取手市心からみんなにすすめたい一冊の本推進事業

 2021年03月02日(火曜日)

「取手市心からみんなにすすめたい一冊の本推進事業」は、令和2年度に市立小中学校で取り組んだ事業です。県内で初めて導入された「学校図書館-市立図書館連携事業(サービス名称「ほんくる」)の活用を促進し、子どもたちが多様な本と出会う機会を増やすこと、読書意欲の向上を図ることを目的としたものです。

事業の流れ

  1. 「ほんくる」の使い方を学習する
  2. 一人一人が「みんなにすすめたい一冊の本」を選び、「おすすめカード」を作成する
    • 校内で展示する
  3. 校内大会で、学年代表を決定する
  4. 中学校対抗「心からビブリオバトル大会」を開催
  5. 市長賞決定!「心からビブリオバトル大会」

 市長から賞状を受け取る取手第二中学校代表

受賞者と市長、教育長、教職員

ビブリオバトル大会

ビブリオバトルとは、みんなでお気に入りの本を持ち寄り、自分の持ち時間以内にその本を紹介し、読みたくなった本(=チャンプ本)を投票で決定する会です。

各校でもビブリオバトル大会が行われました。

教室の前方に立ち本を紹介する小学生

本の紹介をし終わった小学生に同級生が拍手している様子

本を紹介する小学生を同級生が聞いている様子

教室の前方に立ち本を紹介する小学生

その他

本事業は、文部科学省総合教育政策局地域学習推進課の「令和2年度学校図書館推進事業『学校図書館の振興に向けた調査研究』」の研究委託を受けています。