」と指弾した。「市長に対する政治的支持を強化させたいという思惑で、酌むべき点は全くない」とした上で、事実を認め反省していることなどを考慮した。
判決によると、4人は共謀し、昨年12月22日執行の土木工事などの入札6件に関し、秘密事項の入札参加申請業者名を記した書面を同9日午前、同課長が市役所で市参事に交付。市参事が同日午後、電話で川北被告に業者名を漏らし、公正な入札を妨害した。
判決を受け中山市長は、「市政への信用が失墜し、市全体のイメージも大きく損なわれ、責任を痛感している」とのコメントを出した。茨城新聞の取材に対しては「再発防止の徹底が問われている。裁判の内容を原因究明の一助にしたい」と語った。人事介入や長期に及んだとされる不正に関しては「副市長の公判がまだなので(言及を)控えたい。常習性には驚きを覚えている」と述べた。


コロナワクチン 接種券、大学生ら優先 つくばみらい市 就活、実習に配慮の画像

コロナワクチン 接種券、大学生ら優先 つくばみらい市 就活、実習に配慮

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 29 Jun 2021 16:02:04 +0900

記事コード:16248854755955

茨城県つくばみらい市は28日、64歳以下の新型コロナワクチン接種券について、大学生相当となる18〜23歳への発送を優先して、29日から7月上旬にかけて発送すると発表した。
市は大学生相当への発送を早めた理由について「就職活動や実習などに安心して取り組めるように配慮した」としている。
市ワクチン接種対策室によると、発送開始予定日は、18〜23歳と60〜64歳が29日、50〜59歳は7月2日、40〜49歳は同5日、30〜39歳は同7日、24〜29歳が同9日。中学生以下については、接種方法などの見通しがつき次第、発送する。
一方、市内2カ所で行われている集団接種の予約受け付けについて、これまで8月8日までとしていたが、今回の発送に合わせ、11月末までとする。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに14人感染、1人死亡 県と水戸市発表 経路不明が8人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに14人感染、1人死亡 県と水戸市発表 経路不明が8人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市

最終更新日:Mon, 28 Jun 2021 23:07:59 +0900

記事コード:16248728255188

茨城県と水戸市は28日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに14人確認されたと発表した。また県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計で1万491人、死者は同164人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代女性。
県と市によると。感染判明した14人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が6人、感染経路不明が8人。
市町村別の感染者数は、土浦市3人、牛久市2人、神栖市1人、小美玉市1人、つくばみらい市1人、ひたちなか市1人、県外1人、利根町1人、龍ケ崎市1人、大洗町1人、水戸市1人。
新たに計22人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9904人となった。
居住地別の新規感染者14人は以下の通り。
◇土浦市(3人)
▽30代女性(職業非公表)
▽30代会社員男性
▽60代パート女性
◇牛久市(2人)
▽50代パート女性
▽70代無職女性
◇神栖市(1人)
▽未就学男児
◇小美玉市(1人)
▽50代女性(職業非公表)
◇つくばみらい市(1人)
▽30代アルバイト男性
◇ひたちなか市(1人)
▽30代教職員男性
◇県外(1人)
▽20代会社員男性(埼玉県)
◇利根町(1人)
▽50代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽10代女子生徒
◇大洗町(1人)
▽20代会社員女性(水戸市から茨城県に移管)
◇水戸市(1人)
▽10代女子生徒
■茨城県内の感染状況
新規 14人
累計 10491人
うち死者 164人
退院・退所等 9904人
(茨城県・水戸市発表、28日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


守谷・まち協 地域の課題、市と意見交換の画像

守谷・まち協 地域の課題、市と意見交換

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 28 Jun 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16247926413973

茨城県守谷市内で地域の課題解決へ活動する自治組織「まちづくり協議会」(まち協)と松丸修久市長の意見交換会が始まり、1回目として、北守谷地区まちづくり協議会(鈴木栄会長)との意見交換会が24日、市役所で開かれた。
まち協は、地区内のさまざまな団体が連携した組織で、現在、市内10地区中9地区で設立。2019年から、まち協全体での情報交換が行われているが、本年度から地区別とした。
同日は、同まち協役員や松丸市長ら計25人が出席。市の現状や行われている事業などが報告され、その後、鈴木会長が地区の活動状況や課題、要望を述べた。防災無線の設置や公民館などへのWi-Fiの導入などが挙がり、松丸市長や市担当者が回答した。
鈴木会長は「情報交換の場ができたことは喜ばしい。要望に対してもそれぞれ回答してくれたのでよかった」と話していた。
意見交換会は8月までに残り8地区が順次行っていく。
同市は、地区ごとに人口規模や年齢構成、歴史などが大きく異なり、課題も多様化していることなどから、「地域主導・住民主導のまちづくり」を進めている。

【写真説明】
松丸修久市長(手前)と意見交換する北守谷地区まちづくり協議会の役員ら=守谷市役所


利根町長選29日告示 現前新4人の激戦かの画像

利根町長選29日告示 現前新4人の激戦か

関連地域 :利根町

最終更新日:Mon, 28 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16247926413968

任期満了に伴う茨城県利根町長選は29日、告示される。立候補を予定しているのは、再選を目指す現職の佐々木喜章氏(65)、前町長で自営業の遠山務氏(70)、町議の峯山典明氏(43)、市民団体代表の本谷孝氏(58)の4人。現在進められている小学校統合について現職以外は見直しを主張しており、学校統廃合などを含め、現町政の継続か転換かを問う激しい選挙戦が予想される。
佐々木氏は3小学校の統合推進や高齢者買い物支援など1期目の取り組みを推進させるほか、新型コロナ対策を含めた災害対策強化などを公約とする。
遠山氏は町財政の立て直しが急務とし、思い切った行財政改革のほか、小学校統合の見直し、子育て環境の充実、高齢者福祉の支援強化などを掲げる。
峯山氏は43歳の若さを出し、町民の新たな選択肢を目指す。町内の公共交通の改善や小学校統合の見直し、スポーツを生かした町づくりなどを訴える。
本谷氏は小学校統合を白紙に戻すことを第一に挙げ、そのほかは、広域圏での地域連携、町に見合う道の駅整備、副町長制導入など役場改革を主張する。
投票は7月4日午前7時から午後6時まで町内13カ所で行われ、同7時から布川の町役場で即日開票される。有権者は1万3962人(6月1日現在)。


新型コロナ 茨城県内新たに37人感染 90代女性死亡 取手の事業所でクラスターかの画像

新型コロナ 茨城県内新たに37人感染 90代女性死亡 取手の事業所でクラスターか

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 28 Jun 2021 08:38:20 +0900

記事コード:16247926413962

茨城県と水戸市は27日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計37人確認されたと発表した。県内の累計感染者は1万477人。また、県内医療機関に入院していた90代女性が26日に死亡し、県内死者の累計は163人となった。
県によると、取手市内の事業所では20〜50代の男性従業員5人が感染。事業所内の陽性者は計7人に増え、県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
水戸市は27日、市立小学校の30代男性教諭が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性が最後に出勤したのは23日で、行動歴や濃厚接触者を市保健所が調査。学校は対応を検討中という。27日公表の感染者には含まれていない。
ほかに新型コロナ感染者のうち新たに22人が回復。県内の退院・退所などは計9882人となった。
■県内の感染状況
新規 37人
累計 10477人
うち死者 163人
退院・退所等 9882人
(県発表、27日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城・取手の事業所でクラスターかの画像

【速報】新型コロナ 茨城・取手の事業所でクラスターか

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 27 Jun 2021 21:00:00 +0900

記事コード:16247832812141

茨城県内で27日発表があった新型コロナウイルス感染者37人のうち20〜50代の男性5人は取手市内の事業所の従業員だった。事業所の感染者は計7人となり、県は「事業所でクラスター(感染者集団)発生の可能性がある」との認識を示した。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに37人感染 90代女性死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに37人感染 90代女性死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Sun, 27 Jun 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16247831508584

茨城県と水戸市は27日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計37人確認され、患者1人が死亡したと発表した。県内累計で感染者は1万477人、死者は163人となった。
県と市によると、新規感染者のうち濃厚接触により感染したとみられるのが22人で、感染経路不明が15人。県によると、県内の医療機関に入院していた90代女性が26日に亡くなった。
市町村別の感染者数は、取手市6人、水戸市5人、つくば市4人、龍ケ崎市4人、常陸太田市2人、牛久市2人、神栖市2人、利根町2人、土浦市2人、美浦村1人、日立市1人、鉾田市1人、筑西市1人、下妻市1人、潮来市1人、行方市1人、かすみがうら市1人。
また、新たに計22人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9882人となった。
居住地別の新規感染者37人は以下の通り。
◇取手市(6人)
▽20代パート女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
◇水戸市(5人)
▽20代団体職員男性
▽30代パート女性
▽70代無職女性
▽20代無職男性
▽20代会社員男性
◇つくば市(4人)
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽70代自営業女性
▽20代無職女性
◇龍ケ崎市(4人)
▽10代男子児童
▽10代男子児童
▽40代会社員男性
▽10代男子生徒
◇常陸太田市(2人)
▽30代男性(職業非公表)
▽20代自営業男性
◇牛久市(2人)
▽40代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇神栖市(2人)
▽70代アルバイト男性
▽40代会社員男性
◇利根町(2人)
▽40代無職女性
▽20代アルバイト男性
◇土浦市(2人)
▽40代無職女性
▽80代無職男性
◇美浦村(1人)
▽30代会社員男性
◇日立市(1人)
▽30代アルバイト女性
◇鉾田市(1人)
▽50代無職女性
◇筑西市(1人)
▽40代会社員女性
◇下妻市(1人)
▽50代男性(職業非公表)
◇潮来市(1人)
▽70代無職男性
◇行方市(1人)
▽20代会社員男性
◇かすみがうら市(1人)
▽20代会社員男性
■県内の感染状況
新規 37人
累計 10477人
うち死者 163人
退院・退所等 9882人
(県・水戸市発表、27日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


畑ぐいぐい「馬耕」 つくばみらいの画像

畑ぐいぐい「馬耕」 つくばみらい

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sun, 27 Jun 2021 12:44:27 +0900

記事コード:16247073775484

馬を使って田畑を耕す「馬耕」が26日、茨城県つくばみらい市内の乗馬クラブであり、親子連れら約60人が伝統的な農作業を体験した。足を取られる畑の中でも力強く突き進む馬の力に、「すごく速い」と驚きの声が上がった。
体験会は同市南太田の「柏乗馬クラブ」にある畑で開かれた。新潟県内から輸送してきた農耕馬の寺優(てらゆう)(8歳)と菊花(同)の2頭にけん引用の馬具を取り付け、犂(すき)を引かせて畑を耕し、ジャガイモ「グラウンドペチカ」を収穫した。
馬の速度に合わせて犂の角度を合わせるのが難しく苦戦する参加者もいた。親子で参加した同市、小学2年、星野月奏(るか)さん(7)は「楽しかった。乗馬体験はあったが(農耕馬は)初めて見た」と話した。
体験会は、同市と市内の農業経営者でつくる「マスターズ」が連携して企画した。マスターズのメンバーで柏乗馬クラブの山蔦(やまつた)幸太郎社長(48)は「普段できない体験を子どもたちにしてほしかった」と語った。

【写真説明】
畑の中を力強く進む農耕馬「寺優」と馬耕を体験する参加者たち=つくばみらい市南太田の柏乗馬クラブ


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計31人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計31人感染 県と水戸市発表

関連地域 :利根町,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sat, 26 Jun 2021 19:07:47 +0900

記事コード:16247018534637

茨城県と水戸市は26日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計31人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万440人となった。
県と市によると、31人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が14人で、感染経路が分かっていない人が17人。
市町村別の感染者数は、水戸市6人、牛久市5人、神栖市3人、つくば市3人、鹿嶋市2人、つくばみらい市2人、常陸太田市2人、取手市2人、ひたちなか市1人、小美玉市1人、坂東市1人、土浦市1人、利根町1人、常陸大宮市1人。
新たに計31人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9860人となった。
居住地別の新規感染者31人は以下の通り。
◇水戸市(6人)
▽30代会社員男性
▽50代教職員男性
▽10代女子学生
▽20代会社員男性
▽10代女子学生
▽20代アルバイト男性
◇牛久市(5人)
▽40代無職女性
▽10代女子生徒
▽60代パート男性
▽30代医療従事者女性
▽50代自営業男性
◇神栖市(3人)
▽70代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
◇つくば市(3人)
▽50代団体職員男性
▽20代会社員男性
▽40代アルバイト男性
◇鹿嶋市(2人)
▽70代アルバイト男性
▽70代男性(職業非公表)
◇つくばみらい市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代会社員女性
◇常陸太田市(2人)
▽10代女子生徒
▽10代男子児童
◇取手市(2人)
▽40代女性(職業確認中)
▽50代会社員女性
◇ひたちなか市(1人)
▽40代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽30代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽40代会社員女性
◇土浦市(1人)
▽30代会社員女性
◇利根町(1人)
▽50代会社員女性
◇常陸大宮市(1人)
▽20代男子学生(水戸市から茨城県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 31人
累計 10440人
うち死者 162人
退院・退所等 9860人
(茨城県・水戸市発表、26日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


つくば・金森さん夫妻 自分らしく自宅出産 「家族とお産楽しみたい」の画像

つくば・金森さん夫妻 自分らしく自宅出産 「家族とお産楽しみたい」

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 26 Jun 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16246214716800

病院で出産するのが主流の現代。それに対し、ほんのわずかになった自宅出産を、「自分らしく」「暮らしの中で、自然に産みたい」などの理由から選択する人がいる。茨城県つくば市在住の地方公務員、金森純平さん(40)、靴下デザイナーの恵理子さん(42)夫妻もその一組。自宅出産を選んだ理由とは-。
◆減少傾向
厚生労働省の人口動態統計によると、1947年の出産総数267万8792件のうち、自宅出産は261万4612件にも上った。これが2019年には出産総数86万5239件のうち、自宅出産は1289件へと激減している。
そんな中で、自宅出産を選んだ恵理子さん。2人目の子どもの出産を前に「42歳。年齢的に最後の出産になる。普段の生活の中で、家族のイベントとしてお産を楽しみたかった」と、理由を話す。
長女を出産した2014年にも「自宅で」と考えたが、初産のため不安があった。周囲の心配もあって、つくばみらい市内の助産院での出産を選んだ。
◆初日から一緒
今回は念願かなっての自宅出産。妊娠から出産までサポートしたのは、出張専門「ゆずのき助産院」(坂東市)の助産師、荒井幸子さん(40)だ。
出産当日は、普段通りに長女を小学校へ送り出した恵理子さん。純平さんの立ち会いの下で出産した。
「オギャー」。5月20日午後0時23分。3390グラムの元気な男の子が産声を上げた。「感動した。生まれた瞬間から見ていると、愛着が湧く」と純平さん。一方の恵理子さんは「入院期間がないため、出産初日から家族と一緒にいられる。100点満点のお産だった」と振り返った。
助産師の荒井さんは「出産時、生活の環境の中で、いてほしい家族に側にいてもらえ、ママの気持ちが落ち着ける」と、自宅出産のメリットを挙げる。
◆育休1カ月
純平さんは6月末まで1カ月間の育児休業を取得中だ。「妻と一緒に育てたい」と、家事や育児を担い、恵理子さんをサポートする。勤務先のつくば市役所では、産前産後の妻をサポートする市独自の制度「出産補助休暇」と「育児参加のための休暇」も利用した。
厚労省の最新の調査結果では、男性の育児休業取得率は7.48%(19年度)にとどまるが、つくば市によると、2週間以上の男性の育児休業取得率は74.5%(20年度)にも上る。「長女の出産時より、育児休業が取得しやすかった。時代が変わったと感じる」と、純平さん。
恵理子さんは「産後、体がつらい時、夫が側にいてくれるので育児がつらくなったら替わってもらえる。弱音も吐ける。ありがたい」とほほ笑んだ。
荒井さんは「女性は、妊娠をきっかけに主体的に出産場所を選んでほしい」とアドバイスし、「普段の生活の中で新しい命を迎える、自宅出産にも目を向けてもらえたら」と話す。

【写真説明】
生後2週間の長男をそっと見守る金森さん家族。出産までサポートした助産師の荒井幸子さん(右端)=つくば市内


総人口1億2622万人 茨城県286万8554人、4.8万人減の画像

総人口1億2622万人 茨城県286万8554人、4.8万人減

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 26 Jun 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16246281438238

総務省は25日、国勢調査の速報値を発表した。2020年10月1日時点の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、15年の前回調査から約86万8千人減った。減少率は0.7%、総人口の減少は2回連続。国連推計によると日本の人口は世界で11番目となり、比較可能な1950年以降、初めて上位10カ国に入らなかった。地域別に見ると38道府県で人口が減る一方、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)は約80万8千人増え、人口偏在も進んだ。
国勢調査の速報値によると、茨城県の2020年10月1日現在の人口は286万8554人で、15年の前回調査から4万8422人減った。年間1万人近いペースで減少が続いている。減少率は1.7%で、前回調査時(1.8%)より減少幅はわずかに縮小した。地域別では、人口が増加したのは県南のみで、ほか4地域は減少。中でも県北は減少率が3.8%に上り、人口減に転じた00年以降で減少幅は最大となった。
県人口の男女別内訳は、男性143万1165人、女性143万7389人。
国勢調査では、県人口は00年の298万5676人をピークに、以降は右肩下がり。この20年間で約11万7千人減った。
地域別では、県北の人口は前回から2万3761人減った。県央は2.1%減、鹿行は2.3%減、県西は2.7%減となった。一方、県南は0.6%(6353人)増となり、増加幅が拡大した。
県内市町村別で人口が増加したのは10市町村で、前回より2市町増えた。
増加数が最も大きかったのは、つくば市の1万4822人で、全国でも14番目に多かった。以下、守谷市3673人、土浦市1356人、阿見町1043人と続く。ほかに人口増となったのは、ひたちなか▽神栖▽つくばみらい▽牛久▽東海▽水戸-の各市村。
一方、減少数が最も大きかったのが日立市の1万419人。減少率は大子町の12.8%が最高だった。


竜ケ崎一高で外務省講座 海外とつながり、大切にの画像

竜ケ崎一高で外務省講座 海外とつながり、大切に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 26 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16246214716791

国際理解を深めるとともに生徒に多様な仕事について興味を持ってもらおうと、茨城県立竜ケ崎一高(龍ケ崎市平畑、太田垣淳一校長)で17日、外務省高校講座が開かれた。
同校卒業生で在韓国日本大使館1等書記官の武田直記さん(42)がオンラインで講師を務め、大使館での仕事や今後より密接になる海外とのつながりについて講演。講座には、1、2年生と希望した3年生の計479人が参加した。
武田さんは、これからの海外とのつながりの中で海外の人と話したり、実際に海外に行って現地の人の生活や考え方を見たりした上で、海外の人とどのようにつながるかについて、「会って、見て、考えてを大切にしてほしい」と話した。
講演後に座談会が開かれ、生徒19人が参加。海外の人とのコミュニケーションの取り方など多くの質問を投げ掛け交流を深めた。講座に参加した3年生の市来暢将(のぶまさ)さん(17)は「自分がこれまで知らなかった分野の話を聞けて、今後の進路選択の上で非常に有意義な経験となった」と感想を話した。

【写真説明】
座談会で交流を深める武田直記1等書記官と生徒=龍ケ崎市平畑


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部、感染者18人増え累計111人 茨城で最大規模クラスタ―にの画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部、感染者18人増え累計111人 茨城で最大規模クラスタ―に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Jun 2021 20:32:59 +0900

記事コード:16246206055128

茨城県と水戸市が25日に公表した新型コロナウイルス新規感染者計56人のうち18人は、クラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の学生で、年代別内訳は10代が6人、20代が12人。
同部の感染者は学生103人、職員8人の計111人に拡大し、県内最大規模のクラスターとなった。これに伴い同大は26日まで全面封鎖となっている。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに計56人感染 県と水戸市発表 12日以来の50人超えの画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに計56人感染 県と水戸市発表 12日以来の50人超え

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Fri, 25 Jun 2021 19:19:47 +0900

記事コード:16246153414425

茨城県と水戸市は25日、新型コロナウイルス感染者が県内で計56人確認されたと発表した。県内の新規感染者が50人を超えたのは、12日(84人)以来。県内の感染者は累計で1万409人となった。
県と市によると、新規感染者56人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が36人、感染経路が分かっていない人が20人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市19人、牛久市4人、水戸市3人、取手市3人、石岡市3人、小美玉市3人、常陸太田市3人、つくば市2人、下妻市2人、坂東市2人、神栖市2人、大洗町2人、県外1人、結城市1人、桜川市1人、行方市1人、常総市1人、古河市1人、ひたちなか市1人、潮来市1人。
新たに計25人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9829人となった。
居住地別の新規感染者56人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(19人)
▽40代会社員女性
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
◇牛久市(4人)
▽70代無職女性
▽40代会社員男性
▽60代パート女性
▽20代パート女性
◇水戸市(3人)
▽20代会社員女性
▽20代アルバイト女性
▽20代女性(職業非公表)
◇常陸太田市(3人)
▽70代無職女性
▽50代自営業男性
▽50代自営業女性
◇取手市(3人)
▽30代無職女性
▽未就学男児
▽50代会社員男性
◇石岡市(3人)
▽10代女子学生
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
◇小美玉市(3人)
▽50代自営業男性
▽50代自営業女性
▽20代団体職員女性
◇神栖市(2人)
▽20代会社員男性
▽10代会社員女性
◇つくば市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員女性
◇坂東市(2人)
▽20代パート女性
▽30代会社員男性
◇大洗町(2人)
▽70代無職女性(水戸市から茨城県に移管)
▽50代パート女性(水戸市から茨城県に移管)
◇下妻市(2人)
▽30代無職男性
▽30代無職男性
◇行方市(1人)
▽30代無職女性
◇桜川市(1人)
▽60代無職男性
◇古河市(1人)
▽40代パート女性
◇結城市(1人)
▽30代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽60代会社員男性
◇潮来市(1人)
▽40代会社員男性
◇常総市(1人)
▽60代会社員女性
◇県外(1人)
▽30代会社員男性(栃木県)
■茨城県内の感染状況
新規 56人
累計 10409人
うち死者 162人
退院・退所等 9829人
(茨城県・水戸市発表、25日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


龍ケ崎市 健康増進やがん対策 明治安田と連携協定の画像

龍ケ崎市 健康増進やがん対策 明治安田と連携協定

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Jun 2021 17:00:00 +0900

記事コード:16245335271623

茨城県龍ケ崎市と明治安田生命保険つくば支社は21日、健康増進に関する連携協定を結んだ。新型コロナウイルスを念頭に置いた感染症対策を含む5事項について、互いに協力していくことを盛り込んだ。
協定書に明記された連携事項はこのほか、地域の健康づくり▽がん対策▽企業・経営者の健康増進-など。具体例として、健康測定会やがんセミナーの開催を検討している。
市役所であった締結式で中山一生市長は「市としても心強く、大きく期待している。支援を賜りたい」とあいさつ。伊吹浩光支社長は「新型コロナワクチンについての周知活動をはじめ、さまざまな面で協力ができると思う」と強調した。

【写真説明】
協定書を手にする中山一生市長(左)と伊吹浩光支社長=龍ケ崎市役所


新型コロナ 茨城で新たに38人、1人重症 龍ケ崎の高校で感染拡大の画像

新型コロナ 茨城で新たに38人、1人重症 龍ケ崎の高校で感染拡大

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Jun 2021 09:20:46 +0900

記事コード:16245445720628

茨城県は24日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに38人確認されたと発表した。うち1人が重症で、県内の医療機関に入院している。県内の累計感染者は1万353人となった。
県によると、クラスター(感染者集団)発生の可能性が高い龍ケ崎市内の高校では、新たに男子生徒3人の感染が判明。感染者は、同じクラスの計8人に拡大した。
新型コロナ感染者のうち新たに19人が回復。県内の退院・退所などは計9804人となった。
また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日までに、筑波宇宙センター(つくば市)の職員2人が感染したと発表。性別、年代などは非公表とした。
■県内の感染状況
新規 38人
累計 10353人
うち死者 162人
退院・退所等 9804人
(県発表、24日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


龍ケ崎官製談合 元市課長に有罪判決 東京地裁 「責任、軽視できず」の画像

龍ケ崎官製談合 元市課長に有罪判決 東京地裁 「責任、軽視できず」

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 25 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16245335271603

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡り入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反の罪に問われた元市契約検査課長、島田真二被告(60)=同市=の判決公判が24日、東京地裁で開かれ、坂田正史裁判長は「責任は軽視できない」として懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)を言い渡した。弁護側は罰金刑を求めていた。
事件では、中山一生市長に近く建設業界とつながりのある市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(72)、副市長だった川村光男被告(65)が同罪で起訴。市市長公室参事(54)も罰金50万円の略式命令を受けた。島田被告は在宅起訴された。
判決理由で坂田裁判長は「入札の公正や信頼を害する悪質な行為。常習性も認められる」と指摘した。一方で、犯行は大きな影響力を持つ川北、川村両被告が結託して主導したと認定。島田被告が罪悪感から異動を願い出たり、不正をやめるよう進言したりした事情を酌んだ。
判決によると、4人は共謀し、昨年12月22日執行の土木工事などの入札6件に関し、秘密事項の入札参加申請業者名を記した書面を同9日午前、島田被告が市役所で市参事に交付。市参事が同日午後、電話で川北被告に業者名を漏らした。
判決を受け中山市長は「重く受け止め、このような事件を二度と起こさないよう、再発防止に向けた検討を鋭意進める」などとコメントを出した。
川北被告は懲役1年6月を求刑され、28日に判決の予定。川村被告は公判前整理手続きが行われている。


【速報】新型コロナ 龍ケ崎の高校、同じクラスの計8人に拡大 JAXA職員2人も感染の画像

【速報】新型コロナ 龍ケ崎の高校、同じクラスの計8人に拡大 JAXA職員2人も感染

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 21:18:06 +0900

記事コード:16245369641428

茨城県が24日に発表した新型コロナウイルス新規感染者38人のうち、3人はクラスター(感染者集団)が発生した可能性の高い龍ケ崎市内の高校男子生徒で、同校の感染者は同じクラスの計8人に拡大した。
また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日までに、筑波宇宙センター(つくば市)の職員2人が感染したと発表。性別、年代などは非公表とした。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに38人感染 重症1人 半数が経路不明の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに38人感染 重症1人 半数が経路不明

関連地域 :龍ケ崎市,河内町,取手市

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 20:36:49 +0900

記事コード:16245271563017

茨城県は24日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに38人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万353人となった。
県によると、38人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が19人で、感染経路が分かっていない人が19人。
また、38人のうち重症者が1人。
市町村別の感染者数は、土浦市9人、つくば市5人、龍ケ崎市3人、牛久市3人、筑西市3人、石岡市2人、常総市2人、取手市2人、桜川市1人、阿見町1人、潮来市1人、下妻市1人、古河市1人、常陸太田市1人、高萩市1人、ひたちなか市1人、河内町1人。
県と水戸市によると、新たに計19人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9804人となった。
居住地別の新規感染者38人は以下の通り。
◇土浦市(9人)
▽20代男性(職業非公表)
▽20代男子学生
▽20代男性(職業非公表)
▽40代男性(職業非公表)
▽20代アルバイト男性
▽未就学女児
▽未就学男児
▽20代アルバイト女性
▽60代無職女性
◇つくば市(5人)
▽20代団体職員男性
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽20代無職女性
▽30代会社員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽40代女性(職業非公表)
◇牛久市(3人)
▽60代パート女性
▽30代無職女性
▽60代自営業男性
◇筑西市(3人)
▽70代会社員男性
▽50代会社員女性
▽20代会社員女性
◇石岡市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇常総市(2人)
▽50代団体職員男性
▽20代会社員男性
◇取手市(2人)
▽10代女子学生
▽50代会社員女性
◇桜川市(1人)
▽40代アルバイト女性
◇阿見町(1人)
▽20代無職女性
◇潮来市(1人)
▽50代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽20代アルバイト女性
◇古河市(1人)
▽40代自営業男性
◇常陸太田市(1人)
▽10代女子学生
◇高萩市(1人)
▽60代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽10代男子学生
◇河内町(1人)
▽10代男子生徒
■茨城県内の感染状況
新規 38人
累計 10353人
うち死者 162人
退院・退所等 9804人
(茨城県・水戸市発表、24日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手で芸術活動に励む大学院生 荒川さん、自然利用し自己表現の画像

取手で芸術活動に励む大学院生 荒川さん、自然利用し自己表現

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16244453432609

「取手やその周辺の自然を利用したランドアートに力を入れている」
ランドアートとは、自然の素材などを用いてフィールドに作品を構築する美術の一つ。「谷津田などの自然が自分の考えを表現するのに合っている」と、自己の作品制作について思いを語る荒川弘憲(あらかわこうけん)さん(27)。
東京芸術大大学院1年生。美術研究科先端芸術表現専攻。キャンパスのある茨城県取手市には2018年、学部2年生の時に移り住んだ。今年、大学を卒業し修士課程に進んだ。これまで、同市内の取手アートプロジェクト(TAP)の支援を受け作品展示をしたり、牛久市内のNPO法人に関わるなどし、地域とのつながりを深めてきた。今では「取手にアトリエを持って、この地で活動していきたい」と思うようになったという。
父親は韓国、母親は日本人で二つの国を知る。5歳からは東京都内に住んでいる。都立高校卒業後、一度は製造業に就職したが「仕事と芸術の両立ができない。それなら思い切って芸術に没頭したい」と同大に進学した。表現方法にはこだわらず、写真、映像、平面、彫刻など表現領域を横断して作品を制作している。
7月3日からは初の個展を都内で開く。タイトルは「Jamscape Insectcage」。自然や昆虫、テクノロジー、身体感覚などをテーマに、牛久市内でのランドアートを、最新の映像や音響技術を使って表現する。映像や音響だけでなく、絵画や彫刻などの作品も展示する。会期は同11日まで。
「視覚、聴覚、触覚といった感覚をベースに、体験できる個展にしたい。これからも自然と人のつながりを表現していきたい。取手の地で、いろいろな人たちと関わりながら作品制作していきたい」

【写真説明】
取手で芸術活動に励む大学院生 荒川弘憲(あらかわこうけん)さん(27)


女子大生お手柄 取手で1カ月間に2人保護 傘差さない高齢女性と泣く男児見つけ 警察署から感謝状の画像

女子大生お手柄 取手で1カ月間に2人保護 傘差さない高齢女性と泣く男児見つけ 警察署から感謝状

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16244453432600

1カ月の間に高齢者と男児の2人を続けて保護-。高齢女性と男児それぞれに声掛けし、事件事故への発展を未然に防いだとして、茨城県警取手警察署(福地健一郎署長)は、取手市内の大学4年生、粟田律子さん(21)に感謝状を贈った。福地署長は「声掛けし親身な対応で安全確保に貢献してくれた」とたたえた。
高齢女性の保護は4月17日午後5時40分ごろ、同市藤代の路上を車で走っているとき、雨の中を傘を差さずにいる女性(90)を見つけた。おかしいなと思い、「大丈夫ですか」と声を掛けた。女性は住所が言えなかったため、粟田さんは女性を車に乗せ近くの藤代交番まで送り届けた。
また、同27日には、同市白山で午後7時近くに、一人で泣きながら歩いている男児(5)がいたため、「どうしたの」と声を掛けた。男児を自宅に送る途中、男児を探していた同署員に出会い引き渡した。同署によると、男児は母親が買い物に行っている間に自宅を離れてしまい、家族から110番通報を受けていた。
感謝状の贈呈式は10日、同署で行われた。粟田さんは「声を掛けていいか迷うこともあるけど、助けられてよかった」と話した。福地署長は「優しい気持ちがある。事件や事故につながることもあるので対応していただき大変ありがたい」と感謝していた。

【写真説明】
高齢女性と男児を保護し、感謝状を贈られた粟田律子さん(左)=取手警察署


《市町村議会》河内町の画像

《市町村議会》河内町

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16244453432604

【茨城県河内町】定例会は23日に開会し、2021年度一般会計補正予算案を含む議案8件、監査委員などの人事案2件、報告2件を審議する。会期は30日までの8日間。一般質問は30日に5人が登壇する予定。23日は同予算案と人事案2件を全会一致で可決、同意した。


河内町の野沢町長が所信表明 「町の発展に全力」の画像

河内町の野沢町長が所信表明 「町の発展に全力」

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 09:54:37 +0900

記事コード:16244453346645

茨城県河内町定例議会は23日に開会し、先月の町長選で初当選した野沢良治町長が所信表明に立った。2期8年で退任した雑賀正光前町長を念頭に「築き上げられたまちづくりを継承し、町の発展と町民一人一人の幸せのために全力で取り組む」と強調した。
町議出身の野沢町長は、雑賀前町長の要請を受け、町長選への立候補を決めた経緯がある。公約では、保育料無償化の対象拡大▽福祉タクシー・移動販売車の導入▽町直売所の早期再開▽廃校への企業誘致-などを掲げ、新人同士の一騎打ちを制した。
所信表明ではこのほか、町民主役を訴え「意見に耳を傾け、スピード感を持って努力していく」と述べ、各課題の解決に意欲を示した。

【写真説明】
所信表明に立つ野沢良治町長=河内町議会議場


新型コロナ 茨城で新たに20人 龍ケ崎の高校、クラスターかの画像

新型コロナ 茨城で新たに20人 龍ケ崎の高校、クラスターか

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 24 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16244453346643

茨城県と水戸市は23日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計20人確認されたと発表した。うち1人は龍ケ崎市内の高校の男子生徒で、感染者は同じクラスの計5人に拡大。県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。県内の累計感染者は1万315人。 
クラスターが発生した流通経済大ラグビー部では、新たに学生1人の感染が分かり、陽性者は計93人に広がった。
県警によると、水戸市発表の大洗町の50代男性は、鹿嶋署職員。関係する職員3人を自宅待機とした。
新型コロナ感染者のうち新たに20人が回復。県内の退院・退所などは計9785人となった。
■県内の感染状況
新規 20人
累計 10315人
うち死者 162人
退院・退所等 9785人
(県発表、23日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高校でクラスタ―か 流通経大ラグビー部も感染者増の画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高校でクラスタ―か 流通経大ラグビー部も感染者増

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 21:24:45 +0900

記事コード:16244510117702

茨城県と水戸市は23日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計20人確認されたと発表。このうち1人は龍ケ崎市内の高校の男子生徒で、同校内の感染者は計5人に拡大した。県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとしている。
クラスタ―が発生した流通経済大ラグビー部では、新たに学生1人の感染が判明。同部の陽性者は計93人に広がった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに20人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに20人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 19:21:24 +0900

記事コード:16244435152816

茨城県と水戸市は23日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計20人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万315人となった。
県と市によると、新規感染判明した20人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が7人、感染経路不明の人が13人となった。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市4人、つくば市2人、常総市2人、坂東市2人、鉾田市1人、鹿嶋市1人、小美玉市1人、北茨城市1人、常陸太田市1人、土浦市1人、かすみがうら市1人、取手市1人、牛久市1人、大洗町1人。
新たに20人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9785人となった。
居住地別の新規感染者20人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(4人)
▽10代男子生徒
▽20代男子学生
▽40代会社員男性
▽60代会社員男性
◇つくば市(2人)
▽20代無職女性
▽20代会社員男性
◇常総市(2人)
▽50代会社員女性
▽60代会社員女性
◇坂東市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
◇鉾田市(1人)
▽20代会社員女性
◇鹿嶋市(1人)
▽70代パート女性
◇小美玉市(1人)
▽80代無職女性
◇北茨城市(1人)
▽40代自営業男性
◇常陸太田市(1人)
▽40代会社員男性
◇土浦市(1人)
▽30代自営業女性
◇かすみがうら市(1人)
▽20代無職男性
◇取手市(1人)
▽40代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽50代会社員女性
◇大洗町(1人)
▽50代公務員男性(水戸市から茨城県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 20人
累計 10315人
うち死者 162人
退院・退所等 9785人
(茨城県・水戸市発表、23日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


つくばみらい市が冷房購入費を助成 高齢者熱中症予防の画像

つくばみらい市が冷房購入費を助成 高齢者熱中症予防

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16243597996228

茨城県つくばみらい市は、65歳以上の高齢者世帯とひとり親世帯がエアコンを購入する場合、5万円を上限に購入費などの一部を助成する。夏本番を控え、新型コロナウイルス感染対策で、在宅時間が増えて熱中症の危険性が高まる高齢者や子どもを守るのが狙い。
市によると、市民税を課税されていない65歳以上の高齢者のみの世帯と、児童扶養手当を受給しているひとり親世帯が対象。住宅にエアコンがないことや故障していることが確認されれば、購入費と設置費を最大5万円助成する。
申請は28日〜10月29日まで。申請書類を郵送または担当窓口で受け付ける。予算は高齢者世帯とひとり親世帯計80世帯分400万円。国の臨時交付金を活用する。
問い合わせは市介護福祉課、市こども課(電)0297(58)2111


街の拠点つなぐの画像

街の拠点つなぐ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 11:17:53 +0900

記事コード:16243722422559

◆堤防広げ自転車道整備◆
鬼怒川の堤防整備に合わせ、堤防の一番高い部分「天端(てんば)」が幅6メートルに広げられた。そこに設けられた管理用道路をサイクリングロードとして活用する取り組みが進められる。サイクリングロードは左岸・右岸の堤防上各約40キロに及び、休憩施設の整備も進む。
鬼怒川緊急対策プロジェクトの一環で、国土交通省下館河川事務所はプロジェクトの「+1(プラスワン)」として、川と街の拠点をつなぐ「鬼怒川・小貝川かわまちづくり」を推進。茨城県の筑西、結城、下妻、常総、つくばみらい、守谷、八千代町の流域7市町と県が連携し、両河川を結ぶサイクリング周遊ネットワークの形成を目指している。2019年には、同かわまちづくり計画が国交省の支援制度にも登録された。
周遊の目玉は、既存のサイクリングロードがある小貝川と鬼怒川沿いに案内板やベンチを設ける「リバースポット」や、街中のにぎわい拠点を利用した「タウンスポット」の整備だ。
「リバー」は、同事務所が両河川に予定する26カ所に基盤整備し、7市町が上面の整備を担う。「タウン」は、道の駅グランテラス筑西(筑西市川澄)や守谷駅(守谷市中央)など18カ所を想定。
同事務所担当者は「(利用者は)街中にどんどん入ってもらい楽しんでほしい。にぎわいづくりの一助になれば」と期待する。
▼官民連携チーム
この事業に合わせ、周辺自治体も動きだしている。
下妻と常総両市は18年に「かわまちづくり下妻・常総活性化協議会」(事務局・下妻市)を設立。自動車部品製造の三五関東(同市半谷)が中心の官民連携サイクリングチーム「シルクロード7」を立ち上げたほか、サイクルスタンド設置やサイクリング用アプリの導入、ロードマップ作成を行った。
同チーム有志が5月、温泉・宿泊施設「ビアスパークしもつま」(同市長塚乙)を発着に鬼怒川サイクリングロードを走行した。参加男性(52)は「路面がきれいで道幅も広く走りやすい」と高評価。
同施設は15年の関東・東北豪雨で、前河原地区の鬼怒川が溢水(いっすい)し、床上浸水を経験した。施設責任者の松澤章さん(45)は「無料で駐車場を使ってもらっていい。温泉にもぜひ立ち寄って」とアピール。市担当者は「平地なので初心者でも走りやすい。水辺に親しんでもらえれば」と話した。
▼独自にマップ
常総市も鬼怒川サイクリングロードの一部開通を祝うイベントを19年に開催したほか、独自に「文化遺産」などを巡るロードマップを作った。
鬼怒川は市のほぼ中央を南北に流れ、中心市街地も河川に面している。地域観光に結び付ける好機で、市担当者は「ぜひ地元の人にも資産として再認識してもらい、外部から人を呼び込めるようにもっとPRしていきたい」と意気込む。
当面の課題として「安全対策」を挙げ、引き続き防護柵設置や案内表記などの整備を進める考えだ。

【写真説明】
鬼怒川サイクリングロードを走るサイクリングチーム「シルクロード7」のメンバー=下妻市鎌庭


龍ケ崎の企業が市に使い捨てマスク寄贈 20万枚、コロナ予防にの画像

龍ケ崎の企業が市に使い捨てマスク寄贈 20万枚、コロナ予防に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16243597996211

新型コロナウイルス感染症の予防に役立ててもらおうと、反射材の製造などを手掛けるスリーライク(茨城県龍ケ崎市出し山町)は、市に使い捨ての不織布マスク20万枚を寄贈した。
市役所に中山一生市長を訪ねた三好進社長は「まだまだマスク生活は続くと思う。必需品として使ってもらえれば」と語った。中山市長は「ありがたい。早速活用させていただく」と述べた。
市は、贈られたマスクを市立小中学校や介護福祉施設に配布する。

【写真説明】
マスクを寄贈するために中山一生市長(左)を訪ねた三好進社長=龍ケ崎市役所


取手市議会 発言を即時文字化 ICT活用字幕表示 特別委で試行の画像

取手市議会 発言を即時文字化 ICT活用字幕表示 特別委で試行

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 23 Jun 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16243597996210

茨城県取手市議会は、民間企業と結んだ音声関連技術における連携協定の一環として、22日に開かれたデモテック戦略特別委員会(落合信太郎委員長)で、音声を文字化する機能を初めて試行した。特別委はオンラインで行われ、画面には委員の発言がリアルタイムで表示された。
同市議会は、議会での情報通信技術(ICT)活用を進めており、4月28日には、発言のリアルタイム字幕表示機能の検証などについて、企業と連携協定を締結し研究。また、今定例会初日には、オンライン委員会で表決までできるように会議規則を改正し、16日からの各委員会は完全オンラインで行われている。
同日の特別委もオンラインで実施し、落合委員長は議事堂大会議室から、ほかの委員は自宅などから参加した。同日は、オンライン委員会の運営について、その課題などを話し合った。参加者の発言は、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」内の右側と下側に、リアルタイムで表示された。
落合委員長は「議会での発言内容が字幕表示されるのは、聴覚障害のある方はもちろん、ほかの人にとっても有効だと思う。正確な表示などまだ課題はあるが、いい滑り出しになったと思う」と話した。

【写真説明】
音声を文字化する機能が試行され、ズーム画面の右側と下側には発言がリアルタイムで表示された=取手市議会議事堂大会議室


【速報】新型コロナ 茨城で19人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で19人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Tue, 22 Jun 2021 19:21:52 +0900

記事コード:16243572064658

茨城県は22日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに19人確認されたと発表した。また水戸市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計で1万295人、死者は同162人となった。
市によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代男性。
県によると、新規に感染判明した19人のうち、陽性者との濃厚接触から感染したとみられる人が9人、感染経路が分かっていない人が10人。
市町村別の感染者数は、土浦市5人、龍ケ崎市4人、つくば市3人、小美玉市2人、取手市2人、潮来市1人、利根町1人、坂東市1人。
新たに計30人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9765人となった。
居住地別の新規感染者19人は以下の通り。
◇土浦市(5人)
▽40代会社員男性
▽40代パート女性
▽40代無職男性
▽30代アルバイト女性
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(4人)
▽40代会社員男性
▽10代女子生徒
▽10代女子生徒
▽50代無職女性
◇つくば市(3人)
▽40代自営業男性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
◇小美玉市(2人)
▽20代女子学生
▽20代女子学生
◇取手市(2人)
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇潮来市(1人)
▽40代自営業男性
◇利根町(1人)
▽10代男子生徒
◇坂東市(1人)
▽40代無職女性
■県内の感染状況
新規 19人
累計 10295人
うち死者 162人
退院・退所等 9765人
(県発表、22日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部で感染者増 茨城の画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部で感染者増 茨城

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 21 Jun 2021 20:30:42 +0900

記事コード:16242698225768

茨城県と水戸市が21日に発表した新型コロナウイルス感染者5人のうち、1人はクラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の学生で、同部の感染者は計92人(学生84人、職員8人)に増えた。
県によると、11日までに部員と職員計141人のPCR検査が済んでおり、陰性者は寮内のみで生活し、健康観察中という。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに5人感染 県と水戸市発表 昨年11月以来の1桁の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに5人感染 県と水戸市発表 昨年11月以来の1桁

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Mon, 21 Jun 2021 18:34:42 +0900

記事コード:16242679057484

茨城県と水戸市は21日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計5人確認されたと発表した。県内の1日当たり感染者数が1桁になったのは、昨年11月10日の9人以来。県内の感染者は累計で1万276人となった。
県と市によると、新たに感染判明した5人のうち、陽性者との濃厚接触による感染とみられる人が2人、感染経路不明の人が3人となっている。
市町村別の感染者数は、利根町1人、境町1人、坂東市1人、龍ケ崎市1人、水戸市1人。
居住地別の新規感染者5人は以下の通り。
◇利根町(1人)
▽10代女子生徒
◇境町(1人)
▽20代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽60代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代男子学生
◇水戸市(1人)
▽20代アルバイト男性
■茨城県内の感染状況
新規 5人
累計 10276人
うち死者 161人
退院・退所等 9735人
(茨城県・水戸市発表、21日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスター拡大、6人増え計91人にの画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスター拡大、6人増え計91人に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 20 Jun 2021 21:01:58 +0900

記事コード:16241904026121

茨城県と水戸市が20日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計17人のうち、6人はクラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の学生で、同部の感染者は計91人(学生83人、職員8人)に拡大した。
県によると、同部は11日までに全部員と職員計141人のPCR検査を実施済み。しかし、今回公表した学生6人を含め、最初の検査で陰性になった後、頭痛や発熱などの症状が出て、再検査で感染が判明するケースが増えている。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに17人感染、県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに17人感染、県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 20 Jun 2021 18:38:11 +0900

記事コード:16241817989685

茨城県と水戸市は20日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計17人確認されたと発表した。県内の累計感染者は1万271人となった。
県と市によると、感染判明した17人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が11人、感染経路が不明の人が6人となっている。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市8人、鹿嶋市2人、取手市2人、日立市1人、つくば市1人、古河市1人、筑西市1人、水戸市1人。
新たに25人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9681人となった。
居住地別の新規感染者17人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(8人)
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽40代無職女性
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代会社員男性
◇鹿嶋市(2人)
▽60代パート女性
▽30代自営業男性
◇取手市(2人)
▽50代パート女性
▽10代女子生徒
◇日立市(1人)
▽40代会社員男性
◇つくば市(1人)
▽40代無職女性
◇古河市(1人)
▽20代男子学生
◇筑西市(1人)
▽20代会社員男性
◇水戸市(1人)
▽60代女性(職業非公表)
■茨城県内の感染状況
新規 17人
累計 10271人
うち死者 161人
退院・退所等 9681人
(茨城県・水戸市発表、20日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


独立選抜書展に503点 20日まで、都美術館の画像

独立選抜書展に503点 20日まで、都美術館

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 20 Jun 2021 13:28:07 +0900

記事コード:16241024207152

独立選抜書展(独立書人団主催)が20日まで東京・上野の都美術館で開かれている。会員ほか一般まで1038点の応募作品を審査、厳選された503点を展示した。茨城県関係の入選者は次の通り。(敬称略)
◇会員
荒木静苑、田山稔夫(以上水戸市)旦保万里子、中村由美子(以上龍ケ崎市)
◇準会員
三代正子(取手市)藤井奈津子(牛久市)藤谷芳泉(つくば市)
◇会友公募
清水翠香(牛久市)塚田清加(つくば市)


【速報】新型コロナ 坂東のマッサージ店でクラスターか、茨城県が店名公表 水戸の事業所、感染者計9人にの画像

【速報】新型コロナ 坂東のマッサージ店でクラスターか、茨城県が店名公表 水戸の事業所、感染者計9人に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 19 Jun 2021 21:05:00 +0900

記事コード:16240930381157

茨城県で19日、33人の新型コロナウイルス感染確認の発表があった。このうち女性7人は坂東市内のマッサージ店の経営者と従業員で、県は店でのクラスター(感染者集団)の可能性が高いとの認識を示し、店名を公表した。利用者に保健所への相談を呼び掛けている。
店名が公表されたマッサージ店は同市辺田のタイ古式マッサージ「サワディー」。県は、6〜17日に同店を利用した県内在住者に古河保健所への相談を呼び掛けている。相談時間は27日までの午前9時から午後5時、(電)0280-32-3021
また、水戸市と県によると、市内の事業所では、新たにアルバイト男性3人の感染が分かり、陽性者は計9人となった。
さらに、クラスターが発生した流通経済大ラグビー部関連では新たに男子学生2人の感染が判明し、計85人に増えた。県によると、龍ケ崎市内の寮3カ所で陽性者が確認されているという。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに33人感染 県・水戸市発表 最多は坂東の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに33人感染 県・水戸市発表 最多は坂東

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 19 Jun 2021 18:30:00 +0900

記事コード:16240904837504

茨城県と水戸市は19日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計33人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万254人となった。
県と市によると新規感染者のうち濃厚接触により感染したとみられるのが26人、経路不明が7人となっている。
市町村別の感染者数は、坂東市8人、龍ケ崎市4人、水戸市4人、牛久市3人、常陸太田市2人、守谷市2人、取手市2人、常総市1人、つくばみらい市1人、東海村1人、土浦市1人、五霞町1人、古河市1人、桜川市1人、大洗町1人。
新たに計27人が退院や退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9656人となった。
居住地別の新規感染者33人は以下の通り。
◇坂東市(8人)
▽30代アルバイト女性
▽30代アルバイト女性
▽40代アルバイト女性
▽40代自営業女性
▽50代アルバイト女性
▽40代アルバイト女性
▽40代アルバイト女性
▽20代無職女性
◇龍ケ崎市(4人)
▽10代パート女性
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽40代会社員男性
◇水戸市(4人)
▽30代アルバイト男性
▽20代アルバイト女性
▽20代アルバイト男性
▽30代無職女性
◇牛久市(3人)
▽10代男子学生
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
◇常陸太田市(2人)
▽60代会社員男性
▽60代無職女性
◇守谷市(2人)
▽40代無職女性
▽40代無職女性
◇取手市(2人)
▽40代男性(職業非公表)
▽10代女子生徒
◇常総市(1人)
▽30代無職女性
◇つくばみらい市(1人)
▽20代自営業男性
◇東海村(1人)
▽10代アルバイト男性
◇土浦市(1人)
▽60代無職男性
◇五霞町(1人)
▽20代会社員男性
◇古河市(1人)
▽60代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽50代会社員男性
◇大洗町(1人)
▽20代アルバイト女性(水戸市発表、県へ移管)
■県内の感染状況
新規 33人
累計 10254人
うち死者 161人
退院・退所等 9656人
(県・水戸市発表、19日午後6時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町長選 市民団体代表の本谷氏が出馬表明の画像

利根町長選 市民団体代表の本谷氏が出馬表明

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 19 Jun 2021 09:45:12 +0900

記事コード:16240264070699

任期満了に伴う29日告示、7月4日投開票の茨城県利根町長選で、新人の市民団体代表、本谷孝氏(58)が18日、取手市内で会見し、無所属で立候補すると表明した。「町では3小学校の統合が進められているが全く納得できない。統合を白紙に戻す」と、小学校を廃校にさせないために出馬を決意したと述べた。
同町長選には、現職の佐々木喜章氏(65)、町議の峯山典明氏(43)、前職で自営業、遠山務氏(70)がすでに出馬表明しており、本谷氏で4人目。
本谷氏は元生協職員。5月から、町小学校統合問題を考える会の代表を務めている。そのほかの公約には、広域圏での地域連携や道の駅整備などを挙げた。
また同日、町長選の事前審査が町役場で開かれ、立候補を表明した4氏の陣営が出席した。有権者は1万3926人(1日現在)。

【写真説明】
本谷孝氏


龍ケ崎市 五輪のキューバ柔道合宿中止の画像

龍ケ崎市 五輪のキューバ柔道合宿中止

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 19 Jun 2021 09:41:49 +0900

記事コード:16240164409447

茨城県龍ケ崎市は18日、東京五輪のキューバ柔道チームの事前キャンプが中止になったと発表した。同国当局などから17日までに連絡を受けた。新型コロナウイルス感染症を踏まえ、実施が不可能と判断されたという。
市によると、同国柔道連盟から11日、新型コロナを念頭に「事前キャンプ実施は不可能」とのメールが届いた。17日には同国大使館を通し、当局から同じ趣旨の見解が伝えられた。事後交流に関しては、内容や開催の可否を含め検討していく。事前キャンプは当初、7月上旬から3週間程度を予定していた。
同市では、米柔道チームの事前キャンプが決定。オセアニア諸国・地域(柔道)とタイ(陸上)の事前キャンプについては、引き続き調整する方針。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに21人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに21人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Fri, 18 Jun 2021 19:03:35 +0900

