うちどくにおすすめの絵本を紹介します(2020年5月号)

 2020年05月23日(土曜日)

毎月23日は取手市子ども読書の日。家族でうちどくしませんか?

今月ご紹介するのは5月うまれのダックスフントくんの絵本『どうながのプレッツェル』です。

 

絵本『どうながのプレッツェル』の表紙画像

『どうながのプレッツェル』マーグレット・レイ/ぶん H・A・レイ/え わたなべ しげお/やく 福音館書店

 

プレッツェルは世界一どうながの立派なダックスフント。みんなは「ほう!」と言ってくれますが、大好きなグレタだけは知らん顔。プロポーズしても、なかなか振り向いてもらえません。
ある日グレタは深い深い穴の中にまっさかさま。見ていたプレッツェルが長い長いどうを使って助けてくれて…。

おはなし会で読み聞かせをすると「そこでふたりはキスをして…」にくすぐったそうな笑顔を見せるお子さんがちらほら。おなじみ『ひとまねこざる』と絵作者が同じせいか人気の1冊です。

大好きな人に気軽に会いに行けない日々が続きますが、うちどくで穏やかに過ごしましょう。本って楽しいものですよ。

 ■うちどくって?

うちどくは家庭で読書を通してコミュニケーションを図ろうという取組です。

 

うちどくリスト

うちどくにおすすめの絵本を「わらい」「おしえて!」など7つのカテゴリーに分けて63冊紹介しています。

 

よもっと(幼児向けうちどくおすすめ絵本通信)

6月号のテーマは「元気が出る絵本」です!