うちどくにおすすめの絵本を紹介します(2020年6月号)

 2020年06月21日(日曜日)

今日23日は取手市子ども読書の日です。家族でうちどくしませんか?

今月ご紹介するのは、ユーモラスなカバくんの絵本『ぼちぼちいこか』です。

体の大きいカバくん、何かになろうと挑戦しますが、どれもこれもうまくいきません。消防士にも、船乗りにも、パイロットにもなれず。バレリーナにも、秘書にも…。
そこでかばくん、「ま、ぼちぼちいこか ということや。」と、ひと休み。ひと休み姿もクスッと笑わせてくれます。

実はこの絵本、アメリカ生まれの大阪育ち。原著は英語ですが、いまえよしともさんが絶妙な大阪弁に訳しました。せっかくなので、英語が併記されている「英語でもよめる」版をどうぞ。2倍楽しめます。

図書館は、いつもより席数を減らして、ゆったり開館中です。
ぼちぼちいきましょう。休憩しながら。
Take it easy.

 

ぼちぼちいこか

『ぼちぼちいこか』(英語でもよめる版)マイク・セイラー/さく ロバート・グロスマン/え いまえ よしとも/やく

 

■新着本のおしらせ
英語の絵本が新しく入りました。一部、CD付きの絵本もあります。
「新着資料一覧」の「こどもの本」>「絵本・紙芝居」からもご予約いただけます。

新着資料一覧はこちらをご覧ください。

 

■うちどくって?
うちどくは家庭で読書を通してコミュニケーションを図ろうという取組です。

詳細はこちらをご覧ください。

 

■うちどくリスト
うちどくにおすすめの絵本を「わらい」「おしえて!」など7つのカテゴリーに分けて63冊紹介しています。

うちどくリストの詳細はこちらをご覧ください。 


■よもっと(幼児向けうちどくおすすめ絵本通信)
6月号のテーマは「元気が出る絵本」です!

詳細はこちらをご覧ください。