記事コード:16240104654680

茨城県と水戸市は18日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計21人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計で1万221人、死者は同161人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代男性。
県と市によると、新たに感染が確認された21人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が12人、感染経路が分かっていない人が9人となっている。
市町村別の感染者数は、鹿嶋市4人、水戸市3人、つくば市2人、下妻市2人、土浦市1人、那珂市1人、つくばみらい市1人、常総市1人、八千代町1人、坂東市1人、龍ケ崎市1人、牛久市1人、取手市1人、県外1人。
新たに計26人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9629人となった。
居住地別の新規感染者21人は以下の通り。
◇鹿嶋市(4人)
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
◇水戸市(3人)
▽20代アルバイト男性
▽20代アルバイト男性
▽20代アルバイト男性
◇つくば市(2人)
▽60代自営業男性
▽20代会社員男性
◇下妻市(2人)
▽10代会社員男性
▽20代会社員男性
◇土浦市(1人)
▽20代女性(職業非公表)
◇那珂市(1人)
▽30代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽60代自営業男性
◇常総市(1人)
▽未就学男児
◇八千代町(1人)
▽50代自営業男性
◇坂東市(1人)
▽80代無職男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽10代男子生徒
◇牛久市(1人)
▽10代男子学生
◇取手市(1人)
▽20代アルバイト女性
◇県外(1人)
▽20代会社員女性(千葉県)
■茨城県内の感染状況
新規 21人
累計 10221人
うち死者 161人
退院・退所等 9629人
(茨城県・水戸市発表、18日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手殺人遺棄 捜査本部設置1週間 被害者の足取り追う 勤務先で火災、関連捜査の画像

取手殺人遺棄 捜査本部設置1週間 被害者の足取り追う 勤務先で火災、関連捜査

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 18 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16239276299405

茨城県取手市稲の共同墓地近くの路上で千葉県我孫子市天王台2丁目、マージャン店員、北田和彦さん(59)の遺体が布団にくるまれて見つかった殺人・死体遺棄事件は、県警が取手署に捜査本部を設置して18日で1週間になる。北田さんが殺害された場所や遺棄の日時は特定されず、犯人が単独か複数かもはっきりしていない。捜査本部は北田さんの交友関係、行動履歴を洗い出し、犯人につながる情報を求めている。
北田さんの遺体は、日課でジョギングをしていた男性(66)が9日午前5時半ごろ発見。男性の通報で駆け付けた取手署員がその場で死亡を確認した。遺体をくるんだ布団はひもで縛られ、頭にタオルケットが巻かれ、ひもで縛られていた。
11日の司法解剖では、死因が首の圧迫による窒息死の疑いと判断され、殺人事件に発展した。
遺体発見から約2時間半前の午前3時前後、現場から数百メートル離れた防犯カメラに不審な車3台が映っていた。住民によると、この時間帯に通る車はわずかという。
北田さんの遺体の状況から、県警は7〜9日に殺害された後、車で運んで8〜9日に墓地のそばに置かれたとみている。防犯カメラの映像解析も進め、遺体が運ばれた日時や手段を絞り込んでいる。
また遺体発見約1時間前の9日午前4時36分ごろ、北田さんの自宅に近い我孫子市天王台1丁目のマージャン店で火災が発生していた。近隣住民によると、11日ごろから県警の警察官が現場に常駐。県警は13日、北田さんの職業をマージャン店員と明かした。店は北田さんの勤務先とみられ、殺人事件と火災の関連を調べている。
容疑者が浮上しないままの状況に、取手市の住民は不安を募らせる。
取手市教委は学校に注意喚起。スクールガードや教職員が見守り活動をしている。地元消防団は夜間の見回りを強化する方針だ。
県警によると、自宅や北田さんが所有する車の捜索では、携帯電話や、クラブの入ったゴルフバッグなどが見つかったものの、自宅や車の鍵、財布は見つかっていない。捜査を遅らせる目的とみる向きもあるが、遺体が墓地のそばに捨てられたことが謎を深めている。捜査幹部は「少し先に崖があり、そこに捨てられていれば発見が遅れた。慎重に捜査したい」と話した。

【写真説明】
北田和彦さんの遺体が見つかった現場周辺=取手市稲


氷山の一角の画像

氷山の一角

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 18 Jun 2021 09:39:45 +0900

記事コード:16239276299406

◆元幹部、不正を告白◆
「退職するまでの最後の2年間、上司に言われ入札情報を漏らした」
声に後悔の念がにじむ。茨城新聞の取材に過去の不正を告白したのは、龍ケ崎市の元幹部だ。
「上司」とは、後に副市長となる川村光男被告(65)を指す。情報を伝えた相手は、市社会福祉協議会の副会長だった川北恵一郎被告(72)だ。
■上司の指示
元幹部は、川村被告から川北被告を紹介された。情報漏えいに関し、川村被告は漠然と「やってくれないか」と述べたという。
その手口は、元市契約検査課長の島田真二被告(60)や市長公室参事(54)が関与した今回の事件と大部分がかぶる。
川北被告が電話で入札参加申請業者名を教えるよう頼む。拒否の態度を取ると、川北被告は別の市職員を介在させるなどした。元幹部はその職員の名前を明かさなかった。
元幹部は捜査当局に事情聴取された。
「全てを話した。悪いことと知っていたから。情報がどう使われたのかも、うすうす気付いていた」
元幹部は「優秀な川村被告を信頼していた。島田被告も同じだったはず」と釈明する。
■市政円滑に
発覚した情報漏えいは、氷山の一角にすぎない。立件されたのは昨年12月執行の土木工事などの入札計6件で、落札額は計約4千万円だった。
川北被告は5月24日の公判で犯行動機を語っている。2011年ごろ、市長派と建設業界が対立していて、建設会社の社長から市政を支援する見返りに入札情報を頼まれ、応じたと説明した。市職員に漏えいを依頼したのは「年間10本ほどだった」とも供述した。
元幹部は「それくらいの頻度だったと記憶している。市政が円滑に行くと考えていた」と肯定した。
島田被告は翌25日の公判で、数億〜約20億円規模の大型事業2件に川北被告が関与しようとしたと主張した。複数の市職員は取材に「特定の業者を排除しようとするなどの動きがあった」と暗に認めた。
■あしき慣習
公判で新たな情報が明らかになり、市政の課題が続々と浮かぶ。
市は事件発覚後の4月、弁護士や大学教授でつくる第三者委員会を組織。再発防止策の検討や原因の究明を任せていた。
市幹部は「裁判で多くの話が出てきた。委員からは(事件の)背景まで踏み込む必要があるとの意見も出ている」と語る。
島田被告(求刑懲役10月)は今月24日、川北被告(同1年6月)は28日に、それぞれ東京地裁で判決公判が予定される。川村被告は、争点を絞る公判前整理手続きが行われ、初公判の期日は未定だ。
中山一生市長は取材に「私の認識と異なる部分がある。誇張も感じるが、今は詳細を語るのを避けたい。裁判はまだ終わっていない」と話した。
事件は、地元有力者、市上層部、建設業界に形成された「あしき慣習」の存在を浮き彫りにした。市政がどのようにゆがめられたのか、市執行部はその答えをいずれ出さなければならない。

【写真説明】
事件発覚後に組織された第三者委員会の初会合であいさつする中山一生市長(奥中央)=4月19日、龍ケ崎市役所


【速報】新型コロナ、つくばの事業所でクラスタ―か 流通経大ラグビー部も増えるの画像

【速報】新型コロナ、つくばの事業所でクラスタ―か 流通経大ラグビー部も増える

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 21:20:19 +0900

記事コード:16239323375933

茨城県が17日に発表した新型コロナウイルス新規感染者15人のうち、1人はクラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の学生で、同部の感染者は計83人に広がった。
また、新たにつくば市内の事業所で20代男性従業員の感染が判明した。同事業所内の感染者は計5人となり、県はクラスター発生の可能性があるとしている。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに15人感染 水戸市は3日ぶりなしの画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに15人感染 水戸市は3日ぶりなし

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 19:29:22 +0900

記事コード:16239256541603

茨城県は17日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに15人確認されたと発表した。水戸市は14日以来3日ぶりに感染者が確認されなかった。県内の感染者は累計1万200人となった。
県によると、新規感染者15人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人は10人、感染経路が分からない人は5人。
市町村別の感染者数は、つくば市5人、常総市2人、坂東市2人、龍ケ崎市2人、神栖市1人、土浦市1人、守谷市1人、取手市1人。
県と水戸市によると、新たに計22人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9603人となった。
居住地別の新規感染者15人は以下の通り。
◇つくば市(5人)
▽30代無職男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
▽未就学女児
▽50代自営業女性
◇常総市(2人)
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
◇坂東市(2人)
▽50代自営業男性
▽50代会社員男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽10代男子学生
▽20代公務員男性
◇神栖市(1人)
▽60代無職女性
◇土浦市(1人)
▽20代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽20代会社員男性
◇取手市(1人)
▽20代女性(職業非公表)
■茨城県内の感染状況
新規 15人
累計 10200人
うち死者 160人
退院・退所等 9603人
(茨城県・水戸市発表、17日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


部屋移転、市長に報告 つくばみらい 立浪親方、天空海関らの画像

部屋移転、市長に報告 つくばみらい 立浪親方、天空海関ら

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16238424990831

7月末に東京都台東区に移転する大相撲・立浪部屋(茨城県つくばみらい市陽光台)の立浪耐治親方が10日、関東後援会の塚田純夫会長と幕内明生(めいせい)関、幕内豊昇龍関、大洗町出身の幕内天空海(あくあ)関と共に、つくばみらい市役所を訪れ、小田川浩市長に部屋移転の報告を行った。
立浪部屋は2007年8月に東京都墨田区からつくばエクスプレスみらい平駅に近い現在地に移転。14年間、同市を拠点に活動してきた。立浪親方は「温かくしていただいたつくばみらい市を離れるのは心残りだが、力士のことを考え移転を決めた。応援していただいた市民の皆さまのためにも強い力士を育てていきたい」と感謝の言葉を述べた。
当初から関東後援会会長として支援してきた塚田会長は「つくばみらい市に来たときは所属力士も少なく、関取もいなかった。現在は3人の関取が誕生し、市が育ててくれたようなもの。今後も活躍を期待する」とエールを送った。
小田川市長は「さまざまなイベントに参加していただき感謝している。部屋の場所は変わるが、今後も市民と共に応援していきたい」と話した。

【写真説明】
所属力士とともに小田川浩つくばみらい市長に部屋移転の報告をする立浪親方(右から2人目)ら=同市福田


自販機に防犯カメラ 境町・境署・ダイドー 安全なまちへ協定の画像

自販機に防犯カメラ 境町・境署・ダイドー 安全なまちへ協定

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16238424990828

茨城県境町、境警察署、清涼飲料メーカーのダイドードリンコは16日、境町役場で「安全なまちづくりに関する協定」を締結した。町内への自動販売機設置に併せて防犯カメラを取り付ける取り組みで、警察署と行政、企業が一体となって行うのは県内初。防犯カメラの設置により、犯罪の抑止力や事件の早期解決が期待されている。
同署によると、自治体と企業が主導して自動販売機のそばに防犯カメラを設置する事例は、つくばみらい市と守谷市にあるが、警察が関わるのは今回が初めてという。昨年10月、神奈川県相模原市内に先行事例があることを境警察署が察知。同署が町に話を持ち掛け、町から同社に協力を依頼した。
これまでに、雇用促進住宅「サンコーポラス長田」(同町西泉田)、定住促進住宅「アイレットハウスひまわり館」(同町長井戸)の計2カ所に自動販売機と防犯カメラを設置。同社は、今後2年間で計10台を取り付ける考えだ。
橋本正裕町長は「町長就任当初の7年前は防犯カメラは5台だった。今は230台を超える防犯カメラを設置した。今後も刑法犯を減らし、安心安全を推進していきたい」とあいさつ。藤田誠一署長は「3者が住民の不安をなくす3本の矢となる。安心安全な町に向け、協定は大変意義のあること」と話した。
同社首都圏第二営業部の斉藤和男部長は「当社は売り上げ全体のうち8割が自動販売機で、自販機をツールとして地域貢献を考えていた。安心安全なまちづくりに協力したい」と語った。

【写真説明】
協定書に署名した藤田誠一署長、橋本正裕町長、斉藤和男部長(左から)=境町役場


受注調整の画像

受注調整

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 09:59:27 +0900

記事コード:16238503776658

◆不正のSOS届かず 「議会中、お手数かけます…」◆
昨年12月9日午後2時40分ごろ、茨城県龍ケ崎市市長公室参事(54)の携帯電話にメッセージが届いた。送信主は市社会福祉協議会の副会長だった川北恵一郎被告(72)。丁寧な文面とは裏腹に、内容は同22日執行予定の入札6件に関する情報漏えい依頼だった。
■警視庁主導
参事は事前に、市契約検査課長だった島田真二被告(60)から、入札参加申請業者名を記したメモを受け取った。同3時16分ごろ、参事は川北被告に電話で業者名を告げた。白昼の市役所内で、堂々と不正が遂げられたことになる。
川北被告は同24分ごろ、地元有力建設会社の社長に電話。情報は、社長を介しさらに別の地元業者に渡っていったとされる。
今年3月3日、官製談合防止法違反容疑で、副市長だった川村光男被告(65)と川北被告が、警視庁主体の合同捜査本部に逮捕された。島田被告と参事も書類送検された。
東京地検は同罪で川村、川北両被告を起訴。島田被告は在宅起訴となり、参事は罰金50万円の略式命令を受け、市から停職6カ月の懲戒処分を下された。
■落札高止まり
不正のあった入札は「ランク指定一般競争入札」という方式。工事と業者があらかじめ規模や実績で格付けされ、それらが一致しなければ参加できない。
参加資格は原則、市内に拠点のある業者に限られる。予定価格は前もって公表する場合がほとんどだ。
秘密にされる参加申請業者名が漏れると、何が問題になるのか。
予定価格が事前公表されている以上、業者名が分かれば談合が容易になる。業者が結託して落札価格が高止まりすれば、市民の税金をもとにした市の財政に余計なコストがかかる-。検察官や島田被告は公判でこう説明した。
茨城新聞が入手した市側の資料によると、立件された入札6件のうち、3件は落札率が97%超だった。公判では、川北被告に情報教示を求めた建設会社社長の供述調書が読み上げられた。「落札率が一部高くなっているのは、受注調整がうまくいったからだと思う」
■「逃げ切ろうと」
不正を絶つ機会は何度かあった。
課長就任以降、入札情報の漏えいを繰り返した島田被告。18年11月ごろ、当時の上司に洗いざらい暴露した。市議に疑いの目を向けられたのが理由だった。
この上司は取材に「課長を辞めたいとのことだった。不正うんぬんはどこまで話していいのか…」と言葉を濁した。
「島田君が不安がっている」。こう察知した川北被告は、旧知の仲の市幹部を連絡役に立てた。これが参事だった。
市職員の一人は語る。「島田被告と参事は親戚。身内なら罪悪感が薄れると考えたのだろう。応じる参事も参事だが…」
島田被告はさらに19年度、川村被告に異動希望を伝えた。「定年まで残り1年で、課長の異動はない」と一蹴されたという。
島田被告は公判で吐露した。「依頼を拒めば左遷などの報復があった。役所は全て副市長と川北さんの人事で動いていた。役所ではみんな知っている。何も信用できなくなり、逃げ切ろうとした」


TX全駅で電池レンタルの画像

TX全駅で電池レンタル

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16238424990825

首都圏新都市鉄道(東京)は16日、東京電力エナジーパートナー(同)が運営するモバイルバッテリーのレンタルサービス「充レン」をつくばエクスプレス(TX)駅構内に導入すると発表した。スマートフォンなどの充電需要に対応し、災害時には無償で貸し出す。本年度上期までに全駅に順次導入する予定で、21日には秋葉原、南千住両駅で導入を始める。同サービスでは専用のレンタルスタンドからモバイルバッテリーをレンタルできる。1台330円でレンタル当日から翌々日午前0時まで利用可能。充レンのレンタルスタンドであれば、どこでも返却できる。


《正副議長の横顔》龍ケ崎市の画像

《正副議長の横顔》龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 17 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16238424990820

■滝沢健一議長 議会にもSDGs
「議員は皆、市民の代表という点で一緒だ。公平公正な議会運営を心掛ける」
議長就任に際し、こう語る。当選3回。選出前には議会運営委員長を務めた。「議員の考えを集約し合意をつくる。これまでの経験が生きるはずだ」と強調する。国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」を議会にも反映させようと意気込む。
家は材木店。商工会青年部での地域活動を通し、議員を志すようになった。「地元に貢献したい」との思いだ。一般質問では、工業団地の拡張や東京五輪の事前キャンプ誘致を取り上げてきた。「実現に貢献できたのではないか」と自負する。
ここ半年はウオーキングが趣味。「20キログラム近く痩せた」という。両親、妻、娘2人との6人暮らし。長山8丁目。45歳。
■久米原孝子副議長 市民の声糧に活動
「少数派を大切にすることを忘れない。100%は難しくても、納得に近づける努力をしていく」
当選2回で副議長に就任した。議長を補佐するとともに、一人一人の声を重視する使命を自身に課す。「市民から求められているものをしっかり見極める」。このためには欠かせない姿勢と考える。
父も市議だった。昼夜を問わず、相談が届く様子を見て育ったという。「困っている人は大勢いると感じた。助けになりたい」。初志は貫徹してきたつもりだ。
寄せられた意見を基に、空き家対策を提言するなど、市民の声は議員活動の大きな糧になっている。パートで働いた経験も「いろいろな人と接することができた」と財産のように捉える。
趣味は昔からドライブ。「もちろん安全運転で」。夫と息子2人との4人暮らし。南中島町。51歳。

【写真説明】
龍ケ崎市議会の議長に就任した滝沢健一氏


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスタ―拡大、神栖の事業所もの画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスタ―拡大、神栖の事業所も

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 16 Jun 2021 21:03:41 +0900

記事コード:16238448655557

茨城県と水戸市が16日発表した新型コロナウイルス新規感染者計23人のうち、3人はクラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の学生3人で、部関係の感染者は計82人(学生74人、職員8人)に拡大した。
神栖市内の事業所でも20代女性従業員の感染が判明し、これまでに発表されている6人と合わせ、感染者は計7人に広がった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに23人感染、2人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに23人感染、2人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 16 Jun 2021 18:35:46 +0900

記事コード:16238359526888

茨城県と水戸市は16日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計23人確認され、患者計2人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計1万185人、死者は同160人となった。
県と市によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた60代男性と80代男性。
新たに感染確認された計23人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が12人、感染経路不明の人が11人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市3人、守谷市3人、つくば市3人、結城市2人、古河市2人、坂東市2人、水戸市2人、潮来市1人、神栖市1人、常陸太田市1人、小美玉市1人、取手市1人、常総市1人。
また、県によると新たに23人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9581人となった。
居住地別の新規感染者23人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(3人)
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
◇守谷市(3人)
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
▽10代男子生徒
◇つくば市(3人)
▽50代団体職員男性
▽40代無職女性
▽30代会社員男性
◇結城市(2人)
▽40代会社員女性
▽70代無職男性
◇古河市(2人)
▽80代無職女性
▽70代無職女性
◇坂東市(2人)
▽70代無職女性
▽10代女子学生
◇水戸市(2人)
▽20代男性(職業非公表)
▽20代アルバイト男性
◇潮来市(1人)
▽60代無職男性
◇神栖市(1人)
▽20代パート女性
◇常陸太田市(1人)
▽90代無職女性
◇小美玉市(1人)
▽70代男性(職業非公表)
◇取手市(1人)
▽20代女子学生
◇常総市(1人)
▽0〜9歳男子児童
■茨城県内の感染状況
新規 23人
累計 10185人
うち死者 160人
退院・退所等 9581人
(茨城県・水戸市発表、16日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


発端の画像

発端

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 16 Jun 2021 18:00:00 +0900

記事コード:16237588830788

◆見返りに情報漏えい 人事介入、伝達容易に◆
茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の罪に問われた市社会福祉協議会の元副会長と元市課長に今月、東京地裁で判決が言い渡される。公判の傍聴や関係者への取材に基づき、公正であるべき入札が汚され、不正が繰り返された背景に迫る。
■お墨付き
「解放された気がした」
5月25日、東京地裁の725号法廷で、元市契約検査課長の島田真二被告(60)が語った。定年退職まで数カ月に迫った昨年12月中旬、警視庁捜査員が訪れた際の感情だった。
心当たりはあった。妻にも以前、こう打ち明けていたという。「嫌なことを、やらされている」
市社協の副会長だった川北恵一郎被告(72)の依頼で、入札情報を漏らしたとされる。2016年4月に同課長となり、「嫌なこと」に手を染めた。
2人が初めて顔を合わせたのは15年7月ごろ。島田被告は当時、市商工観光課長だった。共通の知人という市議(当時)が間を取り持った。元市議は取材に「3人で、居酒屋で会ったと思う。川北さんから紹介を頼まれた。私も島田君に『損はないよ』と伝えた」。
同年秋ごろ、島田被告は市社協の事務所に呼ばれ、再び川北被告と対面した。副市長だった川村光男被告(65)=同罪で起訴=が引き合わせた。
川北被告は用件を告げる。「(契約検査)課長をやってもらう。聞かれたときだけでいい、入札情報を教えてほしい」。川村被告も同調したという。
島田被告は、上司である川村被告の命令と受け取った。「お墨付きがある」。就任後間もなく、犯罪につながりかねないと知った。
■支援取り付け
市社協の会長は市長が兼ねる。副会長は民間ボランティアの域を出ない。なぜ副市長と結託できるのか。公判で島田被告は「市長の選挙参謀だったから」と自説を述べた。
川北被告について中山一生市長は、自身の父で防衛庁長官を務めた利生氏(故人)の時代からの付き合いで、強力な支援者の一人と事件発覚後の記者会見などで説明した。
公判での検察側説明によると、川北被告は09年12月の市長選で中山市長が初当選した後、「人事上の好待遇を約束するなどし、市幹部に市政運営への協力を呼び掛けた」。特に、当時課長だった川村被告を要職に就けようと「尽力」した。
同様の働き掛けは地元建設業界にも及んだ。市政を支援する代わりに、有力建設会社の社長から入札情報の教示を求められ、それに応じたとされる。ただ、金銭のやりとりはなかったとみられる。
中山陣営の最前線にいた後援会関係者は取材に対し「その選挙で建設業界は対立候補を全力で支援した。陣営内部には『連中を閉め出せ』という意見もあったほど。いがみ合いは市政運営上、良くない。川北さんが和解に動いてくれた」と解説する。
■恩義を活用
支援の“対価”となる情報をどう手に入れるか。川北被告は市上層部を抱き込んでシステム構築を図ったとされる。
川村被告は捜査当局の取り調べにこう供述した。「川北さんの意向で人事案(の中身)を変えた」。対立候補に当初近かった自分が重要ポストに就任できたのも「川北さんが市長に助言してくれたから」。
「川村君は自分に恩義を感じている」-。川北被告は存分にこの状況を活用した。
従来、市職員に漏えいを働き掛けても拒まれることがあったという。困難を打開しようと「応じてくれる職員を課長にするよう、川村君に頼んだ」。
島田被告は被告人質問で述懐した。
「入札業務に携わったことはない。異動は2人の指名。川村副市長は部下の私を好んでいた。使いやすいと考えていたのだろう」

【写真説明】
川北恵一郎被告、川村光男被告、島田真二被告が対面したとみられる龍ケ崎市社会福祉協議会の応接室=3月22日、同市馴柴町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに15人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに15人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 15 Jun 2021 21:23:00 +0900

記事コード:16237595939744

茨城県と水戸市は15日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計15人確認されたと発表した。さらに水戸市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計1万162人、死者は同158人となった。
市によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代女性。
県と市によると、15人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が10人、感染経路が分かっていない人が5人。
市町村別の感染者数は、古河市3人、神栖市2人、下妻市2人、つくば市1人、常総市1人、石岡市1人、八千代町1人、坂東市1人、県外1人、取手市1人、水戸市1人。
新たに計31人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は計9558人となった。
居住地別の新規感染者15人は以下の通り。
◇古河市(3人)
▽80代自営業女性
▽80代自営業男性
▽50代自営業女性
◇神栖市(2人)
▽60代男性(職業非公表)
▽20代会社員男性
◇下妻市(2人)
▽20代会社員女性
▽30代アルバイト男性
◇つくば市(1人)
▽20代会社員男性
◇常総市(1人)
▽30代無職女性
◇石岡市(1人)
▽20代会社員男性
◇八千代町(1人)
▽10代男子学生
◇坂東市(1人)
▽60代アルバイト女性
◇県外(1人)
▽40代自営業男性(埼玉県)
◇取手市(1人)
▽20代会社員男性
◇水戸市(1人)
▽20代会社員男性(埼玉県)
■茨城県内の感染状況
新規 15人
累計 10162人
うち死者 158人
退院・退所等 9558人
(茨城県・水戸市発表、15日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手殺人遺棄 現場近くに不審車 勤務先の店舗火災の画像

取手殺人遺棄 現場近くに不審車 勤務先の店舗火災

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 16 Jun 2021 18:27:04 +0900

記事コード:16236782536152

茨城県取手市稲の共同墓地近くの路上で千葉県我孫子市天王台2丁目、北田和彦さん(59)の遺体が布団にくるまれて見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体が発見される約2時間半前、不審な車が遺棄現場から数百メートルの位置にある防犯カメラに映っていたことが14日、関係者への取材で分かった。県警は北田さんの遺体が車で運ばれ遺棄されたとみており、映像データを入手して解析を進め、事件との関連を調べている。
映像を確認した住民男性(46)によると、9日午前3時ごろ、灰色系統の乗用車、白っぽいワゴン車、白っぽい軽乗用車の計3台を防犯カメラが捉えていた。このうち、乗用車とワゴン車は墓地方面に向かっていた。遺体はこの約2時間半後の午前5時半ごろ、現場近くをジョギングしていた男性が発見した。
墓地付近は市道「常総ふれあい道路」の裏道で通行量が多いものの、映像を確認した男性は「深夜は市道を通ればいいので、通る車はわずかしかない」と話した。男性は消防団員で、8日午後8時半〜10時ごろ、現場近くで水門の点検をしていた。「夜だったとはいえ、遺体があれば分かったはず」と語った。
県警は13日、北田さんの職業をマージャン店従業員と明らかにした。
北田さんの勤務先とみられる我孫子市天王台1丁目のマージャン店が入るビルでは、遺体発見約1時間前の9日午前4時36分ごろ、同店のあるビル2階が焼けていたことも判明。県警は火災と事件の関連を捜査している。近くに住む80代男性は「爆発するような音がして飛び起きた」と出火当時を振り返った。店は1年ほど前にオープンしたという。
北田さんの自宅アパートの現場検証は13日に終了。部屋に荒らされた形跡はなく、鍵は見つかっていない。通帳やキャッシュカード、布団、靴、携帯電話など165点を押収した。

【写真説明】
殺害された北田和彦さんが勤務していたマージャン店(ビル2階)。9日午前4時半ごろに火災があった=14日午後、千葉県我孫子市天王台


利根町長選 前職の遠山氏、立候補を表明の画像

利根町長選 前職の遠山氏、立候補を表明

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 15 Jun 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16236719071441

任期満了に伴う29日告示、7月4日投開票の茨城県利根町長選で、前職で自営業、遠山務氏(70)が14日、同町内で会見し、無所属で立候補すると表明した。「町の財政は厳しい状況。何としても立て直さないといけない。それには経験と実績が必要」と述べ、再び町政を担いたいと出馬の決意を述べた。
同町長選への出馬表明は、現職の佐々木喜章氏(65)、町議の峯山典明氏(43)に続き3人目。
遠山氏は公約として、小学校統廃合の見直し▽子育て環境の充実▽高齢者福祉への支援▽行財政改革-などを挙げた。遠山氏は町議を務めた後、1999年の町長選で初当選し、町長を通算4期務めた。

【写真説明】
遠山務氏


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスタ―拡大、計79人にの画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部クラスタ―拡大、計79人に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 14 Jun 2021 21:05:17 +0900

記事コード:16236722399574

茨城県が14日に発表した新型コロナウイルス新規感染者12人のうち、3人はクラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部(龍ケ崎市)の男子学生で、同部の感染者は計79人(学生71人、職員8人)に拡大した。同市内に3カ所ある寮でそれぞれ感染者が出ている。
同じくクラスターが発生した筑西市内の病院でも、患者1人の感染が判明し、感染者は計10人に広がった。
下妻市内の事業所でも従業員1人の感染が明らかになり、感染者は計12人に増えた。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに12人感染 県発表 水戸市は2日連続確認されずの画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに12人感染 県発表 水戸市は2日連続確認されず

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 14 Jun 2021 21:06:21 +0900

記事コード:16236637934923

茨城県は14日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに12人確認されたと発表した。水戸市の感染者は2日連続で確認されなかった。県内の感染者は累計1万147人となった。
県によると、新規感染者12人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が11人で、感染経路が不明の人は1人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市5人、稲敷市2人、潮来市1人、坂東市1人、結城市1人、筑西市1人、古河市1人。
新たに27人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9527人となった。
居住地別の新規感染者12人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(5人)
▽40代パート女性
▽70代パート女性
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
◇稲敷市(2人)
▽50代自営業男性
▽50代会社員女性
◇潮来市(1人)
▽20代パート女性
◇坂東市(1人)
▽50代自営業女性
◇結城市(1人)
▽20代技能実習生男性
◇筑西市(1人)
▽30代会社員男性
◇古河市(1人)
▽40代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 12人
累計 10147人
うち死者 157人
退院・退所等 9527人
(茨城県・水戸市発表、14日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに変異株26人確認 クラスター発生の流通経大ラグビー部関係者の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに変異株26人確認 クラスター発生の流通経大ラグビー部関係者

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 13 Jun 2021 21:33:19 +0900

記事コード:16235874037925

茨城県は13日、同日までに公表した新型コロナウイルス陽性者のうち、26人の変異株感染を確認したと発表した。県内の変異株確認は累計961人となった。
県によると、26人はクラスターが発生した流通経大ラグビー部関係者で、全員20代以下の男性。同部関連の変異株確認は計29人となった。
今回確認された26人全員に、1カ月以内の海外渡航歴はなかった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに24人感染 県発表 水戸市は感染確認なしの画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに24人感染 県発表 水戸市は感染確認なし

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sun, 13 Jun 2021 18:49:15 +0900

記事コード:16235775929465

茨城県は13日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに24人確認されたと発表した。同日、水戸市の感染者は確認されなかった。県内の感染者は累計1万135人となった。
県によると、24人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が17人、感染経路がまだ分かっていない人が7人。
市町村別の感染者数は、筑西市4人、古河市4人、牛久市2人、八千代町2人、鹿嶋市1人、下妻市1人、結城市1人、守谷市1人、常陸大宮市1人、土浦市1人、つくばみらい市1人、常総市1人、つくば市1人、桜川市1人、県外1人、笠間市1人。
退院、退所、自宅療養終了したが30人で、県内の回復者は累計9500人となった。
居住地別の新規感染者24人は以下の通り。
◇筑西市(4人)
▽40代会社員女性
▽70代無職男性
▽60代無職女性
▽60代自営業男性
◇古河市(4人)
▽50代自営業男性
▽20代アルバイト男性
▽40代アルバイト男性
▽20代アルバイト男性
◇牛久市(2人)
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
◇八千代町(2人)
▽20代アルバイト男性
▽20代アルバイト男性
◇鹿嶋市(1人)
▽50代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽20代自営業男性
◇結城市(1人)
▽20代技能実習生男性
◇守谷市(1人)
▽50代会社員男性
◇常陸大宮市(1人)
▽20代アルバイト男性
◇土浦市(1人)
▽70代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽40代パート女性
◇常総市(1人)
▽10代男子生徒
◇つくば市(1人)
▽30代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽10代女子学生
◇笠間市(1人)
▽40代会社員男性
◇県外(1人)
▽40代会社員男性(栃木県)
■茨城県内の感染状況
新規 24人
累計 10135人
うち死者 157人
退院・退所等 9500人
(茨城県発表、13日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


新型コロナ 流通経大で76人集団感染 ラグビー部寮生ら 茨城、新規84人の画像

新型コロナ 流通経大で76人集団感染 ラグビー部寮生ら 茨城、新規84人

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 13 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16234979716445

茨城県と水戸市は12日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計84人確認されたと発表した。県によると、このうち73人は龍ケ崎市の流通経済大ラグビー部で寮生活などをしている部員とスタッフで、同部関連の感染者は計76人となった。県は、部活内でクラスター(感染者集団)が発生したとみている。県内の累計感染者は1万111人。
県と同大によると、同部は活動停止し、全部員が外出を自粛している。同大龍ケ崎キャンパスは26日まで入構禁止とし、全てオンライン授業にする。県は、大学内の他の学生などに濃厚接触者がいないか調べる。
8日に部員3人が発熱や頭痛を訴え、9日に検査し陽性が判明。部員131人とスタッフ10人の計141人にPCR検査を実施し、新たに部員65人、スタッフ8人の陽性が分かった。このうち部員3人は変異株だった。陽性判明した部員は10〜20代、スタッフは20〜50代で全て男性。重症者はいない。県は感染経路を「確認中」としている。
同部は9日朝まで練習などをしていた。対外試合も5月末までしていた。
寮は市内3カ所にあり、6、7人部屋で、食事や風呂は共同。同大では2月にも、陸上競技部の寮でクラスターが発生している。
今回のクラスターは、県内で発生したものとしては、美浦村の高齢者福祉施設の104人、神栖市の高齢者福祉施設の97人に次ぐ規模となる。
県内では、これまでに確認された陽性者のうち新たに6人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計935人となった。
新型コロナ感染者のうち、新たに32人が回復。県内の退院・退所などは計9470人となった。
■県内の感染状況
新規 84人
累計 10111人
うち死者 157人
退院・退所等 9470人
(県発表、12日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部、76人感染のクラスターに 茨城・龍ケ崎、寮生活の部員やスタッフの画像

【速報】新型コロナ 流通経大ラグビー部、76人感染のクラスターに 茨城・龍ケ崎、寮生活の部員やスタッフ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 12 Jun 2021 21:38:37 +0900

記事コード:16234925617147

茨城県で12日発表の新型コロナウイルス感染者84人のうち73人は、龍ケ崎市の流通経済大学ラグビー部で寮生活などをする部員とスタッフだった。11日までに感染確認された部員3人も含め、同部内の感染者は計76人となった。県は、部活内でのクラスター(感染者集団)発生の認識を示した。
県と同大によると、11日までに部員3人の陽性が判明し、全部員131人と全スタッフ10人の計141人のPCR検査を実施した結果、新たに部員65人、スタッフ8人の陽性が分かった。ほかは全て陰性。陽性判明の部員のうち3人は変異株と判明した。陽性判明した部員は10、20代、スタッフは20〜50代で全て男性。入院または宿泊療養施設で療養している。
龍ケ崎キャンパスは26日まで入構禁止とし、授業はすべてオンラインで行う。ラグビー部も少なくとも同日まで活動を停止するという。

【写真説明】
流通経済大学龍ケ崎キャンパス(資料写真)


【速報】新型コロナ、茨城で新たに84人感染 県と水戸市発表 5月17日以来の80人台の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに84人感染 県と水戸市発表 5月17日以来の80人台

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 12 Jun 2021 21:05:41 +0900

記事コード:16234875476683

茨城県と水戸市は12日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計84人の感染が確認されたと発表した。県分が83人。1日当たりの感染者が80人台となるのは5月17日以来。県内の感染者は累計で1万111人となった。
県と市によると84人のうち陽性者との接触で感染したとみられるのが83人、感染経路不明が1人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市74人、つくば市3人、境町2人、潮来市1人、下妻市1人、常総市1人、筑西市1人、水戸市1人。
新たに計32人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9470人となった。
居住地別の新規感染者84人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(74人)
▽未就学男児
▽30代自営業男性
▽30代教職員男性
▽50代教職員男性
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽30代教職員女性
▽20代男子学生
▽20代教職員男性
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽10代男子学生
▽20代教職員男性
▽20代教職員男性
▽20代教職員男性
◇つくば市(3人)
▽30代会社員男性
▽20代女子学生
▽40代教職員男性
◇境町(2人)
▽20代無職男性
▽50代自営業男性
◇潮来市(1人)
▽50代自営業男性
◇下妻市(1人)
▽20代男子学生
◇常総市(1人)
▽未就学男児
◇筑西市(1人)
▽40代会社員男性
◇水戸市(1人)
▽40代会社員男性
■県内の感染状況
新規 84人
累計 10111人
うち死者 157人
退院・退所等 9470人
(県・水戸市発表、12日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


コロナワクチン接種 龍ケ崎市、五輪選手団対応の関係者優先への画像

コロナワクチン接種 龍ケ崎市、五輪選手団対応の関係者優先へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 12 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16234077839206

東京五輪の事前キャンプを巡り、茨城県龍ケ崎市は11日、選手団の対応に当たる関係者に、新型コロナウイルスワクチンを優先接種すると発表した。高齢者への集団接種で発生したキャンセル分などを用いるという。
市によると、優先接種の対象は、選手団が利用する宿泊施設のスタッフが大部分を占め、市職員などを合わせ約50人を想定する。
市は「新型コロナの感染拡大のリスクを少しでも回避するため」と説明している。
市内では、米柔道五輪代表チームの事前キャンプが7月16日から21日に予定されている。このほか市は、キューバ(柔道)、オセアニア諸国・地域(同)、タイ(陸上)の事前キャンプ地にもなっている。米代表を除き、市は実施の有無を含め各当局などと調整している。


龍ケ崎市 野口選手応援の五輪PV見送りの画像

龍ケ崎市 野口選手応援の五輪PV見送り

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 12 Jun 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16234077839205

茨城県龍ケ崎市は11日、市主催の東京五輪パブリックビューイング(PV)の開催を見送ると発表した。市出身で、スポーツクライミング競技の日本代表に内定している野口啓代選手の試合を中継する計画だったが、新型コロナウイルス感染症のリスクを考慮した。市民によるメッセージボードを掲示するなど、代替の企画を検討していく。
市によると、PVは同競技に合わせ、8月4、6両日に大昭ホール龍ケ崎(市文化会館)で予定。400人規模を想定していた。
開催見送りについて中山一生市長は「市にゆかりあるオリンピック代表選手を市全体で盛り上げて応援していくという命題に変わりはない」とのコメントを出した。


利根町長選 町議の峯山氏が立候補を表明の画像

利根町長選 町議の峯山氏が立候補を表明

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 12 Jun 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16234208573335

任期満了に伴う29日告示、7月4日投開票の茨城県利根町長選で、新人の町議、峯山典明氏(43)が11日、取手市内で会見し、無所属で立候補すると表明した。「多くの人から背中を押された。町民の新たな選択肢となりたい。私が先頭に立ち、町政を変えたい」と出馬の決意を述べた。同町長選への出馬表明は、現職の佐々木喜章氏(65)に続き2人目。
峯山氏は「現在の町政は町民の気持ちが置き去りにされていると感じる。町政への信頼を回復し、希望になりたい」と語った。公約として、町内の公共交通の改善▽新型コロナ対策の強化-などを挙げた。
峯山氏は2019年の町議選で初当選し、現在1期目。

【写真説明】
峯山典明氏


【速報】新型コロナ、茨城で新たに15人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに15人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 11 Jun 2021 19:07:48 +0900

記事コード:16234059402475

茨城県と水戸市は11日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに15人の感染が確認されたと発表した。県内の感染者は累計で1万27人となった。
県と市によると、15人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が9人、感染経路不明が6人。
市町村別の感染者数は、潮来市3人、下妻市2人、鹿嶋市1人、土浦市1人、筑西市1人、古河市1人、稲敷市1人、守谷市1人、牛久市1人、龍ケ崎市1人、取手市1人、城里町1人。
新たに計33人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計で9438人となった。
居住地別の新規感染者15人は以下の通り。
◇潮来市(3人)
▽50代パート女性
▽20代パート女性
▽60代無職男性
◇下妻市(2人)
▽50代会社員男性
▽40代無職女性
◇鹿嶋市(1人)
▽50代会社員男性
◇土浦市(1人)
▽30代無職女性
◇筑西市(1人)
▽50代会社員男性
◇古河市(1人)
▽40代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽10代女子生徒
◇守谷市(1人)
▽10代アルバイト女性
◇牛久市(1人)
▽70代無職女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽10代女子生徒
◇取手市(1人)
▽30代会社員男性
◇城里町(1人)
▽50代会社員女性(水戸市から県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 15人
累計 10027人
うち死者 157人
退院・退所等 9438人
(茨城県・水戸市発表、11日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手市議会 会議規則を改正 委員会、オンラインで表決の画像

取手市議会 会議規則を改正 委員会、オンラインで表決

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 11 Jun 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16233230085917

茨城県取手市議会は定例会初日の10日、本会議を開き、オンライン委員会で表決まで可能とする市議会会議規則改正案を全会一致で可決した。議会運営委員会(岩沢信委員長)が提出した。会議規則改正を受け、16日からの各委員会は表決まで完全オンラインで行う。
同議会事務局によると、実際に委員会の全てをオンラインで行うのは県内初になるという。
同市議会は、ICT(情報通信技術)を活用した議会運営の構築を進めており、昨年9月に会議規則と条例を改正し、「感染症まん延」「災害」時にはオンライン委員会開催を可能とした。ただ同改正では、セキュリティー面を考慮し表決については参集して行うとしていた。
これまで同市議会は各委員会をオンライン開催し、大学や企業などと一緒に課題について検討を重ねてきた。結果、「オンラインでも議案・請願審査は会議室と同様に可能。表決もアプリによって可能」と議会運営委員会で一致した。
岩沢委員長は「オンライン委員会を積み重ねて表決までできるとの考えに至った。課題はまだあるので、これからも研究と検討は続けていく」と話した。


無免許運転容疑で現行犯逮捕の中国人男逃走 右手に手錠 茨城・常総 県警が行方追うの画像

無免許運転容疑で現行犯逮捕の中国人男逃走 右手に手錠 茨城・常総 県警が行方追う

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 22:47:35 +0900

記事コード:16232854076734

9日午後11時50分ごろ、茨城県つくばみらい市川崎の市道で、道交法違反(無免許運転)の疑いで、県警常総署が現行犯逮捕した中国籍の容疑者が、手錠をかけた直後に逃走した。同署で行方を追っている。
同署によると、逃走したのは住所、職業不詳、男(41)。パトロール中の男性警察官2人が同日深夜、トラクターを運転する男を見つけて職務質問し、旅券を確認後、無免許だったことから現行犯逮捕した。右手に手錠をかけたところ、2人を振り払って逃走したという。現場は住宅や田畑が広がる地域で、近くに幼稚園がある。
同署の小野寺智成副署長は「県民の皆さまに不安を与えて申し訳ない。逮捕に全力を尽くす」とコメントした。
男は身長170センチくらい、痩せ形、短髪で黒いTシャツ姿。片言の日本語を話すという。
事件を受け、近隣の小中学校にも不安が広がった。同市教委は、市内全小中学校14校に連絡。小学校は5時限目まで、中学校は部活動をなしにして、集団下校や複数での下校を指示した。

【写真説明】
無免許運転容疑で逮捕された中国人の男が逃走した現場付近=10日、つくばみらい市川崎


【速報】新型コロナ 茨城で新たに25人感染、経路不明15人 県と水戸市 累計1万人超えの画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに25人感染、経路不明15人 県と水戸市 累計1万人超え

関連地域 :龍ケ崎市,守谷市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 19:47:16 +0900

記事コード:16233175952136

茨城県と水戸市は10日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計25人確認されたと発表した。県内の感染者は累計1万人を超えて10012人となった。
県と市によると、新規感染者25人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が10人、感染経路不明の人が15人。
市町村別の感染者数は、龍ケ崎市5人、境町3人、常陸太田市2人、古河市2人、八千代町2人、水戸市2人、常総市1人、かすみがうら市1人、石岡市1人、那珂市1人、県外1人、筑西市1人、結城市1人、守谷市1人、稲敷市1人。
新たに計22人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9405人となった。
居住地別の新規感染者25人は以下の通り。
◇龍ケ崎市(5人)
▽40代パート女性
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽30代自営業男性
◇境町(3人)
▽20代アルバイト女性
▽20代会社員女性
▽40代パート男性
◇常陸太田市(2人)
▽70代無職男性
▽60代無職女性
◇古河市(2人)
▽50代会社員女性
▽50代会社員男性
◇八千代町(2人)
▽30代技能実習生男性
▽30代技能実習生男性
◇水戸市(2人)
▽30代パート女性
▽未就学男児
◇常総市(1人)
▽40代会社員女性
◇かすみがうら市(1人)
▽30代無職女性
◇石岡市(1人)
▽未就学男児
◇那珂市(1人)
▽40代パート女性
◇県外(1人)
▽20代アルバイト女性(千葉県)
◇筑西市(1人)
▽80代無職男性
◇結城市(1人)
▽30代団体職員女性
◇守谷市(1人)
▽80代無職女性
◇稲敷市(1人)
▽30代会社員男性
■県内の感染状況
新規 25人
累計 10012人
うち死者 157人
退院・退所等 9405人
(県発表、10日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


宏機製作所の画像

宏機製作所

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 14:00:00 +0900

記事コード:16232368660879

◆高精度でフィルム加飾 「TOM成形」に注力◆
プラスチック製品の射出成形や金型製作、フィルム加飾成形と組み立てを手掛ける宏機製作所(本社・茨城県守谷市)。試作から量産まで一貫した生産対応を可能とし、自動車の部品や業務・産業用加湿器、コンビニエンスストアに設置される加温機器の部品などを生産している。経済産業省の「地域未来けん引企業」「はばたく中小企業・小規模事業者300社」にも選定され、大賀奉昭社長は「ものづくりで地域から存在を期待される会社を目指している」と力を込める。
同社は1984年設立で85年に操業開始。自動車部品のほかOA・通信部品の成形や組み立てを手掛け、86年には組み立て専用工場を増設し業務・産業用加湿器の組み立てを始めた。加湿器は病院など公共機関や商業施設に採用される大型のもので、市場トップのメーカーと取引をしている。最初はプラスチック部品の納入から徐々に製品、部品の組み立てへと取引を拡大し、同社の売り上げの半分以上を占める主力事業に成長した。2001年からは大手自動車メーカー子会社のサテライト工場として二輪車用バックミラーの生産も開始。08年には第二工場を新設し四輪車部品生産を強化した。
現在注力しているのが「TOM成形」を活用したフィルム加飾事業だ。TOM成形とは、装置内を真空状態にして部品にフィルムを高精度に貼り付ける3次元の加飾工法だ。複雑な形状の加工に対応でき、プラスチックをはじめ、金属や木材など基材の材質を問わず活用できるのも特徴だ。
同社は13年にTOM成形専用の工場を新設。「フィルムを貼り付ける時にごみなどが入り込まないよう、クリーンルームにすることで差別化を図った」と大賀社長。この点が評価され、大手医療機器メーカーのデジタルエックス線画像診断装置などに採用された。金属メッキ加工と違い電波を通すためセンサーの搭載も可能で、17年には北米で販売された新車のスマートエントリー対応の金属調ドアハンドル部品として世界で初めて採用された。
TOM成形は必要な部分だけを加工するため部品の軽量化や製造時の二酸化炭素排出量の削減もできる。「環境問題の改善にも寄与できる技術」と大賀社長は胸を張る。新型コロナウイルス感染拡大の中、今後は抗ウイルスフィルムを活用した部品生産などを視野に入れる。大賀社長は「新しい価値を付加することで世の中の役に立ちたい」と意気込んだ。
《こんな人材が欲しい》大賀奉昭社長 常に気付きときめく人
常にいろんなことに気付き、ときめくことができる人です。ものづくりは気付きがスタートで、小さなことでも気付き、知識として吸収できる好奇心や実行力があるかどうかが開発や仕事に対して取り組む姿勢につながってきます。自分の人生の楽しさにも関わってくるのではないでしょうか。熱意を持って仕事に取り組み、若いうちからどんどんチャレンジして失敗もして経験を積んでほしいと思っています。そしてわが社の経営理念にある、仕事を通して信頼され、尊重される人となるよう切磋琢磨(せっさたくま)し、世の中の役に立つ人になってほしいです。
■企業データ■
〈設立〉1984年5月
〈資本金〉2000万円
〈本社〉守谷市百合ケ丘
〈従業員〉84人(4月1日現在)
〈売上高〉10億200万円(2020年3月期)
〈拠点〉第二工場(守谷市立沢)

【写真説明】
車の部品などを作る宏機製作所の工場=守谷市百合ケ丘


龍ケ崎市の魅力発信へ 6人に観光アンバサダー委嘱の画像

龍ケ崎市の魅力発信へ 6人に観光アンバサダー委嘱

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16232368660876

茨城県龍ケ崎市のPRを担う「龍ケ崎観光アンバサダー」の委嘱状交付式が6日、市役所付属棟であった。継続して活動する4人に新顔2人が加わった。新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中でも、メンバーたちは「県内外で地元の魅力を発信したい」と明るく意気込んだ。
アンバサダーは、市観光物産協会(塚本裕会長)が委嘱する。キャンペーンやイベントに登場し、市の魅力を発信するのが仕事だ。
メンバーはいずれも市内在住で、河野桃子さん(25)=会社員▽佐川由依さん(26)=同▽内田千緒梨さん(22)=大学4年▽江尻由羅さん(21)=同▽横田桜さん(20)=同3年▽市毛美宇さん(19)=同2年-の計6人。
交付式で、塚本会長から委嘱状を手渡されたメンバーたちは自身の抱負を語った。共に新規加入の横田さんは「学生ならではの視点で盛り上げていきたい」、市毛さんは「県内外に龍ケ崎の名を広めたい」とそれぞれ語った。
塚本会長は、コロナ禍を念頭に「難しい状況でもポジティブに考え、できることをしてほしい」と激励した。

【写真説明】
龍ケ崎観光アンバサダーを委嘱された、右から河野桃子さん、佐川由依さん、内田千緒梨さん、江尻由羅さん、横田桜さん、市毛美宇さん=龍ケ崎市役所付属棟


取手市 創作公開や児童交流 芸術家、今年も支援の画像

取手市 創作公開や児童交流 芸術家、今年も支援

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16232368556802

茨城県取手市は、新型コロナウイルスの影響で活動機会が減るなどしている芸術家の支援へ、二つの独自事業「創作活動拠点オンライン公開」と「児童クラブ交流」を今年も行う。両事業とも20日まで参加芸術家を募集している。
同市は「アートのまち」として知られ、東京芸術大のキャンパスがあるとともに、多くのアーティストが活動している。昨年は新型コロナの影響を受けたことから、市はアーティスト支援を実施し、今年も支援事業継続を決定した。
「創作活動のオンライン公開」は、アーティストの創作の様子を取材しインターネットで紹介する。「出演料」名目でアーティストに資金援助を行う。サイト名は「ART LIVES TORIDE」。
募集は、(1)個人での創作活動拠点公開(1件当たり3万円)、共同アトリエなどでの公開(同10万円)(2)映像撮影・編集(同10万円)(3)写真撮影(同3万円)。(1)は15件程度(2)は3件程度(3)は12件程度を募集する。
事業費700万円、うち560万円は新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充てる。また、今回は新たに海外向けに英語バージョンも制作。さらに、市民に活動拠点を巡ってもらうガイドツアーも企画している。
「児童クラブ交流」は、市内の放課後子どもクラブで、子どもたちと交流しながら芸術に触れてもらう事業。名称は「放課後アートの時間」。
期間は7月〜来年3月で1回3時間、16回程度。謝礼は1回1万2000円(交通費込み)。事業費は800万円、うち同交付金640万円。
両事業とも対象は市内在住または市内に活動拠点がある芸術家(オンライン公開は団体も可)。美術、音楽、パフォーマンスなど分野は特定しない。
問い合わせは、NPO法人取手アートプロジェクトオフィス(電)0297(84)1874

【写真説明】
「放課後アートの時間」で芸術活動を通して子どもたちと交流する芸術家(右)=取手市内


取手市 健康セミナー、見守り 明治安田生命と包括協定の画像

取手市 健康セミナー、見守り 明治安田生命と包括協定

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16232368660870

まちづくりや市民サービスの向上を目的に、茨城県取手市は3日、明治安田生命と包括連携協定を結んだ。「健康づくり」「安心安全なまちづくり」「地域活性化」の3項目で連携していく。
同社は保険事業を進める中、社会貢献活動も実施。取手市内は同社柏支社が担当しており、これまでも営業所の職員を中心に市内道路の清掃・美化などを行い市に協力してきた。
協定では、3項目を実施し促進するために必要に応じて協議し、具体的な内容を決めていく。現在検討しているのは講師を招いた健康セミナーの開催や、以前から続けている同社職員による地域見守り活動の推進など。
協定締結式は市役所で行われ、同社柏支社の渡辺朗支社長や室井貴宏取手営業所長らが出席。藤井信吾市長と渡辺支社長が協定書に署名した。藤井市長は「知見やノウハウを組み合わせて、官民連携で取り組んでいきたい」、渡辺支社長は「地域の健康づくりやまちづくりに少しでも貢献できれば」とそれぞれ話した。

【写真説明】
協定書を持つ明治安田生命柏支社の渡辺朗支社長(左から2人目)と取手市の藤井信吾市長(同3人目)ら=同市役所


《公募展から》福田さん 母親の愛情表現の画像

《公募展から》福田さん 母親の愛情表現

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 10 Jun 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16232368660866

現代美術家協会の「第77回現展」が7日まで、東京・六本木の国立新美術館で開かれた。茨城支部の福田三恵子(牛久市)の「おきんの花かんざし」は、人間に化けたキツネの母娘を描いた作品。童話を基に着想したもので、娘の幸せを願う母親の愛情を表現している。
展示総数は445点、茨城県関係は17点。同展は当初、5月26日から開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今月2日から会期短縮開催に変更された。
茨城県関係作家の出品は次の通り。(敬称略)
【平面】
◇会員▽佐野幸子(千葉県=茨城支部長)「華々・春」、福田三恵子(牛久市)「おきんの花かんざし」、高木淳子(神栖市)「ざわめき」
◇準会員▽会員推挙 気賀沢裕子(鉾田市)▽佐々木量代(つくば市)、谷田部真喜子(利根町)
◇会友▽石郷岡彦江、高田信江(以上つくば市)、藤木和子(神栖市)山田昇(牛久市)、渡辺雅之(下妻市)
◇一般▽沼田真由美(神栖市)
【工芸】
◇準会員▽中根和香子(牛久市)
◇一般▽会友推挙 阿部敬子、永瀧紀子、酒井重子(以上牛久市)
【写真】
◇一般▽田中賢治(土浦市)

【写真説明】
福田三恵子「おきんの花かんざし」


取手の小学校、給食パンにプラスチック片の画像

取手の小学校、給食パンにプラスチック片

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 23:20:15 +0900

記事コード:16232467484838

茨城県取手市教委は9日、市立白山小(同市白山)で同日提供した給食の米粉パンに、プラスチック片(長さ約2センチ、幅1ミリ)が混入していたと発表した。
同市教委によると、給食が終わった午後0時55分ごろ、児童が「パンに入っていた」と教諭に伝えた。児童はパンをちぎりながら食べていたためプラスチック片を口にしておらず、けがなどはなかったという。パンは市外の食品会社が提供。プラスチック片はリング状のものが半分に割れた状態で、同社は、パンを丸める機械でプラスチック部分が欠落していたと市に報告した。同社は同日、市内7小学校にパンを納入し、他の学校では異物混入は確認されていないという。

【写真説明】
給食パンにプラスチック片(市教委提供)


取手に布団巻き遺体 墓地近く40〜60歳男性 死体遺棄容疑で捜査の画像

取手に布団巻き遺体 墓地近く40〜60歳男性 死体遺棄容疑で捜査

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 22:34:34 +0900

記事コード:16232035959972

9日午前5時半ごろ、茨城県取手市稲の共同墓地近くの路上で、布団にくるまれた中年男性の遺体が見つかった。布団の上からビニールひもで全身が縛られ、布団から出た頭部にタオルが巻かれ、さらにビニールひもで縛られていた。県警は死体遺棄事件として捜査し、遺体の身元と死因を調べている。
県警によると、遺体は40〜60歳くらいで、身長約170センチの中肉。黒髪で、白い半袖シャツと灰色のボクサーパンツを着け、はだしだった。所持品はなかった。同日の検視で遺体に目立った外傷はなく、死因は不詳だった。県警は11日に司法解剖し、詳しい死因を調べる。
日課で現場付近をジョギングしていた男性(66)が遺体を見つけ、同42分ごろ、110番通報。駆け付けた取手署員が、その場で死亡を確認した。男性は、8日朝に遺体はなかったと話しているという。
捜査関係者によると、8日夕は周辺で雨が降っており、布団がぬれていなかったことから、遺体は8日夜から9日朝にかけて置かれたとみられる。
現場はJR取手駅から北西約2・5キロの高台に位置し、周囲は住宅が点在している。遺体は墓地西側に隣接する雑木林との間の狭い道路脇にあった。
複数の近隣住民によると、墓地の近くは市道「常総ふれあい道路」の裏道として車の通りが多く、10〜20年前にも遺体が置かれていたことがあったという。最近、夫と墓の掃除をしたという無職の80代女性は「なぜあそこに捨てたのか。のどかな地域なのに物騒な話だ」と神妙そうな面持ちで話した。

【写真説明】
布団にくるまれた男性の遺体が発見された現場付近を調べる県警の捜査員=9日午前11時15分ごろ、取手市稲


【速報】新型コロナ 茨城で新たに24人感染、2人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに24人感染、2人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 19:42:19 +0900

記事コード:16232328564213

茨城県と水戸市は9日、新型コロナウイルス感染者が県内で計24人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者2人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9987人、死者は157人となった。
県によると、亡くなったのは70代男性と90代女性。
県と市によると、24人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が15人、感染経路不明が9人。
市町村別の感染者数は、神栖市4人、県外3人、つくばみらい市2人、守谷市2人、龍ケ崎市2人、鹿嶋市1人、鉾田市1人、常総市1人、つくば市1人、阿見町1人、牛久市1人、取手市1人、美浦村1人、古河市1人、坂東市1人、水戸市1人。
新たに計30人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9383人となった。
居住地別の新規感染者24人は以下の通り。
◇神栖市(4人)
▽70代自営業男性
▽70代会社員女性
▽40代会社員男性
▽30代会社員女性
◇県外(3人)
▽30代会社員男性(千葉県居住)
▽50代会社員男性(千葉県居住)
▽20代会社員男性(兵庫県居住)
◇つくばみらい市(2人)
▽30代会社員男性
▽50代無職女性
◇守谷市(2人)
▽20代無職男性
▽40代会社員男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽30代会社員男性
▽40代自営業男性
◇鹿嶋市(1人)
▽40代会社員女性
◇鉾田市(1人)
▽20代無職女性
◇常総市(1人)
▽20代無職男性
◇つくば市(1人)
▽30代会社員女性
◇阿見町(1人)
▽40代会社員女性
◇牛久市(1人)
▽40代男性(職業非公表)
◇取手市(1人)
▽30代会社員男性
◇美浦村(1人)
▽90代無職女性
◇古河市(1人)
▽50代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽20代会社員男性
◇水戸市(1人)
▽70代無職女性
■県内の感染状況
新規 24人
累計 9987人
うち死者 157人
退院・退所等 9383人
(県発表、9日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


映画1日見放題パス 守谷下妻・イオンシネマで販売の画像

映画1日見放題パス 守谷下妻・イオンシネマで販売

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16231505563246

イオンシネマ94劇場を全国展開するイオンエンターテイメント(東京)は、映画が1日見放題になる「ワンデーフリーパスポート」を販売している。一般3100円、イオンシネマの会員サービス「ワタシアタープラス」会員は2600円。対象になる茨城県内の劇場は、守谷市百合ケ丘のイオンシネマ守谷(イオンタウン守谷内)と下妻市堀篭のイオンシネマ下妻(イオンモール下妻内)の計2カ所。
パスポートは鑑賞当日のみ有効。劇場オープンから最終上映まで、映画が1日見放題になる。ソフトドリンクMサイズ全種や、ホットドリンクSサイズ計5種など、対象ドリンクも1日飲み放題になる。
実施期間は今月30日まで。県内劇場の問い合わせはイオンシネマ守谷(電)0297(47)0101、イオンシネマ下妻(電)0296(30)0862


茨城新聞社杯将棋予選会 県西地区16人決勝への画像

茨城新聞社杯将棋予選会 県西地区16人決勝へ

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 10:34:51 +0900

記事コード:16231536048427

第41回茨城新聞社杯争奪将棋大会(茨城新聞社、日本将棋連盟県支部連合会主催)の県西地区予選会が6日、茨城県桜川市東桜川の岩瀬中央公民館で開かれた。県内や隣県から58人が参加し、16人が決勝大会への進出を決めた。
例年、予選会は県内4カ所で行ってきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、県西支部と8月15日開催の日立支部の2カ所のみで実施。各予選会から計32人が、9月19日にワークプラザ勝田(ひたちなか市東石川)で開かれる決勝大会に出場する。
県西支部の決勝大会出場者は次の通り。(敬称略)
山根紘矢(龍ケ崎市)、武田俊平(千葉県)、浅倉孝幸(取手市)、大塚喜封(水戸市)、下村康史(東京都)、野口義美(結城市)、古谷宗介(取手市)、鎌田美礼(取手市)、安藤貴章(群馬県)、田村健一(笠間市)、川崎裕史(栃木県)、加藤嘉三(日立市)、河野圭(ひたちなか市)、池田尚弘(水戸市)、横山博之(東京都)、美馬和夫(牛久市)

【写真説明】
熱戦が繰り広げられた茨城新聞社杯争奪将棋大会の県西地区予選=桜川市東桜川


龍ケ崎で合宿実施へ 米柔道五輪代表の画像

龍ケ崎で合宿実施へ 米柔道五輪代表

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16231606474161

茨城県龍ケ崎市は8日、米柔道五輪代表チームの事前キャンプを7月16日から21日まで受け入れると発表した。選手団は、スタッフを含め最大18人を想定する。
市秘書課によると、選手たちは同月16日、成田空港から同市入り。市内に立地する流通経済大が練習場所となる。宿泊場所などへの移動は、市のバスやワゴン車を用いる方針で、市民との接触を極力減らす。当初は公開練習も検討していたが、取りやめる。出場後の8月2、3日に、市立小中学校の児童生徒を対象に、五輪の体験談を選手団に語ってもらうなどの交流事業を計画している。
同市はこのほか、キューバ(柔道)、オセアニア諸国・地域(同)、タイ(陸上)の事前キャンプ地にもなっている。現在各国と、実施の有無を含めて調整しているという。


新型コロナ 取手市観光協 とりで利根川大花火、2年連続で中止決定の画像

新型コロナ 取手市観光協 とりで利根川大花火、2年連続で中止決定

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 10:21:40 +0900

記事コード:16231606474154

茨城県取手市の市観光協会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、9月18日に開催を予定していた「第67回とりで利根川大花火」を中止すると発表した。昨年に続き2年連続の中止。
利根川河川敷の取手緑地運動公園を会場に、約7千発の花火を打ち上げる予定だった。同花火は市の夏の風物詩の一つで、例年約10万人の見物客が訪れるという。


水遊び「気持ちいい」 茨城県内、今季初の真夏日の画像

水遊び「気持ちいい」 茨城県内、今季初の真夏日

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16231536048419

茨城県内は8日、高気圧に覆われて南からの暖かい風が吹き込んで気温が上昇し、土浦や龍ケ崎などで今年初めて最高気温30度以上の真夏日となった。県内14観測地点のうち笠間を除く13地点が今年最高を観測し、7月上旬から下旬並みの暑さとなった。
水戸地方気象台によると、真夏日になったのは、土浦、龍ケ崎30・9度▽古河30・7度▽つくば30・5度▽下妻30・3度-の5カ所。
土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園では、強い日差しが降り注ぐ中、子どもが水辺で遊ぶ姿が見られた。同市の主婦、中山昭子さん(38)は「今年、公園で水遊びをさせたのは今日が初めて」と話し、息子の椋太君(5)は「冷たくて気持ち良かった」と笑顔を見せていた。
同気象台によると、天気は週末ごろまで晴れて、気温がやや上がる見込み。

【写真説明】
県内で今年初の真夏日となり、水遊びして涼む子ども=8日午前、土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園


取手駅東口に16日 東横インオープン 茨城県内6店舗目の画像

取手駅東口に16日 東横インオープン 茨城県内6店舗目

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16231505563238

ビジネスホテルチェーン大手の東横イン(東京)は16日、茨城県取手市取手3丁目に「東横INN取手駅東口」をオープンする。県内6店舗目。
取手駅東口から徒歩約2分に立地し、14階建て。客室は全220室(シングル167室、ダブル26室、ツイン26室)。車椅子などでも利用しやすいユニバーサルデザインのハートフルルーム1室(ツイン)もある。駐車場は全23台(平置き7台、立体機械式16台)を備える。
料金はシングル6300円(1泊1人)、ダブル7800円(1泊1室)、ツイン9300円(同)。

【写真説明】
16日オープンする「東横INN取手駅東口」=取手市取手


洋画や彫刻、写真 取手拠点の作家展 12日からの画像

洋画や彫刻、写真 取手拠点の作家展 12日から

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16231505563235

茨城県取手市を拠点とする著名な美術作家の作品を一堂に集めた「第46回取手美術作家展(とりび)」が12日から、同市新町の取手ウェルネスプラザで開かれる。会期は23日まで。
同展は「とりび」の名称で知られており、今回は、洋画、日本画、彫刻、書、写真、工芸、デザインの7部門の38人が参加、ジャンルを超えた計49作品が並ぶ。時間は午前10時〜午後6時(最終日は同5時まで)。入場無料。オープニングセレモニーは12日午後2時半から。コンサートや作家を紹介するギャラリートークが行われる。
また、昨年は新型コロナの影響で中止となった「ギャラリーツアー」も今回は開催。授業の一環として、市内小中学校9校の児童生徒が作家と一緒に作品を鑑賞する。そのほか、一般市民に向けた「おしゃべり鑑賞ツアー」(19日午後2〜4時)も実施。アートコミュニケーターと呼ばれる案内者と一緒に作品を楽しめる。
問い合わせは市文化芸術課(電)0297(74)2141

【写真説明】
第46回取手美術作家展のチラシ


《市町村議会》龍ケ崎市の画像

《市町村議会》龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 09 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16231505563233

【茨城県龍ケ崎市】定例会は11日に開会し、2021年度一般会計補正予算案を含む議案7件、報告4件、請願2件、陳情2件を審議する。会期は25日までの15日間。一般質問は16、17、18日の3日間で計15人が登壇する予定。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに14人感染、1人死亡 感染者15人以下は3月15日以来の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに14人感染、1人死亡 感染者15人以下は3月15日以来

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 08 Jun 2021 19:26:16 +0900

記事コード:16231446579630

茨城県は8日、新型コロナウイルス感染者が新たに14人確認されたと発表した。水戸市の新規感染者は確認されなかった。また、県は患者1人が死亡したと発表した。
1日当たりの感染者数が15人を下回るのは3月15日以来で、県内の感染者は累計9963人、死者は同155人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代女性。
新規感染者14人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が11人、感染経路不明が3人。
市町村別の感染者数は、常総市3人、鹿嶋市2人、神栖市2人、坂東市1人、古河市1人、石岡市1人、守谷市1人、常陸太田市1人、小美玉市1人、つくば市1人。
また、県と市によると、計45人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9353人となった。
居住地別の新規感染者14人は以下の通り。
◇常総市(3人)
▽50代会社員女性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
◇鹿嶋市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代無職女性
◇神栖市(2人)
▽50代パート女性
▽20代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽10代会社員女性
◇古河市(1人)
▽30代自営業女性
◇石岡市(1人)
▽20代団体職員女性
◇守谷市(1人)
▽20代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽未就学男児
◇小美玉市(1人)
▽20代男子学生
◇つくば市(1人)
▽30代パート女性
■茨城県内の感染状況
新規 14人
累計 9963人
うち死者 155人
退院・退所等 9353人
(茨城県・水戸市発表、8日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに計24人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに計24人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 07 Jun 2021 19:18:38 +0900

記事コード:16230609629745

茨城県と水戸市は7日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計24人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9949人、死者は同154人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた70代男性。
県と市によると、新たに感染が判明した24人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が17人、感染経路不明の人が7人。
市町村別の感染者数は、つくば市4人、筑西市4人、稲敷市3人、下妻市2人、水戸市2人、北茨城市1人、那珂市1人、かすみがうら市1人、石岡市1人、神栖市1人、潮来市1人、龍ケ崎市1人、坂東市1人、桜川市1人。
退院、退所、自宅療養終了した人は36人で、回復者は累計9308人となった。
居住地別の新規感染者24人は以下の通り。
◇つくば市(4人)
▽40代無職女性
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
▽50代会社員男性
◇筑西市(4人)
▽80代無職女性
▽60代会社員男性
▽60代パート女性
▽70代無職男性
◇稲敷市(3人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
◇下妻市(2人)
▽30代会社員男性
▽90代無職女性
◇水戸市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代無職女性
◇北茨城市(1人)
▽70代無職女性
◇那珂市(1人)
▽10代男子生徒
◇かすみがうら市(1人)
▽30代無職男性
◇石岡市(1人)
▽10代男子生徒
◇神栖市(1人)
▽70代自営業男性
◇潮来市(1人)
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽50代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽70代パート女性
◇桜川市(1人)
▽50代特別職地方公務員男性
■県内の感染状況
新規 24人
累計 9949人
うち死者 154人
退院・退所等 9308人
(県発表、7日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城県、「感染拡大市町村」指定解除へ 対策指標引き下げの画像

【速報】新型コロナ 茨城県、「感染拡大市町村」指定解除へ 対策指標引き下げ

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Mon, 07 Jun 2021 17:58:45 +0900

記事コード:16230551800463

茨城県の大井川和彦知事は7日の臨時記者会見で、県内の新型コロナウイルス感染者が減少傾向にあることを踏まえ、同日から県独自の対策指針を「ステージ2」(感染が概ね抑制できている状態)に1段階引き下げると発表した。これに伴い不要不急の外出自粛や飲食店への営業時間短縮を要請している「感染拡大市町村」の新たな追加や延長は行わない方針を示した。
現在、感染市町村に指定中の9市町村については期間終了まで対策を継続する。龍ケ崎市、常総市、北茨城市、大洗町、利根町は10日以降に、坂東市、桜川市、神栖市、美浦村は17日以降に指定が解除される。再び感染状況が悪化したら指定を検討する。
県によると、5月31日〜6月6日の一日当たりの陽性者数は29.5人で前週と比べ15.7人減。6日現在の病床稼働数は154床でステージ2相当。

【写真説明】
茨城県の大井川和彦知事


取手市 市民会館に「壁アート」 制作者と原画公募の画像

取手市 市民会館に「壁アート」 制作者と原画公募

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 07 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16229767211564

取手に新たな「壁アート」誕生へ-。茨城県取手市は、市民会館(同市東)の壁面をキャンバスに見立て、巨大な絵を描く「壁画制作事業」を行う。新型コロナの影響を受けた芸術家支援の一つで、制作アーティストと壁に描く原画を7月4日まで公募する。9月末をめどに完成させる。
同市は「アートのまち」として知られ、東京芸術大のキャンパスがあるとともに、市内には多くのアーティストが活動している。これらアーティストによる壁アートが市内には16カ所あり、市民会館に完成すれば17カ所目の壁アートとなる。
事業費は約693万円。うち約590万円は新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充てる。1人当たり1日1万5千円を謝礼とし、1日4人程度で延べ240人に60日かけて描いてもらう。
描くのは市民会館の正面入り口の上側の壁面。高さ最大約14メートル、幅約35メートルあり、クリーム色の正面部分の壁面約280平方メートルに描く。募集対象は市内在住か市内に拠点のあるアーティスト。原画は1点のみの募集となる。
市文化芸術課は「ぜひ参加して、取手のシンボルとなる新たな壁アートを誕生させていただきたい」と呼び掛けている。
問い合わせは同課(電)0297(74)2141

【写真説明】
「壁アート」が描かれる市民会館。傾斜があるクリーム色の正面部分に描かれる=取手市東


【速報】新型コロナ 茨城で新たに34人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに34人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :河内町,守谷市

最終更新日:Sun, 06 Jun 2021 18:40:19 +0900

記事コード:16229674394009

茨城県と水戸市は6日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計34人確認され、患者1人が死亡したと発表した。県内累計の感染者は9925人、死者は153人となった。
水戸市によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代女性。
県と市によると、34人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのが28人、感染経路不明が6人。
市町村別の感染者数は、常総市5人、潮来市4人、八千代町3人、神栖市3人、境町3人、石岡市3人、つくば市2人、筑西市2人、水戸市2人、守谷市1人、小美玉市1人、坂東市1人、河内町1人、土浦市1人、下妻市1人、桜川市1人。
新たに県内で47人が退院や退所、自宅療養終了し、回復者は累計9272人となった。
居住地別の新規感染者34人は以下の通り。
◇常総市(5人)
▽50代パート男性
▽10歳未満男子児童
▽未就学男児
▽30代会社員男性
▽30代パート男性
◇潮来市(4人)
▽20代団体職員女性
▽20代会社員女性
▽30代自営業男性
▽40代無職女性
◇八千代町(3人)
▽70代無職女性
▽80代無職男性
▽20代会社員男性
◇神栖市(3人)
▽30代会社員女性
▽50代自営業男性
▽40代無職女性
◇境町(3人)
▽40代アルバイト男性
▽40代アルバイト男性
▽40代会社員女性
◇石岡市(3人)
▽20代女子学生
▽50代会社員男性
▽60代無職女性
◇つくば市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
◇筑西市(2人)
▽80代無職男性
▽80代無職女性
◇水戸市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽10歳未満女子児童
◇小美玉市(1人)
▽20代男子学生
◇坂東市(1人)
▽20代会社員女性
◇河内町(1人)
▽50代自営業男性
◇土浦市(1人)
▽50代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽20代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽20代医療従事者女性
■県内の感染状況
新規 34人
累計 9925人
うち死者 153人
退院・退所等 9272人
(県・水戸市発表、6日午後6時半現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


イルネッソ ピッツァナポレターナ(守谷市)の画像

イルネッソ ピッツァナポレターナ(守谷市)

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 06 Jun 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16228917478532

◆気軽に楽しめる本場の味◆
まき窯で焼いた「ナポリピッツァ」が味わえる茨城県守谷市の「イルネッソ ピッツァナポレターナ」。住宅街の一角にある同店は、本場の味が楽しめるとファンが多く、県外からわざわざ食べに訪れる人もいるほど。オーナーでピッツァ職人の安藤有希さん(36)は「ナポリピッツァを気軽に食べられるお店として知ってもらいたい」と話す。
安藤さんとナポリピッツァとの出合いは、料理人2年目の時。調理の専門学校を経て就職した都内のイタリア料理店で、提供していたことがきっかけだった。「おいしさに衝撃を受けた」と安藤さん。気温や湿度など、季節によって発酵度合いが変化する生地作りにも魅了され、ピッツァ職人の道に進んだ。
専門店で腕を磨いたのち、2014年に「イルネッソ」を妻の由子さん(37)とともにオープンさせた。「現地の味と同じものが提供できるように」と、小麦粉は香り豊かなイタリア産を使用。トマト缶やモッツァレラチーズ、塩もイタリアから取り寄せ、再現性を求めた。一方で、野菜やデザートに使うヨーグルトは県内産。県外の客も多いことから「ピッツァと一緒に、茨城産のおいしいものを味わってほしい」と思いを込める。
こだわりは「生地にストレスをかけないこと」。触れる時間を最小限にし、手早く延ばすことで、ふんわりと焼き上がり、もっちりと弾力のある食感になるという。「同じ材料を使っていても、作る人が違うと全然違うピッツァができる」と安藤さん。独立前から安藤さんのピッツァにほれ込んだ常連客が今も足しげく通うゆえんだ。
19年には、ナポリピッツァをアレンジし、独創性と技術の両方が問われる「カプート杯ナポリピッツァ職人世界選手権日本大会クラシカ部門」で優勝。5回目の挑戦で悲願がかなった。「いいものを提供したい」とピッツァ作りに真摯(しんし)に向き合う姿勢が結果を引き寄せた。
店名の「イルネッソ」は、イタリア語で“つながり”の意味。「ピッツァを通して、お客さんとイタリア、県内の生産者さんをつなげたい」。安藤さんの職人らしい精悍(せいかん)な顔に笑顔が広がった。
■お出かけ情報
イルネッソ ピッツァナポレターナ
▼住所は守谷市久保ケ丘1の18の12
▼営業時間は午前11時〜午後2時半(月-土曜)、午後6〜9時(水-土曜)
▼定休は日曜・不定休
▼(電)0297(44)8911

【写真説明】
イタリアの火山灰などを練り上げたまき窯が自慢の「イルネッソ ピッツァナポレターナ」。オーナーの安藤有希さんがピザを焼き上げる=守谷市久保ケ丘


協議の画像

協議

関連地域 :河内町

最終更新日:Sun, 06 Jun 2021 12:58:00 +0900

記事コード:16228917478531

◆意見交換会設けて追随 対応、千葉と隔たり◆
成田空港(千葉県成田市)は東京五輪を見据え、午後11時までだった夜間飛行が2019年10月から午前0時まで緩和された。ところが騒音対策は、千葉県と茨城県で協議の場や補償に大きな差がある。
千葉県は国土交通省、成田国際空港会社、同県内9市町と「四者協議会」をつくり、滑走路の延伸、新設といった空港機能強化の是非や補償を協議する。空港と国は、千葉県内を中心に住民説明会を頻繁に開いてきた。
一方、茨城県の稲敷市、河内町が空港から30〜20キロ圏内にすっぽり入る茨城県には、四者協議会に相当する場がない。県は昨年、国や空港、両市町と意見交換会を立ち上げ、千葉の後を追い掛け始めた。
■折り合い
5月下旬の午後、成田市にある高台「十余三(とよみ)東雲(しののめ)の丘」には、離着陸する飛行機を見学する人が集まっていた。空港が防音工事を行う「第1種騒音区域」に住む同市の男性(72)は「朝は6時から飛び、深夜は0時まで音が聞こえる日もある。それでも気にせず寝ている。騒音を受け入れ、折り合いをつけないとここでは生きていけない」と空を仰ぎ見た。
同市では空港機能の強化に合わせ、第1種騒音区域が拡大、隣接地区も広がった。同市の担当者は「新たに騒音区域の線引きをするに当たり、集落の分断を避けるよう最大限配慮した」と話す。
同市を含む空港周辺6市町は、千葉県、成田空港と共同で「成田空港周辺地域共生財団」をつくり、防音工事に取り組む。同市内の第1種区域内の住民は、全域で空港が請け負う防音工事に加え、より騒音の大きな地域を対象とした壁、天井の防音工事の補助も同財団を通じて受けられる。新築住宅は補助の対象外だが、子や孫のために新築する住宅は一部補助があるなど手厚い。
■説明会200回
千葉県、国交省、周辺市町村、空港は01年、空港の運用変更などを協議する四者協議会を立ち上げた。発着回数30万回への拡大をはじめ、運営の大きな変更に関して可否を話し合い、補償を取り決めてきた。
空港周辺では騒音対策のほか、土地の収用や集落の移転が協議の重要な位置を占めてきた。滑走路を延伸・新設し、発着回数を6割強増やす機能強化案についても、四者協議会は15年から話し合ってきた。夜間飛行時間の制限緩和などに関して、国と空港による住民説明を16年に了承。千葉県内の市町村を中心に200回超の説明会が開かれた。
四者協議会の決定に法的拘束力はない。事務局の千葉県空港地域振興課は「決定は市町の首長や知事の協議を経たもので、民意を反映している」と説明する。
■昨年から本腰
同じ第1種区域でも、茨城県と千葉県で補償内容には隔たりがある。防音サッシやエアコンの設置は共通するが、茨城県には共生財団のような組織がないため、天井や壁の防音工事は補助されない。ただ、河内町は子や孫の住宅への補助を町独自に設けている。
こうした事情を受け、茨城県は対策に本腰を入れ始めた。20年1月、県は国、空港、稲敷市、河内町と意見交換会を立ち上げた。より激しくなる騒音の対策や地域振興策について、意見を交わす。
茨城県の対応は本格的な協議の入り口に立ったばかりと言える。意見交換会では補償内容や運行ルートの協議まで踏み込んでいない。
担当する県環境対策課は「千葉県側の四者協議会に準ずるものには至っていない。地元自治体と連携して取り組んでいきたい」としている。

【写真説明】
延伸が予定される成田空港のB滑走路付近を飛ぶ航空機=千葉県成田市


《市町村議会》取手市の画像

《市町村議会》取手市

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 06 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16228959954636

【茨城県取手市】定例会は10日に開会し、1億4940万円を追加する2021年度一般会計補正予算案や、議案など計20件を審議する。一般質問は11、14日。新型コロナ感染拡大に備え会期は7月9日までとするが、6月25日までに終了した場合は同日で閉会する。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに27人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに27人感染 県と水戸市発表

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 18:45:52 +0900

記事コード:16228827520235

茨城県と水戸市は5日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計27人確認されたと発表した。県内の感染者は累計9891人となった。
県と市によると、27人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのが19人、感染経路不明が8人。集団感染が疑われる事例は確認されなかったという。
市町村別の感染者数は、潮来市5人、常総市3人、つくば市3人、鉾田市2人、筑西市2人、牛久市2人、鹿嶋市1人、石岡市1人、土浦市1人、結城市1人、常陸太田市1人、ひたちなか市1人、日立市1人、守谷市1人、稲敷市1人、水戸市1人。
新たに県内で56人が退院や退所、自宅療養終了し、回復者は累計9225人となった。
居住地別の新規感染者27人は以下の通り。
◇潮来市(5人)
▽20代女子学生
▽20代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
◇常総市(3人)
▽30代会社員女性
▽10代会社員男性
▽20代自営業女性
◇つくば市(3人)
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
◇鉾田市(2人)
▽20代会社員女性
▽20代団体職員女性
◇筑西市(2人)
▽40代医療従事者女性
▽30代会社員女性
◇牛久市(2人)
▽30代会社員男性
▽40代パート男性
◇鹿嶋市(1人)
▽20代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽10代男子生徒
◇土浦市(1人)
▽30代会社員女性
◇結城市(1人)
▽50代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽30代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽20代会社員男性
◇日立市(1人)
▽30代パート女性
◇守谷市(1人)
▽10代女子学生
◇稲敷市(1人)
▽20代女子学生
◇水戸市(1人)
▽40代会社員男性
■県内の感染状況
新規 27人
累計 9891人
うち死者 152人
退院・退所等 9225人
(県・水戸市発表、5日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


苦悩の画像

苦悩

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16228161409686

◆ごう音、眠れぬ日々 防音対策補助、地域で差◆
千葉県成田市の成田空港を発着する航空機の騒音に、茨城県住民が頭を悩ませている。同空港は滑走路延長などの機能強化を計画。稲敷市などは一部地域を対象に家屋の防音工事費を補助するものの、住民からは「効果の薄い場所がある」と不満の声が上がる。自治体が空港側や国と問題を話し合う場は昨年ようやく立ち上がったばかりだ。騒音問題を巡る現状を追った。
■子育てできない
4月中旬の午後9時、稲敷市柴崎。静かな夜に突然、旋回する航空機の「ゴー」という地響きのようなごう音が響き渡った。航空機は30秒ほどで成田空港方面に遠ざかった。
騒音に長年悩んできたという同所の内藤隆さん(73)は「数年前から午後11時半前後に5、6機飛ぶようになった。飛び終わるまでぐっすり眠れない」と憤る。「個人では要望を届けられない」として昨年、区長ら50人ほどを集めて「新利根の空をよくする会」を立ち上げ、市に騒音被害を訴えてきた。
3年ほど前、内藤さんの長男夫婦は子どもを連れて守谷市に引っ越した。「騒音のひどいここでは育てられないと言われた。俺が悪いなら謝ればいいが、飛行機はどうしようもない」と悔しさをにじませる。
■工事したのに
市は2018年度、空港を運営する成田国際空港会社が防音対策を担う「第1種騒音区域」に隣接する地区の住民に補助を始めた。(1)エアコンの設置(2)内窓の取り付け(3)窓ガラスを3ミリから5ミリに交換-の3種類の防音工事が対象。住民からは「騒音がましになった」と安堵(あんど)の声が上がる半面、「工事をしたのに全然よくならない」という声も聞かれる。
同市柴崎の平井昭夫さん(71)は、市の補助で寝室の防音工事をした。ところが、屋根から音が入って来て、室内で反響してしまう。「1週間せずにその部屋で寝るのを諦めた」と肩を落とす。
同等の騒音がありながら補助対象外の地域もある。同市下太田の男性(72)は、防音工事に関する市の説明会で対象地域の「線引き」について説明を受け、一度は納得した。それでも「夜の11時以降、眠り始めたころに飛ばれるとつらい」と補助区域拡大に期待する。
■地下鉄並み
市は18年度から、市内3カ所で夏と冬に1週間ずつ、騒音を測定してきた。騒音指標Lden(エルデン、時間帯補正等価騒音レベル)で、57デシベル以上が航空機騒音とされ、いずれの地点も基準を下回った。ただ、最大騒音レベルが80デシベルを超え、地下鉄の車内並みとなる日もあった。
市は「最大騒音レベルは気温や気候、機種などに左右され、日によって変動が大きい」と説明する。しかし、ある市民は「事業所は補助の対象外なので、商談中に騒音で何も聞こえなくなることもある」と漏らす。
空港は29年3月末までの予定で滑走路延伸などを計画し、発着回数は現在より6割強増える見通し。騒音軽減策として市は、航空機の旋回を減らして滑走路に直進で入ることや、夜間に霞ケ浦上空で旋回するよう空港側に要望している。
茨城新聞の取材に空港側は「飛行コースは国土交通省の管轄」として対応についての回答を避けた。
補助の対象地域や内容の拡大については協議のテーブルにすら上がっていない。空港側は「県、市町の協力により、法律の枠を超えた防音対策の充実や、発生源である航空機騒音を軽減し、生活環境の保全に努めたい」とコメントしている。

【写真説明】
防音工事の内窓を設置しても騒音が解消されなかった平井昭夫さん宅=稲敷市柴崎


カルガモ親子“引っ越し” 公民館から水田に 取手の画像

カルガモ親子“引っ越し” 公民館から水田に 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 16:25:53 +0900

記事コード:16228089219768

カルガモ親子が“引っ越し”-。茨城県取手市清水の六郷公民館の植え込みに巣をつくっていたカルガモが4日、生まれたばかりのひな11羽と一緒に、巣から近くの田んぼへ移動した。先月からカルガモの様子を見守ってきた同公民館長の武笠征男さん(76)は「無事生まれてよかった。田んぼで元気に育ってほしい」と願った。
武笠さんによると、5月上旬に公民館の植え込みに巣をつくっているカルガモを職員が発見。同7日ごろには卵を温めている姿が見られた。同所周辺は水田が多く、カルガモも生息しているという。同公民館の植え込みには、2017年から毎年巣がつくられていたが、20年は確認できず、今回2年ぶり。
武笠さんは職員らと共に同18日に植え込みにカメラを設置し、様子を見守ってきた。そして今月3日、ひながかえったことを確認。武笠さんは翌日には田んぼへ移動すると考え、4日早朝から公民館で待機していた。
そして午前7時半ごろ、母カルガモを先頭にひな11羽が植え込みから次々と出てきて、「カルガモ歩き」で、母カルガモについてひなが歩く様子が見られた。カルガモは自力で道路を渡り田んぼへと移動するが、今回は通勤通学の時間になっていたことから、ひなは網に入れて田んぼへと放した。武笠さんは「側溝もあり車も多いので大事をとった。ひなは自分の孫のようにかわいいね」と話していた。

【写真説明】
公民館入り口の植え込みにある巣から出てくるカルガモのひな=取手市清水(武笠征男さん提供)


《茨城県議会・一般質問から》中村修氏 サイクリングコース 市町村に知見を提供の画像

《茨城県議会・一般質問から》中村修氏 サイクリングコース 市町村に知見を提供

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16228136588278

茨城県議会第2回定例会は4日、本会議で一般質問を行い、中村修氏(いばらき自民、取手市区)が県政全般について執行部の考えをただした。主な質問と答弁は次の通り。
-サイクリングコースの整備のため市町村の取り組みをどう支援するか。
矢口和博県民生活環境部長 取手市や龍ケ崎市など5市町は、サイクルツーリズムを官民一体で推進していく協議会の設立に向け、「利根川サイクリングロード準備会」を開催した。県が進める全県的なサイクルツーリズムにも大きく資すると考えている。
県も5市町の会議に積極的に加わり、県のモデルルートで実施している取り組み事例を紹介するとともに、協議会設立の進め方やルート設定のアドバイスを行ってきた。引き続き会議に参加し、安全かつ快適に走れる環境整備やサイクリストを呼び込むPR方法など、県が培ってきた成果やノウハウを伝えていく。

【写真説明】
中村修氏


20年生まれ、最少の1万7389人 茨城の画像

20年生まれ、最少の1万7389人 茨城

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16228163465614

厚労省の人口動態統計(概数)で、茨城県の2020年の出生数は統計開始以来最少の1万7389人となり、前年より615人減った。出生数は14年連続で減少した。
合計特殊出生率は1.38で前年を0.01ポイント下回った。高い順に前年と同じ全国33番目で、3年連続の減少となった。
死亡数は6年ぶりに減少し、前年比517人減の3万2923人。死亡数から出生数を引いた県人口の自然減は1万5534人となり、14年連続で減少幅が増加した。
結婚は8年連続の減少となる1万622組で、前年より1648組減った。例年より減少幅は大きく増加した。
平均初婚年齢は男性が30.8歳で前年より0.5歳下降。女性も29.2歳で前年より0.2歳下降した。男女とも全国平均を下回った。離婚は4403組で前年より231組減り、2年連続減となった。


鬼怒川流域治水 ハード対策完了 堤防整備や河道掘削 関東・東北豪雨規模に対応の画像

鬼怒川流域治水 ハード対策完了 堤防整備や河道掘削 関東・東北豪雨規模に対応

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16228149969132

国土交通省は4日、2015年9月の関東・東北豪雨に伴う鬼怒川の氾濫などを踏まえた治水対策「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に関し、高さや幅を増やす堤防整備と河川の流量を増やすため川底の土砂を撤去する河道掘削など、ハード対策を5月末までに完了したと発表した。同省下館河川事務所(茨城県筑西市)は「関東・東北豪雨と同規模の豪雨に対応できる態勢で、出水期に備えることができた」と説明した。
同プロジェクトは全国初となるハード・ソフトを一体化した治水対策として、15年12月に始まった。国と県、常総市、つくばみらい市など7市町が連携して進めてきた。総事業費は約780億円。
ハード面では、鬼怒川の栃木県境から守谷市の下流域44.3キロ区間を対象に堤防のかさ上げや拡幅、河道の掘削を行い、ソフト面では水害時の自分の避難行動を時系列で決めておく「マイ・タイムライン」づくりの呼び掛けなどに力を入れてきた。
同事務所の青木孝夫副所長が同日、報告会で説明した。
5月末時点で、堤防整備(全体約66キロ)と河道掘削(同約128万立方メートル)など全180の工事のうち、169の工事が終了した。残る堤防への植生工事などについても「(今年の)夏前までに終わらせたい」としている。
関東・東北豪雨で、200メートルにわたり堤防が決壊した常総市上三坂地区内では、堤防を1.4メートルかさ上げしたのに加え、幅も6メートルに広げ、「(関東・東北豪雨で記録した)24時間雨量551ミリにも耐えられる」という。
一方、青木副所長は「(住民には)堤防を整備したから安心とは思わないでほしい」と警鐘を鳴らした。流域住民の心構えも減災を図る上では重要な鍵を握っており、引き続きマイ・タイムラインなどソフト対策について、「プロジェクト終了後も力を入れていく方針」としている。
同事務所の工藤美紀男所長は「堤防では防ぎ切れない洪水は必ず起きる。情報をきちんと得た上で、逃げるためのマイ・タイムラインを改めて確認してほしい」と強調した。
★関東・東北豪雨
2015年9月9日に上陸した台風18号や前線の影響で、関東、東北地方を中心に広範囲で被害が出た豪雨災害。常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、市の3分の1に相当する約40平方キロが浸水し、約4300人が逃げ遅れ、救助されるなどした。

【写真説明】
鬼怒川緊急対策プロジェクトの報告会であいさつする国土交通省下館河川事務所の工藤美紀男所長=筑西市二木成


触って楽しい「布絵本」 守谷・市民団体がワークショップ 図書館に寄贈への画像

触って楽しい「布絵本」 守谷・市民団体がワークショップ 図書館に寄贈へ

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 04 Jun 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16227213706317

「布絵本」を作って図書館に寄贈しませんか-。茨城県守谷市内で活動する市民団体「守谷の図書館を考える会」は、ワークショップ「みんなでつくろう布絵本」の参加者を募集している。代表を務める森本菊代さんは「布絵本は子どもたちに喜ばれるもの。ぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。募集は30日まで。
布絵本は、見るだけでなく触って楽しめるように作られているのが特徴。布やフェルトのほか、ボタン、ファスナーなどを用いて、外す、付けるなどと楽しく学べる。もともと視覚障害や身体障害のある子どもたちでも楽しめるように考え出され、今は知育玩具としても注目されている。
同会は、公民館講座に集まったメンバーらが立ち上げた団体。これまで会員が作り寄贈してきたが、今回、市の助成を受けたことで、布絵本を広く市民の人に知ってもらいたいと初めて講習会を企画した。
今回の講習会は初心者向けとして、布絵本キットを使う(裁縫道具必要)。参加費と材料費無料。ただし、出来上がった布絵本は図書館寄贈となる。
募集は20人(超過の場合は抽選)。開催日は第1回が9月10日。第2回(同19日)、第3回(10月1日)、第4回(同17日)、第5回(11月26日)の全5回。第1回の講師は、東京布の絵本連絡会代表の渡辺順子さん、第2回目からは図書館ボランティアとりで会員の石川孝子さん。場所は同市立沢の守谷中央図書館、時間はいずれも午後1〜4時。
同会の成島和子さんは「まずは布絵本を知ってほしい。やってみたいという気持ちがあれば大丈夫」と話している。
問い合わせは森本さん(電)090(7202)9580へ。

【写真説明】
「布絵本を作ってみませんか」と呼び掛ける守谷の図書館を考える会の森本菊代さんと成島和子さん(右から)=守谷市立沢の守谷中央図書館


【速報】新型コロナ 茨城で新たに45人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに45人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 15:33:27 +0900

記事コード:16227995096203

茨城県と水戸市は4日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計45人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9864人、死者は152人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代女性。
県と市によると、45人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が32人、感染経路不明が13人。
市町村別の感染者数は、神栖市6人、筑西市5人、下妻市5人、水戸市5人、坂東市4人、日立市3人、阿見町2人、石岡市2人、常総市2人、牛久市2人、古河市2人、鹿嶋市1人、潮来市1人、行方市1人、取手市1人、小美玉市1人、桜川市1人、ひたちなか市1人。
新たに計50人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9169人となった。
居住地別の新規感染者45人は以下の通り。
◇神栖市(6人)
▽40代アルバイト女性
▽20代教職員女性
▽30代会社員男性
▽10代女性(職業非公表)
▽10代男子児童
▽40代自営業男性
◇筑西市(5人)
▽40代会社員女性
▽20代会社員女性
▽30代アルバイト女性
▽20代会社員男性
▽未就学女児
◇下妻市(5人)
▽40代会社員男性
▽20代無職女性
▽30代無職男性
▽40代会社員女性
▽10代無職男性
◇水戸市(5人)
▽70代無職男性(茨城県公表)
▽40代パート女性
▽20代無職女性
▽未就学女児
▽80代無職女性
◇坂東市(4人)
▽30代技能実習生男性
▽70代自営業女性
▽70代自営業男性
▽50代自営業男性
◇日立市(3人)
▽30代会社員男性
▽30代無職女性
▽60代無職女性
◇阿見町(2人)
▽0〜9歳男子児童
▽40代アルバイト女性
◇石岡市(2人)
▽20代女子学生
▽80代無職女性
◇常総市(2人)
▽10代男子生徒
▽未就学女児
◇牛久市(2人)
▽50代会社員男性
▽30代会社員男性
◇古河市(2人)
▽60代自営業男性
▽60代パート女性
◇鹿嶋市(1人)
▽20代会社員男性
◇潮来市(1人)
▽20代医療従事者女性
◇行方市(1人)
▽20代会社員女性
◇取手市(1人)
▽50代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽20代男子学生
◇桜川市(1人)
▽60代パート女性
◇ひたちなか市(1人)
▽40代男性(職業非公表)(水戸市から茨城県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 45人
累計 9864人
うち死者 152人
退院・退所等 9169人
(茨城県・水戸市発表、4日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


TX、赤字79億6400万円 3月期、12年ぶり 輸送人員が大幅減の画像

TX、赤字79億6400万円 3月期、12年ぶり 輸送人員が大幅減

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 12:50:07 +0900

記事コード:16227286062105

首都圏新都市鉄道(東京、柚木浩一社長)が3日発表した2021年3月期決算は純損益が79億6400万円の赤字(前期は60億600万円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛で、つくばエクスプレス(TX)の旅客輸送人員が大幅に減少したのが響いた。赤字は12年ぶりで開業以来最大の損失となった。
20年度の年間輸送人員は前年度比29.8%減の1億44万8千人。沿線開発の進展や人口の増加に伴い19年度まで毎年右肩上がりで伸びてきたが、初めて減少に転じた。緊急事態宣言発令やテレワーク拡大などの影響で定期利用は同26.6%減の7091万6千人、定期外利用は同36.5%減の2953万2千人だった。1日当たりの輸送人員は27万8千人。
一般企業の売上高に当たる営業収益は前期比33.1%減の313億1600万円、営業費はほぼ横ばいの371億6700万円となり、経常損益は79億100万円の赤字(前期は76億6800万円の黒字)だった。
さらに23年度まで3年間の中期経営計画を発表し、新型コロナの影響が見通せないことから幅を持たせたものの、最終年度の経常損益は最大40億円の黒字の見通しとした。
輸送人員は、コロナ禍の収束で回復に向かう一方、働き方や生活様式の変化による減少を踏まえ、コロナ禍前の19年度比で6〜16%減を見込んだ。設備投資計画では鉄道設備の更新や修繕、車両の更新などを中心に3年間で170億円を投じる。


新型コロナ 高齢者ら向けワクチン供給率100%に 累計90万人2回接種分の画像

新型コロナ 高齢者ら向けワクチン供給率100%に 累計90万人2回接種分

関連地域 :河内町

最終更新日:Fri, 04 Jun 2021 13:30:05 +0900

記事コード:16227213706300

高齢者向け新型コロナウイルスワクチンについて、茨城県は3日、今月21日の週と28日の週に県内に配送される計371箱の市町村への配分内訳を発表した。約21万7千人が2回接種できる量で、累計では、現在優先的に接種を行っている高齢者や福祉施設の従事者ら約90万人の2回接種分が全て確保される。
県によると、今回の371箱は、河内町を除く43市町村に1〜32箱を振り分ける。納入希望量や高齢者人口などを考慮して決めた。
最多は水戸市の32箱で、次いで日立市26箱、ひたちなか市23箱、土浦市22箱など。下妻市と美浦村、五霞町が各1箱となる。
高齢者向けワクチンは4月5日の週以降、今回の配分を含めた累計で1574箱となる。最多は水戸市の124箱で、日立市99箱、つくば市92箱と続く。
優先接種を巡り、県は、クラスター(感染者集団)対策を目的に、65歳以上の高齢者(約84万人)のほか、高齢者施設従事者(約4万6千人)と障害者支援施設の入所者・従事者(約1万6千人)の計約90万2千人を対象としてきた。
今回決まった供給によって、7月4日までに県内には約90万6千人の2回接種分が届くことになり、高齢者などの優先接種向けワクチンの供給率は100.4%に達する。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに22人感染 1人重症 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに22人感染 1人重症 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,河内町

最終更新日:Sat, 05 Jun 2021 15:33:42 +0900

記事コード:16227126523501

茨城県と水戸市は3日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計22人確認されたと発表した。県内の感染者は累計9819人となった。
県と市によると、22人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が13人、感染経路が分かっていない人が9人。このうち、水戸市の80代無職男性が重症。
退院、退所、自宅療養終了した人は計39人で、回復者は累計9119人となった。
市町村別の感染者数は、水戸市4人、土浦市2人、桜川市2人、稲敷市2人、東海村1人、ひたちなか市1人、常陸太田市1人、結城市1人、坂東市1人、古河市1人、龍ケ崎市1人、阿見町1人、河内町1人、常総市1人、県外1人、行方市1人。
居住地別の新規感染者22人は以下の通り。
◇水戸市(4人)
▽80代無職男性
▽70代無職女性
▽未就学男児
▽30代自営業男性
◇土浦市(2人)
▽50代会社員男性
▽70代無職男性
◇桜川市(2人)
▽20代技能実習生女性
▽20代会社員女性
◇稲敷市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽20代会社員男性
◇東海村(1人)
▽50代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽70代自営業女性
◇常陸太田市(1人)
▽30代会社員男性
◇結城市(1人)
▽40代無職女性
◇坂東市(1人)
▽30代無職女性
◇古河市(1人)
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽60代公務員男性
◇阿見町(1人)
▽20代団体職員女性
◇河内町(1人)
▽50代自営業男性
◇常総市(1人)
▽30代会社員男性
◇県外(1人)
▽20代無職女性(東京都)
◇行方市(1人)
▽10代女子学生
■茨城県内の感染状況
新規 22人
累計 9819人
うち死者 151人
退院・退所等 9119人
(茨城県・水戸市発表、3日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


議会改革 取手市、初の総合1位 県別で茨城県議会2位 早大研究所ランキングの画像

議会改革 取手市、初の総合1位 県別で茨城県議会2位 早大研究所ランキング

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 03 Jun 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16226330743487

■オンライン活用評価
全国の地方議会の活動を調査しランキング化する「議会改革度調査2020」(早稲田大学マニフェスト研究所主催)で、茨城県取手市議会が初の総合1位に輝いた。都道府県別では茨城県議会が2位となった。取手市議会は、コロナ禍において、ICT(情報通信技術)を活用した「オンライン議会」への取り組みなどが評価された。同市議会の斎藤久代議長は「コロナ禍の中で議会として考えながらやってきた。今後も議会改革を進めていく」と語った。
調査は、(1)情報共有(2)住民参画(3)議会の機能強化-を柱に、改革度合いを数値化してランキング化する。今回11回目。全都道府県議会と全国の市町村議会の計1404地方議会が回答した。
発表は1日、オンライン報告会として行われた。取手市議会は同日、議場に斎藤議長らが集まり視聴した。同市議会は、新型コロナの影響がある中、オンラインの活用による議会活動を進めたことなどが評価され、分野別で「情報共有」4位、「住民参画」2位、「機能強化」1位。地域別では「関東」1位、自治体別では「一般市」1位となり、総合1位となった。
また、茨城県議会は自治体別で「都道府県」2位。前年の3位から一つ順位を上げ過去最高。政策立案機能・立法機能が発揮されている点に加え、茨城大学との包括連携協定の締結、ICT活用など議会の機能強化などが評価された。総合では17位に入った。
同研究所顧問の北川正恭氏は総括で「地方から改革していくという機運が醸成されてきた。地方議会から地方を変え、地方から国を変えると、プライドを持って改革を進めてほしい」と期待した。
同市議会の吉田文彦事務局長は「オンライン化を中心に議会と事務局が一体となって進めてきた。関わってきた職員たちもうれしいと思う。事務局として今後もしっかり取り組んでいきたい」と話した。

【写真説明】
「議会改革度調査2020」で総合1位となり、オンラインで行われた報告会で北川正恭氏の総括を聞く取手市議ら=同市議会議場


常総美術会が絵画の作品展 水墨、油彩など67点の画像

常総美術会が絵画の作品展 水墨、油彩など67点

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 03 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16226357441891

茨城県常総市民らでつくる常総美術会(高野秀一会長)の作品展が、同市水海道天満町の生涯学習センターで開かれている。日本画、水墨画、油彩画の力作が来場者の目を楽しませている。6日まで。
作品展は18回目。常総美術会に所属している日本画、水墨画、油彩画の4団体と個人の会員が計67点を出品した。会員は常総、つくばみらい、下妻各市の50〜90代の39人。
日本画では、ミズバショウやホテイアオイ、水仙などを色鮮やかに表現している。水墨画は滝が流れる風景やユリの花、時計草を墨で繊細に描写。油彩画は女性の人物画や紅葉、神社の大銀杏(おおいちょう)などを丹念に描いた作品がずらりと並ぶ。
退職後に日本画を始めたという常総市、中根信子さん(81)は「コロナ禍で思うように活動できなかった。作品展を開くことができ、会員も生き生きとしている」と語った。つくばみらい市の福岡堰(ぜき)の桜並木を描いた常総市、古谷ときさん(91)は「画を描くことは本当に楽しい。健康の秘訣(ひけつ)です」と笑顔で話した。
作品展は午前10時〜午後4時(最終日は同3時まで)。入場無料。

【写真説明】
絵画がずらりと並ぶ常総美術会の作品展=常総市水海道天満町の生涯学習センター


【速報】新型コロナ 茨城で新たに38人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに38人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :河内町,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 02 Jun 2021 19:33:52 +0900

記事コード:16226298772303

茨城県と水戸市は2日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計38人確認されたと発表した。さらに水戸市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9797人、死者は151人となった。
市によると、死亡したのは県内の医療機関に入院していた80代女性。
県と市によると、陽性者と濃厚接触したために感染したとみられる人が22人、感染経路が分かっていない人が16人。
市町村別の感染者数は、神栖市6人、坂東市5人、土浦市3人、石岡市3人、つくば市2人、水戸市2人、結城市2人、河内町1人、かすみがうら市1人、鹿嶋市1人、境町1人、下妻市1人、常総市1人、守谷市1人、牛久市1人、ひたちなか市1人、取手市1人、稲敷市1人、日立市1人、行方市1人、古河市1人、大洗町1人。
新たに計46人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9080人となった。
居住地別の新規感染者38人は以下の通り。
◇神栖市(6人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
▽30代会社員男性
▽10代男子児童
▽40代パート女性
▽20代パート女性
◇坂東市(5人)
▽70代無職男性
▽0〜9歳男子児童
▽20代会社員男性
▽70代自営業男性
▽60代自営業女性
◇土浦市(3人)
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
▽20代会社員女性
◇石岡市(3人)
▽60代パート女性
▽60代男性(職業非公表)
▽70代自営業男性
◇つくば市(2人)
▽10代女子児童
▽10代女子生徒
◇水戸市(2人)
▽20代自営業男性
▽20代会社員女性
◇結城市(2人)
▽10代男子生徒
▽20代会社員男性
◇河内町(1人)
▽50代男性(職業非公表)
◇かすみがうら市(1人)
▽30代アルバイト女性
◇鹿嶋市(1人)
▽20代会社員男性
◇境町(1人)
▽80代無職女性
◇下妻市(1人)
▽20代アルバイト男性
◇常総市(1人)
▽10代パート女性
◇守谷市(1人)
▽40代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽20代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽60代会社員女性
◇取手市(1人)
▽20代教職員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代自営業男性
◇日立市(1人)
▽50代会社員女性
◇行方市(1人)
▽80代無職男性
◇古河市(1人)
▽40代会社員男性
◇大洗町(1人)
▽40代会社員女性(水戸市から茨城県に移管)
■茨城県内の感染状況
新規 38人
累計 9797人
うち死者 151人
退院・退所等 9080人
(茨城県・水戸市発表、2日午後7時30分現在)


龍ケ崎官製談合 市長給料30%減への画像

龍ケ崎官製談合 市長給料30%減へ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 02 Jun 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16225576324857

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、中山一生市長は1日、自身の給料を30%減らす方針を明らかにした。期間は7月1日から任期満了日の来年1月17日まで。今月11日から始まる市議会定例会で、関連する条例改正案や本年度一般会計補正予算案を提出する。市長の給料は83万4千円から58万3千円になる。市によると、期末手当や退職金は減額されない。
事件では、入札の秘密事項を漏らしたなどとして、官製談合防止法違反の疑いで、副市長(辞職)のほか、市社会福祉協議会の副会長(辞任)が逮捕。ともに同罪で起訴された。共謀した市契約検査課長(定年退職)も在宅起訴。市市長公室参事も罰金50万円の略式命令を受けた。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに25人感染、1人死亡 県内死者累計150人に 県と水戸市発表 の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに25人感染、1人死亡 県内死者累計150人に 県と水戸市発表 

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 01 Jun 2021 21:09:37 +0900

記事コード:16225418167091

茨城県と水戸市は1日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計25人確認されたと発表した。さらに水戸市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9759人、死者は同150人となった。
市によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代男性。
感染判明した25人のうち、感染経路が分かっていない人が14人、陽性者と濃厚接触して感染したとみられる人が11人で、経路不明が上回った。
市町村別の感染者数は、つくば市5人、坂東市5人、境町3人、神栖市2人、稲敷市2人、水戸市2人、ひたちなか市1人、下妻市1人、古河市1人、八千代町1人、阿見町1人、守谷市1人。
また、新たに計54人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計9034人となった。
居住地別の新規感染者25人は以下の通り。
◇つくば市(5人)
▽30代団体職員女性
▽40代無職女性
▽10代女子生徒
▽40代会社員男性
▽0〜9歳男児
◇坂東市(5人)
▽30代会社員女性
▽20代会社員女性
▽30代技能実習生男性
▽30代技能実習生男性
▽20代会社員女性
◇境町(3人)
▽30代会社員男性
▽40代アルバイト女性
▽50代会社員男性
◇神栖市(2人)
▽30代会社員女性
▽10代女子学生
◇稲敷市(2人)
▽20代会社員男性
▽40代会社員女性
◇水戸市(2人)
▽30代自営業女性
▽70代無職男性
◇ひたちなか市(1人)
▽40代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽20代無職男性
◇古河市(1人)
▽20代女子学生
◇八千代町(1人)
▽30代会社員女性
◇阿見町(1人)
▽50代パート女性
◇守谷市(1人)
▽40代パート女性
■県内の感染状況
新規 25人
累計 9759人
うち死者 150人
退院・退所等 9034人
(県発表、1日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


河内町の野沢町長が初登庁 「職員と一緒に汗」の画像

河内町の野沢町長が初登庁 「職員と一緒に汗」

関連地域 :河内町

最終更新日:Tue, 01 Jun 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16224598656041

5月16日投開票の茨城県河内町長選で初当選を果たした野沢良治町長(62)が31日、初登庁した。「責任の重さを感じている。職員と一緒に汗をかいて、いいまちをつくりたい」と意気込みを語った。
野沢町長は午前10時ごろ、町役場に到着した。町議や職員、支援者が出迎えた。雑賀正光前町長も駆け付け、町政の継続を周囲に印象づけた。
報道陣の取材に応じた野沢町長は、休止が続く町直売所を巡り「『早くなんとかしてほしい』との声を多く聞く。(再開に向け)できることからやっていく。専門部署などの設置も考えたい」と強調した。
町議出身の野沢町長は、雑賀前町長から後継を託され出馬を決意。元町議同士の新人対決を制した。幹部職員らへの訓示では「町民8500人の命と暮らしを守る。夢あるまちにチャレンジする」と述べ、決意を新たにした。

【写真説明】
職員から花束を受け取る野沢良治町長=河内町役場


高齢者コロナワクチン接種 茨城の自治体、「7月末完了」に苦心 派遣、協力で枠確保の画像

高齢者コロナワクチン接種 茨城の自治体、「7月末完了」に苦心 派遣、協力で枠確保

関連地域 :龍ケ崎市,河内町

最終更新日:Tue, 01 Jun 2021 09:01:52 +0900

記事コード:16224598619401

高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種について国が目標とする「7月末までの完了」に向け、茨城県内自治体が苦心しながらスケジュールの前倒しを図っている。特に医師不足に悩む地域では、他の自治体や医療機関に協力を仰いだり、医師の派遣を要請したりして、接種枠の確保に奔走している。県や水戸市のように大規模接種会場を開設する動きもあり、さらに接種が加速する見通しも出てきた。
■ようやく光
政府が5月12日に公表した高齢者接種の調査結果によると、県内44市町村のうち、終了時期を「7月末まで」と回答したのは30自治体、「8月中」が9自治体、「9月以降」が5自治体だった。
当初の予定から、大幅に完了時期が前倒しされる見込みとなったのが潮来市だ。市内に大病院がなく、「県内で最も医療体制が弱い鹿行地域の中で、さらに最も医師が少ない」(原浩道市長)ことから、接種の遅れが懸念された。
国の調査に対して当初、終了見込みを「10月以降」と回答。全国の自治体に“ご用聞き”をしている総務省からは「どうしてこんなに遅いのか」と原市長に直接電話があったという。その後、鹿嶋市や神栖市の病院の協力を得て、予定を早める算段がついた。
さらに5月27日、県の後押しにより、市の集団接種会場に筑波大から医師派遣が決定。ここまで市内の医師7人で実施していた集団接種は、医師の増加によって「ほぼフル回転」(担当者)の体制が整った。小山記念病院(鹿嶋市)が大幅に個別接種枠を拡大したこともあり、7月末終了が視野に入ったという。
原市長は「ここに来て、ようやく光が見えた。希望者全員が終えるまで、関係各所に働き掛けていきたい」と話した。
■県同士で調整
町内に医師が一人もいない河内町。町による集団接種は行わず、石山茂樹町民課長は「周辺自治体や医療機関の協力を得て、7月末までに高齢者接種が終わる枠を確保した」と明かす。
町は周辺自治体に先駆けて5月11日から75歳以上の約1800人を対象に接種を開始。同30日現在で約千人が1回目の接種を受けた。請け負うのは龍ケ崎市、稲敷市、千葉県成田市の医療機関。このうち成田市は茨城、千葉両県の調整が奏功した。
石山課長は「かかりつけ医で接種を受けたい人もいる。終了は少しずれ込むかもしれないが、枠自体はある」と説明。その上で「今後は受けたくても受けられない人がいるかどうかの調査やそのサポート、さらに64歳以下の接種に向け万全を期したい」と語った。
■冷や汗もの
一方、一般高齢者向け先行接種を県内で最も早い5月1日に始めた古河市。市医師会や市薬剤師会の積極的な協力もあり、遅くとも8月上旬には希望者全てが2回目の接種を完了できる見通しだ。平日の接種を担当する古河赤十字病院の小山信一郎院長は「スムーズに動けば、おおよそ7月末と言ってよいのでないか」と表情は明るい。
5月24日に始まった本格的な接種の対象は約3万8千人。当初、市は3分の2に当たる約2万5千人分の接種枠を用意したが、希望者の増加を受けて8千人分を追加する方針を示す。
ただ、ワクチンや備品の正確な供給量や時期の見通しは不透明という。先行接種の際、必要量の注射器が届いたのは前日の4月30日。市幹部は「冷や汗ものだった」と振り返る。
同市は都内通勤者も多く、埼玉、栃木両県と生活圏が重なる。針谷力市長は「早く接種を進めるのなら、都内で接種したり隣県同士でワクチンを融通したりできるようにしてほしい」と訴えた。

【写真説明】
潮来市の集団接種会場で接種を受ける高齢者=同市島須


新型コロナ 茨城の感染拡大市町村 坂東、桜川、神栖、美浦追加 土浦など12市町村解除 3日からの画像

新型コロナ 茨城の感染拡大市町村 坂東、桜川、神栖、美浦追加 土浦など12市町村解除 3日から

関連地域 :利根町

最終更新日:Tue, 01 Jun 2021 02:16:13 +0900

記事コード:16224432602390

茨城県の大井川和彦知事は31日、臨時会見し、県独自に指定する新型コロナウイルスの「感染拡大市町村」について、坂東、桜川、神栖、美浦の4市村を3日から追加すると発表した。16日までの2週間、不要不急の外出自粛や飲食店の午後8時までの営業時間短縮を要請する。指定期間を2日までとしていた14市町村のうち、土浦、下妻など12市町村の指定を解除する。それに伴い現在、17市町村の感染拡大市町村は、3日以降は9市町村となる。
ほかに3日以降、解除となるのは、常陸太田、笠間、牛久、筑西、かすみがうら、鉾田、小美玉、東海、阿見、八千代の各市町村。一方で、大洗、利根の2町は9日まで期間を延長する。ほかに、3市が9日まで指定されている。
また、大洗町での感染者急増を受け、町民らを対象に実施している集中検査について、5月30日までに3982人の検査を実施し、2人の陽性を確認したと発表。ほかに行政検査として同20日以降、1254人を検査し、16人の陽性を確認した。
【感染拡大市町村】
■6月3〜16日
坂東、桜川、神栖、美浦
■6月9日まで
大洗、利根(延長)龍ケ崎、常総、北茨城(継続)
■6月2日まで
土浦、下妻、常陸太田、笠間、牛久、筑西、かすみがうら、鉾田、小美玉、東海、阿見、八千代

【写真説明】
会見する大井川知事=茨城県庁


【速報】新型コロナ 茨城で新たに16人感染、2人死亡 県発表 水戸市はなしの画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに16人感染、2人死亡 県発表 水戸市はなし

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 31 May 2021 20:54:26 +0900

記事コード:16224538990344

茨城県は31日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに16人確認され、患者2人が死亡したと発表した。1日当たりの感染者数が20人を下回ったのは4月12日以来。水戸市では同日、感染者が確認されなかった。同市で感染者の発表がないのは3月21日以来。県内の感染者は累計9734人、死者は149人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代女性と同男性。
新規感染者16人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が9人、感染経路不明が7人。
市町村別の感染者数は、神栖市4人、坂東市2人、下妻市1人、美浦村1人、阿見町1人、龍ケ崎市1人、桜川市1人、土浦市1人、小美玉市1人、水戸市1人、大洗町1人、古河市1人。
県と水戸市によると、新たに計63人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8980人となった。
居住地別の新規感染者16人は以下の通り。
◇神栖市(4人)
▽30代パート女性
▽60代会社員女性
▽50代自営業男性
▽10代女子生徒
◇坂東市(2人)
▽40代自営業女性
▽0〜9歳男児
◇下妻市(1人)
▽20代アルバイト女性
◇美浦村(1人)
▽10代アルバイト女性
◇阿見町(1人)
▽50代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽10代女子生徒
◇桜川市(1人)
▽10代会社員男性
◇土浦市(1人)
▽20代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽50代パート女性
◇水戸市(1人)
▽70代会社員男性
◇大洗町(1人)
▽70代無職男性
◇古河市(1人)
▽60代パート男性
■茨城県内の感染状況
新規 16人
累計 9734人
うち死者 149人
退院・退所等 8980人
(茨城県発表、31日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


コロナワクチン接種 交通弱者、支援の動き 茨城県内自治体 バス運行、タクシー補助の画像

コロナワクチン接種 交通弱者、支援の動き 茨城県内自治体 バス運行、タクシー補助

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 31 May 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16223773750409

新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け予約や接種が始まる中、接種会場までの足がない「交通弱者」への対応が課題となっている。介助が必要な高齢者からは「1人で公共交通で行くのは難しい」などと切実な声が上がる。交通手段の確保は各自治体で対応が分かれるが、循環バスを運行したり、タクシー利用を補助したりと支援する動きも活発になっている。
■少ない選択肢
「足が悪いのでワクチン会場には1人では行けない。タクシーを使うしか選択肢はない」。茨城県南に住む女性(88)はそうつぶやく。女性は5月と6月にワクチンの接種を予約した。しかし集団接種会場までは数キロ。夫と2人暮らしで、夫は運転免許証を返納しており、徒歩では難しい。バス停まで十数分かかるという。切り詰めた年金生活の家計に響いても、往復3千円ほどのタクシーを使うつもりだ。女性は「せっかく予約できたから打ちたいんだけど」と声を落とす。
■送迎バス運行
各市町村では交通弱者向けに支援も始まっている。
つくばみらい市は、5〜8月の高齢者の集団接種で無料送迎バスを運行する。臨時のバス停を140カ所置き、地区別に1日4〜12台のバスを循環させる。添乗員が各1人同乗し、利用者の介助も行う。
同市小張の木村定雄さん(92)は26日、伊奈庁舎で1回目のワクチンを打つため送迎バスを利用した。同居する家族は仕事で留守のため、「便利で助かった。一安心」と息をついた。同地区で1人暮らしの女性(80)も「タクシー料金は大変。家の近くで乗れて良かった」と語った。
同市は既存の循環バスや福祉タクシーに加え送迎バスを充実させた。担当者は「くまなく網羅して高齢者の接種が円滑に進むようにしたい」と話した。
■分かれる対応
かすみがうら市は、交通手段がない高齢者向けに、乗り合いタクシーによる接種会場への無料送迎を行う。集団接種会場の2カ所で接種することが条件。送迎は市内のタクシー業者2社が担う。
希望者はワクチン接種予約時に送迎タクシーを予約できるほか、直接事業者に予約する。事業者は複数人数の乗り合いで運行し、料金は市に請求する。市は30分当たり約3千円でタクシーを借り上げる形を取る。接種は30分刻みのため、タクシーは希望者の接種時間に合わせて送迎する。
タクシー券を補助する自治体もある。日立市は75歳以上と災害時避難行動要支援者にタクシー券を郵送。潮来市は初乗り料金分を助成する。
県内市町村で面積が2番目に大きい常陸大宮市は、無料送迎バスの運行と乗り合いタクシー、契約タクシー料金の補助と、対応を手厚くした。
補助や臨時バス運行は市町村で対応が分かれる。タクシー券補助を見送った市の担当者は「乗り合いタクシーや福祉タクシーなど既存の公共交通を利用してもらえれば」と話した。
頼る人のない1人暮らしや自宅介護の人の対応に課題は残る。県南のある市では、市内診療所の協力を得て訪問診療で接種する方針。「交通手段がなくワクチンを接種しない人が出ないか。取りこぼしが出ないよう、できるだけ支えていければ」と見据えた。

【写真説明】
ワクチン接種後に無料送迎バスで帰路に就く男性。添乗員が乗り降りの介助を行う=つくばみらい市内


取手、我孫子、柏、松戸の4市 JR東と連携 電子看板で紹介の画像

取手、我孫子、柏、松戸の4市 JR東と連携 電子看板で紹介

関連地域 :取手市

最終更新日:Mon, 31 May 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16223763612792

◆まちの魅力、駅から発信◆
茨城県取手と千葉県我孫子、柏、松戸の4市はJR東日本と連携し、まちの魅力を駅から発信していく取り組みを始めた。駅構内設置のデジタルサイネージ(電子看板)を利用し、季節ごとに4市の“お薦め”を紹介し、常磐線沿線の魅力アップにつなげていく。JRの担当者は「コロナ禍の今、常磐線沿線が注目されている。自治体と連携し、まだ知られていない沿線の魅力を伝えていきたい」と話す。
デジタルサイネージは各駅の改札付近に設置され、運行状況やイベント情報などが見られるが、その中の一つとして発信する。タイトルは「まだ知られていない常磐線の魅力」。ロゴを「常磐線の--!」と統一し、「--」部分にテーマを入れ紹介する。
第1弾は、取手市が「水辺」、我孫子市「手賀沼」、柏市「花」、松戸市「庭園」がテーマ。
取手の場合は、利根川の渡し船の画像を映し、利根川の水辺空間をアピール。「取手ふれあい桟橋 取手駅東口徒歩10分」と、足を運んでもらえるよう案内する。
4市全体で1分ほどの内容となり、市担当者とJR職員が話し合って、発信する映像などを決めていく。年4回予定し、季節ごとに内容を変える。第1弾は6月末まで見ることができる。
さらに、同社は沿線紹介へ、ウェブサイト「JOBANSEN KNOW」(https://jobansenknow.jp/)も立ち上げた。また、秋ごろをめどに、合同での産直市や「駅からハイキング」などのイベントも計画しているという。
取手市の担当者は「官民の連携を形にした。市の情報や沿線の魅力を知ってもらえるようにしていくので、ぜひチェックしてほしい」と話している。

【写真説明】
取手など常磐線沿線のまちの魅力発信するデジタルサイネージを紹介する天満裕一取手駅長=JR取手駅


【速報】新型コロナ 茨城、新たに28人感染 坂東、大洗で各5人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城、新たに28人感染 坂東、大洗で各5人 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sun, 30 May 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16223617372289

茨城県と水戸市は30日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計28人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9718人となった。
県によると28人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられるのが22人、感染経路不明が6人。
市町村別の感染者数は、坂東市5人、大洗町5人、神栖市4人、土浦市2人、つくばみらい市2人、取手市1人、結城市1人、筑西市1人、潮来市1人、県外1人、常総市1人、つくば市1人、笠間市1人、鉾田市1人、水戸市1人。
新たに28人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8917人となった。
居住地別の新規感染者28人は以下の通り。
◇坂東市(5人)
▽20代団体職員男性
▽60代自営業女性
▽20代会社員女性
▽30代会社員女性
▽20代技能実習生男性
◇大洗町(5人)
▽50代パート女性
▽60代パート女性
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
◇神栖市(4人)
▽10代男子児童
▽10代女子児童
▽10代男子児童
▽10代男子児童
◇土浦市(2人)
▽20代無職男性
▽40代会社員男性
◇つくばみらい市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽50代アルバイト男性
◇取手市(1人)
▽10代男子学生
◇結城市(1人)
▽40代無職女性
◇筑西市(1人)
▽40代会社員男性
◇潮来市(1人)
▽30代無職女性
◇常総市(1人)
▽70代無職女性
◇つくば市(1人)
▽30代会社員女性
◇笠間市(1人)
▽60代女性(職業非公表)
◇鉾田市(1人)
▽60代パート女性
◇水戸市(1人)
▽40代会社員女性
◇県外(1人)
▽30代職業非公表女性(神奈川県居住)
■県内の感染状況
新規 28人
累計 9718人
うち死者 147人
退院・退所等 8917人
(県・水戸市発表、30日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


とねマルシェ、47店並ぶの画像

とねマルシェ、47店並ぶ

関連地域 :利根町

最終更新日:Sun, 30 May 2021 13:00:00 +0900

記事コード:16222961400207

茨城県利根町内外の飲食店や手作り雑貨店などが出店する「とねマルシェ」(同実行委員会主催)が29日、同町下曽根の町文化センターと保健福祉センターの駐車場で開かれた。47店が並び、住民がショッピングや飲食を楽しんだ。
マルシェは2018年、地域活性化を目指し、町内の店の主婦らが実行委員会をつくり、始めた。昨年の2回目は新型コロナウイルスの影響で中止し、今回は昨年2月以来の開催となった。
同日は会場に各種キッチンカーが並び、ハンドメードアクセサリーやバッグ、雑貨などが販売され、町民らが買い求めていた。実行委の大久保めぐみさん(45)は、「ぜひ開催してほしいなどの声を頂いた。コロナ禍で沈みがちになるが、出店した人たちの熱気を感じて、元気になってほしい」と話していた。

【写真説明】
47店が出店し買い物などを楽しんだ「とねマルシェ」=利根町下曽根


取手市 居住空間の設置確認 避難所運営、住民と訓練の画像

取手市 居住空間の設置確認 避難所運営、住民と訓練

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 30 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16222941018714

地震や水害などの大規模災害に備えようと、茨城県取手市は29日、市内2地区で住民避難と避難所運営訓練を行った。計約80人が参加し、新型コロナウイルス感染対策を踏まえた居住スペースの設置方法などを確認。避難所運営に必要な住民の協力を想定して、両地区の自主防災組織と市職員が合同で行った。
訓練は、県南部を震源とする直下型地震が発生したとの想定で実施。市内の避難所に指定されている同市白山の前田建設工業体育館と、同市藤代の藤代小体育館の2カ所が会場となった。
前田建設工業体育館では、近隣の七つの自主防災会が参加。感染症対策として市が新たに導入したパーティションや簡易トイレ、段ボールベッドの組み立てなど、避難所での居住スペースの設置を中心に取り組んだ。また、感染症防止のための防護服の着脱や、その際の注意点なども確認した。
八重洲ニュータウン南部地区自主防災会長の牧和義さん(72)は「パーティションは感染防止やプライバシーの観点から、以前の間仕切りよりいい。各自治会でしっかり設置や運営ができるようにしていきたい」と話していた。

【写真説明】
簡易トイレの設置を訓練する自主防災組織の市民ら=取手市白山の前田建設工業体育館


河内町の雑賀町長退任 2期8年 職員らに「夢あるまちづくり発揮して」の画像

河内町の雑賀町長退任 2期8年 職員らに「夢あるまちづくり発揮して」

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 29 May 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16222001148549

茨城県河内町の雑賀正光町長(65)が28日、退任した。2期8年を「あっという間だった」と振り返るとともに、幹部職員らに「夢あるまちづくりに町を思う気持ちを発揮してほしい」と訴えた。
元町議の雑賀町長は2013年、当時の現職を一騎打ちで破り初当選。17年は無投票で再選された。公約を守るとして、今期限りでの引退を宣言していた。
在任中は、全ての町立小中学校を一つにまとめた義務教育学校・かわち学園を整備したり、廃校に企業や事業所を誘致したりと、難題の解決に辣腕(らつわん)を振るった。
町役場で最後のあいさつに立った雑賀町長は「河内には潜在力がある。熱意を原動力にすれば、必ずもっとよくなる。退任しても町を支えたい」と強調した。今後は、自身が理事長を務める社会福祉法人の経営に専念するという。町役場前では職員や町議、支援者らが花束を贈り、拍手で雑賀町長を見送った。
後継を託された新町長の野沢良治氏(62)は、31日午前に初登庁する予定だ。

【写真説明】
職員から花束を受け取る雑賀正光町長(右)=河内町役場


「荒磯部屋」創設 親方凱旋に「大歓迎」 牛久・阿見 地元から喜びの声の画像

「荒磯部屋」創設 親方凱旋に「大歓迎」 牛久・阿見 地元から喜びの声

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 29 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16222086648098

大相撲の元横綱稀勢の里、荒磯親方(34)=本名萩原寛、茨城県牛久市出身=が同県阿見町に「荒磯部屋」を創設することが決まった。28日、牛久市や阿見町では、「大歓迎」などと喜びの声があふれた。郷土力士が親方になっての“凱旋(がいせん)”に、地元住民からはさらなる活躍への期待が高まっている。
荒磯親方が十両に昇進した2004年に発足、地元から声援を送り続けた「稀勢の里郷土後援会」(20年解散)。同会で応援団長を務めた石渡昇さん(69)は「引退した時から茨城に部屋を持ってほしいと思っていたのでうれしい。これからもいろいろな側面から応援したい」と感無量の様子だった。
荒磯親方は現役時代、実直に相撲と向き合う姿が人気を集めた。引退後も早稲田大大学院でスポーツ科学を学び、新たな指導法を模索するなど精進を続けている。石渡さんは「新たな知識や培った相撲道を取り入れた指導で、今までにない相撲部屋をつくり上げてくれることを期待する」と活躍を願った。
地元を重視する親方の姿勢に共感も広がった。同会長だった関彰商事会長、関正夫さん(88)も「茨城に部屋ができることは大いにありがたい」。牛久相撲甚句会の会長、石野雅昭さん(84)は「帰ってきてくれてみんな喜んでいる」と語った。
荒磯親方が通った龍ケ崎市立松葉小の恩師、葉梨修さん(74)は、「今まで茨城でいろいろな人が応援してきたということを分かっている。地元に戻ってきてくれるならうれしい」と頬を緩めた。
数多くの横綱、大関を輩出してきた茨城県だけに、後進の指導にも期待がかかる。県相撲連盟会長の須田義之さん(64)は「県南では(荒磯親方は)特に人気があり、支援者が多い。もともと相撲熱が高い県。子どもたちにも大きな刺激になる。長い目で温かく見守ってほしい」。
荒磯親方は土俵を複数作るなど、従来にない部屋運営を目指しているとされる。須田さんは「簡単ではないと思うが、新しい感覚を取り入れ、相撲界に新風を吹き込んでほしい」と望む。
阿見町の住民からは、部屋の創設を心待ちにする声が相次いだ。相撲好きという同町の女性(73)は「コロナのこんな時代にいいニュース」と笑顔。別の女性(43)は「阿見といえばここ、という場所になって町がにぎわってくれれば」と話した。

【写真説明】
稀勢の里の活躍をたたえ、出身地の牛久市に寄贈された品々を眺める市民たち=牛久市役所


《市町村議会》守谷市の画像

《市町村議会》守谷市

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 29 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16222011692154

【茨城県守谷市】定例会は6月3日に開会し、2億758万円を追加する2021年度一般会計補正予算案など議案12件、報告7件を審議する。会期は同18日までの16日間。一般質問は同11、14、15日の3日間。


《市町村議会》利根町の画像

《市町村議会》利根町

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 29 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16222012015655

【茨城県利根町】定例会は6月2日に開会し、9194万円を追加する2021年度一般会計補正予算案など議案7件を審議する。会期は10日までの9日間。一般質問は同4、7、8日の3日間。


新型コロナ つくばみらい市、市議全員に抗原検査の画像

新型コロナ つくばみらい市、市議全員に抗原検査

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 29 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16222001148540

茨城県つくばみらい市は28日、市議会定例会が開会する6月1日に、市議18人全員が新型コロナウイルスの感染の有無を調べる抗原検査を受けると発表した。
議会事務局によると、抗原検査キットは約2千円で、市議らが自己負担で購入した。開会初日の朝に自宅などで各自検査してもらい、検査結果を事務局に提出してもらう。
市議側から提案があったという。


新型コロナ 茨城、新規47人 県オリパラ課職員の感染も発表の画像

新型コロナ 茨城、新規47人 県オリパラ課職員の感染も発表

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 29 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16222001148539

茨城県と水戸市は28日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計47人確認されたと発表した。累計感染者は9640人。また県は、県外で公表された感染者で、県オリンピック・パラリンピック課職員の感染も明らかにした。
県によると、同課職員は事前キャンプ受け入れ事務の補助などを担う50代男性。県民との接触はない。
クラスター(感染者集団)が発生した龍ケ崎市内の高齢者福祉施設では50代職員の感染が判明し、施設内の感染者は計20人に拡大。常総市内の教育・保育施設でも園児1人の感染が分かり、同施設の感染者は計7人に広がった。
感染が相次ぐ水戸市内の福祉施設の一つでは新たに職員1人の感染が分かり、感染者は計6人となった。
県や結城市によると、同市市民課の20代女性職員の感染が分かった。濃厚接触者とされた職員1人を29日にPCR検査する。
28日までに確認された陽性者のうち新たに31人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計713人。
新型コロナ感染者のうち新たに45人が回復。県内の退院・退所などは計8835人となった。
■県内の感染状況
新規 47人
累計 9640人
うち死者 145人
退院・退所等 8835人
(県発表、28日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


交際相手刺した容疑の男、傷害罪で起訴 水戸地検土浦支部の画像

交際相手刺した容疑の男、傷害罪で起訴 水戸地検土浦支部

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 04 Jun 2021 23:09:01 +0900

記事コード:16228154388775

水戸地検土浦支部は4日、交際相手の腹部を刺したとして、殺人未遂の疑いで逮捕された龍ケ崎市松ケ丘2丁目、無職、大曽根有希容疑者(28)を傷害の罪で水戸地裁土浦支部に起訴した。同地検は罪名変更の理由を明らかにしていない。
起訴状などによると、大曽根被告は5月15日から16日午前2時20分ごろ、自宅で、交際中の土浦市、女性=当時(28)=と酒を飲んでいて口論になり、包丁で女性の腹部を突き刺して全治約6カ月のけがを負わせたとされる。


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設クラスター拡大 茨城県オリパラ課職員も感染の画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設クラスター拡大 茨城県オリパラ課職員も感染

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 28 May 2021 21:07:31 +0900

記事コード:16222035350618

茨城県と水戸市が28日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計47人のうち、1人はクラスターが発生した龍ケ崎市内の高齢者福祉施設の50代職員で、同施設内の感染者は計20人に拡大した。
感染が相次ぐ常総市内の教育・保育施設でも園児1人の感染が判明し、同施設内の感染者は計7人に増えた。
また県は、県外で公表された感染者に、県オリンピック・パラリンピック課職員が含まれていることを明らかにした。職員は事前キャンプ受け入れ事務の補助などを担当する50代男性で、県民との接触はないという。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに47人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに47人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Fri, 28 May 2021 22:18:12 +0900

記事コード:16221965627620

茨城県と水戸市は28日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計47人確認されたと発表した。県内の感染者は累計9640人になった。
県と市によると、新規感染者計47人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が31人、感染経路不明の人が16人。
市町村別の感染者数は、常総市6人、那珂市5人、坂東市4人、つくば市4人、結城市3人、神栖市3人、ひたちなか市3人、土浦市3人、大洗町2人、県外2人、古河市2人、水戸市2人、下妻市1人、筑西市1人、鹿嶋市1人、笠間市1人、美浦村1人、取手市1人、牛久市1人、龍ケ崎市1人。
新たに計45人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8835人となった。
居住地別の新規感染者47人は以下の通り。
◇常総市(6人)
▽10代女子生徒
▽未就学女児
▽30代無職女性
▽20代無職女性
▽未就学男児
▽50代会社員男性
◇那珂市(5人)
▽60代自営業男性
▽60代会社員女性
▽30代自営業女性
▽80代無職女性
▽40代施設職員女性(水戸市から茨城県に移管)
◇坂東市(4人)
▽30代会社員女性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇つくば市(4人)
▽10代男子学生
▽30代自営業女性
▽60代教職員男性
▽20代女子学生
◇結城市(3人)
▽20代公務員女性
▽60代会社員男性
▽20代会社員男性
◇神栖市(3人)
▽10代男子児童
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
◇ひたちなか市(3人)
▽50代会社員男性
▽60代男性(職業非公表)
▽20代男性(職業非公表)
◇土浦市(3人)
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽未就学女児
◇大洗町(2人)
▽20代会社員男性
▽50代アルバイト女性
◇県外(2人)
▽30代アルバイト女性(千葉県)
▽40代会社員女性(東京都)
◇古河市(2人)
▽30代パート女性
▽40代無職女性
◇水戸市(2人)
▽60代会社員女性
▽30代自営業男性
◇下妻市(1人)
▽80代無職女性
◇筑西市(1人)
▽50代パート女性
◇鹿嶋市(1人)
▽70代会社員男性
◇笠間市(1人)
▽20代公務員男性
◇美浦村(1人)
▽50代パート女性
◇取手市(1人)
▽60代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽70代無職男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽50代会社員女性
■茨城県内の感染状況
新規 47人
累計 9640人
うち死者 145人
退院・退所等 8835人
(茨城県・水戸市発表、28日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


新型コロナ 「撞舞」2年連続中止 龍ケ崎の画像

新型コロナ 「撞舞」2年連続中止 龍ケ崎

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 28 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16221200771936

茨城県龍ケ崎市で7月下旬に予定されていた奇祭「撞舞(つくまい)」の中止が、27日までに決まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のためで、2年連続の中止となった。
撞舞は、国選択・県指定無形民俗文化財。雨乞いや五穀豊穣(ほうじょう)、厄よけを願う伝統行事で、アマガエルに扮(ふん)した「舞男」が、高さ14メートルの柱の上に立ち、矢を放ったり、逆立ちしたりと妙技を繰り広げる。400年以上の歴史があると伝わり、市内にある八坂神社の祇園祭の最終日に合わせて行われていた。例年の観覧者は1万2千人程度。祇園祭の規模も大幅に縮小される。
主催する市撞舞保存会は、25日の役員会で中止を決定。人材育成や継承のため、練習自体は行う予定。


《市町村議会》つくばみらい市の画像

《市町村議会》つくばみらい市

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 28 May 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16221200771926

【茨城県つくばみらい市】定例会は6月1日に開会し、新型コロナウイルス感染症対策の雇用継続支援事業助成や女性支援など4970万円を追加する2021年度一般会計補正予算案など議案10件、報告、承認各5件、同意4件、発議2件を審議する。会期は17日までの17日間。一般質問は4、7日。


DHCの差別的文章 守谷市が見解求める 無回答なら協定解消もの画像

DHCの差別的文章 守谷市が見解求める 無回答なら協定解消も

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 28 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16221200771923

茨城県守谷市は27日、包括連携協定を締結している化粧品会社ディーエイチシー(DHC、本社東京)に対し、同社ホームページ(HP)に差別的言動が見受けられるとして、文章の削除と企業としての公式見解を求める文書を送ったと、明らかにした。回答がない場合は協定の解消も検討するとしている。同日の定例記者会見で松丸修久市長らが説明した。
送付した文書によると、同社公式オンラインショップサイトに掲載されている「ヤケクソくじについて」の文章内に、不当な差別的言動と捉えられる部分が散見されると指摘。文章の削除と掲載に対する企業としての公式見解を、6月4日までに回答するよう求めている。送付は市長名で24日に郵送したという。
松丸市長は「公式のホームページに載せていることが問題。会社としての公式見解をしっかりと求めていきたい」とし、結果次第では「(協定の)見直しもせざるを得ない」と話した。
同市は2017年10月、市民の健康づくり推進や地域活性化へ、同社と包括連携協定を締結。18年に市のスポーツフェスティバルで同社講師を招いた健康講演会を開くなどしてきた。

【写真説明】
守谷市役所=同市大柏


【速報】新型コロナ 茨城で新たに50人感染、1人死亡 経路不明13人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに50人感染、1人死亡 経路不明13人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Thu, 27 May 2021 21:27:05 +0900

記事コード:16221082623708

茨城県と水戸市は27日、新形コロナウイルス感染者が新たに計50人確認されたと発表した。また県は同日、患者1人が死亡したと発表した。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代男性。
県と市によると、50人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が37人、感染経路不明の人が13人。
市町村別の感染者数は、坂東市8人、水戸市6人、つくば市6人、桜川市5人、利根町5人、神栖市3人、古河市2人、龍ケ崎市2人、取手市2人、ひたちなか市2人、大洗町1人、つくばみらい市1人、鹿嶋市1人、筑西市1人、美浦村1人、土浦市1人、牛久市1人、稲敷市1人、石岡市1人。
新たに計32人が退院、退所、自宅療養終了し、回復した人は累計で8790人となった。
居住地別の新規感染者50人は以下の通り。
◇坂東市(8人)
▽20代自営業男性
▽30代男性(職業非公表)
▽20代技能実習生男性
▽20代会社員男性
▽20代技能実習生女性
▽30代無職女性
▽30代無職女性
▽10代男子生徒
◇水戸市(6人)
▽70代無職男性
▽80代無職女性
▽90代無職女性
▽90代無職女性
▽90代無職女性
▽50代会社員男性
◇つくば市(6人)
▽20代アルバイト女性
▽未就学男児
▽40代会社員男性
▽30代団体職員女性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
◇桜川市(5人)
▽70代会社員男性
▽80代無職女性
▽40代会社員男性
▽未就学男児
▽10代女子生徒
◇利根町(5人)
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
◇神栖市(3人)
▽50代会社員男性
▽10代女子生徒
▽50代パート女性
◇古河市(2人)
▽0〜9歳男子児童
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(2人)
▽40代会社員男性
▽60代会社員男性
◇取手市(2人)
▽60代アルバイト男性
▽60代無職女性
◇ひたちなか市(2人)
▽90代女性(職業非公表)(水戸市から茨城県に移管)
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇大洗町(1人)
▽40代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽40代会社員男性
◇鹿嶋市(1人)
▽30代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽30代会社員男性
◇美浦村(1人)
▽70代無職男性
◇土浦市(1人)
▽30代会社員女性
◇牛久市(1人)
▽30代パート女性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員女性
◇石岡市(1人)
▽10代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 50人
累計 9593人
うち死者 145人
退院・退所等 8790人
(茨城県・水戸市発表、27日午後6時30分現在)


「家守詩」で心通わせ 上の句、下の句 生徒と家族、連歌でやりとりの画像

「家守詩」で心通わせ 上の句、下の句 生徒と家族、連歌でやりとり

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 27 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16220321989086

◆守谷けやき台中 技法こだわらず◆
「秋の味 祖父の新米 栗ぶどう(2年女子) 毎年届く 祖父母のおもい(母)」「お母さん お風呂そうじを やりました(2年男子) お皿洗いも 手伝って(母)」-。茨城県守谷市の市立けやき台中学校(越智寿雄校長)は、心の教育の一環として生徒と家族を結ぶ「家守詩(やもりうた)」を昨年度から行っている。生徒たちに家庭や家族のことを考える機会にしてもらう。越智校長は「友達の作品を見るだけでもいい。家族への思い、自分に向き合うなど、それらのきっかけにしてほしい」と話す。
家守詩は、五・七・五・七・七の歌で、生徒が上の句(五・七・五)を、家族が下の句(七・七)を詠み、連歌形式で一つの歌を作る。字数などは自由で、参加も強制しない。題材は、家庭のことや家族への思いで、親のほか、祖父母、兄弟姉妹など、誰に宛ててもいい。
18日は本年度の創作の時間があり、2年生が国語の授業で取り組んだ。教諭は「学んできた短歌を基本として作って。でも技法にこだわらず、気持ちを伝えられればいい」と呼び掛け、生徒たちは思い思いに考えた。谷中志茉(しま)さん(13)は「もう少し コストコ控えて 両親よ」と創作。「家の冷蔵庫がいっぱいになって大変だよと思って作ってみた。お父さんに下の句を頼んでみようかな」と話していた。
制作できた生徒は句が書かれた用紙を家に持ち帰り、家族らに下の句を記入してもらい提出する。作品はデータ化され、校内掲示や学校のホームページで発表される。
家守詩は「親守詩」として全国で行われているものを取り入れた。名称は「守谷」と、家の守り神とされる「ヤモリ」から名付けたという。同市では本年度から、この取り組みを市内全小中校に広げていきたいとしている。

【写真説明】
「家守詩」創作へ、話し合いをする生徒たち=守谷市立けやき台中


龍ケ崎官製談合 「人事や市政に影響力」 川北被告ら初公判受け 市長が見解変更の画像

龍ケ崎官製談合 「人事や市政に影響力」 川北被告ら初公判受け 市長が見解変更

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 27 May 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16220321969719

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の罪に問われた市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(71)らの初公判を受け、中山一生市長は26日、記者会見で「(川北被告の)人事介入と受け取られかねないことはあった。市政への影響力を持っているような振る舞いもあったらしい」と述べた。従来はこれらを否定していた。
見解を変更したことについて、中山市長は「(事件の発覚当初は)どう答えていいか分からなかった。訂正点があり、おわびしたい」と陳謝した。市職員の話などを基に、川北被告が市政への影響力をほのめかし、人事面で要望や推薦をしていたと説明した。ただ、「大きい影響力とは考えていない。人事は職員一人一人の経歴を考慮して決めるものだ」と付け加えた。
事件では、市長に近い川北被告、副市長だった川村光男被告(65)、市契約検査課長だった島田真二被告(60)が同罪で起訴。川村被告を除く2被告の初公判は25日までに東京地裁で開かれ、ともに結審した。川北被告は懲役1年6月、島田被告は同10月をそれぞれ求刑された。ほかに市市長公室参事(54)も罰金50万円の略式命令を受けた。
公判で川北被告は、市職員に漏えいを働き掛けた経緯について「市長派と対立していた建設業界から、市政支援の見返りに頼まれた」、島田被告は「(川北、川村両被告に)逆らえば左遷などの報復が待っていた」とそれぞれ供述。中山市長は「業界とのやりとりは知らない。左遷などに関することがあったとは認識していない」と語った。

【写真説明】
記者会見する中山一生市長=龍ケ崎市役所


河内・かわち学園 設立記念碑除幕式 誕生の歴史後世にの画像

河内・かわち学園 設立記念碑除幕式 誕生の歴史後世に

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 27 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16220321969711

茨城県河内町長竿にある義務教育学校・町立かわち学園の設立記念碑が22日、正門前にお目見えした。全ての町立小中学校を一つにまとめて誕生したいきさつを踏まえ、歴史を後世に残すのが狙い。誕生までの経緯とともに、児童生徒に向け「世界に羽ばたけ」とのメッセージを刻んだ。
かわち学園は、2018年4月に開校した。二つの中学校を集約して17年4月にスタートしたかわち学園中学校に、三つの小学校を統合した。町内で義務教育を施す唯一の町立学校に位置付けられる。
記念碑は、かわち学園中学校ができてから、5年の節目に合わせて設置した。笠間市の稲田地区を中心に採掘される「稲田石」が用いられた。
この日は除幕式が開かれ、雑賀正光町長はじめ議員や教育委員、生徒ら計約50人が出席した。雑賀町長は「学校が一つになることは、町の心が一つになること。学校がある限り、地域はどんな時代でも残る」とあいさつした。
橋爪智校長は「児童生徒にとっても、歴史を語り継ぐシンボルになる」と力を込めた。

【写真説明】
設立記念碑の除幕に立った雑賀正光町長(左から5人目)ら関係者=河内町長竿の町立かわち学園


【速報】新型コロナ 茨城で新たに66人感染、1人死亡 経路不明19人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに66人感染、1人死亡 経路不明19人 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Wed, 26 May 2021 21:31:18 +0900

記事コード:16220237258017

茨城県と水戸市は26日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計66人確認されたと発表した。また県は同日、県内の医療機関に入院していた70代男性が死亡したと発表した。25日に公表した神栖市の50代男性の感染を県が取り消したため、県内の感染者は累計で9543人、死者は144人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた70代男性。
県と市によると、新規感染者66人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が47人、感染経路不明の人が19人。
市町村別の感染者数は、常総市13人、つくば市13人、水戸市9人、神栖市6人、坂東市5人、筑西市3人、つくばみらい市2人、石岡市2人、古河市2人、桜川市2人、八千代町2人、牛久市2人、鹿嶋市1人、大洗町1人、潮来市1人、取手市1人、茨城町1人。
新たに計61人が退院、退所、自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計で8758人となった。
居住地別の新規感染者66人は以下の通り。
◇常総市(13人)
▽30代無職女性
▽20代無職女性
▽10代男子生徒
▽30代自営業男性
▽30代会社員女性
▽30代団体職員女性
▽40代団体職員女性
▽10代男子生徒
▽10代男子児童
▽0〜9歳女子児童
▽未就学女児
▽未就学女児
▽40代団体職員女性
◇つくば市(13人)
▽50代無職女性
▽10代女子学生
▽20代会社員男性
▽20代無職女性
▽20代男子学生
▽50代教職員女性
▽10代女子児童
▽40代パート女性
▽20代男子学生
▽50代会社員女性
▽30代会社員女性
▽30代無職女性
▽50代会社員男性
◇水戸市(9人)
▽10代女子学生
▽20代会社員男性
▽10代女子生徒
▽70代自営業女性
▽50代会社員女性
▽20代自営業男性
▽20代女性(職業非公表)
▽30代女性(職業非公表)
▽40代会社員男性
◇神栖市(6人)
▽20代会社員男性
▽20代無職女性
▽20代アルバイト女性
▽10代女子生徒
▽10代男子児童
▽10代男子生徒
◇坂東市(5人)
▽20代会社員男性
▽60代会社員男性
▽70代パート女性
▽20代会社員男性
▽30代団体職員女性
◇筑西市(3人)
▽20代パート女性
▽未就学男児
▽50代男性(職業非公表)
◇つくばみらい市(2人)
▽10代会社員女性
▽80代無職男性
◇石岡市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
◇古河市(2人)
▽30代自営業男性
▽20代アルバイト男性
◇桜川市(2人)
▽70代会社員女性
▽30代パート女性
◇八千代町(2人)
▽20代会社員男性
▽未就学女児
◇牛久市(2人)
▽20代教職員男性
▽50代会社員男性
◇鹿嶋市(1人)
▽40代会社員男性
◇大洗町(1人)
▽10代女子学生
◇潮来市(1人)
▽20代団体職員男性
◇取手市(1人)
▽60代団体職員男性
◇茨城町(1人)
▽90代無職女性
■茨城県内の感染状況
新規 66人
累計 9443人
うち死者 144人
退院・退所等 8758人
(県・水戸市発表、26日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


バチカンの文化学ぶ つくばみらい小絹中 大使館とネット交流の画像

バチカンの文化学ぶ つくばみらい小絹中 大使館とネット交流

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Thu, 27 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16220189389349

茨城県つくばみらい市の市立小絹中学校で20日、面積が世界最小の国「バチカン市国」について学ぶ社会科のオンライン授業が行われた。同校の1年生が在バチカン日本国大使館の職員と交流して、同国の文化や歴史、生活について学び異文化への理解を深めた。
生徒たちと交流したのは同大使館の持丸史恵一等書記官。授業はウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い行われた。
バチカン市国はイタリア・ローマの中にある世界最小の独立国。面積は約0・44平方キロメートルで、東京ディズニーランドくらいの大きさという。日本との時差は7時間。
持丸書記官は大使館の役割などを説明し、バチカン市国に日本の大使館が置かれている理由について、「キリスト教カトリックの総本山であり、社会で大きな役割を果たしているから」と解説した。また、カトリックの聖職者は結婚できないことから「バチカン市国には子どもが住んでいない」というと生徒から驚きの声も上がった。
一方、生徒たちからは「バチカンは歩いて一周するとどれくらいかかる」「学校はあるか」「おいしい食べ物は」など次々と質問が出た。
授業後、服部希乃香(ののか)さん(12)は「子どもが住んでいないことに驚いた。ローマ市内に国がある理由も知ることができ、とても貴重な時間だった」と感想を述べた。砂川璃杏(りあん)さん(13)は「実際に(バチカン市国に)行ってみたいと思った」と話した。
国は小中学校で「1人1台」のタブレット端末やパソコンを整備する「GIGAスクール構想」を推進しており、同校でも教室の通信環境が整ったことから、今回の授業を行った。

【写真説明】
時差が7時間あるバチカン市国とオンラインで結び大使館職員と交流する小絹中の生徒たち=つくばみらい市絹の台


経営コーディネーター 守谷・福永一哉さん 中小企業、元気にしたいの画像

経営コーディネーター 守谷・福永一哉さん 中小企業、元気にしたい

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 26 May 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16219413958440

◆経験生かしアドバイス◆
「これまでの経験を生かし、社会に貢献していきたい」。茨城県守谷市御所ケ丘の福永一哉さん(74)は、無料の経営相談所「県よろず支援拠点」のコーディネーターとして働く。70歳を過ぎた今も、仕事中心の生活を送っている。
広島県出身。同志社大学工学部で電気工学を学んだ後、日立マクセル(現マクセルホールディングス)に就職。電動消しゴム、ATM磁器カードを読み込む機械やフロッピーディスクなどの設計・開発・事業化に携わってきた。「(手掛けた中で)もうからない製品はなかった」と、振り返る。
福永さんは60歳の定年を迎える半年前、37年間勤めた会社を退職する道を選んだ。再雇用制度もあったが会社に残る考えはなかった。「これまでより給与と仕事量は激減する。仕事がない再雇用は面白くない」。在職中から、金属加工業社など3社から誘いがあったのも大きかった。
第2の職場として選んだのは電子機器のベンチャー企業だったが、約1年後にはまたも声が掛かって、自動車部品製造「島田製作所」(常総市)の4代目社長に就任した。経営手腕を発揮し、半年で赤字から黒字経営へ転換。軌道に乗ったこともあって68歳で退職した。
現在は、これまでの経験を生かしながら中小企業を支援する。県内の中小企業を中心に100社超を受け持ち、技術向上や販売方法などの支援を行ったり、企業を訪問し、会社継続のためのアドバイスを行う。
70代半ばに差し掛かり、高校や大学の同級生は、仕事を持たない人が多いが、「働いていると、心身ともに健康でいられる」と目を輝かせる。お客さまに合わせてスケジュールを組み、週2、3回、月80〜100時間ほど働いている。
支援する中で「やる気のある社員がいない」「すぐ辞めてしまう」という悩みを持つ経営者が多い。
そんな企業に寄り添いたいと、個人や組織の目標を達成するための能力開発法「コーチング」を勉強している最中だ。「(コーチングは)一丸となって目標に向かって成果を上げていく手段として有効」と力を込める。
仕事の一方、趣味のゴルフも楽しむ。自分の年齢以下で1ラウンドを回る「エージシュート」を目指している。「働けるうちは中小企業を元気にしていきたいと思う」と前を向く。

【写真説明】
経験を生かし、中小企業をサポートする福永一哉さん=つくば市千現の県よろず支援拠点つくばサテライト拠点


筑波銀、タイドウェイジャパンと内田化工の私募債受託の画像

筑波銀、タイドウェイジャパンと内田化工の私募債受託

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 26 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16219413958436

筑波銀行(茨城県土浦市)は自動車販売のタイドウェイジャパン(茨城県取手市本郷、小林繁雄社長)と包装資材製造販売の内田化工(茨城県小美玉市堅倉、内田尚武社長)が発行する銀行保証付き私募債を受託した。引受額はタイドウェイジャパンが3千万円、内田化工は7千万円。いずれも期間5年で運転資金に充てる。


《新型コロナ》取手 濃度不足ワクチン接種 病院ミス、6人特定できずの画像

《新型コロナ》取手 濃度不足ワクチン接種 病院ミス、6人特定できず

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 26 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16219413958423

茨城県取手市は25日、同市戸頭の西間木病院で行われた医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチン接種で、濃度の薄いワクチンを6人に接種するミスがあったと発表した。6人の特定はできず、濃度不足の可能性がある24人を30日以降に検査し、抗体が低かった場合は専門医などに確認して対応する。同日、市と病院が記者会見で説明した。
市と病院によると、ミスがあったのは16日、同病院職員や市内の医療従事者42人を対象にした2回目の接種。用意したファイザー社製ワクチン7瓶(1瓶6人分)のうち未使用の1瓶が残り、用量を誤ったと分かった。ワクチンは原液を生理食塩液で薄めて使用するが、使用済みと未使用の瓶を取り違え、使用済み瓶の残液をさらに薄めて使用した可能性が高いという。同様のミスは古河市内の高齢者向け集団接種でも18日に判明している。
西間木徹也院長は「チェックができていなかった。職員の意識向上に努めていく」と謝罪した。


龍ケ崎官製談合 元課長に懲役10月求刑 東京地裁初公判 「立場を悪用」の画像

龍ケ崎官製談合 元課長に懲役10月求刑 東京地裁初公判 「立場を悪用」

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 26 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16219413958421

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡り入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反の罪に問われた元市契約検査課長、島田真二被告(60)=同市=の初公判が25日、東京地裁(坂田正史裁判長)で開かれ、島田被告は起訴内容を認めた。検察側は「立場を悪用しており、結果も重大」として懲役10月を求刑、即日結審した。
事件では、中山一生市長に近い市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(71)、副市長だった川村光男被告(65)が同罪で起訴。市市長公室参事(54)も罰金50万円の略式命令を受けた。
論告などで検察側は、島田被告を課長に就けるよう川北被告が川村被告に依頼し、その際、川村被告から入札情報を漏らすよう指示され、自ら資料を確認したとして「従属していたのは否定できないが、責任は軽視できない」と強調した。
弁護側は、強い影響力を持っていた川北、川村両被告の指示に従うほかなかったと反論した。「あしき慣習に巻き込まれた。(漏えいを繰り返さないために)異動願いを出すなど、最大限のことをした」と訴え、罰金刑が相当と主張した。
起訴状によると、4人は共謀し、昨年12月22日の土木工事など入札6件に関し、秘密事項の入札参加申請業者名を記した書面を同9日、島田被告が市参事に交付。市参事が電話で川北被告に漏らしたとされる。
判決は6月24日に言い渡される予定。
■被告が心境 「断れば左遷」逆らえず
被告人質問で島田真二被告は、入札情報漏えいについて「副市長から言われるのであれば、間違いないと思ってしまった。すぐに『犯罪の指示』と分かった」と、当時の心境を詳細に述べた。「断れば左遷など報復が待っていた。課長級以上の人事権は川村(光男)被告にあり、川北(恵一郎)被告の意向に従っていた。みんな知っている話だ」と語った。
島田被告は、漏えい行為から逃れようと2度、異動希望を提出。これに対し川村被告は「(定年まで)残り1年」「最後までやれ」と受け付けなかったという。昨年度には、総額3億円の大型事業などに川北被告が関与しようとしたと証言した。
上司に洗いざらい話したことがあったとも述べた島田被告。「誰もが悪いことと知っているのに、苦しい思いをしているのが龍ケ崎市役所。逆らえる人はいなかった」と弁明した。


常磐線踏切で列車と乗用車衝突 龍ケ崎の画像

常磐線踏切で列車と乗用車衝突 龍ケ崎

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 01 Jun 2021 15:38:51 +0900

記事コード:16225191653355

1日午後0時9分ごろ、茨城県龍ケ崎市佐貫町、JR常磐線龍ケ崎市-藤代間の竜ケ崎街道踏切(警報機、遮断機付き)で、勝田発上野行き上り普通列車(10両編成)と乗用車が衝突した。JR水戸支社によると、同列車は現場に停止、同線は取手-勝田間の上下線で運転を見合わせ、午後1時44分に再開した。同列車の乗客約200人と乗用車の運転者にけがはなかった。同線は上下計15本が運休、同17本に最大87分の遅れが出て、約6500人に影響した。

【写真説明】
列車と衝突した乗用車=龍ケ崎市川原台町、1日午後1時15分ごろ


【速報】新型コロナ、茨城で新たに51人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに51人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 25 May 2021 20:44:33 +0900

記事コード:16219375517668

茨城県と水戸市は25日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計51人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で9478人となった。
県と市によると、51人のうち、陽性者との濃厚接触が原因で感染したとみられる人が27人、感染経路が分かっていない人が24人。また症状別で重症者が1人出ている。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、つくば市6人、神栖市5人、古河市4人、鹿嶋市3人、ひたちなか市3人、龍ケ崎市3人、筑西市2人、境町2人、那珂市2人、北茨城市1人、守谷市1人、取手市1人、牛久市1人、稲敷市1人、つくばみらい市1人、下妻市1人、常総市1人、鉾田市1人、小美玉市1人、土浦市1人、県外1人、常陸太田市1人。
また、新たに計92人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は計8697人となった。
居住地別の新規感染者51人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽40代自営業男性
▽70代無職女性
▽80代無職男性
▽60代男性(職業非公表)
▽30代公務員男性
▽0〜9歳女子児童
▽未就学男児
▽20代パート女性
◇つくば市(6人)
▽60代自営業男性
▽40代医療従事者女性
▽40代医療従事者女性
▽10代女子学生
▽10代女子生徒
▽70代無職女性
◇神栖市(5人)
▽40代団体職員女性
▽10代女子生徒
▽20代会社員男性
▽50代自営業男性
▽90代無職女性
◇古河市(4人)
▽50代会社員女性
▽20代会社員男性
▽20代教職員女性
▽50代会社員男性
◇鹿嶋市(3人)
▽50代会社員男性
▽50代自営業男性
▽50代自営業女性
◇ひたちなか市(3人)
▽50代自営業男性
▽10代男子児童
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽20代女子学生
▽40代会社員男性
▽90代無職男性
◇筑西市(2人)
▽10代女子生徒
▽20代アルバイト女性
◇境町(2人)
▽60代会社員男性
▽80代無職女性
◇那珂市(2人)
▽30代会社員男性
▽40代自営業男性
◇北茨城市(1人)
▽10代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽30代無職女性
◇取手市(1人)
▽30代会社員男性
◇牛久市(1人)
▽30代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽30代アルバイト男性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽60代公務員男性
◇常総市(1人)
▽40代公務員男性
◇鉾田市(1人)
▽60代自営業女性
◇小美玉市(1人)
▽10代無職女性
◇土浦市(1人)
▽30代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽50代無職男性
◇県外(1人)
▽50代無職女性(栃木県)
■茨城県内の感染状況
新規 51人
累計 9478人
うち死者 143人
退院・退所等 8697人
(茨城県・水戸市発表、25日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


街の住みここちランキング北関東版 守谷市3年連続1位の画像

街の住みここちランキング北関東版 守谷市3年連続1位

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 25 May 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16218556633182

賃貸住宅建設大手の大東建託(東京)が居住満足度調査を基に集計した「街の住みここちランキング2021」の北関東版で、茨城県守谷市が3年連続で1位を獲得した。2位は昨年の7位から順位を上げた東海村、3位には昨年と変わらずつくば市が入り、茨城県自治体が上位3位までを独占した。
守谷市とつくば市は、つくばエクスプレス(TX)をはじめとした都内への交通利便性や商業施設が充実し、買い物がしやすいといった生活利便性が評価された。東海村は手厚い子育て策など行政サービスの評価が順位を押し上げた。
このほか、茨城県内ではひたちなか市が7位(昨年2位)、牛久市が8位(同10位)に入った。
つくば市は「住みたい街ランキング2021」でも2位となった。1位は群馬県高崎市、3位は宇都宮市だった。
調査は3月にインターネットで実施され、8453人が回答した。
■街の住みここちランキング (大東建託調べ)
総合順位 昨年順位  自治体名
1位 1位 茨城県守谷市
2位 7位 茨城県東海村
3位 3位 茨城県つくば
4位 4位 群馬県高崎市
5位 6位 栃木県宇都宮市
6位 8位 栃木県大田原市
7位 2位 茨城県ひたちなか市
8位 10位 茨城県牛久市
9位 11位 群馬県前橋市
10位 14位 栃木県下野市


龍ケ崎官製談合 情報漏えい「年10件」 東京地裁初公判 元副会長に1年6月求刑の画像

龍ケ崎官製談合 情報漏えい「年10件」 東京地裁初公判 元副会長に1年6月求刑

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 25 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16218664841012

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の罪に問われた市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(71)=同市=の初公判が24日、東京地裁(坂田正史裁判長)で開かれた。川北被告は起訴内容を認め、検察側は「常習性があり悪質。重大な役割を果たした」として懲役1年6月を求刑、即日結審した。
被告人質問で川北被告は、動機について「2011年ごろ、私を含む市長派と建設業界が対立していた。支援の代わりに(入札の)参加業者名を教えてほしいと頼まれ応じた。事件以外でも年間10件ぐらいあった」と述べた。
事件では、中山一生市長に近い立場の川北被告と、副市長だった川村光男被告(65)=辞職、市契約検査課長だった島田真二被告(60)=定年退職=が同罪で起訴。市市長公室参事(54)も罰金50万円の略式命令を受けた。
論告などで検察側は、川北被告が島田被告を課長にするよう川村被告に働き掛けたほか、市参事を情報漏えいの仲介役にしたなどと説明。一部の落札が業者間で受注調整されたとして「社会の信頼を大きく害した」と強調した。
弁護側は「談合には直接関係せず、何ら経済的利益も受けていない」と執行猶予付きの判決を求めた。
起訴状によると、4人は共謀し、昨年12月22日の土木工事など入札6件に関し、秘密事項の入札参加申請業者名を記した書面を同9日、島田被告が市参事に交付。市参事が電話で川北被告に漏らしたとされる。
判決公判は6月28日の予定。


集団接種で瓶落とし ワクチン6回分破棄 守谷市の画像

集団接種で瓶落とし ワクチン6回分破棄 守谷市

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 25 May 2021 04:34:39 +0900

記事コード:16218556633167

茨城県守谷市は24日、23日に実施した新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、ワクチン瓶1本を落とし6回分を破棄したと発表した。接種予定者には代替のワクチンで対応し、影響はなかった。今後の接種計画にも影響はないという。
市によると、ファイザー社製ワクチンは振動で品質が落ちる可能性があるため、破棄すると判断した。23日、保健センターでの集団接種で、看護師が注射器にワクチンを入れる際、誤って落とした。


《新型コロナ》「感染拡大」 龍ケ崎、常総、北茨城追加 27日から 水戸など6市町解除の画像

《新型コロナ》「感染拡大」 龍ケ崎、常総、北茨城追加 27日から 水戸など6市町解除

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 25 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16218556633169

茨城県独自に指定する新型コロナウイルスの「感染拡大市町村」について、茨城県は24日、龍ケ崎、常総、北茨城の3市を27日から追加すると発表した。6月9日までの2週間、不要不急の外出自粛や飲食店の午後8時までの営業時間短縮を要請する。また、指定期間を26日までとしていた10市のうち、水戸、古河など6市町の指定を解除する。それに伴い現在、20市町村の感染拡大市町村は、27日以降は17市町村となる。
感染拡大市町村は、直近1週間での人口1万人当たりの新規陽性者数が、国指標のステージ3相当の「1・5人以上」となった市町村を指定する。
26日までで解除となるのは、ほかに結城、取手、茨城、境の各市町。一方で、常陸太田、大洗、八千代、利根の4市町は6月2日まで期間を延長する。ほかに、10市町村が6月2日まで指定されている。
茨城県感染症対策課は、県内の感染状況について、「(感染者が)ゴールデンウイークで増えたが、先週から若干減少傾向にある」と分析。病床稼働状況を見ると、重症者数は減少傾向にあるものの、入院患者数全体では210〜220人で推移しており、いまだに県指標で2番目に深刻なステージ3にある。
また、茨城県によると、大洗町での感染者急増を受け、希望する全ての町民らを対象に実施する集中検査について、予約開始した22日と23日の2日間で計872人の申し込みがあった。24日に検体採取を始めた。
【感染拡大市町村】
■5月27日〜6月9日
龍ケ崎、常総、北茨城
■6月2日まで
常陸太田、大洗、八千代、利根(延長)
土浦、下妻、笠間、牛久、筑西、かすみがうら、鉾田、小美玉、東海、阿見(継続)
■5月26日まで
水戸、古河、結城、取手、茨城、境


【速報】新型コロナ 茨城で新たに26人感染、1人死亡 経路不明は8人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに26人感染、1人死亡 経路不明は8人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市

最終更新日:Mon, 24 May 2021 21:35:26 +0900

記事コード:16218512513210

茨城県と水戸市は24日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計26人確認されたと発表した。さらに水戸市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9427人、死者は同143人となった。
市によると、死亡したのは県内の医療機関に入院していた80代女性。
県と市によると、26人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が18人、感染経路不明が8人。
市町村別の感染者数は、大洗町4人、北茨城市4人、水戸市4人、龍ケ崎市3人、牛久市2人、八千代町2人、利根町1人、県外1人、結城市1人、神栖市1人、坂東市1人、石岡市1人、つくばみらい市1人。
新たに48人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計8605人となった。
居住地別の新規感染者26人は以下の通り。
◇大洗町(4人)
▽40代パート女性
▽10代女子生徒
▽30代パート男性
▽60代パート男性
◇北茨城市(4人)
▽未就学女児
▽未就学男児
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
◇水戸市(4人)
▽80代無職男性
▽60代団体職員男性
▽30代会社員男性
▽40代パート女性
◇龍ケ崎市(3人)
▽10代無職女性
▽60代自営業男性
▽80代無職女性
◇牛久市(2人)
▽40代パート女性
▽30代会社員男性
◇八千代町(2人)
▽20代無職女性
▽20代会社員男性
◇利根町(1人)
▽10代男子学生
◇県外(1人)
▽20代無職男性(栃木県)
◇結城市(1人)
▽20代会社員男性
◇神栖市(1人)
▽30代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽20代団体職員女性
◇石岡市(1人)
▽20代無職女性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代会社員男性
■県内の感染状況
新規 26人
累計 9427人
うち死者 143人
退院・退所等 8605人
(県発表、24日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、感染拡大市町村に龍ケ崎、常総、北茨城の3市追加 茨城県の画像

【速報】新型コロナ、感染拡大市町村に龍ケ崎、常総、北茨城の3市追加 茨城県

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Mon, 24 May 2021 21:22:52 +0900

記事コード:16218401244614

茨城県は24日、新形コロナウイルス感染症拡大に伴い独自に指定している「感染拡大市町村」に、龍ケ崎、常総、北茨城の3市を新たに指定すると発表した。期間は27日から6月9日まで。不要不急の外出の自粛や、飲食店の営業時間短縮などを求める。
感染拡大市町村は、直近1週間の感染者が人口1万人当たり1.5人を超えた市町村を対象に指定する。
県は4市町の指定期間延長と、6市町の指定解除なども発表した。27日以降の指定は17市町村になる。
■追加(3市)5月27日〜6月9日
龍ケ崎市、常総市、北茨城市
■延長(4市町)〜6月2日
常陸太田市、大洗町、八千代町、利根町
■継続(10市町村)〜6月2日
土浦市、下妻市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町
■解除(6市町)5月27日
水戸市、古河市、結城市、取手市、茨城町、境町

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


企業局長 澤田勝さんの画像

企業局長 澤田勝さん

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 24 May 2021 16:00:00 +0900

記事コード:16217758429243

◆安全な水を安定供給◆
-企業局の役割は。
県民の快適な生活と健康を支える水道水を県内37市町村へ、また、産業活動の基盤である工業用水を約260事業所へ供給している。さらに、地域振興事業として工業団地の造成なども行っている。
-本年度の事業方針と主要事業は。
人口減少により水需要が減少し、経営環境は厳しさを増している。県民のライフラインである水を安定供給するため、水道事業の経営基盤強化や大規模災害に備えた危機管理対策の強化を図るとともに、新たな工業団地の整備による地域振興などに重点的に取り組んでいく。
特に経営基盤強化に向け、水道事業の広域化を推進する。水需給に余裕がある県南地域から、逼迫(ひっぱく)する県西地域への融通のための連絡管整備を進め、浄水場の計画的な統廃合によるコスト縮減、県水転換の促進による収入の確保に努める。
危機管理対策としては、本年度の完了に向け、水道施設の浸水対策や非常用自家発電設備の導入による停電対策に取り組む。さらに、管路の耐震化も進める。新型コロナウイルス感染予防対策を徹底して行い、常に水の供給を継続できるよう浄水場の運転管理に万全を期していく。
また、つくばみらい市福岡地区で新たな工業団地の整備にも着手する。本年度から新設された立地推進部や地元市などとも連携し、スピード感を持って整備を推進していく。
-中長期的な取り組みは。
安全で安心な水を安定供給するため、計画的な事業実施や新たな技術の導入、デジタル化の推進などにより、業務の改善や効率化を図る。将来にわたり持続的な経営を確保していくため、さらなる経営基盤の強化に努めていきたい。
■さわたまさる 日立市出身。東京工業大工学部卒。1980年入庁。土木部技監(総括)、同部長などを経て、2018年4月から現職。64歳。

【写真説明】
企業局長の澤田勝さん


茨城県内の養豚農家 免疫切れ子豚、対策急務 迫る豚熱に危機感の画像

茨城県内の養豚農家 免疫切れ子豚、対策急務 迫る豚熱に危機感

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 24 May 2021 09:17:45 +0900

記事コード:16217741499214

野生イノシシや国内の養豚場での豚熱(CSF)感染確認が相次いでいるのを受け、茨城県内の養豚農家が危機感を募らせている。県は発生防止のため昨年5月に県内農場の飼養豚へのワクチン初回全頭接種を完了し、新たに出生した子豚への定期接種を進めている。しかし他県では、母乳からの免疫が切れ、ワクチン接種までの隙間で子豚の感染が確認された例もある。茨城県は豚の飼育頭数全国第6位で、県の農業産出額では約9%を占める“養豚県”。養豚農家は「明日はわが身」と不安を口にする。
■県北で増加
昨年6月、取手市で県内初の野生イノシシの豚熱感染が確認された。同年12月には守谷市でも確認。今年に入ってからは大子町で7例、常陸太田市で4例、常陸大宮市で1例と県北地域での確認が相次いでいる。しかも、計12例のうち7例が4月中、2例が5月中に確認された。
大子町にある常陸牧場の矢吹和人社長(57)は「全ての野生イノシシが豚熱陽性だと思って防疫を強化している」と語る。
養豚場での感染防止のため、県は消毒などの衛生管理の徹底を指導し、特定家畜伝染病防疫指針に基づき飼育豚へのワクチン接種を進めている。
また野生イノシシの免疫率向上のため、栃木県境や利根川河川敷、野生イノシシの感染が確認された地域の計13市町で経口ワクチン散布を年2回実施。19日から5回目の散布を開始した。
■空白の期間
2018年9月、国内で26年ぶりに岐阜県の養豚場で豚熱の感染が確認されてから現在までに、13県で68例の養豚場での豚熱感染が確認された。今年に入って確認された7例は全て茨城県と同じくワクチン接種をしている農場だった。
特に目立ったのが、母乳からの免疫が切れた子豚の感染だ。農林水産省によると、今年感染が確認され調査が終わった5例のうち3例で、ワクチン未接種の子豚の感染が見られた。
生まれた子豚は、母乳によって母親から移行抗体を得るが、生後50〜60日で効果が切れるとされる。免疫が切れてからワクチン接種までの空白の期間に、野生イノシシから感染する例が見られている。栃木県畜産振興課によると、4月に同県那須塩原市の養豚農家で豚熱感染が確認されたのは、全て生後60日前後の子豚だった。
また茨城県畜産課の担当者はワクチンを接種しても抗体を持つのは「8〜9割」と話す。「ワクチンだけでも防疫強化だけでも駄目。両輪で対策していくしかない」と呼び掛けている。
■2度打ち
県養豚協会の倉持信之会長(68)は、母乳からの移行抗体が切れた子豚間の感染確認に対し「茨城県で同様の感染を出さないための議論が必要」と語る。
感染防止策として、同協会は県に対し、子豚に対するワクチン2度接種の要請を検討している。移行抗体が切れる前に接種すると抗体がブロックされ効果がなくなってしまう一方、接種を遅らせれば感染のリスクが高まる。そのため、接種の機会を2度設けることでリスク低減を図る。特に、野生イノシシの感染確認が相次ぐ県北地域での2度接種を進めたい考えだ。
豚熱が確認された農場では、他の農場への拡大を防ぐために飼育豚全頭が殺処分される。倉持会長は「経営者の悔しさは計り知れない」と話し、決意を口にした。「一日でも早く養豚農家の不安を払拭(ふっしょく)し、茨城から1農場も豚熱感染を出さないようにしたい」

【写真説明】
子豚にワクチンを接種する家畜防疫員ら=2020年2月(県畜産課提供)


龍ケ崎官製談合 市上層部との関係焦点 元社協副会長、24日初公判の画像

龍ケ崎官製談合 市上層部との関係焦点 元社協副会長、24日初公判

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Mon, 24 May 2021 10:00:10 +0900

記事コード:16217721343902

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、官製談合防止法違反の罪で起訴された市社会福祉協議会の元副会長、川北恵一郎被告(71)らの公判が24日から、東京地裁で始まる。事件は、当時の副市長を含む市幹部が関与したとされ、地元有力者と目される川北被告と市上層部との関係がどこまで明らかにされるかが焦点となる。市が設置した第三者委員会の調査にも影響を与える可能性がある。
■職員3人起訴
事件は、市社協副会長だった川北被告と副市長だった川村光男被告(65)=いずれも辞職=が、同法違反で逮捕、起訴された。共謀したとして市契約検査課長だった島田真二被告(60)=定年退職=が在宅起訴。市市長公室参事の男性(54)も略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受け、納付した。
起訴状などによると、4人は共謀し、昨年12月22日執行の土木工事など入札6件に関し、秘密事項だった入札参加申請業者名を記した書面を同9日、島田被告が市参事に交付。市参事が電話で川北被告に情報を漏らしたとされる。
入札には、いずれも市内に拠点を置く延べ26社が参加し、それぞれ異なる6業者が落札した。捜査段階では、漏れた情報が業者間の受注調整に使われた可能性があるとみられていた。
■市政に影響力
起訴状は、川北被告について「市政や建設業界に影響力を有している」とする。
市内には、川北被告の親族が代表の会社があり、土木建築工事の設計や監理などを事業に掲げる。ベテラン市議らによると、同社は川北被告が実質的経営者で、周囲は建設設計コンサルタントとみなしていた。
中山一生市長は記者会見などで、川北被告は自身の支援者だったと説明。父で防衛庁長官を務めた元衆院議員、利生氏(故人)時代からの付き合いだった。市長選の立候補経験者の話では、川北被告が中山陣営の「参謀役」だった。
川北被告について市のベテラン職員は「中山市政になってから発言力を増した」と話す。自身に近い市職員を通じ、担当職員に市の事業説明を求めることもあったという。
■公判傍聴
事件後に市は、弁護士や大学教授でつくる「官製談合再発防止対策検討委員会」を組織した。公判は市職員が傍聴し、検討委に報告する予定だ。
市幹部の一人は「結局は制度より人の問題ではないか。(被告の)関係性を含め、何がいけなかったのか明らかにならなくては庁内の動揺も収まらない」と強調した。
初公判は川北被告が24日午後、島田被告が25日午後にそれぞれ開廷する。川村被告は、争点を絞る公判前整理手続きが続いている。

【写真説明】
川北恵一郎被告が副会長を務めていた龍ケ崎市社会福祉協議会=同市馴柴町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに53人感染 大洗が11人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに53人感染 大洗が11人

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市

最終更新日:Sun, 23 May 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16217577319122

茨城県と水戸市は23日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計53人確認されたと発表した。県内累計の感染者は9401人となった。
県と市によると53人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられるのが38人、感染経路が分かっていないのが15人。
市町村別の感染者数は、大洗町11人、北茨城市7人、水戸市7人、古河市6人、土浦市5人、龍ケ崎市3人、笠間市2人、つくばみらい市2人、高萩市2人、常陸太田市2人、つくば市1人、結城市1人、筑西市1人、神栖市1人、常陸大宮市1人、ひたちなか市1人。
新たに計55人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8557人となった。
居住地別の新規感染者53人は以下の通り。
◇大洗町(11人)
▽50代パート女性
▽40代パート女性
▽60代パート男性
▽40代アルバイト男性
▽未就学男児
▽50代パート女性
▽60代パート女性
▽70代パート女性
▽60代パート男性
▽60代パート女性
▽30代パート男性
◇北茨城市(7人)
▽50代パート女性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽40代パート女性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代パート女性
◇水戸市(7人)
▽50代会社員男性
▽60代自営業男性
▽70代会社員男性
▽70代無職女性
▽40代会社員男性
▽40代会社員女性
▽20代会社員女性
◇古河市(6人)
▽未就学男児
▽女子児童
▽未就学女児
▽20代アルバイト男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員女性
◇土浦市(5人)
▽20代女性(職業非公表)
▽10代男子児童
▽60代無職男性
▽40代団体職員女性
▽40代公務員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽50代パート女性
▽50代無職女性
▽80代無職女性
◇笠間市(2人)
▽90代無職男性
▽40代自営業男性
◇つくばみらい市(2人)
▽10代会社員女性
▽50代会社員女性
◇高萩市(2人)
▽20代無職男性
▽60代会社員男性
◇常陸太田市(2人)
▽30代会社員女性
▽40代自営業男性
◇つくば市(1人)
▽50代教職員女性
◇結城市(1人)
▽20代アルバイト女性
◇筑西市(1人)
▽50代会社員男性
◇神栖市(1人)
▽30代アルバイト女性
◇常陸大宮市(1人)
▽60代無職女性
◇ひたちなか市(1人)
▽60代パート女性
■県内の感染状況
新規 53人
累計 9401人
うち死者 142人
退院・退所等 8557人
(県・水戸市発表、23日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


新型コロナ 茨城で49人確認、1人死亡 クラスター発生施設で感染広がるの画像

新型コロナ 茨城で49人確認、1人死亡 クラスター発生施設で感染広がる

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 23 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16216827213379

茨城県と水戸市は22日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに49人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9348人。また、県内の医療機関に入院していた100歳代の女性が21日に死亡し、県内死者の累計は142人となった。
クラスター(感染者集団)が発生した龍ケ崎市内の高齢者福祉施設では、60〜90代利用者3人の感染が判明。このほか、クラスター発生の高齢者福祉施設では、茨城町の施設で90代利用者、笠間市内の施設で20代職員の感染がそれぞれ分かった。
感染が相次ぐ鉾田市内の事業所では、従業員2人の感染が判明。寮など普段の生活の場での接触を含め、感染者は計13人に拡大した。また、土浦市内の事業所でも従業員1人が感染し、陽性者は計21人に増えた。
県によると、22日までに確認された陽性者のうち新たに14人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計595人となった。
新型コロナ感染者のうち新たに76人が回復。県内の退院・退所などは計8502人となった。
■県内の感染状況
新規 49人
累計 9348人
うち死者 142人
退院・退所等 8502人
(県発表、22日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城、3高齢者福祉施設で感染者増えるの画像

【速報】新型コロナ 茨城、3高齢者福祉施設で感染者増える

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 22 May 2021 21:00:00 +0900

記事コード:16216748169970

茨城県内で22日に確認された新型コロナウイルス感染者49人のうち5人が、クラスター(感染者集団)が発生している三つの高齢者福祉施設の利用者や職員だった。
県によると、笠間市内の施設で職員1人、龍ケ崎市内の施設で利用者3人、茨城町内の施設で利用者1人が新たに陽性と分かった。各施設の感染者累計は笠間が19人、龍ケ崎が19人、茨城町が18人となった。いずれの施設も21日までに利用者と職員全員のPCR検査を終えた。
また、鉾田市の事業所で従業員2人の陽性が判明し、感染者は変異株3人を含む計13人となった。県は、寮などでのクラスター発生の可能性を示している。クラスター発生の土浦市内の事業所でも従業員1人が陽性で、感染者は変異株12人を含む計21人に増えた。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに49人感染、患者の100歳代女性死亡の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに49人感染、患者の100歳代女性死亡

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 22 May 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16216719629020

茨城県と水戸市は22日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計49人確認され、患者1人が21日に死亡したと発表した。県内累計の感染者は9348人、死者は142人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していたコロナ患者の100歳代女性。
県と市によると49人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられるのが31人、感染経路が分かっていないのが18人。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、つくば市6人、龍ケ崎市5人、土浦市5人、取手市3人、潮来市3人、ひたちなか市3人、常総市3人、坂東市2人、笠間市2人、鉾田市2人、稲敷市1人、古河市1人、守谷市1人、鹿嶋市1人、小美玉市1人、大洗町1人、茨城町1人。
新たに計76人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8502人となった。
居住地別の新規感染者49人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽90代無職女性
▽50代会社員男性
▽50代パート女性
▽20代会社員女性
▽40代無職女性
▽40代会社員男性
▽80代自営業女性
▽70代無職男性
◇つくば市(6人)
▽30代自営業女性
▽10歳未満女子児童
▽未就学女児
▽10代女子児童
▽50代無職女性
▽20代会社員女性
◇龍ケ崎市(5人)
▽60代無職女性
▽90代無職女性
▽70代無職男性
▽70代無職男性
▽60代無職女性
◇土浦市(5人)
▽30代公務員男性
▽30代自営業男性
▽30代会社員女性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
◇取手市(3人)
▽50代パート女性
▽10代アルバイト女性
▽20代会社員男性
◇潮来市(3人)
▽30代団体職員女性
▽20代アルバイト女性
▽30代会社員男性
◇ひたちなか市(3人)
▽20代会社員男性
▽40代会社員女性
▽40代男性(職業非公表)
◇常総市(3人)
▽20代会社員女性
▽30代会社員女性
▽20代会社員女性
◇坂東市(2人)
▽60代パート女性
▽40代自営業女性
◇笠間市(2人)
▽20代団体職員男性
▽80代無職男性
◇鉾田市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員男性
◇古河市(1人)
▽10代無職女性
◇守谷市(1人)
▽40代会社員男性
◇鹿嶋市(1人)
▽10代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽30代公務員男性
◇大洗町(1人)
▽40代会社員女性
◇茨城町(1人)
▽90代無職女性
■県内の感染状況
新規 49人
累計 9348人
うち死者 142人
退院・退所等 8502人
(県・水戸市発表、22日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


利根町議会 議長に新井氏、副議長に船川氏の画像

利根町議会 議長に新井氏、副議長に船川氏

関連地域 :利根町

最終更新日:Sat, 22 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16215989162159

茨城県利根町議会は21日、臨時議会を開き、議長に新井邦弘氏(63)=無所属、副議長に船川京子氏(63)=公明=を選出した。新井氏は前副議長で当選3回。船川氏は前議長で当選3回。


《新型コロナ》茨城県内ワクチン接種 リスト作成、振り替え対応 廃棄回避へ対策急ぐの画像

《新型コロナ》茨城県内ワクチン接種 リスト作成、振り替え対応 廃棄回避へ対策急ぐ

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 22 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16216071925397

新型コロナウイルスワクチンの一般高齢者に向けた予約や接種が進む中、茨城県内の自治体はキャンセルが出た際にワクチン廃棄を避けるための対策に取り組んでいる。キャンセル待ちのリストを用意したり、優先順位を職種ごとに決めたりして振り替え接種に備える。各自治体は「無駄を出さないよう運用していきたい」と態勢づくりを急ぐ。
■会場で待機
現在接種している米ファイザー製ワクチンは、希釈後6時間以内に使う必要がある。1瓶で5〜6回接種できるものの、接種予定者が突然体調不良を訴えるなどして予約を取り消すと、余る可能性がある。
自治体は、振り替え接種の方法を定め始めている。
古河市は一般高齢者向け接種を県内で最も早い今月1日に始めた。事前にキャンセルが14人出たため、保健師や医療従事者が代わりに接種した。
市によると、振り替え接種の対象は、訪問看護師や教職員、保育士など社会機能維持のため働く「エッセンシャルワーカー」にした。登録した複数人に集団接種会場で待機してもらい、キャンセルが出ればすぐ接種する。担当者は「キャンセルがない場合もある。待機者には納得して待ってもらうことになる。医療機関とリストを共有し、絶対廃棄がないように取り組む」と話した。
取手市は、18日までに計7日間接種。民生委員や児童委員を務める高齢者158人を中心に、振り替え要員とした。計15人のキャンセル分は、医療従事者を含めて振り替えたという。
■キャンセル待ち
土浦市は、31日から80歳以上の一般高齢者接種を控える。集団接種で予約できなかった人に「キャンセル待ち」の希望を取った。一時約300人に達し、個別接種の医療機関に振り分けた。市は今後もリストを作り、急なキャンセルに備える構えだ。
市担当者は「リスト順が優先。市北部の医院でキャンセルが出た場合でも、市南部の住民に振り替えることがある」と強調する。
24日から65歳以上の接種が始まる常陸大宮市は、「コロナわくちんバンク」を作り、振り替え接種の申し込みを受けて名簿化している。19日時点で約200人が集まった。集団接種や個別医療機関でキャンセルが出た際、市が連絡を受け、バンク登録者に電話案内する。
市は「夕方からでも廃棄がないよう、できるだけ柔軟に対応したい」としている。
■対象幅広く
振り替え対象の例として、県はエッセンシャルワーカーをはじめ、住民と接する機会の多い市町村職員などを挙げる。
水戸市や八千代町は、教職員や接種に関わる保育所職員を事前登録。稲敷市は21日、教職員や接種に関わる市職員から希望者を募る「キャンセル待ちリスト」を作成すると発表した。大子町は介護や障害者などの福祉施設の職員も加える。
キャンセル対応を巡っては、首長が振り替え接種した例が県内でも相次ぎ判明した。事前に説明がないケースがほとんどで、住民から批判の声も上がった。河野太郎行政改革担当相は「説明責任を果たしていただきたい」とした上で、ワクチンを無駄にしない「有効活用」を訴えている。

【写真説明】
一般高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種=1日午前、古河市


災害ハザード存在エリア 茨城、自主防災組織未結成500カ所超 県、発足推進へ補助金の画像

災害ハザード存在エリア 茨城、自主防災組織未結成500カ所超 県、発足推進へ補助金

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Sat, 22 May 2021 10:10:36 +0900

記事コード:16216047760646

洪水や土砂災害などの災害ハザードが存在しながら自主防災組織が結成されていないエリアが、茨城県内で500カ所超に上ることが21日、県への取材で分かった。災害時の「共助」の要として期待される自主防災組織の世帯カバー率は県内で2016年に8割に達したが、以降は頭打ちになっている。これらの課題を踏まえ、県は本年度、災害ハザードがあるエリアでの立ち上げを支援する「結成費補助金」を新設。東日本大震災や関東・東北豪雨、台風19号(東日本台風)の水害などを教訓に組織発足を一層推進していく。
■カバー率2割台も
県防災・危機管理課によると、県内の自主防災組織は主に自治会や小学校区の単位で活動。同課が各市町村に照会したところ、災害ハザードがあるにもかかわらず、このような単位で結成されていないエリアは昨年9月末現在、540カ所あると判明した。
昨年4月1日時点で県内に自主防災組織は3409団体あり、世帯カバー率は83.0%(約103万8千世帯)。59.6%だった2010年から10年間で23.4ポイント向上した。ただ、全国比較では1.3ポイント下回り、中位以下の36番目。県総合計画(18〜21年度)では90%達成を目標に掲げており、1割程度足りない状況だ。
自治体別では、水戸、日立、常陸太田、ひたちなか、鹿嶋、潮来、筑西、坂東、大洗、大子、美浦、阿見、河内、五霞、利根の15市町村が100%を達成。一方で、25.5%のつくばみらい市や28.2%の結城市など、10市町が2〜6割台にとどまる。
■半数が目標
県はこれまで、防災士の受験資格が得られる「いばらき防災大学」や防災に関する「リーダー研修会」を開き、自主防災組織の核となる人材育成を図ることで結成を促してきた。本年度は「結成費補助金」を加え、さらに促進する。
補助金は災害ハザードのある未結成エリアを対象とし、1団体10万円を上限に設定した。交付の最低条件は新規結成と、個人の避難計画「マイ・タイムライン」作成講座の開催。防災訓練実施などの計画や、カバー世帯数に応じて補助額が変わる仕組みだ。
約500カ所のうち半数で組織されるのを目標に、予算は2500万円を計上した。同課は「行政の対応に加え、地域の協力による防災活動が被害軽減のために重要。補助金を活用いただき、結成につなげていきたい」と話す。
■課題はさまざま
世帯カバー率が2割台の結城市では、自治会単位で136カ所が未結成(昨年9月末現在)で、うち35カ所に鬼怒川の洪水などの災害ハザードが存在。市防災安全課担当者は「結成を進めなければ」と危機感をのぞかせる一方、組織運営など自治会役員の負担増が一つの「ハードル」とみる。
つくばみらい市では185カ所が未結成で、うち107カ所にハザードがある。つくばエクスプレス(TX)沿線の宅地開発に伴い、自治会自体がないエリアもあり、市防災課担当者は結成の前段階として「コミュニティーの形成をどうするかが課題」と話す。
結成促進の取り組みは、結城市では結成時の上限5万円の補助や、活動資機材購入の上限10万円の補助を既に実施。つくばみらい市は本年度から3年間限定で、1団体上限25万円の結成補助金を設けた。
今回の県の制度新設でより手厚い支援が可能となり、同市担当者は「結成の追い風になる」と認識。両市は市の補助金とともに、周知を図っていくという。
★自主防災組織
地域ごとに住民自ら防災活動を行う組織で、災害対策基本法に規定。救助、要援護者の避難支援など「共助」によって被害を減らす。2019年の台風19号では、近隣の安否確認や避難の呼び掛けなど組織が機能した地域もある。同法では「市町村長は自主防災組織の充実を図る」とされている。


新型コロナ 茨城で53人感染 90代男性と80代女性死亡の画像

新型コロナ 茨城で53人感染 90代男性と80代女性死亡

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 22 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16215989162150

茨城県と水戸市は21日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計53人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9299人。また、県内医療機関に入院していた90代男性と80代女性の2人が20日に死亡し、県内の死者累計は141人となった。
県によると、つくば市内の保育施設で未就学児5人と職員1人の感染が判明。施設内の感染者はこれまでの県公表者を合わせ9人で、クラスター(感染者集団)発生の可能性が高い。
クラスターが発生したとされる施設のうち、笠間市内の高齢者福祉施設で利用者4人が感染し、感染者は計18人に拡大。龍ケ崎市内の高齢者福祉施設では利用者1人の感染が判明し、感染者は計16人に増えた。大洗町内の事業所では従業員1人の感染が分かり、感染者は計14人に広がった。
21日までに確認された陽性者のうち新たに39人が変異株と判明した。県内の変異株確認は累計581人。
新型コロナ感染者のうち新たに50人が回復し、県内の退院・退所などは計8426人となった。
■県内の感染状況
新規 53人
累計 9299人
うち死者 141人
退院・退所等 8426人
(県発表、21日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ つくばの保育施設でクラスター 笠間、龍ケ崎の高齢者施設も拡大の画像

【速報】新型コロナ つくばの保育施設でクラスター 笠間、龍ケ崎の高齢者施設も拡大

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 21:10:42 +0900

記事コード:16215988954342

茨城県と水戸市が21日発表した新型コロナウイルス新規感染者53人のうち、6人はつくば市内の保育施設の未就学児(5人)と職員(1人)で、同施設内の感染者はこれまでに発表された3人と合わせ9人となった。県はクラスター(感染者集団)発生の可能性が高いとした。
これまでにクラスター発生とされた施設のうち、笠間市内の高齢者福祉施設で利用者4人の感染が判明、感染者は計18人に拡大した。
龍ケ崎市内の高齢者福祉施設でも利用者1人の感染が新たに分かり、同施設内の感染者は計16人に広がった。
大洗町の事業所では、従業員1人の感染が明らかになり、感染者は計14人に増えた。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに53人感染、2人死亡 複数死亡は3月以来の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに53人感染、2人死亡 複数死亡は3月以来

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 20:43:42 +0900

記事コード:16215898232700

茨城県と水戸市は21日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計53人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者2人が死亡したと発表した。死者が複数確認されたのは3月10日以来。県内の感染者は累計9299人、死者は同141人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた90代男性と80代女性。
県と市によると、53人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が39人、感染経路が分かっていない人が14人。
市町村別の感染者数は、大洗町8人、つくば市7人、常陸太田市5人、常総市4人、土浦市4人、笠間市4人、結城市3人、県外3人、古河市2人、鉾田市2人、ひたちなか市2人、鹿嶋市1人、日立市1人、境町1人、北茨城市1人、龍ケ崎市1人、稲敷市1人、石岡市1人、小美玉市1人、水戸市1人。
新たに計50人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8426人となった。
居住地別の新規感染者53人は以下の通り。
◇大洗町(8人)
▽20代無職女性
▽50代アルバイト女性
▽20代パート女性
▽30代アルバイト女性
▽30代アルバイト男性
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇つくば市(7人)
▽10代男子生徒
▽未就学女児
▽未就学女児
▽未就学女児
▽未就学女児
▽未就学女児
▽40代会社員男性
◇常陸太田市(5人)
▽70代無職女性
▽30代会社員男性
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽70代無職男性
◇常総市(4人)
▽30代アルバイト女性
▽40代自営業男性
▽20代会社員女性
▽20代会社員男性
◇土浦市(4人)
▽40代会社員男性
▽0〜9歳女子児童
▽80代無職女性
▽20代無職女性
◇笠間市(4人)
▽70代無職男性
▽80代無職男性
▽80代無職女性
▽90代無職女性
◇結城市(3人)
▽20代無職女性
▽40代会社員男性
▽50代会社員女性
◇県外(3人)
▽50代会社員男性(埼玉県)
▽20代男子学生(千葉県)
▽20代男子学生(千葉県)
◇古河市(2人)
▽20代会社員男性
▽30代自営業男性
◇鉾田市(2人)
▽30代アルバイト女性
▽40代アルバイト女性
◇ひたちなか市(2人)
▽30代無職男性
▽40代女性(職業非公表)
◇鹿嶋市(1人)
▽10代男子学生
◇日立市(1人)
▽40代会社員男性
◇境町(1人)
▽20代会社員女性
◇北茨城市(1人)
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(1人)
▽80代無職女性
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽30代女性(職業非公表)
◇小美玉市(1人)
▽20代無職女性
◇水戸市(1人)
▽70代会社員男性
■県内の感染状況
新規 53人
累計 9299人
うち死者 141人
退院・退所等 8426人
(県・水戸市発表、21日午後8時30分時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手市議会、オンライン模擬議会 秘密会の課題検証の画像

取手市議会、オンライン模擬議会 秘密会の課題検証

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 17:58:35 +0900

記事コード:16215094538561

議会のオンライン化を進めている茨城県取手市議会は19日、本会議をオンラインで行った場合の課題検証へ、完全オンラインでの模擬議会を開いた。今回は秘密会がオンラインで可能かなどを検証した。
同市議会は、現在の制度上では開催できないオンライン本会議について、将来を見据え、民間企業や大学などとともに課題抽出や研究を重ねている。議場に議員がいない「完全オンライン模擬議会」は4回目。
同日は、市議会デモテック戦略特別委員会で策定された完全オンライン用の新しい会議規則素案に基づいて開いた。テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、議員や企業担当者ら計23人が参加した。
秘密会の運営については、オンラインではどう開催できるかについて、(1)再度、違うZoomURLを立ち上げる(2)ブレイクアウトセッションを使用するなどの案を検証した。参加者は「ヘッドセットを使用する」「不可抗力で情報が漏れることもあるので不可能」など、さまざまな意見を出し合った。

【写真説明】
秘密会の運営などの課題を検証した完全オンライン模擬議会=取手市議会議場


フィリピン寄贈へ 竜ケ崎ロータリークラブに市の消防車を譲渡の画像

フィリピン寄贈へ 竜ケ崎ロータリークラブに市の消防車を譲渡

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16215094538550

茨城県龍ケ崎市は、更新に伴い不要となった消防車を竜ケ崎ロータリークラブ(RC)に無償で譲渡した。今後、フィリピンの地元RCに贈る。最終的には、現地の消防当局によって活用される予定という。
竜ケ崎RCに渡ったのは、馴馬地区消防団が使っていた消防ポンプ車で走行距離は約1万7千キロメートル。2000年に導入された。フィリピンのRCと友好のある竜ケ崎RCが市に譲渡を依頼した。現地でも、消防や災害の現場で用いられる見込みだ。18日に市役所で開かれた車両譲渡式で中山一生市長は「フィリピンの人々のためになることを願う」とあいさつ。竜ケ崎RCの滝沢健一会長は「車両はさらに活躍できるはず。国際交流の橋渡しにもしたい」と述べた。

【写真説明】
レプリカの鍵を手にする中山一生市長(右)と滝沢健一会長=龍ケ崎市役所


高齢者ワクチン追加347箱 茨城県内市町村配分決定 接種2回、20万人分の画像

高齢者ワクチン追加347箱 茨城県内市町村配分決定 接種2回、20万人分

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16215093939427

高齢者向け新型コロナウイルスワクチンについて、茨城県は20日、6月7日の週と同14日の週に県内に配送される計347箱の市町村への配分内訳を発表した。1箱1170回分で、約20万3千人が2回接種できる量になる。
県によると、347箱は全44市町村のうち43市町村に1〜31箱を振り分ける。納入希望量や高齢者人口などを考慮して決めた。
最多は水戸市の31箱で、次いで日立市25箱、土浦市23箱、ひたちなか市19箱、古河市17箱、取手市16箱-など。五霞町は、高齢者人口に占めるこれまでの供給数が多いことから、今回は0だった。
県は4月5日の週以降、これまでに計856箱の配分を決めている。今回の配分を含めた累計では、最多が水戸市の92箱。次いで日立市73箱、つくば市72箱。
6月14日の週までに届く累計1203箱は、約70万人が2回接種できる量になる。65歳以上の県内の高齢者と高齢者施設の従事者は約90.2万人で、確保率は約76%となる。
県内では、県が独自にワクチン接種の優先順位を決め、(1)高齢者施設入所者・従事者(2)障害者支援施設入所者・従事者(3)その他の高齢者など-の順で進められている。


新型コロナ 62人感染 茨城県内、変異株最多40人確認の画像

新型コロナ 62人感染 茨城県内、変異株最多40人確認

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 08:59:31 +0900

記事コード:16215194060520

茨城県と水戸市は20日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計62人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9246人。また、同日までに確認された陽性者のうち新たに40人が変異株と判明。1日当たりでは最多で、県内の変異株確認は累計542人となった。
県によると、龍ケ崎市内の高齢者福祉施設では新たに利用者と職員計9人の感染が判明。施設内の感染者は計15人に拡大し、県はクラスター(感染者集団)発生との認識を示した。
クラスター発生の可能性がある、ひたちなか市内の事業所でも新たに従業員1人が感染判明。事業所内の感染者は計8人に増えた。
つくば市内の高齢者福祉施設では、これまでに感染が判明した5人のうち、利用者と職員各1人の変異株感染が確認された。
新型コロナ感染者のうち新たに49人が回復。県内の退院・退所などは計8376人となった。
■県内の感染状況
新規 62人
累計 9246人
うち死者 139人
退院・退所等 8376人
(県発表、20日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手の保育園で集団胃腸炎の画像

取手の保育園で集団胃腸炎

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 23:00:31 +0900

記事コード:16215182090723

茨城県は20日、取手市戸頭の戸頭東保育園(園児120人、職員32人)で感染性胃腸炎の集団感染があったと発表した。同日までに、園児と職員計41人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えた。保健所が発症者などの検体を調べた結果、4人からノロウイルスが検出された。重症者はなく、全員快方に向かっている。県感染症対策課によると、5〜20日までに0〜5歳クラスの園児34人と保育士ら職員7人が発症した。


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設でクラスタ― ひたちなかの事業所も増えるの画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設でクラスタ― ひたちなかの事業所も増える

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 21:10:04 +0900

記事コード:16215124830904

茨城県と水戸市が20日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計62人のうち、9人は感染が相次ぐ龍ケ崎市内の高齢者福祉施設の利用者(7人)と職員(2人)で、施設内の感染者は計15人(利用者12人、職員3人)に拡大、県は「クラスター(感染者集団)が発生した」との認識を示した。
クラスタ―発生の可能性がある、ひたちなか市内の事業所でも、新たに従業員1人の感染が判明、事業所内の感染者は計8人に増えた。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに62人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに62人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 20:57:01 +0900

記事コード:16215052020525

茨城県と水戸市は20日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計62人確認されたと発表した。県内の感染者は累計9246人となった。
県と市によると、62人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が47人、感染経路不明の人が15人。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、龍ケ崎市7人、県外6人、土浦市5人、つくば市5人、取手市4人、東海村3人、大洗町3人、筑西市3人、八千代町2人、日立市2人、笠間市2人、鉾田市2人、つくばみらい市2人、古河市1人、かすみがうら市1人、神栖市1人、石岡市1人、常総市1人、守谷市1人、坂東市1人、利根町1人。
新たに計49人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計8376人となった。
居住地別の新規感染者62人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽60代パート女性
▽40代会社員女性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代自営業男性
▽未就学女児
▽40代会社員男性
▽40代自営業男性
◇龍ケ崎市(7人)
▽70代無職女性
▽100歳以上無職女性
▽80代無職女性
▽80代無職女性
▽50代パート女性
▽90代無職女性
▽50代団体職員男性
◇県外(6人)
▽60代会社員(栃木県)男性
▽40代アルバイト男性(千葉県)
▽40代アルバイト男性(千葉県)
▽40代アルバイト男性(千葉県)
▽40代会社員男性(千葉県)
▽30代自営業女性(埼玉県)
◇土浦市(5人)
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
▽30代無職女性
▽40代パート女性
◇つくば市(5人)
▽40代団体職員女性
▽60代団体職員男性
▽未就学女児
▽60代アルバイト女性
▽40代公務員男性
◇取手市(4人)
▽60代無職女性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽80代無職女性
◇東海村(3人)
▽70代無職男性
▽0〜9歳女子児童
▽40代会社員男性
◇大洗町(3人)
▽30代会社員男性
▽50代会社員女性(水戸市から茨城県に移管)
▽50代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇筑西市(3人)
▽未就学女児
▽未就学女児
▽未就学女児
◇八千代町(2人)
▽30代自営業男性
▽未就学男児
◇日立市(2人)
▽60代会社員男性
▽30代会社員男性
◇笠間市(2人)
▽30代会社員女性
▽20代会社員女性
◇鉾田市(2人)
▽30代自営業女性
▽未就学女児
◇つくばみらい市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代会社員女性
◇古河市(1人)
▽30代会社員男性
◇かすみがうら市(1人)
▽10代女子学生
◇神栖市(1人)
▽40代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽30代会社員男性
◇常総市(1人)
▽50代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽30代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽60代会社員男性
◇利根町(1人)
▽90代無職女性
■県内の感染状況
新規 62人
累計 9246人
うち死者 139人
退院・退所等 8376人
(県・水戸市発表、20日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


目指せおもちゃ医師 常総市内初の病院、10月にもの画像

目指せおもちゃ医師 常総市内初の病院、10月にも

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Fri, 21 May 2021 18:14:52 +0900

記事コード:16214227837691

壊れたおもちゃを「治療」して修理する、おもちゃ病院の開設に向けて、NPO法人「みらい倶楽部」(茨城県常総市)は14、15の両日、同市水海道天満町の生涯学習センターで、おもちゃドクターの養成講座を開いた。10月にも市内初となるおもちゃ病院開院を目指すという。
養成講座には約10人が参加し、講師からはんだ付けなどおもちゃ修理の基本ノウハウを学んだ。
おもちゃ病院は壊れたおもちゃを原則無料で修理する。おもちゃドクターになるには養成講座を受講し、修理に必要な基本知識を学んだ上で、おもちゃ病院でインターン研修をする必要がある。
今回の養成講座受講後は、つくばみらい市内のおもちゃ病院で3〜4カ月のインターンを行う。みらい倶楽部の坂和生理事長(66)は「子どもたちにおもちゃへの愛着を持ってもらえれば」と述べた。
受講した常総市の会社員、草間一美さん(66)は「子どもが喜ぶ顔が見たくて参加した。おもちゃに触れることも懐かしかった」と話した。
日本おもちゃ病院協会(東京)によると、茨城県内にはおもちゃ病院が日立、つくばみらい、取手、阿見など10市町にある。全国では1687人(3月31日現在)のおもちゃドクターが活動している。

【写真説明】
修理の基本を学ぶおもちゃドクター養成講座が開かれた=常総市水海道天満町


取手市、コミバスに市民憲章川柳 渡し船にも掲示の画像

取手市、コミバスに市民憲章川柳 渡し船にも掲示

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 13:00:00 +0900

記事コード:16214227837687

茨城県取手市が市制施行50周年を記念し市民から募集した「市民憲章『川柳』」の最優秀作品や入賞作品が、市内を走るコミュニティーバスと、渡し船「小堀の渡し」船内に掲示されている。
市民憲章川柳は、コロナ禍でも多くの市民が参加できる50周年事業の一つ。市にまつわる単語などを使った作品を募集し、小学2年生から92歳まで計500点の応募があり、3月に入賞8作品が決まった。
コミュニティーバスは計7台が走っており、各バスに最優秀賞や市長賞など入賞作品計8点を掲示している。6月30日まで。
渡し船には、渡し船を題材にした最優秀作品「自転車も 連れて取手の 渡し舟」(石塚流川さん作)1点を常時掲示している。
市の担当者は「各作品とも取手の魅力を上手に表現している。乗ったときにはぜひ作品を楽しんでもらえれば」と話している。

【写真説明】
市内を走るコミュニティーバスに掲示されている取手市民憲章川柳の入賞作品


「トナリエクレオ」開業 つくば駅前商業施設を刷新の画像

「トナリエクレオ」開業 つくば駅前商業施設を刷新

関連地域 :つくばみらい市,守谷市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 06:00:00 +0900

記事コード:16214198523561

つくばエクスプレス(TX)つくば駅前の商業施設「トナリエクレオ」(茨城県つくば市吾妻)が19日オープンした。西武百貨店筑波店(2017年撤退)やイオンつくば駅前店(18年撤退)が入居していた商業施設をリニューアルし、隣接する商業施設「トナリエキュート」「トナリエモグ」とともに「トナリエつくばスクエア」として不動産開発の日本エスコン(東京)が一体的に運営する。
西武百貨店が使用していた全6階のうち、1〜3階を商業施設、4〜6階をオフィスとして活用。イオン跡地にはマンションを建設する。
開店式典で関係者らがテープカットを行い、開業を祝った。日本エスコンの伊藤貴俊社長は「日常生活に欠かすことのできない施設にしていきたい」と意気込みを語った。
五十嵐立青つくば市長は「クレオは市民にとって象徴的な存在。もう一度にぎわいのある施設にし、街の拠点にしていきたい」とあいさつした。

【写真説明】
トナリエクレオの開業を祝いテープカットをする伊藤貴俊社長(左から2人目)ら=つくば市吾妻


龍ケ崎市議会 新議長に滝沢氏 副議長に久米原氏の画像

龍ケ崎市議会 新議長に滝沢氏 副議長に久米原氏

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 10:35:14 +0900

記事コード:16214227837674

茨城県龍ケ崎市議会は19日の臨時会で、辞任に伴う正副議長選を実施し、議長に滝沢健一氏(45)=当選3回、令和会、副議長に久米原孝子氏(51)=当選2回、公明=をそれぞれ選出した。慣例にのっとり、2年で交代した。


《市町村議会》利根町の画像

《市町村議会》利根町

関連地域 :利根町

最終更新日:Thu, 20 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16214227837672

【茨城県利根町】臨時会は21日に開き、正副議長の選出や2021年度一般会計補正予算案など議案10件を審議する。会期は同日のみ。


水球男子の大川、五輪代表に 土浦市出身、2大会連続の画像

水球男子の大川、五輪代表に 土浦市出身、2大会連続

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 20 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16214331137465

日本水泳連盟は19日、水球の東京五輪代表男女各12人を発表し、男子は茨城県土浦市出身で31歳の大川慶悟(Kingfisher74)らが選ばれた。大川の選出ははリオデジャネイロ五輪に続き2大会連続。
大川は土浦一中から埼玉・秀明英光高、日体大に進んだ。日体大在学中の2009年5月に日本代表初出場を果たし、通算136キャップを数える。現在はベテランとしてチームを引っ張り、日本の武器であるスピードとスタミナを生かしたテンポの速い戦術の構築に欠かせない存在だ。
12年のロンドン五輪の予選敗退を経験し、32年ぶりに出場権を得た16年のリオ五輪は5戦全敗の悔しさを味わった。今回の自国開催の大舞台を自身の集大成と捉えており、「リオのように全敗で終わるわけにはいかない。いろんな方が支えてくれて水球ができる環境にいるので、結果で恩返しをしたい」と意気込みを示す。
大川の五輪代表入りに、安藤真理子土浦市長は「2大会連続の選出は、土浦市民として大変誇りに思う。金メダルを目指して頑張ってほしい」とコメントした。
茨城県関係の五輪代表内定は、スポーツクライミングの野口啓代(TEAM au、龍ケ崎市出身)、クレー射撃の中山由起枝(日立建機、結城市在住)、自転車の梶原悠未(筑波大院)、空手の染谷真有美(テアトルアカデミー、古河市出身)に続いて5人目。

【写真説明】
大川慶悟


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設でクラスタ―か 茨城町の施設も広がるの画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の高齢者施設でクラスタ―か 茨城町の施設も広がる

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 21:10:21 +0900

記事コード:16214261158109

茨城県と水戸市が19日に発表した新型コロナウイルス新規感染者計59人のうち、5人は龍ケ崎市内の高齢者福祉施設の70〜90代利用者で、感染者は職員1人を含む計6人に拡大した。県は新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
同じくクラスターが発生した茨城町内の高齢者福祉施設でも、利用者3人の感染が判明し、施設内の陽性者は計17人に広がった。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに59人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに59人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 19:02:57 +0900

記事コード:16214184303513

茨城県と水戸市は19日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計59人確認されたと発表した。また県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計で9184人、死者は同139人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた60代男性。
県と市によると、59人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が43人、発表の時点で感染経路が分かっていない人が16人。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、鉾田市7人、取手市5人、つくば市5人、茨城町3人、県外3人、土浦市3人、龍ケ崎市3人、常陸太田市2人、日立市2人、大洗町2人、結城市2人、坂東市2人、古河市2人、守谷市2人、利根町1人、神栖市1人、筑西市1人、稲敷市1人、常総市1人、那珂市1人、かすみがうら市1人、笠間市1人。
また、新たに計79人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8327人となった。
居住地別の新規感染者59人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽20代女子学生
▽90代無職女性
▽90代無職女性
▽40代会社員男性
▽20代医療従事者女性
▽未就学男児
▽40代自営業女性
▽30代会社員男性
◇鉾田市(7人)
▽30代自営業男性
▽0〜9歳男子児童
▽70代自営業女性
▽40代医療従事者女性
▽10代女子生徒
▽10代男子生徒
▽70代自営業男性
◇取手市(5人)
▽20代女子学生
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽90代無職女性
▽90代無職女性
◇つくば市(5人)
▽40代会社員男性
▽30代パート女性
▽0〜9歳女子児童
▽30代会社員男性
▽50代パート女性
◇茨城町(3人)
▽80代無職男性
▽80代無職女性
▽70代無職女性
◇土浦市(3人)
▽30代会社員男性
▽50代無職女性
▽40代会社員男性
◇龍ケ崎市(3人)
▽80代無職女性
▽20代女子学生
▽70代無職女性
◇常陸太田市(2人)
▽40代男性(職業非公表)
▽30代会社員男性
◇日立市(2人)
▽50代会社員男性
▽50代自営業男性
◇大洗町(2人)
▽70代会社員男性
▽70代会社員女性
◇結城市(2人)
▽30代無職男性
▽80代無職女性
◇坂東市(2人)
▽30代会社員女性
▽20代パート女性
◇古河市(2人)
▽未就学女児
▽20代アルバイト男性
◇守谷市(2人)
▽20代男子学生
▽50代会社員女性
◇利根町(1人)
▽70代無職男性
◇神栖市(1人)
▽30代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽60代パート女性
◇稲敷市(1人)
▽50代会社員女性
◇常総市(1人)
▽30代会社員女性
◇那珂市(1人)
▽40代会社員男性
◇かすみがうら市(1人)
▽30代会社員男性
◇笠間市(1人)
▽60代女性(職業非公表)
◇県外(3人)
▽40代会社員男性(栃木県)
▽30代会社員男性(千葉県)
▽40代会社員男性(千葉県)
■県内の感染状況
新規 59人
累計 9184人
うち死者 139人
退院・退所等 8327人
(県・水戸市発表、19日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


女子高生社長、取手の鷲田さん 「日本ファン」増えて 漫画エッセー本出版の画像

女子高生社長、取手の鷲田さん 「日本ファン」増えて 漫画エッセー本出版

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16213365002291

現役高校生で会社経営者でもある鷲田るみさん(17)=茨城県取手市=が、母の美加さん(54)との共著「JK、外国人の彼氏から#本日の日本を気づかされる。」を出版した。高校生の目から見た日本の習慣や精神性を、漫画やエッセーでコミカルに紹介する内容で「世界中に日本のファンを増やす」という大きな夢につながる一歩と位置付ける。
るみさんは江戸川学園取手高の3年生。中学3年で、日本の魅力を世界に発信する会社「CEPON(セポン)」を起業しており、今回の出版は、特に同世代に伝える手段の一つとして企画した。
漫画はA5判、116ページ。女子高生るみと外国人の彼氏ルイが登場し、日常を通じて日本を見直す構成だ。るみさんはエッセーを担当。和菓子や学校、擬音、食品サンプル、安全など10項目を取り上げ、和菓子から伝わる四季や、学校の掃除、食品サンプルとおもてなしの心など、普段感じている「日本の魅力」を盛り込んだ。
出版に向けて動き出したのは昨年春ごろから。「外国人に魅力を伝えるには、まず日本人が日本のことを知らないと」。るみさんの思いを形にするため、漫画家やデザイナー、印刷ディレクターなど、つくば市周辺で活動する大人たちがサポートに回った。
漫画を担当した中林まどかさん(30)は、るみさんのリクエストを基に「自然体の高校生らしさを大切に、テンポ良く仕上げた」。起業家でもある美加さんもエッセーを執筆。母親として「子どもがやりたいことを、大人が本気で応援する環境が大事」と見守りつつ、「(制作に携わった人たちの)世代間ギャップも楽しんだ」とパートナーとしての一面ものぞかせた。
るみさんが考える日本の一番の魅力は「精神性」にあるという。他人への配慮や思いやり、当たり前のことをきちんとする。「私もそれができる人になりたい」と笑顔を見せる。
日本文化に触れ、楽しく学べるテーマパークをつくるなど目標は明確だ。夢を実現するために、「大学で経営を学びたい」と、真っすぐに将来を見据える。
漫画は1100円。県内の一部書店やインターネットで購入できる。問い合わせは鷲田美加さんinfo@rion2020.com、(電)090(4412)8957へ。

【写真説明】
鷲田るみさん(中央)と、母の美加さん(左)、漫画家の中林まどかさん(右)


取手・住民運営ショップ1年 高齢者の買い物支援 フリマや生演奏でお祝い 人と人つながる場にの画像

取手・住民運営ショップ1年 高齢者の買い物支援 フリマや生演奏でお祝い 人と人つながる場に

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16213365002288

団地などでの高齢化に伴う“買い物弱者”が問題となる中、茨城県取手市西2丁目の大規模団地「中央タウン」内にあるコミュニティーショップ「ひだまり」が19日、開店1周年を迎えた。高齢者の買い物支援へ、団地住民らが空き店舗を活用してボランティアで運営する「住民による住民のための店舗」。15日には記念イベントのフリーマーケットとバイオリン生演奏が催され、1周年を祝った。開店当初から関わる小平省吾さん(75)は「皆さんのおかげで1年を迎えることができた」と感謝する。
中央タウンには約3300人が居住する。誕生から40年以上がたち、団地内にあったスーパーマーケットやコンビニ店は撤退。お年寄りらが買い物に不自由する状態を受け、「気軽に立ち寄れる店を」と、団地住民らでボランティアグループを結成し開店させた。
現在、スタッフは23人。店内の冷蔵庫などの設備、仕入れなども自分たちで行い、市の空き店舗活用の補助を受け運営している。商品は、野菜や米、弁当、調味料、トイレットペーパー、洗剤など、食料品や日用品を扱っている。また、100円で利用できる喫茶スペースも併設している。
15日には「ひだまりフリマ」として、店頭でフリーマーケットが開かれた。陶器やトートバッグなどの手作り品が並び、多くの人が買い求めていた。また、喫茶スペースでは、千葉県在住のバイオリニスト、池田有沙さんが生演奏を披露。池田さんは各地でチャリティー演奏なども行っており、この日は、童謡なども含め9曲を演奏し観客を魅了した。
小平さんは「商品を売るだけでなく、これからも、地域住民が集える場、人と人がつながる場になるよう続けていきたい」と話した。

【写真説明】
「ひだまり」開店1周年記念コンサートに出演した池田有沙さんを囲むスタッフら=取手市西2丁目


常総市副市長就任の西田将人さん、国と地域一体で動くの画像

常総市副市長就任の西田将人さん、国と地域一体で動く

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16213365002282

市民にとって身近な場所である「市役所」で仕事ができることは「地域のために役立てるので、やっぱりうれしい」と語るのは茨城県常総市の副市長に就任した西田将人(にしだまさと)さん。副市長への打診には「迷いなく、分かりました」と快諾した。
香川県丸亀市出身。広島大院修了。2005年4月、国土交通省に入省した。関東地方整備局河川計画課長などを経て、中部地方整備局庄内川河川事務所長を務めた。
国家公務員を目指すきっかけは、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の開通だった。「便利になったという声がすごく報道され、小学生の自分にはインパクトが強かった。何か大きなものをつくりたいと考え、高専に入って土木に行こうと決めた」
河川事務所長時代には、豪雨による水害被害に対し、流域の自治体と協力して治水対策を進める流域治水プロジェクトを全国に先駆けて策定した。防災一つとっても「国と地域が一体とならなければならない。自治体の仕組みを知ることで、大きな施策の動かし方も学べる」。
市の当面の課題は、新型コロナウイルスの「ワクチン接種」と23年開業を目指す「アグリサイエンスバレー事業」だ。「常総市がさらに一歩進んでいくために、市職員らと共に成し遂げていきたい」と意気込む。
趣味は休日に子どもと出掛けること。最近、市長に勧められスポーツ自転車を始めた。妻と長男、次男の4人暮らし。守谷市。40歳。

【写真説明】
西田将人・常総市副市長


守谷市アプリに不正アクセス 個人情報閲覧の可能性の画像

守谷市アプリに不正アクセス 個人情報閲覧の可能性

関連地域 :守谷市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16213365002278

茨城県守谷市の生活情報が受け取れる市民向けスマートフォンアプリの情報が外部から閲覧可能になっていた問題で、守谷市は18日、システムが第三者からの不正アクセスを受けていたと発表した。市によると、ユーザー情報399件に参照された可能性があり、うち219件は個人情報を含んでいた。今年2月にシステム不備が発覚し、委託業者が調査を進めていた。
市のアプリは「もりんふぉ」。市によると、個人情報は登録者の氏名、メールアドレス、住所、生年月日、電話番号の全部またはいずれかが含まれる。個人情報を含まない残りの180件はニックネーム登録だった。
不正アクセスは昨年11月8日から12月25日、181回に及んだ。データ参照は失敗を含め50回あった。
松丸修久市長は「多大なご心配をお掛けして深くおわび申し上げます。再発防止に取り組んでまいります」とコメントを出した。
委託先は情報関連会社「両備システムズ」(岡山市)。当初、アクセス履歴が確認できた今年1月3日から2月2日の間の不正アクセスは確認されず、運用開始時の18年まで広げて調査していた。アプリの登録者数は9848人(2月1日現在)。
県内では日立市のアプリでも同様のシステム不備が判明している。

【写真説明】
守谷市役所=同市大柏


つくばみらい市 戸籍書類を別人に誤送付の画像

つくばみらい市 戸籍書類を別人に誤送付

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 18 May 2021 22:47:04 +0900

記事コード:16213452983023

茨城県つくばみらい市は18日、戸籍証明書の発行時、他人の氏名や本籍地が記載された付票を申請者に誤送付したと発表した。市によると、6日、県外在住の40代男性から市に戸籍謄本と付票の送付申請があった。市民窓口課の職員が関係書類計2枚を印刷する際、同時に他の職員が印刷した別人の付票と交ざってしまい、気付かないまま郵送したという。11日に男性から指摘があり、誤送付が発覚した。市は男性らに謝罪し、誤送付した付票を回収した。同課は確認作業を徹底するなど再発防止を図るとしている。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに31人感染、1人死亡 経路不明が18人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに31人感染、1人死亡 経路不明が18人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 18 May 2021 20:02:04 +0900

記事コード:16213307378157

茨城県と水戸市は18日、新形コロナウイルス感染者が新たに31人確認されたと発表した。さらに市は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計9125人、死者は同138人となった。
市によると、亡くなったのは、県内の医療機関に入院していた90代男性。
県と市によると、31人のうち陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が13人、感染経路が分かっていない人が18人。
市町村別の感染者数は、つくば市4人、筑西市3人、古河市2人、取手市2人、龍ケ崎市2人、城里町2人、東海村2人、土浦市2人、八千代町1人、石岡市1人、下妻市1人、常総市1人、県外1人、稲敷市1人、ひたちなか市1人、牛久市1人、守谷市1人、水戸市1人、常陸太田市1人、大洗町1人。
新たに計50人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計8258人となった。
居住地別の新規感染者31人は以下の通り。
◇つくば市(4人)
▽30代自営業男性
▽20代無職女性
▽0〜9歳女子児童
▽60代団体職員男性
◇筑西市(3人)
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員女性
◇古河市(2人)
▽50代会社員男性
▽30代無職女性
◇取手市(2人)
▽40代会社員男性
▽20代会社員女性
◇龍ケ崎市(2人)
▽50代会社員女性
▽40代会社員男性
◇城里町(2人)
▽70代無職男性
▽60代パート女性(水戸市から茨城県に移管)
◇東海村(2人)
▽50代会社員男性
▽70代無職女性
◇土浦市(2人)
▽20代無職女性
▽30代会社員男性
◇八千代町(1人)
▽30代アルバイト女性
◇石岡市(1人)
▽50代女性(職業非公表)
◇下妻市(1人)
▽30代無職女性
◇常総市(1人)
▽30代会社員女性
◇稲敷市(1人)
▽30代会社員男性
◇ひたちなか市(1人)
▽20代男子学生
◇牛久市(1人)
▽50代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽20代会社員女性
◇水戸市(1人)
▽20代無職女性
◇常陸太田市(1人)
▽40代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇大洗町(1人)
▽0〜9歳女子児童(水戸市から茨城県に移管)
◇県外(1人)
▽10代生徒男性(千葉県)
■県内の感染状況
新規 31人
累計 9125人
うち死者 138人
退院・退所等 8258人
(県・水戸市発表、18日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


ゆにろーず 家庭用冷凍ラーメン開発 巣ごもり需要浸透図るの画像

ゆにろーず 家庭用冷凍ラーメン開発 巣ごもり需要浸透図る

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 18 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16212505481150

ラーメン店チェーンのゆにろーず(茨城県取手市井野台、大野秀之社長)は冷凍ラーメンを開発し、内食・中食市場に本格進出する。冷凍用に麺やスープ、チャーシューを改良し、冷凍加工・管理に必要な設備を導入する。店頭販売や通信販売で顧客を開拓、新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要で浸透を図る。店頭販売は流山店(千葉県流山市)を皮切りに、今年夏をめどに全18店舗に拡大する。
新たに販売を始めたのは「お家(うち)でにんたま」。開発から製造、販売まで同社で一貫して提供する。
通販用の麺は、店頭用よりもやわらかいものに改良した。家庭にある調理器具は火力が弱く、店頭用の麺ではゆで時間が長くなり、品質が低下してしまう。そのため、麺の素材の配合割合を変更することでやわらかくし、ゆで時間の短縮に成功した。
冷凍加工が難しい味付け卵を提供できない代わりとして、新たな「トロチャーシュー」を開発した。スープは、トロチャーシューを漬け込んだ状態で袋詰めにして冷凍加工する。店頭用よりも塩分濃度を高めたことで、チャーシューの肉質を一層やわらかくする効果があるという。
しょうゆ味やみそ味、塩味(いずれも税込み500円)に加え、黒マー油を使った「プレミアム黒にんたま」(税込み600円)をそろえる。味付け卵がないため、店頭価格よりも140〜150円安く設定した。
今後は本格販売に向け、スープの充填(じゅうてん)設備やチャーシューの調理器具、冷凍ラーメン専用のプレハブ倉庫などを取手市内の製造工場に整備する。また、ネットショップ支援サービスの「STORES」を利用し、6月上旬に通信販売を始める。4食分セットから販売する。全体の事業費は約3千万円の見通しだ。
大野社長は3年後に1日500食の販売を目指すとし「新型コロナで減少した分の売り上げを冷凍ラーメンで補いたい」と力を込めた。

【写真説明】
冷凍ラーメンの店頭販売を始めた流山店。冷凍ショーケースに商品が並ぶ=千葉県流山市


豚熱経口ワクチン 19日から散布開始 茨城県、守谷など13市町の画像

豚熱経口ワクチン 19日から散布開始 茨城県、守谷など13市町

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 18 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16212505481155

茨城県は17日、豚熱(CSF)感染予防のため、19日から6月10日にかけて野生イノシシへの経口ワクチン散布を行うと発表した。散布は昨年1月に開始し、今回で5回目。
今回は、昨年12月に利根川沿いで野生イノシシの感染が確認された守谷市と、今年2月以降3例の感染が確認された常陸太田市を含めた13市町で行う。県内では4月にも、大子町と常陸太田市で計7例の感染確認が相次いでいる。5回目の散布は当初、今年1月に予定されていたが、鳥インフルエンザへの対応のため延期されていた。


《新型コロナ》茨城県 感染拡大10市町村追加 「まん延防止」も再要請の画像

《新型コロナ》茨城県 感染拡大10市町村追加 「まん延防止」も再要請

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Tue, 18 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16212581524971

茨城県独自の新型コロナウイルス対策として、大井川和彦知事は17日、臨時会見で、「感染拡大市町村」に土浦や筑西など10市町村を20日から追加指定すると発表した。6月2日までの2週間、不要不急の外出自粛や飲食店の午後8時までの営業時間短縮を要請する。また、水戸など7市町の指定延長などに伴い、対象は20日以降、県内の半数近い計20市町村に拡大する。大井川知事は最近の若年層の感染拡大や変異株の広がりに危機感を示し、国に「まん延防止等重点措置」の適用を17日付であらためて要請したと明らかにした。
感染拡大市町村に追加指定したのは、ほかに下妻、笠間、牛久、かすみがうら、鉾田、小美玉、阿見、東海の各市町村。いずれも直近1週間の人口1万人当たりの新規陽性者が、国指標のステージ3相当の「1.5人以上」を上回った。
指定を19日までとしていた9市町のうち、水戸、古河、結城、茨城、大洗、八千代、利根の7市町は期間を26日まで1週間延長。残りの龍ケ崎市とつくば市は19日までで解除する。クラスター(感染者集団)発生などで特に感染拡大が顕著な大洗町について、大井川知事は「特別な検査を行えるかどうかも含め、町と協議したい」と述べた。
ほかに、常陸太田、取手、境の3市町は26日まで指定が継続される。
大井川知事は最近の県内の感染状況について、「20〜40代の若い方の感染が広がっているほか、(感染者のうち)ほぼ半数が変異株に感染している」と説明。16日時点で国指標の6項目中5項目、県指標の4項目中3項目が、2番目に高い「ステージ3」となっていることを挙げた。
大井川知事によると、まん延防止等重点措置の要請・打診は今回で3度目。同措置の適用をあらためて国に強く求める一方、「指定を待つことが許されない状況となれば、県独自の緊急事態宣言を出す可能性も排除しない」と述べた。
このほか、学校の部活動における新たな対策を公表。練習試合や合同練習について、県外校との開催自粛や感染拡大市町村内の学校との開催を慎重に判断する対応を講じる。私立校や大学に対しても、同様の対応を要請する。
【感染拡大市町村】
■5月20日〜6月2日
土浦、下妻、笠間、牛久、筑西、かすみがうら、鉾田、小美玉、東海、阿見
■5月26日まで
水戸、古河、結城、茨城、大洗、八千代、利根(延長)
常陸太田、取手、境(継続)
■5月19日まで
龍ケ崎、つくば

【写真説明】
「感染拡大市町村」の追加などについて説明する大井川和彦知事=県庁


河内町長選で初当選した野沢良治さん、託されたバトン継承の画像

河内町長選で初当選した野沢良治さん、託されたバトン継承

関連地域 :河内町

最終更新日:Tue, 18 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16212505481147

「チャレンジをして、汗をかいて、いい町をつくる」と語るのは茨城県河内町長選で初当選した野沢良治(のざわよしはる)さん。
初当選を果たし、思いを新たにする。孫娘から花束を贈られ、だるまに目入れすると、厳しかった表情に笑顔が戻る。こちらが本来の顔つきなのだろう。
町議出身の新人同士が一騎打ちを演じた今選挙。自身にとっては、推す側から推される側への転換だ。2013年の前々回選挙では、同志の町議で新顔だった雑賀正光町長を擁立した。選挙対策本部長の要職を務め、豪腕で知られた現職の6選を阻んだ。「長期政権となれば、弊害もある。風穴をあけたかった」と振り返る。
トップの交代劇から8年がたった。今度は自分にバトンが渡ってきた。雑賀町長から出馬を要請された。「今まで一緒に歩んできた。路線をしっかり継承する」。熱意を胸に、周囲の後押しも得て立候補を決意した。
選挙のたびに、町は割れた。対立がまた生じないか-。こうした心配もささやかれる。だが、「政治は是々非々。きちんと説明し、納得と協力を得て進めたい」と方針を示す。17年間に及んだ町議の経験から導き出した一つの処方箋だ。継承ばかりではなく、オリジナリティーも発揮していきたい。
好きな言葉に「有言実行」を挙げる。キャッチコピーの「夢ある町」の実現とともに、住民との約束事だ。4世代8人暮らし。生板。62歳。

【写真説明】
河内町長選で初当選した野沢良治さん=5月16日午後10時半ごろ、河内町源清田


【速報】新型コロナ、茨城で新たに80人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに80人感染 県と水戸市発表

関連地域 :取手市

最終更新日:Wed, 19 May 2021 17:20:06 +0900

記事コード:16212474591540

茨城県と水戸市は17日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計80人確認されたと発表した。県内の感染者は累計9094人となった。
感染者が80人以上確認されたのは、4月24日以来。
県と市によると、80人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が62人、感染経路が分かっていない人が18人。
市町村別の感染者数は、水戸市20人、大洗町14人、鉾田市10人、土浦市6人、笠間市6人、小美玉市4人、古河市4人、筑西市3人、牛久市2人、県外2人、取手市2人、結城市2人、坂東市1人、日立市1人、石岡市1人、東海村1人、茨城町1人。
新たに計70人が退院、退所、自宅療養終了し、回復者は累計8208人となった。
居住地別の新規感染者80人は以下の通り。
◇水戸市(20人)
▽60代会社員男性(県公表)
▽50代団体職員女性(県公表)
▽40代無職女性(県公表)
▽40代女性(職業非公表)
▽50代自営業男性
▽20代女子学生
▽20代女子学生
▽20代女子学生
▽20代女子学生
▽20代女子学生
▽10代女子学生
▽10代女子学生
▽20代女子学生
▽10代女子学生
▽10代女子学生
▽10代女子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽20代女子学生
▽20代会社員男性
◇大洗町(14人)
▽20代アルバイト女性
▽30代無職女性
▽60代パート女性
▽未就学女児
▽0〜9歳女子児童
▽0〜9歳男子児童
▽0〜9歳女子児童
▽0〜9歳男子児童
▽60代パート女性
▽30代会社員男性
▽20代会社員女性(水戸市から茨城県に移管)
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
▽0〜9歳男子児童(水戸市から茨城県に移管)
◇鉾田市(10人)
▽20代技能実習生男性
▽20代技能会社員男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能会社員男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能会社員男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽30代自営業男性
◇土浦市(6人)
▽40代会社員女性
▽30代アルバイト女性
▽60代アルバイト女性
▽10代男子学生
▽50代会社員男性
▽40代パート女性
◇笠間市(6人)
▽90代無職女性
▽80代無職男性
▽80代無職男性
▽80代無職男性
▽70代無職男性
▽20代技能実習生女性
◇小美玉市(4人)
▽20代技能実習生女性
▽20代技能実習生女性
▽20代技能実習生女性
▽20代技能実習生女性
◇古河市(4人)
▽40代無職女性
▽30代会社員男性
▽70代自営業男性
▽20代飲食業女性
◇筑西市(3人)
▽50代自営業男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
◇牛久市(2人)
▽40代会社員男性
▽50代会社員男性
◇県外(2人)
▽30代会社員男性(千葉県)
▽30代無職女性(千葉県)
◇取手市(2人)
▽10代男子生徒
▽20代男子学生
◇結城市(2人)
▽30代無職男性
▽60代女性(職業非公表)
◇坂東市(1人)
▽30代会社員男性
◇日立市(1人)
▽20代会社員女性
◇石岡市(1人)
▽80代無職女性
◇東海村(1人)
▽30代無職女性
◇茨城町(1人)
▽90代無職女性
■県内の感染状況
新規 80人
累計 9094人
うち死者 137人
退院・退所等 8208人
(県発表、17日午後7時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】茨城県、国にまん延防止等重点措置を再要請 「感染拡大」土浦、筑西など10市町村追加の画像

【速報】茨城県、国にまん延防止等重点措置を再要請 「感染拡大」土浦、筑西など10市町村追加

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,取手市

最終更新日:Mon, 17 May 2021 13:16:38 +0900

記事コード:16212226630487

茨城県の大井川和彦知事は17日、臨時会見し、まん延防止等重点措置を速やかに適用するよう同日付で国に要請したと明らかにした。要請は3度目。
また、人口1万人当たりの感染者数が直近1週間で1.5人を超えたところを対象に独自に指定している「感染拡大市町村」について、土浦市、下妻市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町の10市町村を追加すると発表した。5月20日〜6月2日までの2週間、不要不急の外出の自粛や飲食店への営業時間短縮を要請する。
さらに、指定期間を5月19日までとしていた12市町のうち、水戸など7市町を26日まで延長し、龍ケ崎市とつくば市を20日に指定解除する。感染拡大市町村は、20日以降計20市町村となる。
そのほか、高校や大学の部活動を通じてクラスター(感染者集団)が発生していることを重く見て、県外の学校との練習試合の自粛や、感染拡大市町村に指定された市町村に所在する学校との練習試合の実施を慎重に判断するよう、県立私立学校や大学に要請することを明らかにした。
●茨城県の感染拡大市町村
【追加】10市町村(5月20日〜6月2日)
土浦市、下妻市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町
【延長】7市町(〜5月26日)
水戸市、古河市、結城市、茨城町、大洗町、八千代町、利根町
【継続】3市町(〜5月26日)
常陸太田市、取手市、境町
【解除】(5月20日)
龍ケ崎市、つくば市

【写真説明】
会見する大井川和彦知事=茨城県庁


いじめ防止、理解深める 守谷小で授業「まずは定義」の画像

いじめ防止、理解深める 守谷小で授業「まずは定義」

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 17 May 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16211660130138

茨城県守谷市本町の市立守谷小(秋山利夫校長、児童861人)で14日、4年生児童を対象に「いじめ予防授業」が行われた。事例を通し、児童がいじめについて考えた。
同授業は「いじめの定義」「生じる人間関係」「自分にできる行動」の三つについて理解を深めていく。加害者と被害者、観衆と傍観者の「四層構造論」を基に、いじめがあった場合は誰もが関わっているとし、一人一人に「自分事」として捉えてもらう。市内では同校が先駆的に実施しており、本年度は市内全小中学校で行っていく。
同日は1回目として、いじめの定義について学んだ。2人で遊ぶ約束をしていたところ、1人が約束を忘れたことから起きた事例を通し、どんな行動がいじめに当たるかを児童それぞれが考えた。
授業を担当した須藤友理教諭は「まずは定義をしっかり理解してもらうことから始める。子どもたちには、いじめの傍観者も含め、皆関係するということを知ってもらえるよう授業を進めていく」と話した。

【写真説明】
いじめ予防授業で互いに意見を出し合う児童=守谷市立守谷小


《解説》河内町長選 合意形成を怠るなの画像

《解説》河内町長選 合意形成を怠るな

関連地域 :河内町

最終更新日:Mon, 17 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16211683551750

茨城県河内町長選は、野沢良治氏(62)が新人同士の一騎打ちを制した。退任する現職が後を託した候補だ。路線は継承されることだろう。町直売所の再開や廃校の利活用といった宿題の解決が急務になる。速やかな方向付けを期待する。
アイデアマンと評される現町長。全ての町立小中学校を一つにまとめたり、廃校に企業や事業所を誘致したりした。少子化を踏まえるとともに、地域活性化を図った取り組みだ。バトンをつなぐ以上、一層の創意工夫が問われる。
過去には、町長交代で不和が露呈した。町直売所の争いが一例だ。町が決めた直営の方針に絡み、施設の指定管理者で前町長が社長の第三セクターと溝が深まった。訴訟に発展し、明け渡しを求めた町の主張が認められたものの、施設は休止状態が続く。前町長が応援した相手陣営が、現町政を論難したのも、こうした事情を抜きに語れまい。
自身が訴えた「夢ある町」に協調は欠かせない。合意形成を怠れば、清新な政策も思い付きと化す。異なる意見を入れ、決着点を見いだす姿勢が求められる。町議当選5回、議長も務めた経験が生きるはずだ。


茨城・河内町長に野沢氏 新人対決制し初当選の画像

茨城・河内町長に野沢氏 新人対決制し初当選

関連地域 :河内町

最終更新日:Mon, 17 May 2021 02:18:09 +0900

記事コード:16211712275487

任期満了に伴う茨城県河内町長選は16日、町内8カ所で投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で元町議の会社役員、野沢良治氏(62)=自民党県連推薦=が、同じく無所属新人で元町議の建設業、小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=を下し、初当選を果たした。当日有権者は7537人。投票率は70・74%で、前々回(84・13%)から13・39ポイント下がり過去最低となった。前回は無投票だった。
現町長と前町長がそれぞれの候補を応援し、町政の継承か刷新かが問われる構図となった。
野沢氏は、引退を表明した雑賀正光町長から立候補の要請を受けた。自民党県連をはじめ、JAや土地改良区などの推薦も取り付けた。休止が続く町施設「かわち直販センター」の早期再開や廃校への企業誘致を掲げ後継をアピールした。
小更氏は、野高貴雄前町長らの支援を得て、副町長廃止を含む町役場の改革や公的事業の見直しを訴えたが、及ばなかった。
野沢氏の選挙事務所に午後10時ごろ、当選確実の一方が届くと、支持者らは次々と歓声を上げて新町長を祝福した。
野沢氏は「町民8500人の命と暮らしを守ると訴えてきた。皆さんと一緒にチャレンジし、夢ある町をつくりたい」と抱負を述べた。
【野沢良治(のざわ・よしはる)氏の略歴】サンテック社長。当選1回。【元】=町議当選5回、町議会議長。中央工学校卒。生板
■河内町長選開票結果(選管最終、敬称略)
当3,032 野沢良治 62 無新
--2,233 小更雅之 50 無新

【写真説明】
初当選を決め、万歳三唱する野沢良治氏(中央)=16日午後10時2分、河内町源清田


【速報】新型コロナ 茨城で新たに68人感染 累計9000人超える 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに68人感染 累計9000人超える 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sun, 16 May 2021 19:15:00 +0900

記事コード:16211569936588

茨城県と水戸市は16日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計68人確認されたと発表した。県発表が51人。県内の感染者は累計9014人となり、9千人を超えた。
新規感染者68人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられるのが55人で、発表時点で感染経路が分かっていないのが13人。
市町村別の感染者数は、大洗町22人、日立市6人、水戸市5人、筑西市4人、龍ケ崎市4人、土浦市4人、つくば市3人、石岡市3人、境町2人、坂東市2人、下妻市2人、神栖市1人、稲敷市1人、阿見町1人、鉾田市1人、取手市1人、つくばみらい市1人、古河市1人、ひたちなか市1人、八千代町1人、茨城町1人、小美玉市1人。
新たに計25人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計8138人となった。
居住地別の新規感染者68人は以下の通り。
◇大洗町(22人)
▽60代パート男性
▽30代会社員男性
▽50代パート女性
▽50代会社員女性
▽40代パート男性
▽未就学女児
▽10歳未満女子児童
▽20代無職女性
▽40代パート女性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽50代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽10代女子生徒(水戸市から県に移管)
▽30代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽10代男子児童(水戸市から県に移管)
▽40代アルバイト男性(水戸市から県に移管)
▽60代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽40代パート男性(水戸市から県に移管)
▽30代パート女性(水戸市から県に移管)
▽未就学男児(水戸市から県に移管)
▽40代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽40代パート女性(水戸市から県に移管)
◇日立市(6人)
▽20代男子学生
▽10代女子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
▽20代男子学生
▽10代男子学生
◇水戸市(5人)
▽20代男子学生
▽20代男子学生
▽60代会社員男性
▽50代会社員女性
▽10代女子学生
◇筑西市(4人)
▽30代無職男性
▽20代無職女性
▽100歳以上無職女性
▽40代会社員男性
◇龍ケ崎市(4人)
▽30代無職男性
▽30代アルバイト男性
▽30代無職女性
▽10歳未満男子児童
◇土浦市(4人)
▽40代会社員男性
▽30代無職女性
▽40代会社員女性
▽20代会社員男性
◇つくば市(3人)
▽60代会社員男性
▽30代会社員男性
▽10代男子児童
◇石岡市(3人)
▽30代会社員男性
▽90代無職男性
▽60代会社員女性
◇境町(2人)
▽50代男性(職業非公表)
▽80代無職女性
◇坂東市(2人)
▽60代パート女性
▽60代無職男性
◇下妻市(2人)
▽50代自営業男性
▽50代会社員男性
◇神栖市(1人)
▽20代会社員男性
◇稲敷市(1人)
▽80代無職女性
◇阿見町(1人)
▽20代男子学生
◇鉾田市(1人)
▽30代技能実習生男性
◇取手市(1人)
▽70代無職女性
◇つくばみらい市(1人)
▽40代会社員男性
◇古河市(1人)
▽30代会社員女性
◇ひたちなか市(1人)
▽0〜9歳男子児童
◇八千代町(1人)
▽40代アルバイト女性
◇茨城町(1人)
▽60代無職男性
◇小美玉市(1人)
▽20代女子学生(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 68人
累計 9014人
うち死者 137人
退院・退所等 8138人
(県発表、16日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手市議会 市民とオンライン意見交換 の画像

取手市議会 市民とオンライン意見交換 

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 16 May 2021 13:05:26 +0900

記事コード:16210800024630

茨城県取手市議会は15日、ビデオ会議アプリを用い、市民とオンライン意見交換会を開いた。全議員23人と市民8人が参加、議会の取り組み報告を行うとともに、市民からの提案を聞くなど意見交換した。
同市議会は年数回、市民との意見交換の場を設けているが、昨年は新型コロナの拡大を受け、5月の開催を中止、11月はオンラインで常任委員会ごとに分かれて開催した。今回が、議会全体として初のオンライン意見交換会となった。
当日は斎藤久代議長やオンライン参加できない市民らは市役所議会棟の議事堂大会議室や執行部控室から、ほかの議員らは自宅などから参加。市議会は、市の予算概要や新型コロナワクチン接種状況、取り組んでいる議会のオンライン化の状況などを報告。市の課題などを話し合い、意見として、コロナ禍での集まりの難しさの中、高齢者のデジタル支援をどうするかなどが出された。

【写真説明】
オンラインで行われた市議会と市民との意見交換会=取手市役所議会棟


河内町長選 16日投開票の画像

河内町長選 16日投開票

関連地域 :河内町

最終更新日:Sun, 16 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16210800024629

任期満了に伴う茨城県河内町長選は16日、午前7時から午後8時まで町内8カ所で投票が行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票される。大勢判明は同10時すぎの見込み。選挙人名簿登録者数は7612人(10日現在)。
立候補しているのは、ともに無所属新人で、会社役員の野沢良治氏(62)=自民党県連推薦=と、建設業の小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=の元町議2人。


ボランティアグループリーダー 田中康雄さんの画像

ボランティアグループリーダー 田中康雄さん

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 15 May 2021 16:46:19 +0900

記事コード:16209931074212

地震、津波、原発事故で甚大な被害を受けた福島県とその住民に寄り添い続ける茨城県民の姿を追う。
■仲間の存在、住民の感謝 復興携わり続ける原動力
急斜面を軽快に上り下りし、草木を素早く刈り取っていく。
4月下旬、東日本大震災のボランティアグループ「ジャンズプラス」のリーダー、田中康雄さん(64)=取手市=が草刈り機を自在に操り、福島県南相馬市の住宅敷地内の荒れたやぶを切り開いた。
住民から同市ボランティア活動センターに依頼があり、作業に当たった。住民が快適な生活を確保する上で、草刈りは大切な仕事だ。「刈りっぱなしでいいところは助かる。回収するのは何倍も労力がかかる」
この日は茨城県に住むメンバーの浅川俊之さん(73)、奥谷博信さん(70)、箕輪克美さん(55)と車を乗り合わせ、同市を訪れた。同市でのボランティア活動は東日本大震災後、今回で203回目となった。
活動頻度は月2回。1泊できるときはする。2015年3月に常磐自動車道が全線開通するまでは片道5時間をかけて通った。
■原発事故
田中さんは震災の惨状を知り、11年4月に初めて被災地に入った。その後守谷市のバス会社が運行するボランティアバスに参加し、南相馬市に足を運ぶようになった。
同市は震災と津波で1050人が死亡し、約4750棟の住宅が全半壊するなど甚大な被害を受けた。それに加え、東京電力福島第1原発から20キロ圏内にある小高区、原町区の一部は避難指示が出て、16年の解除まで住民が帰ることはできなかった。
「始めに来た頃はゴーストタウンのようだった」。解除から5年の今、同市の旧避難指示区域には住民登録人口のうち56.5%の4295人が住む(3月31日現在)。
初めは被災家屋の泥出しや家財を処分する作業が多かったが、10年間で活動も変化していった。「8割方は原発からの復興に関するもの。帰還しない人、帰還する人、それぞれの準備を手伝った」。ビニールハウスの解体、倉庫に入っているものの処分などを手掛けたほか、再開した小学校の入学式の手伝いもした。
■毎月心待ちに
震災直後は同センターを拠点に150人以上が一度に活動したこともあったというが、この日は9人。「今年は減ったなという話を毎年繰り返している」。昨年からは新型コロナウイルスの影響も出ている。
それでもジャンズプラスは通い続ける。「1人ではなかなか続けられない」。仲間の存在と住民の感謝が田中さんの原動力だ。他のメンバーは「田中さんに誘われなきゃ来ないよ」
同センターの松本光雄センター長は「彼らでなければできない作業もあり、毎月来てくれるのを心待ちにしている。ボランティアが時とともに減る中、復興に携わり続けていただき、感謝しかない」と語る。
初めは何もできなかったという田中さん。10年間の作業でさまざまな技能が身に付き、今では何でもできるようになった。「今後は屋根の修理も勉強していきたい」。これからも被災地に向き合う。

【写真説明】
福島県南相馬市に10年間通い、活動を続ける田中康雄さん=同市内


常総線列車内で児童の塗り絵展示 関鉄、16日から運行の画像

常総線列車内で児童の塗り絵展示 関鉄、16日から運行

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 15 May 2021 14:43:01 +0900

記事コード:16209931049906

関東鉄道(茨城県土浦市)は16日から1年間、児童が描いた常総線で運行中の車両や歴代車両の塗り絵作品を列車内の中づり広告枠に月替わりで展示する「常総線ちびっ子アートトレイン」を運行する。同鉄道の利用促進が目的という。
展示される作品は常総、取手、守谷、つくばみらい、下妻、筑西の沿線6市の幼稚園と保育園、小学校計12校の児童が描いた塗り絵。同線の最新型車両キハ5020形計2両に展示され、学校別に約50作品を1カ月ごとに入れ替える。
常総線取手-下館駅間で運行する。展示作品の鑑賞には乗車券の購入が必要になる。

【写真説明】
関東鉄道常総線の列車内に児童の塗り絵作品を展示する(同社提供)


つくばみらいでマルシェ 野菜や米など販売 16日の画像

つくばみらいでマルシェ 野菜や米など販売 16日

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Sat, 15 May 2021 14:43:20 +0900

記事コード:16209931074207

茨城県つくばみらい市と空調設備大手の高砂熱学工業(東京)は16日、野菜や米などを販売する「たかさごマルシェ」を同市富士見ケ丘の高砂熱学イノベーションセンターで開く。
市内の若手農家が栽培した野菜や筑波大発スタートアップのピクシーダストテクノロジーズ(東京)が監修した米の販売のほか、クラフト製品の販売なども行う予定。
市と同社は持続可能な地域づくりに向けた包括連携協定を結んでいる。同センターは本社機能の一部と研究施設を集約した新たな研究開発拠点として市内に昨年オープンした。
マルシェは午前9〜11時。問い合わせは市産業経済課(電)0297(58)2111


首長の新型コロナワクチン先行接種 城里町以外に新たに5市町 茨城県内の画像

首長の新型コロナワクチン先行接種 城里町以外に新たに5市町 茨城県内

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 15 May 2021 14:55:44 +0900

記事コード:16209931049898

■龍ケ崎、牛久、筑西、大洗、境 「廃棄避けた」「危機管理」
新型コロナウイルスのワクチンを全国の首長が住民に先行して相次ぎ接種していた問題で、新たに茨城県内の龍ケ崎、牛久、筑西、大洗、境の計5市町で首長が接種していたことが14日、分かった。13日には城里町の上遠野修町長(42)が医療従事者向け接種を受けていたと発表しており、茨城県内首長の先行接種は少なくとも6市町に広がった。
龍ケ崎市は14日、中山一生市長(58)が2日の集団接種の際に接種を受けたと発表した。「ワクチンが廃棄される可能性を踏まえた」としている。
同市によると、市では3月から順次、医療従事者らに向けた集団接種を開始。中山市長は、キャンセルに伴い廃棄の恐れがあるワクチンを使ったという。「行政運営全般を担う統括責任者として、危機管理を担う立場から接種させていただいた」とコメントを出した。2回目接種は23日の予定。
牛久市の根本洋治市長(68)は4月28日の医療関係者向け接種を受けた。市によると、牛久愛和総合病院(同市)でキャンセル分が出たため、廃棄を避けるため急きょ接種した。
筑西市の須藤茂市長(69)は5月1日、県西部メディカルセンター(同市)で開かれた真壁医師会の医療従事者向け接種に合わせた集団接種訓練時に接種した。全国市長会の役員業務や各種陳情で東京出張の機会があり、市長は「産業医からの命令で接種した」と説明した。
大洗町の国井豊町長(55)は4月30日、医療従事者向け接種を受けた。町長が町消防長を兼務しており、町は「コロナ患者と接触可能性がある消防職員も優先接種対象とする国の手引きに沿った」としている。町によると、町長を含む消防職員47人、接種担当などの職員19人の計66人の町職員が5月7日までに接種した。
境町の橋本正裕町長(45)は、9日に町民体育館で始まった一般高齢者向け集団接種に合わせて接種した。理由を橋本町長は「危機管理の観点と、接種に不安を持つ住民に寄り添うため」としている。
■市長会長 山口伸樹笠間市長が見解 「打つなら説明必要」
新型コロナウイルスのワクチンを自治体の首長や幹部が住民に先んじて接種を受けていたことが相次いで明らかになったことに関し、県市長会の山口伸樹会長=笠間市長=は14日、首長の先行接種は「首長の判断」との見解を示した上で、「優先順位は医療従事者、高齢者、福祉施設となっており、なぜ首長が先に打つかということは説明が必要」と述べた。県庁で記者団の取材に応じた。
県への要望に山口会長と同行した県町村会の染谷森雄会長=五霞町長=も、「余ったワクチンを廃棄するわけにもいかず、そばにいた首長が接種するのはやむを得ない処置だと思う。首長の判断でやらざるを得ない。私も住民から『町長はいろいろなところに出て接触が多いのだから、先に(接種を)やった方が良い』とご意見をいただいた」と話した。

【写真説明】
新型コロナウイルスのワクチン


筑波銀、龍ケ崎のOCHIAIの私募債受託の画像

筑波銀、龍ケ崎のOCHIAIの私募債受託

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 15 May 2021 14:07:54 +0900

記事コード:16209931074199

筑波銀行(茨城県土浦市)は屋内電気設備工事のOCHIAI(茨城県龍ケ崎市南中島町、落合正一社長)が発行する寄贈サービス付きSDGs私募債「地域の未来応援債」を受託した。引受額は1億円、期間5年で運転資金に充てる。発行手数料の一部を活用し、流通経済大サッカー部にスポーツ用品一式を寄贈する。


河内町長選16日投票 2新人の争いの画像

河内町長選16日投票 2新人の争い

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 15 May 2021 13:22:04 +0900

記事コード:16209931074193

任期満了に伴う茨城県河内町長選は16日、午前7時から午後8時まで町内8カ所で投票が行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票される。大勢判明は同10時すぎの見込み。選挙人名簿登録者数は7612人(10日現在)。
立候補しているのは、ともに無所属新人で、会社役員の野沢良治氏(62)=自民党県連推薦=と、建設業の小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=の元町議2人。
現町長と前町長がそれぞれの候補を応援している。町政の継承か刷新かが問われる構図だ。
野沢氏は引退を表明した雑賀正光町長の後継。休止が続く町直売所の早期再開や廃校への企業誘致を掲げ、継承を訴える。
小更氏は野高貴雄前町長の推薦を取り付けた。副町長の廃止を含む町役場改革や公的事業の見直しを軸に、刷新を唱える。
【河内町長選立候補者】(届け出順、敬称略)
■野沢良治(のざわよしはる) 62 元町議 無新
【略歴】サンテック社長。元町議当選5回、町議会議長。中央工学校卒。生板
■小更雅之(こぶけまさゆき) 50 元町議 無新
【略歴】雅商事代表。元町議当選2回、かわち学園中PTA会長。土浦工高中退。長竿


【速報】新型コロナ 茨城で新たに67人感染、1人死亡 県と水戸市発表 経路不明18人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに67人感染、1人死亡 県と水戸市発表 経路不明18人

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Fri, 14 May 2021 22:13:34 +0900

記事コード:16209849289657

茨城県と水戸市は14日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに計67人確認されたと発表した。さらに県は、1人の死亡が確認されたと発表した。県内の感染者は累計8884人、死者は137人となった。
県によると、13日までに自宅で死亡が確認された県内の80代女性を死後にPCR検査した結果、新型コロナウイルスが検出された。
新規感染者67人中、陽性者との濃厚接触で感染したとみられている人が49人で、発表時点で感染経路が分かっていない人が18人となっている。重症者は1人。
市町村別の感染者数は、土浦市8人、牛久市6人、古河市6人、つくば市5人、県外4人、ひたちなか市4人、下妻市3人、茨城町3人、筑西市3人、利根町2人、東海村2人、鉾田市2人、坂東市2人、小美玉市2人、大洗町2人、結城市2人、八千代町2人、笠間市1人、石岡市1人、かすみがうら市1人、常総市1人、城里町1人、龍ケ崎市1人、桜川市1人、水戸市1人、潮来市1人。
新たに計45人が退院、退所、自宅療養終了など回復し、回復者は累計8069人となった。
居住地別の新規感染者67人は以下の通り。
◇土浦市(8人)
▽60代会社員男性
▽50代パート女性
▽60代会社員男性
▽20代会社員男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代無職女性
▽30代無職男性
◇牛久市(6人)
▽80代パート男性
▽70代無職男性
▽10代男子生徒
▽40代会社員女性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇古河市(6人)
▽40代無職女性
▽20代教職員男性
▽10代男子生徒
▽20代会社員男性
▽0〜9歳女子児童
▽30代パート女性
◇つくば市(5人)
▽20代無職男性
▽40代会社員男性
▽30代自営業男性
▽60代団体職員女性
▽40代会社員女性
◇ひたちなか市(4人)
▽20代会社員女性
▽未就学女児
▽未就学男児
▽50代会社員女性
◇下妻市(3人)
▽60代自営業女性
▽80代自営業女性
▽70代無職男性
◇茨城町(3人)
▽70代無職女性
▽90代無職男性
▽90代無職男性
◇筑西市(3人)
▽30代会社員男性
▽80代無職女性
▽20代会社員男性
◇利根町(2人)
▽20代女子学生
▽20代男子学生
◇東海村(2人)
▽10代男子児童
▽20代会社員女性
◇鉾田市(2人)
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
▽20代会社員男性(水戸市から茨城県に移管)
◇坂東市(2人)
▽20代女子学生
▽40代医療従事者女性
◇小美玉市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代技能実習生女性
◇大洗町(2人)
▽70代無職女性
▽60代パート女性(水戸市から茨城県に移管)
◇結城市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽30代無職男性
◇八千代町(2人)
▽50代パート女性
▽60代無職女性
◇笠間市(1人)
▽50代自営業男性
◇石岡市(1人)
▽50代パート女性
◇かすみがうら市(1人)
▽10代男性(職業非公表)
◇常総市(1人)
▽70代パート女性
◇城里町(1人)
▽10代女子生徒
◇龍ケ崎市(1人)
▽10代男子生徒
◇桜川市(1人)
▽30代会社員女性
◇水戸市(1人)
▽20代女子学生
◇潮来市(1人)
▽20代会社員女性
◇県外(4人)
▽50代公務員女性(東京都)
▽10代男子生徒(千葉県)
▽10代男子生徒(千葉県)
▽10代男子生徒(千葉県)
■茨城県内の感染状況
新規 67人
累計 8884人
うち死者 137人
退院・退所等8069人
(県発表、14日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


文化協会員の力作 5週に分けて展示 守谷で市美術展の画像

文化協会員の力作 5週に分けて展示 守谷で市美術展

関連地域 :守谷市

最終更新日:Fri, 14 May 2021 13:00:00 +0900

記事コード:16209074793259

守谷市文化協会(根本喜好会長)の美術部門の作品を展示する「第35回もりや市美術展」が、茨城県守谷市御所ケ丘の市民交流プラザ・市民ギャラリーで開かれている。同協会美術部約250人の作品を5週に分けて展示していく。
同協会は美術、音楽、芸能、華道、茶道の5部門がある。美術展は会員の1年間の成果発表の場として毎年開かれている。
展示は、第1週が陶芸(〜15日)、第2週は水墨画、表装、俳画、書道、切り絵(16〜22日)、第3週は日本画、水彩画、デッサン(23〜29日)、第4週は写真(30日〜6月5日)、第5週は油絵(同6〜12日)で行われる。現在、展示されている陶芸作品は約100点。副会長の小松洋一さんは「各自が技術向上を目指して活動している。会員の日頃の成果を見ていただきたい」と話している。
入場無料。時間は午前10時〜午後5時(各週の最終日は同2時まで)。問い合わせは小松さん(電)0297(48)2519

【写真説明】
6月12日まで開かれている第35回もりや市美術展。15日までは陶芸作品を展示=守谷市御所ケ丘の市民交流プラザ


取手市 テレワーク移住へ補助金 6月1日から、住宅取得や賃貸の画像

取手市 テレワーク移住へ補助金 6月1日から、住宅取得や賃貸

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 14 May 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16209074793254

新型コロナウイルス感染拡大により広がりをみせているテレワーク支援へ、茨城県取手市は「テレワーク移住促進補助金」を6月1日から実施する。市内での住宅取得、賃貸、ホテルなどでのテレワークプラン利用の3パターンにおいて補助を行う。同市によると、テレワーク支援で補助制度を設けるのは県南地域では初。
制度は、(1)住宅取得した場合は取得費の2分の1(最大50万円)(2)住宅を借りた場合は月々の家賃の2分の1(最大2万円)(3)市内施設のテレワークプランを利用した場合は利用料金の2分の1(最大2000円)-を補助する内容。住宅取得と賃貸は転入者対象となる。いずれも実施期間は来月1日から2022年1月31日まで。
また、転入者の住宅取得については、すでに実施している各種制度と併用ができる。同市では現在、地方創生移住支援金「わくわく取手生活実現事業」(世帯100万円、単身60万円)、定住化促進住宅補助金「とりで住ま入る支援プラン」(最大50万円)を実施しており、条件が合えば、3制度併用で最大200万円の補助を受けることができる。
市政策推進課は「移住については大変有利。地元に戻ることを考えている人たちなどに活用してもらえれば」と話している。問い合わせは同課(電)0297(74)2141へ。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに68人感染、1人死亡 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに68人感染、1人死亡 県と水戸市発表

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 13 May 2021 21:20:25 +0900

記事コード:16209001315774

茨城県と水戸市は13日、新型コロナウイルス感染者が新たに計68人確認されたと発表した。また県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計で8817人、死者は136人となった。
県によると、死亡したのは県内の医療機関に入院していた60代女性。
県と市によると、新たに感染判明した68人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人は51人、感染経路が分からない人が17人。
市町村別の感染者数は、水戸市13人、つくば市8人、ひたちなか市6人、鹿嶋市5人、筑西市4人、神栖市3人、日立市2人、かすみがうら市2人、北茨城市2人、石岡市2人、古河市2人、潮来市2人、取手市2人、牛久市2人、土浦市2人、阿見町1人、稲敷市1人、坂東市1人、境町1人、小美玉市1人、茨城町1人、城里町1人、守谷市1人、桜川市1人、八千代町1人、行方市1人。
新たに計46人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計8024人となった。
居住地別の新規感染者68人は以下の通り。
◇水戸市(13人)
▽40代会社員女性
▽施設職員男性(年齢非公表)
▽70代無職男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽50代公務員女性
▽30代医療従事者女性
▽0〜9歳男子児童
▽未就学女児
▽20代会社員女性
▽20代会社員女性
◇つくば市(8人)
▽30代無職女性
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
▽40代会社員男性
▽40代無職女性
▽90代無職女性
▽40代パート女性
▽10代男子生徒
◇ひたちなか市(6人)
▽50代会社員男性
▽60代会社員男性
▽40代会社員男性
▽30代会社員男性
▽未就学女児
▽40代会社員女性
◇鹿嶋市(5人)
▽40代会社員男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
◇筑西市(4人)
▽20代会社員女性
▽30代無職男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇神栖市(3人)
▽40代無職男性
▽30代会社員女性
▽60代無職女性
◇日立市(2人)
▽20代会社員男性
▽未就学男児
◇かすみがうら市(2人)
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
◇北茨城市(2人)
▽60代無職女性
▽60代無職男性
◇石岡市(2人)
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
◇古河市(2人)
▽50代自営業男性
▽20代会社員男性
◇潮来市(2人)
▽10代男子学生
▽10代男子学生
◇取手市(2人)
▽10代男子生徒
▽50代会社員男性
◇牛久市(2人)
▽10代男子生徒
▽70代無職女性
◇土浦市(2人)
▽50代パート女性
▽30代自営業男性
◇阿見町(1人)
▽30代公務員男性
◇稲敷市(1人)
▽20代無職男性
◇坂東市(1人)
▽40代会社員女性
◇境町(1人)
▽40代団体職員女性
◇小美玉市(1人)
▽20代会社員男性
◇茨城町(1人)
▽70代パート女性
◇城里町(1人)
▽60代自営業男性
◇守谷市(1人)
▽20代女子学生
◇桜川市(1人)
▽30代会社員女性
◇八千代町(1人)
▽50代アルバイト男性
◇行方市(1人)
▽20代団体職員女性
■県内の感染状況
新規 68人
累計 8817人
うち死者 136人
退院・退所等 8024人
(県・水戸市発表、13日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


河内町長選立候補者の横顔(届け出順)の画像

河内町長選立候補者の横顔(届け出順)

関連地域 :河内町

最終更新日:Thu, 13 May 2021 16:00:00 +0900

記事コード:16208202456033

任期満了に伴う茨城県河内町長選は11日告示され、ともに無所属新人で元町議の野沢良治氏(62)=自民党茨城県連推薦、小更雅之氏(50)=立憲民主党茨城県連、茨城維新の会推薦=が立候補した。投開票は16日。両氏の横顔を紹介する。
■野沢良治(のざわ よしはる)氏(62) 元町議 無新 現職の宿題、解決へ
「夢ある町に向けチャレンジしたい」。動機は明快そのものだ。引退を表明した現職から後継の打診を受け、出馬を決断した。「仲間の議員や同級生たちにも背中を押してもらった」
朴訥(ぼくとつ)な印象とは裏腹に「弁が立つ」(町幹部)との呼び声が高い。政見を述べる際は現状から説き起こし、細かなデータとともに未来像をすらすら語る。
ただ、明るい展望ばかりではない。「一番の問題は少子高齢化」と捉える。保育料無償化の拡大や移動販売車の導入推進といった政策で打開したい。町直売所のリニューアルや廃校の利活用など、残された課題の早期解決も目指す。
20代で会社を興した実業家でもある。商工会や青年会議所での地域活動を通じて政治に関心を抱いた。44歳で町議に初当選した。かつての若手も今や当選5回。重鎮然とした風格を備える。
過去には議長も4年間にわたり務めた。「全体を見渡す姿勢を身に付けられた」という。ワンマンに陥らないための大切な下地とみる。趣味はゴルフ。4世代8人暮らし。「にぎやかでいいですよ」。生板。
■小更雅之(こぶけ まさゆき)氏(50) 元町議 無新 若い世代、改革担う
「今までにない町政をしたい。改革を担うのは若い世代だ」。信念をこう語る。2016年、町議に初当選した。2期目の途中で町長選に臨む。
信条に沿うかのように、政策面では、町役場の改革と公的事業の見直しを筆頭に挙げる。「河内の規模で副町長は不要。建設ばかりの行政でいいのか」と手厳しい。代わって実現を誓うのは、タウンミーティングだ。住民の意見を聞き「対話から政治を考える」。
子育て・教育環境の充実、高齢者の生活支援、地場産業の振興-。掲げる公約は、いずれも自身の経験が基だ。「中学校のPTA会長を務めた。母は歩くのがやっと。自分で米も作っている」。等身大の体験を政治に生かしたい。
半世紀の人生。決して順風満帆ではなかった。高校は1年生の時に中退、19歳の頃に父を亡くした。その分、周囲への感謝の念は大きい。「ここまで支えてくれた人たちに、住みよいまちを贈りたい」。志は一貫してきたつもりだ。
趣味は釣り。「アメリカナマズばかりかかる」。建設業を営む。母と妻、1男2女の6人暮らし。長竿。

【写真説明】
河内町長選に立候補した小更雅之氏(左)、野沢良治氏(右)


「議会に関心寄せて」 常磐大で9自治体が連携講座の画像

「議会に関心寄せて」 常磐大で9自治体が連携講座

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 13 May 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16208202456032

大学生に議会や行政への関心を持ってもらおうと、茨城県内9自治体から第一線で働く職員を招く自治体連携講座「自治体経営論」が常磐大(水戸市見和)で開かれている。11日には本年度第4回の講義で、取手市議会事務局の岩崎弘宜次長(47)が地方議会をテーマに熱弁を振るい、「議会にもっと関心を寄せ、身近に感じてほしい」と学生らに訴えた。
岩崎次長は、同市議会の議員定数や議員報酬などの基本的なことから、市民との意見交換会の実施や年間の活動を紹介。「採決」「承認」といった専門用語をなるべく避け、「決める」「認める」など、分かりやすい言葉を用いた。
県内で初めて同市議会がオンラインでの委員会開催を可能とするなど、先進的な取り組みに触れ、「以前までのやり方にこだわらず、時代に沿った在り方を常に考えている」と改革を進める姿勢について語った。その上で、学生らに「議会や政治が遠い存在ではなく皆さんの身近にあることを感じてほしい」と感心を持つことへ期待を込めた。
受講した総合政策学部1年の関根礼央さん(18)は「議会の役割を分かりやすく知り、もっと積極的に関わっていきたいと思えた」と感想を述べた。
講座は2018年度から開設。本年度は茨城県、笠間市、桜川市、東海村、取手市、那珂市、日立市、常陸太田市、水戸市の職員や市議会議員ら14人が講師を務める。テーマは行政と政策、議会の活性化、女性活躍など。全15回の予定で1、3年生の約150人が受講する。

【写真説明】
取手市議会の特徴を説明する同市議会事務局の岩崎弘宜次長=水戸市見和の常磐大


校舎工事JV2社 宮和田小へ30万円 取手の画像

校舎工事JV2社 宮和田小へ30万円 取手

関連地域 :取手市

最終更新日:Thu, 13 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16208202405304

茨城県取手市立宮和田小の校舎・体育館の大規模改造工事を請け負った建設会社の常総開発工業(神栖市賀、石津正美社長)と大竹建設(取手市小文間、大竹光社長)の2社は10日、児童たちのために役立ててほしいと、同校に30万円を寄付した。
2社は、常総・大竹特定建設工事共同企業体(JV)として、昨年6月9日から今年2月26日を工期に工事を請け負った。完了後の3月中旬、同校児童らから感謝の言葉がつづられた寄せ書きが贈られたことで、両社が寄付を申し出た。
寄せ書きは「工事関係者8786人のみなさんへ」とし、「コロナの中、学校をきれいにしてくれてありがとうございます」「大切に使います」などと、児童一人一人が感謝の気持ちを表している。
贈呈式は同日、市役所で行われ、両社長から藤井信吾市長に目録が手渡された。また、2社には伊藤哲市教育長から感謝状が贈られた。石津社長は「子どもたちの言葉を見て大変感激した」、大竹社長は「有意義に使っていただければ」とそれぞれ話した。

【写真説明】
寄付金を贈り、取手市教委からの感謝状を手にする石津正美社長(右から2人目)と大竹光社長(同3人目)=同市役所


大学院で育成法学ぶの画像

大学院で育成法学ぶ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 13 May 2021 10:07:35 +0900

記事コード:16208299435035

◆「考えることが大事」◆
早大大学院スポーツ科学研究科修士課程(1年制)で学んだ大相撲の元横綱稀勢の里、荒磯親方(34)が夏場所前、オンラインで本紙の取材に応じた。大学院では「新しい相撲部屋経営の在り方」をテーマに修士論文を書き上げた。取材では進学の経緯や研究内容について語り、「考えることが大事だと改めて分かった」と振り返った。その上で、将来独立して部屋を興すことを視野に、通常、部屋には一つしかない土俵を複数置き、カメラを設置して稽古を効率化し、力士を育成していく重要性を説いた。さらに、子供が体験でき、地域に開かれた部屋づくりにも触れ、「誰もが来られるような相撲部屋にしたい」と展望を語った。
-大学院進学の経緯は。
初めて平田竹男先生にお会いした時、サッカー界の話を聞かせてもらった。ジュニアからトップチームにつなげる育成方針は、大相撲にも当てはめられるものがあると考えさせられた。もっと話を聞きたいと思い、入学を決めた。
時期的には2019年の(9月にあった)断髪式の前くらい。現役引退してからの半年間で、知らないことが多すぎると感じていた。若手に指導したことがなかったし、動きを言葉でどう表現するか悩んでいたので、その時期と重なった。
-研究と日本相撲協会の業務を兼ねた日々は。
不幸中の幸いで、コロナ禍のため出掛けられない日々が続き、会食もできなかったので、授業に時間を充てることができた。前期は全部オンライン授業で、後期は相撲協会の外出規制が少しずつ緩和されたので、先生に会うこともできた。
-他競技から学ぶものはあったか。
サッカーもラグビーも数値で明確にしている。例えば南アフリカのラグビー協会は、選手がどれぐらいタンパク質を取って、どれだけ休むべきかなど、体を動かすための方法を文字化しているので伝わりやすいと思った。
大相撲は言い伝えで四股、すり足、てっぽうとある。文字化されているものがなく、アマチュア相撲の指導者から「そういうものをつくってもらえるとうれしい」と言われたりした。「これだけのことをやれば強くなるんだ」と文字化されていれば、選手としてはアプローチしやすい。
-栄養学などを学び、生かせそうなものはあったか。
何で大相撲界は1日2食なんだろうと考えていた。今のアスリートがどういう食事を取るのか学ばせてもらった。2食を否定するわけではないが、より効率のいい食事のタイミングなどを知ることができた。
-現役引退後に勉強する意義は。
これから部屋を持ち、指導をする中で、学んだものを生かして成功につながれば、その喜びが出てくると思う。そう思えるように頑張らないといけない。
★早大大学院スポーツ科学研究科 2006年4月、最先端のスポーツ科学を学び、スポーツ関連の専門職や科学者の育成を目的に設立された。修士課程1年制はトップスポーツ、スポーツクラブ、健康スポーツ、介護予防の各マネジメントと、エリートコーチング、スポーツジャーナリズムを加えた6コース。スポーツマネジメントが専門の平田竹男教授のゼミでは、プロ野球・巨人で投手チーフコーチ補佐を務める桑田真澄氏ら多くのトップアスリートが学んだ。

【写真説明】
早大大学院の学位記を授与された大相撲の荒磯親方。左は平田竹男教授=3月29日午後、東京都内


【速報】新型コロナ、茨城で新たに70人感染 経路不明は24人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに70人感染 経路不明は24人 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 12 May 2021 21:06:17 +0900

記事コード:16208138553717

茨城県と水戸市は12日、新型コロナウイルス感染者が新たに計70人確認されたと発表した。新規感染者は2日連続で70人台となった。
県と市によると、70人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が46人、感染経路が不明の人が24人。
市町村別の感染者数は、水戸市13人、つくば市9人、笠間市8人、取手市7人、古河市4人、かすみがうら市4人、阿見町3人、大洗町3人、小美玉市2人、土浦市2人、ひたちなか市2人、鉾田市2人、茨城町2人、神栖市2人、常陸太田市1人、つくばみらい市1人、鹿嶋市1人、県外1人、下妻市1人、守谷市1人、牛久市1人。
水戸市は8日に新規感染者として公表した60代男性を取り下げた。
新たに計45人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は累計7978人となった。
居住地別の新規感染者70人は以下の通り。
◇水戸市(13人)
▽40代自営業男性
▽80代無職女性
▽40代男性(職業非公表)
▽20代会社員男性
▽未就学女児
▽30代会社員男性
▽10代女子生徒
▽60代無職男性
▽30代会社員男性
▽30代学生女性
▽80代無職女性
▽20代会社員女性
▽10代男子学生
◇つくば市(9人)
▽40代会社員女性
▽60代団体職員女性
▽20代男子学生
▽50代医療従事者男性
▽30代会社員男性
▽50代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代パート女性
▽40代会社員男性
◇笠間市(8人)
▽30代団体職員女性
▽90代無職女性
▽80代無職女性
▽80代無職女性
▽80代無職女性
▽30代団体職員男性
▽80代無職女性
▽80代無職女性
◇取手市(7人)
▽20代会社員男性
▽30代会社員女性
▽50代無職女性
▽70代無職女性
▽70代無職男性
▽未就学女児
▽50代会社員男性
◇古河市(4人)
▽20代無職男性
▽10代女子生徒
▽40代無職女性
▽70代自営業女性
◇かすみがうら市(4人)
▽70代自営業男性
▽60代自営業女性
▽90代無職女性
▽90代無職男性
◇阿見町(3人)
▽30代無職女性
▽60代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇大洗町(3人)
▽40代自営業女性
▽10代女子生徒
▽40代会社員女性(水戸市から茨城県に移管)
◇小美玉市(2人)
▽30代無職男性
▽20代会社員女性
◇土浦市(2人)
▽60代自営業男性
▽20代会社員男性
◇ひたちなか市(2人)
▽20代会社員女性
▽50代無職女性
◇鉾田市(2人)
▽10代男子児童
▽20代会社員男性
◇茨城町(2人)
▽60代会社員男性
▽30代会社員男性
◇神栖市(2人)
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇常陸太田市(1人)
▽70代無職男性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代自営業男性
◇鹿嶋市(1人)
▽50代会社員男性
◇県外(1人)
▽40代自営業男性(千葉県)
◇下妻市(1人)
▽30代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽10代男子学生
◇牛久市(1人)
▽50代会社員男性
■県内の感染状況
新規 70人
累計 8749人
うち死者 135人
退院・退所等 7978人
(県・水戸市発表、12日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


布川事件再審無罪・桜井昌司さん「冤罪生まない社会を」 講演や執筆、余命宣告も活動精力的の画像

布川事件再審無罪・桜井昌司さん「冤罪生まない社会を」 講演や執筆、余命宣告も活動精力的

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 12 May 2021 14:00:00 +0900

記事コード:16207311673900

1967年に茨城県利根町布川で男性が殺害された「布川事件」で再審無罪となった桜井昌司さん(74)は、末期がんで余命宣告された「1年」を過ぎた現在も精力的に活動している。講演を定期的に続けて自身の体験を振り返り、冤罪(えんざい)が生まれない司法改革を訴える。29年間の服役生活から今の心境をつづった本を先月刊行し、自慢の歌声を収めたCDも発売した。「冤罪被害者と共に声を発信して、社会を変えたい」と語る。
4月末、都内の会議室にはお気に入りの作務衣(さむえ)姿の桜井さんがいた。静岡県の「袴田事件」を支援する市民団体が主催した講演会に呼ばれ、無実の罪を背負った体験を1時間半にわたって話した。
桜井さんは共犯とされた杉山卓男さん(2015年死去)とともに、1996年の仮釈放まで29年間を獄中で過ごした。2011年に再審無罪が確定した。
「午前9時前から晩まで『おまえが犯人だ』『(事件現場で桜井さんを)見た人がいる』『証拠がある』と責められる。これが本当につらい」
桜井さんは取り調べを振り返り、犯行を認めた経緯を明かした。
4月に発売した著書「俺の上には空がある 広い空が」では、自供した理由について「自分はやっていないのだから、取り調べをしていけば、おのずと無実は証明されるはずである。あの頃の私は司法システムを信頼しきっていたのだ」と記している。同書のタイトルは、刑務所内で再審無罪を信じた時の思いだ。
再審無罪後の国家賠償訴訟で東京地裁は、桜井さんを現場付近で見たという「目撃証言」について警察官の虚偽とし、検察の証拠開示拒否もそれぞれ違法と認定した。
桜井さんは月1回程度の講演をこなし、冤罪防止策を提言している。捜査機関に対する要望は「うそを言うな、証拠をでっち上げるな、無実の証拠を隠すな、これだけ」と強調。証拠捏造(ねつぞう)や改ざんに加担した警察官、検察官の処罰や、第三者機関での証拠保管などを求めている。
19年9月、桜井さんは「ステージ4」の直腸がんが見つかり、肝臓への転移も判明。20年2月に余命1年と宣告された。ただ、今年2月の血液検査で「がんは正常値に戻った」。毎朝5時からの散歩が日課で、体調は良好という。講演会の最後には発売中のCDに収録された曲を披露し、元気な様子をアピールした。
国賠訴訟は6月25日に控訴審判決を迎える予定だ。「勝っても声を上げることはやめない」と言い切った。

【写真説明】
講演する桜井昌司さん=4月末、都内


利根町長選 説明会に4陣営の画像

利根町長選 説明会に4陣営

関連地域 :利根町

最終更新日:Wed, 12 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16207301954366

任期満了に伴い6月29日告示、7月4日投開票で行われる茨城県利根町長選の立候補予定者説明会が11日、町役場であり、既に立候補を表明している現職の佐々木喜章氏(65)=無所属=のほか3陣営の計4陣営が出席した。有権者は1万3964人(3月1日現在)。


就農増へ農機シェア つくばみらい市とクボタ、全国初 スマホで予約、「格安」の画像

就農増へ農機シェア つくばみらい市とクボタ、全国初 スマホで予約、「格安」

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 12 May 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16207252613863

茨城県つくばみらい市とクボタは11日、トラクターなど農機を共有して使うシェアリングサービスを始めた。農業への新規参入は高額な機械購入などハードルが高く、必要なときだけ農機をシェアすることで初期投資を抑え、新規参入者を増やすのが狙い。自治体と農機メーカーがシェアリングサービスを提供するのは全国初の取り組み。
シェアできるのは小型トラクターなど2機。市は同市板橋の保管場所から半径3キロ圏内に農地がある市内外の利用者を見込んでおり、既に5人が利用登録している。
利用希望者はスマートフォンで会員登録を行った上で、農機の操作説明会に参加する必要がある。農機を使うときはスマホで日時を予約し、農機のロックを解除するためのパスワードを受信して保管場所まで取りに行くシステム。市と同社によると、利用料金は1時間当たり2200円。24時間いつでも利用できる。利用料には燃料費も含まれており、「購入するよりも格安」(市の担当者)という。
同日開かれた農機の操作説明会に参加した市内の居酒屋経営、清永公さん(52)は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で居酒屋の売り上げがゼロの月もあった」といい、昨年から本格的に農業を始めた。ネギやミニトマト、モロヘイヤなどを栽培し、「今後はサツマイモなども作りたい」と話す。新規就農する同市の岡由佳里さん(41)も市内に26アールの農地を借りる予定だが、「農機を買うことは難しい」。農機シェアリングを利用し、「サツマイモを作り、干し芋に加工して売りたい」と意気込む。
今回の取り組みは、市と同社が2月に結んだ新規就農や次世代農業の促進に向けた連携協定事業の一環。

【写真説明】
農機シェアリングサービスに向けて開催されたトラクターの操作説明会=つくばみらい市板橋


河内町長選が告示 新人の一騎打ち 16日投開票の画像

河内町長選が告示 新人の一騎打ち 16日投開票

関連地域 :河内町

最終更新日:Tue, 11 May 2021 22:52:03 +0900

記事コード:16207265199765

任期満了に伴う茨城県河内町長選は11日、告示され、ともに無所属新人で、会社役員の野沢良治氏(62)=自民党県連推薦=と建設業の小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=の元町議2人が立候補を届け出た。現町長と前町長がそれぞれの候補を応援しており、町政の継続か刷新かが問われそうだ。投票は16日午前7時から午後8時まで町内8カ所で行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票される。選挙人名簿登録者数は7612人(10日現在)。
野沢氏は午前11時、源清田の選挙事務所前で出陣式を挙行した。雑賀正光町長や周辺首長、県議らが駆け付けた。現町政の課題を巡り「(休止の)直売所の早期リニューアルを実現する。(廃止された)生板小と河内中に企業を誘致し、雇用の拡大を進める」と述べ、後継をアピール。「17年の議員生活を送った。政治は経験が一番だ。さらなる挑戦をしたい。力を与えてほしい」と強調した。
小更氏も午前11時から長竿の選挙事務所で出陣式。野高貴雄前町長や町議らが姿を見せた。「町議としてやってきたが、町が悪くなっていくと感じ立候補した。町長となり町を変える」と決意を示した。「河内は少子高齢化が進んでいる。移動販売するなど、皆さんの意見を聞きながら町政を進める。住民の意見を大切に、そしてこの若さと熱意で町を引っ張っていく」と訴えた。
両氏は町議の身分のまま立候補を届け出たため、公選法の規定に基づき11日付で自動失職した。
【河内町長選立候補者(届け出順、敬称略)】
■野沢良治(のざわよしはる) 62 元町議 無新
【略歴】サンテック社長。元町議当選5回、町議会議長。中央工学校卒。生板
【公約】(1)3歳以下の保育料無償化の実現(2)福祉タクシー・移動販売車導入(3)町直売所の早期再開(4)遊休地・公的資産を生かした企業誘致(5)空き家バンク設立
https://wp.welltool.jp/nozawa_kouenkai/
■小更雅之(こぶけまさゆき) 50 元町議 無新
【略歴】雅商事代表。元町議当選2回、かわち学園中PTA会長。土浦工高中退。長竿
【公約】(1)町役場の改革と公的事業の見直し(2)高齢者の生活支援(3)空き家問題への対策(4)子育てと教育環境の充実(5)農業と地場産業・経済の支援
https://kobukekawachi.com/

【写真説明】
河内町長選が告示され、立候補した野沢良治氏(左)と小更雅之氏


【速報】新型コロナ、茨城で新たに73人感染 県と水戸市発表 大洗町が最多10人の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに73人感染 県と水戸市発表 大洗町が最多10人

関連地域 :龍ケ崎市,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Tue, 11 May 2021 21:30:35 +0900

記事コード:16207272040777

茨城県と水戸市は11日、新形コロナウイルス感染者が県内で新たに計73人確認されたと発表した。
県と市によると、73人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が50人、感染経路が分かっていない人が23人。また、重症者が1人確認されている。
市町村別の感染者数は、大洗町10人、茨城町7人、水戸市4人、東海村4人、古河市4人、ひたちなか市3人、つくば市3人、筑西市3人、結城市3人、鹿嶋市3人、取手市3人、龍ケ崎市2人、牛久市2人、守谷市2人、県外2人、笠間市2人、神栖市2人、行方市2人、土浦市2人、稲敷市1人、利根町1人、つくばみらい市1人、かすみがうら市1人、常総市1人、坂東市1人、下妻市1人、阿見町1人、北茨城市1人、小美玉市1人。
新たに計55人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計で7934人となった。
居住地別の新規感染者73人は以下の通り。
◇大洗町(10人)
▽70代無職男性
▽70代自営業女性
▽30代職業調査中男性(水戸市から県に移管)
▽40代パート女性(水戸市から県に移管)
▽20代パート女性(水戸市から県に移管)
▽20代パート男性(水戸市から県に移管)
▽20代パート女性(水戸市から県に移管)
▽20代職業調査中男性(水戸市から県に移管)
▽30代職業調査中男性(水戸市から県に移管)
▽30代パート男性(水戸市から県に移管)
◇茨城町(7人)
▽80代無職男性
▽90代無職男性
▽90代無職男性
▽70代無職女性
▽90代無職女性
▽80代無職女性
▽未就学女児
◇水戸市(4人)
▽30代団体職員女性
▽20代会社員女性
▽30代介護職男性
▽40代自営業男性
◇東海村(4人)
▽40代男性(職業非公表)
▽10代女子児童
▽0〜9歳男子児童
▽70代無職女性
◇古河市(4人)
▽80代自営業男性
▽70代無職女性
▽80代無職男性
▽60代パート女性
◇ひたちなか市(3人)
▽80代無職女性
▽40代会社員女性
▽50代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇つくば市(3人)
▽40代団体職員女性
▽20代団体職員女性
▽20代会社員女性
◇筑西市(3人)
▽60代無職女性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
◇結城市(3人)
▽70代自営業女性
▽70代自営業男性
▽10代女子生徒
◇鹿嶋市(3人)
▽20代アルバイト女性
▽50代会社員女性
▽10代会社員男性
◇取手市(3人)
▽20代女子学生
▽40代教職員男性
▽60代団体職員女性
◇龍ケ崎市(2人)
▽10代男子生徒
▽10代男子生徒
◇牛久市(2人)
▽10代男子生徒
▽40代自営業男性
◇守谷市(2人)
▽60代会社員女性
▽10代男子生徒
◇県外(2人)
▽40代自営業男性(埼玉県)
▽40代会社員男性(埼玉県)
◇笠間市(2人)
▽70代男性(職業非公表)
▽80代無職男性
◇神栖市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
◇行方市(2人)
▽20代アルバイト女性
▽50代自営業男性
◇土浦市(2人)
▽20代会社員女性
▽60代女性(職業非公表)
◇稲敷市(1人)
▽20代会社員男性
◇利根町(1人)
▽40代団体職員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽10代女子生徒
◇かすみがうら市(1人)
▽30代アルバイト男性
◇常総市(1人)
▽10代男子学生
◇坂東市(1人)
▽10代女子生徒
◇下妻市(1人)
▽20代会社員女性
◇阿見町(1人)
▽10代女子生徒
◇北茨城市(1人)
▽30代会社員男性
◇小美玉市(1人)
▽40代自営業男性
■県内の感染状況
新規 73人
累計 8680人
うち死者 135人
退院・退所等 7934人
(県発表、11日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


官製談合で起訴の市社協理事が辞任 龍ケ崎市の画像

官製談合で起訴の市社協理事が辞任 龍ケ崎市

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Tue, 11 May 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16206462382608

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、市社会福祉協議会は10日、官製談合防止法違反の罪で起訴された理事の川北恵一郎被告(71)から辞任届が提出され、受理したと発表した。いずれも7日付。本来の任期は6月末までだった。理由は「一身上の都合」としているという。
市社協によると、川北被告は1991年7月に理事となり、2008年4月からは副会長も務めた。副会長職は非常勤で、理事の互選で決める。
関係者の話では、川北被告はすでに保釈。市社協職員を通じて、会長の中山一生市長に辞任届を提出したという。中山市長は「長年、地域福祉の発展に尽力された功労者であり誠に残念ですが、本人の意思を尊重して受理いたしました」とのコメントを出した。
事件では、いずれも同罪で副市長(後に辞職)が起訴、市契約検査課長(定年退職)が在宅起訴された。市市長公室参事(停職6カ月)も略式命令を受け、罰金50万円を納付した。


ワンダーコーポ レックス売り場改装 リユース商品 アパレル拡充、強化の画像

ワンダーコーポ レックス売り場改装 リユース商品 アパレル拡充、強化

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 11 May 2021 08:00:00 +0900

記事コード:16206461827701

RIZAP(ライザップ)グループ傘下で、ソフト専門店「ワンダーグー」や「新星堂」などを展開するワンダーコーポレーション(茨城県つくば市、内藤雅義社長)はリユース業態の「ワンダーレックス」でアパレル売り場のリニューアルに乗り出した。まず「ワンダーレックス守谷店」(守谷市松ケ丘)の売り場を改装し、商品ラインアップを拡充。新型コロナウイルス感染拡大の影響で客足が伸び悩む中、新たな客層の取り込みを図る。
守谷店にはシャツやブラウスなどで低価格商材の値段を一斉に見直し、100円、300円、500円の3パターンとしたコーナーを設置。価格ごとに陳列し、一目で分かるようにした。
高価格帯のブランドものの品ぞろえも強化。これまで同店を含むロードサイド型店舗では大型商業施設内の店舗と比べ、品ぞろえが手薄となっていたブランドものを充実させることで、顧客の取り扱い商品のイメージの幅を広げ、販売だけでなく買い取りの強化にもつなげていく。
リユース市場は消費者の節約志向や中古品売買の浸透で近年拡大傾向にあり、同社はリユース事業の取り組みを加速させてきた。
コロナ禍に伴う外出自粛により、主力のブランド宝飾品や衣料品などの販売が低調に推移する中でも、買い取り専門店「買取王REXT」の出店のほか、昨年10月に自社EC(電子商取引)サイト「REXT ONLINE」をオープンさせるなど力を注いでいる。
同社は守谷店の状況を見ながら、今後もロードサイド型店舗を中心に同様の売り場のリニューアルを他店でも実施していく考え。同社は「アパレルを強化し、さらに幅広いお客さまのニーズに応えたい」としている。

【写真説明】
アパレル売り場のリニューアルで設けた「ワンダーレックス守谷店」の低価格商品コーナー=守谷市松ケ丘


守谷市、教育改革推進 教員負担、ICTで減の画像

守谷市、教育改革推進 教員負担、ICTで減

関連地域 :守谷市

最終更新日:Tue, 11 May 2021 09:42:17 +0900

記事コード:16206555118273

◆出欠や作品、クラウドで管理 確認、記入の手間省く 余剰時間に学習指導◆
長時間労働など教員の働く環境が問題となる中、茨城県守谷市は、ICT(情報通信技術)を負担軽減に生かす取り組みを始めた。働き方改革の一つとして既に実施している独自のカリキュラムに加え、今月からは、クラウド型グループウエアでペーパーレス化を図り、生み出された余剰時間を有効利用するなど、コロナ禍でさらに業務が増大した教員の負担軽減につなげている。
■連絡帳を廃止
「計算ドリルの6、7をやって丸付けまでできたら先生に見せて」。教師が児童に呼び掛ける。同市立黒内小の5年生の教室。午後0時50分から約30分は「スタディタイム」だ。
同校は市内で最も多い993人の児童が通う大規模校。クラウド型グループウエア導入で、学校と家庭をつなぐ限定ポータルサイトを市内でもいち早く立ち上げ活用している。
デジタル化により従来の連絡帳は廃止。教師が記入などにかけていた時間がなくなり、生まれた時間をスタディタイムとした。この時間は、児童数が今後も増大することから清掃分担の分散化を行う中で、清掃時間と合わせ実施。昼の清掃は学年を2班に分け分担、清掃を行わない日をスタディタイムに充てている。
荒井弘勝校長は「コロナ禍の中、過大規模校化に向け、持続可能な学校にするための取り組み。図工作品をクラウド管理し校内掲示を取りやめるなどの改革も行っており、職員の負担減となっている」と話す。
■限定サイト活用
同市の教育改革プランは2019年度開始。教師の負担軽減へ、地域の実情に合った教育カリキュラムに変更し「守谷型カリキュラム・マネジメント」を実施した。20年度の第2次では小学校教科担任制などを導入。第3次となる本年度は「GIGAスクール」に対応しICT活用を進める。
その中の一つとなるのがクラウド型グループウエアの活用。教職員限定、学校と家庭間限定の二つのポータルサイトを立ち上げ、教師間、教師と保護者間、それぞれオンラインで情報を共有できるようにした。このデジタル化により、連絡帳を廃止。そのほか、保護者からの児童生徒の欠席や遅刻の連絡もポータルサイトを活用している。
千人近くの児童がいる黒内小では、多いときには20〜30件もの欠席や遅刻の朝の連絡があり、教師は電話を受けて連絡帳を記入するなど時間を取られていた。今では朝の電話はほぼなくなり、教師は端末で児童の出欠席を確認する。
■6時間授業削減
同市の教育改革プランの柱は「新しい学校教育のモデルの創造」。19年度は守谷型カリキュラム・マネジメントとして、6時間目の授業を削減した。創立記念日や県民の日などを登校とする代わりに、小学高学年や中学校では5時間授業を週3回、6時間授業を週2回とした。これにより週3日は、教師が授業準備や研修などに充てられる十分な放課後時間を確保できたという。ほかに教科担任制、中学校部活動指導員、ICT支援員なども導入、負担軽減の力となっている。
4月施行の改正給特法では、ガイドラインを指針に格上げ、公立学校の教員残業時間の上限を「月45時間、年360時間」としている。同市では18年に61時間(6月平均)だったものが、導入後の19年には34時間(同)までに減り、小学校では45時間以内を達成しているという。
市の教育改革を推進してきた町田香教育長は「細かなことでも、少しずつでも変えていくことが必要。先生方がゆとり、やりがいを持つことは、そのまま子どもたちのより良い成長につながる」と話している。

【写真説明】
デジタル化によって生まれた余剰時間を使って行われている「スタディタイム」=守谷市立黒内小


【速報】新型コロナ、茨城で新たに40人感染 経路不明は18人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに40人感染 経路不明は18人 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 10 May 2021 23:10:51 +0900

記事コード:16206408296963

茨城県と水戸市は10日、新型コロナウイルス感染者が新たに計40人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で8607人となった。
県と市によると、40人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が22人、感染経路が分かっていない人が18人となっている。
市町村別の感染者数は、古河市7人、取手市4人、土浦市4人、ひたちなか市3人、水戸市3人、八千代町3人、石岡市2人、鹿嶋市2人、神栖市2人、県外2人、つくば市1人、守谷市1人、笠間市1人、龍ケ崎市1人、阿見町1人、茨城町1人、牛久市1人、城里町1人。
新たに計35人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は計7879人となった。
居住地別の新規感染者40人は以下の通り。
◇古河市(7人)
▽30代会社員男性
▽30代アルバイト女性
▽70代会社員女性
▽30代会社員男性
▽0〜9歳女子児童
▽20代会社員男性
▽60代会社員男性
◇取手市(4人)
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性
▽10代女子学生
▽20代会社員女性
◇土浦市(4人)
▽10代男子生徒
▽60代パート女性
▽60代パート女性
▽30代無職女性
◇ひたちなか市(3人)
▽30代公務員女性
▽40代アルバイト男性
▽20代パート男性(水戸市から県に移管)
◇水戸市(3人)
▽40代団体職員女性
▽80代無職女性
▽80代無職女性
◇八千代町(3人)
▽70代無職女性
▽70代無職女性
▽20代会社員男性
◇石岡市(2人)
▽20代医療従事者女性
▽10代女性(職業非公表)
◇鹿嶋市(2人)
▽30代医療従事者女性
▽20代会社員男性
◇神栖市(2人)
▽40代会社員男性
▽50代医療従事者男性
◇つくば市(1人)
▽10代女子生徒
◇守谷市(1人)
▽20代会社員女性
◇笠間市(1人)
▽60代自営業女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽30代パート女性
◇阿見町(1人)
▽50代パート女性
◇茨城町(1人)
▽70代団体職員女性
◇牛久市(1人)
▽20代会社員女性
◇城里町(1人)
▽60代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇県外(2人)
▽20代公務員女性(埼玉県)
▽70代会社員男性(埼玉県)
■県内の感染状況
新規 40人
累計 8607人
うち死者 135人
退院・退所等 7879人
(県発表、10日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城県が「感染拡大」3市町追加へ 4市町延長、8市町解除の画像

【速報】新型コロナ 茨城県が「感染拡大」3市町追加へ 4市町延長、8市町解除

関連地域 :取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 10 May 2021 16:19:47 +0900

記事コード:16206278103355

茨城県の大井川和彦知事は10日午後、臨時会見し、人口1万人当たりの新型コロナウイルス感染症患者が直近の1週間で1.5人を超えた市町村を対象に独自に指定している「感染拡大市町村」に、常陸太田市、取手市、境町の3市町を追加し、不要不急の外出の自粛や飲食店の営業時間短縮を要請すると発表した。期間は13日から26日までの2週間。さらに4月22日に指定した水戸市、古河市、大洗町と、26日に指定した茨城町の計4市町の指定期間を延長して5月19日までとし、土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、五霞町の8市町の指定を13日で解除すると明らかにした。これにより13日以降の指定は計12市町となる。
大井川知事は「陽性者数に改善がみられるが、入院患者数などは若干悪化している」と指摘し、県民への協力を呼び掛けた。
●茨城県指定の感染拡大市町村
【追加】3市町
常陸太田市、取手市、境町(13〜26日)
【延長】4市町
水戸市、古河市、茨城町、大洗町(〜19日)
【継続】5市町
結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町(6〜19日)
【解除】8市町
土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、五霞町(12日)
【要請内容】
■不要不急の外出自粛
■営業時間短縮(全ての飲食店、午後8時から午前5時までの営業自粛、酒類提供は午後7時まで)
■会食を開催する場合、同居家族以外はいつも近くにいる4人まで
■出勤者数の削減(テレワークの積極的活用・時差出勤の活用)
■イベント等の開催制限(上限5000人かつ収容率50%以下)

【写真説明】
会見する大井川和彦知事=水戸市笠原町


守谷市教育長に再任した町田香さん、教育改革さらに推進の画像

守谷市教育長に再任した町田香さん、教育改革さらに推進

関連地域 :守谷市

最終更新日:Mon, 10 May 2021 16:00:00 +0900

記事コード:16205587381530

「市の教育改革をさらに進めていく。それが子どもたちの成長、学力向上、そして先生方の働き方の改善につながる」と再任の抱負を話すのは茨城県守谷市の教育長に再任した町田香(まちだかおる)さん。
同市の教育改革は第1次プランが2019年度から開始し、「守谷型カリキュラム・マネジメント」として、小学校高学年や中学校での6時間目の授業を削減し週2回にした。「6時間目まで授業、下校指導して職員室に戻ると4時20分ごろ。勤務時間までは20分ぐらいしかない。5時間目の日を設ければ先生方の時間がつくれる」。教員のゆとりは、子どもたちにもいい影響を及ぼすと、カリキュラム見直しの考え方を振り返る。
また、いじめ対策をもう一つの大きな柱に据えるとともに、プログラミング教育を推進。20年度からはコロナ禍とGIGAスクールに対応し、ICT(情報通信技術)化を進めている。
「先生方、保護者、市長や議会の理解があることが大きい。学校や子どもたちのことを考えてくれており、守谷ではさまざまなことができている」と、地域の理解に感謝を表す。
守谷中校長などを歴任。中学時代に出会った先生がいたから教師になったと語る。「教師は子どもたちの成長に関わることができる素晴らしい仕事。恩師との出会いがあり、今の自分がある。守谷で学んだ子どもたちが社会で活躍できるよう、その環境をしっかり整えていきたい」。66歳。

【写真説明】
守谷市教育長の町田香さん


河内町長選11日告示 新人一騎打ちの公算の画像

河内町長選11日告示 新人一騎打ちの公算

関連地域 :河内町

最終更新日:Mon, 10 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16205587381527

任期満了に伴う茨城県河内町長選は11日、告示される。ともに無所属新人で町議の野沢良治氏(62)=自民党県連推薦、小更雅之氏(50)=立憲民主党県連、茨城維新の会推薦=が立候補を準備しており、一騎打ちの公算が大きい。当選2回の現職・雑賀正光氏(65)は、今期限りでの引退を表明している。
野沢氏は町議当選5回。現町長の後継と目される。3歳未満の保育料無償化▽福祉タクシー・移動販売車の導入▽町直売所の早期再開▽企業誘致-を公約に挙げ路線の継承を訴える。
小更氏は町議当選2回。前町長から推薦を取り付けた。町役場改革と公的事業の見直し▽高齢者の生活支援▽空き家対策▽子育て・教育環境の充実-を打ち出し町政の刷新を唱える。
両氏は町議のまま立候補する予定。
投票は16日午前7時から午後8時まで、町内8カ所で行われ、同9時から長竿の町農村環境改善センターで即日開票される。選挙人名簿登録者数は7629人(3月1日現在)。

【写真説明】
候補者の野沢良治氏と小更雅之氏(左から)


《新型コロナ》高齢者接種、14市町開始 23日までに 茨城県内、19市町へ拡大の画像

《新型コロナ》高齢者接種、14市町開始 23日までに 茨城県内、19市町へ拡大

関連地域 :利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Mon, 10 May 2021 10:03:01 +0900

記事コード:16205675041754

新型コロナウイルスワクチンの一般高齢者向け接種が、10日から17日の週にかけて茨城県内14市町で新たに始まり、現在実施中を含め計19市町に広がる見通しであることが9日までの茨城新聞のまとめで分かった。24日の週にも12市村が接種開始を予定する。ただ、今後のワクチン供給状況などから、ほとんどの自治体は高齢者向け接種の終了時期を見通せず、それ以降の「65歳未満」の開始時期を未定のままとしている。
高齢者向けのワクチンが4月末以降、県内全ての市町村に順次、届き始めたのを受け、多くが接種開始日を確定するか前倒しした。当面はワクチン供給量が限定的なため、「75歳以上」など、さらに年代別に区切って開始時期を分ける自治体も多い。
在宅などの一般高齢者向け接種が10日の週に開始予定なのは、高萩、ひたちなか、潮来、河内、利根の5市町。17日の週は、常総、笠間、守谷、坂東、神栖、つくばみらい、大子、八千代の8市町。北茨城市も5月中旬から75歳以上の接種開始を予定する。
24日の週に開始予定なのは、日立、結城、常陸太田、牛久、つくば、鹿嶋、常陸大宮、那珂、稲敷、かすみがうら、鉾田、美浦の12市村。ほかに、土浦、桜川、茨城、城里、東海の5市町村も早ければ5月中の接種開始を見込む。
一般高齢者向け接種が県内で最も早かったのは、今月1日に始めた古河市。ほかに、下妻、取手、五霞、境の各市町が9日までに接種を開始した。一方、水戸や石岡など8市町が現時点で、6月以降の接種開始を見込んでいる。
多くの自治体で今週以降、一般高齢者向け接種が本格化するが、政府が掲げる「7月末までの完了」が実現できるかは依然、不透明な情勢だ。
高齢者の終了後に実施される65歳未満の接種開始時期については、下妻市の「7月中旬」が現時点で最も早く、36市町村は「未定」と回答している。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに41人感染、経路不明が19人 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに41人感染、経路不明が19人 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,取手市

最終更新日:Sun, 09 May 2021 20:13:58 +0900

記事コード:16205544394546

茨城県と水戸市は9日、新型コロナウイルス感染者が新たに計41人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で8567人となった。
県と市によると、41人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が22人、感染経路不明の人が19人。
市町村別の感染者数は、水戸市7人、筑西市7人、つくば市5人、ひたちなか市4人、土浦市3人、日立市2人、つくばみらい市2人、坂東市2人、古河市2人、かすみがうら市2人、阿見町1人、那珂市1人、常陸太田市1人、常総市1人、取手市1人。
新たに計66人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は累計で7844人となった。
居住地別の新規感染者41人は以下の通り。
◇水戸市(7人)
▽40代自営業男性
▽40代会社員女性
▽10代男子生徒
▽50代会社員男性
▽50代会社員男性
▽10代女子生徒
▽20代女子学生
◇筑西市(7人)
▽30代無職女性
▽50代会社員女性
▽40代会社員男性
▽50代アルバイト男性
▽30代無職男性
▽80代無職女性
▽60代会社員男性
◇つくば市(5人)
▽20代男子学生
▽20代団体職員女性
▽10代男子生徒
▽未就学男児
▽20代会社員男性
◇ひたちなか市(4人)
▽50代会社員女性
▽30代会社員女性
▽60代医療従事者男性
▽50代無職男性
◇土浦市(3人)
▽80代無職男性
▽10代会社員男性
▽10代会社員男性
◇日立市(2人)
▽30代団体職員男性
▽30代会社員男性
◇つくばみらい市(2人)
▽30代会社員男性
▽未就学女児
◇坂東市(2人)
▽20代会社員女性
▽50代無職男性
◇古河市(2人)
▽20代会社員女性
▽20代公務員女性
◇かすみがうら市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇阿見町(1人)
▽20代会社員男性
◇那珂市(1人)
▽60代無職男性
◇常陸太田市(1人)
▽20代男性(職業非公表)
◇常総市(1人)
▽30代団体職員男性
◇取手市(1人)
▽10代アルバイト女性
■県内の感染状況
新規 41人
累計 8567人
うち死者 135人
退院・退所等 7844人
(県発表、9日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


取手で集団接種開始 予約の高齢者220人の画像

取手で集団接種開始 予約の高齢者220人

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 09 May 2021 14:00:00 +0900

記事コード:16204758207879

一般高齢者を対象とした茨城県取手市の新型コロナウイルスワクチン集団接種が8日、同市新町の取手ウェルネスプラザで始まった。予約済みの高齢者220人が同日、1回目の接種を終えた。2回目は29日に行う。
同市では接種予約を年齢別で受け付け、今回は70歳以上が対象となった。集団接種は13日に同市藤代の藤代公民館、28日には同市寺田の福祉交流センターでも実施する。10日からは、市内医療機関での個別接種も始まる。
市によると、8日の集団接種で、副反応などによる体調不良やトラブルはなかった。同市小文間の女性(80)は「早く接種したいと思っていたのでひと安心。痛みもなく気分も悪くない。2回目の接種も不安なくできそうだ」と話していた。
同市の65歳以上の接種対象者は約3万8千人。8日現在で約1万581人が予約を済ませた。今月中に集団接種で約3千人が接種を終える予定。高齢者施設を対象とした接種も先月19日から先行して始まっており、入所者と職員への接種を一般高齢者と並行して進めている。

【写真説明】
取手市でコロナワクチンの集団接種が始まり、接種を受ける高齢者=同市新町の取手ウェルネスプラザ


オンライン美術鑑賞 取手市所蔵品、HP公開 寄贈、芸術大受賞作もの画像

オンライン美術鑑賞 取手市所蔵品、HP公開 寄贈、芸術大受賞作も

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 09 May 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16204721918316

茨城県取手市は、市が所蔵する美術作品をホームページで公開する「とりでオンライン美術館」を始めた。日本画、洋画、彫刻、工芸約100点の美術作品が鑑賞できる。同市によると、県内自治体が所蔵作品をネット上で公開するのは初という。市文化芸術課は「多くのアーティストの素晴らしい作品を、いつでもどこからでも鑑賞できるようにした。ぜひ見てほしい」と呼び掛けている。
同市は「アートのまち」として知られ、二科会理事長で洋画家の田中良さんをはじめ著名な芸術家、多くのアーティストがいる。また、東京芸術大取手校地があることから、同大と連携した芸術に関わる取り組みが行われている。
市は寄贈された作品や同大の優秀作品に授与する「取手市長賞」の受賞作品など、数多くの美術作品を所蔵。これらの作品は市内施設で展示されたり、所蔵展を催すなど鑑賞できるようになっているが、コロナ禍などを考慮し、今回、オンライン美術館を開設した。
掲載している作品は、日本画43点、洋画20点、彫刻12点、工芸25点。田中さんは「湖畔夕照」など計4点、洋画家の故服部正一郎さんの作品は「麦秋」など計3点、そのほか、1992年から現在までの東京芸術大「取手市長賞」受賞作品58点などが鑑賞できる。作品は随時、追加更新していくという。
アクセス方法は市ホームページ内の「とりでオンライン美術館」(https://www/city.toride.ibaraki.jp/art/online_museum.html)から。それぞれ分野ごとに分かれており、クリックしていくことで、画面上で拡大し見ることができる。
問い合わせは市文化芸術課(電)0297(74)2141

【写真説明】
「とりでオンライン美術館」で公開している東京芸術大取手市長賞の2020年度受賞作品。常行哲弘さんの油絵「後奏」取手市提供)


《市町村議会》守谷市の画像

《市町村議会》守谷市

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sun, 09 May 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16204758304013

【茨城県守谷市】臨時会は11日に開き、640万円を追加する2021年度一般会計補正予算案を審議する。会期は同日のみ。


新型コロナ 茨城県内新たに67人感染の画像

新型コロナ 茨城県内新たに67人感染

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sun, 09 May 2021 16:37:29 +0900

記事コード:16204866293308

茨城県と水戸市は8日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに67人確認されたと発表した。県内の累計感染者は8526人。同日までに確認された陽性者のうち新たに20人が変異株と判明、県内の変異株確認は累計311人となった。
県によると、土浦市内の事業所では従業員3人の感染が分かり、同事業所内の感染者は計6人となった。県は、新たなクラスター(感染者集団)が発生した可能性があるとしている。
県関連では県庁生活協同組合のパート従業員で県庁2階の食堂「ひばり」で、主にレジを担当する女性の感染が判明。食堂の従業員23人に検査を実施している。県土浦土木事務所つくば支所の職員も県外で感染が確認された。
クラスター発生の可能性があるつくば市内の病院では、新たに患者1人の変異株を確認。同病院内の変異株確認は4人に広がった。
水戸市によると、7日までに職員と利用者計8人が感染していた市内の福祉施設で、新たに80代と50代の利用者2人の陽性が分かった。施設内の感染者は計10人となった。
新型コロナ感染者のうち新たに38人が回復。県内の退院・退所などは計7778人となった。
■県内の感染状況
新規 67人
累計 8526人
うち死者 135人
退院・退所等 7778人
(県発表、8日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、茨城で新たに67人感染 28人が経路不明 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに67人感染 28人が経路不明 県と水戸市発表

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 08 May 2021 21:09:38 +0900

記事コード:16204666462240

茨城県と水戸市は8日、新型コロナウイルス感染者が新たに計67人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で8526人となった。
県と市によると、67人のうち陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が39人、感染経路が分かっていない人が28人。
市町村別の感染者数は、水戸市14人、古河市11人、土浦市6人、取手市5人、日立市4人、茨城町3人、大洗町3人、常陸太田市3人、境町3人、かすみがうら市2人、牛久市2人、つくばみらい市2人、東海村1人、ひたちなか市1人、守谷市1人、石岡市1人、八千代町1人、県外1人、つくば市1人、坂東市1人、筑西市1人。
新たに計38人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計7778人となった。
居住地別の新規感染者67人は以下の通り。
◇水戸市(14人)
▽30代会社員男性
▽80代無職女性
▽未就学男児
▽30代医療従事者男性
▽20代医療従事者女性
▽10代男子学生
▽40代会社員男性
▽80代無職男性
▽50代無職男性
▽60代介護職男性
▽20代男子学生
▽20代会社員女性
▽50代パート女性
▽20代無職女性
◇古河市(11人)
▽10代男子生徒
▽60代無職女性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽10代男子生徒
▽0〜9歳女子児童
▽30代自営業男性
▽40代自営業男性
▽30代パート女性
▽30代会社員女性
▽20代無職女性
◇土浦市(6人)
▽80代アルバイト女性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽40代会社員男性
▽30代会社員女性
▽30代会社員男性
◇取手市(5人)
▽90代無職男性
▽80代無職女性
▽40代パート女性
▽20代会社員男性
▽10代男子生徒
◇日立市(4人)
▽未就学女児
▽30代会社員男性
▽30代パート女性
▽30代無職女性
◇茨城町(3人)
▽60代パート女性
▽60代無職女性
▽60代男性(職業非公表)(水戸市から県に移管)
◇大洗町(3人)
▽70代自営業女性
▽70代無職女性(水戸市から県に移管)
▽40代無職女性(水戸市から県に移管)
◇常陸太田市(3人)
▽40代自営業男性
▽20代会社員男性
▽50代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇境町(3人)
▽20代技能実習生男性
▽20代技能実習生男性
▽50代パート女性
◇かすみがうら市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇牛久市(2人)
▽10代女子学生
▽30代公務員男性
◇つくばみらい市(2人)
▽60代会社員男性
▽20代無職女性
◇東海村(1人)
▽40代医療従事者女性
◇ひたちなか市(1人)
▽90代無職男性
◇守谷市(1人)
▽20代アルバイト女性
◇石岡市(1人)
▽40代会社員女性
◇八千代町(1人)
▽70代自営業男性
◇県外(1人)
▽30代公務員男性(栃木県)
◇つくば市(1人)
▽50代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽30代パート女性
◇筑西市(1人)
▽40代パート女性
■県内の感染状況
新規 67人
累計 8526人
うち死者 135人
退院・退所等 7778人
(県・水戸市発表、8日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


河内町長選 新人の小更氏、立民茨城県連推薦の画像

河内町長選 新人の小更氏、立民茨城県連推薦

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 08 May 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16203863677427

任期満了に伴う5月11日告示、同16日投開票の茨城県河内町長選で、立憲民主党県連は7日までに、立候補を表明している新人の小更雅之氏(50)=無所属=の推薦を決めた。小更氏は同日までに、茨城維新の会からも推薦を受けている。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに49人感染 半数超が経路不明 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに49人感染 半数超が経路不明 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市,守谷市

最終更新日:Fri, 07 May 2021 20:22:09 +0900

記事コード:16203804183137

茨城県と水戸市は7日、新型コロナウイルス感染者が新たに計49人確認されたと発表した。県内の感染者は累計8459人となった。
県と市によると、49人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が24人、感染経路が分かっていない人が25人で、経路不明が上回った。
市町村別の感染者数は、水戸市12人、古河市5人、つくば市4人、取手市3人、小美玉市3人、牛久市2人、日立市2人、神栖市2人、土浦市2人、笠間市2人、ひたちなか市2人、八千代町2人、境町1人、守谷市1人、筑西市1人、坂東市1人、龍ケ崎市1人、鹿嶋市1人、石岡市1人、茨城町1人。
新たに73人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は累計7740人となった。
居住地別の新規感染者49人は以下の通り。
◇水戸市(12人)
▽50代施設職員女性
▽40代施設職員女性
▽90代無職男性
▽90代無職男性
▽50代会社員男性(水戸市から県に移管)
▽40代会社員男性
▽20代無職女性
▽20代自営業男性
▽未就学男児
▽60代医療従事者女性
▽20代自営業男性
▽60代会社員男性
◇古河市(5人)
▽30代自営業男性
▽未就学男児
▽40代教職員男性
▽10代男子生徒
▽30代会社員男性
◇つくば市(4人)
▽70代無職男性
▽60代パート男性
▽50代男性(職業非公表)
▽20代男子学生
◇取手市(3人)
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
▽50代パート女性
◇小美玉市(3人)
▽80代無職男性
▽60代男性(職業非公表)
▽50代女性(職業非公表)
◇牛久市(2人)
▽60代会社員男性
▽20代会社員男性
◇日立市(2人)
▽50代会社員男性
▽30代会社員女性
◇神栖市(2人)
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
◇土浦市(2人)
▽40代パート女性
▽70代アルバイト男性
◇笠間市(2人)
▽50代女性(職業非公表)
▽60代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇ひたちなか市(2人)
▽30代会社員女性
▽60代施設職員女性(水戸市から県に移管)
◇八千代町(2人)
▽20代パート女性
▽40代会社員女性
◇境町(1人)
▽20代会社員女性
◇守谷市(1人)
▽50代会社員男性
◇筑西市(1人)
▽40代自営業男性
◇坂東市(1人)
▽40代会社員女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代女子学生
◇鹿嶋市(1人)
▽40代公務員女性
◇石岡市(1人)
▽10代男子生徒
◇茨城町(1人)
▽40代会社員女性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 49人
累計 8459人
うち死者 135人
退院・退所等 7740人
(県発表、7日午後6時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


江戸川学園取手高の鷲田さんが著書寄贈 茨城県教委にの画像

江戸川学園取手高の鷲田さんが著書寄贈 茨城県教委に

関連地域 :取手市

最終更新日:Fri, 07 May 2021 10:50:57 +0900

記事コード:16203105249476

江戸川学園取手高3年生で、会社経営者でもある鷲田るみさん(17)が6日、著書「JK、外国人の彼氏から#本日の日本を気づかされる。」を茨城県教委に約130冊寄贈した。
3月末発行の同著は、鷲田さんと母の美加さんのエッセー、中林まどかさんの漫画を組み合わせた内容。食品サンプルの文化や児童生徒による学校の掃除など、日本の「魅力」を盛り込んだ。この日は著者3人が水戸市笠原町の県庁を訪れ、小泉元伸教育長に本を手渡した。県教委は、私立を含む県内の高校に配布する。
鷲田さんは「世界中に日本が大好きな人を増やすのが夢。その一歩として、日本人に日本の良さを知ってほしい」と語った。小泉教育長は感謝を伝え、「ぜひこのまま才能を伸ばして」とさらなる活躍に期待を寄せていた。

【写真説明】
著書を寄贈する鷲田るみさん(右)ら3人=県庁


流通経大と筑波大の留学生2人に奨学金 筑波銀の画像

流通経大と筑波大の留学生2人に奨学金 筑波銀

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 07 May 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16202993020523

筑波銀行(茨城県土浦市)は6日、持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みの一環として、公益信託「筑波銀行記念奨学基金」の奨学金を留学生に贈った。1990年設立の同基金は毎年、県内の大学で学ぶアジアからの留学生に奨学金を支給。今年は流通経済大と筑波大の留学生計2人に贈ることが決まった。
贈呈式でモンゴルから留学中の流通経済大3年、バトムンフ・バダムツェンドさん(21)は「将来は日本とモンゴルの懸け橋になるような貿易会社をつくりたい」と抱負。バトムンフさんは基金設立後100人目の受給者で、同行の豊田高久常務は「今後も200人、300人と継続的に続けていきたい」と述べた。
同行には別の公益信託「筑波銀行愛の社会福祉基金」もあり、今年はいずれもNPO法人のビーンズ(龍ケ崎市)と高萩めだかの会(高萩市)、社会福祉法人愛正会の複合福祉施設「一想園」(日立市)が助成先に決まっている。

【写真説明】
贈呈式で筑波銀行の豊田高久常務から目録を受け取るバトムンフ・バダムツェンドさん(右)=つくば市竹園


龍ケ崎市 管理職3人、自殺か 40〜50代 4月中旬から下旬にの画像

龍ケ崎市 管理職3人、自殺か 40〜50代 4月中旬から下旬に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 07 May 2021 11:49:42 +0900

記事コード:16202993020516

茨城県龍ケ崎市役所の40〜50代の管理職3人が、4月中旬から下旬にかけて相次いで急死していたことが6日、分かった。関係者によると、いずれも自殺とみられる。市は同日までに、幹部職員を集めた会議で報告した。3人の死去について市幹部は「外部には公表していない」としている。
関係者によると、死亡した3人のうち1人は課長級、2人は課長補佐だった。
市では3月、官製談合事件が発覚し、副市長らが逮捕、起訴されるなどしており、庁内に動揺が広がっている。
官製談合事件では、市発注の工事を巡り入札情報を漏らしたとして、副市長(後に辞職)や市社会福祉協議会副会長が官製談合防止法違反容疑で逮捕、起訴された。このほか、共謀したとして課長級職員(定年退職)が在宅起訴され、別の課長級職員が罰金50万円の略式命令を受けている。

【写真説明】
龍ケ崎市役所


茨城の14歳以下、過去最少33万890人 総人口の11.8%の画像

茨城の14歳以下、過去最少33万890人 総人口の11.8%

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,河内町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Wed, 05 May 2021 10:49:20 +0900

記事コード:16201239668602

茨城県内の14歳以下の子どもの数は、「こどもの日」となる5日現在の推計値で33万890人、県総人口に占める割合が11.8%となったことが、4日までの県のまとめで分かった。人口、割合ともに国勢調査開始以来、過去最少を更新した。男子は16万9895人、女子は16万995人で、男子が女子を8900人上回った。
県常住人口調査結果(4月1日現在)によると、県内の子どもの数は前年同期と比べて6186人減(0.2ポイント減)。
人口に占める子どもの割合が高い市町村(4月1日現在)は、(1)つくばみらい市(15.5%)(2)つくば市(15.4%)(3)守谷市(15.2%)(4)東海村(14.1%)(5)神栖市(13.0%)-の順。前年比で子どもの人口が増加したのは2市で、つくば市が882人増、守谷市が131人増。つくばみらい市は増減ゼロだった。
一方で、割合が低い市町村は、(1)河内町(7.1%)(2)大子町(7.5%)(3)利根町(7.5%)(4)稲敷市(8.6%)(5)城里町(8.7%)-の順だった。
1920年から5年ごとに実施する国勢調査の結果によると、茨城県の子どもの人口が最も多かったのは1950年の74万7393人、割合が最も高かったのは1935年の38.9%。


新型コロナ 茨城31人感染 事業所で新たに従業員1人の画像

新型コロナ 茨城31人感染 事業所で新たに従業員1人

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Wed, 05 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16201239668598

茨城県と水戸市は4日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに31人確認されたと発表した。1人はクラスター(感染者集団)が発生した常総市内の事業所の従業員。県内の累計感染者は8348人となった。
県によると、同事業所ではこれまでに従業員20人が感染し、感染者は計21人に拡大。うち13人は変異株と判明している。
同日発表の陽性者は、6割超の20人が濃厚接触者だった。居住地別の人数は、古河市8人▽つくば市7人▽大洗町3人▽常陸大宮市、つくばみらい市、八千代町各2人▽土浦市、下妻市、常総市、笠間市、那珂市、神栖市、境町各1人。
また新型コロナ感染者のうち、新たに59人が回復。県内の退院・退所などは計7567人となった。
■県内の感染状況
新規 31人
累計 8348人
うち死者 135人
退院・退所等 7567人
(県発表、4日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で新たに31人 県と水戸市発表 経路不明11人の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに31人 県と水戸市発表 経路不明11人

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Tue, 04 May 2021 19:45:08 +0900

記事コード:16201172261966

茨城県と水戸市は4日、新型コロナウイルス感染者が県内で新たに31人確認されたと発表した。うち県が29人。県内の累計感染者は8348人となった。
県と市によると、濃厚接触により感染したとみられるのが20人、感染経路不明が11人。
市町村別の感染者数は、古河市8人、つくば市7人、大洗町3人、常陸大宮市2人、八千代町2人、つくばみらい市2人、土浦市1人、神栖市1人、下妻市1人、常総市1人、境町1人、那珂市1人、笠間市1人。
新たに59人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は累計で7567人となった。
居住地別の新規感染者31人は以下の通り。
◇古河市(8人)
▽60代会社員女性
▽未就学女児
▽20代会社員男性
▽20代無職女性
▽10代男子生徒
▽30代パート女性
▽30代無職女性
▽30代会社員男性
◇つくば市(7人)
▽40代会社員男性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽20代女子学生
▽20代無職男性
▽40代会社員男性
▽未就学女児
◇大洗町(3人)
▽30代会社員男性
▽60代無職男性
▽50代パート女性
◇常陸大宮市(2人)
▽20代会社員男性
▽60代無職女性
◇八千代町(2人)
▽10代男子生徒
▽20代自営業男性
◇つくばみらい市(2人)
▽30代会社員男性
▽20代アルバイト女性
◇土浦市(1人)
▽50代会社員男性
◇神栖市(1人)
▽60代会社員男性
◇下妻市(1人)
▽50代無職女性
◇常総市(1人)
▽30代会社員男性
◇境町(1人)
▽60代男性(職業非公表)
◇那珂市(1人)
▽30代女性(職業非公表)(水戸市から県に移管)
◇笠間市(1人)
▽50代無職女性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 31人
累計 8348人
うち死者 135人
退院・退所等 7567人
(県・水戸市発表、4日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


識者に聞くの画像

識者に聞く

関連地域 :取手市

最終更新日:Tue, 04 May 2021 19:00:00 +0900

記事コード:16200467470437

◆元筑波大教授 宇野彰氏 「自信回復」応援して◆
学習障害の一つ、発達性読み書き障害(発達性ディスレクシア)は、出現頻度が高い割に見過ごされやすく、認識が広がっていない。専門機関が少なく、支援できる人材も限られる中、どう対応すべきか。研究する筑波大の元教授、宇野彰氏(67)に聞いた。
-日本ではどのくらいの子どもたちがこの障害を抱えているのか。
例えば「読み」なら漢字で6.9%、片仮名で1.4%、平仮名で0.2%の出現率だ。英語は英語圏の国でも10%以上といわれている。平仮名で言うと就学前に長い時間教えるのは根拠がない。能力差はあるが、教えてもなかなか覚えにくい子どもにはできない経験をたくさんさせてしまうことになる。しかし、できない子でも小学1年の夏休みに練習させると、9割は追い付く。問題は残り1割の「リスク児」。その中に障害がある子がいる。「練習してもできない子」と分かれば、そこから専門的な指導が必要になる。
◆少しの配慮で
-支援や指導で大事なことは。
やり方を変えて練習させるとできるようになる。もともと判断力も行動する力もある子たち。それが、「読み書きの勉強」で自信をなくしてしまう。学校生活は「勉強中心」。勉強ができないと「人間として駄目だ」という錯覚に陥ってしまう。うまくいくことが自信を持つプロセスになる。人生全体を通して「自信の回復」を応援すべきだ。普通の子育てと同じで、努力してうまくいく経験を繰り返させることが大事なのではないかと思う。
-障害が現にあるのになぜ理解が広がらないのか。
虐待やいじめといった命に関わることではなかったからだろうか。教育界は長い間、こうした子たちを見過ごしてきた。なぜかデータ分析も対応もしてこなかった。しかし、子どもたちは実際に大変な困難を抱えている。でも、サポートすれば苦手でも勉強はできる。その子に合った支援をすれば可能性は広がる。
◆専門の教員養成
-理解を広めるためには。
困難さを正しく広く知ってもらうことが重要。授業のやり方を少し変えるだけでも支援になる。何げない普通の授業でも、ちょっとした配慮で変わる。例えば、板書をノートに写すのは何のために必要なのだろうか。板書は音読と書字という両方の負担が掛かる作業で、苦手な子にとっては理解しようというところまで行き着かない。板書を写す作業がなくなるだけでも随分助かる。
-現状を改善するには。
まずは専門的教員の養成。モデルになる先生がいると全体が目指しやすくなる。次に、そうした人材を一つの学校だけでなく、広く活用できるシステム。上手に運用できるようにすることだ。つくば市はモデル校があったので、いち早く成果を理解してもらえた。専門的教員の養成はひたちなか市と取手市、笠間市でも始まっている。(おわり)
■うのあきら
医学博士、言語聴覚士。NPO法人「LD・Dyslexiaセンター」理事長。筑波大元教授。発達性ディスレクシア研究会理事長。著書に「ことばとこころの発達と障害」(永井書店)など。

【写真説明】
「子どもたちの『自信の回復』を応援すべき」と語る宇野彰氏


《新型コロナ》つくば・結城・龍ケ崎・八千代・利根 「感染拡大」に追加 6日からの画像

《新型コロナ》つくば・結城・龍ケ崎・八千代・利根 「感染拡大」に追加 6日から

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Tue, 04 May 2021 09:53:54 +0900

記事コード:16200505127033

■水戸、古河、大洗は延長
新型コロナウイルス感染拡大が顕著な「感染拡大市町村」について、大井川和彦茨城知事は3日、臨時会見し、つくば、結城、龍ケ崎など5市町を追加すると発表した。6日から19日までの2週間、不要不急の外出自粛や飲食店への営業時間短縮を要請する。また、指定期間を5日までとしていた6市町のうち、水戸市など3市町の期間を延長、6日以降の指定は計17市町に拡大した。
感染拡大市町村に新たに追加指定したのは、ほかに八千代と利根の両町。5市町はいずれも、直近1週間における人口1万人当たりの新規陽性者数が、国指標のステージ3相当の「1.5人以上」を上回ったことを踏まえ判断した。
また、指定を5日までとしていた6市町のうち、水戸、古河、大洗3市町の期間を12日まで1週間延長。特に感染が拡大する大洗町について、大井川知事は「観光地ということもあるので警戒する必要がある」と注意を促した。かすみがうら、城里、阿見の3市町は「感染拡大が落ち着いている」として、指定を解除する。
これにより、4月29日〜5月12日の期間を指定している土浦や石岡など9市町を含め、感染拡大市町村の指定は計17市町となった。
感染拡大市町村は、1週間ごとに状況を見て対象などを追加。対象自治体の全ての飲食店に午後8時から午前5時までの営業自粛(酒類提供は午後7時まで)を要請し、全期間で要請に協力した店舗に対し売上高に応じた協力金を支給する。ほかに、テレワークを活用した出勤者数制限やイベント開催制限(上限5千人かつ収容率50%以下)を求めている。
大井川知事は「感染が連休明けに拡大しないよう、警戒の手を緩めず対策を打ちたい」と述べた。


【速報】新型コロナ、茨城で新たに46人感染 県と水戸市発表 22人の経路不明の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに46人感染 県と水戸市発表 22人の経路不明

関連地域 :龍ケ崎市,守谷市

最終更新日:Mon, 03 May 2021 20:55:18 +0900

記事コード:16200360694411

茨城県と水戸市は3日、新型コロナウイルス感染者が新たに計46人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で8317人となった。
県と市によると、46人のうち、陽性者との濃厚接触により感染したとみられる人が24人、感染経路が分かっていない人が22人となっている。
市町村別の感染者数は、古河市9人、水戸市7人、つくば市5人、結城市3人、下妻市2人、日立市2人、筑西市2人、かすみがうら市1人、桜川市1人、八千代町1人、坂東市1人、石岡市1人、常総市1人、阿見町1人、龍ケ崎市1人、那珂市1人、ひたちなか市1人、守谷市1人、牛久市1人、県外1人、土浦市1人、鹿嶋市1人、大洗町1人。
新たに62人が退院・退所・自宅療養終了など回復し、回復者は累計で7508人となった。
居住地別の新規感染者46人は以下の通り。
◇古河市(9人)
▽60代パート女性
▽30代パート女性
▽60代無職男性
▽30代会社員男性
▽10代自営業男性
▽20代会社員女性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽10代会社員男性
◇水戸市(7人)
▽70代無職男性
▽40代自営業女性
▽30代会社員男性
▽60代無職男性
▽50代会社員女性
▽40代医療従事者女性
▽10代男子生徒
◇つくば市(5人)
▽40代会社員男性
▽30代公務員男性
▽10代男子生徒
▽70代無職男性
▽30代会社員男性
◇結城市(3人)
▽10代アルバイト女性
▽20代会社員女性
▽80代無職女性
◇下妻市(2人)
▽20代無職男性
▽20代無職女性
◇日立市(2人)
▽10代女子生徒
▽0〜9歳男児
◇筑西市(2人)
▽0〜9歳男児
▽50代パート女性
◇かすみがうら市(1人)
▽40代会社員男性
◇桜川市(1人)
▽60代会社員女性
◇八千代町(1人)
▽50代会社員男性
◇坂東市(1人)
▽10代会社員男性
◇石岡市(1人)
▽40代自営業女性
◇常総市(1人)
▽20代会社員男性
◇阿見町(1人)
▽20代無職女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽20代自営業男性
◇那珂市(1人)
▽40代パート女性
◇ひたちなか市(1人)
▽60代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽50代教職員女性
◇牛久市(1人)
▽50代パート男性
◇県外(1人)
▽60代無職女性(東京都)
◇土浦市(1人)
▽10代男子学生
◇鹿嶋市(1人)
▽40代自営業男性
◇大洗町(1人)
▽60代男性(職業非公表)(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 46人
累計 8317人
うち死者 135人
退院・退所等7508人
(県・水戸市発表、3日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ、感染拡大市町村に5市町を追加 茨城県 3市町を延長の画像

【速報】新型コロナ、感染拡大市町村に5市町を追加 茨城県 3市町を延長

関連地域 :龍ケ崎市,利根町

最終更新日:Mon, 03 May 2021 16:27:59 +0900

記事コード:16200252972820

茨城県の大井川和彦知事は3日、記者会見し、新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い県が独自に指定している感染拡大市町村に、6日から結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町の5市町を追加すると発表した。期間は5月19日まで。さらに4月22日に指定した水戸市、古河市、大洗町の3市町の指定期間を1週間延長して5月12日までとし、かすみがうら市、城里町、阿見町の3市町の指定を5月5日で解除すると発表した。5月6日以降の感染拡大市町村は17市町になる。
県は直近1週間の感染者が人口1万人当たり1.5人を超えたところを感染拡大市町村に指定し、不要不急の外出の自粛や飲食店の営業時間短縮などを求めている。
【指定期間】
5月6〜19日(追加)
結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町
4月22〜5月12日(1週間延長)
水戸市、古河市、大洗町
4月29〜5月12日
土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、茨城町、五霞町
4月22〜5月5日
かすみがうら市、城里町、阿見町

【写真説明】
茨城県の大井川和彦知事


コケの魅力伝えたい 鵜沢さん、初の児童書を出版の画像

コケの魅力伝えたい 鵜沢さん、初の児童書を出版

関連地域 :つくばみらい市

最終更新日:Mon, 03 May 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16199598494711

「小学生でも理解しやすい言葉を用いて、写真をたくさん使っている。子どもから大人まで幅広い年齢層の方に本を手にしてもらいたい」。2010年から茨城県自然博物館(坂東市)に勤務した鵜沢美穂子(うざわみほこ)さんは、コケの雌雄性や形態の研究、展示製作、教育普及に携わり、今年、自身初となる児童書「あなたのあしもと コケの森」(オールカラー48ページ)を出版した。
千葉県一宮町出身。幼少の頃から植物が大好きで、高校生の時に、道ばたのゼニゴケが胞子を飛ばしている現場に遭遇。「コケは小さいながらにつくりが複雑で形が面白い。懸命に生きていることに衝撃を受けた」。コケをもっと知りたいという探求心から大学は生物学科に進学。大学や大学院でコケの研究に没頭した。趣味は、県内調査を中心にした全国各地のコケ巡り。「50年前の記録を基に国の絶滅危惧種に指定されているササオカゴケを探すのはまるで宝探し」と笑顔を見せる。
児童書は、単なる図鑑ではなく、コケのライフサイクル「コケ暦」や1年の暮らし、見分け方に焦点を当て、「生物学的な面白さ」を追求。学校の校庭や通学路、公園などで見つけることができる25種類のコケを写真で紹介し、子どものワクワク感や好奇心を育てるとともに、コケの観察に必要な道具、ルーペの使い方などを説明している。
同館では10月からコケをテーマにした企画展を予定している。「コケのかわいらしい姿に癒やしを求める全国の『コケ女子』や子どもたちが、本を片手に展示を見てくれれば」と期待する。コケの魅力がたっぷり詰まった一冊。館内のミュージアムショップなどで販売中。同館主任学芸員。つくばみらい市在住。37歳。

【写真説明】
初の児童書を出版した 鵜沢美穂子(うざわみほこ)さん


【速報】新型コロナ 茨城、社員寮で新たに1人感染 計6人にの画像

【速報】新型コロナ 茨城、社員寮で新たに1人感染 計6人に

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sun, 02 May 2021 21:10:00 +0900

記事コード:16199474714582

茨城県内で2日に確認された新型コロナウイルス感染者のうち1人は、龍ケ崎市内の事業所の社員寮に住んでいる従業員だった。入居する従業員の感染は計6人となった。県は、寮でクラスター(感染者集団)が発生した可能性を示している。
県によると、この事業所では、寮に住んでいない従業員の感染は確認されていない。

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


【速報】新型コロナ 茨城で63人感染 搬送後死亡の女性陽性 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で63人感染 搬送後死亡の女性陽性 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 02 May 2021 19:10:00 +0900

記事コード:16199465500645

茨城県と水戸市は2日、新型コロナウイルス感染者が新たに計63人確認されたと発表した。うち県が46人。また県は、搬送後亡くなった1人が、その後、陽性と判明したと公表。県内の感染者は累計8271人、死者は135人となった。
県によると、亡くなったのは県内在住の70代女性。1日までに自宅から救急搬送され、医療機関で死亡確認後、PCR検査で陽性と分かった。
県と市によると、新規感染63人のうち濃厚接触で感染したとみられるのが36人、感染経路不明が27人。
市町村別の感染者数は、水戸市15人、龍ケ崎市5人、下妻市5人、つくば市4人、土浦市3人、大洗町3人、八千代町3人、鉾田市3人、筑西市3人、笠間市2人、結城市2人、古河市2人、ひたちなか市2人、石岡市2人、坂東市2人、守谷市2人、那珂市1人、常総市1人、つくばみらい市1人、取手市1人、日立市1人。
新たに56人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計7446人となった。
居住地別の新規感染者63人は以下の通り。
◇水戸市(15人)
▽60代会社員男性
▽40代会社員男性
▽20代会社員男性
▽60代会社員男性
▽60代自営業男性
▽40代会社員女性
▽40代会社員男性
▽20代施設職員男性
▽10代男子生徒
▽50代会社員女性
▽30代自営業男性
▽60代無職男性
▽10代女子学生
▽10代女子生徒
▽20代会社員男性
◇龍ケ崎市(5人)
▽20代パート男性
▽30代パート女性
▽未就学男児
▽10歳未満男子児童
▽60代無職男性
◇下妻市(5人)
▽70代無職男性
▽30代会社員男性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
▽20代無職男性
◇つくば市(4人)
▽30代医療従事者女性
▽20代会社員男性
▽20代会社員女性
▽40代自営業男性
◇土浦市(3人)
▽20代会社員男性
▽30代アルバイト男性
▽40代会社員男性
◇大洗町(3人)
▽50代女性(職業非公表)
▽70代無職男性
▽60代パート女性(水戸市から県に移管)
◇八千代町(3人)
▽30代会社員女性
▽30代会社員男性
▽20代無職男性
◇鉾田市(3人)
▽40代自営業男性
▽60代パート女性
▽40代パート女性
◇筑西市(3人)
▽50代会社員男性
▽30代無職女性
▽10代女子生徒
◇笠間市(2人)
▽60代無職男性
▽60代無職女性
◇結城市(2人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
◇古河市(2人)
▽未就学女児
▽30代自営業男性
◇ひたちなか市(2人)
▽60代会社員男性
▽30代公務員男性
◇石岡市(2人)
▽50代会社員女性
▽20代会社員女性
◇坂東市(2人)
▽10代女子学生
▽30代無職男性
◇守谷市(2人)
▽70代無職女性
▽50代公務員男性
◇那珂市(1人)
▽50代会社員男性
◇常総市(1人)
▽40代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽30代無職女性
◇取手市(1人)
▽70代無職男性
◇日立市(1人)
▽40代会社員男性
■県内の感染状況
新規 63人
累計 8271人
うち死者 135人
退院・退所等 7446人
(県・水戸市発表、2日午後7時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


《公募展から》現代工芸美術展 東京都美術館の画像

《公募展から》現代工芸美術展 東京都美術館

関連地域 :龍ケ崎市,取手市

最終更新日:Sun, 02 May 2021 12:00:00 +0900

記事コード:16198694128524

◆井上壽博さん 春迎える季節表現◆
現代工芸美術家協会の「第59回日本現代工芸美術展」が4月18〜24日まで、東京・上野の東京都美術館で開かれた。茨城県関係作家の入賞などを紹介する。(敬称略)
評議員の井上壽博(水戸市)「冬の朝」は、作者が追求する冬のシリーズの新作。光沢がある陶磁で、もうすぐ春を迎えるような季節を表現している。丸と楕円(だえん)が一つの造形の中に混在しており、フォルムの面白さも魅力だ。
審査員の井上英基(笠間市)「春濤」は、穏やかな海を表現した陶磁作品。緑色部分が海を、下部が砂浜をイメージして作られている。そのほか、会友の大島真澄(ひたちなか市)「創成の時」が現代工芸賞を受賞した。同賞は若手を対象に「今日的」で優れた作品に与えられる。
展示総数は520点、茨城県関係は14点。
◇評議員 井上壽博(水戸市)「冬の朝」
◇審査員 井上英基(笠間市)「春濤」
◇本会員 安藤康生(同)「再生される街」、石黒美男(土浦市)「明日へ」、中村茂子(取手市)「時空花’21」、滑川由美(日立市)「記憶-海」、梶谷由起(土浦市)「椿」、盛澄子(龍ケ崎市)「青い窓」
◇会員 伊藤邦枝(水戸市)「輝耀」、国天道治(ひたちなか市)「砂涛II」、高草直也(取手市)「春まだき」、福田宜子(龍ケ崎市)「旅立ち」
◇会友 大島真澄(ひたちなか市)
◇一般 深作修一(同)

【写真説明】
井上壽博「冬の朝」


取手市と議会、字幕表示検証へ オンライン会議見据え企業と協定の画像

取手市と議会、字幕表示検証へ オンライン会議見据え企業と協定

関連地域 :取手市

最終更新日:Sun, 02 May 2021 11:00:00 +0900

記事コード:16198691739179

茨城県取手市と同市議会は4月28日、議事録作成などの音声認識を手掛けるアドバンスト・メディア(東京)と、音声関連技術における連携協定を締結した。オンライン会議対応へ、議会での発言をリアルタイムで字幕表示できるかなどを検証していく。
同市議会は、議会でのICT(情報通信技術)活用を進めており、コロナ禍においてオンライン委員会などを既に実施。今後増加が見込まれるオンライン会議を見据え、業務の効率化を目指し、音声に関する技術開発を3者共同で行う。
協定内容は、(1)同議場内へのカメラ機器一式の提供(2)本会議や委員会発言内容のリアルタイム字幕表示機能の検証(3)文字データ要約関連機能の検証(4)行政事務における市民対応履歴自動テキスト化の検証(5)これらのシステム開発・品質向上に向けた会議の開催-。議場内カメラについては、昨年11月に既に設置され、議会中継画像がより鮮明になっている。字幕表示機の検証などは順次行っていく。
協定締結は同日、「音声テック関連技術連携協定セレモニー」としてオンラインで行われ、藤井信吾市長と斎藤久代議長は議場に、各議員と同社の大柳伸也取締役は各所から参加した。藤井市長は「業務効率化につなげていきたい。期待したい」、斎藤議長は「協力を頂きながら議会改革に取り組んでいきたい」とそれぞれ話した。

【写真説明】
オンラインで行われた「音声テック関連技術連携協定セレモニー」=取手市議会議場


【速報】新型コロナ、茨城で新たに65人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ、茨城で新たに65人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 19:10:20 +0900

記事コード:16198636015055

茨城県と水戸市は1日、新型コロナウイルス感染者が新たに計65人確認されたと発表した。さらに県は同日、患者1人が死亡したと発表した。県内の感染者は累計8208人、死者は134人となった。
県によると、亡くなったのは県内の医療機関に入院していた80代女性。
県と市によると、新規に感染が確認された65人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が38人、感染経路が分かっていない人が27人となっている。
市町村別の感染者数は、水戸市10人、つくば市10人、常陸大宮市4人、ひたちなか市3人、茨城町3人、鉾田市3人、坂東市3人、結城市3人、古河市2人、鹿嶋市2人、大洗町2人、阿見町2人、下妻市1人、かすみがうら市1人、つくばみらい市1人、常総市1人、取手市1人、利根町1人、土浦市1人、笠間市1人、石岡市1人、牛久市1人、龍ケ崎市1人、常陸太田市1人、那珂市1人、北茨城市1人、県外1人、八千代町1人、守谷市1人、桜川市1人。
新たに66人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計7390人となった。
居住地別の新規感染者65人は以下の通り。
◇水戸市(10人)
▽50代会社員男性
▽50代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代男子児童
▽0〜9歳女子児童
▽50代介護職女性
▽20代アルバイト女性
▽20代男子学生
▽20代会社員女性
▽30代女性(職業非公表)
◇つくば市(10人)
▽20代会社員男性
▽20代会社員男性
▽10代女子生徒
▽0〜9歳男子児童
▽未就学女児
▽0〜9歳男子児童
▽20代女子学生
▽40代会社員女性
▽10代男子児童
▽20代男子学生
◇常陸大宮市(4人)
▽60代男性(職業非公表)
▽80代無職女性
▽90代無職男性
▽60代女性(職業非公表)
◇ひたちなか市(3人)
▽50代会社員男性
▽10代女子児童
▽60代男性(職業非公表)
◇茨城町(3人)
▽60代無職女性
▽30代男性(職業非公表)
▽40代女性(職業非公表)(水戸市から県に移管)
◇鉾田市(3人)
▽60代アルバイト男性
▽60代自営業女性
▽40代会社員男性
◇坂東市(3人)
▽30代会社員男性
▽50代会社員女性
▽10代会社員女性
◇結城市(3人)
▽30代会社員女性
▽未就学男児
▽0〜9歳男児
◇古河市(2人)
▽20代会社員男性
▽60代無職女性
◇鹿嶋市(2人)
▽20代会社員男性
▽30代自営業女性
◇大洗町(2人)
▽50代パート女性
▽60代アルバイト女性
◇阿見町(2人)
▽70代会社員女性
▽30代パート女性
◇下妻市(1人)
▽60代会社員男性
◇かすみがうら市(1人)
▽60代会社員男性
◇つくばみらい市(1人)
▽70代無職女性
◇常総市(1人)
▽70代無職女性
◇取手市(1人)
▽20代アルバイト男性
◇利根町(1人)
▽20代アルバイト男性
◇土浦市(1人)
▽20代無職男性
◇笠間市(1人)
▽20代パート女性
◇石岡市(1人)
▽30代会社員女性
◇牛久市(1人)
▽40代公務員女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽60代無職女性
◇常陸太田市(1人)
▽10代女子生徒
◇那珂市(1人)
▽60代アルバイト男性
◇北茨城市(1人)
▽80代アルバイト女性
◇県外(1人)
▽30代会社員男性(埼玉県)
◇八千代町(1人)
▽30代会社員男性
◇守谷市(1人)
▽40代教職員女性
◇桜川市(1人)
▽60代会社員男性
■茨城県内の感染状況
新規 65人
累計 8208人
うち死者 134人
退院・退所等7390人
(県・水戸市発表、1日午後7時現在)


広瀬昌也さん 総合型クラブチームを運営・指導の画像

広瀬昌也さん 総合型クラブチームを運営・指導

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 15:00:00 +0900

記事コード:16197804793165

■だれもが集える場に
バスケットボールのドリブルの音が鳴り響く体育館。ホイッスルを吹きながら指示を出し、子どもたちを指導するのが、総合型クラブチームを運営する広瀬昌也(ひろせまさや)さん(53)。子どもたちは年齢別に分かれて練習に励み、さまざまな練習をこなしていく。
総合型クラブチーム「シードソレイユ取手」を立ち上げて7年目。バスケットボールクラブチーム「ボーズ」のほか、サッカー「グラフィーゴ」、陸上「ラン・RUN・ラン」の三つのチームを運営している。「今年からはキッズスポーツクラスも立ち上げた。地域に根付くヨーロッパ型の総合型クラブチームにしたい」と見据える。
茨城県取手市出身。バスケットボール選手として活躍後、2000年にはプロチーム「新潟アルビレックス」の初代ヘッドコーチに就任。その後も、母校の青山学院大コーチなどを務めてきた。
「ふるさとの取手に戻ると、学校が廃校になっているなど地域に元気がないと感じた。廃校を利用し、老若男女が集えるスポーツの場をつくりたいと思った」とクラブ立ち上げのきっかけを話す。
地元の知り合いなどの協力を得て、取手市内を拠点にバスケットボールのクラブチームを立ち上げた。サッカーと陸上でも、それぞれ専門コーチを招きチームをつくった。今では小学生から中学生まで約100人の子どもたちが集う。
今年からは、4歳から就学前の子どもたちを対象に、広く運動の楽しさを学ぶキッズクラスも開講。また、保育園でも体育授業を受け持つなど幅広く指導している。
「幼少の頃から運動することはとても大切。多くの子どもたちに運動の楽しさを知ってほしい。いずれはこの地域に、お年寄りも含め、だれもが集えるようなクラブをつくりたい」

【写真説明】
子どもたちを指導する広瀬昌也さん=取手市山王


茨城県河内町長選 事前審査に2陣営の画像

茨城県河内町長選 事前審査に2陣営

関連地域 :河内町

最終更新日:Sat, 01 May 2021 07:59:00 +0900

記事コード:16197876175056

任期満了に伴う茨城県河内町長選(5月11日告示、16日投開票)で、立候補届け出書類の事前審査が30日、町役場であり、いずれも新人で町議の野沢良治氏(62)=自民推薦=と小更雅之氏(50)=無所属=の2陣営が出席した。
選挙人名簿登録者数は7629人(3月1日現在)。


新型コロナワクチン接種 5月追加324箱 配分発表 高齢者用 茨城県内対象の3割確保の画像

新型コロナワクチン接種 5月追加324箱 配分発表 高齢者用 茨城県内対象の3割確保

関連地域 :取手市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 05:00:00 +0900

記事コード:16197939378142

高齢者向け新型コロナウイルスワクチンについて茨城県は30日、5月10日の週と同17日の週に茨城県内に届く計324箱の市町村への配分内訳を発表した。これまでの配分も含めると、県内の65歳以上の高齢者約84万人のうち、3割の約26万人が2回接種できる量が確保される。
茨城県によると、今回の324箱は44市町村に1〜24箱配る。主な配分量は、つくば市24箱▽水戸市、取手市各20箱▽日立市16箱▽土浦市、古河市、常総市、ひたちなか市各14箱-など。高齢者施設の数や納入希望量、高齢者人口などを考慮して決めた。
ワクチンは1箱195瓶入り。県によると、これまでは1瓶で5回接種だったが、10日の週に届く分から1瓶6回接種できる注射器を使用する。1箱で接種できる回数は975回から1170回に増える。茨城県への高齢者ワクチンの配分は、3日の週までに届く151箱を合わせると累計475箱になる。

【写真説明】
新型コロナウイルスのワクチン


新型コロナ 茨城県内新規45人感染 4月1403人、過去2番目の多さの画像

新型コロナ 茨城県内新規45人感染 4月1403人、過去2番目の多さ

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16197804793144

茨城県と水戸市は30日、茨城県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計45人確認されたと発表した。茨城県内の累計感染者は8143人。4月の感染者数の合計は1403人となり、月別では第3波が急拡大した1月(2372人)に次いで2番目に多かった。
茨城県によると、龍ケ崎市内の社員寮では30代男性の感染が判明。寮内の陽性者は計5人となり、クラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
茨城町では町内の幼稚園に勤務する30代女性が陽性と分かった。水戸市発表のうち1人も、同29日に市が発表した市立幼稚園勤務の会計年度任用(非常勤)職員の60代女性。
30日までに確認された陽性者のうち4人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計241人となった。
ほかに新型コロナ感染者のうち新たに67人が回復。県内の退院・退所などは計7324人となった。
また、牛久市は30日、市民部総合窓口課に勤務する会計年度任用職員の40代女性の感染を発表した。
■茨城県内の感染状況
新規 45人
累計 8143人
うち死者 133人
退院・退所等7324人
(県発表、30日午後10時現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


龍ケ崎官製談合 罰金刑の市職員停職の画像

龍ケ崎官製談合 罰金刑の市職員停職

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16197876175055

茨城県龍ケ崎市発注の工事を巡る入札情報漏えい事件で、市は30日、官製談合防止法違反の罪で東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた市長公室参事の男性(54)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。同日付。
中山一生市長は「信頼を損ない、市民と関係者の皆さまに深くおわび申し上げます。信頼回復に向け綱紀粛正の徹底を図ってまいります」とのコメントを出した。
事件を巡っては、副市長と契約検査課長も同罪で起訴された。それぞれ辞職、定年退職しており、市は「弁護士と相談し対応を考える」としている。


バスケット女子代表候補に日立ハイテクの谷村、北村の画像

バスケット女子代表候補に日立ハイテクの谷村、北村

関連地域 :守谷市

最終更新日:Sat, 01 May 2021 04:00:00 +0900

記事コード:16197976331658

日本バスケットボール協会は30日、東京五輪へ向けた第3次強化合宿に臨む女子代表候補19人を発表し、日立ハイテクからは茨城県守谷市出身の谷村里佳と、北村悠貴の2人が選ばれた。
第2次強化合宿に参加した22人から絞り込まれ、最終メンバー12人はこの中から選ばれる。
第3次強化合宿は30日から始まり、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで5月9日まで行われる。第4次は同14〜23日に予定されている。


【速報】新型コロナ、龍ケ崎の社員寮でクラスタ―か 茨城は4月1403人感染の画像

【速報】新型コロナ、龍ケ崎の社員寮でクラスタ―か 茨城は4月1403人感染

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Fri, 30 Apr 2021 22:23:33 +0900

記事コード:16197854031232

茨城県と水戸市が30日発表した新型コロナウイルス新規感染者計45人のうち、龍ケ崎市内の社員寮では30代男性の感染が判明。これにより寮内の陽性者は計5人に増え、県はクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。
茨城町では町内の幼稚園に勤務する30代女性の感染が分かった。
県内の4月の感染者数は計1403人になり、第3波が拡大した1月(2372人)に次いで、月別で2番目に多かった。


【速報】新型コロナ 茨城で新たに45人感染 県と水戸市発表の画像

【速報】新型コロナ 茨城で新たに45人感染 県と水戸市発表

関連地域 :龍ケ崎市,利根町,つくばみらい市

最終更新日:Fri, 30 Apr 2021 19:35:42 +0900

記事コード:16197787712184

茨城県と水戸市は30日、新型コロナウイルス感染者が新たに計45人確認されたと発表した。県内の感染者は累計で8143人となった。
県と市によると、45人のうち、陽性者との濃厚接触で感染したとみられる人が30人、感染経路が分からない人が15人。
市町村別の感染者数は、水戸市8人、下妻市6人、土浦市4人、茨城町4人、つくば市3人、ひたちなか市2人、石岡市2人、古河市2人、利根町2人、笠間市2人、結城市2人、つくばみらい市1人、東海村1人、龍ケ崎市1人、八千代町1人、筑西市1人、大洗町1人、城里町1人、那珂市1人。
新たに67人が退院・退所・自宅療養終了するなど回復し、回復者は累計で7324人となった。
居住地別の新規感染者45人は以下の通り。
◇水戸市(8人)
▽60代自営業男性
▽20代無職女性
▽20代男性(職業非公表)
▽40代介護職女性
▽60代水戸市会計年度任用職員女性
▽70代無職男性
▽70代無職女性
▽70代無職女性
◇下妻市(6人)
▽未就学女児
▽10代女性(職業非公表)
▽50代無職男性
▽30代会社員男性
▽30代会社員男性
▽40代会社員男性
◇土浦市(4人)
▽20代アルバイト女性
▽60代パート女性
▽40代無職女性
▽40代会社員女性
◇茨城町(4人)
▽30代公務員女性
▽40代自営業男性
▽50代アルバイト男性
▽10代男子学生
◇つくば市(3人)
▽20代医療従事者女性
▽30代会社員男性
▽20代女子学生
◇ひたちなか市(2人)
▽40代会社員男性
▽30代会社員女性(水戸市から県に移管)
◇石岡市(2人)
▽40代医療従事者女性
▽40代会社員男性
◇古河市(2人)
▽10代女子生徒
▽40代無職女性
◇利根町(2人)
▽40代会社員女性
▽10代女子生徒
◇笠間市(2人)
▽50代自営業男性
▽40代会社員女性
◇結城市(2人)
▽70代無職女性
▽60代会社員女性
◇つくばみらい市(1人)
▽50代無職女性
◇東海村(1人)
▽20代会社員女性
◇龍ケ崎市(1人)
▽30代パート男性
◇八千代町(1人)
▽40代自営業男性
◇筑西市(1人)
▽20代医療従事者女性
◇大洗町(1人)
▽40代無職男性(水戸市から県に移管)
◇城里町(1人)
▽40代会社員男性(水戸市から県に移管)
◇那珂市(1人)
▽60代無職女性(水戸市から県に移管)
■県内の感染状況
新規 45人
累計 8143人
うち死者 133人
退院・退所等 7324人
(県・水戸市発表、30日午後7時30分現在)

【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町


休止の町直販センターの画像

休止の町直販センター

関連地域 :河内町

最終更新日:Fri, 30 Apr 2021 07:00:00 +0900

記事コード:16196950594514

◆利活用どう判断 答申は「年度内整備」◆
大型トラックが行き交う国道408号。もうすぐ茨城県を出て千葉県という所に、ドライブイン然とした河内町所有の施設が立つ。長竿地区の「かわち直販センター」。1999年にオープンした。核となる農産物直売所は、スーパーの代わりも果たし、地域活性化に一役買っていた。2019年春に直売所が移転して以降、施設全体が休止状態に陥っている。センターを巡っては込み入った事情が絡む。過去に、とある訴訟が起きた。
訴訟記録などに基づくと、経緯はこうだ。センターはもともと、前町長が社長を務める町出資の第三セクターが業務委託(のち指定管理者制度に移行)を受けて運営していた。町長交代後の16年、町は直営方針を決定。両者は溝を深めていった。
三セク側は指定期間満了後も独自に直売所を営業し、町側は明け渡しを求めて司法による解決に踏み切った。18年2月の一審・水戸地裁龍ケ崎支部判決では、町側の主張が認められた。控訴審と上告審でも結論は変わらず、19年2月に一応の決着がついた。三セク側は、直売所を近くに移した。センターだけが取り残された。三セクに関し、町の持ち株比率は現在1%台。「ほぼ民間企業。町は口出しする立場にない」(町関係者)という状況だ。
町はセンターの将来像や役割明確化について昨年6月、学識経験者や町議らでつくる再編検討委員会に諮問。今年3月の答申では、直売所機能をそのまま利活用し、サイクリングの拠点性を持たせたり、管理運営のため公社を設立したりすることが提言された。検討委メンバーの一人は「答申を委員の総意と受け取ってほしい。町民も結論を待っている」と述べた。
答申は、センターの整備期間を本年度内とするよう求める。三セク側の直売所や近隣地域に出店した大型スーパーとどう違いを出すかが問われそうだ。
町幹部はこう語る。「予算措置を含め町長の政策的判断だ。職員ができるのは、どのような方針が示されてもいいよう、準備しておくことだけだ」
新町長は1期目から大きな決断を迫られる。

【写真説明】
休止状態が続く「かわち直販センター」。再編が問われている=河内町長竿


昔ながらの機織り紹介 龍ケ崎の画像

昔ながらの機織り紹介 龍ケ崎

関連地域 :龍ケ崎市

最終更新日:Thu, 29 Apr 2021 13:00:00 +0900

記事コード:16196074583438

茨城県龍ケ崎市馴馬町の市歴史民俗資料館で作品展「布(ふ)れあい染織展」が開かれている。昔ながらの機織りや草木染の継承に取り組む資料館ボランティアによるバッグや衣類など約100点の力作が並ぶ。明治から大正にかけて盛んに生産されたという「龍ケ崎木綿」も紹介している。5月9日まで。
展示されているのは、ボランティアが制作した一点物。古文書に記された草木染を再現した作品もある。ボランティアが資料館の裏手で育てた綿花を使って復元した龍ケ崎木綿も見られる。ボランティアのリーダーを務める松本恭子さん(73)は「化学染料を使っていないので、自然な感じを味わってもらえたら」と期待を込めた。
時間は各日午前9時から午後5時まで。入館無料。5月6日は休館となる。

【写真説明】
ボランティアによる織り布や小物が展示されている「布れあい染織展」=龍ケ崎市馴馬町の市歴史民俗資料館


IoT活用し雨水管理 守谷市、6月から企業と実証実験の画像

IoT活用し雨水管理 守谷市、6月から企業と実証実験

関連地域 :守谷市

最終更新日:Thu, 29 Apr 2021 10:00:00 +0900

記事コード:16196074583435

豪雨などによる浸水被害軽減を目指し、茨城県守谷市は、電気機器製造の明電舎(東京)とIoT(モノのインターネット)を活用した「スマート雨水マネジメント共同実証実験」を始める。河川や下水道管内の水位を観測し雨水管理、データを収集する。6月から開始し来年3月末まで行う予定。
市は、同社の水処理システム設備を使用している。大型台風や局地的豪雨が増加傾向であることから、市は収集したデータを浸水対策機能の強化に生かす。
観測地点は過去に浸水した市内3エリアを選定。河川からの排水樋管(ひかん)、下水道雨水管、マンホールに、監視カメラや水位センサー、無線通信装置を設置し、画像やセンサーによるデータをリアルタイムで収集する。
これらIoT技術により、これまで管理が難しかった下水道管内などの水位情報を可視化。データはクラウド上で管理され情報は共有化される。市はデータを排水樋管の開閉操作などに活用できるかなども検討していく。
締結式は23日、市役所で行われ、同社からは森省輔副社長らが出席。松丸修久市長は「守谷では内水被害が一つの課題。実証実験を行えることはありがたい」と期待。森副社長は「わが社が持つ技術とノウハウを生かし、安心安全な都市づくりのお手伝いができれば」と話した。

【写真説明】
共同実証実験に関する協定を結んだ森省輔副社長(右)と松丸修久市長=守谷市役所


春の叙勲 茨城県内の受章者の画像

春の叙勲 茨城県内の受章者

関連地域 :つくばみらい市,取手市,守谷市

最終更新日:Thu, 29 Apr 2021 09:00:00 +0900

記事コード:16196098644701

2021年春の叙勲受章者が29日付で発表された。茨城県内の受章者は旭日章27人、瑞宝章64人の計91人。
■県内受章者(敬称略)
▽旭日中綬章(1人)
前場文夫 78 元結城市長(結城)
▽瑞宝中綬章(2人)
伊藤洋 70 元国税庁徴収部長(牛久)
鈴木守 74 元豊後荘病院長(石岡)
▽旭日小綬章(8人)
井上清 75 元日立市議(日立)
海老原弘 76 元つくばみらい市議(つくばみらい)
倉持光男 71 元取手市議(取手)
小谷隆亮 81 元大洗町長(大洗)
高木祐治 73 元石岡商工会議所会頭(石岡)
中川清 75 元土浦市長(土浦)
藤田昭泰 77 元神栖市議(神栖)
前島守雅 70 元石岡市議(石岡)
▽瑞宝小綬章(18人)
青木光俊 70 元国交省海事局運航労務課安全衛生室長(牛久)
新井幸男 74 元葛飾新宿郵便局長(土浦)
飯村豊 71 元特許庁審査業務部国際出願課長(古河)
石井強 72 元陸自関東補給処装備計画部長(牛久)
市村仁 70 元公立高校長(土浦)
入江俊 72 元名古屋植物防疫所長(水戸)
大須賀道信 71 元運輸安全委員会事務局参事官(牛久)
小野孝尚 76 茨城女子短大名誉教授、元同短大学長(水戸)
口本信一 72 元つくば市消防正監(常総)
小原治雄 78 東京都立工業高専名誉教授(つくば)
佐々木克徳 72 元陸自第2混成団長(守谷)
中礼正明 74 元地磁気観測所長(かすみがうら)
戸辺弘之 81 茨城工業高専名誉教授(ひたちなか)
中根和郎 71 元防災科学技術研究所総合防災研究部門長(土浦)
中村昭 70 元国土技術政策総合研究所河川研究部長(守谷)
橋本耐 75 元水戸市副市長(水戸)
馬場清康 72 元県生活環境部長(つくば)
辺田益男 73 元公立高校長(行方)
▽旭日双光章(16人)
糸賀茂男 72 県文化財保護審議会長(つくば)
宇田川仁一郎 72 県法人会連合会副会長(土浦)
海老沢勝 70 元笠間市議(笠間)
久保田清 73 県弓道連盟会長(取手)
小林秀次 78 元大子町議(大子)
坂本周利 82 元つくば市議(つくば)
佐藤隆義 72 元県酪農業協同組合連合会代表理事副会長(常総)
助川則夫 72 元那珂市議(那珂)
鈴木潤一 73 元県歯科医師会副会長(潮来)
高野潔 72 県建設業協会常任理事(那珂)
中川邦夫 77 きぬ医師会長(つくば)
萩原瑞子 73 元笠間市議(笠間)
橋本弘子 76 県女性防火・防災クラブ連絡協議会長(日立)
政安静子 74 元県栄養士会長(東海)
四本博文 71 元古河市議(古河)
和田芳信 72 県商工会連合会副会長(日立)
▽瑞宝双光章(22人)
荒蒔勝邦 80 学校歯科医(日立)
飯田修 70 元日本郵政公社職員(坂東)
石井美治 69 元秦病院看護部長(日立)
石塚とみ子 82 学校薬剤師(坂東)
小貫義則 70 元総務省関東総合通信局無線通信部長(守谷)
木村邦夫 70 元公立中校長(鉾田)
黒田功 71 元稲敷市消防団長(稲敷)
桜井誠 72 元空自航空気象群百里気象隊